何かにおいて切羽が詰まったことはありますでしょうか?

おそらくほとんどの方はそのような経験をしたことがあると思います。

切羽が詰まると頭に血が回らないケースが多く、誰にも相談できなかったりして、周囲では当たり前と言われている行動ができなくなってしまうのです。

なぜそうなってしまうのかと言いますと、そのような経験をしたことがないので、どう対処したらよいのかわからないのです。

そのため、頭にも血が回らないので、てんぱってしまい、周囲も冷静に見れなくなってしまうのです。

特に日本は世界でも稀に見る自殺大国です。

命を落とす原因の上位に自殺と癌があるのは、世界でも日本だけです。

この二つのどちらにも原因になっているのがストレスです。

つまり、日本の社会はストレスがたまりやすい状況になっているのです。

最近は働き方改革などと言って働き方の改革が迫られていますが、日本の仕事のシステムの場合、報酬よりもやりがいを求めるような感じになっているので、働いている側にとっては、満足のいくような感じになっていないのです。

また、古くから根付いてしまった終身雇用や年功序列などによって、一度入社した会社には定年までいないといけないといった風潮が強いので、なかなか会社を辞めることができない人もいて、ある意味、自分の考えで行動できない社会になっています。

そのような社会だからこそ切羽詰まった状況などに陥ると大変なのです。

特に日本は労働してなんぼと言った感じになっていますので、切羽詰まった状況になった時にしっかり対応しないと自殺者を増やしてしまう危険性が高いのです。

今回は、切羽詰まった時の解決方法などの情報をまとめたものになっています。

自分は切羽詰まることなんてない!と言い張る方もいらっしゃると思いますが、人間いつ切羽が詰まるかはわかりません。

つまり、あなたの考えだけの世界ではないのです。

この世に起きることは人間の創造を越えたことばかりです。

いつまでも固定概念や常識などに支配されていては、いつ危機に陥るかわからないのです。

ひとまず、ここは傍観者の気分でも構いませんので、記事に目を通していただけましたらと思います。

もしかしたら新しい考えが生まれるかもしれませんよ。

ぜひ、あなたにとって何かのきっかけになっていただけたら幸いです。

切羽詰まる状況の5個の解消法!【仕事編】

それではいきなり切羽詰まる状況の解決方法からご説明していきたいと思います。

とは言ってもまずはお仕事の側面から説明いたします。

日本人にとっては、仕事は避けて通れない状況になっていますが、やめることや転職することがマイナス的な感じに見られてしまっているために切羽詰まった時にどうしたらいいのかわからず、てんぱってしまうのです。

しかし、それはあくまで社会の目です。

社会の目を気にしていても意味がありません。

社会の目と言われていますが、その社会とはどのような社会でしょうか?

そう聞かれるとなかなか答えることができないのです。

なぜなら、この社会の目などは、周囲の人が口にしているから、自分も!と言った感じに口にしている人がほとんどです。

要は「みんなが」の精神が強い日本人にとって周囲が口にしているのだから正しいと思ってしまうのです。

たいてい「みんなが」と言っている人は、自分に責任を持てない人ばかりです。

「みんなが」しているから自分だけに責任が来るのはおかしいといった感じのことを言ってくる人もいるぐらいです。

これからは「みんなが」はどうでもいいのです。

みんなはわかったからあなたはどうしたいの?と言うようになることが予測されます。

つまり、自分の考えをしっかり持って、固執せずに冷静に周囲を見れるようになることが大切になってくるのです。

もはや「みんなが」を盾に使える時代はなくなってきましたよ。

なぜなら、情報があふれている社会なので、すぐに「みんなが」そう思っているのかどうかばれてしまいます。

そのような時代になるので、しっかり切羽詰まった時の対処法を覚えましょう。

特にここから説明することは仕事で疲れている社会人の方におすすめです。

大きくピックアップして5個ありますので、まずはあなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビット来たものなどからマスターしていくようにしましょう。

