高視聴率ドラマでヒロインの性格のキーワードになっていた『小賢しい』という言葉。

意味はなんとなく分かるものの、あまり日常生活では使わないワードではないでしょうか。

実際、私も口にしたことはないように思います・・・まぁ言われたこともありませんね。

小賢しいと思われるのは、あまり喜ばしいことではなさそうです。

どんな人を『小賢しい人』というのでしょうか。

そしてそんな小賢しい人との上手な付き合い方をいろいろ調べてみました。

そして「ねぇ、君、小賢しいよね。」って言われたことがある方へ。

小賢しさの改善方法などをご紹介します

小賢しいとはどういう意味?

まずは正しい意味を覚えましょう!!

【小賢しい~こざか-しい】
・ 利口ぶっていて差し出がましい。生意気である。「小賢しい口をきくな」

・ 何かにつけて要領よく振る舞っている。

・ 悪賢くて抜け目がない。「小賢しく立ち回る」 

引用元:goo辞書

似た言葉=類語として、『腹黒い』『悪賢い』『ずる賢い』『狡猾(こうかつ)』。

やはりまったくいい意味では使われないようですね。

小賢しい人、周りに居ませんか?

『小賢しい』という表現は、たいてい立場や年齢が下の人に使います。

・一人前でもないのにエラそうなことを言うな!小賢しいヤツが。

・自分が得になるようなことには抜け目なく鼻が利くんだから、小賢しいよあいつはいつも。

・他人を蹴落とすような小賢しい細工ばかりするヤツだ。

などなど。

生意気で、抜け目なく、知恵は働くけれどもずうずうしく信用は出来ないような人物像です。

私がぱっとひらめいたのは、憎たらしい時の、ドラえもんに登場する『スネ夫』ですかね。

まぁ、どちらかというと嫌われ者です。

小賢しい人は損する

小賢しい人は、どうやらあまり周りから好かれていません。

また信用されてもいないとうい残念が人が多いと思います。

まぁ賢いという字がついているくらいですから、頭が悪いわけではないのです。

知恵は回るのだけど、浅はかなんでしょうね。

周囲から見え見えの問題点があるわけです。

小賢しい人は『自分をよく見せたい!得したい!大きいヤツと思われたい!』と思っている場合が多く、自分のために頭を働かせます。

恋愛においても好かれない

小賢しい人は、基本的に相手を見下してものを言ったり見たりしています。

まぁそんな人がモテるわけはありませんね。

これは男も女も同じことが言えます。

誰でも見下されたら気分が悪いもの。

しかもエラそうに『あなたのためだんだから』と性善説を振りかざすような人はうっとしいことこの上ありません。

恋愛は相手の気持ちを一番に考えあってこそ成立するもの。

自分のことを棚に上げて相手のことばかりあーだのこーだの言っていては、同性からも異性からも好かれません。

小賢しいと思われがちな人の6個の特徴

あなたの周りにも小賢しい人っているんじゃないですか?

