よく皆さんが使うアプリは何ですか?

例えばSNSであればTwitterやラインといったものがあると思いますし、Facebookを利用しているというような人も多いのではないかと思います。

連絡のやり取りにも使うような人が多いですが、スマートフォンになっている人というのは基本的に電話をするというような事が無くなったのではないかと思います。

今では電話というのは業者からの電話であったり、配達などの確認の電話というような事も多いのではないかと思います。

会社に対しても電話で連絡をしたりもしますが、それ以外、例えば家族との電話や友達との電話というのはもうラインでのやり取りがメインとなってしまいました。

そもそもラインというのは、どのようなものなのかと言うとラインとは通話やトークというチャットのやり取りをすることができるアプリです。

似たようなものでカカオトークというようなものもありますが、基本的に皆が利用しているものと言えばラインなのではないかと思います。

ではそんなラインですが、IDやパスワードといったものを登録することが多いのではないかと思います。

仮にそのIDやパスワードが分かりやすいものになってしまうと、どうしても乗っ取りの被害にあう可能性が高いです。

今回はそんなラインの乗っ取り被害についてお話をしたいと思います。

どういう事かと言うと、簡単に言えば自分の情報が相手に筒抜けになっているという事なのです。

ラインの乗っ取り被害というのは、基本的に様々なパターンで乗っ取りが多く、最近ではなりすましでアカウントを作られるというような事も多いのではないかと思います。

また仮にその様な被害にあった際にはどの様な対策をすれば良いと思いますか?例えばアプリにパスワードをかけたり、パスワードを変更をするというような事もあるでしょう。

特にパスワードやIDの変更というのは乗っ取り被害にあう前にするべきことでもあります。

定期的に変えていかないと、どうしても同じようなものになったり似たようなことになってしまうと、また同じように乗っ取られてしまう可能性があります。

なので定期的な変更や、怪しいことは教えないというような事が必須になるのではないかと思います!ではどの様なことなのか、詳しく見てみたいと思います。

ライン乗っ取り被害の原因!

実はここ数年でも多くあるのがライン乗っ取り被害なのです!実はというと、ライン以外でもSNS関連のものでアカウントの乗っ取りというようなものが多くあるのです。

それには必ず原因となるものがあります。

例えば不正ログインをされたというような事であったり、友人のなりすましだったというような事もあるでしょう。

ラインの乗っ取り被害というのは今でも多くありますが、そのほとんどが不正ログインなどであったり、なりすましであるという可能性が高いです。

特になりすましでは、勝手に新しいアカウント作成もされており、相手が先手をうつというようなことに出ることも多いです。

実際のところ、多くないだろうと思うような人でもラインアカウントの乗っ取りには十分に注意が必要になるでしょう。

ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1.不正ログイン


不正ログインというようなものがあるでしょう。

これはラインに限らず、全てのSNSであったりログインをするような事にもいわれますが、IDとパスワードが相手に分かっている状態なので、非常に注意すべきです。

これでよくあるのが単語の組み合わせでログインをしてくるというような人であったり、ランダムで総当りするというような事もあるでしょう。

簡単に言えばどのアカウントでもログインさえできれば、乗っ取ることができるので、この様な方法を取る人が多いです。

なのでよくあるのが、ログインIDとパスワードは個人情報に関係のないものにしましょう、とあります。

適当な英数字などを連ねた方が実はセキュリティ性が高いです。

にも関わらず、覚えないといけないというデメリットがあるので、どうしても自分にとって覚えやすいものを登録してしまうという人も多いのではないでしょうか?

ログインID・パスワードの流出

ログインIDとパスワードの流出というのは一体どの様なところからあるのでしょうか?

普段使っているスマートフォンで何か調べ物をしたりしますよね?

