CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

喧嘩しても絶対彼氏に言ってはいけない言葉19選。ワード選びのコツもまとめ!


いつもは大好きな彼氏とも、時に意見が食い違って喧嘩をすることってありますよね。育った環境が違えば考え方も価値観も違う二人。長く一緒にいるほど衝突してしまうというのはどのカップルも経験しているのではないでしょうか。しかし、どれだけ感情が高ぶっているからと言って「嫌い」「うざい」などの言葉を口にしてしまうのは絶対にNG。喧嘩が収束してもしなくても、その言葉を言っただけで後戻りできなくなる可能性があります。そこで今回は、喧嘩をしても彼氏に絶対言ってはいけない19個の言葉をご紹介します。言葉は一度口から出たら二度と取り消すことはできません。彼氏持ちの方はぜひチェックしておきましょう。

この記事の目次

どんなにイライラしても彼氏に言ってはいけないフレーズ

喧嘩は誰でも嫌な気持ちしか残りません。それが自分の親兄妹であっても、友達であってもしばらくぎこちない関係になってしまいます。

喧嘩の主な原因は意見の食い違いですよね。自分と相手との考えが違ってくるから、お互いにムキになってくるのです。それが自分の彼氏の場合だとさらにヒートアップしてきます。

なぜだかわかるでしょうか?彼氏の場合は自分の気持ちを理解してほしいといつも願っている相手ですよね。その人が自分の考えが理解できない。

そうなると、悔しいという気持ちが普段よりも強くなってしまうのです。これは、その人のことを想っている証拠でもあります。

ですが、時としてその想いは逆の効果を生み出してしまいます。それが彼氏に言ってはいけないフレーズです。

女性の場合、恋愛に対する切り替えがとても早く、自分でも思いがけず口にしてしまう言葉があります。その言葉はとても男性を傷つけてしまうのです。本当に気をつけていかなければならないと思います。

彼氏と喧嘩した時に言ってはいけない言葉19選


どうしても喧嘩のときには、思ってもいない言葉が出てしまいがちです。ですが、普段からその言葉は言ってはいけないと知っていれば、喧嘩のときに言葉にしないですむかもしれませんよね。過去の自分はこういった言葉をいったことがないか、確認しながら見ていって下さい。

1.別れよう

女性からの「別れよう」という言葉は、男性にとって一番キツイ言葉かもしれません。自分たちの関係はもう終わりという気持ちになるでしょう。

そして、その時はなんとか仲直りできたとしても…。男性の心の中には「自分と別れたがっている」といったことがいつまでも残っています。このあたりが女性と違う点なのかもしれません。

喧嘩の度に彼氏に「別れよう」といったことを言ってしまっていませんか?男性によっては、この言葉を言った瞬間に別れる決断をしてしまうかもしれませんよね。

ですからこういったマイナス的な言葉というのは、不幸を招くものなのです。絶対に使ってはいけません。まさに言ってはいけないフレーズの代表でもあります。

2.あの時は・・


女性がよく口にする言葉で「あの時は‥」ということを聞きます。しかし、過去をぶり返すようなことは言わないようにしましょう。喧嘩の原因が過去に関係しているのであれば構いません。

ですが、大抵は現在の状況から喧嘩になっているはずです。あの時はということを彼氏に言ってみても、覚えているかどうかもわかりませんよね。覚えていなければ更に酷い言葉を言ってしまうかもしれません。

これは女性の方から問題を大きくしていると感じます。喧嘩には何も関係ない過去のことを持ち出せば、彼氏も怒って当然です。

それを理解してくれないからといって、今の喧嘩には全く関係のないことです。こういったネガティブなことを口にしてしまうことはやめるようにしましょう。

3.男のくせに

「男のくせに〇〇!」色々な言葉が〇の中に入る男性を罵倒する最適なフレーズですよね。これは心から憎い相手や、嫌いな人に向ける言葉です。男性も見かけによらずナイーブな一面を持っています。

彼氏の性格にもよりますがプライドが高い人であれば、かなり落ち込んでしまうでしょう。こういったフレーズを聞かされると、本当にこの先も付き合っていけるのだろうかと考えます。

最終的に出る結論としては、別れることを選ぶ人もいるかもしれません。女性はこのフレーズを言った瞬間は、少しは気持ちがスッキリとするでしょう。

しかし、言ってしまったあとは必ず後悔するはずです。この言葉は本当に男性を傷つけてしまいます。相手が大切な彼氏であれば、絶対に言わないようにしましょう。

4.面倒くさい

彼氏との討論中に思わず口に出てしまう言葉になります。「あ~もう、面倒くさい!」って言った経験ありませんか?字を見てもわかるように彼氏と話すことがもう面倒になっていますよね。

