日常生活を過ごしていると様々な人との出会いがありますが、人によって併せ持っている特徴や雰囲気などは様々だといえます。

例えば、いつも明るい人もいれば、落ち着いている人もいますし、真面目な人もいれば、不真面目な人もいますよね。

人によってこれまで過ごしてきた環境や影響を受けた人などは違いますので、当然その人の性格や考え方、価値観などは人によって全く異なるようになります。

一人一人違うからこそ様々な人との出会いが楽しみに感じますし、様々な刺激を受けるようになると言えます。

しかし、中にはあまり魅力的に感じない人であったり、あまり好きではないと感じるような雰囲気を持つ人がいるのも事実ですよね。

例えば堅苦しい人などを想像してみてください。

一緒にいてもリラックスできず、どこか面倒な印象を感じさせてしまう性格であるといいます。

もちろん堅苦しい性格が良い影響を与える場合もありますが、一般的にはあまり良い印象を持たれない性格です。

そこで、今回は堅苦しいをテーマにして、堅苦しいという言葉の意味や堅苦しい人の特徴などについてご紹介していきます。

堅苦しいと周りの人に言われた経験がある方は、自分自身が堅苦しい特徴を併せ持っているのかどうかチェックしてみてください。

堅苦しいとは?

人生を送っていると様々な人との出会いがありますが、あなたはこれまでに堅苦しい雰囲気を持った人と出会ったことがありますか?

様々な人と出会っていれば、堅苦しい雰囲気を持った人に出会った経験がある方はかなり多いと思います。

一般的には堅苦しいという言葉で表現される場合あまり良い意味で表現されることはありません。

どちらかといえば悪い意味で使われたりすることが多い言葉ではありますが、そもそも堅苦しいという言葉の意味をご存知ですか?

もしも堅苦しいという言葉の意味を知らないのであれば、この機会に堅苦しいという言葉の意味をチェックし、正しく扱えるようにしてみてください。

また、知っている方も改めて堅苦しいとはどのような意味があるのか、自分が堅苦しい人間になっていないか、振り返る意味も込めて堅苦しいという言葉をチェックしてみましょう。

格式ばっていて窮屈である

堅苦しいという言葉にはどのような意味があるのかと言うと「格式ばっていて窮屈である」という意味が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、まず格式とは身分、家柄などについての決まった礼儀作法を意味しています。