その際には必ずログインなどをするようなサイトであったり、しなくても閲覧などをすることができるサイトとあります。

特に最近多いのは、誰でも見れるようなサイトの広告にあるでしょう。

例えば広告の中には詐欺広告と呼ばれるものであったり、ウイルス関連のサイトとしてそのサイトに入ると情報が抜かれるというような事も多くあります。

基本的にその見分けの付け方というのはウイルス対策ソフト、アプリを入れるという事になります。

スキャンをして異常が無いかの確認であったり、ウイルス対策ソフトを入れていないという人であれば、入れることで流出などを抑えることができます。

また、サイトなどに限らず、個人が盗み取るというような事もあるでしょう。

最近誰かにIDやパスワードを見られたりしていませんか?特にこの様なことは身内の人がやったりすることも多いので、身内で仲が良いからと言って安易に教えないようにすることも大切になるでしょう。

ランダムに総当たりで攻撃

ランダムに総当りで攻撃をされたというような事もあります。

これはどういう事かと言うと、IDやパスワードというのは何万通り、何億通り以上とある訳です。

その中から1つを見つけるというのは、とても難しいことですよね。

仮に何億通りの中から、世界で何億人といる中の何人がアプリを使い、ログインIDとパスワードを控えているのかというのも分からないはずです。

そこでランダムに、いわゆる適当にIDやパスワードを入力してたまたま入れてしまったというような事もあるのではないかと思います。

基本的に不正ログインなどをしようとする人というのは、適当に入れてたまたま入れたアカウントなどに対して、様々なことをすることが多いので注意が必要です。

単語の組み合わせで攻撃

単語の組み合わせでひたすらログインをしようと心がけることもあります。

例えばですが果物やデザートの単語を2つ並べて数字を1つだけというのは、誰かが考え付きそうなことですよね。

この様な単語の組み合わせを考える理由の1つには、忘れてはいけないので覚えやすいもので覚えるというような人が多いからです。

メモを取っているというような事であればメモをどこかに置いておきますが、その様なことをしない場合はどうしてもIDやパスワードが自分で分かるようなものにしなくてはいけません。

そこで単語の組み合わせをして覚えやすくする、というのは良いのですが、ありきたりなものになってしまうとどうしても不正アクセスされる可能性が大きくなり、かえって危なくなってしまうのではないかと思います。

2.友人のなりすましに携帯番号を教えた

これは最近になり増えてきましたが、友人になりすまして携帯番号を教えてしまったというようなパターンが多いです。

特にこの事で影響があったのはWebマネーです。

いわゆるインターネット内の通貨のようなもので、オンラインゲームなどの様々なものを買う際に、課金というようなシステムがあり、それを買うことでオシャレをしたり強くしたりするというものです。

それをしたいがために友人になりすまして電話番号を教えたり、買ってきてほしいと頼まれたりしたというような人もいるかもしれないですよね。

最近は特になりすましな様なことが多く、本人達は遊びでやっているものの、なりすまされた人というのはとても迷惑をしています。

にも関わらずその名前を使うというのは、簡単に言えば犯罪にも繋がるということです。

友人のなりすましというのは、名前を変えていてその本人の名前だと、なりすましているというような事に気付かないですよね。

そこで対策の1つとして、基本的に電話番号やPINコードなどを聞かれた場合は、なりすましである可能性が高いです。

いわゆる個人情報に関するような事を聞いてきたというような事であれば、注意をするようにしましょう。

PINコードを聞かれた

PINコードを聞かれたというような事もあるのではないかと思います。

特にこのPINコードというのはどの様なものなのかと言うと、よくスマートフォンなどで個人情報の変更であったり、契約内容を変える際に4桁の数字を入力したりしますよね。

それがPINコードです。

いわゆる携帯を登録などをした際には必ず電話番号などを登録しますが、その時に4桁の番号を入力してくださいといわれることがあると思います。

これはラインにも存在するのですが、そのことを聞かれた場合は要注意です。

基本的に教えるというような事が無いようにすることが大切になるでしょう。

勝手に新しいラインアカウントを作成も

勝手に新しいラインアカウントを作成されている可能性もあります。

これは、自分に被害があるというのもありますが、自分の友人や家族に被害がいく恐れがあります。

特になりすましの場合は、こういう事を聞いてきたんだけど、という確認を取らせるようにすることが重要になります。

電話でも何でも、本人の口からどうなのかという確認をすることで、相手がなりすましであったりするのかどうかという見分けをつけることができるでしょう。

言うのであればこの様なことは直ぐに教えないということです。

ラインが乗っ取り被害に遭った時の確認方法!こんな症状に注意!

