「喧嘩するほど仲がいい」という言葉があります。

この言葉は、友人同士でも使われますが、両想いの人やカップルにも当てはまります。

喧嘩をしたら互いの関係が悪くなってしまうのでは・・と思われがちですが、実は喧嘩をするカップルほど長続きすることが多いのです。

なぜ喧嘩をするカップルほど仲良くなれるのでしょうか?

喧嘩がカップルに必要な理由や、喧嘩の時にやってはいけないNG行動などについてご紹介します!

カップルは喧嘩するほど仲が良い?!

喧嘩は、お互いの意見の食い違いや、価値観の相違などから起こります。

例えば神経質な人とものぐさな人とでは、お互いに性格がまったく違いますので、それぞれの考え方がぶつかると喧嘩になります。

一方は脱いだものはすぐに洗濯機に入れなくても、その日の内にやればいいと考えていますが、もう一方は脱いだらすぐに洗濯機に入れるべきだと考えているため、当然意見は食い違います。

そして互いに自分の主張を曲げなければ、必然的に喧嘩になってしまうでしょう。

また、互いに意見が食い違っていても、どちらかが自分の主張を下げて相手に合わせることができれば、喧嘩にまで発展することはないでしょう。

自分の意見を相手にも分かってもらおうとしたり、自分の意見を相手に押し付けたりすることで喧嘩になってしまいます。

意見のぶつかり合いは関係の悪化を招くこともありますが、大抵は喧嘩をすることで互いの価値観や考え方を理解し合えるため、結果的にこれまでよりも仲良くなれることが多いです。

だからこそ、「喧嘩するほど仲が良い」という言葉も生まれたのでしょう。

喧嘩しないカップルなんて、カップルじゃない!

喧嘩は互いを怒鳴り合ったり罵り合ったりと、あまり良いイメージを抱かない人は多いでしょう。

確かにどんどん喧嘩がヒートアップしてくると、互いに気持ちがカッとなり、つい物に当たってしまったり、乱暴な言動になってしまったりすることがあります。

しかし喧嘩の時にこそ、お互いの本性が垣間見えるものです。

また、喧嘩をすることで互いの価値観や考え方をしっかりと理解することができます。

普段は猫を被って相手に合わせている人も、頭に血が上ると自分の考えを勢いのままに口に出すことが多いです。

しかしそれによって、お互いに心の内を曝け出して理解し合うことができますので、仲直りの後にはこれまで以上の強い絆を確かめ合うこともできるでしょう。

喧嘩をしなければ相手の本質を見ることはできませんので、カップルが長く付き合っていきたいのなら、最低でも一度は喧嘩をする必要があるでしょう。

喧嘩してすぐに関係が壊れるのは、本当に互いを大事にしていないから

喧嘩をしても、相手のことを本当に大事に思っていれば、必ず仲直りをすることができます。

一時は感情的になって、酷いことを言ってしまっても、時間が経てば「言い過ぎてしまった」と反省して、きちんと謝罪をするでしょう。

喧嘩をしても互いに謝り合うことが出来るのなら、何度喧嘩をしてもその後は関係を修復することができます。

しかし一方で、喧嘩をするとすぐに関係が壊れてしまうカップルもいます。

喧嘩が原因で別れてしまうカップルの場合は、本当にお互いのことを大事にしていないことが多いです。

喧嘩では一方的に自分の意見や主張だけをぶつけて、相手の意見を真っ向から否定します。

その考えは喧嘩が収まっても変わることはないため、何度も同じようなことが原因で喧嘩になってしまいますし、互いに歩み寄ろうという気持ちがないからこそ、関係も壊れてしまうでしょう。

喧嘩をした時に、相手の意見や価値観を理解しようとしない人は、誰と付き合ってもたいして長続きはしないでしょう。

派手な喧嘩をして別れるか、ひたすらに我慢してきた相手にある日突然別れを告げられてしまうか、そのどちらかでしょう。

喧嘩をするのは相性が悪いからではない

喧嘩をするカップルは、相性が悪いと誤解されやすいです。

けれども相性の問題で喧嘩になるというわけではありません。

人にはそれぞれ個性があり、価値観や考え方も一人ひとり違っています。

そのため、自分の意見と相手の意見とが食い違えば、当然喧嘩になります。

それは特定のカップルだけに当てはまることではありません。

誰もが自分の個性を持っていますので、誰と誰が付き合ったところで、喧嘩をすることはあるでしょう。

価値観や考え方の違いによって喧嘩になるのはごく普通のことですので、相性はそこまで関係していないことが多いです。

カップルによっては確かに相性の悪さから別れてしまうこともありますが、喧嘩をしたからといってそれがすなわち相性が悪いということではないのです。

みんなどれくらいの頻度で喧嘩している?

