彼女と喧嘩してしまった!そんな体験をしてしまったと言う方は結構多くいらっしゃると思います。

ついふとしかことがきっかけでいざこざを起こしてしまうなど苦い経験をお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ、あの時あんなことを言ってしまったのか?後から後悔することが多いですよね。

しかし、喧嘩するにも、そのことに原因があったのです。

つまり、しっかり原因を探れば、喧嘩を起こさないことができるし、もしくは起こしてしまっても解決することができるのです。

おそらく、喧嘩しては仲直り、喧嘩しては仲直りの繰り返しをしてきた方も多くいらっしゃると思います。

でも、そんな負の連鎖からは本日でおさらばしましょう。

今回こちらの記事では、彼女との喧嘩でありがちな原因とその解決方法をいろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、なるべく衝突を避けるようにしましょう。

付き合っていれば必ず喧嘩はするもの

付き合っていればお互いのことが見えてくるので、意見の不一致や相手の気に食わない部分などが見えてしまうことがあります。

そのため、衝突し喧嘩をしてしまうのです。

最初いいなと思っても、付き合いが浅いと相手の内面までは見ることができないので、これは仕方がありません。

無理に相手を改正させようとしても、相手はなかなか変わりませんよ。

そして、いつしかお互いの価値観の押し付け合いになってしまっていることもしばしばあります。

これでは良くありません。

また、最近では草食男子が増えていることから、喧嘩を避けようと無理に相手をしないようにする男性もいらっしゃいます。

しかし、お互いの距離を縮めるためにも喧嘩は時として必要になってくることもあります。

問題は起きた時にどう対処するかです。

喧嘩をして相手を知っていく

喧嘩をすることで相手のことを良く知ることができると言いますが、これは本当です。

ほとんどは、喧嘩をしている時に人間は感情を高ぶらせてしまうので、内面にひそめている本音をさらけ出してしまうのです。

つまり、喧嘩をすることで相手の考えを少しはわかるし、相手のこれまでになかった一面を見ることができるのです。

要は喧嘩は起きてしまえば仕方がないのですが、起きてしまった後の処理をしっかりしないといけないのです。

ここをしっかりしないといつまでも経ってもネチネチしたままになってしまうのです。

最も立ちが悪いのは、喧嘩を売っておいてネチネチしている人です。

このような人は自分勝手そのものと言えますね。

喧嘩はよくありませんが、しっかり処理すれば良いことにも繋がります。

彼女との喧嘩の原因10選

それでは彼女と喧嘩になってしまう原因についてここからは説明していきたいと思います。

大きくピックアップして10選ありますので、ぜひ、じっくりお読みになって理解していただけたらと思います。

何度も言いますが、喧嘩は起こさない方が良いのですが、起きてしまったら仕方がないのです。

しかし、しっかり後処理を行えば、お互いのことを深く理解できるので、後処理をしっかり行えるような心持ちでいることが大切です。

そのためにも、喧嘩が起きてしまう原因をしっかり把握することです。

よく、彼女との喧嘩でありがちなのが、何度も同じような理由で喧嘩をしてしまうことです。

つまり、お互いになぜ喧嘩をしたかを理解していないので、再び同じような理由で喧嘩してしまうのです。

そうなってしまっては負の連鎖と同じです。

ぜひ、後処理をしっかり行えるようにしましょう。

意見の食い違い

最も喧嘩をしてしまう理由に上げられるのが意見の食い違いです。

こうなるとお互いに価値観の押し付け合いになってしまうので、どちらかが引かないとなかなか解決ができません。

最近では、草食系男子が増えていることからもわかるように男性が引く割合が多くなってきています。

しかし、意見の食い違いは少なからず起きてしまうのです。

なぜなら十人十色です。

みんながみんな同じと言うことはないのです。

なら、食い違いが起きた時にどうすれば良いのかと言いますと、相手を受け入れられるどうかです。

