意外とたくさんいる!?厨二病男子と付き合うとめんどくさい!

厨二病男子の特徴を知っていればスルーできます。

厨二病男子に悩まされている人は必読です!

厨二病とは?

厨二病とは、ちょうど中学二年頃の思春期に見られる大人びた、背伸びしがちな言動を自虐的に表現する言葉です。

思春期特有の思想・行動・価値観が過剰に発現した状態のこと

思春期というものは身体的な成長と精神的な成長とが比例せず、アンバランスな状態なので、思想や行動、価値観が突飛なものになりがちです。

大人たちから見ると滑稽で、危なっかしいことが多いのですが、当の本人たちは、いわゆる熱狂の中にいて、頭が浮ついた状態になっています。

誰もが経験する思春期なので、若気の至りということで後で振り返ると笑い話になるのですが、思春期の行き過ぎた行動によって一生を棒に振ってしまう人間もいます。

こういったことを防ぐためには、親や教師などの周りの人間がちゃんと見守ってあげるということが大切になってきます。

中学2年生の頃に見られる背伸びしがちな言動を自虐する語

厨二病というのは、ちょうど中学2年くらいの背伸びしがちな言動を言ったものですが、確かに中学2年という歳は、人生で一番精神的に不安定な時期かもしれません。

中学1年の時は、まだ小学生の延長のような感覚があって考えることも幼いままですが、中学校というと多くの生徒が集まりますから、いろんな人間の影響も受けることになります。

性の目覚めもこの時期が多いので、異性というものを強烈に意識する時でもあります。

そんな不安定な時期というのは、爆発しそうな自分の感情いうものがあり、それをいろんな形で外へ出そうとします。

時にはそれが暴力であったり、人を罵る言葉であることもあります。

自分は大人なんだ、人よりも優れている人間なんだと誇示したい気持ちがあり、それが背伸びしがちな行動や、言葉となって表に出てきます。

思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング

思春期というには皆、いろんな空想にふける時期でもあります。

まあ当然のことかもしれません。

歳にして13歳か14歳です。

将来の自分に対して大きな期待や夢を抱くのは当たり前のことだと思います。

自分が将来ロックスターになることを夢見て、毎日遅くまでギターをかき鳴らしている男子もたくさんいますし、雑誌の読者モデルにでもなろうと、ダイエットに励む女子もいます。

とにかくこの時期は、社会に出る前なので、自分がやりたいこと、なりたいことは全て叶うのが世の中であると思っているのでしょう。

そんな思春期のティーンエージャー達の空想を揶揄したネットスラングとして厨二病はできたのです。

実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、精神疾患とは無関係

厨二病というと「病」という文字が入っているので、医学的な病気と思うかもしれませんが、これは病気ではありません。

またうつ病や無気力症候群のような精神疾患とも違いますので誤解のないようにしなければいけません。

これは単に、思春期の若者たち特有の思考や行動のパターンを考えて、そういったパターンの思考、行動について厨二病という言葉で説明しようとしているだけにすぎません。

考えてみると、思春期という時期は一種の病気にかかっているといっても過言ではないのかもしれません。

例えば親に対してこの時期非常に反抗的になることが多いのですが、後から振り返るとなんであんな反抗的な態度を親に対してとってしまったのだろうと、なんともいたたまれない、申し訳ない気持ちになって後悔するものです。

これは、この時期特有の感情の乱れ、不安定さがそうさせているのです。

子を持つ親としても、この時期の子供を育てる時には覚悟が必要だということでしょう。

厨二病という言葉はこうして生まれた

そもそも厨二病という言葉はどこから生まれたのでしょうか?

