CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

男慣れしてない女性はモテる?モテない?4個の特徴と男の本音8選!


男の人と仲良くしたいけれど、これまでに男性とかかわる機会が少なかったり、または男性に対してなんらかの恐怖症を感じているとなかなかそのようにできないですよね。

しかし、この世の中には女性同士と同じように、男性と仲良くすることのできる女性もいます。

そんな女性たちのことを世間一般では“男慣れしている女性”という表現であらわすんですね。

では、反対に男の人と仲良くできない、会話をしようとしてもたったそれだけでも緊張してしまう…というような女性は、“男慣れしていない女性”ということができます。

もしかしたら、あなた自身が男慣れしていなくて、困り果てているのかも知れません。

「こんなぎこちない自分とは一緒にいても楽しくないだろうな」「お付き合いしても、男慣れしている女性のようによい関係を作ることができないかもしれない」なんて感じていることでしょう。

そのような悩みを抱えていると、さらに男性に対してなかなか「近寄ることができないですし、コミュニケーションをとる機会があったとしてもなかなかそのチャンスをいかすことができないでしょう。

しかし、本当に男性たちは“男慣れしている女性”を好むのでしょうか?

この記事では、男慣れしていない女性のことを男性たちはどのように感じているのかをご紹介しています!

また、それだけではなく男慣れしていない女性はどのような特徴を持っているのか、男慣れしていない女性に対してネガティブなイメージを抱いている方からみたその理由などもお伝えしています。

この記事を読めば、男慣れしていない自分に自信をもつことができるはずです!

その自信はあなたが男性とコミュニケーションをとる際に背中を押してくれることでしょう。

男慣れしていない女性の4個の特徴

この記事を読んでくださってくれているということは、おそらくあなたやあなたの身近にいる人が“男慣れしていない”ような女性なのでしょう。

とはいえ、「君って男慣れしていないよね」なんていわれても、どんな人のことをいっているのか、どんな人を男慣れしていない人ということができるのかなんて、なかなかピンとこないはずです。

そのような“男慣れしていない”というのがどのような特徴を持っている人のことをいっているのかを知らなければ、男性がどうして男慣れしていない女性を好むのか、また逆に男慣れしていない女性のことを嫌ってしまうのかの理由を理解することができないでしょう。

ということで、まずはここで男慣れしていない女性の特徴を大きく4つ見ていきましょう。

もしも、すべての項目にあなたの特徴や性格があてはまるのであれば、あなたは男慣れしていない女性の仲間のひとりかもしれません。

基本的に男性任せ

男性慣れしていない女性というのは、男性と一緒に過ごした経験があまりないために、男性と一緒の時間を過ごす際にどのようなことをしたらいいのか、どのようにふるまえばいいのかがわかりません。

それに女性によって、どのように相手に自分の気持ちを伝えたらいいのかもわかっていないので、基本的になんでもかんでも男性任せになってしまいます。

女性としては、「もっとこうしたい」とか「これはいやだな」という主観的な意見をしっかりもっているけれども、それを伝えるすべをしらないんですね。

男性慣れしている女性であれば、「女性に対して話すのと同じように話せばいいじゃない!」なんて軽く考えるし、そのように行動することができるのですが、男性慣れしていない女性はそれさえもできないのです。

誰もが当たり前に感じているような感覚を持っていないんですね。

自分の意見を伝えない

さきほどもお伝えしましたが、男性に対して自分の意見を伝えることができません。

いいですか?ポイントとなっているのは“男性だけ”というところ。

つまり、女友達を目の前にしていれば、自分の意見をしっかりと伝えることができる人がほとんどなんです。

そのため、周りの女性からは「男性の前では猫をかぶっている」なんて悪い印象を持たれていることも。

しかし、男性慣れしていない女性というのは、狙っているというわけではなく“素”で男性に自分の意見を伝えることができないんです。

男性からしてみれば、何でも自分の思い通りに何事でも進めることができるのでやりやすい相手と思われていることも。

男性が言う事に賛成する


自分の意見を相手に伝えていないだけで、心の奥底では意見を持っている男性なれしていない女性。

そのようなタイプの女性は、自分の意見を伝えることができないので相手の意見に賛成するしかありません。

男性としては、「何でも受け入れてくれる」と思い、その女性に対しては良い印象を持つものです。

とはいえ、やはりいつでもどこでもどんなに小さなことでも男性のいうことに賛成をしてしまうので、たまに人によっては「八方美人」なんて思われてしまっていることも。

会話が続かない

男性慣れしていない女性は、男性とどのようにして関係を持てばいいのかわかりません。

何を話せばいいのか、どのようにして話しかければいいのか、またどのような話題を出せばいいのかなんて想像すらできないんです。

そのため、どうしても会話が続きません。

女性としては、「こんなことを話せばいいかな」なんて、あらかじめどのようなことを話せばいいのかをリサーチして、脳内でシュミレーションをしていることもありますが、男性を目の前にしてしまうと―たとえ、その男性が好きな人ではなくなんとも思っていない人でも―そんなこと無駄になってしまいます。

自分から話題の提供が出来ない

自分から会話の話題の提供をすることができないので、必然的に相手が話題に出したことをメインにして話すようになります。

先ほどもお伝えしましたが、“男性”という枠組みだけで緊張してしまい、人間とは別の生き物として認識しているところがあるので、どうしても自分からの話題の提供ができません。

話題を提供したとしても「おかしいと思われるんじゃないかな」なんておもだけではなく、そもそもどのタイミングでこの話題を相手に話したらいいのか?なんていう、会話の基本的なところに気づいていないことも。

相手からの質問に答えるだけ

会話が続かない・・なんていう状況は、男性慣れしていない女性だけではなく、その女性と一緒の時間を共有している男性もちょっと息苦しいものです。

そのため、会話を続かせるために男性側は質問攻めにするでしょう。

男性慣れしている女性であれば、その相手からの質問に答えて、反対に相手に同じ質問をしたり、そのひとつの回答から派生した話題を振ることができます。

ページトップ