今回ピックアップするのは”濃い顔の女性”。

こういうタイプの人って目鼻立ちがハッキリとした美形で、何かと魅力も多くて…同じ女性からも男性からも人気が高かったりするんですよね。

ただ濃い顔のご本人達からするとそんなハッキリしすぎた顔のせいで、どうやら色々悩みも出てきてしまうようで……

特に「ちょっと顔をいじっただけで派手になってしまう」「似合うメイクが分からない」なんていう風に、メイクのことで悩むという女性が多くいるようなんです。

他から見ると本当に魅力いっぱいのタイプなのに、なんだか勿体ない。

そこで今回はそんな悩んでいる皆さんのために、みんなが憧れている濃い顔女性の魅力をご紹介して。

さらに濃い顔に似合うメイクのポイントについても詳しくまとめていきたいと思います!

これを読めば自分自身の魅力やメイク法などが分かってきっと自信もつくはずですよ。

もちろんメイクの仕方などは濃い顔でなくても参考にできることが多かったりするので、濃い顔以外の女性にもオススメですからね。

それでは一緒に読んでいきましょう♪

濃い顔の女性の8個の魅力

それではまずは濃い顔の女性の魅力について見ていくことにしましょう。

冒頭でもお話したように濃い顔女性というのはハッキリとした美しい顔立ちでそこに憧れたり惹かれたりするという人も多いのですが。

傍から見ると実は他にもいろんな魅力が驚くほどたくさんあって、そういったところも多くの人に羨ましがられていたりするんですよ。

きっと本人達も気付いていないような意外な魅力も色々発見できるのではないでしょうか。

濃い顔女性ご本人、特に外見で悩んでいるという方もぜひ読んでみて、改めて自分の魅力について知るようにしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1.外国人みたいに可愛い

先程もお話したように濃い顔の女性の最大の魅力といえば、やっぱりそのハッキリした美しい顔立ち。

まるで外国人?ハーフ?

と思ってしまうほど抜群に可愛くて、同じ女性からすると本当に羨ましい限りなんですよね。

そもそも濃い顔の人の特徴というとぱっちりした目・高い鼻・ぷっくらとした唇などが挙げられてきますが、実はこれって典型的な欧米人の特徴と一緒なんだとか。

だから濃い顔に生まれたら外国人並みに可愛くなるなんていうのはもう必然のことで、なかなか他には真似できない貴重な魅力になるということなんですよね。

まさに選ばれた人が持てる魅力ということ…余計に羨ましくなってしまいますね。

2.どんな髪形も似合う!


メイクに関しては色々と悩みを抱えている濃い顔女性達ですが、その反対に髪形はどんなスタイルでも似合ってしまうという強い魅力も持っていたりします。

というのもお話したように濃い顔の人というのはもともと美しい顔立ちをしているので、ロング・ボブ・ショート、どんな髪形でも必ずサマになるというわけなんですね。

極端にいえば坊主など奇抜な髪形さえも似合ってしまったりするんですよ(笑)

普通は似合う似合わない髪形というのは絶対あって、それで悩むことも多かったりしますからね。

これも女性からすると実に羨ましい魅力になりますよね。

ただ濃い顔の女性の場合は変に目立つような髪形にすると派手になり過ぎてしまうなんてこともあるようなので、そこは注意をするようにしてくださいね。

3.唇の厚みがあってキスしたら気持ち良さそう!

先程濃い顔の女性の特徴について少しお話をして、その中にぷっくらとした唇というのを挙げましたが…

こういった厚みのある唇というのも結構魅力的だったりするんですよね。

例えば女優さんでも綾瀬はるかさんや石原さとみさんのようにぷっくら唇を持った人って結構いますが、皆さんやっぱり美しくてちょっとセクシーさもあったりしますもんね。

ちなみにこういった唇というのは男性からしてもセックスアピールをより感じやすくなるようで、「キスしたら気持ち良さそう」なんていう魅力も密かに感じたりしているようですよ。

