CoCoSiA(ココシア)

マスコミが嫌いだという人の6個の理由


「テレビ見ないので…」「週刊誌のスクープって何が面白いんだか…」最近こんな意見をよく聞き、国民のマスコミ嫌いが鮮明になっているような感じがありますが、果たしてそうでしょうか?

テレビを見ない人のほとんどの理由が、おもしろくないからということですが、なぜ、面白くないのか?と聞かれると、具体的に答える人が少ないです。

また、週刊誌のスクープに関してもいろいろと言う方もいますが、実は、そのような方は、マスコミの格好の餌食ですよ。

特に週刊誌のスクープに意見を言っている人は、嫌いだけど見ているから言っているのであって、そのような反応をされるだけでマスコミは嬉しがりますよ。

炎上商法とはいいますが、嫌いだからといって売り上げが下がったり、視聴率が下がるということはありません。

好き嫌いはあくまで意見なのです。

つまり、それでマスコミが不利になることはないのです。

ただ、なぜ嫌いなのかということに関して深く考えたことがある人は少ないと思います。

そこで今回こちらの記事では、マスコミが嫌いだという人の理由などをいろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしてください。

マスコミは嫌いだと言いますが、果たしてその理由が正しいのかというとそうとは限りません。

嫌いと言っておきながら、固定概念やイメージが先行しているので、マスコミの得意な印象操作にはまっていますよ。

マスコミってなんで嫌われるの?

そもそもマスコミって何で嫌われるのかと言いますと、いろいろあります。

コンテンツがつまらない。

働いている人が高飛車。

印象操作が激しい。

など上げればきりがありません。

しかし、最近になって嫌うようになってきたのは、テレビを見ない若者が増えてきてから、マスコミが嫌いな人が増えてきました。

では、何がきっかけかというと、インターネットの普及です。

要は、一般人でも情報を発信できるツールを持ってしまったのです。

また、インターネットは、ご自身の趣味や興味のあるものだけを限定した形で見ることができるので、自分にとって不必要な情報を見ることがないので、インターネットの方が、有益な手段になってしまったのです。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

テレビを見ずに、インターネットだけで解決してしまう人が増えたことで、キャパシティや視野が狭い人が増えてきているような感じがします。

要は、自分の視野でしか情報をゲットしなくなってしまったからです。

故に自分の興味や関心がない情報を発信してくるマスコミを嫌うようになってしまったのです。

しかし、それはただ単にご自身が情報の受け身になってしまっているだけです。

発信してくる情報に対してご自身で見極める能力があれば問題はありません。

あまり良いイメージがないという人も多い…

結局のところ、日本人に多いのがこのイメージの良し悪しです。

最近の過熱報道でマスコミに対するイメージが悪化しているのは確かですが、イメージの良し悪しを決めているのは、何を隠そうあなた自身です。

マスコミを見て、あなたがどう受け止めたかはあなたが感じたことであって、世間が決めたことではありません。

つまり、イメージが良くないと思っているのは、あなたがそう思っているからです。

マスコミ自身がイメージが悪いわけではありません。

人間は固定概念が強いので、そう思うと、思ったことしか見えなくなってしまうのです。

よく言われているのが、イメージは変えることが出来ても、プロフィールや歴史は変えることができないのです。

また、マスコミのイメージが良くないと言っている人ほど、マスコミをよく見ていなくて、友人や知人がそう言っていたからという理由で、イメージを悪くしているのです。

そう考えると、マスコミを好むか嫌うかは個人の自由ですが、理由はほとんどあなたが原因になっているのです。

マスコミが嫌いだという人の6個の理由

それではお待ちかねのマスコミが嫌いだと言う人の理由をご紹介します。

なぜ、そこまでマスコミをきらってしまうのか、これを読めばある程度はわかると思います。

大きくピックアップして、6個ありますので、まずはあなたにとって身近なことや、もしくは読んでいてビビット来たものなどから理解していきましょう。

いきなり、すべてを理解するのは難しいです。

まずは慌てずゆっくり確実に理解していきましょう。

マスコミを嫌うことは個人の自由ですが、嫌うことでのメリット、デメリットは存在します。

また、昔は、テレビなんか見ているとバカになると言われていましたが、それでもテレビを見ている人は多くいらっしゃいました。

つまり、好き嫌いでの判断は対して影響はしないのです。

ただ、ここ最近はマスコミ嫌いが多いので、その点に関していろいろと説明することで、マスコミの捉え方に変化が出れば光栄です。

1.情報が遅い


インターネットの普及により、テレビが伝達してくる情報が遅くなっていると言われています。