そして、窮屈とは心身に圧迫を感じたり、物資に恵まれなかったりして動きが取れないさまという意味があります。

つまり、身分や家柄などについての決まった礼儀作法が心身に圧迫を感じさせている、身動きが取れない状態のことを意味しています。

例えば日常生活において考えてみると、格式のあるような場所に足を運んだりした経験がある方も多いと思います。

いわゆる高級なレストランであったり、礼儀作法が求められるような格式が高いお店なのが該当しています。

もちろん格式が高いということは高級な場所であることも多いので、料理なのが非常に魅力的なメリットもあります。

しかしながら、その反面で細いマナーなど気を使わないといけないですし、普段は行わないような礼儀作法を行ったりすることが逆に心身に圧迫感を与える場合もあります。

これこそが肩苦しいという言葉で表現することができるといえますので、格式ばっていて窮屈な精神状態のことを意味しているといえます。

気楽なところがなくて窮屈である

次にご紹介する堅苦しいという言葉の意味として「気楽なところがなくて窮屈である」という意味が挙げられます。

まず気楽という言葉はその名前の通り気分が楽なことを意味しており、気兼ねせずにのびのびすることができる様を意味しています。

つまり、意味合いとしては気分が楽になることがなく、心身に圧迫を感じたりして身動きが取れない状態のことを意味してます。

私たち人間は様々な環境の中で生きていますが、時と場合によっては緊張状態の中で時間を過ごしたりすることも多いですよね。

例えば自分よりも上の立場の人間とともに時間を過ごしたり、いわゆる厳しい人間と一緒に時間を過ごしたりする場合などが考えられます。

それ以外にも日常生活の中を考えてみれば様々な緊張を感じさせられる場面はいくつも想像できます。

そのような状況は言い換えで見ればリラックスすることができない感情であり、気を張らないといけないので気が楽になれない状態であると言います。

そのような状態は誰しもが窮屈に感じたり、心身に圧迫感を感じさせられたりすると言えます。

つまりこのような状況を堅苦しい雰囲気と表現したりすることができるということです。

くつろげない

次にご紹介する堅苦しいという言葉の意味として「くつろげない」という意味が挙げられます。

くつろげないとはどういう意味なのかと言うと、くつろぐという言葉の否定形の形であるといえます。

くつろぐという言葉は心も体ものんびりと楽になる意味を持っており、ゆったりと休むことを意味しています。

つまり、くつろげないとは「心も体ものんびりと楽になることができない、ゆったりと休むことができない」状態のことを意味しています。

楽になることができない状態であったり、ゆったりと休むことができない状態を考えてみると緊張している状態であると言えます。

緊張が続くと人間はリラックスすることができずに、心や体に大きな負担がのしかかるようになります。

いわゆるストレスを受けている状態になり、このような状況が続くと心身ともに圧迫された環境下になるといえますよね。

つまり、そのような緊張状態をくつろぐことができない状態で表現することができ、くつろげない状態のことを肩苦しい状態と表現することができるということです。

かたっくるしい

次にご紹介する堅苦しいという言葉の意味として「かたっくるしい」という意味が挙げられます。

この意味に関してはわざわざ説明する必要性はないかもしれませんが、かたっくるしいとはその意味の通り、堅苦しい状態のことを意味しています。

堅苦しいという言葉の意味はこれまでにご紹介した来た通り、緊張状態にあったり、心身に圧迫感を受けている状態であるといえます。

そして、かたっくるしいという意味に関しては、まったく同じ意味ですが、様々な行動の前につけて表現することができる意味も持っています。

どういうことかと言いますと、例えば堅苦しいものを考えてみると挨拶が挙げられます。

よく立場が上の人間が挨拶をしたりすることがありますが、どうしても堅苦しく感じますよね。

そのような場合に関しては「かたっくるしい挨拶」などと表現することができ、堅苦しいという言葉の意味と同じ意味として用いることができるということです。

よくあるのが、かたっくるしい挨拶などは抜きにして~というような表現方法です。

このようにかたっくるしいという言葉は様々な言葉の前につけて、堅苦しいという意味を表現することができるといえます。

堅苦しいの類語や関連語


ここまでは堅苦しいという言葉の意味家についてご紹介していきました。

堅苦しいという言葉には様々な意味合いが存在しているということが理解いただけたところで、ここからは堅苦しいという言葉の類語や関連語についてご紹介していきます。

堅苦しいという言葉と似ている言葉や関連した言葉を理解することによって、堅苦しいという言葉の意味をさらに深い所まで理解することができます。

そうすることによって様々な言語表現に例えることができるようにもなりますので、語彙力を向上することができるようになります。

では、どのような言葉が類語として存在しているのか、チェックしていきましょう。

固く形式ばったさま

堅苦しいという言葉の意味には「固く形式ばったさま」という意味合いが存在しています。

元々意味の中に形式張っていて窮屈であるという意味が存在しているので、このように表現することができますが、この意味に着目すると様々な言葉に言い換えることができます。

