CoCoSiA(ココシア)

愛妻弁当に入っていると嬉しい10個のおかず


毎日お弁当作るのに、お弁当箱を開けて喜ばれるお弁当作ってあげたいですよね。

特に、旦那さんやお子様がいれば子様のお弁当など、入っていると嬉しいと思われるおかずを知りたいと思いませんか?

こちらでは、愛妻弁当に入っていると嬉しいおかずをいくつかご紹介していきます。

毎日入れることができなくても、日替わりで入っていると嬉しいおかずが食べられることで、お弁当を食べる時間が楽しみになりそうですよね。

このように、愛妻弁当に入っていると嬉しいをおかずを知っておくことで、旦那さんに喜ばれるような素敵な愛妻弁当を作ることができるようになりますよ。

妻の愛妻弁当で大好きなおかずって何?

そもそも、その人の好みによりますが端の愛妻弁当で大好きなおかずが気になりませんか?

旦那さんの好みをよくリサーチしたり、何が好きなのか、何が嫌いなのかがわかるだけでも旦那さんを喜ばせるおかずを入れてあげることができそうです。

さらに、愛妻弁当で喜ばれることにより夫婦2人の愛が深まることがあります。

愛情いっぱいの愛妻弁当作ることで、さらに旦那さんとの愛が深まり、旦那さんも大好きなおかずに喜び奥さんのことをさらに好きになり、2人の会話も増えるようになるかもしれません。

妻の愛妻弁当には愛がいっぱい!

妻の愛妻弁当には愛がいっぱい詰まっています。

最近では、キャラ弁や旦那さんのことをもっとヘルシー弁当など様々なお弁当がはやっています。

奥さんが工夫するだけで、子供の色への興味関心を引くことができたりまた旦那さんの好き嫌いが克服できる場合もあります。

せっかく美味しく完食してほしい弁当ですので、旦那さんの好きなもの、また苦手なものでもできるだけ食べやすくしてあげたい気持ちになりますよね。

そんな妻の愛妻弁当には、食べる人の健康を考えるだけでなく、もっとたくさん食べて元気になってほしいと言う愛が詰まっています。

そんな、妻の愛妻弁当に旦那さんも嬉しい気持ちになるでしょう。

また、愛情感じられる愛妻弁当は、旦那様にとっても嬉しいお弁当なのではないでしょうか?

現代は共働きなのでなかなかいない

最近では、夫婦揃って共働きの家も多いためなかなか愛妻弁当を作る時間が取れないこともあります。

お子様がお弁当の必要なご家庭であれば、そのついでに作るといった感じもあります。

しかし、夫婦2人の場合や新婚の場合、お弁当を作ってあげる時間がないことも考えられます。

しかし、そんな中でも旦那さんに対して愛情たっぷりの奥さんの愛妻弁当作ってあげることで、より2人の仲も深まることでしょう。

このように、現代は共働きの家庭も多い中、なかなか愛妻弁当作ってあげられることも少ないのですが、そんな中でも愛妻弁当作ってあげることで、さらに夫婦2人の絆を深めていきましょう。

これさえあれば大丈夫!愛妻弁当に入っているとOKなおかず

ではここからは、愛妻弁当の中に入っていると結構喜ばれるおかずについてご紹介していきます。

旦那が大好きなものから、旦那が苦手なものまで様々なおかずがあると思います。

しかし、一般的に「これさえあれば大丈夫!」と言うおかずをいくつかご紹介していきます。

もし、お弁当の内容やおかずに困ったら、一品でも足すことで、見栄えが良くなることもあります。

さらに、唐揚げ、焼肉、ミートボールなど彩りの少ないおかずばかりを入れても、少々寂しく感じてしまいます。

いくら旦那さんがお肉好きの旦那さんであっても、体のことをよく考えてお弁当を作っていかなければなりません。

ぜひその辺も参考に「これさやれば大丈夫!」のおかずを選ぶようにしてみてくださいね。

卵焼き

まずは、なんといっても卵焼きが入ってるお弁当は嬉しい気持ちになりますよね。

だし巻き卵のような辛めの卵焼きや、やや砂糖の多い甘いタイプの卵焼きなど旦那さんの味の好みにより、入れるもの変えるといいですね。

特に、小さいお子様のいるおうちの場合、甘いタイプの卵焼きなどが喜ばれそうです。

卵焼きは黄色い色で、ビタミンカラーになります。

卵焼き1つがお弁当に入ってるだけでも、お弁当箱の中がパッと明るくなり、元気が出そうな一品になります。

また、元気をつけてあげたい時にも、卵焼きが入っていることで、元気の出る一品になりそうです。

毎日入れてる人も多いのではないでしょうか?

唐揚げ

唐揚げは、大人から子供まで人気のあるおかずの1つになります。

小さい頃から、大好きだった男性の方も多いのではないでしょうか?今でも、唐揚げが嫌いだと言う人は少ないですよね。

唐揚げは、衣がべチャッとしたものより、からっと上がったサクサクしたものがいいですよね。

特に、冷凍食品などの唐揚げは味はおいしいですが、お昼に食べる頃にはカラッとした感じではなく、べチャットしてしまう印象になりますので、できるだけあら熱を取ってから弁当のふたをするように気をつけなければなりません。

さらに、少々体がぽっちゃりの旦那さんにはレモンなどを細く切り、付けておくと彩りも良くまとまります。

生姜焼き

生姜焼きは、非常にご飯のすすむおかずになります。

そのため、白いご飯の上に生姜焼きのお肉が乗っかっているだけで嬉しい気持ちになります。