人生には転機となる瞬間がやってきます。

その時、どんな経験をするかによてその人の人生が変わる事もあります。

だからこそ、人と接する際には大事なポイントはしっかりと押さえるようにしておかなければならないでしょう。

その転機となる瞬間は、大人になった時に出てくるものばかりではありません。

学生の時代に経験する場合ももちろんあるのです。

大人になってから経験するものの場合には、もっと大きな出来事の場合が殆どです。

だからこそ、改めて考えれば子供のころの経験など大したことのない出来事のように感じてしまう事でしょう。

けれど感受性豊かな時代だ方こそ、一つの出来事が人生の中で大きな出来事となってしまう事が多々あります。

大人になってからは小さな出来事でもその時代に事が多々あります。

だからこそ私たちは、自分の行動に責任を持たなければなりません。

それが例え未成年だったとしても、その責任は同じ事です。

自分のすべき行動を考え、責任を持った行動を取りましょう。

子供の時代に、人生の転機となる瞬間はいくつかあります。

その中でも特に印象に残るのが、転校です。

転校は大人が思っている以上に子供の心に大きな影響を残します。

だからこそ、その対応には気を付けなければならない部分が多々あります。

受け入れる方もまた同じです。

いきなりきた転校生にどんな対応をする事が正しいのか。

どうしたら良いのか分からず悩む事もあるでしょう。

だからこそ、今回は転校生がクラスに来た際にやってあげるべき事についてご紹介させていただきます。

転校生がきた!ドキドキ・ワクワク

皆さんの中で、自分のクラスに転校生がやってきた事がある人は一体どれくらいいるでしょうか。

近年では、多くの人が小学校から高校まで、実に12年という長い期間私たちは学校に通っています。

人によっては、その先の大学や専門学校・短大まで行く人も居るでしょう。

けれど、その時代ともなると「転校」という概念はなくなります。

遠くに引っ越す予定があったとしても一人暮らしを選択する事も出来るでしょうし、編入してもあえて転校生として特別に扱われる事はありません。

だからこそ、私たちの学生生活の中で「転校生」と言うと、小学校から高校までの12年間の時代の出来事を指すのでしょう。

この12年間は、人間にとって実に濃厚な時代です。

大人になって振り返ると、たった6年や3年の出来事ですが、そこで経験する事は多く人生の中で大きな思い出になる時代です。

その思い出はいい事はもちろん、悪い事あるでしょう。

人間関係に悩む事もあれば、恋愛で悩む事もあるでしょう。

自分の気持ちをうまくコントロールする事が出来ないからこそ、無駄に怒ったり傷ついたりする時代ともいえます。

そんな感受性豊かで不安定な精神状態で、転校生が来たらどうでしょうか。

多くの人がドキドキしたりわくわくしたりする事でしょう。

嬉しい気持ちはもちろんあるものの、どう対応したら良いのか分からず悩んでしまう事だってあるかもしれません。

そのせいで相手を傷つけてしまう事だってあるかもしれないのです。

そうなた内用にする為にも、転校生が来たら、どう対応すべきなのかをしっかり学んでおきましょう。

転校生に対する対応を間違えてしまうと、相手を傷つける結果になってしまう事もあります。

また、その事実によって自分を苦しめる事につながる事もあるのです。

思春期は精神状態が不安定で、すぐに落ち込んだり悩んだりする傾向にあります。

だからこそ、対応を間違えないようにしなければなりません。

自分に出来る事を冷静に考え、より良い人間関係を作る事を目的に人とかかわる事を身に着けていけば、将来困る事なく生きていく事が出来るようになる事でしょう。

転校生がクラスに馴染むためにやってあげるべき13個のこと

クラスに転校生が来るという噂が流れると、多くの人がわくわくしたりそわそわしたりする事でしょう。

冷静に考えれば、転校生といえども同じ学年の学生です。

何も特別な事などないはずです。

けれど、ドラマの影響なのか漫画の影響なのか。

『転校生』と言うだけで特別な存在のような気持ちになります。

美男・美女が来るような気になりドキドキわくわくする人も居るでしょう。

また、運命的な出会いに発展するのではないかなどと思う人も居るかもしれません。

何が起こるか分からない相手だからこそ、つい自分の妄想が大きくなり良い事ばかりを考えるようになっているのかもしれません。

とはいえ、実際の転校生の中で人の目を引くような特別な存在などそういるものではありません。

きっと多くの転校生が普通の学生のはずです。

だからこそ、わくわくドキドキした気持ちはなんとなく空回りして終わる事が殆どです。

この際気を付けて欲しい事があります。

それは受け入れる側より、転校生の方がずっと緊張しているという事でしょう。

受け入れる側は、多くの友達の中におり気心を知れた仲間と一緒にすでに何時間も一緒に過ごして居ます。

だからこそ、今さら友達作りに悩む事も無いでしょう。

けれど転校生は違います。

すでに出来上がっている関係性の中に飛び込んでいかなければなりません。

だからこそ、周りに溶け込む事が出来るかどうかをとても心配しています。

その為、転校生を受け入れる側の人はその転校生が馴染む為に的確な行動をとってあげる必要があります。

自分のドキドキわくわくの気持ちだけで転校生を楽しむのではなく、本当にするべき事は、不安と緊張の中に居る転校生が楽しく過ごす事が出来るように手助けをしてあげる事なのです。

「転校生」というだけで、まるで見世物のような状態になってしまう事は良くある事です。

それは精神的に幼く、好奇心が高い時代の子供たちだからこそ当たり前の事なのかもしれません。

ですが、そんな時代だからこそ、転校生に対する態度はきちんとしたものを取るべきです。

その態度によって、その人の人生が変わってしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、必要な対応をしっかりと学んでおきましょう。

