友達以上の関係になったと気づいたときに、自然と恋人になりたい気持ちが芽生えます。

いつも一緒にいる仲間だけど、心の中で「この人と付き合うことができたら、どんなに楽しいことだろう…。」そんなふうに思えることがあれば、それはきっと友情から愛情に変わる瞬間なのかもしれません。

今回の記事では、そんな気心知れた仲間だと思っていた相手に対して、恋心が芽生えた時、また恋人になりたいとあなたが感じた時に行うことをいくつかご紹介していきます。

友情が愛情になる瞬間を実感することで、より2人の関係は深くなるのです。

素敵な仲間から、恋人になるまでのきっかけについていくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

友達から恋人になることは珍しくない

気心の知れた友達から、恋人になる事は案外珍しくありません。

気心の知れた友達だからこそ、あなたは相手に心許しているのです。

それが、異性だった場合相手を思う気持ちから恋に発展する事は案外自然な流れなのかもしれません。

また、あなたが心を開くことで、相手もあなたに対して心を開いているのであれば、恋人になる日も近いのかもしれません。

このように、中の良い友達から恋人になる事は案外珍しくないことであり、友達の期間が長いからといって恋人になれないと言うこともなさそうです。

要は、タイミングや友達から恋人になる瞬間をキャッチすることで、2人の恋が実うまくいくことがありそうです。

友情から愛情に変わるきっかけ

それではここからは、友情から愛情に変わるきっかけについていくつかご紹介していきます。

友情が愛情に変わる瞬間とは、一体どのような時なのでしょうか?

当の本人同士は距離が近いため、なかなかお互いのことを客観視することができず「これが、恋人になれるきっかけなのかな?」などと、手探りをしていたり、友達に相談したりして恋人候補になれるのか図っているところがあるのかもしれません。

友達に相談するもよし、もし友達に相談できないのであればこちらの記事を参考に、友情から愛情に変わるきっかけを一つ一つ、思い出してみてはいかがでしょうか?

今までと外見が変わったとき

これまで、相手の外見などあまり意識したことがなかった人は、ふとした瞬間今までと思っていた外見が違うと感じた時、ドキドキしているようであれば、あなたは相手に対して恋心が芽生えているのかもしれません。

さらに、相手から「何か、雰囲気が変わったね。」などと言われた時も、相手があなたの外見が変わったと感じたのかもしれません。

このように、今までと相手を見る目が変わった時、相手や自分は特に意識していなくても、相手やあなたの心にフォーカスしているのかもしれません。

このように、何気なく普段接する中で今までと外見が変わったなぁ…。

と感じたときに、淡い恋心が芽生えているのかもしれません。

ギャップを見たとき

相手のギャップを見たときに、恋に落ちる可能性が高いといえます。

例えば、普段は優しくてもあなたを守るために強気な態度で出てくる相手の姿を見たときに、胸がキュンとしてしまうことがありそうです。

さらに、普段物静かな彼が、気になる女性のことを悪く言われたり、けなされているところを見ると放ってはおけず、ついつい反論したりする姿を見ると、「そんな熱いところがあるんだ…。」などと思うところもあり、相手に対して好きな気持ちがあるのかと感じるところもあります。

このように、普段の相手とは違う姿を見たときに相手はあなたに対して好きな気持ちが芽生えているのかもしれません。

落ち込んでいるときに励ましてくれた

あなたが落ち込んでいるときに、ずっと寄り添い話を聞いてくれたり、一生懸命励ましてくれたことがあれば、あなたのことを親身に思い、また大切に思っている事でしょう。

人が落ち込む時に、励ます事は当たり前だと感じる人もいますが、やはり落ち込んでいるときに一緒に落ち込んでくれたり、一緒に泣いてくれたり、励ましてくれるような姿は、友達以上の関係ができていなければなかなかできることではありません。

あなたが落ち込んでいる時にそばにいてくれたり、静かに話を聞いてくれているだけでも安心しますよね。

そんな相手はあなたのことを気にかけているだけでなく、ちょっぴり好きな気持ちがあるのかもしれません。

恋愛相談をしているうちに

相手があなたに対して、自分の恋人の相談を持ちかけてきたり、また逆にあなたが恋愛相談を相手に持ちかけた時に、恋が芽生える可能性があります。

つまり、恋人の相談をしたときにあなたが相手に対するアドバイスで「私なら、あなたにそんな思いをさせない。」「彼女は、あなたのことを本気で好きなんだね。」などと、さりげなく伝えた言葉の中にあなたの気持ちが混ざっていることもあります。

