皆さんは普段の生活をどの様に行動していますか?

例えば人によっては必ず外に出てコミュニケーションを取るというような人も多いかもしれません。

しかしながら中には常に家の中にいて趣味を楽しむというような人もいるでしょう。

外に出ている人というのは、基本的に行動性も高く、積極的な人が多いようなイメージが強いと思います。

その逆で部屋の中で趣味などを楽しむというような人は、基本的に消極的でありながら暗いイメージというようなものがありますよね。

人によってはインドア派だけれど積極的な人も中にはいるのではないかと思います。

皆さんはどちらのタイプでしょうか?

様々な人がいると思いますが、今回は窓際族についてお話しをしたいと思います。

窓際族というのは簡単に言えば、重要ではない役職、いなくても良いというような人達のことを言います。

皆さんは今仕事をしている際にどの様な役職についていますか?

もしかして窓際族になっていたりしていませんか?

窓際族の人というのはとにかく周りとのコミュニケーションなどを取らない人が多く、また人によっては何も仕事をしないというような人も多いかもしれません。

実はこの様な人達というのは似たような特徴があることはご存知でしょうか?

例えば他力本願であり自分では何もしようとしないというような人や、粘り強さがないというような事はもちろんのこと、責任感もないというような事もあるのではないかと思います。

よく「窓際族に」というような事を言う人というのは基本的に、自分自身の特徴をまだ理解していないというような人という事にもなります。

言うのであれば窓際族になってしまったというのには必ず理由というものがあるからなのではないかと思うのです。

会社というのはその人材によって必要な人なのかどうかを選んだりすることが多いです。

しかしながらいざ人材として取ってみても実際とは違ったというような人達も多いのではないかと思います。

直ぐに辞めるというような人であったり、仕事を放棄してしまうというような人も多いでしょう。

最近ではこの窓際族になってしまうというような人もどんどん多くなっているようにも思えますが、その原因というのが皆がみな同じような特徴を持っているからなのです。

そんな窓際族ですが、ならないための対処方法がいくつかあります。

例えば実績を上げたりすると周りからの評価もどんどん上がっていくので、周りから必要とされるような人物になったり、小さなことからコツコツとしているような人というのは大きく出世するようなことがよくあるのではないかと思います。

基本的に窓際族になる人というのは、その成果であったり、努力や積極性といったものが感じられない人が多いです。

よくあるのが理屈で行動をしてしまうような人というのは基本的に窓際族などになってしまう可能性も高いです。

考えが固いというような事もあるかもしれませんが、それが原因となってしまい窓際族になってしまうというような事もあるのではないかと思います。

ではそんな窓際族になる人の特徴と、ならない対処方法について詳しく見てみたいと思います。

窓際族になる人の7個の特徴

窓際族になる人というのは基本的に特徴が多くあります。

それも皆が似たような特徴ばかりというものもあるかもしれません。

例えば他力本願な人であったり、粘り強さがないというようなこともあるでしょう。

窓際族の人の大きな特徴というのは、いわゆるネガティブな方向に考えてしまったりマイナスな方向として考えてしまうので、似たような人が多いというのはこの特徴を基本的に持っているからなのです。

特に何かあると周囲に押し付けるというような事や、自分は悪くないというような考え方をしてしまいがちなので、相手を責めたりすることはあるものの、自分を責めるというような事が無いような人も多いかもしれません。

また他にも様々な特徴がありますが、どんなものがあるのか、その7個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

もしかして自分は窓際族かもしれないという人、また心当たりがあるというような人は十分に注意をするようにしましょう。

1.他力本願


会社というのは働く場所でもありますよね。

1人1人が与えられた仕事であったり、自分の仕事をこなして会社を回していくというのが普通です。

しかしながら他力本願な人というのは窓際族になりやすい傾向があります。

他力本願な人というのはそのほとんどが全て他人任せに考えてしまったりするような事が多いです。

言うのであれば好きな事に関してはそのままやるものの、それ以外のことを全くもってしないというような人も多いので、好き嫌いで動くというような人も他力本願な特徴があります。

特にこの様な人達というのは与えられた仕事を自分でやろうとはせず、誰かに任せて自分は何もしないというような事が多いです。

興味のある分野であれば率先してやるものの、他のことになれば他人頼りというような仕事をしてしまうので、自分から成長をすることがなかったり、主体性が無いと思われてしまい窓際族になってしまうというような人もいるのではないかと思います。

