CoCoSiA(ココシア)

夫婦喧嘩ばかりで疲れた…...(続き2)

あなただけが得をする話ではなく、夫婦2人が円満に過ごせる方法を最優先するよう結論を出していきましょう。

4.1人の時間をつくる

ときには、1人の時間を作ることも大切です。

これまで、家族とべったり過ごしてきた人や、自分の時間を確保できず苦しい思いをしてきた人は、家族や身内にお願いして、1人の時間を作るようにしてください。

1人の時間が入らないと言う人もいるかもしれません。

また1人の時間が確保することが難しいと言う人もいるかもしれません。

しかし、1人の時間を作ることであなたがやりたいことや、楽しみなど作っておく必要があります。

その1人の時間のために耐えられることもあるのです。

その1人の時間がないためにあなたの心をそぎ落とすことや、何かを犠牲にしてしまうこともあります。

あなたの心が豊かになることで、周りを幸せにすることができるのです。

趣味の時間などをお互いに持つ

これまで趣味など自分の時間に使う時間を確保できなかった人は、1人の時間を確保するようにしてください。

お互いに趣味などの時間を持つことでリフレッシュすることができます。

また、顔合わせは喧嘩の夫婦にとってはより趣味の時間に費やすことで、ストレス発散になるだけでなく1人で考える時間も増えますので却って喧嘩が減ることもあります。

しかし、お金のかかる趣味や時間のかかる趣味であれば、当然喧嘩の原因になってしまいます。

自分のお小遣いの範囲内でできる趣味や、時間等を確保しお互いストレスにならない程度の趣味を満喫し楽しむようにしてください。

それができなければ、夫婦の喧嘩の原因になることを忘れないでくださいね。

5.素直になる

これまで自分の気持ちをうまく伝えられなかったり、プライドが高すぎることで素直になれない場合、相手の気持ちを思い素直になることをおすすめします。

素直になる事は、あなたが思うほど大変ではありません。

プライドを高く持ち、意地を張っている方がよっぽどイライラしたり、苦しい気持ちが強いことだと思います。

素直になり自分の心の内を話すことで、意外にスッキリしたり案外相手もすんなり受け入れてくれる場合もあります。

腹を割って自分の気持ちを素直に話し、相手がどこまであなたの気持ちに詰め寄ってくれるか確認するのもいいですね。

夫婦2人ならきっと力を合わせ良い方向に進んでいけることだと思います。

これまで、素直になることができなかった人は、ぜひ素直になれる努力から始めてみましょう。

気持ちを察してほしいという考えをやめる

「これぐらい分かってよ!」なんて言う気持ちはやめておきましょう。

相手に気持ちを察して欲しいなど、求めてしまうことで自分が苦しくなってしまいます。

「相手には、きちんと言わなきゃわからない」位の気持ちでいなければ、あなた自身が苦しくなってしまいます。

気持ちを察して欲しいと思えば思うほど、相手があなたの気持ちに気づかないことにイライラしてしまうことがあります。

しかし、相手は何が原因でイライラしているのか、何が原因で怒っているのか全く理解ができていません。

気持ちをさしてほしいと言う考えはやめて、あなたの気持ちを素直に伝えてみてはいかがでしょうか?しかし、素直に伝えるといっても感情的になる事はおすすめできません。

冷静になり、素直に話せるよう心がけましょう。

手伝ってほしいことや辛い気持ちはまっすぐ伝える

何かを手伝って欲しい時は、辛い気持ちの時などわかりやすくストレートに伝えることをお勧めします。

この場合も、わかりやすくストレートに伝えるといっても、感情的になることをやめときましょう。

またきつい言い方や当たり散らすような言い方もおすすめできません。

自分が今思っていると思うことを、さりげなく相手に伝えてみて、相手が理解していないようであればどのようにしてほしいのか細かく伝えてみるのはいかがでしょうか?

このように、段階を踏んで伝えていくことで、相手も少しずつ理解してくれるのではないでしょうか?

手伝って欲しいことや辛い気持ちはあなたの中に溜め込み、気づいてほしいと思う気持ちやさしてほしいと言う気持ちでいるのではなくあなたの言葉にして、相手に伝わりやすく伝えてみてはいかがでしょうか?

6.コミュニケーションを普段からたくさんとる

喧嘩になる原因の1つに、コミュニケーション不足が考えられます。

コミニケーションがうまく取れてないことですれ違いの原因になったり、またお互いに勘違いしてしまう原因になることもあります。

コミニケーションを普段からたくさん取ることで、ちょっとしたすれ違いもすぐに修復できたり、また喧嘩をする時間も短く済ませることができます。

このように、コミニケーションを普段からたくさん取ることで、夫婦仲が良くなるだけでなく、家族自体も明るく温かい気持ちになるのかもしれません。

これを機に、旦那さんや奥さんと楽しい会話を増やしたり、夫婦2人の時間を作るなど楽しいコミニュケーションを考えてみるのもいいですね。

挨拶やテレビのことなど何気ない会話を忘れない

普段から、「おはよう」や「おやすみ」の挨拶などすることはもちろん、テレビを見てお互いに笑やったり、テレビのことで何気ない会話を忘れないようにしてください。

人の悪口や愚痴、マイナスな感情になりやすい話はできるだけ避けるようにしてください。

挨拶やテレビや、日常で起きた面白かったこと、また楽しいことなど会話に盛り込むことで、夫婦2人のコミニケーションも取ることができそうです。