口喧嘩になると、どうしても勝てない相手っていますよね。

喧嘩の原因が相手にあったとしても、口喧嘩になるといつも負けてしまう・・・。

そんな人の場合、誰と口喧嘩をしても強気で勝ちにいくことが多いでしょう。

口喧嘩は感情的に怒る人ほどするイメージがありますが、実は感情的になると口喧嘩にはなかなか勝てません。

口喧嘩で強い人は、勢いよく怒っているように見えて、頭では冷静な気持ちを保っていることの方が多いのです。

そんな口喧嘩に強い人の特徴や、自分が口喧嘩で勝つ方法についてご紹介します!

口喧嘩が強い人の6個の特徴

口喧嘩が強い人には、いくつかの共通する特徴が見られます。

あなたの周りでも比較的口喧嘩が強い人をじっと観察してみると、その特徴がよく分かるかもしれません。

口喧嘩が強い人は、自分に自信を持っていることが多いです。

いかにも自信満々な態度をとっている人もいれば、自己主張はそこまでしなくても、心の中ではぶれずに自分に自信を持っている人もいます。

また、柔軟な性格よりは、頑固な性格をしていることの方が多いです。

柔軟な性格の人は、相手の意見を受け入れたり、喧嘩にならないように話題の矛先を変えたりしますので、そもそも口喧嘩になることがあまりありません。

一方で頑固な性格をしている人は、他人の意見に自分が合わせることをしないため、相手と衝突して頻繁に口喧嘩になります。

そんないかにもといった性格をしている人もいれば、普段は大人しいのに口喧嘩になると意外と強い人もいます。

では、どんな特徴の人が口喧嘩に強いのでしょうか?以下にその特徴を挙げていきます。

論理的に話す


口喧嘩はとても感情的に見えて、その実頭が冷静でなければ決して相手に勝つことは出来ません。

言い合いになった時には大抵お互いが激しく自己主張をしますが、感情的になっていると相手からの「何でそうなるの!」「何の根拠があってそう思うわけ!?」などの「なぜ」の質問に咄嗟に答えることが出来ません。

カッカしていて、とても冷静に頭を働かせることが出来ないからです。

その結果「とにかくそっちが悪い!」「何でもいいだろう!」などの子どもじみた説得力のない返しになってしまい、徐々に自分が相手に押されているのを感じることでしょう。

口喧嘩に強い人というのは、カッとなっているように見えて実際にはとても論理的に話をしています。

「そっちがこういうことをしたからこんなことになって、その結果自分がこんな目に遭って怒っているのだ」と自分が怒っている理由を実につらつらと淀みなく話します。

その内容にも大まかな筋が通っているため、こちらが感情的になっていると相手の言葉の細かな矛盾点にまで気付くことが出来ません。

その結果口喧嘩で相手に言いくるめられてしまうことも多く、口喧嘩で負けた方は悔しさに物に当たったり力に頼ったりすることになるのです。

【論理的に話すためのテクニックは、こちらの記事もチェック!】

反発する隙の無い話し方をする

口喧嘩に強い人は、こちらに反発する隙を一切与えずに流暢に自分の意見をたたみかけてきます。

「でも」や「だって」と反発しようとすると、さらにその言葉をとらえて「でもじゃない」や「だってなんて言い訳をするな」とより語気を強めます。

しつこく同じ内容を繰り返して怒ってくることがあっても、「さっきから同じことを何度言えば気が済むんだ」と口を挟む隙すらも与えません。

そうなると相手が矛盾したことを口にしていても、こちらがそれを指摘することも出来ないため、口喧嘩で劣勢な方はだんだんと自分が言い返す気力がなくなり、最後には相手の独壇場で口喧嘩は終わりを迎えることになるでしょう。

よく、「怒ると何を言っても無駄」な人がいますが、ただ感情的になって怒鳴っているだけの人であれば、「はいはい」と黙って聞き流していればその内気が済んで怒りも収まるでしょう。

