人は一人では生きていく事は出来ません。

それは良く言われる言葉です。

だからこそ多く人が助け合って生きているのです。

その中には、他人の事情に対してまるで自分の事のように寄り添ってくれる人が居ます。

その人の存在を感じる事で、自分自身が安心して行動する事が出来るという事もあるでしょう。

そんな人たちには『寄り添う力』があるのです。

寄り添う力は、誰もが持っている物ではありません。

他人の痛みを知り、自分の事のようにっ考える事が出来る想像力を持っている人でなければ行う事が出来ません。

また、痛みを知ると同時に他人が困っている事に対して敏感に反応出来る人でなければなりません。

ただ話を聞く事なら多くの人が出来る事でしょう。

しかしながら、そこに合わせて相手を励ましたり慰めたりする事が出来る人こそが寄り添う力がある人という事になるのでしょう。

だからこそ、寄り添う力を持つ事はとても重要な事です。

自分自身はもちろん自分の周りにいる人が、寄り添う力を持っていてくれる事によって、知らず知らずのうちに自分のピンチを乗り越える事が出来る力得ているのかもしれません。

気が付けば、その人はあなたにとってなくてはならないような存在になって居る事もあるでしょう。

人間関係は、面倒な事ばかりが注目されてしまいます。

だからこそ、最近の若い人の中では人間関係を持つ事に対して抵抗を感じている方も沢山います。

極力自分の世界に入り自分が好きな人とだけ交流をしたいと思っているのです。

けれど、それでは視野がどんどん狭くなってしまいます。

人間としての成長をする事も出来ず狭い世界でしか生きる事が出来くなってしまうのです。

だからこそ、私たちは自分の行動をきちんと正す意味でも他人と付き合う事を辞めてはいけません。

人間関係を持つ事によってって自分自身に対するメリットは必ずあるはずです。

いつか困ったときに助けてくれる存在に出会う事が出来るようになる事だってあるはずです。

デメリットばかりに目を向けて行けた何も得る事が出来ません。

だからこそ、メリットを探しその魅力を改めて冷静に考える事も需要なポイントのはずです。

寄り添う力を感じたことはありませんか?

人と交流をしている際、その人から寄り添う力を感じた事はありませんか?

寄り添う力とは、自分自身を励ましてくれたり支えてくれる力の事を指します。

力ずくでそれらを行おうとしようとする人も居ますが、それは場合によっては迷惑な行為として捉えられても仕方のない事です。

相手の気持ちを考えずに、自分の感情をぶつける事は相手のための行為ではなく結局自分のための行為となります。

「他人にこんなに優しくする事が出来る自分ってなんて素晴らしいんだろう」そんな気持ちが見え隠れしてしまうからこそ、周りの人から疎まれてしまっている事もあります。

本当の寄り添う力とは、決して押し付けるものではありません。

相手の事を考え、相手の為にしてあげる行為の事を指すのです。

だからこそ、そこに押し付けるような事があってはならないのです。

自分がどうみられるかを意識している人は、ついそこに私情を入れてしまうものです。

けれど、そうではないからこそ、寄り添う力を感じた人はその人の事を信用し心ゆるす事が出来る相手として考える事が出来るのです。

どんな人といる時に感じる?


寄り添う力は、誰にでも感じるものではありません。

きっと、あまり感じるきっかけが少ないからこそ、より貴重であり大切にしようと思うものなのでしょう。

たとえば、どんなに中のいい友人だったとしてもその人が常に自分の好きな事を勝手にしているようなひとであればそこに寄り添う力を感じる事はないでしょう。

寄り添う力が無ければ友人になる事は出来ないという事では無いものの、そこに落ち着いた関係性を作り出す事が出来るかどうかときかれれば難しい部分もある事でしょう。

反対に、普段は物静かであまり一緒にワイワイと楽しい時間を過ごす事が無い相手だったとしてもいざという時に自分を助けてくれたり一緒に物事を考え、悩みを共感してくれるような相手であれば、その人に寄り添う力を感じる事が出来る事でしょう。