つまり、恋愛相談をしているうちにお互いの恋愛観が似ていたり、また考え方が似ていることでお互い惹かれ合うところもあるのです。

恋愛相談をしているうちに、知らず知らずにお互い惹かれ合っている…なんてこともなきにしもあらず。

遊ぶうちに好きになった

最近、よく遊ぶようになった。

また誘いやすい相手が彼だった…。

さらに、遊ぶ回数が増えるたびに好きになってしまった。

なんて事はよくある話です。

相手に恋人がいても、あなたと遊んでくれる相手であれば略奪愛なんてことも考えられるかもしれません。

しかし、恋人がいる彼を配ったり、恋人がいる彼女を奪ってしまうと、周りから反感を買うだけでなく、祝福されない交際がスタートしてしまいます。

相手に恋人がいる場合、恋人の気持ちをよく考え配慮することを優先させてください。

また、遊ぶうちに好きになってしまった場合、お互いフリーであれば自然な流れで恋人関係になるのではないでしょうか。

その時をじっくり待つのもいいですね。

二人だけで遊びに行くと好きになりやすい

特に、大勢の友達の中で遊ぶだけではなく2人きりで遊ぶことにより、お互いがお互い認識しやすくなり、好きになることが考えられます。

特に、2人だけで遊びに行くことにより特別感が生まれたり、周りから見ると恋人のように見えるところから、2人きりで遊ぶと言う事は、実はハードルが高いことなのかもしれません。

もし、どちらかが2人きりで遊ぶことをためらっていたり、大勢の友達や2人以外で遊ぶことに誘われるならまだしも、2人きりで遊ぶと言う距離感は、かなり近いものと考えられます。

このように、二人っきりで遊びに行くことにより、お互いのことを意識しやすくなり、さらにお互いを好きになりやすいといえるでしょう。

自然に

これまで、友達の期間が長かったり、相手の歴代の恋人を知っていたり、また恋愛相談もしたりされたり…。

なんて関係の場合自然な流れでお互いを意識していたり、好きになっていることが考えられます。

恋人になるきっかけは、案外そんな自然な流れからできるのかもしれません。

自然にお互いを意識しあい、また2人でいる時間が長ければ長いほど恋人になりやすいと考えられます。

さらに、お互いの価値観や考え方が似ていたり、シンクロすることがあれば、より心の距離はぐっと縮まり、恋人として意識しやすくなるのではないでしょうか。

自然な流れで好きになったり、恋人になることで、お互いに理解し合い長くお付き合いをすることができるのかもしれません。

二人でいる時間が長い

2人でいる時間が長い男女ほど、自然な流れで恋をしやすくなります。

2人で、あれこれ考えたり、あれこれ行動したりすることでお互いの良いところや悪いところが見えるようになります。

良いところは価値観が似ていたり共有できるところがあるということです。

また、悪いところを知ることで相手に対する対応ができるようになります。

もし、お互いに悪いところも似ていてぶつかり合う関係であれば、お互いに合わせていく努力が必要です。

しかし、2人でいる時間が長ければ長いほど、良いところも悪いところもひっくるめて相手を認められるようになることもあります。

このように、2人でいる時間が長ければ長いほど、自然な流れで恋をしやすくなるのかもしれません。

友達から恋人になる13個のメリット

気心の知れた友達から、ドキドキする恋人になるメリットを考えた事はありますか?

ここからは、そんな普通の友達から恋人になることでよかったことについていくつかご紹介していきます。

「友達から恋人になる12個のメリット」を知っておくことで恋人になった後でもお互いに仲良く過ごしていけるのかもしれません。

友達から恋人になることでどんな良いことがあるのか、早速読み進めていきましょう。

1.お互いの性格を理解している


まずは、もともと友達だったためお互いの性格を理解しているところがあります。

相手の良いところや悪いところ全てをひっくるめて理解することができます。

価値観が似ていたり、考え方が似ているところから自然な流れで恋人になるケースがほとんどです。

しかし、まれに性格が合わないのにお付き合いをしているカップルもいます。

しかし、お互いの性格をきちんと理解していれば、少々考え方にズレがあってもカバーできるところがあります。

相手の良いところをきちんと認め、悪いところがカバーできるようになれば最高のカップルになるのではないでしょうか?

