私たちが普段使用している日本語の中には、表現が似ている言葉や、意味がかなり似ている言葉がいくつも存在しています。

しかしながら、言葉自体が似ていても意味が異なるものなども存在しているので、よく理解しておかないと間違った言葉遣いをしてしまうことにつながる可能性もあります。

間違った言葉遣いはビジネスのシーンなどにおいては、自分自身の信頼をなくしてしまう行為につながる可能性もあるので、注意が必要だといえます。

似ている言葉は挙げてみるときりがないほど存在していますが、今回は目新しいという言葉をテーマにして、真新しいという言葉との違いをご紹介していきます。

誰しもが一度くらいは使ったことがある言葉だといえますが、真新しいという言葉との違いなどを正しく理解している方は少ないといえます。

どのような意味の違いがあり、どういう風に使うのか、今回ご紹介する内容を踏まえて、その違いを正しく把握してみましょう。

目新しいとは?

目新しいという言葉と真新しいという言葉はかなり似ている言葉であり、人によっては同じ意味合いで使っている人がいます。

しかしながら、目新しいという言葉と真新しいという言葉は似ているようで若干の意味の違いが存在しています。

間違って使ってしまうことで失礼というような印象にはならないかもしれませんが、人によっては教養がないと思われる可能性があります。

なので、意味の違いを正しく把握しておくことが重要であるといえます。

では、それぞれの言葉にはどのような意味の違いがあるのか、まずはそれぞれの言葉が持っている基本的な意味をご紹介していきますのでチェックしてください。

意味

目新しいという言葉を考えた時にどのような意味があるのかというと「初めてみるような感じである」という意味が存在しています。

長い人生を生きていれば様々なことに出会ったり様々な経験をしたりすることがあると思います。

たくさんの経験をすればするほど、新鮮に感じたりするものや新しく出会ったりするものなどは相対的に少なくなっていくといえます。

しかしながら、日常生活を送っていると、時には初めてみたりするようなことなどがある場合もあります。

そのような場合に、目新しいという言葉を使って表現することができるということになります。

例えば、今まで見たことがない魚を見かけた場合、目新しい魚だな、と表現することができるということです。

それ以外にも、魅力的で珍しいものを見つけた場合には、目新しいものを見つけたという風に表現ができます。

漢字自体も、目に新しいという漢字を使っているので、なんとなく意味を想像することがたやすいといえます。

珍しい


目新しいという言葉には、実はそのほかにも意味が存在しており、「珍しい」という意味も含まれています。

この意味自体もそこまで難しい意味ではなく、ある程度連想することができる意味合いであると考えられます。

先ほどご紹介したように目新しいという言葉には初めて見るような感じという意味が存在しています。

そして、初めて見るということは別の言葉で言い換えてみるとなかなか目にかかることができない珍しいものである可能性が高いですよね。

なぜならば普段何時も目にすることができるようなものであれば、日常的に目にしていたりする可能性がとても高いからです。

しかし、なかなか目にすることができないということは貴重なものであったり珍しいものである可能性が相対的に高くなります。

つまり、目新しいものは珍しいものである可能性が高いということから、珍しいという言葉の意味も含まれるようになったということです。

なので、普段の生活の中でなかなか見かけられない珍しいものを見た際には、目新しいものだな、と表現することができるということになります。

目新しいという言葉には複数の意味が存在していますので、意味を理解し正しく扱えるように注意して使うようにしてください。

真新しいとは?

ここまでは目新しいという言葉の意味についてご紹介していきました。

ある程度目新しいという言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは真新しいという言葉の意味についてご紹介していきます。