主体性がない

主体性がないというのはどの様なことを言うと思いますか?簡単に言えば連携などが取れないというような人のことを言います。

基本的に主体性がない人というのは、どんな事でも1人で行動をしたがったり、自分勝手な人が多いようにも思えるのです。

なのでこの様な人というのは基本的に会社に入ったりしたいとしても、孤立してしまうというような事になり、仕事が回ってこなくなるというような事もあるのではないかと思います。

主体性がない人というのは面倒だからというような事もあるかもしれません。

基本的に諦めたりすることも早いので、どうしても即決で考えたり行動をしたりすることも多いので、周囲を巻き込みつつ自分は何もしないというような人も多いのではないかと思います。

2.粘り強さがない

窓際族の特著として粘り強さというようなものが無いというのもあるでしょう。

基本的に仕事に関して熱中してするというような事が少なく、また直ぐに投げ出してしまうというような事も多いのが特徴的です。

これには理由というようなものがあります。

例えばどんな事でもそうですが、人というのは興味のあるものであればずっとのめり込むというような形をとりますが、興味がないものは直ぐに諦めますよね。

窓際族の人も同じような思考をしていますが、その頻度が極端に多いので、どうしても仕事中でも諦めが早くなったり、他力本願になってしまうというような事が多いのです。

諦めが早い

諦めが早いという事はそれほどその仕事に対してやる気がないという事になりますよね。

例えば好きな事であれば何度でもできるのに、違うことになると苦痛で仕方無いというような事は誰にでもあるものです。

しかしながらそれを仕事に当てはめて考えようとするというような事も窓際族の人には多いので、どうしても仕事とプライベートの考えなどを変えて、考えるというような事ができません。

なので閉鎖的でかつ諦めが早いので、粘り強さもなく、また自分に非があるような事があると直ぐに他人に頼るというような事もあるのではないかと思います。

3.責任感がない


責任感が無いというような事もあるでしょう。

窓際族の中でも最も多い特徴の1つがこの責任感の無さという事になります。

例えば「これを守る」というような事も直ぐに破り、また言い訳や逃げ道などを作るような人も多いです。

例えば子供同士の喧嘩などではどっちに非があるのかを言い合いするような子供が多いですよね。

しかしながら両方悪いというような事に気付くということがあまりなく、大人になってもそれは変わらないのではないかと思います。

また、そういう喧嘩があった場合には、相手が一方的に悪いという事を言い、自分には非がないからというような事をする人もいますが、だからと言って何でもして良いわけではありませんよね?

必ずその行動に責任感を持つというような事が大事になるのではないかと思いますが、その様なことが無いというのが窓際族の人の特徴になるのではないかと思います。

簡単に言えば「自分は悪くないからこの様なことをした」というような言い方をするような人は基本的に窓際族になってしまいやすくなってしまうという事です。

最後までやり遂げようとしない

最後までやり遂げようとしないという事もあるでしょう。

例えばどんな事でもそうですが、最後までやり遂げるからこそ達成感というようなものが味わえます。

また積極的な人というのは、そこから糧にしてどんどん上へと目指しますよね。

しかしながら窓際族の人というのはその達成感なども味わうことがなく、最後までしないというような人が多いです。

言うのであれば最後までやり遂げようとはせずに、その事を他の人や周囲に押し付け、自分は何もしていないというような状況を作ってしまうのです。

ネガティブな考えなどを持つ人だからこそ、この様なことをしてしまうので、注意をするようにしましょう。

責任を周囲に押し付ける

責任を周囲に押し付けるというのはとてもダメな事ですよね。

特に責任を周囲に押し付けるということは、それほど自分は関係なというような事もあるかもしれません。

時には逃げたくなるというような事もあるかもしれませんが、それに立ち向かうというような事も大事になるという事です。

しかしながら窓際族の人というのは、基本的にその責任を周囲に押し付け、一緒にやろうとはするのではなく他人任せなような人が多いのも特徴的なのではないかと思います。

周囲に押し付けてそのままにするというような事がよく多いので、どうしても自分でするというような事が少ないというのも特徴の1つになるのかもしれません。

言い訳や逃げ道を作る

言い訳や逃げ道を作るというような事もあるでしょう。

言い訳や逃げ道というのは基本的に何か自分ができなかったからこそ言ってしまうものですよね。

正当な理由であれば大丈夫でしょうが、そうでない場合というのも多いです。

なのでよくあるのが「自分はこうだからこうした!」というような人もいますが、その自分がした行動が全て正しいと思うような人も多く、それを間違っていると教えると「そんな事はない!だって…」というようなことを言う人っていませんか?