しかし口喧嘩の強い人の場合は、なまじ頭が冷静な分もこちらの反応もいちいちうかがいながら怒ってきます。

適当な態度で聞いていれば直ぐにそれを指摘されてさらに怒る時間が長くなってしまうでしょう。

そして一方的な口喧嘩が終わる頃にはぐったりとして、今後は同じ相手との口喧嘩は避けようと思うことになるのです。

相手の方が正しいという錯覚に陥る

口喧嘩で強い人は、相手よりも自分の方が正しいという錯覚に陥っていることも多いです。

そもそも他人同士なのですから意見は違っていて当たり前ですし、お互いにお互いの主張があります。

どちらの意見も柔軟に取り入れながら冷静な話し合いをするのが理想的な形と言えるでしょう。

しかし、直ぐに口喧嘩になる人の場合、頭で「自分の方が正しい」と思い込んでいますので、自分の意見や常識を相手にも押し付けようとします。

自分の方が正しいと思うことは、すなわち相手は間違っているのだと思うことですので、相手の意見は最初から聞く気にもならず、ただ自分がいかに正しいのかを一方的に相手に伝えようとするでしょう。

口喧嘩が強い人はそれを論理的に話してきます。

あまり長々と相手の主張を聞いていると、その自信満々な言動から次第に「相手の意見の方が正しいのかも・・・」と錯覚してくることさえあります。

しかしその意見が必ずしも正しいとは限りませんので、やはり口喧嘩は「言ったもん勝ち」な部分が強いでしょう。

声が大きい

口喧嘩をすると、誰でも普段より声が大きくなります。

しかし、口喧嘩に強い人は、相手の大声をさらに自分の大声でかき消してきますので、その大声に思わず威勢を失ってしまう人は意外に多いです。

元々争いごとが苦手な人や気弱な人は、怒っている時には頑張って普段以上に大声を出そうとしますが、相手の大声が自分よりも大きいと、それで気が小さくなってしまうことが多いです。

誰でも大きな声を出されると、自分が威圧されていると感じ、委縮してしまいやすいです。

気が強い人は負けじと自分も大声を出しますが、そうでない人は大抵その声の大きさに圧されてしまいます。

口喧嘩をしていたらいつの間にか自分は何も言えなくなっていたり、段々と自分の主張が尻すぼみになってしまったりします。

するとそれを見た相手はより一層自分の主張をまくし立てますので、その時点で形勢は決まってしまうでしょう。

声が大きいことは自信の表れでもありますので、自分に自信がある人ほど大きな声ではっきりと物事を口にします。

堂々と主張されることによって、例えその意見が実際には間違っていたとしても、何となく正しいように思えてしまうため、口喧嘩で負けてしまうことになるのです。

滑舌が良い

滑舌が良いと、それだけハッキリと言葉が聞きとれますので、滑舌の良い人は普段の会話では話の内容がとても聞き取りやすく好まれます。

しかしそれも、口喧嘩になると途端に威勢や威圧感が増しますので、滑舌が良い人は口喧嘩では勝ちやすいです。

滑舌が悪いといくら論理的に訴えようとしても、相手が話を聞きとってくれないため、言っていることが通じなくて相手には効果がなくなってしまいます。

滑舌が良ければそれだけしっかりと相手にこちらの主張を聞かせることができますし、威勢も増してより口喧嘩では有利になるでしょう。

知識が豊富

口喧嘩と知識の有無は無関係のように思えて、実際には深く関係しています。

知識がたくさんあれば、口喧嘩の時にも話す内容が豊富ですので、息つく間もなく次々と言葉が頭に浮かんできて、相手を勢いで負かすことができます。

また、表現のバリエーションやボキャブラリーも豊富ですので、相手に何を言われても直ぐに言い返すことができるでしょう。

一方で、知識が少ない人はそれだけ言葉のボキャブラリーも少ないため、ちょっと口喧嘩をすると直ぐに言葉が尽きてしまって、相手を言い負かすことが出来なくなってしまいます。

すると最終的には「自分がこう思うんだからこうだ!」「いいから言う事を聞け!」などと、まったく何の根拠も説得力もない言葉しか言えなくなってしまい、それを何度も繰り返すたびにどんどん自分を劣勢に追い込んでいってしまうでしょう。