いきなりすべてをマスターするよりかは慌てずにゆっくりあなたのペースでマスターしましょう。

ほとんどの方が仕事や時間に追われてしまっているのです。

走る時などに追われて走ってしまうとかなり疲れるらしいです。

逆に何かを追う感じに走ると疲れはそんなになく、ハイになるらしいです。

つまりは、自分の描く未来像を追うことがストレスなく動けるということになります。

1.深呼吸をする


切羽詰まった時にまずは最初にやるべきことは深呼吸です。

切羽詰まると呼吸が荒くなってしっかり酸素が体の中に注入されずに血のめぐりが荒っぽくなるのです。

つまりは体全体に血がしっかり流れていかないのです。

そうなると当然頭にも血が流れないのです。

頭に血が流れないから当然考えることもできません。

落ち着いて考えろとは言いますが、落ち着いていれば考えることはできるのですが、落ち着いていないと考えることはできないのです。

つまり、呼吸が荒くなると心が落ち着かないので、対処法を考えることができないのです。

とにかく切羽詰まったのであれば、深呼吸をするのが大切です。

深呼吸をして心を落ち着かせましょう。

何か問題が起きると人間はてんぱってしまいます。

なぜてんぱるのかと言いますと、まず不安に襲われるからです。

さらに不安に支配されると、どうしたらいいのかわからなくなってしまうのです。

しかし、よくよく考えてください。

生きているうちにあなたに起きるすべての問題はあなたにとって必要だから起きるのです。

つまり、あなたに解決できない問題は起きないのです。

解決できないと自分で思い込んでしまって不安に支配されて慌ててしまって、深い呼吸ができなくなってしまうのです。

何か起きても大丈夫!それはあなたにとって必要だから起きるのです。

よく成功者の方が考えているのが、何が起きても想定内と言った感じで起きることすべてを受け入れているような感じです。

自律神経を整える

呼吸が乱れているのは、自律神経が崩れているからです。

そう聞くとやばいとか大げさに考える方もいらっしゃいますが、そんなに大げさに考えることもありません。

なぜなら、深呼吸をすれば自律神経を整えることができるのです。

自律神経が崩れているかどうか自分にも相手にもわからないことなのです。

つまり、ちょっと変だなと自分で思ったらまずは深呼吸をして自律神経を整える必要があるのです。

整ったかどうか確かめることはできませんが、それでも深呼吸をすることは大切です。

ぜひ、深呼吸を大切にしてください。

2.ツボを押す

切羽詰まったら深呼吸も大事ですが、それでも落ち着かない場合は、ツボを押すことをおススメします。

ツボと聞かれるといかにも東洋思想な感じがしますが、意外と効き目がありますよ。

また、ツボと言われてもそんなに詳しくないという方もいらっしゃると思います。

知らないのであれば、知っておくほうが良いという言葉があるように改めて覚えることもありかと思いますが、それがちょっと…という方は、体の一部で押されて気持ちがいいポイントを自分でも見つけてみてはいかがでしょうか。

要は自分の気持ちが高揚するツボを自分で作ってしまえばいいのです。

ツボって自分で作っていいのと思われた方も多いかと思いますが、作っていい、作っていけないというようなルールはありません。

押すことでご自身の気分が高揚するのであれば、自分のツボを作ってもいいのではありませんか?あなたにとって、世界で1つだけのツボです。

このようにご自身で参考書からツボを調べるのもありだし、ご自身でツボを発見することもありかと思います。

要はツボは整体師の方に押していただくことが必要だという固定概念が強すぎるのです。

日本人はなぜかこの固定概念に支配されています。

なぜかと言いますと、言葉の国でもあり、コミュニティを大切にする国だからです。

自分が所属しているコミュニティ内で正しいとなれば、それに従ってしまうのです。

他の物が見えてこなくなってしまうのです。

あとは意外と調べない国民性です。

3.一人になる

コミュニティを大事にする国だからか、周囲にかっこ悪い姿を見せることを極端に嫌います。

そのため、男女問わずつよがるような国民性を持っているので、ストレスをためやすいのです。

つよがるのは悪くありませんが、つよがりすぎるのは、体に毒ですよ。

ある意味、日本人はコミュニティにいすぎているのです。

そこにいすぎると、自分の考えを失ってしまう危険性もあるのです。

では、どうすればいいのかと言いますと、たまには一人になるのが良いです。

一人になって周囲の影響を受けずにいろいろと考えてみましょう。

物事を俯瞰で見たり、角度を考えてみたりして、広く視野を持てるようにしましょう。

要はコミュニティを大事にしすぎるからおかしくなるのです。

コミュニティを大事にするのは大切ですが、その中に属してもあなたの色をいかにキープできるかが大切になってくるのです。

抜け駆けのような感じもしますが、そうでないとあなたがあなたのままで生きられないですよ。

一人になると周囲から孤独のような人、ぼっちにされた人などというような感じに見られてしまうという恐怖感はありますが、他人にそう見られたからと言って何がどうなるのでしょうか。