要は、意見の食い違いが起きたときこそ、あなたの器が試されている時なのです。

反対意見をいかにして合に持っていくか、中世の哲学者であるヘーゲルが唱えてた弁証法です。

もしかしたら反対意見を聞くことで、何かのチャンスになるかもしれませんよ。

一番多い喧嘩の原因

意見の食い違いは喧嘩の原因で一番多い理由とも言われています。

それはなぜかと言いますと、人間は唯一、動物の中で意志を持って生まれた存在なのです。

つまり、意見の不一致が起きるのが当然のことなのです。

最近では、保守的な人が増えてきているために、上の人の意見を聞いて一心同体のような感じになるのがベストだと思っている方も結構多くいますが、コピー人間を作っても意味がありません。

また、自分に従順な従業員は下手をすれば、これから世に出てくるであろうAI(人工知能)が代わりになってしまう可能性があります。

つまり、意見の不一致こそ、お互いに成長できるチャンスでもあるのです。

あの人は言うことを聞かないと言った感じに見るのではなく、このような考えを持っているのだと言う感じに尊重することが大切です。

連絡の頻度の考え方の違いから

意見の食い違いがあるのだから、お互いにとって考え方にも違いがあります。

特に顕著になってくるのが連絡を取り合う頻度です。

ある人にとっては毎日取りあうのが当たり前だと思っていても、ある人にとっては気が向いた時など、人によって連絡の頻度に差があります。

つまり、自分としては毎日連絡を取らないと気が済まないと言った感じになっていても、相手は違うと言ったケースがあり、見え方によってはうざいと思われてしまうこともあります。

これは自分の価値観を押し付けたことが原因で起きてしまうのです。

最近ではさびしがり屋や心配性の人が多いのが、毎日ならぬ毎時間と言った方もいるので、意外とストレスになっている方もいらっしゃるそうですよ。

相手はあなたのものではありません。

頻繁に連絡しなくても信じ合える同士なら心配ないのではないでしょうか。

お互いに歩み寄ることが大事

お互いにストレスのない連絡を取り合う頻度はと言いますと、これが結構難しいです。

まず相手の価値観を知らないといけない。

また、なおかつどちらの価値観に合わせるかでも衝突してしまう危険性があるのです。

では、どうすれば良いのかと言いますと、まず価値観を押しつける時点で相手を自分の物と見ている危険性があります。

相手はものではありません。

あなたと同じ意志を持った人間です。

まずは相手を尊重することが大切です。

相手を尊重できないと話になりません。

毎日連絡がほしい!なんて思うのはあなたのエゴでしかありません。

相手に合わせろと言っているのではありません。

相手はこのような人だと言うことを認識し、自分の考えとどうすれば合うのかをしっかり模索することが大切です。

LINEを既読無視したから

最近ではすっかりメールや電話に変わる連絡手段になっているLINEですが、相手が読んだかどうかがすぐにわかってしまう機能も付いているので、読んで無視する既読スルーなどを喰らうと溜まった物ではありませんね。

結構なストレスになるようです。

特に心配性の相手からするとよからぬことまで想像してしまうので、喧嘩もよりエスカレートした物になってしまう危険性もあります。

最近では既読スルーにさせない裏技などもあるなどいろいろと対策を打っているようですが、それでも相手を不快にさせていることに変わりません。

特に緊急を要することを既読スルーされると相手にとってはこの上ないストレスになってしまいます。

特にその返信を待つ時間がどれだけもったいないことか…。

このように軽い気持ちで無視をしても相手はどうおもっているのかわかりませんよ。

相手の事情を考えないと喧嘩になる

最近では簡単に使用されるようになった既読スルーですが、よくよく考えれば結構失礼な行為に当たっているということに気づくべきです。

スルーすることで、相手がどれだけ不快に感じているかわかるのが難しい世の中になっています。

特にビジネスなどの観点からは返信がないことで、仕事がもらえるもらえないと言ったことにも陥ってしまう危険性もあるので、軽い気持ちで既読スルーをするのはよしましょう。