よく子ども同士の喧嘩で「馬鹿!」「阿呆!」「間抜け!」などと単純な悪口だけを言い合うことがあります。

知識が少ない人も徐々に単純で同じような言葉しか言えなくなってくるため、傍から見れば一方はまるで子どものように思えてしまうでしょう。

難しい言葉を多用する

難しい言葉というのは、時にそれだけで説得力を生むことがあります。

例えば相手がでたらめなことを言ってきた時に、「そんな嘘くさい話信じられるか!」と言うよりも、「そんな荒唐無稽な話はあり得ない」と返した方がいかにもこちらの方が優勢な印象を出すことが出来ます。

またもしも相手が荒唐無稽の意味を知らなければ、相手は「こうとうむけいってなんだ?」と一瞬思考が停止しますので、口喧嘩の勢いも弱まるでしょう。

よく口喧嘩の際に、あれこれと口達者な人に対して相手が「ベラベラと煩くて小賢しい」と一喝して相手の話を止めさせようとします。

これは実際には口達者な人の方が優勢で、相手がその人の話にとてもついていけないため、無理矢理に相手の言葉を止めさせようとしたり、面倒臭がったりして口喧嘩を止めようとしたりするのです。

口喧嘩では、先に言葉が尽きたり、切り上げた方が負けです。

「口喧嘩なんてみっともない」と大人の対応を見せようとして話を切り上げようとする人もいます。

それまでいくらか言い合っていた時点で十分に大人げないため、それは単に「自分が言い負かされて悔し紛れに大人の対応のふりをして逃げる」ことでしかないでしょう。

本当に大人の対応をする人は、そもそも軽い口喧嘩になることもないのですから。

経験値が豊富

知識と同様に、経験値が豊富な人も口喧嘩では強いです。

同じ物事に対して意見が対立した時に、ただの予想で「これはこうだ」と主張する人と、「自分は何度もやってきているからこそ分かるんだ」と主張する人とでは、後者の方が明らかに説得力に勝っているでしょう。

もちろん経験値があるからと言って、必ずしもそれがいつも正しいというわけではありませんが、同じ物事でも知らない人よりは知っている人の方が遥かに説得力も信頼性もあるでしょう。

紙の上での計算が出来る人であっても、実際の経験を積んだ人には及ばないように、経験したことがない人の発言よりも経験したことのある人の発言の方が、言葉にも重みがあり、また口喧嘩でも有利に立ちやすいのです。

実体験に基づいた話には太刀打ちできない

例えば何人かでキャンプに出かけて、あちこち探索することになったとします。

その際にちょっと危なそうな場所に行こうかという話になった時、一人はノリノリで皆で行こうと言い出し、また一人は「危ないから万一に備えて何人かはここに残ったほうがいい」と反論します。

ノリノリで探索しようとしていた人は、「怖いのか?」「皆で行けば何かあっても大丈夫だ」と言い張ります。

もう一人は「前に似たようなことをして危ない目に遭ったことがある」や「前は残っていたメンバーが助けてくれた」などとさらに反論します。

この2人の口喧嘩をもしあなたがその場で聞いていたなら、全員での探索を反対する人のことを、臆病者だと思いますか?

恐らく経験者の言葉を聞いて、全員で探索することに一抹の不安を覚えることでしょう。

そして、そのような不安を覚える人はその場に少なからずいるでしょうから、好奇心が強い人たちはそのまま探索に向かい、また不安を覚えた人たちはその場に残ることでしょう。

このように、ノリや勢いで発言する人よりも、自らの経験値を根拠として主張する人の方が言葉に重みや説得力があります。

集団の中で口喧嘩になった時にも自分に軍配が上がりやすいです。

それほど実体験に基づいた話には、勢いだけでは太刀打ちできないのです。

自分大好きで、自分の考えは絶対だと信じている


口喧嘩では、自信満々で堂々としている人ほど勝ちやすいです。

自分に自信がある人は自分のことが大好きですので、自分で自分を傷つけたり、落ち込ませたりすることはしません。

よくも悪くも自分のことが一番大切で、かつ周りの人の意見よりも自分の意見の方が正しいと信じていますので、それを堂々と他人にも求めようとします。

この手のタイプの人は、例え論理的に口喧嘩が出来なくても、その場のノリと勢いだけで大抵の口喧嘩には勝つことが出来るでしょう。

ただし論理的な話が出来る人や知識・経験値が豊富な人と口喧嘩になった時には勝率は低いです。

偏見が多い

自分に自信がある人にとっては、自分の意思や考えは絶対のものです。

そしてそれを他人に対しても同じように求めるため、偏見が多いこともあります。

例えば自分の中でリンゴはウサギ型に切って食べるのが常識だと思っていれば、すりおろして食べるという人に出会うと、「あり得ない」「おかしい、普通じゃない」と自分の意見を押し付け相手のやり方を否定します。

