会社の中にかならず一人、もしくは幾人かひねくれた人はいらっしゃいませんか?

おそらくこれまで生きてきた中でひねくれた人と絡んでしまった人は多いと思います。

しかし、そこを何とか乗り切ってきたと言う人も多いかと思いますが、結構なストレスになってしまっている人は多くいらっしゃると思います。

しかし、これから先、またそのようなひねくれものと出会ってしまう可能性は大きく、また、もしかしたら恋愛相手がそのようなひねくれ者になる危険性も否定できないのです。

そうなると、ストレスをため込んでしまうだけになりますね。

実はストレスをため込むことはあなたの命に係わることなのです。

実は癌などの難病の一番の原因はストレスなのです。

ストレスをため込むことで、癌細胞を強くする活性化炭素が発生してしまうのです。

つまり、ストレスはあなたの知らないだけで結構厄介な存在なのです。

また、特に日本で多いのですが、自殺と言う自ら命を絶ってしまう行為も原因のほとんどがストレスになってしまうのです。

つまり、これからもひねくれものに対して同じような対応しているとあなたの命に危険が及ぶ危険性が高いのです。

なら、ひねくれものと付き合わなければいいのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、それがなかなか難しいのです。

なぜなら、第一印象だけで相手がひねくれ者かどうかわからないのです。

つまり、なかなか付き合いを減らすことが大変なのです。

では、どうすればいいのかと思う方もいらっしゃると思います。

そこで今回こちらの記事では、ひねくれ者の特徴や上手な付き合い方などのひねくれ者に関する情報をこれでもかと言うぐらい、集めてまとめました。

ぜひ、参考にしていただきまして、ひねくれ者からストレスをため込まないようにしましょう。

うまくつきあえばストレスもため込まず、また、もしかしたら、あなたの手のひらで転がすことができるかもしれませんよ。

要は振り回されるのではなく、振り回すようにしましょう。

ひねくれ者を振り回しても犯罪にはなりませんよ。

これまでは振り回されてストレスをため込んできてしまった可能性が高いのですが、これからはこちらが振り回す番です。

ぜひ、じっくり読んで実践してあなたの人生が少しでもよりよくなっていただきましたら幸いです。

もしくは、あなたがひねくれ者にならないためにも知っておいた方が良い情報が盛りだくさんです。

知らないよりは知っておいた方が良いことばかりです。

ひねくれ者の4個の特徴

では、ひねくれ者を相手にするにはまずはどうしたらいいのかと言いますと、まずは、ひねくれ者の特徴を把握しましょう。

特徴をわかることで、どう対応すればいいのかと言うのもわかりますよ。

実はもしかしたらあなたが当然と思っていることもひねくれ者の特徴になっているのかもしれませんよ。

たいていこのような方は、ひねくれ者になっているのか、もしくはひねくれ者予備軍です。

また、ひねくれ者と遭遇することが多いと言う方も、要注意です。

なぜなら、引き寄せの法則で、あなたがひねくれ者を必要としている可能性があります。

要はいつも不平不満ばかり口にしていると、それを口にしたい人なのだなと言う感じに潜在意識が働いて、そのような場面を引き寄せるのです。

または、あなた自身がひねくれ者だから同じ周波数を持っている人を引き寄せているのです。

つまり、特徴を知って、もし、あなたにその特徴があればこれまで出会ってきたひねくれ者はあなたが原因で出会ってきていたのかもしれませんよ。

故にしっかりひねくれ者の特徴を知ることで、相手がひねくれ者かどうか見極めるだけでなく、ご自身がひねくれ者になっているかどうかチェックするためでもあるのです。

なぜなら、あなたがひねくれ者なら、同じ周波数を持つひねくれ者を引き寄せてしまうのです。

そのため特徴を覚えて引き寄せないようにすることもできるのです。

実はこれまで出会う人は偶然ではなく、必然なのです。