彼氏の方も話し合いでなんとかしようとしているかもしれません。彼女からこの言葉を聞かされたらとたんに冷めてしまいます。

面倒くさいと思う気持ちは本当に理解できます。自分の気持ちをなぜわかってくれないの?こんな男と話すなんて時間のムダ!という感情になってしまうのもわかります。

ただ、こういったことを口に出してしまえば、相手を傷つけてしまいますよね?面倒という言葉は相手を直接に否定する意味も持っています。今まで思わず口にしてしまってたのであれば、次からは絶対に言わないようにしましょう。

5.大した稼ぎもないくせに

この言葉を言った瞬間、彼氏は別れることを選ぶ人がほとんどかもしれません。収入の話ですが、男性には言わない方がいいでしょう。男性も好きな相手に収入のことを言われたら心の底から傷つくでしょう。

自分も言ってしまって後悔するのでないでしょうか。彼氏にしても普段は頑張って仕事をしているわけです。お金に絡む事は絶対に言わないようにしましょう。

このフレーズかなりのダメージを与えてしまいます。言った後の関係は、修復することが難しい場合もあります。

彼氏が逆ギレして「それじゃあ金持ちと付き合えばいいだろう!」と帰ってしまったら…。別れることにもなりかねません。男性を逆ギレさせてしまう言葉でもあるので、絶対に言わないようにしましょう。

6.はぁ・・・

「はあ・・・」完全に呆れている状態ですよね。あなたとは口も聞きたくないといった感情しか出てきません。ため息を共に口に出してしまうこのフレーズも、かなりの地雷になってきますので注意して下さい。

男性はこういった会話を終わらす一言が出てしまうと、さらに怒りの感情が出てきてしまいます。そこからさらにヒートアップしていき、最終的には手の施しようがない状態になってしまう可能性が高いです。

女性がこの言葉を言うときには、彼氏に対して幻滅している状態です。「何を話してもこの人はわかってくれない」といった気持ちが見てとれますが、口にしてはいけない言葉でもあるのです。

もし出てしまったとしたら、フォローの意味でもよいので「少し冷静になって話そう?」などの言葉を繋げていって下さい。フォローをするとしないとでは、全く違う展開にもなってしまいます。忘れずに言うようにしましょう。

7.何をそんなに怒ってるの?

喧嘩をしている時にこのフレーズは、相手の怒りを増してしまうだけになります。このフレーズですが、もう一度最初から問題を言わせることになります。相手の怒りの原因や気持ちを遡ってしまうことになります。

人は怒っているときには、ある程度文句を言えばスッキリして段々を気持ちが落ち着いてくるものです。しかし、途中でこのフレーズを言った場合には、最初の気持ちにまで戻ってしまいます。ですから怒りがさらに強くなる最悪のフレーズでもあり、絶対に言ってはいけません。

何気ないように思えます。何がいけないのか理解出来ないかもしれません。しかし、男性を怒らせてしまうことは確実です。

女性と男性の考え方は根本的に違ってくるのです。このような言葉を言ってはいけないという事だけは理解して頂きたいと思います。

8.もういいよ

この言葉も投げやりな考え方で言葉にしてしまうと、彼氏がさらに怒る原因にもなってきます。とにかく女性は色々な考えを同時にすることが出来ます。喧嘩をしながらでも違うことも考えられるのです。

一方男性の方は、喧嘩のときにはそのことだけにしか意識がありません。二人の喧嘩がまだ終わっていない状態で「もういいよ」という言葉を聞いたとします。すると男性からは、「じゃあ勝手にしろ!」といった言葉しか返ってこないでしょう。

喧嘩のときに半ば強制的に話を終わらせるようなフレーズです。彼氏は本当に嫌に感じますので、絶対に言わない方がいいでしょう。

9.付き合わなければよかった

このフレーズも最悪の地雷ですよね。これは自分が言われた場合のことを考えれば口にすることはないはずです。言ってしまった後では、彼氏も半分は気持ちが冷めている状態になってしまいます。

男性は女性から別れを連想させる言葉を言われると、かなり傷ついてしまいます。絶対に使ってほしくはないのですが、言ってしまったらどうしようもありません。彼氏がどう反応するか見守るしか手はないでしょう。

