CoCoSiA(ココシア)

堅苦しいとは?使い方や堅苦しい人の5個の特徴を紹介


日常生活を過ごしていると様々な人との出会いがありますが、人によって併せ持っている特徴や雰囲気などは様々だといえます。

例えば、いつも明るい人もいれば、落ち着いている人もいますし、真面目な人もいれば、不真面目な人もいますよね。

人によってこれまで過ごしてきた環境や影響を受けた人などは違いますので、当然その人の性格や考え方、価値観などは人によって全く異なるようになります。

一人一人違うからこそ様々な人との出会いが楽しみに感じますし、様々な刺激を受けるようになると言えます。

しかし、中にはあまり魅力的に感じない人であったり、あまり好きではないと感じるような雰囲気を持つ人がいるのも事実ですよね。

例えば堅苦しい人などを想像してみてください。

一緒にいてもリラックスできず、どこか面倒な印象を感じさせてしまう性格であるといいます。

もちろん堅苦しい性格が良い影響を与える場合もありますが、一般的にはあまり良い印象を持たれない性格です。

そこで、今回は堅苦しいをテーマにして、堅苦しいという言葉の意味や堅苦しい人の特徴などについてご紹介していきます。

堅苦しいと周りの人に言われた経験がある方は、自分自身が堅苦しい特徴を併せ持っているのかどうかチェックしてみてください。

この記事の目次

堅苦しいとは?

人生を送っていると様々な人との出会いがありますが、あなたはこれまでに堅苦しい雰囲気を持った人と出会ったことがありますか?

様々な人と出会っていれば、堅苦しい雰囲気を持った人に出会った経験がある方はかなり多いと思います。

一般的には堅苦しいという言葉で表現される場合あまり良い意味で表現されることはありません。

どちらかといえば悪い意味で使われたりすることが多い言葉ではありますが、そもそも堅苦しいという言葉の意味をご存知ですか?

もしも堅苦しいという言葉の意味を知らないのであれば、この機会に堅苦しいという言葉の意味をチェックし、正しく扱えるようにしてみてください。

また、知っている方も改めて堅苦しいとはどのような意味があるのか、自分が堅苦しい人間になっていないか、振り返る意味も込めて堅苦しいという言葉をチェックしてみましょう。

格式ばっていて窮屈である

堅苦しいという言葉にはどのような意味があるのかと言うと「格式ばっていて窮屈である」という意味が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、まず格式とは身分、家柄などについての決まった礼儀作法を意味しています。

そして、窮屈とは心身に圧迫を感じたり、物資に恵まれなかったりして動きが取れないさまという意味があります。

つまり、身分や家柄などについての決まった礼儀作法が心身に圧迫を感じさせている、身動きが取れない状態のことを意味しています。

例えば日常生活において考えてみると、格式のあるような場所に足を運んだりした経験がある方も多いと思います。

いわゆる高級なレストランであったり、礼儀作法が求められるような格式が高いお店なのが該当しています。

もちろん格式が高いということは高級な場所であることも多いので、料理なのが非常に魅力的なメリットもあります。

しかしながら、その反面で細いマナーなど気を使わないといけないですし、普段は行わないような礼儀作法を行ったりすることが逆に心身に圧迫感を与える場合もあります。

これこそが肩苦しいという言葉で表現することができるといえますので、格式ばっていて窮屈な精神状態のことを意味しているといえます。

気楽なところがなくて窮屈である

次にご紹介する堅苦しいという言葉の意味として「気楽なところがなくて窮屈である」という意味が挙げられます。

まず気楽という言葉はその名前の通り気分が楽なことを意味しており、気兼ねせずにのびのびすることができる様を意味しています。

つまり、意味合いとしては気分が楽になることがなく、心身に圧迫を感じたりして身動きが取れない状態のことを意味してます。

私たち人間は様々な環境の中で生きていますが、時と場合によっては緊張状態の中で時間を過ごしたりすることも多いですよね。

例えば自分よりも上の立場の人間とともに時間を過ごしたり、いわゆる厳しい人間と一緒に時間を過ごしたりする場合などが考えられます。

それ以外にも日常生活の中を考えてみれば様々な緊張を感じさせられる場面はいくつも想像できます。

そのような状況は言い換えで見ればリラックスすることができない感情であり、気を張らないといけないので気が楽になれない状態であると言います。

そのような状態は誰しもが窮屈に感じたり、心身に圧迫感を感じさせられたりすると言えます。

つまりこのような状況を堅苦しい雰囲気と表現したりすることができるということです。

くつろげない

次にご紹介する堅苦しいという言葉の意味として「くつろげない」という意味が挙げられます。

くつろげないとはどういう意味なのかと言うと、くつろぐという言葉の否定形の形であるといえます。

くつろぐという言葉は心も体ものんびりと楽になる意味を持っており、ゆったりと休むことを意味しています。

つまり、くつろげないとは「心も体ものんびりと楽になることができない、ゆったりと休むことができない」状態のことを意味しています。

楽になることができない状態であったり、ゆったりと休むことができない状態を考えてみると緊張している状態であると言えます。

緊張が続くと人間はリラックスすることができずに、心や体に大きな負担がのしかかるようになります。

いわゆるストレスを受けている状態になり、このような状況が続くと心身ともに圧迫された環境下になるといえますよね。

つまり、そのような緊張状態をくつろぐことができない状態で表現することができ、くつろげない状態のことを肩苦しい状態と表現することができるということです。

かたっくるしい

次にご紹介する堅苦しいという言葉の意味として「かたっくるしい」という意味が挙げられます。

この意味に関してはわざわざ説明する必要性はないかもしれませんが、かたっくるしいとはその意味の通り、堅苦しい状態のことを意味しています。