『小賢しい』ってあまり日常会話には登場しない言葉ですので、「こいつ、小賢しいぞ」とは思った経験はあまりないかもしれませんね。

でも、生意気な人間、ずるい人間は周りに何人かいるのではないでしょうか。

生意気でもずるくても、許される範囲内であったり可愛げがあったりすればいいのですが、小賢しい人は何故か周りをイラッとさせます。

「こいつの言うこと、いちいちが気に障るんだよな、イラッとするっ!」って人がいたら、それはきっと小賢しいヤツです。

小賢しいと思われてしまう、6個の特徴をあげてみました。

1、損得勘定をよく行う

小賢しい人は少しでも自分が得をするようにいつでも頭を働かせています。

なので中心になるのは絶対にいつも『自分』。

誰かのため、皆んなのため、という思考にはなりにくい人です。

自分が得をするなら、周りの誰がどう損をしようが知ったこっちゃありません。

自分が何かしらプラスになれば満足です。

自分が得する事ばかりを優先している小賢しい人は、人との付き合いも、それが顕著に出ます。

この人と付き合えば得をするぞと思えば、積極的に付き合いをしようとします。

けれども何の得にもならないと判断した人には、びっくりするほど興味がありません。

得にならない人と付き合う事は、損することだと考えているためですね。

周囲の事を気にしてないと思われる

小賢しい人本人は「自分は損得だけで行動している」などと思ってはいない場合がほとんど。

でも周囲から見るとあからさまに得する事だけを考えているように見えるので、周りにどう思われていようが気にしない人だと思われているようです。

でもまぁその通りなんです。

周囲の事など気にしていません。

周りがどうなろうと、どう思われようと興味がないようです。

2、人によって立ち振る舞いが違う

人によって態度がコロコロ変わるのも、小賢しい人の特徴。

上司の前では要領よく立ち回り、時には媚びへつらうような行動をとることもあります。

権力者の前では常にYESマンで、目上の人に取り入るのが上手です。

本来口が達者で弁が立ち、人を褒めるのが上手ですから、目上の人を持ち上げることなど朝飯前。

おだてられるのが好きな上司なら、そんな小賢しい人をいつもそばに置いておきたいと思うでしょうね。

でも上司がいなくなると態度が一変。

急に横柄な態度になります。

今の今まで「私が全責任をもってやり遂げます!!」と言っていたのに、

上司の目が届かないところに移ると急に怠け始めたり、あげくに人に仕事を他人に押し付けようとしたりします。

自分の能力や仕事の成果で勝負するのではなく、あくまでおべんちゃらで売り込もうとすることに、小ずるしさを感じる人も多いのでは。

こんな腹の立つヤツ、周りにいませんか??

人によって態度が全然違う!

権力には腰を低くして媚びるのに、そうでないと横柄になってしまう。

これは小賢しい人の典型です。

まぁ大抵の場合は周囲にそういう人だとばれていますので、嫌われ者が多いようです。

例え相手が上司であっても、権力者の息子であっても、パートのおばちゃんであっても、態度を変えない人は周囲の信頼を集めます。

毅然としたブレない態度はカッコいいものです。

でも小賢しい人はそうはいきません。

上には媚びへつらい、下にはエラそうにする人に、人はついてきません。

3、頭の回転が速い


小賢しい人は、頭はいいんです。

キレ者も多いんです。

どう話をもっていけば得をするか、先々まで読んで布石を敷くことは本当にウマいんです。

その能力をもっと違うことに生かせばいいのにと、近くで見ている人はそう思うかもしれません。

そして自分を大きく見せよう見せよとしたいので、知ったかぶるのも得意。

本当は詳しくないのに、ちょっとした雑学を仕入れると、自分が何でも知っているかのように話を披露する。

または他で聞いたような知恵をさも自分が学んできたことのように話してしまう。

こういうのを『浅知恵』って言うんでしょうね。

知識を見せびらかしていると思われる

人より自分の方が知識が深いと思われたい、人より優位に立ちたい、そんな気持ちがミエミエの小賢しい人。

本当はよく知りもしないのに、専門家の様な気で話をしてしまう傾向があります。

でもそんな付け焼刃の知識は少し話せばすぐにボロが出てしまいます。

「この人、いつも知ったかぶった話し方をするけど、本当は何にも知らないんじゃないの?」そう思われてしまうのも時間の問題。

浅い知恵ばかりを披露して、本当は何も知らないのは小賢しい人です。

4、口が達者

話すのがうまいというよりも、口が達者な小賢しい人。

多分一番の特徴なんじゃないかと思います。

簡単な内容なのに専門用語を山盛り使ってなんだか難しいことを言っている気にさせてしまう、そんな小手先の演説が得意なんです。

でも言うことばかりは一人前だけれど、中身が伴っていないんですよね。

そんな人も、周囲に一人くらいはいるのではないでしょうか。

口先ばかりの人。

また、いくら親切な言葉を言ったり、相手を気遣うような態度を取っていたりしても、口先ばかりで心がこもっていないのです。

「こんな言葉をかけられたら相手はきっと感動するだろう」などと、考えているのがバレバレなんです。

「一番あなたのことを心配しているのは、私なんだよ」などと、まったく心にもないことを平気で口にできちゃいます。

言葉に心を感じにくい

口先ばかりの優しい言葉は、実は何の役にも立ちません。

言葉にしなくても、何も話してくれなくても、相手を思いやる気持ちというのは伝わるもの。

逆に心が全くこもっていない言葉は何も伝わりません。

同僚や友達の成功を心から喜べる人は、逆の立場になったとき、誰からも祝福を受けるでしょう。