これは、彼女との付き合いでも言えることで1回の既読スルーで、相手を不快にさせただけでなく、ストレスを与えたり、嫌な思いをさせたりなど、感情をエスカレートさせてしまう危険性があるので、注意が必要です。

はっきり言えば、相手からの意見や質問を無視しているのと同じ行為なので、無視するのはよしましょう。

価値観の違い

主に喧嘩の原因になってしまう事柄のほとんどの根底にあるのがこの価値観です。

価値観はお互いに持っている物が違います。

それゆえにその違いから衝突になってしまうことがあるのです。

たちが悪いとお互いの価値観を押し付けるだけになって解決の糸口が見えなくなってしまうこともあります。

このように価値観が原因になるケースが多いです。

しかし、これは相手を自分の物と見てしまっていることがそもそもの問題であって、相手の存在を尊重することができれば自分の価値観を押し付けることをしなくてもいいのです。

これからは集団では個人の時代とも言われています。

故に個人を大切にしないと生きていけない時代になって行くのです。

つまりは相手の個性などをしっかり尊重しないと、逆にあなただけが取り残されてしまう危険性があるので注意しましょう。

親しき仲にも礼儀あり

お互いに仲が良いと思っていても、相手を自分の物のようにあつかってはいけません。

相手は人間です。

しっかり意志があるのです。

すなわち、本当に仲が良いのであれば、お互いに意見をしっかり言い合える仲であるのが一番です。

最近では「友人だろ」とか言って相手をこき使う人は多いのですが、これは良くありません。

そんなの友人でも知人でもありません。

そのような人と一緒にいてもかえってあなたの成長を遅らせるだけです。

親しき仲にも礼儀ありと言う言葉があるように親しい仲だからこそ、礼を持って接しないといけないのです。

親しいと相手から好かれたいという気持ちは違いますよ。

それこそ相手の価値観をしっかり把握してこそ親しい仲だと言えますので、そこはしっかり尊重し合いましょう。

どちらかの嫉妬


とあることをきっかけにどちらかが相手に嫉妬してしまうと大変なことになります。

嫉妬は一度持つとなかなかぬぐい去ることができません。

なるべく相手に嫉妬させないようにすることが大切です。

そのためには変に自分のプライドを高く持つことを辞めましょう。

また、変に自分ができる人間と見せることで相手からは羨ましがられるのと同時に憎まれてしまう危険性もあるので、気をつけましょう。

要は自分にない物を持っていてそれを自慢してくる姿がすごく嫌だと思う人が多いのです。

ただ、嫉妬すると言うことは裏を返せば、あなたに興味があるという意味でもあります。

つまり、嫉妬された時にいかにうまく相手をなだめるか落ち着かせるかが今後のカギとなるのではないかと言えます。

勘違いで起こることもある

とはいえ嫉妬が起こるケースはいっぱいあります。

特に厄介なのが勘違いで起こるケースです。

彼女といない時に別の女性に会ったりして勘違いさせたりすることが多く、勘違いほど誤解を解くのが大変です。

とはいえそんな勘違いでも嫉妬するということはそれだけあなたに興味や関心があるという表れでもあります。

この場合はしっかりあとのケアをすることが大切です。

そこを上手くすれば素晴らしい関係になれる可能性が高いです。

そのためにもしっかり勘違いされてしまった原因について話すことです。

この時に価値観を押し付けてはいけません。

相手が聞きたいのは原因になった理由であり、あなたの価値観ではありません。

このような時に価値観が非常に邪魔になってしまうのです。

記念日を忘れた


結婚記念日、誕生日、出会った日など記念日はお互いにとって大切な日です。

それを忘れてしまうのは良くありません。

相手からしたら私に興味がないのと思われてしまっているようなものです。

これでは相手からの信頼も受けません。

記念日を忘れないためにもしっかり、手帳などにメモを残しておくべきです。

記念日を知っておくことで、ある意味相手にサプライズを起こすことができるなど、実は知っておくことで、あなたにも相当なメリットがありますよ。

忘れて喧嘩になるよりも覚えてて、忘れたふりをしてサプライズを起こす方が相手にはとんでもない倍返しになりますよ。

ぜひ、忘れずに覚えておくことが相手との関係性を長くできる秘訣でもあります。

女性は記念日を大切にしてほしい

では、なぜこんなにも記念日が大事かと言いますと、女性は記念日を凄く大切にしてしまう特徴があるのです。

ある意味、記念日=自分と思っているような感じですので、忘れてしまうと自分のことを無下に扱われているような気分になってしまうのです。

故に忘れてしまうのはある意味危険です。

関係性を壊してしまう最大の原因と言っても過言ではありません。

お誕生日や出会った日などの記念日はお互いにとっても、その人にとっても特別な数字であるので、それを忘れてしまうのは良くありません。

誰にだって特別な物はあるのです。

それが記念日ならなおさらですよね。

忘れずに覚えておくことが夫婦円満の秘訣とも言われています。

逆に忘れてしまうのは相手のことを考えていない証拠でもあります。

趣味に口出しされたから

相手の趣味に対していろいろと言うことは実は良くありません。

趣味はその人にとって快楽を味わえたり、気分をリフレッシュできるようなものなので、それをいろいろと言われるとはっきり言えば、自分を否定されているような錯覚に襲われてしまうのです。