つまり、ほとんどの原因はあなたにあるのです。

そう考えれば、あなたがしっかりしていればひねくれ者と遭遇する可能性がぐんと減りますよ。

そのためにもしっかりひねくれ者の特徴を知りましょう。

大きくピックアップして4個の特徴がありますので、まずは慌てず1個1個確実に覚えていきましょう。

いきなりすべてを覚えるのは難しいですよ。

まずは、あなたにとって身近なことから覚えていきましょう。

もしくは、読んでいてビビット来た特徴から覚えていくといいかもしれません。

そんなこと言っても難しいから1個覚えることも大変なのではないかと思われていらっしゃる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

どれも簡単なことですよ。

ただ、当然と思っているともしかしたら難しくなってしまうかもしれません。

故に、当然と思うフィルターも外すようにしてくださいね。

特に日本人は言葉の国で生きているためか、固定概念に支配されてしまっているような感じなので、なかなかこの当然と言うフィルターを外すのが大変なのです。

1.他人をほめることが苦手


ひねくれ者は他人をほめることがものすごく苦手です。

苦手というか、できないことに近いです。

なぜなら、身近な存在である他人が自分よりも優れているという感じにみられることにすごく不愉快に感じるらしいです。

要は自分のことしか考えていないのでそうなってしまっているのです。

なぜ、そうなのかと言いますと、まず、生まれてこの方このようなタイプは褒められることがなかったので、褒められる感覚がわからないのです。

おそらく常に嫌みなど言われたり、怒られたりしているので、それが詰め込まれているので、その場面でないと落ち着かないのです。

他人をほめることができないので、当然ついてくる人などいません。

しかし、実はこの手の方は結構多くいらっしゃいます。

しかもなかなか自分では気づくことができないのです。

なぜなら、習慣化されているので、当然と思っているので違和感を感じないのです。

ほめて伸ばすとは言いますが、褒めて伸ばすことで人間は大きく成長していくのです。

最近多いのが、とにかくできない人を見ると、怒って怒って怒りまくる人が多いのですが、怒って相手が治ったことってありますでしょうか。

おそらくないと答える方が多いと思います。

よくよく考えてください。

これって進歩していないことに気づいていないのです。

ある意味、憂さ晴らしで、怒っているようなものなのです。

相手が治るなんて思っていない感じです。

怒ってダメなら逆にほめてみると言う感じに柔軟になれていないのです。

要は物事を違った角度から見ることができないのです。

視野が狭いのと、世界が狭いからです。

特に日本は島国なので、どうしても世界を狭く見すぎているのです。

日本国内で遠いと思うだけで、実は世界を狭く見ているようなものですよ。

相手を褒めることができないのであれば、まずは自分が褒められたら素直に喜びましょう。

謙遜してそんなことないと言わず、素直に喜んでその喜びを覚えれば、相手にそうして上げたいと思って相手を褒めるようになりますよ。

ほめられたことがないからこうなってしまうのです。

素直に人をほめられない

素直に人を褒められない。

このように素直な行動ができないのがひねくれ者の特徴です。

なぜ、そんなにも素直でないかと言いますと、身近な存在で素直に生きている人を見ていいなと思ったことがないからです。

素直で良いねと言った感じにほめられている様子を見ると、ものすごく不快に思うらしいです。

また、家族の中でとくにひねくれてしまうのは、長男が多いと言われています。

なぜかと言いますと、弟や妹などの存在がいると、長男だから我慢しなさいと言った感じに、我慢させられる機会が多く、思いっきり甘えている弟や妹を見ると、ものすごく嫉妬してしまい、ひねくれてしまうと言われています。