実はこの様な人も窓際族である可能性が高いのです。

基本的に自分に非があるというような事を認めず正しいという人は、いわゆる言い訳や逃げ道を作っていたという事になりますよね。

なのでこの様なことを作ったりするというような人も、実は普段は窓際族である可能性が高いのではないかと思います。

4.仕事が遅い

仕事が遅いというような事もあるでしょう。

実は仕事が遅い人というのは同じような特徴があります。

それは仕事が遅い人というのは、基本的に優先順位や何を最初にすべきなのかを理解していない人が多いという事です。

例えば仕事をするにしても1つだけであれば良いですが、1日に2個も3個も仕事をするというような事は多くあるのではないかと思います。

そんな時に大事な事というのは、いかにどの仕事を優先つけて仕事をこなすかという事になりますよね。

仕事を早く終わらせる人と、仕事が遅い人の違いというのは、その優先順位というものに差があるのではないかと思います。

特に窓際族の人というのは基本的に仕事が遅いので、その優先順位などが分かっていない人が多いのかもしれません。

優先順位や緊急度がわかっていない

優先順位や緊急度が分かっていないと、どうしても順序がバラバラになってしまいます。

例えばですが、1週間後までにしないといけないものと、来月までにしないといけないものは、先に1週間後のものをしますよね。

納期というものが近いものから始めるのが普通だとも思います。

しかしながら優先順位や緊急度が分かっていないと、この順序が逆になってしまったり、そのまま何もせずに終わるというような事にもなってしまうのです。

ここで重要なのは、何を先に終わらせるべきなのか、何を早くするべきなのかを早めに判断をすることが大事になります。

納期の近いものから早めに処理をすると、早めに終わった際にはゆとりを持つことができますよね。

それを理解していないのが窓際族の人達に多い特徴なのではないかと思います。

5.やる気がない

やる気が無いというような事もあるでしょう。

その会社に入る理由はあったと思いますが、何かが原因でやる気がないというような事が多いのではないかと思います。

例えば今やっている仕事は自分が予想していたものと違うという事や、入社した理由があったのに、それとは違う部署に移されたなど様々あるでしょう。

しかしながら仕事というのは誰しもあるものなので、その与えられた仕事などをするのが普通なのではないかと思います。

しかし、やる気がないせいか、仕事などに手をつけず別のことをしていたり、また離席が多いというのも窓際族の人の特徴なのではないかと思います。

離席が多い

離席が多いというのはどういう事を言うのかというと、仕事がないからこの場所にいても暇なので離席をするというような事が多いということです。

簡単に言えば仕事などがあっても、別のことをしたいがために離席をしたりするというような人もいるかもしれませんね。

休憩中ではないにも関わらず、席を離れているような人が多いので、この様な人というのは基本的にその場所にいずらいというような事があり、離席などが多いのではないかと思います。