死ぬわけではありません。

要はコミュニティに所属しながらも、あなたで生きていかないといけないのです。

一人になることは悪くありません。

たまには一人になるように頑張りましょう。

お手洗いに行く

悩みが多くなりすぎてその場にいたくないと思ったら思い切ってトイレに行くことが大切です。

トイレは個室で、自分だけの空間になるので、意外と心が落ち着く場所でもあります。

トイレに行くのに勇気はそんなにいりませんよね。

故に、一人で悩みたいと思ったらトイレに行くことをおススメします。

少しの時間、一定の空間で、あなただけの空間で、落ち着くことができますので、ぜひ、トイレをフル活用しましょう。

休憩する

休憩時間以外にも、少し外に出るなどして、空気を吸ったりして休憩をするのもありかと思います。

周囲からさぼっていると思われたらというかたもいらっしゃいますが、もし、そう思われるのであれば、そう思った相手以上にあなたが仕事をすればいいだけです。

さぼっていない人より仕事をしているのですから、誰も文句は言いません。

主に社内だと空気はよどんでいますし、場合によっては罵声が飛んでいる空間もあります。

そのような空間には毒素で満たされてしまっているかもしれないので危ないのです。

外に出て空気を吸うことは、リフレッシュするだけでなく、命も守っているのです。

ぜひ、こまめに休憩を取りましょう。

4.原因を考える


切羽詰まってしまったときにほとんどの人はなぜそうなったのかを考えようとしません。

なぜかと言いますと、人間は嫌なものには目をふさいだり、ふたを閉じたりします。

つまりは原因を見ようとしないのです。

そうなると、再び同じことを繰り返してしまう日々になり、いつしか、やばい状況に陥るのです。

つまり、切羽詰まってしまった原因をしっかり見つめないとあなたのためにもならないのです。

故に切羽詰まった時は嫌でも原因を考えましょう。

そう言われるとすぐにしないといけないと言われていると思い込んでしまっているのですが、それは固定概念です。

すぐでなくてもいいのです。

いったん落ち着いてから考えてもいいのです。

ベストは、忘れないうちに考えることです。

忘れないうちに考えることで、原因を理解し、次に活かすことができますし、よくよく考えてみたら切羽詰まるほど大きな問題でもなかったというように見えてしまうときもあります。

要は、目を閉じたり、ふたをしたりしているのがいけないのです。

原因とはしっかり向き合うのです。

因果応報とは言いますが、それが起きたことには何かしらの原因があるのです。

その原因から目を背けてはいけません。

しっかり原因を理解すれば今後は切羽詰まることが減るかもしれませんよ。

冷静になれる

原因を考えることは繰り返すことを防ぐだけでなく、考えている間に冷静になる効果があるのです。

なぜなら、ほとんどの人が深く考えるからです。

いつもあさく考えているから冷静になれないのです。

深く考えることで自然と呼吸も深くなっているのです。

深く考えると聞くと、難しく考えるとは思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

深く考えることは、角度変えてみたり、幅広く考えることを言うのです。

つまり、原因を考えることはいろいろな意味でいい効果があるのです。

5.協力を求める

切羽詰まってしまうのは自分でどうにかしようと考えているからです。

つまり、一人よがりになってしまうから切羽詰まって、てんぱってしまうのです。

なんでもそうですが、一人でできることなどそんなにないのです。

一人でできると言い張っているうちはまだまだです。

よく日本人はコミュニティを大事にする割には、相手に協力を求めることを嫌います。

なぜかと言いますと、協力を求めることを弱い人がすることだと思い込んでしまっているのです。

しかし、実際はそんなことはありません。

歴史上の出来事でもみんな協力し合って目標を達成しています。

江戸幕府を解体させたのも坂本龍馬を筆頭に薩摩の西郷隆盛と長州の高杉晋作が同盟を組んだことがきっかけです。

つまり、誰かの協力なくして、何かを達成させるのは難しいのです。

よくオリンピックなどの優勝インタビューのコメントには、感謝の言葉を述べる人が多いのはそのためです。

つまりは、優勝するまでに多くの方の協力があったから達成できたのでそのことに感謝をしているのです。

なんでもかんでも一人で解決しようとしないことが大切です。

たまには友人など周囲に甘えてみるのもありかと思います。

一人で達成するよりも、みんなで達成する方が達成感もありますよ。

切羽詰まる状況の5個の解消法!【お金編】

仕事の側面からの切羽詰まった状況の対処法はいかがでしたでしょうか?意外と簡単と思った方は多かったのではないでしょうか。

そう、対処法と聞くと難しく考えてしまう人が多いのですが、実はそれも固定概念なのです。

難しく思ってしまって対処法を知ろうとしないのです。

何事においても難しく考えてしまうのが良くないのです。

難しく考えるだけで目に見えない壁を作っているのは、何を隠そうあなた自身なのです。

できる限り固定概念に縛られないようにしましょう。

そして、ここからは、今度はお金の側面から切羽詰まった状況の解消法をお教えいたします。

お金に関してはいろいろな人が困ってしまう状況が多いと思います。

よくあるのが貧乏だから困るんだよと言われる方が多いのですが、そんなことはありません。

お金があってもお金で切羽詰まっている人は意外といっぱいいますよ。

また、貧乏であってもお金で切羽詰まっている人は意外と少ないのかもしれません。

まあ、どうであれ、お金で切羽詰まった時の対処法をしっかりマスターして、お金に困らないようにしましょう。

大きくピックアップして5個の解消法がありますので、あなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビットきたものなどからマスターしていきましょう。

