CoCoSiA(ココシア)

即決できる人の7個の特徴と即断即決...(続き2)

食事のメニューも決められず、洗剤のどれを買うかも迷い、デートのコーディネートには1時間もかけたりなどです。

これは意外なことではありません。

仕事というのは目指すべきゴールが確実に存在するため、迷わず決断ができるにすぎないのです。

しかし、プライベートとなるとゴールは存在しません。

何が最適かが曖昧なので決断する材料が揃わず、延々と「これでいいのかなぁ」「どうしようかなぁ」と悩むハメになります。

自信がある


根拠もなく自信だけがてっぺんの人の決断は、とんでもない間違いを引き起こしますが、即決ではあります。

しかし、根拠のある自信の持ち主なら即決したことでも、ちゃんと理由が揃っているので大きな間違いはなく、何かあっても軌道修正するくらいで済みます。

誰よりも準備が整っているから自信がある

根拠のある自信の持ち主というのは、日頃から情報収集を欠かさず、未来に備えて準備を整えているものです。

この過程があるからこそ、選択を迫られる場面で脳みそがフル回転するため、正解を導きだせます。

受験と同じです。

高校や大学の入試に挑むとき「俺は天才だから勉強しなくても大丈夫だぜ」って思っている人と「3年間しっかり勉強したから大丈夫だ」と思う人とでは持っている自信の質が異なっていますよね。

経験の数が多い

仕事においては、新入社員よりベテラン社員の方が、対応力が高いことが多いです。

その理由は経験の数の違いです。

新入社員にとっては慌てふためくような問題も、ベテラン社員からすると「1年前のトラブルとパターンが似ているな」と過去の事例に近しいと感じられることがあります。

そのときに解決した方法を、今の問題に合わせて微調整すれば対応できるというわけです。

最初の内は失敗の経験を積み重ね、そこから学んだことや反省点を次回に活かすことで成功体験を積み重ねるようになります。

その成功体験が自信をもたらしているのです。

迷うことが嫌い

「嫌い」までいくと、当てずっぽうタイプに分類されますが、プライベートに関してはこれくらいの方が生きやすいといえます。

即決人間だらけで遊びに行くと本当に面白いです。

「そろそろ昼飯にするか」という時間帯になったとき「何食う?」の質問に対して各々が「蕎麦」「カレー」「ラーメン」あたりに分かれたとしましょう。

一般的な人たちは「じゃあどれにするー?」と押し問答を始めますが、即決人間だらけの集まりなら「じゃ、14時ここに再集合ね。

解散!」で終わりです。

そして、各々食べたい物を食べて戻ってきます。

焼肉に一緒に行っても「これも美味しそうだねー」「これも頼もうかー」とか言わない。

やっぱり各々食べたいものをガンガン注文するので皿がテーブルを埋め尽くします。

とにかく細かいことは悩みません。

そんなことで悩むのが嫌いなんです。

優柔不断な人はそのスピード感と自由すぎる振る舞いに抵抗を覚えるかもしれませんが、お互い好き勝手にするのを許されるわけですから、慣れるととても楽で、最高の友達になれるでしょう。

自分の目的がはっきりわかっている

これも食事で例えると分かりやすいです。

3人で定食屋に行くとして、Aさんが「美味しい物が食べたいなぁ」Bさんが「肉が食べたいなぁ」Cさんが「トンカツ食べたいなぁ」と考えていた場合、一番早く注文を決められるのがCさんであることは明白ですよね。

このように、目的が具体的であればあるほど決断は早くなります。

しかし、これが仕事や自分の将来のことになった途端にわからなくなるため、多くの人は即決ができなくなってしまうのです。

仕事で考えてみましょう。

たとえば「今年度の売上をアップさせたい」だと何から手を付けていいか分からず、ズルズルと悩むことになりますよね。

一方「昨年はSNSの口コミで徐々に売り上げがアップしていった。潜在顧客はSNSユーザーであることがわかったので、今年はSNSでのプロモーションに力を入れよう」なら、どのようなプロモーションにするかを選べばいいだけです。

決断に至るまでの時間を短縮できます。

目的を具体化する、つまり、はっきりと認知することが即決のキーポイントです。

何を言われても気持ちがブレない

目的がはっきりわかっているから気持ちがブレる余地はありません。

それがたとえ大先輩や上司からの発言であっても、間違っていると思えば従わないし「その根拠は何ですか」と問いかけることもあります。

目的に向かっていくことだけに注力しているため、足をひっぱるような物事の全てに対して自分の時間を割いたり、悩んだりする時間が無駄だと思っています。

深く考えない

こういう書き方をすると「それってただのバカなのでは…」と思うかもしれませんが、この場合、どうでもいい情報までくっつけて悩んでいるフリをしない、という意味です。

これについては記事後半の、即決できない人間の特徴で解説します。

せっかち

せっかちさんは即決とは微妙に違いますが、一見すると似ているので紹介しておきます。