あなたはどのくらいの頻度で恋人と喧嘩をしていますか?

争い事が嫌いな人や、相手に上手に合わせることが出来る人は、元々喧嘩になりそうな雰囲気を察したらそれを避ける傾向があります。

そのため穏便なカップルであれば、喧嘩は滅多にないでしょう。

一方で元々お互いの我が強いタイプのカップルでは、頻繁にお互いの主張がぶつかり合って喧嘩になります。

一ヶ月に一度程度のカップルもいれば、一週間に一度の頻度で喧嘩をするカップルもいるでしょう。

喧嘩はそれなりに体力を使いますので、喧嘩の多いカップルほどパワフルで活発なことが多いです。

一ヶ月に一度程度であればまだいいですが、毎日のように喧嘩をしているカップルの場合には、ちょっと頻度が多過ぎるかもしれません。

毎日のように意見がぶつかり合っているということですので、そこまで頻繁だと嫌になってしまうこともあります。

あまり喧嘩が多過ぎるカップルの場合は、少しは相手に譲るなど、穏便に行動することを考えた方がお互いのためでしょう。

あまりに喧嘩が多いと、相性が悪いと判断して別れてしまうこともあります。

▼【関連記事】喧嘩の理由や仲直りする方法はこちらを先にチェック!
カップルの喧嘩でありがちな10個の理由と仲直りする方法 →

喧嘩がカップルに必要な5個の理由

喧嘩では、お互いに傷つくことを言い合ったり、心が疲れてしまったりすることがあります。

また、カップルの性格によっては、たった一度の大きな喧嘩が原因で、別れに至ってしまうこともあるでしょう。

そのため、喧嘩に対してはあまり良くないイメージを抱く人も多いです。

しかし喧嘩そのものは、カップルが今以上にお互いの絆を深めるためには必要なものです。

何故喧嘩がカップルにとって必要なものなのでしょうか?以下にその理由を挙げていきます。

相手のいろいろな面が見えてくるから


喧嘩をすると、相手のいろいろな面が見えてきます。

普段は好きな人の前ですので、男性ならばかっこつけていい顔をしますし、女性ならば可愛らしい姿を見せようとするでしょう。

恋人の前では誰しもいい面だけを見せようとしますので、普段は相手の悪い部分や合わない部分を見る機会が少ないでしょう。

しかしそれが喧嘩になると、お互いの本性がむき出しになります。

普段は優しい彼氏が乱暴な言動をしたり、おしとやかな彼女が荒々しい口調になったりします。

喧嘩をすることで相手の本性が露になり、それが原因で恋人に対して幻滅してしまうこともあるでしょう。

けれどもそれはお互い様ですので、自分だけが相手に幻滅するということはありません。

相手のいい面しか見えていなかったため、悪い面を見た時にそれを受け入れることができなければ、遅かれ早かれ別れることになるでしょう。

しかし相手の嫌な一面を見ても、それも含めて相手のことを好きだと思えれば、何度喧嘩をしても関係を長続きさせることができるでしょう。

喧嘩をしないとずっと猫を被った状態

喧嘩をしなければ、カップルはお互いにずっと猫を被った状態になります。

好きな相手に自分のいいところだけを見せようと思うのは誰しも当然の考えですが、いつもいつも猫を被った生活をしているのは疲れてしまいます。

時々会ってデートをするだけの関係ならばまだしも、同棲したり結婚したりすれば、いずれは必ず自分の本性が恋人に露見してしまうでしょう。

隠し事は期間が長ければ、それだけ本性を知った時には相手はショックを受けてしまいます。

そのため、何年も喧嘩をしてこなかったカップルが、結婚してから起きたたった一度の大きな喧嘩が原因で離婚してしまうこともあります。

そうなるくらいならば、普段から喧嘩をしておいた方が、関係は安定して長続きするでしょう。