なのでもしも気になる異性がいたら思い切って武器にしてみるのもアリかも♡口紅などを塗ってアピールしてみるのも良いかもしれませんね。

4.眉毛があるからすっぴんに違いがなさそう

濃い顔の女性というのは元々の眉毛も割と太めでくっきりハッキリしているものなんですが…

これも女性からすると実は結構メリットの大きい羨ましい魅力になるんですよね。

というのも眉毛がしっかりある=すっぴん美人でいられるということだから。

普通女性はメイクの際眉毛を自分で描いているという人が多かったりするのですが、それだとメイクを落とした時に眉毛がだいぶ薄くなり、メイクをしている時とすっぴんの時の顔の印象がかなり変わることになってしまうんですよね。

でも濃い顔女性の場合は、元々くっきり眉毛だからわざわざ描く必要もないわけです。

ということは、メイク時とすっぴん時でそんなに違いも出ないわけですから、すっぴんになった瞬間顔ががらりと変わってしまうなんて心配もなくなるということになるんですね。

すっぴん美人だとちょっとしたお出かけならメイクなしでもいけますからね。

女性にとってはかなり嬉しいことになりますよね。

5.目立つ!

目鼻立ちがハッキリとしていて主張のある顔立ちをしている濃い顔女性はやはり存在感だって人一倍放っているもの。

そのため何をしても目立つ・注目をされやすいというのも魅力の1つになってきて、それだけメリットも増えるようになってきます。

例えば目立つというのはオーラがあるということでもありますからそれだけ周囲に人が集まりやすくなりますし、異性からだってモテやすくなりますよね。

またそうなると周りから自身の意見や希望も認められやすくなったりもするわけです。

もちろん常に目立つということはそれだけプレッシャーなどもありますし、良いことだらけというわけにはいかないかもしれないですけどね。

でもこれも誰でも簡単にできるということではありませんし、やはり特別な魅力と言えるのではないでしょうか。

6.なんでもない服がおしゃれに見える

先程の髪形の場合もそうでしたが、外国人並みに可愛くて人一倍存在感がある濃い顔女性は、とにかく何をやってもサマになるものです。

そのためファッションだって特別なアイテムもセンスも一切必要なし。

なんでもない服を着ただけで十分おしゃれに見えてしまう。

こんなすごい魅力も持っていたりするんですね。

例えば無地の安いTシャツなどを着ていたとしても濃い顔女性ならそれだけでキマってしまうわけです。

なんなら普通の人ならおかしく思われてしまうようなちょっとダサいファッションだって、彼女達が着ると何故かおしゃれに見えてしまったりするんですよね。

ファッションって時には面倒くさくてつい手を抜いてしまう時というのもありますからね。

そんな時でも常におしゃれになってしまうなんて…

なんだかもう羨ましいを通り越してちょっとずるい気もしますね(笑)

7.目に吸い込まれそう


濃い顔の女性といえばやっぱりあのぱっちりとした目も特徴的で、そして魅力的になりますよね。

まぁ単純に大きな目だと美人になれる可能性が高いので、女性からするとそういった意味で羨ましいというのもあるんですが。

濃い顔女性の目は大きくて二重でさらにとても綺麗な瞳をしているので、見ているとなんだか吸い込まれてしまいそうな感じがして…

そういった人を惹きつけるようなところにも非常に魅力を感じたりするんですよね。

実際心理学的にも人は目が単に大きい人よりも、目が大きくかつ美しい人に惹かれやすいという傾向にあるんだそうです。

だから濃い顔女性はまさに理想的な瞳を持っているということになるわけですね。

瞳の美しさというのもなかなか真似できることではありませんし、これまた実に羨ましい魅力になりますね。

8.写真でも可愛い!

世の中には写真写りが悪い人っていたりしますよね?

実物はすごく可愛いのに、写真の時は何故かいつもぼや~っとした写りになってしまったり、引きで撮るとなんだか表情がよく分からなくなってしまったり…

でも美しい濃い顔女性はそんな心配も一切なく、写真の中でも非常に魅力的のままでいることができるんです。

というのも濃い顔女性というのはやはり目鼻立ちが非常にハッキリしているものなので、写真映えもしやすく写真の中でも実物同様可愛く写ることができるんですね。

そしてそれは遠くにいたって同じこと。

だから濃い顔女性の場合は引きで撮っても近くの時と変わらない美しさでバッチリ撮影もできるというわけなんです。

実物でも写真でも可愛いなんて…本当にずるい!(笑)

濃い顔女性の5個の悩み。こんな悩み持っていませんか?