いきなりすべてをマスターしようとしても意味がありません。

まずは慌てずゆっくり1つ1つ確実に覚えていきましょう。

難しくありませんので、安心して軽い気持ちで読んでくださいね。

なんでも柔軟な姿勢が大事なのです。

1.気持ちを切り替える

お金で困っても気持ちまで困ってしまってはいけません。

要はお金で切羽詰まるということは、主な原因は自分にあるので、よくよく考えると原因がわかるのです。

つまり、気持ちまでおちこませても意味がないのです。

また、もう起きてしまったことなどで、いつまでも引きずらずにさっさ気持ちを切り替えるのが良いです。

そうしないといつまでもそのことで頭を悩まさせてしまいますよ。

では、どのようにすれば気持ちを切り替えることができるのかと言いますと、エジソンの言葉にある「私は失敗したことがない。

ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ」というように、今回切羽詰まってしまったお金の問題を、切羽詰まってしまう原因の方法だというようにとらえることができるかどうかです。

このようになるには視野を広く持つことが大切です。

日本人は失敗をすごく恐れてしまう国民性ですが、失敗しない人などいないのです。

そのことがわかっていない上司の下につくと苦労されますよ。

誰だって失敗はします。

俺は失敗しないと言っている上司は、周囲が見れていないだけか、ただ調子に乗っているだけです。

そんなことを聞いても真に受けてはいけません。

お金で切羽詰まってしまったら、まずは気持ちを切り替えましょう。

2.現状把握と原因の究明

お金で切羽詰まってしまったときは、まずは深呼吸をして周囲を見れるようにしましょう。

そうしないとすぐに嫌なことに目を閉じたり、ふたをしてしまったりします。

そうなると、なかなか負の連鎖から脱出できませんよ。

周囲を見れる状況になってから、まずは現状把握、最悪であるかもしれませんが、角度を変えればチャンスになるかもしれません。

要はここでも固定概念に縛られないようにすることです。

現状を把握できたら、次は原因究明です。

お金の場合はほとんど、自分自身に原因があるので、そんなに深く考える必要はありません。

なぜなら、あなた自身が原因で起きた問題なので、あなたに解決できない問題にはなっていません。

つまり、解決できないのは、現状を把握できずに、原因から目を背けてしまうからです。

それらに目を向けることに関して極端に恐怖心を覚えてしまっているのです。

しかし、そこを避けていて前へ進めません。

生きている限り、マイナス的なことから避けていては意味がないのです。

試練は誰にでもあります。

つまり、このように切羽詰まってしまったのも、あなたにとっては必要な試練なのです。

それから目を背けていては意味がないのです。

ここは毅然とした気持ちで立ち向かうことが良いことです。

そうでないといつまでたっても今のあなたのままですよ。

実はこのような経験をして人間は変わっていくのです。

時代が変わっていくのに、人間が変わっていないのはおかしいとは思いませんか。

つまりは、何か切羽詰まったり試練のようなことがあるのは変わり目と言っても過言ではありません。

ちなみに変わる瞬間が一番趣が高いと言われています。

もしくは一番素敵な瞬間と言われています。

3.とにかく節約

お金で切羽詰まってしまうのは計画的に考えずに消費をしてしまうことです。

節約とは言いますが、自分に必要なものだけ消費していれば、困ることはないのです。

要は無駄使いが激しいからそうなってしまうのです。

では、無駄使いをしないためにはどうしたらよいのかと言いますと、家計簿をつけてみて、あなたにとって必要なものは何かを把握することです。

必要なものが把握できれば無駄使いを減らすことができますよ。

世間では、なんでもかんでも購入を我慢することを節約と言っているような風潮がありますが、それは勘違いに近いです。

節約とは不必要なものを購入しないようにすることです。

我慢することではありません。

つまり、どれだけ本当に必要な自己投資をできるかが大切になってくるのです。

そのためにも家計簿が重要になってきます。

家計簿と聞くと、面倒くさいと思う人はいっぱいいますが、それも固定概念です。

つけてみると、意外と簡単ですよ。

要は面倒くさいなどと思うことがお金で切羽詰まってしまう原因になってしまっているのです。

よくよく考えるとだらしがないのと一緒です。