つまり、相手の趣味を認めることが大切なのです。

それが相手を尊重することにも繋がります。

趣味はその人が生きてきた証でもあります。

ある意味、趣味のない人は何を喜びにしているのか疑問ですね。

そのように趣味を持っていることがどんなに素晴らしいことかということに気づくべきです。

つまりは、相手の趣味がたとえ自分にそぐわないものでも、しっかり認めないといけないのです。

自分に合わないという考えだけで生きていては一人よがりになってしまいますよ。

お互い1人の時間も大切にする

では、実際に趣味が全く合わないと言う時はどうしたらいいのかと言いますと、難しく考える必要はありません。

お互いに1人の時間を作ることが大切です。

要はその趣味に触れることが嫌ならお互いに趣味にふける時間を作って趣味を楽しめばいいのです。

趣味は嫌でも、相手を嫌いになることはありませんよね。

このようにすれば相手を傷つけることなく交流することができますよ。

また、いつもべったりよりかはお互いに自分の時間を作ることができる環境の方が、長く良い関係を保つことができると言えますよ。

相手の趣味を否定するのではなく、相手の趣味をどうすれば活かせるのか、どうすればお互いに傷つかずに済むのかなど、共生を意識していくことが大切です。

以前の恋人との比較

恋でなくても仕事でも起こることなのですが、人間を比較してしまうことです。

比較された方は結果がどうであっても良い気分はしません。

なぜなら、人間はそれぞれで意志を持っているので、相手と自分は違うのになぜ比較されないといけないのかと思ってしまうのです。

特に付き合っていて前の彼女と比較されるのは凄く嫌なのです。

例え良い評価を受けても良いとは考えられません。

今カノと元カノは全くの別人です。

それを比較してしまうと言うことはある意味同じものと考えているようなものです。

これは良くありません。

何度言いますように人間は唯一、動物で意志を持ったものです。

つまり、十人十色であり、誰ひとり同じということはありません。

昔とあるドラマで「人間はものさしで計れない」と言ったフレーズがあったように比較はできないのです。

お互いにいい気はしない

比較されてもお互いに良い気はしません。

前の彼女と比較すると言うことは、裏を返せばまだ未練が残っていると言うことの証です。

はっきり言えば、比較された方もたまったものではありません。

前の彼女との埋め合わせなのかと言った感じになってしまっているようなものです。

また、彼女から前の彼氏と比較されたらどんな気持ちになりますか?嫌ですよね。

このように誰だって比較されるのは嫌なのです。

比較されないために頑張ろうと思うのは良くありません。

そう思う時点であなたも比較しようと考えているのです。

人間は十人十色です。

一人一人違って当たり前です。

それを許せないでいるから心が狭くなってしまうのです。

特に意志を持った人間を見ると嫌だと思う人が多いです。

そのため、比較して意志を持たせないようにする人もいますが、そんなの良くありません。

少なくとも人間の比較は良くありません。

束縛が激しい

とにかく相手の行動がいちいち気になる人がいます。

所謂、束縛の激しい人ですが、このような人は一緒にいるだけでストレスを感じてしまう危険性が非常に大きいです。

これは典型的な相手を自分の物と見ている証拠です。

相手はあなたのものではありません。

相手は相手の物です。

