CoCoSiA(ココシア)

ダブル不倫の重大なリスク!のめり込む前に知っておきたい11個のこと


結婚して、何年か達人夫婦の形も次第に変わってきます。

そんな時、他の人に目がいくことがあります。

自分は絶対ないと思っていたことでも、少しの気の緩みから不倫をしてしまう…。

また、妻の妊娠をきっかけにしばらく夜の営みがないからと言って、気になる既婚者女性と関係を持ちたいなんて考えていませんか?

妄想で済むならまだしも、実行してしまうことで残念な結果に陥る事が考えられます。

不倫を行ってしまうことで、どのような結末が待っているのか、ご存知でしょうか?

ダブル不倫にのめり込んでしまう前に、この記事を読んで不倫について考えて見て下さいね。

この記事の目次

ダブル不倫は恐ろしい、、、!?

ダブル不倫での恐ろしい結末をご存知でしょうか?

ダブル不倫のアレコレから、実際にダブル不倫が原因で恐ろしい結末を迎えた方の話などを盛り込み、こちらの記事を書き進めて行きたいと思います。

まずは、「ダブル不倫」というキーワードを聞いた事があっても、実際、ダブル不倫ってどうなの?何なの?

なんて方にも分かりやすく、一からダブル不倫についてご説明させていただきます。

もし、あなたがダブル不倫を考えているなら、ぜひ細部までしっかりとこちらの記事を読むようにしてください。

ダブル不倫ってなに?

「そもそも、ダブル不倫って何?」なんて人も多いのではないでしょうか?

ダブル不倫は、簡単に言ってしまえば、「既婚者同士が不倫する」事です。

なので、既婚者と未婚者の不倫はただの不倫になります。

また既婚者男性と既婚者女性の不倫は「ダブル不倫」になります。

こちらの説明のように、ダブル不倫の意味を理解する事が出来ましたか?

ダブル不倫にはまる理由

それでは、ダブル不倫の意味が分かったところからダブル不倫にハマる理由を知りたくないですか?

今、ダブル不倫を考えているのであれば、ざっくりと「淋しさから」「気を紛らしたい」「今現在、結婚している相手に不満がある」「嫁(旦那)以外の人に癒されたい」などなど様々な理由があるかもしれません。

そんなダブル不倫でハマる理由として、具体的にどのような理由があるのかさらに詳しく掘り下げてリサーチして行きます。

もし、あなたがダブル不倫をしたいと感じていたり、ダブル不倫をしているのであれば、以下の理由に当てはまるかチェックしてみてくださいね。

男性がはまる理由


そもそも、ダブル不倫にハマりやすいのは男性の方だと言われています。

女性は受け身の人も多く、よっぽど「今の現状を変えたい!」と思う既婚者女性や、旦那と冷め切った仲の場合など、理由がなければ、女性からダブル不倫に走ることは、可能性としては低いでしょう。

では、なぜダブル不倫に男性がハマりやすいのか、様々な方面から、ダブル不倫にハマりやすい理由を考えて行きましょう。

まずは、男性の本能や心理から、どのような思考回路をしているのか読み解いていく必要がありそうです。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

スリル満点

そもそも、平凡な日常に飽きていて刺激を求めていることが考えられます。

朝起きて、子ども達を起こさないようにして布団から這い出て、嫁の作ったご飯を食べ会社へ出勤する。

出勤までの満員電車でも、いつも可愛い子を探してしまう。

初めは、そんな可愛い子を見て癒されたい気持ちになっていたが、次第に毎日顔を合わせるようになり、声をかけてみたくなった…。

というような話や、職場が同じ女性とやり取りしているうちに、好きな気持ちが芽生えてきた。

と、言う事もあります。

ただ毎日淡々と同じように過ごしていくより、何か刺激のある事で、マンネリから脱出したいと思うところもあるようです。

スリルがあり、会社や妻にバレないようにする事で、刺激を求めているのかもしれませんね。

日常のストレス発散

さらに男性の場合、おこずかいも少なく、毎日ストレス発散する事が出来ないと感じている場合、不倫などでストレスを発散したいと思っているのかもしれません。

日頃のストレスの発散が上手くできていない、発散したい気持ちはあっても、ストレスは溜まってしまうばかり…。

なんて時に、日常のストレスを一気に発散したいと思うようになります。

日常のストレスはお小遣いが少なくても溜まります。

また、おこずかいが無いのに、不倫できるの?

なんて、思いがちですが、お金がない事でお金がかからないデートもありますからね。

車の中や海や公園などで待ち合わせたり…。

おこずかいが少ない理由を不倫相手に話している場合、不倫相手が支払ってくれる事もありそうです。

何にせよ、日頃のストレスをどこかで一気に発散したいと思っている場合、不倫という選択肢もあるようです。