CoCoSiA(ココシア)

一重まぶたがコンプレックスな女子の...(続き3)

根暗とは根が暗い人、つまり陰気くさい暗い性格を持った女性だと思われてしまうということです。

もちろん、付き合っていくうえでそんな印象なんてすぐに消えてしまうものですが、それでも第一印象で暗そうと思われたり、一緒に居て楽しくなさそうと思われたりするのは苦しいことです。

なんとか明るい雰囲気にしたいと考えても、目が腫れぼったいと暗い人間に見られてしまうのは仕方ないことなのです。

なかなか不公平な世の中ですよね。

5.すっぴんに自信がない

一重の女性の一番の悩み、それはすっぴんに自信が持てないということです。

一重の女性は基本的に顔全体が地味に見えてしまいます。

そこを化粧でカバーして華やかに見せたりするわけですが、一度メイクを取ると腫れぼったい目が目立ちとても自分には自信が持てなくなってしまうのです。

女性はすっぴんに自信がない人は結構いますが、それでも元が二重であれば化粧をとれば幼くなったねと言われる程度で済むのです。

すっぴんの二重は時に可愛らしくなることもあるので、良い特徴にもなるうるのです。

メイクしっかりすると別人に

しかし、本当は一重の女性がアイプチなど化粧で二重になっているという場合、すっぴんになったときの変化はほぼ別人です。

一重か二重かで人の印象は180度変わることもあり、すっぴんが別人になる女性のほとんどは、アイプチで目を二重にしたり二重幅を広げている人なのです。

化粧をしているときは大きな目で自信を持つことが出来るのですが、その分すっぴんにどんどん自信がなくなっていく、そんな悪循環を繰り返して、気づけば誰にもすっぴんを見せられないような人間になってしまうのです。

彼氏ができても絶対にすっぴんにならないなんて女性もいます。

好きな人の前でも本来の姿になれないなんて、とても辛いことですね。

一重まぶたを解消するためにしてきた6個の努力!


一重の女性は悩みだらけです。

自分への劣等感をたくさん持っており、なんとか二重になろうといろんな方法を試してきたはずです。

悩みに悩んできた一重女性の助けになるべく、今日はみんなが試してきた二重になる効果的な方法をどんどんご紹介していきますよ~!

自分に合った一重まぶたの解消法を見つけて、毎日が楽しくなるような人生を目指しましょう。

1.テープを貼る

二重になるために、一重まぶたの上にテープを張ってみましょう。

一番主流なのはアイテープと呼ばれるもので、すでに瞼の弧に沿って形が切られており、表面はつるつるのものやざらざらしたものなどその種類は豊富です。

ざらざらしたものは上からシャドウを塗れるようになっており、アイテープを貼ってから化粧をするとほぼ目立たなくなり自然な二重を手に入れることが出来るのです。

また、普通のセロハンテープを自分に合わせて切って使ったり、絆創膏を長く引き伸ばして二重の線に食い込ませて使ったりしている人もいます。

アイテープを使っていく中で自分に合った方法を見つけだして、自分なりに工夫している人が大半です。

一番知られている方法

この「目の上にテープを貼る」というのは女性の間で一番知られている方法であり、その手軽さから最も人気の手段の一つです。

アイプチは糊をまぶたに付けて専用の棒のようなものでまぶたをぐいっと押し込むのですが、これはその日によって完成具合に差が出てしまいます。

上手く糊が付かずになかなか二重にできなかったり、変なところに線が付いてしまってもう一度全部やり直しになってしまったりするのです。

また、糊をまぶたに付けるので、まばたきしたときにまぶたが引っ張られて白目がちになってしまうという難点もあります。

これは周りから見るとかなり不自然なので、それが嫌でアイプチはやらないという女性も多いのです。

テープはまぶたが引っ張られることも、その日の調子で差が出ることもほとんどありませんので、手軽に短時間でできるということで、女性から人気なのです。

まぶたの上の皮膚がかぶれたり、のびる恐れも

しかし、人間の肌に直接テープを貼るということは、やはりよくないことです。

肌が荒れたり皮膚がかぶれてしまうことはよくあることです。

そして最も最悪なのが、まぶたの上の皮膚が伸びてしまうということです。

まぶたの上にテープを貼り続けていると、まぶたにテープの重さ分負担がかかってしまいます。

それが長く続けば徐々にまぶたの皮膚が重みに耐えきれずに伸びてきてしまうのです。

まぶたがかぶれてしまった場合も同様に、皮膚が伸びてしまう可能性があります。

皮膚が伸びると今まで以上に腫れぼったいまぶたになってしまいますので、アイテープはほどほどにした方がいいかもしれません。

2.目の体操

目の体操をしてまぶたのたるみをなくすという方法もあります。

他の体の部位と同じで、まぶたも徐々にたるんできてしまうのです。

まぶたのたるみを解消、予防するには、ちゃんと目の体操をして目の筋肉を鍛えてあげなければいけません。

スマホを長時間見たり、事務作業でずっとパソコンを見ている人なんかは、まぶたがたるみがちになっているかもしれません。

一重が解消されない原因はもしかするとこの筋肉の衰えかもしれないのです。

眼輪筋を鍛える

皆さんは眼輪筋という筋肉を聞いたことがありますか?これは、まぶたの上から下にかけて丸く目を取り囲んでいる筋肉のことです。