6.コミュニケーションをとらない

コミュニケーションを取らないというような事もあるでしょう。

基本的にコミュニケーションを取るような人であれば、仕事や他の人達との交流など、積極席にするような人が多いと思います。

しかしながら窓際族の人というのは基本的にコミュニケーションを取らないので、どうしても関わりをもとうとしないような人が多いです。

その理由として、会社は会社、プライベートはプライベートと分けて考えるような人も多いからなのではないかと思います。

積極性を持つような人というのは、会社でもそうですが、プライベートでも関係を持とうとするような人が多いですよね。

しかしながらコミュニケーションを取らない人というのは基本的に最低限の付き合いとして、それ以上を求めないのでそこで止めてしまうからなのではないかと思います。

関わりをもとうとしない

窓際族の人達でも多い特徴のもう1つがこのコミュニケーションを取らないというような事です。

特に関わろうともせず、必要最低限というような考えをしてしまうので、どうしても会社内でも孤立をしたりしてしまうというような事が多いのではないかと思います。

特にここで大事なことは、会社というのはよくグループ化をしてしまうので、仲の良い人達で集まり仕事をするというような事も多いということです。

言うのであれば関わりをもとうとしない人というのは、基本的に誰とも接したくないというような気持ちからこの様な行動を取ってしまうのではないかと思います。

7.報連相がない

会社で働く上で大事なこととして「ほうれんそう」というようなものがありますよね。

これはいわゆる「報告、連絡、相談」というようなものであり、会社で働く上では大事な3つという事になると思います。

何かあれば報告をして、連絡を常にとり、分からないことがあれば相談をするという、今では常識にもなっているものですよね。

しかしながら窓際族の人というのはこの「ほうれんそう」が少ないというような事もあるのではないかと思います。

今の社会ではコミュニケーションをしないで生きていくというようなことは厳しい状態にもなっています。

言うのであれば面接などをする際にもコミュニケーションが必須になってくるからです。

会社に入った後に「ほうれんそう」が少ない状態だとどうしても、会社内でトラブルなどにもなってしまいます。

なので必須なことにもなってきているのですが、これが少ないとつい窓際族に追いやられてしまうというような事もあるのではないかと思います。

自己完結しがち

自己完結しがちだからというのもあるのではないかと思います。

自己完結しがちになってしまうと、どうしても自分で「これで大丈夫」と考えがちにもなってしまいます。

ここで注意をすることは、この自己完結が「仕事をしなくてもいいや」というような考えにもなってしまうという事です。

いわゆる窓際族の人達というのは、面倒だからというようなこともあるかもしれませんが「自分がしなくてもいいや」というような考えになってしまうので、それで自己完結をしてしまい何も手をつけないというような事になることが多いです。

なので自己完結してしまうと、どうしても何もしなくなってしまうというような事もあるのではないかと思います。

窓際族にならないための対処法

ではそんな窓際族にならないための対処法というのはどの様なものがあると思いますか?

例えば実績を上げるようにすることで、認められるようになり、自分自身にも自信というようなものがつくので、考え方なども変わってくるのではないかと思います。

またどんなに面倒だと思っていても目の前のことに徹底的に取り組むというような事が必須になるのではないかと思います。

窓際族になってしまう特徴の人というのは、どうしても目の前の事から逃げてしまったりするような事が多いので、それをいかにこなせるかで変わることもできるのではないかと思います。

他にも様々な対処法がありますが、どの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは窓際族にならないために、どの様なことをしていますか?

1.実績を上げる

実績を上げるというような事もあるでしょう。

基本的に実績を上げるというのは会社での貢献という事になります。

実績を上げて貢献をすることで、どんどん上司達からも認められる存在へと変わっていきますよね。

実績を上げるのはとても難しいことですが、諦めずに努力をした人だからこそ実績をどんどん上げることができるのではないかと思います。

認められる存在になること

認められる存在になることが必須になるでしょう。

例えば仕事でどうしても上手くいかないと思っていたものがどんどんできるようになると自分自身も楽しくなりますし、何より認められる存在になったことで、更に自分を高めることができるのではないかと思います。

よく実績を上げるのが辛いというような事もあるかもしれませんが、努力をしている人というのはその事を必ず誰かが見ており、その努力が実った際にはとても嬉しい気持ちにもなるのではないかと思います。

窓際族だった人が、この様なことにもなるという可能性があるので、是非実績をどんどんあがてみてはいかがでしょうか?

