会社で働く際にはその会社によって時間が決まっていると思います。

例えば朝6時から勤務をするような所もあれば11時と少し遅めに勤務をするというようなところもあるでしょう。

会社によっては深夜帯でしか働くことがないというようなところもあるかもしれませんね。

今皆さんはどの様な生活をしていますか?

会社に行く際には何時頃に起きて何時頃に出ているのでしょうか?

大半の人というのは様々な苦難があると思います。

例えば朝が苦手だという人にとってはとても辛いものでしょうし、人混みが苦手だという人は特に通勤ラッシュなどがありますよね。

どうしてもそれは会社を行く上では避けられないことだと思います。

改善をするといっても会社の近くに引越しをするというような事しか思いつかないというような人も多いかもしれませんね。

そんな仕事をしている中、ふと耳にするような言葉がありませんか?

勤務時間などがいろいろと問題とはなってきている中で「ゆう活」というような言葉が最近流行り始めています。

簡単に言えば仕事を早めに始めて、早めに終わらせるというような事をしているのが「ゆう活」という事になりますが、ふと聞くと朝に始まって夕方に終わるというのは普通のことなのではないか?と考えるような人も多くいるかもしれないですよね。

しかしながらこの「ゆう活」にはそれだけではなく、様々なメリットが存在するのです!

皆さんは普段働く際に定時で終わるような事が多いですか?

それとも残業が多く、自由な時間が取れないというような人もいるかもしれませんよね?

そんな人達にオススメなのがこの「ゆう活」という事になるのです。

「ゆう活」というのは早めに始めて早めに終えるというようなものもありますが、夕方に終わるという事は、それ以降は自由な時間を取ることができるというようなものです。

普段の生活で常に帰りが遅いというような人はこの「ゆう活」をして生活が変わったというような人も多いかもしれませんよね。

特に残業などが多くある人というのは劇的に変わったようにも思えるのではないでしょうか?

今回はそんな「ゆう活」についてのメリットをお教えしたいと思います。

一見良いような事ばかりと思うかもしれませんが、中には落とし穴、いわゆるデメリットとなるものも存在するのです。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

ゆう活とは?

先ず先ほどから言っている「ゆう活」とはどの様なものなのかについてお話をしたいと思います。

ゆう活というのは、「仕事を早めに始めて、早めに終える」というようなことと「夕方からはオフを楽しむという新しい働き方」という意味でゆう活という風に言われることが多いです。

言うのであれば普段の働き方を少し改善したような事と捉えても構いません。

ではどの様なものなのか詳しく見てみたいと思います。

仕事を早めに始めて、早めに終える

仕事を早めに始めて早めに終えるというような事を「ゆう活」と言います。

例えば普段9時から勤務をして終わりが18時としましょう。

普通の会社ではこの様な勤務時間が多いですよね。

昼に休憩が1時間あり、8時間勤務をするというような会社が多いように思えます。

しかしながら仕事を早めに始めて早めに終えるという事はどの様なことを言うのかというと、いわゆるこの9時から18時を例えば2時間早くすると7時から16時という事になりますよね。

これを「ゆう活」という風に言うのです。

例えばどんな事でもそうですが、勤務時間というものはその会社で決まっており、それを過ぎると残業という形になると思います。

仮に残業が無いという過程をすると、16時からもう自由な時間を取れるという事になりますよね。

これはとても効果のあるようなものにも思えるのではないかと思います。

いつもは18時なので夜が遅くすぐに帰ろうというような気分になってしまいがちですが、16時となると、どこかに買い物に行こうというような気分にさせてくれるのではないかと思います。

勤務時間というのは早くすればするほど終わるのも早めの時間帯に終わることができるので、仕事を早めに始めて早めに終わるというような事ができるのではないかと思います。

しかしながら朝早く起きるのが辛いというような人もいますよね。

その様な人にはあまりオススメができないものですが、メリットとなるような事はたくさんあります。

夕方からはオフを楽しむという新しい働き方

先ほども言ったように夕方からオフを楽しむという新しい働き方をすることができるのがこの「ゆう活」です。

例えばゆう活をしている場合は基本的に早めに仕事を終わらせることができるという利点の他に、時間が自由に使えるのが増えるので、様々なところに行けるというような事ができます。