故に相手の行動から何もかもを把握する必要はありません。

心配なのはわかりますが、お互いに信用しているのであればそんな心配は要りません。

つまり、束縛してしまう原因は相手を信用しきれていないと言うことです。

相手を信用、信頼さえしていれば何も問題はないのです。

信用、信頼できないのは、相手を物と思っているからです。

物は意志を持たないのでそう思ってしまうのですが、相手は人間です。

しっかり意志を持っているのです。

自由がないと感じる

束縛されると相手は既に監視されていると感じてしまい、自由がないと思ってしまい。

相当なストレスを感じてしまいます。

人間にとって自分の時間を持つことが大切になってきているのにそれを認めようとしないのは、時代遅れの象徴でもあります。

故にこれからはあれこれ束縛する人は時代に取り残されてしまう危険性がありますよ。

個人の時代になりつつあるので、個人を尊重することこそがこれからの時代に必要になってきます。

つまり、相手をピンからキリまで把握する必要はないのです。

相手が何をしていようと関係ない。

要はお互いに信用、信頼していれば問題ないのです。

束縛しても相手にとってもご自身にとっても意味はありませんよ。

大切なのは相手を尊重することです。

金銭トラブル

お金のトラブルは人との関係性を壊す一番の原因です。

特にお金にだらしない男性は女性から見ると頼りないように見えてしまいます。

なぜなら、女性が男性に求めるものの1位は収入だからです。

つまり、お金にきっちりしている人が女性の憧れになっているのです。

金銭トラブルが激しい人などは、彼女との喧嘩が絶えません。

また、お金にだらしないので、いつ自分のお金に手を出されるのかという恐怖心さえ抱いてしまうのです。

何もお金持ちがいいとか、貧乏がダメと言ったことではありません。

お金の使い方やお金に対する考えに注目しているのです。

お金持ちでもケチなら意味がありませんし、貧乏なのにやたらお金の無駄使いが激しいと言った感じの人がダメなのです。

お金は大切なものです。

金銭トラブルなどは避けましょう。

お金は人を変える

お金は人を変えるほど影響力の強いものです。

故に使い方や考え方をしっかり持たないと大変な目にあってしまうのです。

特に女性はお金に対してはシビアな考え方を持っているので、お金にだらしないと嫌な印象を生み出します。

よくお金を貸してと言ってくる人がいますが、この人はあなたを必要としているのではなく、お金を必要としているのです。

いかにもあなたしかいないという感じに寄ってくる人はいますが、そんなのはただの口実です。

お金が欲しかったら働くか、銀行などの金融機関に行って借りるのが一番です。

人間同士の貸し借りには決まりや制約がないので、トラブルになりやすいのです。

また、大金を手にすると減る恐怖を感じるのが嫌で使おうとしなくなるのです。

お金は持っていなくても問題ですが、持ちすぎても制御できないことが問題になってくることもあります。

故にしっかりお金に対して考えを持っていないといけないのです。

彼女と仲直りする6個の解決策

ここまでで彼女と喧嘩になってしまう原因を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

納得行くものもあれば、彼女だけに限らないものもあったと思います。

ここからはお待ちかねの喧嘩しても彼女と仲直りする方法を説明します。

どうぞ、じっくり聞いてくださいませ!