本当に好きだからこそ喧嘩になる


喧嘩とはそもそも、本当に相手のことを好きだからこそ起きるものです。

たいして好きでもない、自分が興味もない相手には、自分のことを知ってもらいたいとも、理解してもらいたいとも思わないでしょう。

カップルの場合、恋人のことを本当に好きだからこそ、自分の気持ちを相手に理解してもらいたいと強く思うものです。

そして、自分の意見や価値観を相手にぶつけることで、相手に自分自身を受け入れてもらおうとします。

お互いにそうした気持ちがあるからこそ、喧嘩が起きてしまうのでしょう。

気持ちがなければ喧嘩せずに別れるだけ

喧嘩は、カップルがお互いに自分のことを理解してもらおうとした結果起こります。

自分が何に対して、どのように感じているのかを相手に理解してほしいと思い、その気持ちを相手に伝えます。

しかし、相手も同じように自分の気持ちを相手に理解して欲しいと主張するため、お互いの主張がぶつかり合って喧嘩になってしまいます。

喧嘩になった時に、どちらかが冷静になって相手の主張を聞き、それに理解を示した上で自分の主張も伝えると、軽い口喧嘩程度で済ませることができるでしょう。

けれども相手に理解を示すよりも先に、「自分を理解して欲しい」という気持ちが先走ってしまうカップルでは、なかなか相手が自分を理解してくれないことで感情がヒートアップしてしまい、喧嘩も激しくなってしまうことがあります。

しかしお互いに愛情があれば、結果的に仲直りをして相互理解を深めることができるでしょう。

一方で最初からお互いに気持ちがなければ、喧嘩にもならずに別れてしまうか、一方的な主張のし合いで収集が付かずに、やはり別れてしまうことになるでしょう。

互いにストレスや不満が溜まらない

喧嘩はお互いの考えや価値観の違いから起こります。

例えば好きなものを最後に食べようととっておいた彼女に対し、好きなものを最初に食べるタイプの彼氏は、それが彼女の嫌いな食べ物だと勘違いをして、横から取って食べてしまったとします。

すると当然喧嘩になり、彼女は怒るでしょう。

けれども彼氏の中では「好きなものは最初に食べる」という考えが普通であり、常識になっていますので、彼女の怒りを理解することができません。

そのため口喧嘩から喧嘩がヒートアップしてしまいますが、そこでお互いに自分の主張をぶつけ合うことができれば、最終的には彼氏が自分の価値観を伝えながらも、彼女に対して「ごめんね」と素直に謝ることができるでしょう。

例え喧嘩になっても、お互いに意見をぶつけ合えれば結果的には言いたいことを相手にすべて伝えられますので、ストレスや不満が溜まることはないでしょう。

恋人にいい顔をして、何も言わずに不満だけを心に溜め込み続けていると、それはいつか必ず爆発して決定的な別れの原因となってしまうでしょう。

ストレスは恋愛に大敵

ストレスは恋愛の大敵です。

日々生活をしていればそれだけでストレスは溜まりますので、お互いの気持ちを理解し合えなければ当然ストレスはどんどん溜まっていってしまいます。

しかしそれを、定期的に喧嘩で発散させることで、一時的に険悪な関係になっても、愛情があればまた仲直りをすることができるでしょう。

それをせずに溜め込み続けてしまっていると、何かのきっかけでストレスが爆発してしまい、相手がろくに理解できないまま別れることになってしまいます。

喧嘩の中にこそ愛情が見える

喧嘩とは、そもそもお互いのことを大切に思う気持ちがなければ起こらないものです。

自己中心的な人や、我が強い人はしばしば周りの人と対立することがありますが、そこに互いを思いやる気持ちが少しもなければ、相手の言い分を理解したいとは思わずに、喧嘩もそこそこで終わってしまうでしょう。