だからこそ、どんな人に対して寄り添う力を感じているのかを冷静に考える事によって自分自身にとって本当に大切な人の存在を知る事が出来るようになります。

人間には、時に何かを選ばなければならないようなな状況になる時があります。

そんな時に、自分の大切な人は誰なのかを冷静に判断する事が出来れば、いざ問題が起きた際にも冷静に判断して行動する事が出来るようになる事でしょう。

家族

家族には無償の愛があると言われています。

理屈では言い表す事が出来ないつながりがあるのです。

だからこそ、家族に対して寄り添うち方を感じている方は多い事でしょう。

特に親から子供に与えられる愛情はとても大きなものです。

例え子供が反抗したとしても、それすらも大き愛で包む事が出来るのです。

相手が他人であれば、生活の世話をしている相手から文句でも言われるような事があればすぐに関係を解消したいと思うものです。

けれど、親子はそんな簡単なものではありません。

子供からの激しい反抗だったとしても、それが成長につながるとしてそのすべてを受け止める事だってあるのですから。

最近では、親から子への虐待など悲しいニュースが良く報道されています。

だからこそ、いくら家族と言えどもすべてが信頼関係でつながっている物だとは言い切れないのでしょう。

けれど、それでも多くの家族の中では、子供は愛され何物にも変える事の出来ない大切な存在として大切にされているはずです。

だからこそ、そこに寄り添う力を感じる事が出来るのです。

恋人

恋人は、心の支えとなってくれるはずの存在の人です。

もちろん、付き合いが浅い状態ではなかなか本心をさらけ出す事は出来ないかもしれません。

ですが、お互いに相手の事を考え大事にしようと思う気持ちがあるのであれば、そこには必ず信頼関係が生まれるはずです。

信頼関係があるのであれば、そこから互いに支える気持ちを持ったとしてもおかしくはありません。

寄り添う力があれば、互いの苦しいときに一緒に乗り越える事が出来る存在になる事が出来るでしょう。

つい恋人同士だと、楽しいところばかりが目についてしまいます。

確かにそうした場合もあるでしょう。

一緒に出掛けたりする事によって、より楽しい時間を過ごす事が出来るようになるのです。

ですが、それ以上に恋人の存在を大切に思う事が出来る瞬間こそがつらいときなのです。

自分が辛いときに支えてくれる人ほど、これらかの日々を考えれば必ず必要な存在となる事でしょう。

友達

友人との関係は実にもろいものだと思われがちです。

特に女同志の関係はとても難しくつい最近まで仲が良かったはずの二人が急に仲が悪くなったり相手に嫌われてしまう事もあります。

だからこそ、ついあまり深く信用することは出来ないと思ってしまいます。

けれど、本当の友情を見つける事が出来るのであれば、それはなにものにも変えられない素晴らしいものになるはずです。

恋愛は、そこに愛が無くなれば終わりです。

ほかに目移りしてしまう事だってあるかもしれません。

しかし友情は違います。

例え自分の友達に他に中の良い人が出来たからといって別れる必要などないのです。

その人もまた一緒に仲良くなればいいだけの話です。

一度堅い絆で結ばれた二人は、何十年経ても一緒に過ごす事が出来ます。

頻繁に連絡を取らなかったとしても、いざとなれば支えになってくれる存在となってくれるはずなのです。

だからこそ、私たちは、そんな相手に対して強い信頼感を持ち寄り添う力を感じるのでしょう。

寄り添う力はありますか?