ではそんなラインが乗っ取り被害に遭ったというようなときもあると思います。

そんな時には必ず確認をすることができます。

様々な方法で確認をすることができますが、特に怪しいと思われるものはログインをすることができないという事や、ログイン画面に戻されるとなった場合は、不正アクセスをされている可能性があります。

また不具合で初期化されたりする場合もあるでしょう。

場合によっては、アカウントが削除されているという可能性もあります!ではどの様な確認ができるのか、詳しく見てみたいと思います。

1.ログインできない


ログインができないというような状況になっていると怪しい可能性が高いです。

特にログインができないというのは、いわゆる自分のものでは入れないという事になりますよね。

基本的にラインというのは、複数のスマホなどからログインをすることができないので、仮にログインをすることができないのであれば、誰か他の人が今ログインをしている可能性というものが高くなってしまいます。

ラインは複数のスマホ・パソコンからログインできない

特にこの様なことは、スマートフォンでログインをしたりするというのもありますが、パソコンから不正ログインをしようとしている人達も多いという事を覚えておきましょう。

よく勘違いされやすいのが、スマートフォンにだけラインというものがあると勘違いされるような人が多いです。

実はラインというのはパソコンからもログインをすることができます!なのでスマートフォンだけではないという事を先ずは覚えておくと良いでしょう。

2.ログイン画面になる

ログイン画面になるというような事もあります。

例えばログインをしようとして、直ぐにログアウトされてしまうという現象もあるのではないかと思いますが、その場合は相手も今無理やりログインをしようとしているという事になるのです。

特に何もしていない時にログイン画面に戻されるというような事は、とても怪しいです。

もしかすると不正ログインをされているのではないかと、疑うことが必要になるでしょう。

端末やアプリを再起動してもログイン画面に

再起動をしてログインをして、また一時してログイン画面に戻された場合は特に注意が必要です。

言うのであれば、何をしても他の人がログインをして、不正を行おうとしているという事になるので、よく確認をするようにしましょう。

またラインなどは基本的に、パスワードの変更などもできます。

残念ながらIDの変更はできませんが、必ずパスワードに関しては登録をしておくことをお勧めします。

3.初期化された

初期化されたという場合も要注意です。

例えばアカウントでログインをすることができたものの、誰一人として登録をしていない状態であったり、折角買ったものが無くなっていたりするというような事もあるのではないかと思います。