実は意外なところから生まれたのです。

由来

厨二病という言葉の由来はTBSラジオの「伊集院光のUP’S深夜の馬鹿力」で生まれた言葉で、造語です。

1999年1月放送の同番組内でパーソナリティの伊集院光が「自分が未だ中二病に罹患している」と発言したことからこの言葉が生まれました。

TBSラジオ伊集院光さんの番組の人気コーナー「罹ったかなと思ったら中二病」

厨二病という言葉が番組内で誕生した翌週から、「罹ったかなと思ったら中二病」というコーナーを立ち上げました。

リスナーから募った投稿ネタを体系化させていきました。

伊集院本人が指標として挙げた例としては「『因数分解が何の役に立つのか?』」「『大人は汚い』と言い出す」「本当の親友を探そうとする」など、思春期特有の背伸びした発言を厨二病の定義としていきました。

厨二病男子の8個の特徴

実際に私たちの周りにいり厨二病の男子たちにはどのような特徴があるのでしょうか。

8個の特徴についてご紹介いたします。

あてはまる人が身近にいるなら、その人は厨二病男子かもしれませんから注意しましょう。

1.話が長い


やたらと話が長い男子がいますが、厨二病かもしれません。

男子というとよく喋る人と、寡黙な人にはっきりと別れる傾向があります。

特に思春期はそれが顕著ではないでしょうか。

小学生のころにはなかった人目を気にするという習慣が芽生え、親や先生、異性などと話すことが嫌になる時期でもあります。

ですから寡黙になる男子が多い中、話し出すと延々と長い人がいます。

自分を大きく、強くみせようとアピールすることに必死なのでしょう。

とにかく話の主導権は常に自分が握っていて、人が話し出すとすぐに割り込んできます。

なぜ話が長いかというと、常に自分が主導権を握っていたいという気持ちが強いのだと思います。

自分が話をすることで皆が自分に従ってくれると思っているのでしょう。

こういう時期は話の主導権をとって決める人物が、大体の場合においてリーダーになる傾向があります。

聞いている連中からすると、威勢よく話している人に従うのが正しいんだという判断をすることが多いです。

ですから、自分が上に立ちたいという人間ほど、よく喋ります。

自己主張が強い

話の内容はというと、自分の正当性、強さ、イケてる感を主張するというのがほとんどを占めます。

それを少しでも批判しようものなら、ものすごい勢いで反発します。

自分の行った行動について、自分は正しいということをとにかく皆に認めてもらいたい承認欲求が強いので、いつも他人の目、他人の評価が気になります。

批判をさせない、封じ込めるための強い自己主張なのかもしれません。

中学生の自己主張なんてたかがしれています。

道徳的にあているか間違っているかなどは、ここでは全く関係なく、ただ自分の言うことに賛成するか、反対するかということです。

例えば、今度の日曜日の休みに映画を見に行こうと提案する。

周りの人間は特におもしろくもなさそうな映画なので乗り気じゃないですが、そんなことは関係なく、自分が見に行きたいと言えばそれが正義とばかりに主張してきます。

こういった提案を断ろうものなら、いじめにつながったりもするかもしれません。

思春期男子というのは、こういったくだらないことで自分の主張を張り合って、権力闘争をしているのです。

それに勝った人間がリーダーに昇格し、負けた者は従う人間になり下がるしかありません。

構ってほしい

厨二病男子はとにかくかまって欲しい、チヤホヤされたいという欲求がこの上なく強く、そのために話を大きく盛って人の気を引いたり、あたかも自分がイケてる人間であるということをアピールするために、自分の事を偽って大きな人間に見せるのです。

女子に興味がすごくあるにもかかわらず、自分から声をかける勇気もないため、自分が精一杯背伸びをしていろんなことを誇大宣伝することで気を引こうとしているのでしょう。

思春期というのは何に対しても敏感な時期でありますから、そういったハッタリにひっかかる女子も一定人数はいるので、ひたすら自分のイケてるアピールをする男子が絶えないのでしょう。