寄り添う力は、つい相手に求めてしまうものです。

自分が困ったときに助けてほしい。

一緒になって悩み、寄り添って欲しい。

そんな都合の良い事をつい考えてしまうものなのでしょう。

けれど、何事も相手に求めてばかりではいけません。

相手に寄り添う力を求めるのであれば、自分も同じように寄り添う力を持つように行動してみましょう。

つい人間は相手にばかり都合の良い事を求めてしまいます。

じぶんが出来ない事を相手に求めるなど、迷惑以外のなにものでもありません。

相手にそれだけの事を求めるのであれば、自分も同じように寄り添う力を身に付ける事が出来るように努力するべきでしょう。

類は友を呼ぶという言葉があります。

だからこそ、自分が寄り添う力を手に入れる事が出来れば、あなたの周りにいる人も自然とそういったタイプの人が集まってくるはずです。

そうなる事によって、ギブアンドテイクの関係を築く事が出来るようになるのです。

寄り添う力を持っている人は、おそらく何か見返りを求めたいがために行動しているわけではないのでしょう。

それでも、相手から何もなければきっとその力を発揮しようとは思わなくなってしまうのではないでしょうか。

相手の事を考えて行動する事が出来る人こそ、周りには素晴らしい人が集まってくれるのです。

寄り添う力を持つ人の10個の特徴!