例えば普段はスーパーで買い物をして終わるような事が、時間が多く取れるので夕方からどこか映画を見に行くといった時間を取ることができるという事です。

仕事というのは早く終わってくれたほうが嬉しいと誰もが思いますよね。

中にはまだ仕事をし続けたいというような人も多くいるかもしれません。

しかしながら夕方からオフを楽しむというような事は新しい働き方の1つとして会社の一部では取り入れているところが多いようにも思えます。

最近ではプレミアムフライデーというような月末の金曜は早めに仕事を切り上げるというような制度を入れている会社も多いですが、それとはまた少し違った環境になるのではないかとも思います。

朝方勤務のメリット6個

ではそんな「ゆう活」での朝型勤務のメリットをいくつか紹介したいと思います。

例えば朝型というのは勤務をするにあたってメリットがたくさんあります。

通勤ラッシュの回避であったり、朝を早く起きるという健康的な生活を送れるようになったりと様々なメリットがあるのです。

特にラッシュアワーの回避というのはとても良いですよね。

普段電車通勤をしている、バス通勤をしているという人であれば分かると思いますが、基本的に普段の通勤時間で通勤をしてしまうとどうしても混雑をしている中で働かなくてはいけなくなりますよね。

しかしながらその時間をずらすだけで、快適に通勤をすることができるのではないかと思います。

他にも様々なメリットとなるようなものが多くあると思いますが、ではどの様なものがあるのかその6個のメリットについて詳しく見てみたいと思います。

1.ラッシュアワーの回避


ラッシュアワーを回避することができるというのがゆう活の利点の1つです。

例えばラッシュアワーというのはどの様なことを言うのかというと、朝や夕方に必ず混雑する時間帯がありますよね。

人ごみが激しく、皆が通勤通学をする中というのはとても人が多く、また電車やバスも窮屈な状態が多いと思います。

それを回避することができるというのが、ゆう活のポイントになるのです。

いわゆるラッシュアワーの回避をすることができるというのは、とても良いメリットになるのではないかと思います。

電車やバスが空いている

電車やバスが空いているというのはどういう事なのかというと、座ったりすることができるという利点があります。

特に電車に関しては普段はとても多いので立つので精一杯だというような人も多いかもしれませんが、電車やバスが空いているとなれば座ることができるという事なのです。

実はこれはとても重要なメリットになります。

日頃の疲れというのはどうしても取れないというような人がいますが、その原因の1つとして通勤ラッシュというものが関わってくることも多いのです。

いわゆる人が多い、立つのがだるい、押されるというようなストレスが貯まる環境にいるというだけで、体調を崩したりサイクルが乱れるというような事が多くなってしまいます。

しかしながら電車やバスが空いているというような事になれば、その様なストレスを感じなく、スムーズに通勤をすることができ、新鮮味を味わうことができるのではないかと思うのです。

特に大事なことはゆう活をする上で、その通勤環境も変えるというのが大きなメリットになるのではないかと思います。

朝の混雑のストレスがないのは嬉しい

朝の混雑のストレスがないのはとても嬉しいはずです。

誰しもラッシュを経験したことがあると思います。

仮に無いという人は、人混みの中を想像してもらえるとわかりやすいですが、基本的に人混みの中というのはストレスを多く抱え込んでしまいがちです。

特にこのストレスというのはいわゆる無駄なストレスになってしまい、無駄に体力を消費するといった形になることが多いです。

基本的にストレスというのは何かしらの障害があってそれに不満を感じるというような事を言います。

会社でのストレスでも抱えているとして通勤でもストレスを抱え込んでしまうと、会社に行って体調を崩すというような事がおきても無理はありません。

基本的に人混みが苦手だという人はそのストレスに耐えれずに欝になってしまうというような事もあるので、精神的にも不安になったりすることが多いでしょう。

しかしながら朝の混雑というのは基本的に少なく、ラッシュアワーを回避することができれば、座ることもできるし、快適に通勤、通学をすることができるので、ストレスがないのはとても嬉しいと思うのではないかと思います。

また余裕をもてるというのが何よりの利点にも思えます。

通勤をしている際にはどうしてもこの時間の電車に乗らなければというような焦りが出てしまいますよね。

人が多いと余計にその様に感じてしまい波にのまれるというような事も多いと思います。

しかしながらこの様なことが無いというだけでも、ストレスを大幅に軽減できるので、ゆう活のメリットにもなるのではないかと思います。

2.涼しい


朝型というのは季節によっては快適に通勤することができることが多いです。

特に夏の時期というのはラッシュに巻き込まれてしまうと暑苦しいですよね。

人が少ない分、電車やバスの中では冷房などが効いていると思うので涼しいと感じることができるのがメリットなのではないかと思います。

快適に通勤できる

快適に通勤をすることができ、かつ仕事終わりも快適に帰ることができれば苦ではありませんよね。

普段の会社というのはどこでも同じような時間帯に始まり、同じような時間帯で終わるところばかりです。

なので快適に通勤をすることができるのか、というのはゆう活においてとても重要なところにもなるのです。

ゆう活をすることで重要なことは、いかに社員のストレスを軽減することができるのか、快適に仕事をすることができるのか、というような事にもなるので、会社の経営にも関わってくることだと思います。