一見すると同じような意味を持っている言葉同士ですが、実は細かい違いが存在してます。

漢字字体もとてもよく似ているので、意味が混同されてしまいがちになりますが、細かい意味の違いを把握し正しく扱えるようにチェックしてみてください。

意味

真新しいという言葉を考えた時にどのような意味があるのかというと「見るからに新しい」という意味が存在しています。

私たちが目にしているものに関しては、当然新しいものもあれば古いものも多く存在しています。

作られてから年数が経過することによって年季を感じるようになり、次第にそれは古いものへと変化していきます。

逆に作られたばかりのものに関しては新しい印象が見受けられますので、見た目に関しては大きな違いがあるといえます。

それを踏まえて考えてみたときに、作られて間もない、新しい印象を見受けるものなどを真新しいという言葉で表現することができるということです。

例えば、わかりやすく例を挙げるとすると目の前に自転車があったとします。

当然ピカピカに磨かれた美しい自転車は作られて新しいものである可能性がとても高いですよね。

それに反して所々サビがついてるような自転車に関しては年季が入っているので、それなりに使われている古い自転車であると考えることができます。

この新しい自転車に関しては、真新しい自転車という風に表現することができるということになります。

これが真新しいという言葉の意味であり、広く知られている一般的な意味合いだといえます。

全く新しい


真新しいという言葉には、実はそのほかにも意味が存在しており、「全く新しい」という意味も含まれています。

この言葉の意味はどういう意味なのかと言うと、そもそも全くという言葉の意味としては「完全にその状態になっているさま」を意味している言葉です。

どういうことかといいますと、完全に新しい状態であることを意味している言葉だということです。

先ほど例に挙げた自転車で考えてみると、購入してあるけど時間が経過していてもきれいに使っていたり磨いていたりする自転車はいつまでたっても綺麗なことが多いですよね。

その自転車の場合は一見すると新しい印象が見受けられますが、実際は購入してからそれなりに経過しているので、新しい自転車とは言えません。

それに反して、全く新しいとは、つい最近購入した本当に新しいものを意味しています。

つまり、つい最近購入した自転車のことを意味しており、購入してから時間が経過した綺麗な自転車は含めない言い方になります。

つまり、本当の意味で新しいという言葉の意味で用いられるということになります。

少し細い意味になりますが、真新しいという言葉にはこれらの複数の意味が存在しているということをよく覚えておいてください。

目新しいと真新しいの使い分け方

ここまでは目新しいという言葉の意味と真新しいという言葉の意味をご紹介していきました。

ある程度意味合いを理解いただけたところで、ここからはそれぞれの言葉の使い分け方についてご紹介していきます。

一見すると同じような言葉ですが、意味合いを考えてみると若干の違いが存在している言葉だといえます。

それぞれの言葉にどのような違いがあり、実際に使用する場合はどのように使い分ければ良いのかチェックしてみてください。

目新しいと真新しいの違い

目新しいという言葉と真新しいという言葉の意味を比較して考えてみると、似ている言葉ではありますが明確な違いが存在しています。

目新しいという言葉には「初めてみるような感じである、珍しい」という言葉の意味合いが存在しています。

そして、真新しいという言葉には「見るからに新しい、全く新しい」という言葉の意味が存在しています。

この意味合いを比べて考えてみると、似ている言葉ではありながら意味としては若干の相違があるということが分かるはずです。

なぜならば、目新しいという言葉は今までに見たことがないものや珍しいものなどを目にした時に用いられる言葉です。

しかしながら、真新しいという言葉に関しては新しいものを目にした時に使用される言葉なので、意味の違いが存在しています。

今までに見たことがないものや珍しいものは、必ずしも新しいということにはなりませんし、同じ意味ということにはなりません。

なので、珍しいもの、そして新しいものかによって言葉は明確に使い分けるようにしなければいけないといえます。

とても似ている言葉ですが、意味は全く違うということを改めてチェックしておきましょう。

目新しいと真新しいの例文

目新しいという言葉と真新しいという言葉の意味の違いについて詳しくご紹介していきました。

ある程度意味の違いを理解いただけたところで、ここからは目新しいという言葉と真新しいという言葉を使った例文についてご紹介していきます。

それぞれの言葉の意味を理解しても、どのように使えばいいのかということを理解しておかなければ言葉をマスターすることはできません。

具体的にどのような使い方をするのか、どのように表現するのかということを理解して初めて言葉を正しく扱うことができるようになります。

間違った表現や、間違った使い方をしないようにするために、改めてそれぞれの言葉の使い方を例文からチェックしてみましょう。

何か目新しいことをやりたくてうずうずしている

まずはじめにご紹介する目新しいという言葉を使った例文として「何か目新しいことをやりたくてうずうずしている」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、「初めてするようなことをやりたくてうずうずしている」という意味の例文です。

この例文に関しては目新しいという言葉の意味をそのまま代入していただければ意味はそれほど難しくない例文です。

この例文は目新しいということがことという言葉についているといえます。

目新しいという言葉には「初めてみるような感じである、珍しい」という意味がありますので、初めて経験することという意味で解釈することができます。

誰もが初めて経験することや、珍しいことなどを経験するととてもわくわくした気持ちになりますよね。

そのわくわくした気持ちを表現している例文であるといえます。

自分自身がこれまで経験したことがないようなことや珍しいことなどに挑戦するときに使えますので、ぜひ使用してみてください。

この例文は目新しいという言葉を使った基本的な例文であるといえます。

私は単に目新しい存在にすぎない

次にご紹介する目新しいという言葉を使った例文として「私は単に目新しい存在にすぎない」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「私は珍しい存在にすぎない」という意味合いで解釈することができます。

この例文に関してもそれほど難しい意味ではなく、目新しいという言葉の意味をそのまま代入していただければすぐに理解できるはずです。

この例文の目新しいという言葉は存在という言葉とくっついて表現されており、自分自身が目新しい存在であるということを示している例文です。

意味が分からないと解釈がとても難しく感じるかもしれませんが、正しい意味を理解しておけばそれほど難しくはありません。

目新しいという言葉を使った一般的な表現方法の一つになりますので、目新しいという言葉の一つの使い方としてチェックしておきましょう。

その雪は、真新しく輝いていた

まずはじめにご紹介する真新しいという言葉を使った例文として「その雪は、真新しく輝いていた」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「その雪は見るからに新しく輝いていた」という意味合いで解釈することができます。

この例文に関しても、真新しいという言葉の意味を正しく理解しておけばそこまで難しい意味合いにはなりません。

もともと真新しいという言葉には「見るからに新しい、全く新しい」という言葉の意味が存在しています。

つまり、雪が見るからに新しく、もしくは全く新しく輝いていたということを表現している例文ということになります。

雪が降る際には、場合によっては雪が積もったりしますが、降ったばかりの雪はふんわりと積もっていることが多いですよね。

そのような情景を表している例文であるといえ、真新しいという言葉を使った基本的な表現方法の一つであるといえます。