このように、親の育て方やどのような環境下で生きてきたのかがものすごくひねくれるかどうかに影響を及ぼすのです。

ひねくれてしまうのはご自身にも原因はありますが、身近な存在の環境下でも大きく影響を及ぼすのです。

素直じゃないねと指摘された人ほど、素直になりません。

なぜなら、そういわれることが当然のようになってしまっているからです。

それでも人を褒めるのに、資格やスキルはいらないので、ぜひ、まずは誰でもいいので、相手を褒めるようにしてみましょう。

そうすることがひねくれ者から卒業できる1歩です。

人の良いところよりも悪いところに目がいってしまう

これは日本人に多い特徴なのですが、人の良いところよりも悪いところに目が行ってしまうのです。

なぜなら、まず雑誌やテレビなどのメディア媒体のほとんどが8割マイナス的なことを放送しています。

つまり、そのようなことばかり見てしまっているので、マイナス的な部分を注目してしまうことは当然のことのように思えてしまっている可能性が高いのです。

また、小さいころから競争意識を持って教わってきたので、いかに相手を蹴落とそうかと考えている人も多いので、相手のマイナス的な部分を見つけて上司に報告するなどして、相手の立場を弱らせることなどもしてしまうのです。

特に日本人はイメージをとても重要視というか影響を受けてしまうので、相手に少しでもマイナス的な部分が見えるとそこしか注目しなくなってしまうのです。

よく相手のいいところを10個あげろと言われても、あげるのにものすごく時間がかかってしまうことが多いと思います。

逆に相手の嫌な部分を10個あげろと言われるとすぐにあがってしまうのです。

このように、マイナス的な部分ばかりを見てしまうから相手を褒めることができないのです。

マイナス的な部分はだれしもが持っているものなのです。

つまり、注目すれば出てくるのは当然です。

しかし、マイナスもプラスも裏表のような存在なので、マイナスな部分があるのであれば、それと同じような感じにプラスの部分もあるのです。

つまり、相手の良い部分を見ようとすれば見ることができるのです。

プラスの時を見ることができれば、相手を褒めることができますよ。

つまり、できるかぎり相手の良い部分を見るようにしましょう。

相手のマイナス的な部分ばかりを見ていると不平不満を言いたくなります。

不平不満を言う人ほど、ひねくれ者を引き寄せてしまうか、もしくは、ひねくれ者になってしまう危険性が高いのです。

そうなってしまっては意味がないですよね。

ひねくれ者はご自身だけでなく、相手にも強く影響を及ぼし、さらにストレスをためてしまうとんでもない存在なのです。

あなただけで済むのであれば問題はないのですが、あなただけで済む話ではないので、まずは不平不満を口にしないようにしましょう。

おそらくこれまではあなた以外に強く影響を及ぼすなんて思っていなかったと思います。

なぜなら、教えてくれないからです。

知らないというのは実はすごく恐ろしいことなのです。

2.疑い深い


ひねくれ者はとにかく疑い深いです。

なぜなら、自分が正しいと思い込んでいるのと、とにかく騙されたくないといった思いが強いので、なんでもかんでも疑います。

そう思うと、だまされた経験が多いのかと思ってしまう方も多いかもしれませんが、その逆で、まったく騙されたという経験をしていないのです。

それなのに、ものすごく疑い深いのです。

ただ、そのかいあってか、詐欺をする人たちもそのようなひねくれものに対して詐欺をしようとは思わないのです。

なら、ポジティブなことに思えますが、しかし、そうではないのです。

なぜなら、疑ってばかりいるから、チャンスを逃がしてしまっているような状況でもあるのです。

疑ってばかりいると、そのうち誰もあなたに提案などしなくなってしまいますよ。

疑うことが悪いのではありません。

疑ってばかりいると、得をしないと言うことです。

ぜひ、あまり疑い深くならないことをおススメします。

人や物事に対して常に疑いの目を持っている

とにかく自分しか信じていないような状況なので、自分以外の物はすべて疑うといった感じになっています。

要は心が豊かでないからそうなってしまっているのです。