犬や猫などのペットを飼っている人はわかると思いますが、犬や猫は飼い主にとにかく構ってもらおうといろんなアピールをしてきます。

お腹を見せてきたり、呼び寄せるように鳴いてみたりと。

それと同じことで、他の人々に構ってほしい、注目されたいという気持ちが強いので、思春期の男子はありとあらゆる方法でアピールしています。

2.闇を抱えていそうな雰囲気


厨二病男子というのは、一見真面目そうに見える人間でも、その傾向が見られる男子はいます。

その雰囲気はふとした瞬間に出てくるもので、皆と話している時は普通でも、話が終わった瞬間に顔が豹変したりします。

特に面白くもない話をしている最中に突然何かを思い出したかのように笑いだす人間などは見ていて不気味な感じがします。

しかし、そういった闇というのは、隠そうとしてもどこかで顔を覗かせるものです。

こういった雰囲気は友達として仲良くなる前に察知できるに越したことはありません。

ましてや、異性同士の交際となるとなおさらです。

闇を抱えた人間と付き合うと本当に苦労することになるでしょう。

一人で考えている

闇を感じる動作としては、気がつくとどこかをボーっと見ながら、何かを一人考えていることです。

何か自分の妄想をふくらましているのでしょうか。

学校のクラスの中では男子も女子もある一定のグループに別れて行動します。

昼食はたいていそのグループでとったり、休み時間などもそのグループで群れて会話などを楽しんでいるのが普通ですが、ごく数人は一人でずっと座って何かを考えているような生徒がいます。

クラスのいじめられっ子は皆から嫌われ疎外されているため一人なのですが、別にいじめられてもいない普通の生徒なのに群れることを嫌い、ずっと一人で何かを考えています。

将来のことにでも思いをめぐらしているのでしょうか。

そこには大きな闇を感じます。

たいていこういう生徒が考えていることは、自分はこんな馬鹿な連中とつるんでいるような人間ではない。

自分は特別な人間なんだとでも考えているのでしょう。

大成した人の中には、自分は若いころから特別な人間だと思っていたということを言っている人もいます。

大成する人と、あぶない人というのは紙一重ということでしょうか。

言いかけてやめる

会話をしていて、言いかけてやめる人がいます。

それをされると気になって腹が立つものですが、それをやる人は頻繁にそれをする傾向があります。

癖のようになっているのでしょうか。

考えられることとしては、言いかけてやめることで相手に注目させようとしてるのかもしれません。

厨二病男子はかまって欲しい君ですから、それは自分に注目を集める作戦ということは十分に考えられます。

しかし、それを確信犯的にやるというのは心に闇があると言っても過言ではないでしょう。

3.極端である

厨二病男子というのは精神的に安定していないため、考えることが極端になります。

それだけ感情が揺れ動いているのでしょう。

それに人にものすごく影響を受けやすいので、考えがコロコロと変わることも多いです。

この間まで部活動でスポーツに打ち込んでいたかと思えば、急にやめてグレ始めるといったこともよくあります。

ものすごく積極的に外へでていたのに、ある日を境にひきこもってしまったりします。

これは自分というものがなく、不安定なので、どうしても外部の刺激に影響されてしまうことを意味しています。

ですからこういった時期に付き合う友達であったり、担任の先生といった存在が、後の自分の人間形成に大きく影響を及ぼしてきます。

自分の思春期を振り返ってみた時に、一番影響を受けた人間がいるはずです。

同じクラスの友人、部活の先輩、兄、先生など人によって違うでしょうが、必ずこの人という人がいるでしょう。

意外といつまでたってもこの思春期に影響をうけた人間の影響を歳をとってもひきずっているものです。

ですから、思春期に付き合う人間というのは非常に大切なのかもしれません。

楽天的になったり、厭世的になったり

いろんなことをやるのが楽しくて、人生に希望を持ち、自分の将来について楽天的に考えていたかと思えば、突然厭世的になって、もう世の中が嫌になってしまったと絶望してしまうのも厨二病の特徴です。