2.ダメな部分も知っている

相手の悪いところやだめな部分を知っていることで、あなたが先回りしたり、相手をカバーすることができます。

1番ダメなパターンは、すごくいい相手だと思い込んでお付き合いをしてしまったために、後から相手の嫌なところが見えてきたり、だめな部分があからさまになった場合、一気に好きだった気持ちが冷めてしまうことがあります。

もともと、だめな部分を知っていれば、それなりに回避することも出来ます。

相手のだめな部分を知っている事は、2人の関係が悪化してしまうことを最小限に抑えることもできます。

このように、相手の悪いところやだめな部分をよく理解し知ることで、事前に回避することができ、またそれほど深く関係にヒビが入らないことでしょう。

減点がない

もともとだめな部分を知っていることで、さらに減点されることがありません。

めちゃくちゃ好きになった相手が、最高の状態から徐々に減点されていくことで、好きな気持ちも減点されます。

また、減点が多いほど相手に愛想つかしてしまいます。

減点することがなかったり、もともと相手のだめなところや悪いところを事前に察知しておくことで、減点することが少なかったり、嫌な気持ちになることも最小限に抑えられるのではないでしょうか。

3.価値観が近い

友達でいた期間が長かったカップルの多くは、一緒にいる時間を過ごすことで価値観が近くなることを感じています。

価値観が似ていたり感じるようになることで、お互い一緒にいることが心地よくなることもあります。

価値観が近いことや似ていることで一緒に過ごす時間も楽しいものになったり、一緒にいることが心地よく感じるところがあります。

友達から恋人になった場合価値観が近いことが、非常に大きなメリットになるのではないでしょうか。

4.気を遣わなくていい


もともと友達の力が長ければ長いほど、気を使わなくていいところがあります。

相手のことを全く知らずに、お付き合いをスタートさせたと同時に相手のことを知ることも、ドキドキしたり相手の良いところを見つける感動があるかもしれません。

しかし、お互いがきちんと理解できるまでに、気を使う部分も多くなるのではないでしょうか。

相手がどこで怒ったり、嫌な気持ちになるのか?

など、手探りで探していかなければなりません。

そのため、友達から恋人になった人よりかなり気を使うところがあるようです。

多少気を使う事に対して、何も思わなければ良いのですが、気を使うことに疲れてしまう場合、友達から恋人になることで、気を使わなくていい事はメリットになりそうです。

5.素のままでいられる

友達から恋人になることで、以前から相手のことを知っていることもあり、恋人になったからといって態度を変えることもありません。

つまり、あなた自身素でいられるところが大きなメリットになります。

気を遣って相手の顔色を伺っていたり、相手のことを気にかけていては、疲れ果ててしまいます。

あなたがあなた本来の自分の姿で得られる事は、案外幸せなことなのかもしれません。

素直に自分の意見が言えたり、話をしたりすることができることで、よりお互いの関係も深まりやすく、素のままでいられる気楽さも、実は大きなメリットなのかもしれません。

6.信頼関係ができている

友達関係が長ければ長いほど、相手のことをよく知っています。

信頼関係がある程度出来上がった状態で恋人になる事は、安心感になるだけでなく、相手がどういった人物なのかをよく理解していますので、1から信頼関係を作る必要もありません。

まっさらな状態で恋人になった人は、手探りで相手のことを理解し、受け入れていくのに時間がかかったりしてしまいますので、その過程で別れたりすることもあります。

しかし、もともと信頼関係が出来上がっていたり相手のだめなところや悪いところを知っていることで、別れになることも少ないのではないでしょうか。

7.一緒にいて安心感がある

一緒にいて、安心感やほっとする気持ちがある場合、そのまま自然な流れで恋人になったり、恋人になっていっても結婚しやすい関係になりやすいと言えるでしょう。

一緒にいて安心感がある相手は、家族になっても安心した家庭が築けられると感じるため、お互いに信頼し安心してお付き合いを進めたり、結婚したりしやすいと言えるでしょう。

また、ドキドキハラハラする恋人も一時期は楽しいですが、やはり結婚や家庭に入ることを考えると、ドキドキハラハラする人と一緒に過ごすより、一緒にいてほっとしたり安心感のある相手と過ごしたいと思うようになります。

やはり、一緒にいて安心感がある相手は、メリットが大きいでしょう。

8.何でも言い合える

お互いに、思ったことを感情的にならず素直に言える関係性は大切です。

何でもかんでも言ってしまう事は、良い関係とは言えませんが、お互い心に思ったことを素直に話し合える事は、メリットとしても大きい部分になります。

相手に気遣い、自分の言いたいことを言えない関係より、相手がどのような気持ちで過ごしているのか、また相手がどのように感じたかなどをお互いに話し合いる関係は、それだけ信頼関係もできているため大変良いことだと言えるでしょう。