よくあるのが、十分な休みを取ることで会社での売り上げや効率が上がったというような話を聞きますよね。

それは社員の1人1人のポテンシャルが同時に上がっているとも思えるのです。

これは社員が会社などに関する不満がどんどん無くなっているという証拠でもあるのではないかと思います。

会社に行く前にストレスを感じてしまうとずっとその事を考えてしまいますよね。

なので快適に通勤できるというのはとても重要なことになるのではないかと思います!

3.残業をしなくてもいい雰囲気

会社を働く際に皆が気にするものの中には「残業」というものがあると思います。

残業というのは残って仕事をもう少しだけするというような事ですが、この残業が最近では問題にもなってきていますよね。

時間というものは必ず決まっているのが普通ですが、残業をするという事は、それほど仕事が追いついていないという事にもなってしまいます。

また会社の雰囲気では残業が当たり前というようなところもあるでしょうが、ゆう活ではその雰囲気をなくしてくれる効果があるのです。

いわゆる「早めに始まったのだから早めに終わっても良い」という考えにしてくれるので、残って残業をするというような人は基本的に仕事に追われているのか、好きで仕事をしているのかのどちらかだとも思います。

しかしながらその様なことをしなくても帰りたいのに残業をしないといけないという空気から残っているというような人も多くいますよね。

そんな時のためにゆう活を実践するというようなところもあるのではないでしょうか?

残業をしないという前提

残業をしないという前提を作ることができるというのはとても良いことです。

よく「働きすぎ」というような言葉も最近では耳にしますが、決まった時間以上に働くというのは、時間などが取れずに折角の予定なども台無しになってしまう可能性が高くなってしまいます。

特にプライベートなどに事に関して仕事で時間がなくなってしまったというような例をよく聞きますが、その残業をしないという前提を作るというのはとても良いことだとも思います。

メリットの代表的な1つと言っても過言ではありません。

例えば納期が間に合わないというような事であれば必死でするというような人が多いかもしれませんが、その様な状態でないという事であれば、早めに終わらせてプライベートの時間を作ることができるという利点にもなるのではないかと思います。

帰りやすい

また残業をしないという事は比較的に帰りやすい環境にもなるという事です。

時間は終わったけれどまだ残って仕事をしたいという人や、予定があるから直ぐに終わらせようというような人と様々な考えをもつ人がいると思います。

残業をしなくてもいい雰囲気を作ることで、社員のストレスであったり、やる気を保つことができるので、帰りやすい環境を作るというのは働いていてとても良いメリットになるという事です。

簡単に言えば時間が決まっているのに残業があるからこそ嫌な気分になり、それがずっと続くことでストレスというものを感じてしまうというような人が多いと思います。

しかしながら帰りやすい環境を作ることで、そのストレスすらも無くすことができるので、ゆう活のメリットとなるという事なのです。

4.脳の働きが良くなる

また朝に早く起きて働くことで脳の働きが良くなるというような事もあるでしょう。

簡単に言えば脳の働きというのは基本的に、朝起きて夜は寝ているものなので、そのサイクルを作ることができるのですが、朝起きて活発にすることで、脳の働きをよくすることができるのではないかと思います。