まだまだ思春期で人生を絶望するなんて、大人から見ると馬鹿げたことに思えますが、若い時期というのは少しのことで心が傷つきやすく、悩みも大きくなりがちです。

ここにも人の影響が大きく作用し、何でも語り合えるような仲の良い友達なんかがいると急に楽天的になれたりするのです。

どちらにしても思春期は不安定な時です。

ハイテンションとローテンション、ポジティブとネガティブが行ったり来たりします。

でもそれでいいのだと思います。

そういった不安定な中から少しずつ、自分というものを見つけ、心も安定していく道を自分で探さなくてはいけません。

ここでやってはいけないのは破滅的な行動をとって一生を棒に振るようなことだけはしてはいけないということです。

それ以外なら、多少の心の乱れは必然だと考えておくべきです。

4.こだわりが強すぎる

厨二病男子というのは何かにすごくこだわっているものです。

しかしそのこだわりが強すぎて、思う通りにいかないとやる気をなくしてしまいます。

厨二病の人間は自分以外の人の考えを受け入れるということが難しく、とにかく自分の思う通りに事が運ばないと気が済まないのです。

この時期にもっているこだわりは、自分のポリシーなどと呼べるようなもんではなく、強く影響を受けている人物の受け売りであることが多いです。

この時期は人に影響しやすい時期でもあります。

例えば、好きなロックバンドのボーカリストに憧れて、彼のファッションや言動の真似をしようとします。

彼の言っていることが絶対だと考え、他の意見には耳を貸さないようになるのです。

そんな信仰も、他に興味をひく対象ができればすぐに乗り換えて、その人に影響を受け始めます。

なんとも馬鹿げていますが、思春期の少年というのは総じてこんな感じです。

価値観を押し付けてくる

人それぞれ価値観は違うものですが、厨二病男子は自分が常に正しいと思っているので、自分の価値観を周りに押し付けてきます。

なぜ自分のような考え方をしないのかと迫ってきます。

何人かは厨二病男子の価値観に影響されて信者となるのですが、大抵の生徒は無視するか、嫌って避けるようになるでしょう。

若い少年犯罪というものは毎年一定の件数起こっていますが、その背景にはこういった自分の考えをおしつけようとする、または自分の価値観を批判する者に対しての反発から生まれる犯罪も多いと思います。

この時期に、人間にはいろんな考えがあり、個人の考えを尊重することは大切なんだということを肌感覚え学ぶことが大切で、それをしてこなかった人間というのは大人になっても自分勝手でチームプレーができない人間になってしまうでしょう。

5.何気に自信家である

厨二病男子の一番の特徴であると言っても過言ではないのが、自信家ということです。

とにかく自分に根拠のない自信があり、人を見下す傾向にあります。

思春期に家庭内暴力をはじめとする家庭内での問題が多い根源には、こうした人を尊敬できない、人を見下してしまうという特徴が大きく影響しているのでしょう。

親に対するリスペクトがないから、親に反抗してしまうのです。

自分を親よりもえらいなどと考えているから反抗してしまうのでしょう。

思春期の自信家というのは、自分が神にでもなったのではないかと勘違いしているような痛い人間が多いです。

そういう自信家もどこかの時点で頭を打って、痛い思いをして自分が馬鹿だったことに気づくのですが、運よく、というか運悪く誰にも指摘されずに大人になってしまう人がいます。