こういう風に言ってしまうと、後悔するような言葉は沢山ありますよね。自分の本心でなければ絶対に言わないようにした方がいいです。

男性の場合、試されるようなことを言われると余計に怒ってしまいます。話し合いが出来なくなってしまう確率は非常に高くなってきます。

10.すみませんでした

喧嘩の時に突然謝ってしまうのも、彼氏の怒りをさらに増長させるおそれがあります。よく謝ればそれでいいじゃないと思う人がいるのですが、これは正しいことではありません。問題が解決してないのに、突然謝られても相手は納得できないからです。

この場合も同じ事が言えて、彼氏はなぜ謝ったのかを全く理解していません。それに、納得できていません。

お互いに分かり合えた状態であれば、結果も違ってきます。話の途中で突然謝るとことはしないようにしましょう。

それともう一つ。「すみませんでした」という言葉はあまりにも他人行儀です。

彼氏と彼女であればそれなりの言葉の使い方があって当然です。普段は「ごめんね」などと言ってる方が多いのではないでしょうか?

話を早く終わらせたいときによくでる言葉が「すみませんでした」というフレーズです。普通の言葉を使うようにしてください。

11.おまえ

男性に向かって「おまえ」という言葉も危険ですよね。それが彼氏であれば尚更言ってはいけません。

興奮してくると口調も激しくなってくるのはわかります。あくまでも女性らしさを失ってしまうのもどうかと思います。

彼氏にしても「おまえ」と呼ばれたらショックです。ムカついてさらに怒ってしまいます。

相手を挑発するような言葉は良い結果になりません。女性であれば、そのあたりの言葉の使い方に気をつける必要も出てくるので、注意するようにして下さい。

12.で?

この言葉も完全に挑発しています。こういった言葉は、相手の話を全く聞いていません。

これでは彼氏の怒りはおさまらないでしょう。別れるきっかけにもなります。

あまりにも挑発の言葉を連続して言ってしまうと、彼氏との関係も修復することは出来なくなってしまいます。使うのであれば別れる覚悟はしておかなければいけませんよね。

彼氏にしても、彼女から挑発されてしまうと後に引けなくなってしまいます。あまり追いつめるような言葉をいってしまうと、彼氏の選択する言葉が「別れよう」しかありません。こういった言葉も使わないように気をつけて下さい。

13.もう少し落ち着いたら?(笑)

このあたりは言い方を変えているだけで、完全に挑発している言葉です。さらにあざ笑うといった最悪のフレーズです。これは自分がされてもとてもムカついてしまいますよね。

気持ち的には話もしたくないし、相手の顔も見たくなくなるはずです。その先に待っているのは破局しかありません。自分できっかけを作ってしまうことになっていますので、ご注意下さい。

14.結局、何?

喧嘩をしているときの怒りというものは、かなり言葉使いを変えてきます。普段であれば言わないことでも平気で言ってしまいます。彼氏にしても荒い口調で責め立ててくるかもしれません。

彼女である自分から、こういった相手の怒りを誘うような言葉は言わないようにして下さい。今までの討論してきたことも、全く理解していない事にもとれます。

それに、彼氏にしてみれば修復しようと改善策を言っているかもしれませんよね。そういったタイミングで出されるこのフレーズは、彼氏の怒りを元にもどしてしまうので言わないようにしましょう。

15.どうでもいい

喧嘩するのに飽きてきたり、自分の意見が通らないと思った時に出る言葉が「どうでもいい」です。たしかにそのような気持ちにはなります。しかし、その言葉は男性は怒ってしまうのでやめて下さい。

どうでもいいのであれば喧嘩にまで発展しませんよね?どちらかが間違っている・あるいは意見が互いに食い違っているから、話し合いをしている訳です。

どうでもいいということにはなりません。投げ出すような言葉も、彼氏をさらに怒らせるフレーズですので避けるようにして下さい。

16.本当に好き?

女性の場合、今までの話を急に変えて自分への愛情を確かめるという方がいます。喧嘩の時に言う「本当に好き?」という問いかけは、相手を心から信頼していませんよね。彼氏を試すような言葉はやめましょう。

彼氏はあなたと真剣に話をしたいはずです。どのようなことで喧嘩になるのかは、人それぞれであり、解決の仕方もさまざまです。でも途中でいきなり試されるような言葉を言われれば、彼女の性格を疑います。

こういった人なのかと思われれば、彼氏の態度も一変するかもしれませんよね。人は何かを諦めた時の行動はとても早い場合があります。

一つは恋愛に対する相手への想いです。自分の思っていた女性とは全く違っていた…。こういう愛情を試すような人だとは考えてもみなかった…。と彼氏が感じたならば、あなたへの愛情はすでになくなっているかもしれません。彼氏の愛情を失いかねないフレーズになっているので、絶対に言わないようにしましょう。