では、具体的にどのような言葉で表現することができるのか、ご紹介していきます。

佶屈

堅苦しいという言葉と同じような意味を持っている類語として「佶屈」という言葉が挙げられます。

佶屈という言葉はなかなか日常生活の中で表現したりすることがない言葉の一つでもあります。

元々読み方としては「きっくつ」という読み方で、意味としては「かがまって、のびがないこと、曲がりくねっていること」を意味している言葉です。

そして、そのほかの意味の中には「堅苦しいこと」という意味も含まれています。

まず意味を考えてみた時点で堅苦しいという言葉の意味が含まれているので、同じような意味を持っている類語であるということは明白です。

よく用いられる表現としては文章や字句が堅苦しくて分かりにくい場合に表現したりすることが多いです。

例えば、佶屈していて文章が分かりにくいという表現をすれば、文章が堅苦しいという意味合いで用いることができます。

なので、意味自体も堅苦しいという言葉とほぼ同じなので、類語の関係性にあるといえます。

定格

堅苦しいという言葉と同じような意味を持っている類語として「定格」という言葉が挙げられます。

定格という言葉には「定まった格式」という意味合いが存在しています。

また、格式を正しく守ることという意味なども存在していますので、堅苦しいという言葉とかなり似ている言葉であるといえます。

堅苦しいという言葉には「格式ばっていて窮屈である」という意味が存在しています。

つまり、格式を守るという点において考えてみると、どちらの言葉も同じような意味であると考えられます。

なので、堅苦しいという言葉と定格という言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えられます。

連想される言葉

堅苦しいという言葉を考えてみると、似ているような言葉などがいくつか存在していますが、関連した言葉もいくつか存在しています。

堅苦しいという言葉の意味を再びイメージし、どのような言葉が連想される言葉としてあげられるのか、チェックしてみましょう。

頑固

堅苦しいという言葉から連想される言葉の一つとして「頑固」という言葉が挙げられます。

頑固とはどのような意味なのかというと、「かたくなで、なかなか自分の態度や考えを改めようとしないこと」を意味している言葉です。

頑固者という言葉でよく表現されていますが、視野が狭く、自分が考えたことを簡単に曲げない人のことを意味しています。

自分の意思をしっかりと明確に持っているという点においては魅力的ですが、周りの人の意見に耳を傾けないという魅力的ではない点も兼ね合わせている言葉です。

気楽さがなく、窮屈な印象を与えてしまいやすいので、結果的に頑固という言葉と堅苦しいという言葉は連想される言葉一つとして考えることができます。

堅苦しいの使い方


ここまでは堅苦しいという言葉の類語や関連語などについてご紹介していきました。

堅苦しいという言葉と関連性のある言葉を理解いただけたところで、ここからは堅苦しい問言葉の使い方についてご紹介していきます。

言葉の意味を理解していても、正しい使い方を行うことができなければ言葉をマスターしたとは言えません。

では、堅苦しいという言葉はどのように使うのか、詳しくご紹介していきます。

例文

堅苦しいという言葉の使い方を確認するために、ここからは堅苦しいという言葉を交えた例文をいくつかご紹介していきます。

これからご紹介する例文はすべて日常生活で用いることができるような実践的な例文ばかりです。

堅苦しいという言葉自体が、そこまで難しい意味の言葉ではないので、使い方自体もそこまで難しい言葉というわけではありません。

正しい使い方を知り、間違った使い方をなくすために、これからご紹介する例文をチェックしてみてください。

堅苦しい挨拶はしなかった

まずはじめにご紹介する堅苦しいという言葉を使った例文として「堅苦しい挨拶はしなかった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言いますと、「格式ばっていて窮屈である挨拶はしなかった」という意味合いで解釈できます。

この文章はそれほど難しい例文ではなく、堅苦しいという言葉にそのまま意味をあてはめていただければすぐに理解できる意味合いです。

堅苦しいという言葉には格式ばっていて窮屈であるという意味があるので、それを挨拶と結び付けて表現しているといえます。

一般的に考えて挨拶は気軽に行うものですが、正式な場などになると挨拶はどうしても堅苦しくなってしまいますよね。

しかし、そのような挨拶は逆に精神的に圧迫してしまうので、それを避けたときなどに使えるような文章であるといえます。

堅苦しい言葉で、継続して読むには難しい本だった

次にご紹介する堅苦しいという言葉を使った例文として「堅苦しい言葉で、継続して読むには難しい本だった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いあるのかというと「格式ばっていて窮屈な言葉で、継続して読むことができない本だった」という意味になります。