どんなに相手が「人それぞれで食べ方が違うのだから否定することはおかしい。」と反論したとしても、自分の中での意見の方が正しいため、本来は正解の答えに対しても耳を貸そうとしないことが多いです。

こうなってしまうと自分で経験をしてみない限りは、その意見を曲げることはないでしょう。

根拠も論理性もなければ単なる意地っ張りになってしまいますので、口喧嘩をしていた相手は呆れかえってしまって、馬鹿馬鹿しさから身を引くこともあるでしょう。

しかしそれを、「自分が言い負かしてやった!」と思うため、ますます自信がついていってしまいます。

口喧嘩が強くなるための方法を考えよう!

口喧嘩に強い人には、単に勢いや思い込み、自信が強い人もいれば、論理的で知識や経験値の豊富さから相手に主張を譲らないという人もいます。

口喧嘩の強さにもレベルがありますが、やはり最も口喧嘩が強い人の特徴は、感情に流されることなく論理的な口喧嘩を延々と続けられることでしょう。

大人になるほど口喧嘩をする機会は減りますが、もしも誰かと口喧嘩になり、どうしても自分の主張が譲れないことがあった時には、負けてしまうよりは自分の主要を通せるようにしておいた方がいいでしょう。

口喧嘩が弱い自覚がある人は、なぜ自分は口喧嘩が弱いのか、強くなることはできないかとこの機会に一度よく考えてみましょう。

口喧嘩は悪いイメージが強いですが、それは「喧嘩」という言葉がついているからであって、実際にはやや強めの口論です。

口喧嘩はする機会が少なくても、口論や意見の交換をする機会はあるでしょうから、やはり苦手だからと嫌煙せずに、一度よく考えてみるようにしましょう。

口喧嘩にトラウマがある人は多い

口喧嘩が苦手、嫌いだという人は、口喧嘩に対してトラウマがあることが多いです。

例えば子どもの頃に両親がいつも口喧嘩をしていたり、兄弟や友人と口喧嘩をすることがあり、そこで言い負かされてばかりだったり。

そのように、口喧嘩で負けることが多かった人や、それによって何らかの恐怖心や嫌悪感を抱くことがあった人は、それがトラウマになって口喧嘩が苦手になってしまっていることが多いです。