我が強い人の相手をするのが面倒になって、呆れてさっさと相手をするのを止めてしまったり、それ以上関わりに合いにならないようにしたりするでしょう。

相手のことを特別に大切に思っていなければ、大抵はそこまで大喧嘩になることなく終わります。

けれどもカップルの喧嘩の場合、相手を大切に思っているからこそ、自分の気持ちを理解してもらいたいと強く思います。

それがつい乱暴な言葉遣いや行動に表れてしまうことがあるのでしょう。

激しい喧嘩をしている時にこそ、その中にお互いへの愛情を感じることができます。

好きだからこそ相手の悪い部分を叱りますし、自分を理解して欲しいからこそ口調も荒々しくなってしまいます。

普段は淡白な恋人が、喧嘩の時に熱くなることで、恋人からの自分に対する気持ちを感じられることもあるでしょう。

より良い関係性について考えるきっかけになる

喧嘩をすることで、お互いに考え方や価値観が違うことが明らかになります。

どんなに好きな相手であっても、「自分とは違うんだな」と気付ければ、そこからはどうやってお互いのずれている認識を同じにしようかと考えるようになります。

つまり喧嘩は、お互いのより良い関係性について考えるきっかけになっています。

お互いの違いをぶつけ合うからこそ、そこから2人で納得できる関係を築こうと努力することができます。

そして相互理解が深まってくれば、より関係は長続きしますし、結婚してからも安心して生活を送ることができるでしょう。

喧嘩の時にやってはいけないNG言動

喧嘩になると、つい感情がヒートアップして心にもないことを言ってしまいがちです。

よく「人が感情的になっている時に口から出る言葉こそが、その人にとっての本音だ」とする考え方がありますが、それは半分正解で、半分は間違っています。

確かにカッとなっている時には、普段から心の中で思っていたことをつい勢いで口に出してしまうことがあるでしょう。

だらしがない、時間にルーズ、自己中心的などの、相手に対して不快に感じていることが、喧嘩をきっかけにして表に出てしまうことはあります。

その場合にはむしろ、普段我慢していたことを口に出しますので、後で仲直りさえできれば気持ちがスッキリするでしょう。

しかし普段から相手に対して思ってもいないことを、勢いで口にしてしまうこともあります。

その場合は、喧嘩で怒りや憎しみの感情が込み上げてきたために、普段は思ってもいないのに意識して相手を傷つけようと、咄嗟に思い浮かんだ相手への悪口を口にしてしまいます。

それも、日頃から相手がコンプレックスに感じていることを、喧嘩の時にはあえて口にしてしまうことがあるでしょう。

例えば恋人が母子家庭なのを気にしていたら、喧嘩の勢いで「これだから母子家庭育ちは」と酷い言葉を吐いてしまうことがあります。

それはコンプレックスを抱える相手にとっては、これ以上ないほどに効果的に相手の心を傷つけることになるでしょう。

本心からでなく相手を悪く言ってしまった時には、誤解を解くのがとにかく大変です。

仲直りにも時間がかかりますし、最悪破局を迎えてしまいます。

このように、喧嘩にもNG言動があります。

以下に挙げていくNG行動は、どれだけ感情的になっていてもやらないように十分注意しましょう。

感情的になり過ぎない

喧嘩の時には、誰もがついカッとなってしまいます。

お互いの意見の食い違いや価値観の相違が、「どうして分かってくれないのか」と怒りの感情になり、頭に血が上ってしまいます。

感情的になると冷静な判断がつかなくなり、言い争っているとますますそれがヒートアップして、終いには喧嘩の内容とはまったく関係のないところにまで話が飛躍することもよくあります。

例えば、今日のゴミ出しはどちらだったかで喧嘩になった時に、冷静になればお互いに約束をした時のことを思い出したり、これまでのゴミ出しの順番を思い出したりして、解決策を見つけ出そうとするでしょう。

しかし、そこで感情的になってしまうと、「そもそも性格がだらしない」だの「言ったことをすぐに忘れる」だのと、喧嘩の論点とはどんどんずれた方向へと喧嘩が進んでしまいます。

そうなるともう最初の喧嘩の原因はただのきっかけでしかなく、後はお互いに日頃から溜まっている不満や鬱憤を晴らすまで喧嘩は収まらないでしょう。

たっぷりと時間をかけてお互いに言いたいことをすべて出し切れば、落ち着いた時には気持ちがいくらかスッキリしていますし、またお互いに言い過ぎたと素直に謝罪をすることもできるでしょう。

しかし、口論が中途半端な状態で終わってしまった時には、不満がムカムカと収まらないままですので、一日中機嫌が悪かったり、暫く口を利かなくなったりと余計に悪化してしまうこともあります。