ここからは寄り添う人に良くみられる特徴についてご紹介させていただきます。

これから紹介する特徴をよく見て、自分の周りにいる人と比べてみてください。

気が付いていないだけであなたの周りにも素晴らしい寄り添う力を持っている人が居るかもしれません。

また、その基準を知る事によって、自分自身の事を振り返るきっかけをつかむ事が出来るようになる事でしょう。

自分の事は、意外と見えていないものです。

自分では、他人に対して親切にする事が出来ていると思って居ても、意外と出来ていない事もあるでしょう。

まだまだ足りない部分に気が付く事が出来るはずです。

そうする事によって、自分自身の足りない部分を見なす事が出来るきっかけを見つける事が出来るでしょう。

人のふり見てわがふりなおせという言葉があるように、他人を見る事によって自分自身を客観的に見直す事が出来るようになります。

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.思いやりがある


他人に寄り添う事が出来るという事は、それだけ優しさを持っているのでしょう。

だからこそ、寄り添う事が出来る人は、大抵思いやりがある人が殆どです。

優しい心があり、思いやりを持っているからこそ、他人の気持ちに寄り添う事が出来るんでしょう。

他人の心に寄り添う事は、そう簡単な事ではありません。

楽しい事より大変な事の方が多いはずです。

また、自分自身が寄り添う事によって疲れてしまう事だってあるのです。

だからこそ、軽い気持ちでは、相手に寄り添う事など出来ません。

にも関わらず、寄り添う力をもっている人が居るという事は、それだけその人は相手の事を考える力を持ってるという事になるのです。

思いやりがある人は、自分の時間を他人に使う事が出来るようになります。

だからこそ、相手の事を考えた優しい行動を取る事が出来るのでしょう。

2.相手のことを理解できる

どんなに相手の力になりたいと思っても相手の気持ちを理解する事が出来なければ、それはなかなか出来るものではありません。

例えば、相手の事を思ったした行動だったとしても、あいてに取っては迷惑に感じる事だってあるかもしれないのです。

それは、まさにエゴです。

自分が満足したいが為に求められても居ない事をしているという事なのです。

それでは、迷惑こそ感じられる事はあっても感謝される事などないでしょう。

寄り添う力を持っている人は、それだけ相手の事を理解して行動する事が出来る人の事を指すのでしょう。

自分がしたい事では無く、相手が求めている事を考えて行動する事が出来るのです。

だからこそ、その優しさに触れた人は、寄り添う力を感じる事が出来前向きな気持ちになる事が出来るのかもしれません。

3.優しい

先ほども紹介したようい、寄り添う力がある人は思いやりの力を持っているひとです。

つまりは、優しいのです。

人の長所を語る際「優しい」というと、なんだかとても適当に答えているように見えてしまう事でしょう。

けれど、本当にただただ優しい人もこの世の中にはいるのです。

優柔不断など、何かデメリットを隠す際にあえてオブラートに包むように「優しい」という言い方をする事もあります。

だからこそ、つい多くの人は優しいだけではダメなような気持ちになってしまうのdす。

けれど、優しい事は人として素晴らしい事です。

困った人が合ったら助けてあげる。

自分が出来る事は、他人の為に力を使う。

一見簡単そうに見えるかもしれませんが、そんなに簡単な事ではありません。

誰もが出来ないからこそ、優しい人は素敵なのです。

寄り添う事は、優しやが無ければ出来る事ではありません。

だからこそ、寄り添う力を持っている人はそれだけ優しい人という事なのでしょう。

4.親しまれる

寄り添う力がある人は、大体の場合、他人から好かれる傾向にあります。

自分の利益だけでは無く、相手の事を考えて行動する事が出来るのが寄り添う力を持った人です。

だからこそ、そんな人であるのであれば、ついつい周りの人が羨ましくなったり、好意を抱く事は珍しい事ではないでしょう。

どんなに優れた才能を持っている人でも、人望がなければ自分の周りに集まる人もいないどしよう。

そればかりか嫌われてしまうことだってあるのです。

人間としての魅力は、その人の学力や才能とは全く違う所にあるのです。

だからこそ、親しまれるという事は、それだけ人間としての魅力が沢山ある人なのでしょう。

5.信頼が高い

人は、自分のことを考えてくれる人に対して信頼を持つものです。

だからこそ、他人の事を貶めたり平気で嘘をつくような人の事を信用する事は出来ません。

寄り添う力を持っている人は、それだけ他人の事を考える事ができる人です。

だからこそ、信頼を持たれる事が多々ある事でしょう。

寄り添う力があるある人は、いつでも他人の事を考えて行動する事が出来ます。

そこには嘘や偽りなどがなく真っ直ぐな優しさを持っているのでしょう。

だからこそ、それに触れることによって多くの人が優しい気持ちになる事が出来るのかもしれません。

人の気持ちを動かす事が出来るのは、所詮人の気持ちだけなのです。