話しかける


転校生がクラスになじむ為にやってあげるべきことで一番大切な事は、話しかける事です。

転校生は、当たり前の事ながらまたく知らない人の中に急に入る事となります。

今までの友達など一人もいない環境です。

その環境は想像以上に不安で心細いものです。

また、既にクラスの中では友達の輪が出来てしまっている事でしょう。

だからこそ、勇気を出さないとその輪に入る事はできません。

にも関わらず、誰も話しかけてくれない状態ではなかなかその輪に入る勇気は出ない事でしょう。

だからこそ、話しかけてあげる事はとても重要な事です。

受け入れる方としても、いきなり来た転校生に対して何を聞いたら良いのか分からない事もあるでしょう。

変な事を聞いて、相手を困らせてしまう心配もあるかもしれません。

ですが、まずは気にせず相手と話をする事を目的に動いてみてみてはいかがでしょうか。

例え話が盛り上がらなかったとしても、そのきっかけを作ってあげる事が大切なのです。

子供時代と言えども、そう簡単に友達になれるものではありません。

何度か会話を重ね、同じ経験をしたりする事によって仲が深まっていくものなのです。

だからこそ、すぐに結果を出そうとする必要はありません。

まずは相手に自分の事を知って貰う事を目的に、挨拶程度の会話で良いのです。

会話をしないままでは、何も始まりません。

まずは一つのきっかけとして転校生に対して話しかけましょう。

一緒に帰る

話をする事が出来たら、次はお互いの事を知る事が出来るように会話をしてみましょう。

クラスの中で会話を楽しむ事も勿論賛成です。

ですが、中には大人数と話を話をする事を苦手としている人も居ます。

その為、話をして仲良くなろうとしてもなかなか思うように距離を縮める事が出来ない場合もあるでしょう。

そんな時は、一緒に帰宅してみてはどうでしょうか。

一緒に帰宅する事によって、教室ほどの大人数ではなく少ない人数で話をする事が出来るようになります。

場合によっては一対一で話しをする事が出来るかもしれません。

そうなったとき、ゆっくりと話をする事が出来るので、よりお互いの事を分かり合う事が出来るようになるかもしれません。

また、家の位置などによっては今度一緒に遊ぶ約束をする事だって出来るようになるかもしれないのです。

幼いころは学校の中が世界の全てであるような気持ちになっていました。

しかし実際には学校の外の方がはるかに多くの世界が広がっているのです。

だからこそ、学校にこだわる必要はありません。

広い視野の中でのつながりを大事にした方がずっといい関係を作っていく事が出来るでしょう。

前の学校の話を聞く

当然の事ながら、転校生には前の学校での生活がありました。

今はものすごく静かな性格のように見えても実際には、人気者だった可能性もあります。

転校生の場合、どの程度自分をアピールしていいのかわかりません。

だからこそ、様子見をしてしまうものなのです。

だからこそ、周りにいる人たちはそれを自然と引き出してあげるサポートをする事も大切な仕事の一つです。

その方法として、前の学校の様子を聞く事をお勧めします。

前の学校ではどんな部活をしていたのか。

勉強はどこまで進んでどんな事が流行しているのか。

どんな話でも構いません。

