CoCoSiA(ココシア)

初デートでゲンナリ。「次はないな」と思った15個のこと


初デートでは、相手に良い印象を持ってもらいたいものです。

でも、気づかないうちに相手を幻滅させてしまうかも…。

ドキドキの初デートを前に、そんな不安に駆られていませんか?

ワクワクした気持ちで楽しんでいる間に「次はないな」なんて思われていたらショックですよね。

そこで今回は、『初デートで「次はないな」と思ったこと』を徹底調査!

経験者の声から、男女別に初デートで相手をゲンナリさせてしまう行動をまとめました。

期待と不安でいっぱいの初デート!

それを次につなげたいのは、男女とも同じです。

初デートが楽しい思い出となるように、これから初デートを迎えるみなさんはぜひ、この記事をチェックしてくださいね!

これは気を付けて!ドキドキの初デートで幻滅したことを男女別に紹介します!

初デートでゲンナリ…密かに「次はないな」と心に決める。

これは男性にも女性にもあることです。

なぜなら、期待に胸を膨らませているからです!

相手がどんな人か、まだまだイメージだけが先行している状態で臨むのが初デート。

見た目や第一印象から、「きっとこんな人だろう」とイメージし、期待してしまうのは男女ともに同じ。

その期待こそが初デートでの“幻滅”の原因ですが…期待せずにはいられないのが初デートですよね。

ですから、何が起こるか分からないのです。

たとえば、彼の職場での頼りがいのある雰囲気に一目惚れ♡

ようやくデートに漕ぎつけたのに…印象とは裏腹に、初デートでは“何も決められない男”だったとか。

取引先の受付でテキパキ案内する笑顔が素敵な彼女というイメージだったのに…初デートでは楽しくないとニコリともしない“高飛車な女”だったとか。

このように、イメージと違う一面を見てしまうとガッカリしますよね。

男性も女性も、初デートには期待するからこそ、幻滅もするということです。

つまり…初デートでは、自分だけじゃなく相手にも期待されているということ。

相手の期待を裏切れば、「次はないな」と自分が思われてしまうこともあるのです。

初デートでは、自分が相手をジャッジするだけではなく、相手にもジャッジされています。

自分以上に相手に幻滅されていたら…ショックですよね。

そうならないためにも、男性・女性、それぞれ何に幻滅するのかを知っておかなければなりません。

今回は、初デート経験者たちの『初デートで「次はないな」と思ったこと』を男女別に紹介していくので、ぜひ参考にしてください!

【男性目線】初デートで「次はないな」と思ったこととは!?

初デートで「次はないな」と思うことって、何となく男性には少なそうなイメージがありますよね。

でも、意外にも相手をよく見ている男性は多いもの…。

初デートでの男性を厳しい目でチェックしようとしている女性のみなさん!実はあなたのほうが、チェックされているかもしれませんよ。

男性はとくに、“理想の女性像”を裏切るような女性に厳しい!

女性らしくない一面を見つけると、途端に気持ちも冷めてしまうのです。

男性の理想の女性像とは…たとえば、謙虚で思いやりがあって素直で優しくて…と、ある意味単純明快。

だけど女性からすると、「そんな完璧な女性はいない!」と思ってしまうし、「男性は女性に理想を求めすぎ!」って思ってしまいますよね。

でも、それが男性の思う女性であり、そうでないのは女性ではないのです。

初デートで「次はないな」と思われたくなければ、彼の“理想の女性像”を壊さないようにしなければなりません。

ここからご紹介するのは、初デートで男性を「次はないな」と思わせた女性たち。

人の振り見て我が振り直せ!男性を幻滅させた女性たちから学び、初デートで彼を虜にしちゃいましょう!

1.奢ってもらう気満々


男性目線で見る、初デートで「次はないな」と思ったことその1は、女性が『奢ってもらう気満々』の態度だったことです。

多くの男性は、初デートで女性にお金を出させないよう準備しています。

とはいえ、「奢ってもらうのが当たり前」な態度をされると、謙虚さのない女性だと思ってしまうんですよね。

男性は女性に奢ってはあげたいけど…当然のこととは思って欲しくありません。

だって、男性が女性に奢ってあげるのは、女性へ男性としての懐の深さを示すため。

気前よく奢ることで“男らしくてカッコイイ”って思って欲しいのです。

ですから男性は、奢ることで女性が「いいの?」と申し訳なさそうにしてくれたり、「ありがとう」と感謝感服してくれたりする姿を見ることで満足度が高まります。

奢ってもらう気満々で当たり前な態度をされると、奢りがいもなくガッカリ。