豊かな心さえ持っていれば、そんなに疑わずに済むのですが、なかなかそれができないのです。

なぜなら、自分しか信じられないからです。

では、なぜそうなってしまっているのかと言いますと、世界を広く見ることができないからです。

自分の世界に入り込んでしまっているから、自分しか信じられないのです。

つまり、固定概念やイメージなどを捨ててもう少し外向きになればいいのですが、なかなかそれができないのでいるのです。

特に田舎の方とかは外を見たことがないと言う人もいらっしゃるので、都会の人に比べると疑い深いと言っても過言ではありません。

また、人との絡む数にもよりますが、都会に比べて田舎は他人と絡むことが少ないので、そうやって見ず知らずの人などを疑ってしまう傾向にあると言えます。

信じることが苦手

ひねくれ者はとにかく相手を信じるのが苦手です。

相手を信じてもどうせ裏切られると思っているのです。

特に子供のころなどは簡単なことで裏切られたことなどがあると思いますが、その心のまま成長してしまったために、相手を信じることができないのです。

また、同時に自分を信じていないからそうなってしまうとも言えます。

要は自信がないので、相手を信じることができないのです。

信じることは裏切られることにつながっていると言う最悪な考えになってしまっているのがひねくれ者の性格です。

3.かわいげがない

かわいくないと言うと女性を対象にしているような感じがしますが、そうではありません。

社会人になった時に後輩がかわいいかどうかで、先輩の態度も変わるのです。

かわいげのある後輩は先輩からいろいろとアドバイスは頂けるのですが、かわいげのない後輩は知らず知らずに先輩や同期が遠ざかってしまうこともあります。

なぜかと言うと、一緒にいて楽しくないからです。

先輩にとって後輩を可愛がることはとても楽しいことなのです。

しかし、かわいがっても素直な反応をしないと先輩も声をかけたくないと思ってしまうのです。

それで、そのうち一人ぼっちになってしまうなんてこともあるのです。

そんな甘えん坊に見られるなんて恥だと思われてしまっている方は多いかと思いますが、かの有名な坂本龍馬は、江戸時代で1位2位を争う甘えん坊と言われていました。

おねしょの数が半端ありません。

このように甘えん坊はいろいろな人から好かれやすいのです。

ほめられても否定する

では、かわいげのない人とはどのような人のことを言うのかと言いますと、褒められても素直に受け取らない人のことを言います。

よく日本だと謙遜が美徳のような感じに言われていますが、実はそれが大きな間違いになってしまっている可能性が非常に高いのです。

なぜなら、謙遜と言って褒められても素直に受け取らない人が多いからです。

また、せっかく上司がおごってやると言っているのに、謙遜して安いものを注文したりなどしてしまう人が多いのですが、これって結構失礼なことなのですよ。

なぜなら、褒めているのだから素直に受け取るのが一番なのです。

さらに言えば、おごっていただけるのであれば、高価なものを頼むが相手に対する敬意でもあります。

なぜなら安いものを注文すると、低収入と見られていると思ってしまうからです。

とにかく素直が一番です。

自分に自信がない

どの項でも申していますが、ひねくれ者は自分に自信がない人たちばかりです。

そのために、他人を信じられないのです。

また、自信がないことはよくよく考えると、自分を信じれていないことでもあるのです。

要は、自分以外信用できないといった感じの態度をとるけど、自分も信じれていないのが現状なのです。

自信がないために心に余裕もなく、先輩されたことをすべてネガティブにとらえてしまうといった感じになっています。

ある意味、常に恐怖や不安に縛られて生きているのと一緒です。

そうなってしまっては生きていても楽しくありません。

できるだけまずは自信を持ちましょう。

自分なんてと思うのはよしましょうね。

4.1人が好き

ひねくれ者はとにかく集団生活が苦手です。

なぜなら、まず相手を疑ってみているからです。

また、いつ裏切ってくるのかなどと言った感じに見てしまってもいるので、相手と一緒にいることを好まないのです。