いかがでしたか?

濃い顔の女性は単純に美しいというだけでなく、こんなに色々な魅力まで持っていて…本当に羨ましいというか、もうずるい!と言ってしまいたくなりますよね(笑)

ただ冒頭でもお話したように濃い顔女性達というのは人からするとそうして羨ましいところのように感じられますが、自分達からすると何かと悩みも出てくるようで…

中でも特にメイクに関する困ったことが多くなってくるようなんですね。

そこで続いてはそんな彼女達の抱えている様々な悩みについて詳しくご紹介。

先程の魅力に対してこういう悩みがあるんだというのも見比べながら、ぜひ読んでいってみてくださいね。

1.濃い顔すぎて外国人に間違われる

まるで外国人のように可愛くてそこが羨ましい濃い顔女性ですが…

実は中にはそんな彼女達をリアルに外国人だと勘違いしてしまう人も結構多く、彼女達にとってはそれが大きな悩みになっていたりするんです。

何故なら本当の外国人に間違われるというのは可愛いということだけではなく、それだけ顔が濃いと言われているようなものでもあるから。

だからやはり本人達からすると良い気持ちがするものではありませんし、それが何回も続いたりすれば当然嫌にもなってしまうんですよね。

しかもひどい場合だとそのことで馬鹿にしたりからかってくるような人もいたりしますからね。

そんなことがあれば余計に辛いはず…

そのためそういった濃い顔女性の皆さんの中にはメイクなどを控えめにして、なるべく目立たないよう気を使ったりしてしまう人なんかも出てきてしまうんだそうですよ。

2.鼻が高すぎてノーズシャドウを入れるとアバターみたいになる!

最近女性の中には、鼻筋に沿って影を入れて鼻を高く見せようとするノーズシャドウというメイクをする人も増えてきていますが。

濃い顔女性の場合はこのノーズシャドウが非常に厄介。

なぜなら濃い顔女性の場合は元々顔立ちがハッキリしていて鼻が高い人だって多いわけですから。

そういった人達がノーズシャドウを入れるとやはり影が濃くなってしまい、顔の濃さも余計に強調する羽目になってしまうんですね。

そう、分かりやすく言うならまるで映画に出てくるアバター状態…まぁ彼女達の場合は元々鼻が高いわけですし、ノーズシャドウなんて入れなくても十分だったりもするんですけどね。

ただノーズシャドウには単に鼻を高くするだけでなくすらっと美しく見せるという効果もあったりするので、鼻の形などによってはやっぱりどうしても入れたいという人も出てきてしまうんですよね。

3.唇の厚みがありすぎて、グロスを塗ると脂ギッシュになる!

先程濃い顔女性のぷっくりした唇も非常に魅力的で、気になる異性には口紅などを塗ってアピールしてみるのも良いかも…なんてお話もさせていただきましたが。

実は濃い顔女性にとってはそういった唇のメイクというのも簡単な話ではなかったりするんです。

特に厄介なのが唇にツヤを出すために使う、グロス。

というのも濃い顔女性のぷっくりした厚みがある唇というのもやはり元々かなり目立つパーツになりますから。

そこにグロスを塗ってしまうとなんだか唇がかえって強調されすぎて、ツヤ感というよりはなんだか脂ギッシュのようなテカテカな状態になってしまうんですよね。

そんな唇自分でも恥ずかしいですし、男性だってきっとキスしたいとは思えなくなってしまいますもんね…確かにこれも女性としては悲しい悩みになりますよね。

4.眉毛が太すぎて今にも繋がってしまいそう!