基本的に朝遅く始まるというようなところと、朝が早いというようなところでは、朝が早い方が活発に動けることが多いです。

また早めに終わるというような事もあるので、社員たちのやる気というようなものにも関わるような事が多いようにも思えます。

5.健康になった

ゆう活をして健康になったというような人もいるでしょう。

普段は体調があまりよくないと思っていた人でもゆう活を通して健康になるというような事が多いようにも感じます。

その理由の1つとしてはストレスの軽減というようなものがあったからです。

例えばゆう活をする前はストレスが多かったものの、ゆう活をしてストレスが減った傾向というのがとても多くあるのではないかと思います。

その原因というのが先ほども言った通勤ラッシュの際のストレスと残業をしないといけないというような雰囲気のストレスという事です。

簡単に言えばそれを改善するだけで社員たちのやる気や質などが向上をするというような事にもなるので、健康的になるというような事も多くあるのではないかと思います。

ストレスの軽減

特にゆう活をしてでかいのがストレスの軽減です。

ストレスというのは誰でも抱えているものであり、会社によっては様々な対策をしている所が多いでしょう。

しかしながらゆう活をしている場合で多くのストレスを軽減することができるというのは、それほど通勤時や残業の事に関して不満を感じていた社員が多いという事なのです。

基本的にストレスの軽減というのは人によっては人間関係があるからというのもあるかもしれません。

しかしながらゆう活を取り入れることで、その人間関係すらも無くすというような事も一部あるのではないかと思います。

いわゆる社員たちの団結力であったり、仲の良さというのがどんどん上がっているという事にも繋がるのではないかと思います。

生活習慣病の改善

健康になるということは、生活習慣病の改善にもなるという事です。

例えば生活習慣病というのは基本的に不規則な生活であったり、過度なストレスからくるもので体調を崩してしまったり欝になってしまうというような事が多いですよね。

しかしながらゆう活をし、生活習慣病を改善することで健康的になるというような事も多くあるのではないかと思います。

何よりも大事なことは規則正しい生活をするという事で社員の質などが上がるというメリットもあるという事です。

6.自由時間の増加

ゆう活をする上では自由時間の増加というのもあるでしょう。

基本的に自由時間というのは遅い時間になればなるほど実は無くなってしまいますよね。

どこか買い物に行きたいとなっても時間が遅いと閉まっている可能性が高く、自由な時間、いわゆる休日を取ったとしても寝ていたというような状態にもなってしまいます。

そこで大事なのはゆう活をして早めに切り上げるという雰囲気であったり、切り上げるような事をすることが大事になるのです。

自由時間の増加というのはそれほどメリットとなるので、自由時間が増えることで、買い物をしたり映画を見たり、少し行きたいところに行ったりと好きな事をして過ごすことができるのではないかと思います。

朝方勤務のデメリット6個

朝方に勤務をするにはメリットもありますがもちろんデメリットとなるものも存在します。

言うのであれば朝早く勤務をしたところで、退社時間がまだ変わらず残業が増えただけだというようなところもあれば、残業ができずに仕事が終わらないというようなところもあるかもしれません。

一見ゆう活というのはメリットだらけの事に見えてデメリットも同じだけあるのです。

大事なのはいかに仕事をする際にバランスのとれた生活を送っているのか、そしてバランスのとれた仕事をしているのかという所にあるでしょう。

ではどの様なデメリットがあるのか、その6個の事について詳しく見てみたいと思います。

実はデメリットとなるような事というのは多くあるのです。

1.退社時間が徹底されていない

退社時間が徹底されていないというものがあるでしょう。

例えば「ゆう活」をしている、というような所でも普段が9時から18時までだったのが、7時から16時に変わったとしても、終わったのが18時というような形になってしまってはゆう活の意味がなくなってしまいますよね。

ただ勤務時間が延びてしまったというような事になってしまいます。

また退社時間が徹底されていないと残業などもあるのではないかというストレスを抱え込んでしまうので、不安になるというような人も多いかもしれません。

ただ出勤時間が早くなっただけ

ゆう活をして出勤時間が早くなっただけと感じる人も多いでしょう。

普段の生活になれてしまっていると通勤ラッシュなども別に問題ないと感じるひとも多く、早くなったところでというような考え方を持っている人が多いようにも思えます。

特に出勤時間が早くなっただけという事は、勤務時間が変わらないという事になるので、そこに何も感じない人は、デメリットにもなってしまうのではないかと思います。

逆に勤務時間が伸びてしまった

そしてゆう活をしてよくあるのが逆に勤務時間が伸びてしまったというような事が多くあります。

言うのであれば勤務時間を伸びて終わるのがいつも通りになってしまっては意味がないですよね。

特に残業も普段からしている所であれば、その残業を無くさない限りは時間が減るというような事になりません。

なので逆に伸びてしまったという場合は、更に多くの時間を働いてしまったという事になります。

しかしながら残業というのも決まってはいるので、ちゃんと確認をすることからオススメします。

特にゆう活をしている場合は、どの様な状態なのかをしっかりと確認して入ることが必須になるでしょう。

就職活動をしているという人は特に気をつけるようにしましょうね。

2.結局仕事をしている

結局仕事をしているというような事もあるのではないかと思います。

よくあるのが会社で仕事が進まないので、会社を早く退社しても家で仕事をしないといけないというパターンです。

結局仕事をしているというような状態というのは基本的に残業と変わらない状態になってしまうので、マイナスでしかなりませんよね。

特に家などでも仕事をしてしまうというような事は、基本的にストレスを感じてしまうような事が多いので、不満を持ってしまうという社員も多くなってしまうのではないかと思います。