大人になってもこの調子で自信家でいる人間になってしまうと周りはあきれて誰も寄ってこないでしょう。

こんなことが通用するのはせいぜい高校生までです。

自慢話がすごい

学校では常に自分の自慢話をしています。

よくあるのが武勇伝です。

街中で不良と遭遇し、相手は3人だったが、3対1で自分が勝ったなどという話を声高らかに話します。

実際は喧嘩になどならず、ただの言い争いで終わっていたとしても、あたかも自分が勝ったかのように自慢するのです。

他にはモテた自慢です。

他校の生徒から告白されたけれど、タイプではないから断ったなどという嘘話を自慢気に話します。

話している時は自分に酔っている感があり、本当のことと嘘との区別もつかなくなっているのでしょう。

誰かが何か話をしていると、居ても立っても居られなくなり、その人が話している話を2倍くらい盛った嘘自慢話で自分に気をひかせようとします。

自分が凄いということを自慢していないと気が済まないのでしょう。

周りの人間からすると「また始まったよ、、、。」とうんざりしているでしょうが。

自分を特別視している

厨二病男子は常に自分を特別視しています。

自分は周りの連中とは違うんだと。

ですから、どうしても上から目線で話したり、コミュニケーションをとる傾向があります。

相手が何かをしても常に「ふんっ」と鼻で笑い軽蔑します。

そんなことはたいしたことない、自分はもっと凄いことができると言わんばかりです。

大人になっても厨二病と呼ばれる人の多くは、こういった傾向があります。

仕事でも自分は特別だという思い込みが強いために、皆と同じような作業が馬鹿らしくなって、独立して起業するなどと言い出す人が、、最近はたくさんいるようですが、こういった人達は皆、厨二病を引きずっているような気がします。

ニヒリズムという言葉があります。

冷笑主義ということですが、人がやっていることをいつもどこか冷淡に鼻で笑うような性格の人です。

大人にもこういう人いっぱいいますよね。

人のやることを批判して鼻で笑うくせに、いざ自分がというと何も行動しない。

そういう人は若いころからそういった厨二病の傾向があった人なのでしょう。

どこかで誰かが強く指摘してあげることで気づく人もいますが、誰にも指摘されないまま大人になると、こうした面倒臭い人間が出来上がるということです。

6.束縛する

束縛したくなるというのも厨二病の特徴です。

交際している彼女の動向が常に気になって、いつでも自分の管理下に置いておかないと気が済みません。

連絡をして少しでも彼女からの返事がないと居ても立っても居られなくなって、何十回も電話したり、何十件もメールをしたりします。

そんな束縛に耐えられなくなって別れたカップルも数えきれないくらいいるのではないでしょうか。

束縛したいという気持ちは、もしかしたらなくなってしまうかもしれないという不安の表れでもあります。

普段は自信家で自分を大きく見せていますが、実は臆病で常に不安だというのは本当のところでしょう。

自分は家庭で親などに締め付けられるのが嫌で自由になりたいと訴えるくせに、自分は他人に対して束縛したいという願望が強いというのは身勝手なものです。

主導権を握りたがる

とにかく自分が主導権を握っておきたいという気持ちが強いので、それが束縛したいということにつながるのだと思います。

どこかに行くのも自分が決めたい、何を食べるかも自分が決めたい、自分が主導権をもって決めていれば、他の人間を自分の支配下におけると考えているのです。

ですから自分で決めて、それを皆に同調させようと必死です。

部活がしんどいから今日はサボろうと提案する。

何が何でも友達に従わせようとします。

自分が決めたことは正しくて、お前らも従えと迫ってくるのです。

先輩などにそういったことを迫られた経験がある人も多いのではないでしょうか。

7.嫉妬する

厨二病の大きな特徴として「嫉妬」というワードは欠かせません。

厨二病男子は嫉妬に狂っています。

自分よりも成績がいい人間に対して、自分よりも異性にモテてちやほやされている人間に対して、自分よりも裕福な環境の家庭に育った人間に対してなど、様々なことを自分と比べて、自分よりも上だと判断した人間に対して激しく嫉妬します。

嫉妬は怒りに変わって、言動が荒っぽくなります。

まさに思春期の典型的なパターンはこれで、他人への意味のない嫉妬が怒りを呼び、家庭内で乱暴になる、学校でグレるなどの行為に走るのです。

思春期のどうしようもなく精神が不安定な状態というのは、この嫉妬心が大きく関係していると思います。

自分の体が大きく成長する一方で、心は未熟なままで、大きくなった自分ができると思っていたことができないいらだちや焦り、そういった感情が渦巻いているのだと思います。

ちょっとしたことですぐ焼きもちをやく

交際している異性がいる厨二病男子は、気の休まることがありません。

付き合っているい女子が少しでも他の男子と話しているだけで、焼きもちをやきます。

普通、男子よりも女子のほうが精神的にも大人になるのが早いので、女子からすると誰とでも普通にコミュニケーションをとっているつもりなのですが、男子はそうは考えられず、自分以外の男と話をするなんて許せない!というふうに焼きもちをやくのです。