自分が苦手だし嫌いだから(もしくは怖いから)、口喧嘩になりそうになるとそれを避けようとしたり、直ぐに相手に言い負かされてしまったりするのでしょう。

自分が口喧嘩が苦手、または弱い自覚がある人は、その原因となる出来事があったかどうかを一度思い出してみましょう。

殴り合いの喧嘩より口喧嘩をするべき

喧嘩と聞くと、殴り合いや取っ組み合いの喧嘩を想像することが多いでしょう。

感情的になりやすい人は、口よりも先に手が出てしまうことが多いため、直接喧嘩の相手を殴ったり、または物に当たったりすることが多いでしょう。

しかし、物に当たれば壊れた物や穴の開いた壁を見る度に自分の短慮を思い出すことになりますし、また壊してしまった後で後悔する羽目になります。

人を殴った場合にも相手を傷つけたという事実はいつまでも残りますし、殴った自分の手も怪我をしてしまうかもしれません。

拳や物による喧嘩は最も低レベルで後悔が残りやすく、またいい歳をしてからも同じことをしていると、必ず自分が痛い目を見ることになってしまうでしょう。

さらに暴力を振るうことで、自分がどれだけ短慮で浅はかなのかを周りに露見することにもなります。

力で周りを支配しようとする人は、自分が強い、すごいのだと思い込んでいます。

ですが、実際には周りは恐れているのではなく、内心では冷ややかにその相手を見下していることも多いのです。

殴り合いの喧嘩は正に百害あって一利なしです。

何も得られるものはありませんし、殴り合うことでスッキリすることはあっても、相手も同じようにスッキリしているとは限りません。

一方の口喧嘩は、方法自体は平和的ですので、場所さえ弁えれば誰にも迷惑をかけることはありませんし、お互いに痛い思いをすることもありません。

片方が論理的な意見で諭せば、言い合いをしていた相手も自分の考えの誤りに気付くことが出来るかもしれません。

また、口喧嘩の末にお互いに認識や理解を得られることもありますので、殴り合いの喧嘩よりも口喧嘩の方がよほど為になるでしょう。

口喧嘩が勃発する状況とは?

口喧嘩はどのような状況で勃発するのでしょうか?

そもそも口喧嘩とは、互いの意見が食い違うことで生じますので、非常にさまざまな場面で見られます。

例えばランチにどこに食べに行くかで口喧嘩で揉めることもあるでしょう。

片方は和食が食べたいといい、もう片方は洋食が食べたいと言います。

賢い人はどちらも同時に食べられるお店を提案しますが、互いに譲り合おう、妥協し合おうという気持ちがなければ空腹のイライラも手伝って口喧嘩が収まることはないでしょう。

それならばお互いに別々の店で食べればいいですが、もしも共に行動しなければならない状況下では、このような口喧嘩は起こりやすいでしょう。

また、例えば仕事でミスがあった時にも、ミスの責任は誰にあるかで口喧嘩になることがあります。

大人しく自分にミスがあったかもしれないと反省する人同士であれば揉めることはありませんが、互いに「自分は悪くない」と思っている場合には、互いに責任の擦り付け合いで口喧嘩になることがあるでしょう。

相手が自分の言い分を理解できない

口喧嘩は、互いの意見の食い違いで起こります。

自分からすれば、相手が自分の言い分を理解出来ないために口喧嘩に発展しますが、それは相手からしても同じでしょう。

どちらも相手の言い分を理解出来ないため口論となりますし、価値観が違えばそれだけ揉めることもあります。

どちらか一方が相手の主張を聞き、「そういう意見もあるのか」と納得出来るのであれば口喧嘩は収束します。

しかし、どちらも相手の主張を跳ねのけ、自分の主張のみを通そうとする場合には口喧嘩はさらに激しくなっていくでしょう。

口喧嘩をすると人間関係に亀裂が入りやすい

口喧嘩は例え始まりは些細なことであっても、ヒートアップすれば取り返しがつかなくなることもあります。

口喧嘩の末に友情が壊れたり、恋人同士が破局したり、夫婦が離婚したりすることもあるのです。

仲たがいの原因はいつだって口論や喧嘩からです。

互いの意見や主張を理解しようという気持ちがない限り、相手のことを大切には出来ませんので、それだけ人間関係にも亀裂が入りやすくなります。

口喧嘩が酷くなって人間関係に亀裂が入った場合、そのまま袂を分かつこともあれば、トラブルを乗り越えてより一層互いの絆が深まることもあります。

どんなに仲の良い友達同士であっても、時には口喧嘩で揉めることがあります。

その際には互いに暫く関わりを避けることもありますが、距離や時間を置き自分の頭を冷やした後で、やっぱりその友達が自分にとって必要な存在だと思えば、どちらからともなく謝罪をし、今まで以上に親しくなることが出来るでしょう。

一方で、口喧嘩から冷却期間を経た後でも、やはり自分は間違っていない、相手が悪いとお互いに思っているのなら、上辺だけ仲直りをしたところで直ぐにまたトラブルになりますので、次第に疎遠になってしまうこともあるでしょう。