基本的にアカウントというのはその購入情報なども見れるので、例えばスタンプを購入しているのであれば、そのスタンプがまた使えるはずです。

しかしながらそれすらも無いという事は、完全に初期化をされたという事になりますよね。

その時に疑う原因の1つには不正ログインをされてしまい、アカウントを初期化されたというような事もあるのではないかと思います。

自分で意識をしないと気付かない部分でもあるので、十分に注意をするようにしましょう。

4.アカウントが削除された

ログインができないという事で、不正ログインの可能性もありますが、今まで普通通りにしていたのにいきなりログインができないというような事もあります。

特に分かりやすい表示というのが「利用できません」という表示や「不正の電話番号です」というような表示が出てきたりすることもあります。

これはどういう事かと言うと、ラインの公式、いわゆるラインの運営する人から利用規約違反で削除されてしまったという可能性が一番高いです。

仮に何もしていない状態なのであれば、不正ログインをされてしまい、様々な悪質なことをされ、そのアカウントが通報されてしまったというのが自然な流れにはなるでしょう。

いわゆる悪事をするだけして、そのアカウントを削除するというようなことをする人もいるという事です。

アカウントが削除された場合は二度とそのアカウントを使うことができなくなります。

利用規約違反で運営に削除される場合もある

利用規約違反で運営に削除される場合もあります。

これは不正ログインをされというような事より前に、先ずは自分自身が何か違反をしたことがあるかを考えると分かりやすいかもしれません。

また基本的にラインというのは電話番号と紐付けされているので、その電話番号ではもう登録をすることができないというような状態にもなるのではないかと思います。

皆さんも心当たりはありませんか?仮に無いとすれば、不正ログインをされてしまい、様々な規約違反をされてしまったという事になるでしょう。

利用することができませんという表示

利用することができませんと表示をされた場合は、削除されている可能性が高いです。

特に何かをしたというようなわけでもないのであれば、不正ログインをされたり、誰かが報告をしたという事になるのではないかと思います。

新規登録するも不正な電話番号ですと表示

新規登録をしようとしても不正な電話番号ですと表示されることが多いです。

特にこの様な場合は、もう電話番号で登録をすることができないので、スマートフォンでのラインが使えなくなってしまいますよね。

しかしながら連絡が取れないというのは辛いと思います。

そこで例えばスマートフォンの電話番号を変更するというような事もあるでしょう。

友人の友達リストから自分が消える

この様なことになった場合というのは友人の友達リストから自分が消えている可能性が高いです。

特に友人の友達リストから消えるということは、ラインが削除されているという確認をすることもできます。

例えば、相手が消えてしまったという場合は、相手が友達の関係を切ったのかというような確認をすることができますが、こちらがログインできないという事で、相手にリストに自分がいるかどうかの確認をする際に、消えているのであれば、アカウントを削除されたと判断するのが良いのではないかと思います。

ラインが乗っ取り被害に遭った時の対処法と対策!

ではそんなラインが乗っ取り被害に遭ってしまった!対策をしていたつもりだけど乗っ取られてしまったというような事があれば危ないですよね。

そんな時にちゃんとした対処法と対策があります!特にラインというのは今後連絡などを取る際にも必須なものとなっているので、ほとんどの人が利用することが多いですよね。

だからこそアプリにパスワードをかけたり、定期的にパスワードを変更するというような事や、ログインをして運営に報告をするというような事もできるのではないかと思います。

こういう事は今までにないと思っていて油断をすると、本当に乗っ取られるというような事が多くあるのです。

なので十分に注意をすることが必要になるでしょう。

ではどの様なものがあるのか実際に見てみたいと思います。

1.アプリにパスワードをかける

アプリにパスワードをかけるというような方法があるでしょう。

どういう事かと言うと、アプリ自体にパスワードをかけることで他の人に見られたりするような事を防ぐことができます。

また、仮に乗っ取りの原因が身内であるのであれば、尚更見られていた可能性が高いですよね。

基本的にプライバシーにもなるようなものなので、他の人に安易に見せるというような事をしないようにすることが大切です。

例えば満員電車など人混みが多いところでその様なものを見てしまうとどうしても個人情報などが直ぐに分かってしまいます。

四方八方に人がいる状態でアプリなどを開くという事は、情報がそこから見られてしまうという事になるので、あまり人前や人混みがとても多い中で使うような事は辞めるようにしましょう。

2.パスワードを変更する

パスワードを変更するという方法もあります。

一番効果的であり、今からでも実践できるものといえばこれですよね。

簡単にパスワードというものは実は変えれます。

しかしながらパスワードというのはどうしても分かるようなものにしたい、というような人が多いですよね。

例をあげるとすれば誕生日や生年月日などの数字を入れたり、電話番号などの数字を入れるというような事もあるかもしれません。

ですがこれは逆に危ない行為にもなってしまうので十分に注意をするようにしましょう。

他にもどの様なパスワードにしたら良いのかについても詳しく見てみたいと思います。

皆さんは普段パスワードを決めている際にどの様なパスワードにしていますか?使いまわしをしていたりしていませんか?使いまわしというのはとても危険なことですよ?

同じパスワードを使い回さない

よくあるのがパスワードを使いまわしているという事が多いです。

例えばですがラインとFacebookのIDとパスワードが同じだ、ラインとTwitterのIDとパスワードが同じだというような使いまわしをしている人というのは必ずいると思います。

今までにその様なことがなかったという人もいるかもしれませんが、実はこの使いまわしをして不正ログインをされるというケースも多いです。

どういう事かと言うと、例えばTwitterなどのIDとパスワードが不正ログインをされてしまった!となった場合に、その不正ログインをした人というのは他のサイトでも試すようなことをすることが多いということです。