中学生時代に実際恋人ができて付き合う男女というのはどのくらいいるのでしょうか?昔と今とでは状況は変わってきているとはいえ、少数派だと思います。

中学時代はほとんどが片思いで終わる、もしくは告白してもフラれるということが多いような気がします。

淡い恋心の中にある嫉妬や焼きもちなどかわいいものだと思います。

8.SNSが詩のよう

厨二病男子は自分に陶酔している傾向があり、それが顕著に垣間見えるのがSNS上の書き込みです。

まるで何かを自分は悟った人間であるかのように人生について語り始めたり、たわいもない内容の文章を詩のようにしてみたりします。

ツイッターで非常によく見られるのは、何かのニュースを取り上げて、それに返信する形で自分の意見を述べるのですが、あたかも自分は世間をよくわかっていて立派な人間なんだ的な上から目線の物言いです。

それでいて、どういうことをしている人間なのかはあいまいで、匿名のアカウントだったりします。

ポエム調で発信する

厨二病男子のSNS発信ほど面倒臭いものはなく、まるでポエムでも書いた気になって自分に酔っているようです。

ツイッターは文字数が140字と制限さえているので、この140字というのがちょうど短い詩のような文章を書くのにちょうどいいのかもしれません。

毎回くだらない詩を読まされるフォロワーはうんざりするでしょうが。

こういった厨二病の7疑いのある人間が夜中などに自分に酔って、わけのわからないポエム調の人生論などを多投し始めると、フォロワーはしんどくなります。

いいねをつける気などさらさらないし、かといってリツイートする気もないので、大抵の人は完全無視という方向にいくでしょう。

「人生での成功は~~だ。」などと書いていて、よくよく考えてみると、この人って何かで成功してたっけ?となるわけです。

客観的に観察しよう

思春期の男子の心の葛藤や、言動などから「厨二病」というものはできたのですが、意外に大人になっても厨二病を発症する男性は多いです。

中年のサラリーマンにもそういった人はちらほら見られるというのが現状です。

女性としては、こういう男性と交際するのは避けたほうがいいでしょう。

疲れるだけでなく自分も白い目で見られるかもしれません。

なぜ、今この厨二病男子が増えているのかの背景には、ゆとり教育なども関係があるのかもしれません。

ゆとり世代くらいから、とにかく子供に強制したり叱ることが悪とされ、自由奔放に育てられることが正しいという雰囲気ができました。

そういった環境で育つと、自分だけがよければいいんだという考えの人間に育ちやすく、自分が常に正しいんだと思ってしまうのでしょう。

社会に出ても自分勝手な考えは変わらず、上司や同僚の気遣いもおかまいなしでマイペースな社員となり、立場もわきまえずに自分は特別な人間だと思い込んでいます。

ですから、少しでも自分のやりたくない仕事をさせられたりすると、すぐに会社を辞めてしまったり、何の計画もないくせに独立起業する人が後を絶ちません。

こういう厨二病の人は自分の見方でしか世の中を見ることができないので視野が狭い考え方しかできません。

もっと客観的になって、世の中を俯瞰で見るように変えていくことが、厨二病を治す第一歩ではないでしょうか。

今多くの企業では会社の同僚たちとうまくやっていく「協調性」という資質も大変重要視されています。

ですから自分勝手で自分のことしか考えていないような社員は使えないとされているのです。

厨二病の疑いがある人は、もっと自分だけではなく周りの状況も冷静に見れるようにしていくことが大切でしょう。

中学生の思春期のじだいならば許されても、社会に出てから厨二病を発症しても誰も許してはくれないし、つまはじきにされるでしょう。

もっと自分を客観的に見ることを習慣づけたいものです。