CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

創造性がある人の10個の特徴!創造性を高める方法


あなたの中に眠る創造性を引き出しましょう!

創造性を発揮して活躍している人は、特別な才能を持っている人だと思っていませんか?

創造性を高める訓練をすれば、あなたの中に眠る創造性を高め、実際に発揮することができるようになります!

是非、これを読んでチャレンジしてみましょう!

創造性がある人の10個の特徴!

創造性がある人というのは共通の特徴を持っています。

ここでは10個の特徴について検証していきたいと思います。

1.質問が多い

わからないこと、疑問に思ったことについて積極的にどんどん質問する人がたまにいますが、そういう人は創造性がある人が多いと思います。

自分で想像せずに人に聞くなんて、創造性があるとは言えないのではないかとお考えの人もいるかもしれません。

しかし、それは逆なのです。

質問することによって多くの情報を集め、自分の創造に活かしているのです。

常にアンテナをはっている

創造性のある人というのは常にアンテナをいろんなところに張っています。

多くのジャンルにアンテナを張ることで、そのアンテナにひっかかる回数も増えてくるでしょう。

そういった回数が増えるほど、自分の創造性を刺激して斬新なアイデアが生まれることがあります。

自分のやっている仕事の業務の範囲の中にしか意識がないならば、新しい発見などできません。

他の人間よりも抜きんでて成功しようと思ったら、与えられた仕事をこなすだけではダメです。

たとえ自分が会社員で雇われている人間だとしても、いろんなことから刺激を受けて自分の仕事の成長につながるよう日々研究していかなくては進歩はないと思います。

興味がいろんなところにある

創造性を持った人はとにかくいろんなことに興味があります。

そしてそれを出来る限り深く知ろうと努力できる人です。

例えばスポーツが好きだとします。

普通の人はひいきのチームの選手や一部のスター選手についてくらいしか知らないと思いますが、創造性を持った人は相手チームの選手や、控え選手、監督、チームの歴史などいろんなことを調べ始めます。

そんなことをして何の意味があるのか?と思うかもしれません。

意味なんてなくてもいいのです。

出来る限りたくさんの情報を集めることによって、自分の創造することもバラエティーに富んでくるので、多くの可能性がでてくるのです。

2.新しいことが好き

想像力豊かな人はとにかく新しいことをやってみるのが大好きです。

新しいことに挑戦して、今までにない体験をすることが、新しいアイデアを生み出すきっかけとなることが多いです。

新しいことをやってみる時には、不安や怖れから躊躇してしまう人も多い中、創造性を持った人は躊躇なく、新しい世界に飛び込むことができるのです。

新しいことをやることで多くの発見が得られます。

ポジティブな結果になることもあるし、時にはネガティブな結果に終わることもあるでしょう。

しかし、そんなことは関係ありません。

結果がどちらに転ぼうと、それは自分の創造性を高めるいい機会だと捉えるのです。

刺激を求める

新しいことをやりたいと思うということは、イコール「刺激」を求めているということです。

人間というのは刺激を受け続けていないと、どんどん堕落し、退化していくものです。

ですから、常に自分に対して刺激を与えてくれる新しいものを取り入れていくことが創造性を高め続けてくれるのです。

毎日、職場と家の往復だけで何の変化もない人生を長年送っている人も多いと思います。

生きるために仕事をしなければいけないというのは当然ですが、毎日全く何の変化もない生活というのも味気ないものです。

そういった変化のない無刺激な人生は、やがて無感動な人間を作り上げてしまうでしょう。

現に街を歩いていると、生気・覇気のない人が非常に多く見られます。

あなたはどうですか?何かを見たり聞いたりしても無感動になっていませんか?こういった人は本当にたくさんいるのが現実です。

熱しやすい傾向がある

創造性のある人は、何にでもすぐにハマりやすい傾向にあります。

要は熱しやすいのです。

この性格には長所・短所両面あります。

何にでも興味をもって一生懸命トライできるというのは利点ですが、何も考えずになんでもかんでも手を出してしまって全てが中途半端に終わる可能性もあります。

ページトップ