人には、大きく2つのタイプがあります。

物事を1つの立場だけではなく、他の人の立場も考慮しながら物事を判断することのできる客観的な人。

自分の考えや感じたことのみに拘り、他の人の考えや意見に無関心な主観的な人。

主観的な人の中には、自己中心的で、強い信念と強い自信を持っている人がいます。

強い信念と自信を持っている人は、心や感性が硬く固まっていますので、自分の考えを第三者の目で振り返り反省するとか、改めることはできません。

また、曖昧なことを嫌いますので、白黒ハッキリしていなければ納得できない頑固さを持ち合わせています。

一方、判断がハッキリしていて早いため、一見、頼りがいのある人のように観えます。

しかし、一度下した判断に誤りがあっても周りの人の意見を聞く耳をもっていません。

また、主観的な人の中には、自分に自信が持てずに潜在意識の中に劣等感を抱えているため、自己防衛のために自分の考えを主張することで『隠れミノ』にしている人もいます。

自分の心の中を他の人には知られたくないために、主観的な言動で心の奥を隠そうとします。

主観的な人は、周りの人の考えに耳を傾けると、自分の考えが揺らぎ自信も揺らいで心の冷静さを失い、自信の無さが露呈することを恐れて、他の人の考えや意見に敢えて、耳を貸すことはしません。

主観的な人の中には、幼少時の家庭環境において、親の過保護の中で育ってきたために、自己中心の考え方が潜在意識に染み付いていることがあります。

自己中心的な価値観のため、周りの人の考えに興味を拡げることができません。

また一方、主観的な人の中には、自信過剰な人もいます。

自分の考えは“絶対に正しい”という強い思い込みのため、周りの人の考えや意見に耳を傾けることをしません。

組織の長のワンマンな人やカリスマと言われる人に見られるタイプです。

物事の良し悪しを判断するときのモノサシを、自分の価値観だけに拘り、周りの人の考えを加味することができません。

主観的な人は、自分の立場を最優先に考えて行動します。

自分の考えを前面に出すことのみに神経を集中するため、視野が狭くなり『自分の世界』を守ることにエネルギーを注ぎこみます。

ですから、心に余裕が持てずに、他の人の気持ちを考慮することができません。

自己中心的な言動が目立つため、自分の周りに理解者ができずに孤立感に陥るケースがあります。

自己主張することにエネルギーを注ぐため、自分の考えを客観的に見直しする心の余裕を持てませんので、人とのコミュニケーションが苦手になる人もいます。

一方、客観的な人は、周りの人の立場も自分の立場と同等に考えて行動ができる人です。

主観的な人に比べると心の許容範囲が広くて、周りの人の考えや意見にもスムーズに耳を傾けることができます。

周りの人から的確な意見やアドバイスがあれば、自分の考えや意見を素直に反省し改めることができます。

心が広いため、自然な振る舞いの中で快い人間関係を築くことができますので、周りの人からも信頼されることが少なくありません。

主観的な人について論じるときは、客観的な人の振る舞いと比較をしながら観ることで、主観的な人の特徴を浮き彫りにすることができます。

主観的な人に共通する10個の特徴

主観的な人の中には様々なタイプの人がいます。

自信過剰なために、周りの人の考えや意見に耳を貸さないタイプが居る一方で、自分の自信の無さが露呈することを避けるために、主観的な態度を前面に出して『隠れミノ』として振舞う人もいます。

“主観的”の意味には、“自分だけの見方にとらわれているさま”があります。

主観的な人は、自分の考えに強い拘りを持っています。

自分の考えは、“正しい”、他の人の考えよりも“優れている”という自負をもっていることが少なくありません。

抱いている自負は本人の単なる思い込みによるもので、自他ともに認められたものではありません。

本人に勘違いがあっても気づくことはありません。

自分の考えを第三者の目で冷静に振り返ることもしません。

大きな勘違いや誤りがあっても気づくことができないため、周りの人からは距離を置かれて信頼されることはありません。

このため、職場などでの人間関係の中で『浮いた存在』になることがあります。

一方、客観的な人は、自分の立場と他の人の立場を同等に考えることができます。

自分の考えを第三者の観点で振り返ることができますので、勘違いに気づいたときは素直に改める心の広さをもっています。

また、人間関係づくりを大切にしますので、他の人の考えにも興味を抱き、耳を傾けることも多々あります。

人間関係を大切にするあまり、周りの人の考えも大切にすることから、物事を決めなければならない状況に直面した時、相手の気持ちも考えるため、ハッキリと判断することができずに躊躇する場面もあります。