2.目の前のことに徹底的に取り組む

目前の事に徹底的に取り組むというような事もあるでしょう。

例えば目の前の事に徹底的に取り組むというのは、どんな仕事でも引き受けるという事になります。

今ある仕事がどんどん増えていくのは当たり前のことであり、その優先順位をつけるというような事も大切になるでしょう。

しかしながらここで重要なのは、どんな仕事でも徹底的に取り組むという事です。

窓際族の人というのは基本的に面倒だと思ってしないことが多いですが、どんな面倒なことでもすることで窓際族にならないようになるのではないかと思います。

どんな小さなこともしっかり臨む

どんな小さなこともしっかり臨むことが大切になるでしょう。

これはいわゆる、自分の目の前の仕事をしっかりとこなすことと言うのが重要になります。

例えば書類を整理するというような事や、シュレッダーにかけたりするというのも実は立派な仕事ですよね。

コピーをするというようなだけでも、仕事の1つになると思います。

どんな小さなこともしっかりと臨むことで、様々な仕事などをするようになるのではないかと思います。

丁寧な仕事をする

丁寧な仕事をするというのも大事な対処法になります。

言うのであればいい加減にすればするほどどうしても、周りの人達からも「いい加減な人だ」と思われてしまいますよね。

ここで大事なことは丁寧な仕事をして、その丁寧な仕事からどの様なことを学ぶのかという事も考えると、より出世をするのではないかと思います。

3.必要とされる存在になる

窓際族と聞くとどうしても必要とされてないと思う人達が多く、そのままの通りになってしまうということが多いですよね。

ここで大事なのは必要とされる存在になり、窓際族から脱するというような事も大事になるのではないかと思います。

必要とされる存在になるという事は、周りからも頼りにされる存在になるという事です。

基本的にこの様な人というのは、どんな仕事でも真剣に取り組んだりしていることで、周りから評価をされて頼られるのではないかと思うのです。

頼りにされる

頼りにされるととても良い気持ちになりますよね。

どんな人でもそうですが、頼りにされることで、また頑張ろうというような気持ちにもなったりするので、自分のモチベーションの向上にも繋がるのではないかと思います。

頼りにされるという事は、同僚からではなく上司からも注目をされているという事です。

頼りにされる人になり、是非窓際族にならないようにしてみてはいかがでしょうか?

4.周囲をあてにしない

窓際族の人というのは基本的に周囲をあてにしてしまう傾向が高いです。

なので予め周囲をあてにしないように行動をすることで、自分の仕事は自分でしっかりとするというような考えをすることができるのではないかと思います。

5.常に先をイメージする

常に先をイメージするというような対処法もあるでしょう。

これは今ではなく、将来の自分自身を想像するというような事が大事になります。

将来の自分はこの様になっているというようなことを想像して取り組むことで、より目の前の仕事が捗るのではないかと思います。

何年後の自分

何年後の自分かとうのを想像した際に、多くの人がこうなって欲しいというような願望を望むことがあるのではないかと思います。

その願望というのは実は強く願うことでその通りにもなったりするので、ポジティブな考えで仕事をすると良いかもしれません。

6.メンターを見つける

メンターというようなものはご存知でしょうか?

簡単に言えば指導をしてくれる人のことをメンターと言います。

このメンターを見つけるかどうかで今後、会社での成長の仕方も変わってくるのではないかと思うのです。

特にメンターというのは基本的にその会社によっては教えてくれる人がいないというような状況にもなることが多いかもしれません。

なので、良い人物を見つけてアドバイスをもらうようにすることが大切になるのではないかと思います。

【メンターを見つけるには、こちらの記事もチェック!】

アドバイスをもらう

アドバイスをもらうというような事は自分自身を成長させるためにはとても必須な事と言えるのではないかと思います。

特にアドバイスをもらって成長できるというような人は、どんどん上へと登ることができるのではないかと思うのです。

基本的にこの様な人達というのはポジティブであるからこそ、どんどん成長をすることができるような人達が多いので、メンターを見つけてアドバイスを貰うというような事もあるのではないかと思います。

積極的に行動しよう

いかがでしたか?

窓際族にならないためには様々なことをしないといけない、と思うかもしれません。

ですが、目の前にある仕事をするというような事や、どんな事でも前向きに捉えるようなポジティブさ、積極的な行動をすることで、どんどん自分自身を成長させることができるのではないかと思います。

特に自分自身を今伸ばしたいというような人達は、メンターを見つけることをオススメします。

どうしても自分の力だけでは伸びないというような事も多いのではないかと思うので、ちゃんとアドバイスをくれるというような人を探すことで、自分自身を伸ばすことができるのではないかと思います。

窓際族の人だと思うような人達も、先ずはその環境を変えてみてはいかがでしょうか?

積極的に行動をすることで、今までの自分と変わることができるのではないかと思います。

そして何より出世をすることができれば一番嬉しいですよね。

どんな人でも努力をすることで出世などをしたりすることができるので、その事を忘れないようにしてください!