素直に謝る

一番の解決方法です。

シンプルですが、効果は絶大です。

ただの平謝りでは意味がありませんが、真剣に素直に謝ればたいていのことは許していただけるものです。

何でもかんでも男性から謝った方が円満になると言われていますので、素直に謝るようにしましょう。

喧嘩したらその日のうちに仲直りする

では、謝るタイミングはと言いますと、喧嘩したその日がベストです。

いつまでも謝らずにいると長引いてしまうことが多いですよ。

特に女性は長く尾を引くケースが多いので、男性から謝るのがベストです。

そのような男性がいる家庭は円満な所が多いですよ。

メールで謝る

この場合は直接謝るのが苦手な方はメールで謝ることをおススメします。

一昔前だと、謝罪などは面と向かってすべきだと言う考え方がありましたが、今では草食系男子が増えすぎたせいかメールで謝罪することもそんなに悪いことではなくなりました。

直接謝るのが苦手な人はメールで仲直りのきっかけづくりを

メールで謝って、仲が修復されたと言うことは良くありますが、これは現代ならではことです。

本来ならば面と向かって謝る方が効果は大きいのですが、草食系男子が増えたのと、自分の時間がなかなか持つことができないので、メールなどの間接的なことでも謝罪を受けるようになったのだと思います。

少し時間をおいて冷静になる

喧嘩をした後は興奮状態が残っているようなものです。

そんな時にあれこれ考えると余計に混乱してしまいます。

ここは一旦落ち着くことが大切です。

落ち着くことで狭かった視野が広がる可能性がありますので、まずは冷静になりましょう!

冷静になると些細なことに気づく

冷静になると今までに見えなかった部分が見えてくることもあります。

また、相手のことがより明確に見えてくることもありますので、後に関係性が良好になる場合が多いです。

興奮状態だと一直線しか見ていない危険性があるので、それでは先へ進めません。

ぜひ、冷静になりましょう。

自分が悪くなくても反省点があれば謝る

喧嘩をした原因が自分になくても少しでも自分に落ち度がある場合はこちらから謝った方が良いです。

相手はとにかく自分が悪くないと感じているので、その考えが変わるのを待っていても時間の無駄です。

無駄な時間を過ごすよりも自分から謝りましょう。

彼女の気持ちになって考えてみる

喧嘩をした時は自分の思いばかりに注目していますが、終わった後に彼女のことを考えると自分がいけないと思う部分が見えてくるはずです。

自分が言われて嫌なことを相手に言っても同じです。

相手の気持ちは相手しかわかりませんが、親身になって考えることはできますよね。

自分にも悪いところがあることに気付く

相手の気持ちになって考えることで自分の至らない点に気づくことができます。

自分から発信していると良いか悪いか判断するのは難しいのです。

そんな時は客観的に見れば自分の悪い部分に気づくことができますよ。

ぜひ、冷静になって外から自分を見るようにしましょう。

余計なプライドは捨てる

プライドほど邪魔なものはありません。

プライドが邪魔をしてなかなか謝罪しない人が多いのです。

プライドは大切ですが、持ちすぎても意味がありません。

あなたにとって本当に必要なプライドを持つことが大切です。

根拠のない自信も持たないこと

自信満々な人は結構いますが、自分の地位を守るためや自分の気持ちを高ぶらせるために変に自慢をしていては意味がありません。

それは見間違えれば傲慢です。

そんな姿は外から見るとカッコよくは見えませんよ。

喧嘩するほど仲が良いけどほどほどに!

喧嘩するほど仲が良いと言いますが、それは喧嘩した後にしっかりとお互いに後処理が出来ているからです。

同じことで何回も喧嘩をしていては意味がありません。

喧嘩はほどほどにというのは、何度も同じようなことで喧嘩をするなと言うことです。