喧嘩ではつい感情的になってしまいますが、それでも心のどこかに必ず冷静さを残しておきましょう。

絶対に暴力はダメ

喧嘩になると頭に血が上ってしまい、冷静な思考ができなくなってしまいます。

すると口よりも先に手が出るタイプの人は、カッとなった衝動のままに相手に暴力を振るってしまうことがあります。

一度相手に手を挙げて、それで我に返るのならばまだしも、一旦火がつくと止められなくなり、気が済むまで相手に暴力を振るってしまうという人もなかにはいます。

例え恋人や配偶者であっても、暴力を振るうことは絶対にいけませんし、立派な傷害罪になります。

普段は優しい人ほどストレスを溜めることが多いため、いざ頭に血が上ると衝動的に暴力を振るってしまうという人もいるでしょう。

普段とのギャップが大きいと、殴られた方が「自分が怒らせた」「普段は優しい」と相手を庇って暴力を正当化してしまうこともあります。

そうなると周りの誰かが手を差し伸べない限りは、DVの状態は続いてしまうでしょう。

どんな理由があっても、暴力は絶対にダメです。

彼氏から彼女へも、彼女から彼氏へも乱暴な行為は絶対にしないように気をつけましょう。

もし、自分が恋人に対して衝動的に殴ってしまいそうだと感じたら、喧嘩になりそうな気配を察した時にすぐに冷静になるように努めましょう。

もしくは、その場から離れて、恋人と距離を置き電話越しなどで喧嘩するようにしましょう。

手が届かない場所にいれば暴力を振るうことはできませんので、そこから徐々に暴力癖を直す努力をしていきましょう。

次の日まで持ち越さない

喧嘩をしたら、その日の内にきちんと仲直りをしましょう。

喧嘩をした時には頭に血が上っていても、時間の経過と共に徐々に気持ちが冷静になっていきます。

「自分も悪かったなぁ」と思ったタイミングで、直ぐに恋人に謝罪をすれば、謝罪をされた方も気持ちが折れやすくなり、仲直りをすることができるでしょう。

しかし、あまりに時間が経ち過ぎてしまうと、今度は妙な意地が生まれてしまいます。

そして「向こうから謝るまでは絶対に許さない」という考えになってしまうと、相手が何も言ってこなければそのままずるずると喧嘩は長引いてしまうでしょう。

最悪の場合、そのまま喧嘩別れになってしまうことも十分に考えられます。

また、いつも喧嘩で譲ってもらっていた人の場合、どんなに大きな喧嘩をしても、いつものように相手から謝ってくるまで待とうとすることがあります。

ですが、相手がその喧嘩をきっかけにして心底こちらに愛想を尽かしてしまったら、謝るまでもなく別れを告げられてしまうでしょう。

いつも折れてもらっているからといって、今度の喧嘩でも同じように相手から謝ってくれるものと思い込んでいる人は、その甘い考えは今直ぐに捨てましょう。

あなたの恋人は、何があってもいつまでも側にいてくれる存在というわけではないのです。

自分から手放してしまわないように、意地を張らずに自分からもきちんと謝罪をしましょう。

喧嘩をした時は、できるだけ一日が経過しない内に仲直りするように努めましょう。

カップルが喧嘩をする原因とは?

カップルによって、さまざまな理由で喧嘩をします。

浮気という大きな裏切り行為で喧嘩をすることもあれば、メールやLINEの返信が遅くなった程度のことで喧嘩をすることもあります。

喧嘩の内容は、カップルの性格によって違ってきます。

元々穏やかな性格のカップルなら、普段はほとんど喧嘩をしないでしょう。

その代わり、たった一度でも大きな喧嘩をすれば、それがそのまま別れに直結してしまうことがあります。

一方で、短気な性格のカップルでは、いつも喧嘩が絶えないかもしれません。

カップルによってさまざまな喧嘩がありますが、一般的にはどのような原因で喧嘩になることが多いのでしょうか?以下に例を挙げていきます。

自分勝手な言動をされた時

誰でも自分勝手な言動をされれば嫌な気持ちになりますよね。

相手が恋人なら、「自分の気持ちを分かってくれるはず」「分かって欲しい」といった甘えの感情から、つい自分勝手に恋人に対して振舞ってしまうことがあります。

自分は異性のいる飲み会に参加するのに、恋人が同じような飲み会に参加するのはダメだと言ったり、自分が休みの時に恋人が忙しくても会いたいと無理を言ったりと、恋人だからこそ出てしまう我が儘や自分勝手な言動を、当の恋人が不快に感じていたとしたら、それは喧嘩になってしまっても仕方がないでしょう。