この例文に関しても堅苦しいという言葉をそのまま直訳して当てはめるだけで意味としては通じるようになります。

私たちが普段使っている言葉や、文章に関しても、表現の仕方によってまったく印象が異なるようになります。

例えば、砕けた表現を使えばあまり重々しい雰囲気などを感じさせないで表現することができますよね。

そして、反対に難しい表現や格式ばった表現を使えば重々しい堅苦しい印象を与えてしまうことになります。

もちろんその場によって表現方法は変化させることが良いと言えますが、あまりにも重々しい表現方法は窮屈な印象を与えてしまいます。

まさにこの例文は重々しい言語表現を使った本を読んだときに用いることができる例文であるといえます。

堅苦しく考えているわけではない

次にご紹介する堅苦しいという言葉を使った例文として「堅苦しく考えているわけではない」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「気楽なところがなくて窮屈に考えているわけではない」という例文です。

この例文もそこまで難しい意味合いではなく、単純に堅苦しい考えをしていないという意味合いで表現されている文章です。

世の中には物事を堅苦しく考えてしまったり、そのような印象を与えてしまいがちな人が多く存在しています。

この例文はその印象を否定するような意味合いで用いられている例文であり、堅苦しい考え方をしていないということを伝える文章です。

周りの人から堅苦しいという印象を受けていることを伝えられた場合、違うのであればこのように堅苦しいという言葉を使うことで否定することができます。

堅苦しい話が終わると、質問責めを受けた

次にご紹介する堅苦しいという言葉を使った例文として「堅苦しい話が終わると、質問責めを受けた」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「かたっくるしい話が終わった後に質問をたくさん受けた」という意味になります。

日常生活を過ごしていると様々な人との出会いがありますが、人によっては堅苦しい性格をしている人が存在しています。

そのような人の場合、当然話す内容なども堅苦しいことが多く、話を聞いているとうんざりしてしまうことがあるといえます。

そのような場合に、さらに様々な質問を受けると精神的に圧迫されて参ってしまいます。

この例文はまさにそのような状況を言い表すことができる例文であると言えます。

お互いの恥ずかしさや堅苦しさは消えていた

次にご紹介する堅苦しいという言葉を使った例文として「お互いの恥ずかしさや堅苦しさは消えていた」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「お互いの恥ずかしさや窮屈さは消えていた」という意味です。

初めて人と出会ったりする時には、相手がどのような人間なのかわからない状態なので緊張したり、どこか距離を置いたりしてしまいがちになりますよね。

しかしながら、相手と距離をつめることによって次第に信頼関係が築いていき、白井に最初の緊張や距離感などはなくなっていくようになります。

この例文はまさに距離感が縮まり相手の信頼関係が築き上げられてきたような状況で用いることができる例文であると言えます。

堅苦しい雰囲気がなくなったときに用いることができる例文であり、堅苦しいという言葉の基本的な使い方の一つでもありますので、覚えておきましょう。

堅苦しい人の5個の特徴

ここまでは堅苦しいという言葉の使い方についてご紹介していきました。

ある程度堅苦しいという言葉の使い方を理解いただけたところで、ここからは堅苦しい人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