簡単に言えば、その人の個人情報であるものが一部分かると、いろいろなものに不正アクセスなどをしようとして、悪事を働くような人が多いです。

そのため、同じようなパスワードを使用していると、全てのものにログインをすることができてしまいますよね。

なので同じパスワードを使用しないことで、仮に不正アクセスやログインをされても、他のものまで被害が大きくなるというような事を防いでくれるのです。

電話番号や生年月日など、想像しやすいものは避ける

電話番号や生年月日など、想像しやすいものは避けるという行為も大事になるでしょう。

よくあるのが、その生年月日と電話番号を入れたものであったり、好きなもの、部活などを入れて生年月日を入れるというものです。

パスワードというのはログインなどをしたりする際には必要なものなので、どうしても覚えようと簡単なものにしたりすることが多いでしょう。

しかしながら複雑に数字と英語を交互にしたり、適度に入れたりすることでセキュリティをより強化することができるのではないかと思います。

英数字、記号を多用する

英数字や記号を多用するというのもあるでしょう。

例えばパスワードというのは英数字だけではなく「_」というものや「-」というものも使うことができるのではないかと思います。

仮に使えるのであればこの様なものも駆使して、セキュリティを強化させることもできます。

またここで重要なのはわかりやすいようにするのではなく、自分でも分からないようなものにして、そのメモを誰にも見られないような場所に置くという事です。

パスワードがIDがどうしても分かりやすいものになると、関連するもので不正ログインをしてしまうような人が多いので、その様なものを避けて英数字や記号を多く多用することが大切になります。

不規則な文字列に

不規則な文字列にすることも大切でしょう。

例えば単語と単語の間に数字を入れるというようなよくあるような事ですが、それを更に複雑化すると良いという事です。

例えば単語の更に間に数字を入れていったり、不規則な文字列にすることで、あたかも規則性があるようなものを無くしてくれることができるでしょう。

特に英字だけ、数字だけというのはどうしてもパスワードを不正ログインされることが多いです。

なのでここで重要なのは、不規則な文字列にすることで、相手からも分からないようにするというのが重要になります。

それは身内であっても同じことです。

定期的に変更し続ける

よくこの様なアカウントを作った際には定期的に変更をするようにしましょう、とお知らせがきたりしますよね。

どういう事かと言うと、定期的に変えておかないとログインをされる確立というものが大幅に上がってしまうのです。

いわゆる1度決めたものというのは早々にログインをされることがありませんよね。

例えばそのパスワードを5年も前に使用していたものであれば、もしかすると不正ログインなどをされる確立が高くなってしまうという事です。

なので定期的に変更をして、常にセキュリティを強化するという方法もあるのではないかと思います。

3.ログインする

ログインをするというのも対処法の1つです。

例えば不正ログインをされているかもしれない、と不安になった際にログインをすることができればパスワードの変更を、ログインできないのであれば、問題報告フォーラムから乗っ取りにあった胸を報告するといったことができるようになるのではないかと思います。

ログインできたら→パスワード変更

ログインをすることができたら、まずはパスワードを変更するようにしましょう。

仮にログインすることができ、またログアウトをされたという繰り返しになるのであれば、誰かが不正アクセスをしようとすることが多いのではないかと思います。

そんな時に大事なことは、ログインをすることができたら先ずはパスワードを変更するという事です。

そうする事で被害を抑えることもできるのではないでしょうか?

ログインできない→問題報告フォームから乗っ取りにあった胸を報告(アカウントが削除される)

仮にログインができなかった場合はどうするかと言うと、ラインの運営に報告をしてそのアカウントを削除させてもらうことができます。

どの様な状況なのか、ログインができないので不正アクセスをされた可能性があるということを報告し、アカウントを削除させてもらうことができるのではないかと思います。

4.ツールで乗っ取り犯を逆探知

実はというとツールなどを使い乗っ取り犯を逆探知することもできます。

しかしながらこれは相手と同じようなことをしてしまうという事になるので、どうしても乗っ取りが多いというようなときは、ツールを使い、乗っ取り犯を特定するようにすれば、その事を報告することができるのではないかと思います。

落ち着いて対応すること(まとめ)

いかがでしたか?

ここで大事な事は落ち着いて対応をすることです。

仮に乗っ取られていたとしても、先ずは友人や家族に被害が出ていないか、確認をとることが必要になります。

また、乗っ取られておらず、直ぐにパスワードを変更した場合は、履歴などもあると思うので、何か購入していないかを確認することが必要になるでしょう。

パスワードなどは同じようなものを使いまわしするような人が多いですが、不正アクセスをされる可能性もあるので十分に注意をするようにしましょう!