何か言えば反発されたり、相手から話を聞き入れられない関係では、恋人になったとしても苦しい状況が待ち構えている事は目に見えていますよね。

9.騙されることがない

お付き合いが始まり、「こんなはずじゃなかった。」などと言う気持ちがありません。

もともと知っていた相手だと言うこともあり、素性を隠したり、本性を隠していたりすることもおそらくありません。

友達から恋人になる最大のメリットは、いくつかありますが、お付き合いした後に発覚することがある場合や、隠し事をされていた事実があるなら、それは非常に悲しい出来事になりますが、もともと知っていた相手であれば、ほぼほぼ騙される事はありません。

騙されたと感じてしまうことで、一気に相手への信頼が崩れるだけでなく、あなた自身ショックを受けることもありませんよね。

10.あまり喧嘩になることがない

もともと友達だったころから相手の性格や悪いところ、欠点などをよく理解していることだと思います。

そのため、たとえ相手の悪いところや欠点が出てきたところであなた自身も、相手に対して免疫ができていることだと思います。

あまり喧嘩になることも、悲しい思いをすることも少なそうですよ。

相手もあなたのことをよく理解してお付き合いがスタートしていると考えられますので、お互いにあまり喧嘩になることが少ないのではないでしょうか。

恋人になっても、喧嘩ばかりしていればお互い疲れ果てていずれは別れが来てしまいます。

喧嘩になることが少ないカップルほど、わかりにくいところもあるのではないでしょうか。

11.友達も交えて遊べる

もともと友達だった相手と恋人になることで、友達ぐるみで遊んでいた仲間を踏まえて、遊ぶことができます。

そのため、2人きりで仲良く遊ぶこともできますし、友達を踏まえワイワイ楽しく遊ぶこともできます。

友達も踏まえて遊べる事は、友達から恋人になった特権になります。

みんなとワイワイ騒ぎたい場合にも、自分の友達を誘う気遣いをする必要はありません。

もともと知った仲間を呼ぶだけなので気兼ねなく遊ぶことができます。

恋人と、友達も踏まえてワイワイ楽しく遊ぶことができる関係は、非常に楽しくまた健全なお付き合いができている証拠になります。

12.交友関係を把握しやすい

交友関係を把握できない恋人同士は、相手の背景が見えなかったり、またいつもどのような相手と遊んでいるのか気になるところがあります。

しかし、交友関係を把握していることで相手がどのような友達と遊んでいるのか、またどのような遊びをするのかがよくわかります。

さらに、どんな友達がいるのか知っておくことで、何かあった時にも友達に助けられることがあります。

13.周りへの紹介もスムーズ

もともと友達だった相手が恋人になった場合、周りへ紹介する時もスムーズに行うことができます。

特に、知った相手を紹介することは、何の恥ずかしいこともありません。

堂々と自慢して恋人宣言をすることができるのではないでしょうか?

また、周りもお互いのことをよく知っているため、どのような馴れ初めでお付き合いしたのかは気になりますが、お互いに知った者同士がお付き合いしているので、周りも祝福しやすくなりますよね。

このように、周りへの紹介もスムーズになることから、周り回余計な心配や配慮することもありません。

メリットばかりではない?!

これまで、友達から恋人になったことへのメリットをいくつかご紹介してきました。

しかし、ここからはメリットばかりでは無いことをお伝えしていきます。

メリットがあれば、必ずデメリットが存在します。

デメリットの存在をよく把握し、熟知しておくことで、お互いの悪いところからさらに脱出することができます。

友達だったからといって、何でも許せる関係であったり、また何でもありな関係になるのもおかしな話です。

デメリットをよく理解し、あなたなりにそのデメリットと向き合っていきましょう。

友達感覚が抜けない

最大のデメリットは、友達感覚が抜けないところにあります。

これまで何年も友達関係を続けてきた相手であれば、当然のことお友達感覚が抜けないのではないでしょうか。

また、友達の関係が長い人ほど恋人として見ることができなくなっている場合もあります。

友達の関係だとうまくいっていた相手でも、たちまち恋人になった瞬間馬が合わなくなったり、価値観が違うように思えてくることもあります。

友達感覚でいる気楽さや、友達のように接することができるところは素晴らしいところですが、友達感覚が抜けないことで、お付き合いも友達以上に発展することがなければ悲しい結末となりそうです。

ドキドキしない

友達の期間が長かったり、ずっとした相手であればドキドキしないことも考えられます。

ドキドキしないことでマンネリ化しやすく、馴れ合いになりやすいことも考えられます。

ドキドキしている気持ちがあるからこそ、相手を好きなんだなと実感することができたり、相手を思う気持ちにつながるところもあります。

ドキドキしないことでほっとする気持ちや安心感はあっても、家族のような存在になりやすく、恋人のような存在にはなりにくいのかもしれません。

やはり、女性の場合ドキドキしない相手より、ある程度ドキドキした相手とお付き合いしたいところもあり、また時々しない相手には早い段階でマンネリ化が訪れてしまうこともあります。