早く退社しても、カフェ等で仕事をしている

早く退社をしても、カフェ等で仕事をしているというような人も多いですよね。

特にこの仕事で多いのは、何かしら書類を作っている人であったり、プログラミング関係やWeb系の仕事をしているというような人はこの様なことが多いようにも思えます。

普段は会社でしていることを退社が早くなったとしても、他の場所で仕事をしないといけないと思うような人も多いのではないかとおもうのです。

特に早く退社をしたとしても、カフェ等で仕事をしているというような人は、不満を感じているのではないかと思います。

3.仕事が減るわけじゃない

仕事が減るわけじゃないというデメリットもあるでしょう。

言うのであれば仕事というのはその時間内に終わらせるのが普通ですよね。

納期があれば納期内に終わらせることが普通だとも思います。

しかしながら仕事をしたいのに、直ぐに帰らされてしまいできない!というような人も中にはいるという事です。

言うのであれば残業をしたいと思うような人にとってはゆう活というのはデメリットになってしまうという事になるのです。

例えば仕事というのは基本的に大事な情報などが入っているので会社でしか扱わないというようなところが多いですよね。

そこでゆう活が入ると残業をしないというような状態になり早めに終わってしまう可能性が高く、時間が取れないというような状況にもなってしまうという事です。

残業もできず、仕事は終わらないまま

残業もできず、仕事は終わらないままになってしまうという可能性が非常に高くなってしまいます。

言うのであれば期限に間に合わないというような状態になってしまうという事です。

例えばその仕事が持ち運べるものであったり、他の場所でも、家などでもできるというような事になれば良いですが、それすらもできない場所というのは多いですよね。

その時に仕事が終わらないままで、早くやらなきゃ!というような焦りを見せるような事も多いのではないかと思います。

こなせなかった仕事が気になって仕方ない

こなせなかった仕事が気になって仕方ないというような事もあるのではないかと思います。

普段から残業などを使い仕事をしているという人は、特にそうかもしれませんが、仕事が気になってしまって物事に手がつかないというような状況になってしまうこともあるのではないかと思います。

4.やらされ感が強い

ここでよくあるのがやらされ感が強いと感じるような人が多いという事です。

どういう事かというと、やらされ感というのは基本的にしょうがなくやる、というような感情になってしまうので「ゆう活を取り入れる!」というような会社が出てくると、それに対して良いように思わない人も多いという事です。

いきなり変えるなんて、と不満を言うような人も多いかもしれませんし、逆に賛成をするような人も多くいるのかもしれません。

朝が弱く、早起きが辛い

ここで反対をするというような人で多いのが朝が弱く、早起きが辛い人です。

勤務時間が遅いからこそ魅力を感じるというような人も多くいますよね。

しかしながら、それが朝になることで、逆にデメリットにもなってしまうというような人が多くいるのです。

基本的に朝が弱いという人は多くいると思いますが、仮に大半がその様な人達だと逆効果にもなってしまうという事になるのです。

5.心身の不調が増加する場合も

心身の不調が増加する場合もあります。

どういう事なのかと言うと、いきなり環境が変わるという事になるので、今の環境から無理に変えようとすることで、体がおいつかないという事や体調を崩してしまうというような恐れがあるという事です。

特に普段の環境に慣れきってしまっているという人は、その急な環境の変化についていけず、逆に体調を崩してしまうというような事にもなってしまいかねません。

ここで大事な事は、いかにその「ゆう活」に対して社員がどの様に思っているのかを見極めることが大切になります。

仮にこの様な状態をよく思っていないという社員が多ければ、このゆう活はデメリットとなってしまうことでしょう。

6.早朝保育の検討が必要な場合も

早朝保健の検討が必要な場合もあります。

時間が早くなることにより、保健関連の見直しなども必要な場合も出てくることになるでしょう。

ワークライフバランスの充実へ

いかがでしたか?

ゆう活というのは一見メリットが多くあるように見えて実はデメリットも多く存在するのです。

特に人によって違うという所がポイントになるので、ワークライフバランスを充実させ、ストレスもなく、快適に仕事ができるようになることを祈っています。