さらに言えば、タチが悪すぎると、何を言ってもネガティブに聞こえてしまっている可能性もあるので、会話が続かない可能性もあるのです。

故に一人でいることをものすごく好む傾向があります。

ただ、そのように見えているだけで実はものすごく寂しがりやだったりします。

そのため、遠くから集団の様子を見たりしているのです。

要は集団の中に溶け込むのがへたくそなだけなのです。

また、人からどう思われるのかなどを極端にきにしてしまうのです。

しかもその気に仕方がものすごくネガティブなので、大変なのです。

まずはネガティブに思うことをなくしましょう。

協調性がない

一人が好きなので、当然、相手との協調性の部分ではかなり弱い部分があります。

また、自分の意見を否定されることを極端に嫌がってしまうので、少しでも否定されると、その場で議論ができなくなってしまうのです。

よく自分の考えに縛られすぎている人なども協調性がないような感じに見られてしまいますが、ひねくれ者の場合は種類が違います。

とにかく相手の意見を聞かないので、自分の意見だけしか頭にないのです。

そのため、一緒にいたいと思えることがないのが現状です。

自分の意見を持つことは大事ですが、相手の意見もしっかり受け止めないと自分の意見が通らない可能性の方が高いですよ。

悪い意味での協調性のない人の代名詞になってしまっているのかもしれません。

人と何かをするのが苦手

協調性がないので、人と一緒に作業をするのがものすごく苦手です。

また、自分一人でできると勘違いしてしまっている節もあるので、他人へ協力を仰ごうとしないのです。

そのため、会社などではお仕事を頼むが怖い存在になってしまっています。

お仕事やプロジェクトなどは、一人で成し遂げているような感じに映ってしまいがちですが、そんなことはございません。

いろいろな人の協力があって成し遂げられているのです。

つまり、人と一緒に作業をするのが苦手な人は、なかなか何かを成し遂げることの感動を知らないのかもしれません。

また、一人でやってしまうから失敗を繰り返してしまっている危険性も非常に高いです。

ひねくれ者の恋愛傾向

ここまでの説明でひねくれ者の特徴はいかがでしたでしょうか。

おそらく一緒にいて大変だなと思われた方も多くいらっしゃるかもしれませんが、まさにその通りです。

一緒に大変な存在なのです。

しかし、そんなひねくれ者でも結婚したり、恋人がいたりする人もいらっしゃいます。

では、なぜそのようひねくれ者を恋人にできるのかと言いますと、扱い方がわかっているからです。

ある意味、ひねくれ者の取扱説明書をマスターした人と言っても過言ではありません。

ここからは仮にあったとしたらそんなひねくれ者の取扱説明書に書いていそうなことをご説明いたします。

よく読んでマスターしていただきましたら、あなたもひねくれものを手のひらで転がすことができるかもしれませんよ。

ひねくれ者に振り回されてはいけません。

ひねくれ者を振り回すようにしましょう。

そうすることであなたの人生が今よりもよりよくなる可能性が十分に高いです。

大きくピックアップして項目としては、3つありますので、ぜひすべてをマスターしていただけましたらと思います。

いきなりすべてをマスターするのではなく、1つ1つ完璧にマスターしていきましょう。

慌てる必要はありませんよ。

慌ててもいいことはありませんので、ぜひ、ゆっくり確実に行きましょう。

ほめてくれる人を好きになる

ひねくれ者は自分のことを褒めてくれる人をものすごく好きになります。

ただこれは、褒められたことを素直に受け取ってくれるひねくれ者に限ります。

では、なぜそんなに褒められたいのかと言いますと、まず、自分を認めてくれることで、自分の存在感が認識されるので、褒められてうれしいのです。

また、自分自身が狭い心なので、広い心を持っている人に愛されることがものすごく感じがいいらしいです。

要は承認欲求が強すぎるので、そうなってしまっていると言えます。

とにかく褒めまくりましょう。

最初のうちは素直に受け取らないかもしれませんが、受け取るまで褒め続ければ問題はないです。