自分が良いと思った事。

気になた事を素直に聞いてみましょう。

そうする事によって、その人自身の人となりを聞く事が出来るようになるでしょう。

同じような環境にある人だとわかれば、それだけで仲良くなるきっかけをつかむ事が出来るかもしれません。

全く何も知らない状態では、仲良くなろうと思っても無理があります。

けれど、何か共通点を見つける事が出来ればそれをきっかけに自分と転校生との間にある壁を一つ乗り越える事が出来るようになるかもしれません。

大人・子供関係なく人と付き合う為にはきっかけが必要です。

そのきっかけをつかむためもいろいろな話を聞く事はとてもおすすめです。

特別なことはしない


「転校生」というとどうしても特別な存在のような気がしてしまいます。

だからこそ、いつもとは違う何か特別な扱いをしなければならないような気持ちになってしまう事でしょう。

けれど、転校生と言っても私たちと同じ学生です。

何か特別な存在の人ではないのです。

だからこそ、あえて特別な行動をする必要はないのです。

勿論、転校生がクラスに早くなじむ事が出来るようにサポートしてあげる事はとても大切な事です。

話かけてあげたり、分からない事は教えてあげましょう。

ですが、だからと言って盛大にお祝いをしたり特別扱いをする必要もないのです。

余りにも特別な扱いをしてしまうと、転校生も委縮してしまうかもしれません。

かえってなじむ事が出来ず浮いた気分になってしまう事もあるかもしれません。

普通にしてあげる事が一番その人にとっていい結果となる場合もあるのです。

だからこそ、あえて普通に接する事を意識してみてはいかがでしょうか。

普通に接する

転校生への接し方を考える際、つい何か特別な事をしなければならないような気持ちになってしまうものです。

ですが、実際には特別扱いをする方が相手にとって良くない場合もあるのです。

というのも、特別扱いをする事によって自分たちとは違う人だという事を容易にアピールする事となってしまいます。

そうする事によって、転校生に対してより強く疎外感を与えてしまう事もあるのです。

同じ学生同士だからこそ、特別な扱いをするのではなく自然と接する事が大切な場合もあるのです。

「普通」とはいったいどんな状態を指すのか。

改めて考えてみると難しい事ではあります。

転校生が来る前と同じようにしていては、転校生が会話に入りにくくなってしまう事もあるでしょう。

そのせいで疎外感を感じてしまうこともあります。

けれど、かといってわざとらしく仲良くしようとすれば特別扱いをしているような形になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、普通にしようと思ってもそうする事は意外ととても難しい事なのです。

人によって物事の考え方は違います。

自分としては普通にしてるつもりなのに受けとる方はそうは思わないかもしれません。

反対に自分としては特別扱いをしていると思っていても、普通にしてくれていると思う事もあるでしょう。

だからこそ、人間関係においてマニュアルなど存在しないのです。

相手の反応をみつつ一番いい方法を探してみましょう。

そうする事が出来るようになれば、将来人間関係で必ず役に立つときがやってくるでしょう。