だからこそ、その気持ちを持っているからこそ、高い信頼を得ることができるのでしょう。

6.頼れる存在

人は一人で生きて行かねばなりません。

結局最後に信じる事が出来るのは自分だけです。

自分が決断した事によって物事は決まっていき、結果的にそれが自分の人生に繋がっているのです。

けれど、だからといって、他人と全く関わらなくていいという事ではありません。

多くの人と関わり、アドバイスをもらう事によって人は成長する事が出来るのです。

自分の心に対して、寄り添ってくれる人が居ればそれだけで心は強くなる事でしょう。

その事を信頼して、安心して行動する事が出来るようになるはずです。

自分が心から信頼して、頼る事が出来れば人は強くなる事が出来ます。

一人ではなかなか決断出来ないような事に対しても、勇気を持って行動する事が出来るでしょう。

7.友達が多い

他人との距離を詰める為にも、違いの事を信頼し合う事はとても大切なことです。

相手の事を考えて行動する事が出来る人は、他人からの評価も高く多くの人から好かれる存在になる事が出来るはずです。

それが結果的に考えれば友達の多い人になる事につながるのでしょう。

友達が多い人が必ずしも良いとは言えません。

少ない人数であったとしても、相手と気持ちを分かち合う事が出来るのであればそれが一番いいのかもしれません。

けれど、それでもやはり少ないよりは多いにこした事はないという現実もあります。

何事も、何よりはあった方が良い事が沢山あるのです。

8.自分より相手の事を考える

他人に寄り添う事が出来る人というのは、自分よりも相手の事を考えて行動する事が出来る人なのかもしれません。

だからこそ、何を相手が求めているのかを知る事が出来るので、結果的に寄り添う事が出来るのです。

寄り添うとは、自分の事ばかりを考えている人が出来る事ではありません。

他人の心を考える事が出来るからこその行動なのです。

もっといえば、自分の事を二の次にする事が出来るくらい相手の事を考える事が出来る人でなければ、そのような評価を得る事などできないのでしょう。

だからこそ、寄り添う力のある人は相手の事を考える事が出来るという事につながります。

自分では寄り添っているつもりなのにも関わらず、周りからそのような評価を得る事が出来ない場合には、結局自分勝手な行動になってしまっているのかもしれません。

自分が良かれと思てやっている行動が、相手からしたら迷惑な行動になってしまう事もあるのです。

9.温かい気持ちがある

人と人とが付き合っていく為には、気持ちが大切です。

同じ行動をとったとしてもそこに気持ちが無ければ意味がありません。

相手の事を考え、支えになってあげたい。

そんな優しく暖かい気持ちがある人こそ寄り添う力を得る事が出来るのかもしれません。

気持ちを込めた行動を自分がとっていれば、相手も必ずそれにこたえてくれるはずです。

例えわかってくれない人が居たとしても、多くの人が分かってくれるようになるはずなのです。

だからこそ、私たちは、自分の行動をしっかりと見極めなければなりません。

うわべだけの行動では、相手に自分の気持ちが伝わる事はありません。

本当に心のそっから相手の事を心配したり支えたいという思いがあってこそ初めてその気持ちは相手に伝わるものなのです。

だからこそ、今一度自分の行動を振り返ってみてください。

10.律儀である

律儀とは、決められた事を守ったりする人の事を指します。

他人の心に寄り添う事が出来る人の場合には、自分が約束を破ったりしてしまったら、周りの人がどれだけ困ってしまうかを考える事が出来るのでしょう。

だからこそ、つい自分の気持ちよりも相手の事を考えてしまうのです。

頼まれたら断れない。

忙しくて目が回る日々であったとしても、他人の為に行動する。

それこそがまさに律儀というものなのでしょう。

寄り添う力が何故必要?寄り添うことの大切さ

人は一人では生きていく事が出来ません。

だからこそ、周りの人の助けが居るのです。

その中で寄り添う力がある人は周りにいる人の支えになる事が出来ます。

つらいときに頼る事が出来る人が居るだけで、誰もが心を強く持つ事が出来るうようになる事でしょう。

人間にはいろいろな力があります。

他人より優れた能力を持っている人も沢山いるはずです。

その人たちから見れば、他人の心に寄り添う事が出来る能力など大した事はないと思われる事も多々あるでしょう。

けれど、実際現実社会を生きていくうえでは、コミュニケーション能力は何よりも大切です。

その中でも寄り添う力を持っている人は、周りの人を幸せにすることが出来る素晴らしい能力です。

そのお蔭で結果的にその人の周りには、素敵な人たちが沢山集まってくる事でしょう。

他人に自慢できる能力こそが、人間の本質として必要なわけではありません。

もちろん、無いにこした事はありませんが、それ以上に必要な能力はあるのです。

寄り添う力は、人の優しさから生まれるものです。

だからこそ、いくらでも努力によって手に入れる事が出来る力となっているのです。

お互いが相手のことを考えられる