濃い顔の女性の場合は眉毛も割と太めですっぴん美人が多い、というお話も先程いたしましたが。

だからといって濃い顔女性のみんながみんなそんな理想的な眉毛をしているわけではありません。

中には元々の眉毛がもっと太くて濃いなんていう濃い顔女性もいて、そういう人達にとってはそんな眉毛が大きな悩みになってしまったりしているんですよ。

例えばその中には今にも繋がってしまいそうなくらい太い眉毛になっている人も…

そんな眉毛だと確かに見栄えも悪いですし、なんだか男性的なイメージが強くなってしまって女性としては恥ずかしくなってしまいますもんね。

まぁもちろん眉毛は自分で太さや長さなど調整すれば十分綺麗に変えられますが、それだってみんなが上手にできるわけではないですよね。

かえって失敗してしまう恐れもありますから、意外とできないという人も多かったりするんですよね。

ただこの後この記事でも眉毛の正しいお手入れ法・メイク法についてご紹介するので、そんな人はぜひそちらも参考にしてみてはどうでしょうか?

5.目がぱっちりしすぎてアイメイクするとびっくりされる!

濃い顔女性にはもう1つ、メイクをする際に悩んでしまうパーツがあります。

それは濃い顔女性の顔立ちの中でも特に特徴的になっている、目。

なにしろ濃い顔女性の目というのはメイクをしていなくても元々本当に大きくてぱっちりとした美しい目をしていますからね。

そこにアイシャドウやアイラインなどで手を加えると、先程の鼻や唇同様かえって目を強調しすぎることになってしまい、逆にバランスの悪い変な仕上がりになってしまうことに。

あるいは人によっては「どこのパーティーに行くの?!」っていうくらい派手すぎる仕上がりになったりもして…

だからそんなメイクで行くといつも周りの人にもびっくりされたりして、恥ずかしい思いをしてしまったりもするんですよね。

アイメイクというのも女性からするとメイクを楽しむための大事なポイントだったりするのに…

それが好きなようにできなくなってしまうというのは、やはり女性としては寂しい悩みになってしまいますよね。

濃い顔の女性が似合うメイクのポイント!

濃い顔の女性にはこんな悩みがあるんだというのが分かっていただけたでしょうか?

また同じ濃い顔女性の皆さんでしたら何か共感するようなものはあったでしょうか?

それではここからはそんな悩みを解決するために、濃い顔の女性に似合うメイクのポイントについてもご紹介していきたいと思いますよ。

まぁ濃い顔女性の皆さんはそもそもメイクをしなくても十分綺麗ですが…

やっぱり女性だったらメイクを楽しみたいですし、より綺麗になりたいですもんね!

ということでここで自分に似合うメイク法をしっかり学んで、今まで抱えていた悩みを一気に丸ごと解決していってしまいましょう。

ナチュラルメイクにする!

先程の悩みを見て分かっていただけたと思います。

やはり濃い顔の女性というのはそれぞれ顔のパーツがハッキリとしているため、メイクをすると余計に濃くなりすぎてしまう…というのが悩みの大前提になっていますよね。

なので今回ご紹介するメイクのポイントはずばり、いかに濃くなりすぎず自然なメイクができるかというところ。

そう、つまり濃い顔の女性の皆さんにはナチュラルメイクをするのが1番オススメになってくる、というわけなんですね。

ということでここでは各パーツ毎のナチュラルメイクのやり方について詳しくご紹介していくので、1つ1つぜひ参考にしてみてくださいね。

ファンデーションはツヤ感のあるタイプ!