喧嘩をすることで反省ができればいいですが、喧嘩をしても自分勝手な言動が直らない場合には、愛想を尽かされて別れることになるでしょう。

約束を守らなかった時

恋人が約束を守ってくれなかった時、きっと誰でも「恋人に裏切られた」と感じるでしょう。

一日で最低一回は連絡を取り合うことや、誰かと出かける時には報告することなど、カップルによってさまざまな約束事があります。

お互いに同意して約束したのなら、それが例えどんな内容であっても約束として守るべきです。

しかしさまざまな理由によって片方がその約束を破った時に、約束を破られた方は酷く傷つき、ショックを受けることでしょう。

恋人が約束を守ってくれないということは、自分のことも大切に思っていないことも同意だと考える人は多いです。

そのため、どんなにささいな約束事であっても、片方がそれを守らなければ喧嘩になってしまうことがあります。

嫉妬した時

嫉妬の感情は、喧嘩の感情と似ています。

感情的に怒りや憎しみが込み上げてきて、「可愛さ余って憎さ100倍」の心情になります。

そのため当然のように、嫉妬の感情から喧嘩に発展することは多いです。

片思いをしている時には、自分の好きな人に他の異性が近づけば、自然と嫉妬の感情が生まれます。

けれども相手は自分のものではないため、嫉妬してもその感情の行き場がなく、彷徨ってしまうでしょう。

一方で、恋人の場合には、すでに「自分のもの」だという意識がありますので、嫉妬すれば当然その矛先は恋人へと向かいます。

そして自分が感じた不快な感情を相手にぶつけることで、自分がどれだけ嫉妬で苦しんだかを分かってもらおうとするでしょう。

しかしその嫉妬が、他の異性と話をしただけなどの何でもないことの場合には、嫉妬心をぶつけられた方は理不尽に感じて恋人の怒りに納得できずに、お互いに喧嘩になってしまうでしょう。

価値観が合わない

人の性格は十人十色ですので、価値観の合う、合わないで揉めることがあります。

自分が好きなものを恋人は嫌いなこともありますし、その反対もあります。

そこでもしも、自分が嫌いなものを相手が好きな時に、その気持ちを理解はできなくても相手を否定することをしなければ、価値観の合わない恋人同士でも上手くやっていくことはできるでしょう。

けれども自分の価値観と違っている恋人の価値観を否定してしまう人は、それが原因で喧嘩になることが多いです。

【相手の価値観を受け入れるには、こちらの記事もチェック!】

浮気をした

浮気は恋人への最大の裏切り行為です。

「浮気は男の甲斐性だ」や「蝶は蜜を求めてあちこちの花を移動するものだ」などの言い分は、すべて浮気をした側の自己を正当化するための言い訳でしかありません。

付き合う時に「自分は浮気をする」と宣言をして同意の上で交際をスタートさせたならばまだしも、そうでないのなら、どんな理由があろうとも浮気をした時点で恋人の心を深く傷つけて、裏切ったことには変わりないのです。

そのため浮気が原因で喧嘩になるのはもちろん、そのまま破局を迎えることもあるでしょう。

まとめ

喧嘩をすることで、お互いの意見をぶつけ合います。

その後で無事に仲直りができるなら、その喧嘩はお互いのことをより深く知ることができた、いいきっかけとなるでしょう。

喧嘩はお互いの本性を知るためにも必要なことです。

しかしだからといって、喧嘩ばかりしていては、お互いを愛する気持ちまでいつしか憎悪や嫌悪感に変わっていってしまいます。

喧嘩そのものは必要なことですが、あまり頻繁に喧嘩になり過ぎないように気をつけましょう。

お互いに気を遣い合い、大切にし合った上で、どうしても理解し合えないところは喧嘩で意見をぶつけ合うのが、理想的なカップルの姿かもしれません。