ぜひ、この機会に簡単に家計簿をつけてみるのはいかがでしょうか。

あなたにとって本当に必要なものが見えてきますよ。

【節約したいならコレを試して!こちらの記事もチェック!】

4.絶対借りない

お金の貸し借りに限らず、物の貸し借りは良くありません。

相手との人間関係を壊してしまう大きな原因です。

なるべくやめましょう。

本当にお金が必要で借りないといけない場合は、まずは銀行です。

銀行でも借りることができないときは、ある意味、あなたの品格が疑われてしまいますよ。

今の世の中、借金している人がすごく嫌な目で見られますが、今後は借金できない人が嫌な目で見られる時代になると言われています。

要は、銀行側も人を選ぶ時代になっているのです。

銀行から借りれないなら、友達からと言いますが、友達から借りるときに期限などを設けていらっしゃるでしょうか。

ほとんどの方は設けていないので、トラブルになるのです。

友人とのお金の貸し借りは双方の合意などになるので、刑事などで処罰することができないのです。

つまり、友人にお金を借りたり、貸したりするのは、結構リスクが大きいのです。

意外とこの部分を知らない人が多いのです。

誰だってリスクの大きなことをするのは避けたいですよね。

そうならないためにもお金の貸し借りはやめましょう。

たいてい友人にお金を借りに来る人は、あとさきを考えていません。

また、あなたに用事があるのではなく、お金に用事があるのです。

あなただけが頼みなんて言葉は本音ではありません。

5.一時的に貯金をおろす

今の世の中、どこにいっても貯金!貯金!と言った感じになっています。

お金の流通が激しい東京・名古屋・大阪などの大都市圏でも貯金の思想が強くなっています。

貯金は悪くありませんが、お金は消費してこそ価値があるのです。

つまり、貯金をしてもお金の価値は高くなりません。

お金も人口も流通するものなのです。

流通するものをためておくのは世の流れに逆らうことなのです。

そのため、貯金しておくだけではなく、定期的に貯金から下ろして流通させることが大切です。

消費しろと言っているのではありません。

ため込むのが良くないのです。

ためていてはお金の価値は上がりません。

しかし、今の日本は長いデフレーションから脱却できないので、なぜかためてしまうのです。

ためてしまう原因としては周囲のことを考えることができないのです。

なんとか自分だけが助かろうと考えているからそうなってしまうのです。

また、貯金してしまう人ほどお金の埋もれてしまった人と言っても過言ではありません。

お金に埋もれていたいから貯金しているのです。

本当にお金に埋もれたくない人やお金に困りたくない人は貯金はしません。

いかに収入を増やすかを考えます。

貯金をすると今度は減る恐怖に襲われて、なかなか前へ進めなくなりますよ。

貯金もほどほどにしましょう。

普段から困らない工夫を

切羽詰まった状況からの解消方法いかがでしたでしょうか。

おそらくほとんどの方が思っていたよりかは簡単だと思ったのではないでしょうか。

そうです。

本当に簡単なのです。

あとはあなた自身が思い切って取り組むだけです。

取り組むときに周囲の目線を気にしたりして、動かないでいても意味がないのです。

もう「みんなが」の時代が終わるころです。

これから「みんなが」の中でいかに個人の力を発揮していくかが大切になってきます。

あなたがあなたらしく生きることで、周囲からの協力を得らえるようになって、一人でどうにかしようとせずに、みんなで協力して先へ進むことができるのです。

切羽詰まって落ち込んでいる暇などありません。

また、借金を抱え込みすぎて返済が迫られて切羽詰まっている方がいらっしゃいますが、そんな時はお金のことを忘れるのがベストです。

それにとらわれているから解決への道が見えてこないのです。

つまりは、いつでもどんな状況でも、たとえ小さなコミュニティに所属していてもその場に染まるのではなく、宙に浮いた感じで状況を見ることが大切です。

いつも真正面でしか見ていなかったので、他のものが見えずに切羽詰まって、てんぱって頭に血が上らなくなってしまうのです。

まずは深呼吸、そして、現状を把握、どうにもならないのなら気持ちを切り替えるなどいろいろな方法があることを忘れないでください。

そうすれば切羽詰まっても大丈夫ですよ。

ぜひ、これから切羽詰まっても落ち込まず、悩まず、解消して先へ進みましょう。

もっとあなた自身に自信を持つことが大切です。