実はナチュラルメイクをするに当たって特に大事なのは全体的なベース。

つまりファンデーションを使っていかに透明感のある自然な肌を作れるかがカギになってきます。

なのでファンデーションの塗り方にも当然いろんなポイントが。

その中でも1番大事なポイントなのがツヤ感を出すことになってくるんですよ。

そのためにまずファンデーションは必ず潤った質感が出るようにリキッドタイプやクリームタイプを使うようにするのが良いでしょう。

厚塗りを防ぐために薄付きで伸びが良いものを使って。

そして最近はより潤いのあるツヤ肌用のファンデーションなんかもたくさん売られていたりするので、そういったものをチョイスするようにすると尚良いですね。

また透明感を出すためには肌もなるべく明るく見せた方が良いので、自分の肌の色よりもワントーン明るめのファンデーションを選ぶようにしましょう。

もちろん仕上げのフェイスパウダーなども塗り過ぎないよう注意をしてくださいね。

ノーズシャドウはなるべく肌に近い色で

先程もお話したように、濃い顔女性というのは元々鼻が高く彫りが深いものなので、ノーズシャドウを入れると余計に顔が濃くなってしまいがちだったりします。

でもこれもきちんとポイントに気を付けて正しいメイク法を使えば、自然で美しい鼻筋を作ることができてしまうんですよ。

そのために特に1番大事になってくるのが、なるべく肌に近い色のノーズシャドウを使うというところ。

基本的にノーズシャドウというのは自分の肌より暗い色を使うものなのですが。

濃い顔女性の場合は影ができすぎないように自分の肌より本当にうっすら暗いくらいの、あまり色に差がないパウダーを使うようにするのがオススメになってくるんですね。

入れる時も太い線で入れると影が目立つようになってしまうので、極力線は細く入れるようにして、できるだけぼかすようにしていくと良いでしょう。

また入れる箇所も鼻全体ではなく目頭のくぼみなどに少し入れるようにすればより自然な仕上がりになります。

これだけでも十分鼻筋を美しく見せれるようになりますよ。

眉は形を整える

これも悩みのところで出てきましたが…

濃い顔の女性の中には眉毛が太すぎたり濃すぎたりして困っている人も結構多かったりするんですよね。

なのでそんな人達はメイクの前にまず眉の形をしっかり整えるということも大事なポイントになってきますよ。

ちなみに基本的な眉毛の整え方というのは、眉周りの不要な毛を処理→眉毛の長さを揃える→毛量が多い人は切ったり抜いたりして量も調整、これが大体の流れになります。

眉ブラシやコームなど必要な道具もちゃんと用意して、やる前には必ず毛流れなども整えるようにして。

全体のバランスを見ながら少しずつ調整していくようにしていきましょう。

また濃い顔女性の中には顔の濃さを緩和するために、眉毛をできるだけ細くしたり毛量を少なくしたりしようとする人もいたりするかもしれませんが…

あまりいじりすぎると眉が浮いて見えてしまいかえっておかしくなってしまう可能性も高いですからね。

とにかく変にいじろうとはせず、あくまで自然な眉を心掛けて。

慎重に処理をしていくようにしていってくださいね。

眉はぼかす

さて、眉の形を整えることができたら次は眉のメイクです。

まぁ濃い顔女性の場合は元々の眉毛がハッキリしていてキレイならメイクをする必要もないかもしれませんが。

もしも若干薄かったり短かったりして手を加えたいという人がいればポイントをちゃんと活かしたメイクをして、より美しい眉に仕上げていくようにしましょう。

ちなみにそのポイントというのは、眉メイクの際は”ぼかす”を意識するということ。

眉はペンなどを使って描こうとするとどうしてもくっきりとした濃い仕上がりになりやすくなってしまいます。

ナチュラルに仕上げたい場合は、ブラシなどを使ってぼかすようにして少しずつアイブロウを入れていくようにするのがオススメになるんですね。

その際も自分の元の眉の毛流れを意識して、それに合わせてぼかしを入れていくように。

アイブロウのカラーも黒だと顔の濃さを強調することになってしまいます。

逆に明るい茶色などだと眉が浮いて見えてしまうようになるので、自分の肌に合った丁度良いこげ茶色を選ぶようにしていくと良いですよ。

アイシャドウは濃い色よりも薄めのブラウンや白

先程のお悩みの中には、アイメイクをすると目が強調され過ぎて周囲にびっくりされてしまう、なんていうのもありましたよね。

なので濃い顔女性の場合はアイメイクもいかに濃すぎず自然な感じに仕上げるかというのが非常に大事なところになってきます。

そこでまずポイントとなってくるのが、アイシャドウのカラー選びになります。

もう分かっているとは思いますが黒やハッキリ色が分かるような濃いアイシャドウは顔の濃さを強調することになるので当然NG。

ナチュラルメイクにしたいのならやはりここはなるべく薄めのアイシャドウを使うようにした方が良いでしょう。

その中でも特にオススメなのが薄めのブラウンやベージュのアイシャドウ。

こういったカラーは肌に馴染みやすいヌードカラーになるので、塗っても自然な仕上がりになります。

かつきちんと立体感のある印象的な目元を作れるようになるので、濃い顔の女性でもそこまで強調しすぎることなく美しいアイメイクができるようになるわけなんですね。

ブラウンとベージュも明るさや色味などが微妙に違うものがたくさんありますが、できるだけ自分の肌に近いものを選ぶようにすればまず間違いありませんよ。

アイラインは細く引く(茶色のペンシルタイプがオススメ)