あなたの身の回りにもひとりくらいは堅苦しい性格をしている人がいると思います。

一般的に考えると堅苦しい性格とはあまり良い意味で用いられることは少なく、どちらかといえば悪い意味合いで表現されることが多いです。

では、堅苦しい性格をしているとどのようなデメリットがあり、逆にどのようなメリットがあるのか、これからご紹介する特徴からチェックしてみてください。

もしも自分が該当する特徴があるのであれば、周りの人から肩苦しい性格だと思われている可能性があります。

それが自分のデメリットに繋がってるのであれば改善するきっかけにしてみてください。

1.完璧主義

まず初めにご紹介する堅苦しい人の特徴として「完璧主義」ということが挙げられます。

なぜ堅苦しい人は完璧主義な特徴があるのかと言うと、完璧主義な人は真面目すぎる性格になっている可能性が高いからです。

そもそも堅苦しい人間を考えてみた時に、どのような人なのか想像してみると、精神的に圧迫されるような存在であると言えます。

では、精神的に圧迫されるような人間性を考えてみると、真面目すぎる性格が該当すると考えられます。

なぜかというと、真面目すぎる性格の人は様々なことに対してきっちりとこなそうとしてしまうので、物事などを完璧に行うことを意識してしまいがちになります。

具体的には、人が気に留めないような小さなことまでも気にしてしまいますので、周りの人から考えてみると細かい性格だと思われてしまいやすくなります。

普段自分が気に留めていないようなことを気に留めていたり、意識していないことを指摘されたりするとどうしても面倒な印象に感じてしまいますよね。

つまり、真面目すぎる人は完璧主義になりやすい人であり、完璧主義な人は妥協を許さない性格であるとも言えます。

だからこそ、完璧主義な人は周りから見ていると精神的に圧迫されてしまいがちな存在になり、堅苦しい印象につながってしまうといえます。

普段から何事に対しても完璧主義な性格をしており、人が気に留めないような細かいことまで気にしていませんか?

もしもそのような特徴が該当しているのであれば、周りの人から見ると堅苦しい印象を受けてしまうので注意するようにしてください。

【完璧主義な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

2.責任感が強い

次にご紹介する堅苦しい人の特徴として「責任感が強い」ということが挙げられます。

なぜ堅苦しい人は責任感が強い特徴を持っているのかと言うと、先ほどもご紹介したように堅苦しい人は真面目な考えをしている人がとても多いです。

真面目な考えをするということは社会においても非常に重要なことであり、会社からしてみれば非常に魅力的な考え方だと言えます。

しかしながら、常にどのような場面においても真面目な性格をしているとどこか堅苦しい印象を与えてしまいますよね。

そして真面目な考えをしている人はもともと責任感が強い性格をしているので、他人からしてみると少し鬱陶しい存在になりやすくなります。

もちろん責任感があるということは非常に魅力的であり、ビジネスの面においては絶対に必要不可欠な考え方だと言えます。

しかしながら、常にどのような場面でも責任感を持ち出して周りにうるさく指摘をしたりすることはあまり良いことではありません。

特に著しく責任感が強い人は周りに対してもとても厳しい人が多いので、言い方を考えないと周りの人から嫌われてしまいます。

そうなってしまいました周りの人からは人望がなくなってしまいますし、堅苦しい人間だと思われて距離を置かれてしまうので十分注意をするようにしてください。

責任感を強く持つことは良いことですが、それに比例して周りの人に対する態度が厳しいものになっていないか、いやな思いをさせていないかということをよく考えてみてください。

3.自分を追い込みがち

次にご紹介する堅苦しい人の特徴として「自分を追い込みがち」ということが挙げられます。

なぜ堅苦しい人の特徴として自分を追い込んでしまいやすいのかと言うと、真面目な人は責任感が強いからだといえます。

先ほどもご紹介したように堅苦しい人は責任感が強いという一面をもっています。

責任感が強いということは良い一面でもありますが、捉え方によってはそれが悪い一面に変化する可能性もあります。

どういうことかと言いますと、真面目な性格をしている人は何事においても自分自身の責任として考えてしまいます。

仕事がうまくいかなかったり、仕事でミスをしてしまった際には自分の責任だと思い、自分の責任を深く背負い込んでしまいます。

反省することは良いことかもしれませんが、必要以上に自分のミスだと思い込んで責任を背負いこんでしまうと場合によっては精神的にバランスを崩してしまう可能性があります。