17.会わない

自分の理性がコントロールできなくなってくると、短い言葉で相手に怒りをぶつけるようになってきます。その一つが「会わない」です。よくドラマなどでも見かけるフレーズですよね。

「もうあなたとは会いません」男女の喧嘩のシーンにはこういったセリフがよく出てきます。これも男性には言ってはいけない言葉です。

どうしてもこの言葉を聞いてしまうと、今度は男性は「どうして会わない?」と、追及してきます。そして、違う喧嘩に変わっていってしまうので、危険なフレーズになります。

気持ちがイライラしてるときは出てしまいがちな言葉です。ですが、喧嘩を大きくしてしまう言葉でもあるので言わないように注意しましょう。

18.嫌い!

女性がもうこれ以上何かを聞きたくなり時に多いのが「嫌い!」です。自分では何を言っていいのかわからない場合に聞かれます。喧嘩の時にはもう少し冷静になって話しましょう。

この言葉が出てきた時は、相手の言葉は全て拒否する状態に入っています。もう彼氏がなにを言っても聞き入れる状態ではありません。

これは言ってはいけないというフレーズより、この言葉が出てきたら、自分の理性がコントロールできない状態です。自分のほうが危険かもしれません。

その後は彼氏を罵倒し始めて、関係も終わってしまうことが多いです。こういった心境にならないように、早めに解決するようにしましょう。

19.もう無理

これも嫌い!と同じ状態になっていますよね。心の余裕がなくなってしまって、相手の言葉は耳から入ってこない状況です。女性から短い言葉が連続で出てくるようになると、自分ではどうしようもなくなってしまいます。

彼氏も必死になだめようとするかもしれません。ですが、全ての行為を拒否する段階にまでなっています。

やはりこういった状態になる前に、早めに喧嘩の仲直りはするべきですよね?自分もつらいですが、彼氏もつらいはずです。

お互い仲良くやってきたのに、このような言葉で関係が終わってしまっては、後味が悪いのではないでしょうか?自分の気持ちを決めてしまう言葉でもあるので、絶対に言わない方がいいでしょう。

喧嘩した時の言葉選び

彼氏と喧嘩って本当に心が重たくなりますよね。昨日まではあんなにラブラブだったのに、今の彼氏の顔は般若のように怒り狂っているし最悪!誰でもこんなことを考えてしまうはずです。

どうやったら仲直りできるかも同時に考えていると思います。そして、言ってはいけないフレーズを見てみると、どのような言葉選びをすれば良いのかも少し見えてきますよね。それでは最初に注意したい言葉がこちらです。

相手の自尊心が傷つく言葉はNG

まずは相手をけなすような言葉です。給料のことや男らしくないなどといった、男性のプライドをズタズタにしてしまう言葉はやめましょう。性格が大人しい男性であれば、家に塞ぎこんでしまうかもしれません…。

そこからの仲直りというものは難しく、男性のほうが受け入れない確率が高くなってきます。女性はなんとなく頭にきたから言っただけかもしれません。

ですが、男性にしてみれば自尊心を傷つけられれば、そういう女性とは会いたくないと思うのが普通です。NGな言葉は、自分でそういった環境を作ってしまうことになります。相手の心を傷つける言葉は使わないようにしましょう。

プラスになるような話し合いをする

喧嘩のときに一番大事なのは、一度気持ちを落ち着かせることです。それが出来なければプラスになるようなことはお互いに話せません。

カップルですから、元々はお互いが好きでたまらないはずですよね?これは自分も相手も同じです。どういった事が喧嘩の原因になったのかは、その時の状況で違ってきます。

そのため、直接の解決方法をお話するのは無理ですが、一つ言えることはお互いに落ち着くという状況は作れます。その為に必要なことは一つだけです。

「自分から深呼吸をして下さい」喧嘩になってくるとお互いに言いたいことを話し始めますよね?その時の脳の状態は、真っ赤に興奮しています。

それは彼氏の方も同じです。話し合いをする状態ではありません。

そこで必要になってくるのが、深呼吸をして気持ちを落ち着かせることになります。自分で深呼吸をしたら彼氏にも勧めて下さい。

「きちんとプラスになる方向で話をしたいから深呼吸して」と、彼氏にかける言葉はどのようなものでも良いと思いますが、二人で一度深呼吸をしましょう。喧嘩で一番悪いパターンが、どんどん頭に血が上った状態で続けてしまうことです。

