CoCoSiA(ココシア)

彼女との喧嘩でありがちな10個の原因と解決策これで仲直りしよう!


彼女と喧嘩してしまった!そんな体験をしてしまったと言う方は結構多くいらっしゃると思います。

ついふとしかことがきっかけでいざこざを起こしてしまうなど苦い経験をお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ、あの時あんなことを言ってしまったのか?後から後悔することが多いですよね。

しかし、喧嘩するにも、そのことに原因があったのです。

つまり、しっかり原因を探れば、喧嘩を起こさないことができるし、もしくは起こしてしまっても解決することができるのです。

おそらく、喧嘩しては仲直り、喧嘩しては仲直りの繰り返しをしてきた方も多くいらっしゃると思います。

でも、そんな負の連鎖からは本日でおさらばしましょう。

今回こちらの記事では、彼女との喧嘩でありがちな原因とその解決方法をいろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、なるべく衝突を避けるようにしましょう。

カップルの喧嘩の原因やあるあるについてはこちらの記事で詳しく書きました。あわせて確認してみましょう。

付き合っていれば必ず喧嘩はするもの

付き合っていればお互いのことが見えてくるので、意見の不一致や相手の気に食わない部分などが見えてしまうことがあります。

そのため、衝突し喧嘩をしてしまうのです。

最初いいなと思っても、付き合いが浅いと相手の内面までは見ることができないので、これは仕方がありません。

無理に相手を改正させようとしても、相手はなかなか変わりませんよ。

そして、いつしかお互いの価値観の押し付け合いになってしまっていることもしばしばあります。

これでは良くありません。

また、最近では草食男子が増えていることから、喧嘩を避けようと無理に相手をしないようにする男性もいらっしゃいます。

しかし、お互いの距離を縮めるためにも喧嘩は時として必要になってくることもあります。

問題は起きた時にどう対処するかです。

喧嘩をして相手を知っていく

喧嘩をすることで相手のことを良く知ることができると言いますが、これは本当です。

ほとんどは、喧嘩をしている時に人間は感情を高ぶらせてしまうので、内面にひそめている本音をさらけ出してしまうのです。

つまり、喧嘩をすることで相手の考えを少しはわかるし、相手のこれまでになかった一面を見ることができるのです。

要は喧嘩は起きてしまえば仕方がないのですが、起きてしまった後の処理をしっかりしないといけないのです。

ここをしっかりしないといつまでも経ってもネチネチしたままになってしまうのです。

最も立ちが悪いのは、喧嘩を売っておいてネチネチしている人です。

このような人は自分勝手そのものと言えますね。

喧嘩はよくありませんが、しっかり処理すれば良いことにも繋がります。

彼女との喧嘩の原因10選

それでは彼女と喧嘩になってしまう原因についてここからは説明していきたいと思います。

大きくピックアップして10選ありますので、ぜひ、じっくりお読みになって理解していただけたらと思います。

何度も言いますが、喧嘩は起こさない方が良いのですが、起きてしまったら仕方がないのです。

しかし、しっかり後処理を行えば、お互いのことを深く理解できるので、後処理をしっかり行えるような心持ちでいることが大切です。

そのためにも、喧嘩が起きてしまう原因をしっかり把握することです。

よく、彼女との喧嘩でありがちなのが、何度も同じような理由で喧嘩をしてしまうことです。

つまり、お互いになぜ喧嘩をしたかを理解していないので、再び同じような理由で喧嘩してしまうのです。

そうなってしまっては負の連鎖と同じです。

ぜひ、後処理をしっかり行えるようにしましょう。

意見の食い違い

最も喧嘩をしてしまう理由に上げられるのが意見の食い違いです。

こうなるとお互いに価値観の押し付け合いになってしまうので、どちらかが引かないとなかなか解決ができません。

最近では、草食系男子が増えていることからもわかるように男性が引く割合が多くなってきています。

しかし、意見の食い違いは少なからず起きてしまうのです。

なぜなら十人十色です。

みんながみんな同じと言うことはないのです。

なら、食い違いが起きた時にどうすれば良いのかと言いますと、相手を受け入れられるどうかです。