口喧嘩に勝つ方法

単なる勢いだけでなく口喧嘩で勝てるようになれば、口論になった時や互いに意見をぶつけ合うような場面でも、相手の意見を抑えて自分が勝ちやすくなるでしょう。

勢いや声の大きさだけで相手を圧そうとすると、単なる口喧嘩であれば通用しても、冷静な議論のような場面では周囲からみっともなく映ってしまいます。

また説得力も何もないため、誰も自分の意見には賛同してくれないでしょう。

一方で冷静さを保ったまま口喧嘩が出来るようになれば、相手を言葉だけで言い負かすことが出来るようになりますし、論理的な話し方は周りの賛同も得やすいでしょう。

どうすれば口喧嘩で今よりも相手に勝ちやすくなるのか、その方法を以下にご紹介していきます。

カッと熱くならないで冷静に追い詰める

口喧嘩では、カッとなった方が負けです。

感情的になってしまうということは、頭で冷静に言葉を考えたり、話の筋道を組み立てたりすることが出来なくなってしまいます。

感情のままに放つ言葉はどんな人であってもとても幼稚で暴力的です。

相手の容姿や立場を貶めるような発言をしたり、相手の尊厳そのものを傷つけようとしたりしますので、誰が聞いても批判的なイメージとして受け止めるでしょう。

また、感情的になって出た咄嗟の一言は、それがその人の本心だと思われてしまいますので、品格を疑われてしまうことにもなるでしょう。

口喧嘩になると思った時点で、一旦気持ちを落ち着けて、冷静さを取り戻すようにしましょう。

頭が冷静になれば、相手が剥きになるほどにどんどんこちらは冷静になれますので、論理的に相手を落ち詰めていくようにしましょう。

論理的に口喧嘩が出来れば、周りから見た時にはどちらが有利か一目瞭然ですし、周りの賛同も得やすくなるでしょう。

相手を挑発して怒りに火を点けさせよう

口喧嘩で相手も冷静さを失わないようにしている時には、わざと相手を挑発して火を点けさせてしまいましょう。

一度火が点いてしまえば口喧嘩のペースを自分が掴むことが出来ますので、有利に持っていけるでしょう。

冷静な相手の怒りに火を点けるには、相手のプライドを傷つけるような発言をするのが最も効果的です。

例えば仕事のやり方に自信を持っている相手なら、「お前の仕事のやり方は非効率的だ」などと仕事のやり方にケチをつければ、相手はカチンときて感情的になりやすいでしょう。

また、容姿を気にしている相手の場合、直接相手の容姿を貶めることは言わずに、間接的に攻めましょう。

例えば「ダイエットしてるって言うわりには努力してないじゃないか」など、遠回しに相手の発言や自信を煽るようなことを言えば、ほとんどの相手は剥きになって挑発に乗ってくるでしょう。

ただしもしも相手の方が一枚上手だった場合には、反対にこちらが挑発に乗ってしまい、相手のペースに乗せられてしまうこともありますので注意が必要です。

無表情で攻めよう

口喧嘩では、大声や威嚇するような顔つきが効果的なこともありますが、声や顔つきに頼る人の場合、大抵は話す言葉の内容が乏しいでしょう。

そのため、単に迫力任せで口喧嘩に挑んでも、冷静で論理的な相手には勝てません。

むしろポーカーやババ抜きをしている時のように、無表情のポーカーフェイスを装うことで、相手を翻弄し、口喧嘩では勝ちやすくなるでしょう。

怒りがじわじわと相手に伝わる

無表情で淡々と口喧嘩をし続けていると、表面上は物静かでもその内側からじわじわと相手に怒りが伝わっていきます。

それは威勢よく口喧嘩をしている相手からすれば、不気味で末恐ろしくなるような感覚に思えるでしょう。

ヒートアップし過ぎている人の場合、そんな静かな怒りにも気づかないことがあります。

ですが、自分の主張や意見がすべて尽きてしまった時には必ず一瞬頭が冷える瞬間がありますので、その時にこちらの怒りを相手に伝えることが出来るでしょう。

まとめ

口喧嘩は、基本的にはしないに限ります。

何事にも柔軟に対応出来れば余計なトラブルにはなりませんし、それで自分がストレスを感じることもないでしょう。

しかし、誰でも時には譲れないもので誰かと意見が食い違うこともあるでしょう。

それが自分にとってどうしても譲れないという大事なものであればあるほど、時として相手と口喧嘩に発展してしまうこともあります。

「絶対にこれだけは譲れない」という気持ちを相手に伝えるためにも、口喧嘩になった時には決して冷静さを失わずに論理的にこちらの意見を主張していきましょう。