真面目すぎる人ほどうつ病になりやすいと言われており、これは自分自身の責任だと思い込んでしまう強さが関係しています。

なので、堅苦しい人は真面目な性格であり、真面目な性格だからこそ自分自身を追い込んでしまいがちであると言えるのです。

もしもあなた自身が真面目な性格をしているのであれば、それは良いことではありますが何事も背負いこんでしまいがちな考え方は悪い考え方になります。

反省するべきところは反省し、そこからは考え方を切り替えて前を向くように心がけてください。

必要以上に考えすぎないことによって、自分自身を守る考え方にも繋がるので、物事の考え方を少し工夫して見るようにしましょう。

4.自分にも他人にも厳しい

次にご紹介する堅苦しい人の特徴として「自分にも他人にも厳しい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、堅苦しい人は完璧主義な性格をしていることが多く、それが大きく関係しているといえます。

完璧主義な性格をしている人は先ほどもご紹介した通り人が気づかないような細かいことまで神経質に気を使ってしまいます。

少しでもダメなことがあったりするとそれを修正したりすることも多く、いわゆる妥協を許さないような性格であることが多いのです。

だからこそ作り上げるものは質が高いものを作り上げることができるので、ビジネスの面においては非常に評価されやすい考え方であるとも言えます。

しかし、完璧主義の人は自分に対してもそうですが他人に対しても厳しい性格をしていることが多いです。

当然妥協を許さないような考え方を持っているので、自分を甘やかさず、周りが甘えることも許そうとしない考え方が身についてしまいます。

その結果どうなるのかと言うと、周りの人に対して口うるさく指示をしてしまったり、相手に対して否定的な言葉を放ってしまいやすくなります。

全て自分自身を基準にして考えてしまいがちになるので、周りの人からしてみると自分を否定されているようで嫌な気持ちになってしまいます。

これが継続して行われてしまいますと、当然口うるさい人間だと思われてしまい堅苦しい人間だと烙印を押されてしまいます。

なので、自分にも他人にも厳しい特徴を持っている人は結果的に堅苦しい人であると考えることができます。

5.ストレスを抱えがち

次にご紹介する堅苦しい人の特徴として「ストレスを抱えがち」ということが挙げられます。

なぜ堅苦しい人はストレスを抱えがちになるのかというと、自分自身でストレスを作ってしまいやすい性格になるからだといえます。

どういうことかと言いますと、堅苦しい性格をしている人は物事を神経質に考えてしまいがちになります。

元々完璧主義ということもあり、人が気が付かないような細かいことなども気になってしまいます。

なので、完璧主義の人は神経質に物事を考えがちになり、その結果様々なことが気になってストレスを断続的に受け続けてしまいやすい考え方になると言えます。

堅苦しい性格をしていればしているほど、様々な細かいことが気になってしまいストレスを受けやすい環境下に身を置いてしまいます。

なので、ストレスを抱えがちな人は堅苦しい人の特徴に該当すると考えることができます。

いつも細かいことが気になってストレスを感じてしまったり、人よりも物事を深く考えてストレスを受けてしまいがちなのであれば注意が必要です。

細かい性格になっており堅苦しい人間になってしまっている可能性が考えられるので、少し物事を大雑把に考えるくらいが丁度良いかもしれません。

自分自身の性格をよく把握した上で、物事の考え方を改めるようにしてみてください。

堅苦しいを正しく使おう(まとめ)

今回は堅苦しいという言葉をテーマにして、堅苦しいという言葉の意味や類語、関連語、そして堅苦しい特徴を持った人間についてご紹介していきました。

堅苦しいという言葉には想像以上に様々な意味合いが存在しているということがお分かりいただけたと思います。

間違って使っていた方や、意味を正しく解釈していなかった方は、改めて堅苦しいという言葉を正しく扱えるように意識してみてください。

また、堅苦しい人間の特徴に該当していた方は、自分自身を客観的に見つめなおし、デメリットの部分をどう改善していくのか、考えるきっかけにしてみてください。