寄りそう力は、どちらか一方にあればいいというものではありません。

一番の理想は、互いに寄り添う力をもっているという事です。

それが出来れば。

お互いがお互いの事をしっかりと分かり合って行動する事が出来るようになるのです。

それが結果として良い人間関係を作り出す大元となる事でしょう。

相手の事を考えられる人は、それだけ優しさがあり人望もあります。

そんな人がより多くなる事によって、世間はより安全で平和な姿になる事でしょう。

喜びや悲しみを共有する事によって、他人の心を知る事はそれだけで価値のある事なのです。

1人ではどうしても生きていけないから

子供のころは、誰しも親に守ってもらってきました。

何か悲しい事があれば慰めれくれ、困ったときには相談に乗ってくれる事もあったでしょう。

けれど、親は必ず年を取ります。

いつの間にか立場が変わっていくものです。

この間まで自分が相談していたのにも関わらず、気が付いたら相談する立場になってしまっている事もあります。

だからこそ、一人で生きていく勇気を持たなければなりません。

けれど、そうは言っても人間は弱い生き物です。

自分一人の力ではどうする事も出来ない事もあるでしょう。

誰かに相談したい、助けて欲しい。

そんな気持ちになってしまう事は自然の事でしょう。

そんな時、寄り添うち方をもった人あがそばに居てくれたらどうでしょうか。

強い気持ちを持って行動する事が出来るようになるかもしれません。

自分の力だけですべての出来事を処理しようと思う事自体が無茶なのです。

出来る限りの事をする事は素晴らしい事ではありますが、他人との距離をうまく取る事によって自分自身にとってっもプラスとなる相手を探す事が出来るようになるはずです。

子供のころには子供のころの。

大人になれば大人になったなりの対処方法があります。

それを身に付ける事が出来れば、より安心して行動する事が出来るようになる事でしょう。

寄り添う力が無いとどうなってしまう?

ここまで寄り添う力の素晴らしさをご紹介してきました。

それでは、逆に寄り添う力が無い場合にはどうなってしまうのでしょうか。

相手の気持ちを理解できない

寄り添う力が無いという事は、相手の気持ちを考えて行動する事が出来ないという事です。

つまりは、相手の気持ちを理解する事が出来ていないという事なのです。

相手の気持ちを理解する事が出来なければ、不適切な言葉によって相手を傷つけてしまう事があるかもしれません。

怒らせたり悲しませたりしてしまう事だってあるはずです。

更には、その事にすら気が付く事が出来なければ、間違いなく相手を怒らせてしまう事になるでしょう。

そうなってしまっては、健全な人間関係を作っていく事などできません。

人間関係は実にシビアなものです。

空気を読む事が出来ず、他人の気持ちに無頓着な人は自分が気が付かない間に周りから人が居なくなっていく事もあります。

気が付いた時には一人になってしまっているなんて事もあるかもしれないのです。

気を使いすぎてしまった結果、何も自分のしたい事を言えない事は良くありません。

けれど、それと同じかそれ以上に相手の気持ちを考えて行動する事が出来ない人にはデメリットが出てしまうでしょう。

感動などの共有をすることができない

人は、誰かと共有する事によって楽しい事は2倍に。

悲しい事は1/2にする事が出来ると言われています。

それだけ人間同士のつながりは強りものなのでしょう。

けれど、他人の気持ちを理解する事が出来なければそれをする事が出来ません。

理解できない事に対して、感情移入する事などできないからです。

だからこそ、結果的に人と深くかかわることが出来ずに悲しい日々になってしまう事があります。

寄り添う力は人を強くしてくれます!

何か困った事があったとき、人は誰かに助けを求めたくなるものです。

所詮、自分の人生に責任を持つ事が出来るのは自分だけです。

だからこそ、決断するのは自分です。

けれど、それでも誰かが支えてくれれば、もうひと踏ん張りする事が出来る事もあります。

何かを決断する勇気を持つ事だって出来るようになるかもしれないのです。

どんなに強く見える人でも、一人で生きていく事がつらいものです。

支えになってくれる人が傍にいてくれる事によて、安心する事が出来さらに充実した人生にすることだて出来るようになるかもしれないのです。

だからこそ、支える力を持っている人に出会えた人は、大変幸運だと言えるでしょう。

また、自分自身が支える力を手にする事が出来るようになれば、周りの人をそれだけ幸せにする事が出来るようになるかもしれません。

一緒にいる人が、笑顔で居てくれる事によってより良い日々を過ごす事が出来るのです。

自分の力によって、誰かが元気になってくれる事があれば、そんなに幸せな事はありません。

寄り添う力を持つ事はそう簡単な事ではありません。

独りよがりにならないように、相手の気持ちをしっかりと考えて行動する必要があるでしょう。

けれど、もし本当に手にする事が出来るようになれば、それによって自分自身がもちろん周りにいる人の事も幸せにする事が出来るでしょう。

それはとても素晴らしい事です。