愛情表現を素直にできない

素直でないので、恋愛の表現も素直でないのです。

特に好きな人を前にすると、逆効果で余計にひねくれてしまう危険性が高いのです。

ただ、ものすごく寂しがりやなので、一緒にいれるとうれしいという部分もありますが、なかなかそのことを伝えきれない部分があります。

要は素直に好きだと言えないで、好きな人を前にしてしまうと余計におかしくなってしまうみたいです。

そのため、他人づてに伝えようと考えますが、他人に協力を仰ぐのも得意でないので、なかなか先へは進めないのです。

不安になりやすい

とにかくネガティブに考えてしまう傾向が強いので、なんでもかんでも不安に思ってしまう癖を持っています。

相手から何か言われたり、されたりしただけで嫌われてしまったのではないかと思う人もいらっしゃいます。

要は心に余裕がないのです。

恋愛にしても付き合っていくのに不安でしかないのです。

そのために優しくされたり、笑顔を見せられるとすごくうれしくなってくるのです。

とにかく変なことさえ言わなければ問題ありません。

ひねくれ者との3個の上手な付き合い方

それではここからはひねくれ者との上手な付き合い方ができるようになるための方法や手法をお教えいたします。

ひねくれ者とうまく付き合わなくてもいいのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、仮にあなたが入社した会社がひねくれ者だらけだったらどうしますか?

やめますか?

さらに言えば一流企業と呼ばれている企業には実はひねくれ者が多かったりします。

つまり、そのような会社に入ってもなかなか辞めることができない状況になってしまっているかもしれないのです。

故にそんな状況でもひねくれ者に振り回されないようにしていた方が身のためですよね。

ここからは大きくピックアップして3個の方法や手法をお教えいたしますので、ぜひ、参考にしていただきましたらと思います。

そんなに難しくはありませんので、傍観者になったかのように軽い気持ちになって読んでいただけましたらと思います。

なんでもそうですが、難しく考えると先へは進めませんよ。

ぜひ、柔軟になって読んでくださいませ!

ひねくれ者に悩ます時間を減らすためにも!

受け止める

要はその人の存在をうけとめて認めることです。

それができたら、ひねくれ者でも怖くありません。

要は否定されるからひねくれてしまうのです。

気に食わなくても肯定するようにして臨めば何も問題はありません。

ひねくれ者に多いのは不器用な性格です。

しかし、そのような性格をも肯定的に認めてしまえば何も問題はないのです。

また、口で言ってもなかなか理解していただけない場合もありますので、その際は行動で見せると良いかもしれませんよ。

まずは受け止めましょう。

いつも味方でいる

ひねくれ者は周囲を敵だと思っている節があるので、自分は味方だと言うことを認識させると思ったほど苦労はしませんよ。

要は、孤立しているような状況に自分でしてしまっているので、自分はあなたの味方だというふうにすれば心を開いてくれる可能性は高いのです。

ぜひ、味方になってあげましょう。

そのために褒めまくる。

できる限り否定の言葉を使わない。

そうすることで不安に支配されない可能性が高いので、ひねくれ者も大人しくなりますよ。

引っ張ってあげる

ひねくれ者は優柔不断な性格なので、何事においても引っ張っていくのが良いでしょう。

そうでないとどこへ行くかでさえ、うじうじしてしまっている可能性もあるのです。

そのため先導してしまった方が良いのです。

最初は反論するかもしれませんが、決め切れていないので、最後は従うまでもなのです。

はっきり言えば、ひねくれ者ははっきり言えば意外と効果がありますよ。

逆にこっちもぐずぐずしていては相手と同じ土俵に乗ってしまっているようなものです。

ひねくれ者って実はわかりやすい

ひねくれ者の説明はいかがでしたでしょうか。

実は意外と扱うのは簡単なのですよ。

要は今まで振り回されすぎているからそうなってしまったのです。

これからは振り回されるのではなく、振り回していきましょう。