この辺は、やはりデメリットになるかもしれません。

緊張感がない

ドキドキしない気持ちや、緊張感がない事は、お互いに家族のような存在や空気のような存在になっていることが考えられます。

緊張感のないことで、馴れ合いや気を使わないことにより、マンネリ化だけでなく、好きな気持ちすら危うくなってしまうことがあります。

もともと慣れているところがあるため、言いたいことも言いやすくやりたいこともやりやすいところがあります。

しかし、緊張感がないことで相手に対して甘えになってしまったり、相手に知らず知らずのうちに負担にさせてしまうところがあるかもしれません。

やはり恋人なればドキドキしたりちょっと位緊張感がある方がうまくいくのかもしれません。

夜がマンネリ

夜の営みがマンネリ化してしまうこともあります。

つまり、友達の期間が長かったり、友達の感覚でいることで、なかなか恋人や男性、女性などと見ることができにくいのかもしれません。

そのため、夜の営みもマンネリ化しやすく、体の関係がない期間が続くのかもしれません。

お互いに、体の関係がなくても心でつながったカップルはたくさんいます。

しかし、夜の営みがマンネリ化してしまうことで、愛情などのコミニケーションが取りづらくなることも考えられます。

夜がマンネリしてしまうことで、恋人から友達に戻ってしまうことも考えられます。

恋人であれば、愛情のコミニケーションはマメに行い、夜がマンネリにならないよう気をつけなければなりません。

友達が気を遣うことがある

ここで、要注意しておかなければならない事があります。

もし、友達から恋人になった場合、あなたと相手が喧嘩をしていれば当然周りもあなたたちに気を使うことになります。

良い時は何も問題ありませんが、喧嘩や別れ話になった時など友達を巻き込むことも考えられます。

はじめのうちは、友達も気持ちよくあなたたちの問題に参加してくれる事はありますが、何度も何度も同じ繰り返しや、友達が2人の間に入り関係を取り持つことが増えれば、当然友達の気苦労や負担も増えてしまいます。

友達に気を使わせることをよく考え、配慮した行動をとらなければなりません。

分かれると友達と疎遠になることも

友達から恋人になった場合、周りの友達も2人がお付き合いをしていることも把握しています。

そのため、2人の関係が良い時は構いませんが、喧嘩をしたり別れるとなった場合、友達とも疎遠になってしまうことが考えられます。

あくまでも、2人の関係で友達を巻き込んでしまわないよう気をつけなければなりません。

2人の関係にヒビが入るだけならまだしも、周りの友達まで巻き込み関係を疎遠にさせてしまう事は、良いことではありません。

きちんとした大人の対応や考えを忘れず、周りの友達をできるだけ巻き込まないよう気をつけなければなりません。

何かあったらすぐ広まる

さらに、2人が別れることになったり喧嘩することになれば、すぐに友達に情報が回ってしまうことも覚えておきましょう。

お互いに気持ちよく、良い関係を保てているのであれば問題はありませんが、喧嘩が多かったり友達を板挟みにして関係を保つようなことをしていれば、たちまち周りも嫌な気持ちにさせてしまうことを忘れてはいけません。

2人の関係に何かあった場合、2人の問題になります。

当然、友達が知ることになれば周りの友達にもすぐに広まる事は自然な流れです。

誰かが2人の関係を言い振らしたなどと悲観的にならず、何かがあったらすぐ広まる…。

と言うことを覚えておく方がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?これまで気の知れた友達から恋人になる瞬間をいくつかご紹介してきました。

あなたが思い当たる感覚や、気持ちがあれば、すでに2人の恋が始まっているのかもしれません。

さらに、友達から恋人になることのメリットをよく理解することで、他の恋人にはない2人だけの信頼関係や安心感を味わうこともできそうです。

また、2人の信頼関係や安心感が深まれば深まるほど、愛情も深くなり家族になりたい気持ちが芽生えるのかもしれません。

しかし、その一方でデメリットがあることも忘れないでください。

これまで友達関係が長かったカップルであれば、当然のことマンネリ化しやすい関係にあります。

その場合、結婚したい気持ちを通り過ぎて、まるで家族や空気のような存在になることも考えられます。

そうなることで、恋人として見えなくなることもあり、また別れてしまうことで周りの友達に迷惑がかかることも心のどこかに置いておかなければなりません。