彼女が一度落ち着く様子を見れば、彼氏も絶対に深呼吸をしてくれます。そうした上でさきほどの続きを話すようにして下さい。

素直に話すこと

一度気持ちを落ち着かせると、不思議を素直な言葉も出てきます。普段であれば悪態の一つも言いたいところですが、自分の思ってることを普段のように話せるはずです。

心が少し穏やかな状態であれば、話し方も変わってきます。相手に対しての苛立ちはありますが、静かに話す事が出来る状態になります。

大きな声を出してしまうと、相手も大声で反発してきます。ですが、語り掛けるように静かに話すと、相手も同じような話し方で返事をします。

そして、今思っていることを素直に伝えてみて下さい。自分はこうしたいと思った・これはこうした方が嬉しかったなど静かに彼氏へ言ってみて下さい。

彼氏も静かに言われるときちんと考えてくれます。男性はこういった話し方をされると、きちんと受け止めてくれます。

それに、自分に間違いがあれば素直に謝ってくれるものです。ですから、一度気持ちを落ち着かせて素直に言葉を伝えて下さい。

喧嘩腰ごしにならない

話し合いをするときは、喧嘩腰で相手の言葉を無視したり挑発したりすることはやめましょう。自分のためにもなりませんし、そういった行為自体が幼すぎます。

学生時代であればまだ許されるといった感じもします。ですが、社会人であるのならば、言葉の使い方にも自分で気をつけていくべきです。

喧嘩腰で言えば、相手がどう言ってくるかは誰でも予想は出来ますよね?答えはわかっているのにあえてそうした話し方をするのは、自分が幼すぎると思って下さい。

彼氏が大人の考えであれば、喧嘩腰で話してくる自分の彼女をそういった目でしか見てくれなくなります。自分の為にも話し方は考えるべきです。

文句は言わない

幼ないという言葉が出てきたので、もう一つ例を出していきたいと思います。子供同士の喧嘩でよく「だって」「でも」「なんで」こういった文句が出てきます。文句を言えば相手も同じように文句を返しますよね。

これではいつまでも解決する事はできません。自分から文句を言ってしまえば、彼氏も文句を言いたくなります。

大人同士の喧嘩であれば、文句を言わないというのは少し考えれば理解できるはずです。自分から解決することを放棄する必要はありませんよね。もし彼氏は文句を言ってきたら、「少し冷静になってプラスになるように話をしよう」などと落ち着かせることができるようになっていくのが望ましいと言えます。

喧嘩の原因以外の話しは持ち出さない

落ち着くことさえ出来るようになれば、喧嘩の原因となったこと以外の話など持ち出しませんよね。落ち着くことを覚えた人であれば、こういった言葉が悪い結果しか生み出さないこともきちんと理解できるはずです。過去のことを言ったり、全く別の話題を持ち出してみたりしても喧嘩が終わることはありません。

むしろ二人の関係を終わらせてしまう確率のほうが高くなってしまいます。よく考えた上で言葉選びをすることはとても大切になってきます。このあたりについては注意して話すようにして下さい。

話す前によく考える

興奮しているときは思わず言葉が出てしまいます。絶対に言いたくないようなことも、平気でいってしまうのはとても不思議ですよね。

大好きな彼氏にまさか自分がこんな言葉を言ってしまうとは…!などと言ってしまってから悔やんでも始まりません。言葉を出すときはきちんと考えた上で話さないと、最悪の結果も考えないといけないのです。

喧嘩したときに絶対に言わないように気をつけよう!(まとめ)

彼氏との喧嘩ほど心が痛むことはありません。お互いに罵り合ったり罵倒しても、二人が傷つくだけで何も良い結果にはなりませんよね。女性の場合は、自分から関係を崩してしまうような言葉も平気で使ってしまう時があります。

男性のプライドを傷つけてしまったり、自分から相手を受けつけなくなったりと様々です。ですが、そういう状況になってしまうのは怒りと興奮が原因です。

ちょっと気持ちを落ち着かせることが出来れば喧嘩も怖くはありません。言ってはいけないような言葉がでるはずもないのです。

深呼吸という最大の味方を喧嘩の途中で取り入れてみると、今までとは違った結果になるはずです。喧嘩も二人が落ち着いた状態で話せば、とても良い話し合いに変わってきます。お互いが悪い部分を見つめ直し、二人の妥協点にも結び付いてきます。

そして、こういった意味のある喧嘩であれば、二人の関係が壊れることは決してありません。これまでは色々と問題があったとしても、これからは理想の二人になるための喧嘩に変えてみませんか?

喧嘩は最悪な結果を生むか、二人の仲をより一層深めるか、の二つの選択肢しかありません。あなたがきちんと彼のことを好きでいるのであれば、二人の仲を深めることを選んでいくようにしてみて下さい。

ページトップ