自然なアイメイクに仕上げるためのもう1つのポイントなのが、アイラインの引き方。

例えば目を強調したいという時はアイラインを濃く太めに入れるという人が多くなってくると思うんですが。

ナチュラルメイクの場合はそのまったく反対で、とにかく細いラインを引くことを意識するのが大事なポイントになってくるんですね。

実際ラインを引く時も1本の長い線を描くというよりは、短い線を繋いでいくような感じで。

そうしてまつ毛の隙間を埋めていくような感覚でラインを入れていくと、自然な極細のアイラインに仕上げられるようになるんですよ。

ちなみにアイラインの場合はアイテム選びも同じく大事になってくるのですが、ナチュラルメイクに1番ピッタリなのがペンシルタイプ。

ペンシルタイプはリキッドやジェルのようにいきなりラインがくっきりし過ぎることがなく、濃さを調節しながら少しずつ引いていくことができます。

薄さもちょうど良い自然な感じに仕上げることができるようになるんです。

その際ラインのカラーも黒だとやはり強調されやすくなってしまうので、茶色のペンシルがよりオススメになってきますよ。

唇は透明感とツヤ感のある口紅で

最後にご紹介するのは、自然な唇に仕上げるためのメイク法。

先程悩みのところでも、濃い顔女性のぷっくらした厚みのある唇は元々目立ちやすいパーツなので、かえってメイクがしづらいという話をしましたもんね。

しかしこれもちょっとしたアイテム選びのポイントに気を付けるだけで、簡単に美しいナチュラルメイクができるようになってしまうんですよ。

そのアイテム選びのポイントというのが、透明感とツヤ感のある口紅を選ぶというところ。

透明感のある口紅というのはうっすら元々の唇の色が少し透けて見えるようになるので、そこまで濃い口紅を使う必要もなく、自然な色の美しい唇を作り上げられるようになるからなんですね。

そしてツヤ感がある口紅を使えばそれだけで十分ぷるんとした唇にも仕上がります。

グロスなどを余分に塗ってテカテカな唇になる心配もなくなるというわけです。

ちなみに口紅のカラーはそれぞれ肌の色によって多少合う合わないが変わってくると思いますが、基本的にはオレンジやベージュ系を選ぶようにするとより良いでしょう。

こういったカラーは肌の色に馴染みやすく自然に仕上がりやすくなりますからね。

唇の部分だけが変に派手になるということもなくなるので、濃い顔女性の唇にもピッタリになってきますよ。

目立ちたい時は濃いメイクもOK!

ご紹介したように、濃い顔女性の場合は基本的にはナチュラルメイクをした方が仕上がりも自然で美しくなりますし、色々な悩みも一気に解決できますが…

ただし、目立ちたいという時やパーティーなどがあるなんて時はもちろん別。

そんな時はその元々の顔立ちを活かしてもっと濃いメイクを楽しんでも良いでしょう。

例えば濃いカラーのアイシャドウでセクシーにキメても良いですし、ビビットな口紅で唇を彩っても全然OK。

むしろ好きなメイクでとことん美しさをアピールしてしまって良いと思います。

ただしお話したように、濃い顔女性がそういったメイクをすると各パーツが強調されやすくなるので、それだけ全体のバランスも難しくなります。

気を付けないと変に派手になってしまったりと失敗もしやすくなります。

なので濃いメイクをする場合はやたらと全てを濃くするのではなく、バランスを見ながら各パーツを少しずつメイクしていくように。

そうして自分の理想のメイクに仕上げていきましょう。

イメージを掴みやすくするために事前に雑誌やメイク本などでお手本となるメイクをチェックしておくのもオススメになりますよ。