両者を立てようとするあまり、決断できずに曖昧な態度をとることがあります。

主観的な人は、周りの人の考えに惑わされないため、躊躇せずに判断し、自分の考えを相手にハッキリと伝えることができます。

1.好き嫌いが激しい


主観的な人は自己中心的に物事を考え判断し、進めていく傾向が強いです。

このため、他の人の考えや意見に興味を示すことは殆んどありません。

自分自身の考えを大切にする『自己保身』の意識が強いことから、自分の考えを守るために他の人の考えに惑わされることを極端に避けようとします。

自分の考えを貫くために、自分の考えとは異なる意見は排除しようとする意識が強いため、好き嫌いが激しい傾向があります。

好き嫌いが激しい言動により、自分の考えを貫こうとする姿は、自己保身の表われです。

また、主観的な人の中には、プライドの高い人がいます。

プライドが高いため、自分の考えを絶対視するあまり、周りの人の目には、好き嫌いの激しい利己主義な人として映るのです。

迷わない

主観的な人は、自分の考えを最優先に貫こうとしますので、他の人の考えや意見に惑わされて迷うことはありません。

自分の考えを大切にする意志の強さを持っている人は、自分とは異なる考えに直面しても迷うことはありません。

自分の考えや意見を貫くことに一生懸命になるため、他の人の考えや意見に耳を傾ける心の余裕を持てないのです。

また、主観的な人の中には、他の人の意見に翻弄されて迷う姿を見せたくないという、自尊心の強い偏ったプライドを持つ人もいます。

白黒はっきりしている

主観的な人の中には企業など組織の経営者も少なくありません。

事業の経営に携わる人は、全責任を背負って経営に全エネルギーを注ぎ込んでいますので、物事を進めていく過程で困難な状況に直面することも多々あります。

組織の経営をスムーズに滞ることなく進めていくためには、迅速な決断力が求められます。

ですから、曖昧な態度は後手に回る事態を引き起こしますので、常に白黒をハッキリさせることが身についています。

経営に携わる人の特徴の1つは、白黒がハッキリしているため、カリスマ的存在に観られることがあります。

白黒がハッキリしている面は、一見冷たい印象を与えます。

しかし、厳しい競争の中で事業を進めていくためには、白黒をハッキリさせる決断力は欠かせない能力と言えます。

2.頑固

主観的な人は、自分の考えを前面に出すことを第一に考えていますので、優柔不断で曖昧な言動をすることはありません。

特に会社経営に携わる人など、大きな責任を負う立場で仕事に携わっている人にとっては、曖昧な考えや判断は許されない立場にありますので、頑固な面をもっています。

頑固さは、“融通が利かない”などマイナスイメージとして他の人から観られることがあります。

しかし一方では、揺るぎない信念の表われと言える面もあります。

主観的な人は、様々な困難な局面を乗り越えてきた経験を積み重ねていく過程で、自分の信念を築いていきます。

多くの経験の『結晶』が信念として身についていますので、周りの人からの意見で安易に考えを変えることはしません。

このため、頑固な人という印象を与えることがあります。

人の意見を聞き入れない

主観的な人は、自分の考えは“優れている”という思い込みが強いため、人の意見を聞き入れないことがあります。

自分の人生の中で経験してきた様々な出来事を乗り越えてきた積み重ねにより育まれた価値観や考えを大切にしていますので、他の人の意見に安易に耳を傾けることをしません。

人の意見を聞き入れることは、“自分の考えを自ら否定する行為になる”と思い込む強い拘りがあります。

自分の考えイコール『人生』という思い込みがあるため、人の意見に耳を傾けることは、自分の人生観が揺らぐという懸念を抱きます。

自分の考えが正しいと思っている

主観的な人は、自分が培ってきた価値観や考えを、今まで歩んできた人生の中で直面した経験の積み重ねによる『賜物』と思っています。

ですから、揺るぎない自信を抱いていますので、自分の考えが正しいと思っているのです。

人が自信を抱くようになれるのは、“自分の考えは正しい”と思っているからです。

自分に自信を持てないときは、自分の考えが正しいとは思えないときです。

自分の考えが正しいと思い込んでいる主観的な人は、心の奥に揺るぎない自信を抱いていますので、周りの人の考えに惑わされることはありません。

自分に自信をもって行動しますので、一見、頼りがいのある人に観えます。

あなたの彼氏が主観的な人なら、“自分の考えが正しい”と思っているかを注視しましょう。

あなたの考えにも耳を傾けてくれるか観察しましょう。

あなたにとって、将来の人生の伴侶を意識しているなら、好みのタイプであっても、冷静に人間観察して、彼氏が“自分の考えが正しい”という思い込みが強ければ、冷静に再考しましょう。

3.喜怒哀楽が激しい

主観的な人は、自分の考えに強い拘りをもっているため、他の人から色々な考えを向けられると、自分の考えを“拒否”されたと思い込んで、感情的になります。

また、自分の考えと似た考えを他の人から向けられると、喜々として自分の考えに過度の自信を抱きます。

自分の考えに向けられる周りの人からの様々な反応に感情を露わにするため、喜怒哀楽が激しい姿として映ります。

真剣になればなる程、喜怒哀楽の感情が激しく表に出ることがあります。

安易な妥協はしませんので、物事の状況の良否に応じて、喜怒哀楽の感情が激しくなります。

一方、自分の人生を真剣に考えない人は、思い入れが中途半端ですので、状況の良否に強い拘りを抱くことがないため、喜怒哀楽の感情が激しく沸き上がることがありません。

喜怒哀楽は、真剣さの表われと言えます。

感情的になることも

主観的な人が感情的になり易いのは、自分の人生への思い入れが強いことを物語っています。

自分の人生を将来に向けて、より良くしようとする思いが強いほど熱意が高まり感情的になります。

感情的になることは、人生への真剣さを示すバロメーターとも言えます。

人生への思い入れが強いほど、日々の生活への心意気の高まりに呼応するように、感情的になるのです。

一方、人生への思い入れが殆んどない人は、日々の生活を惰性に流された安易な無感動の心理状態で過ごしますので、物事の良否に関わらず感情的になることは殆んどありません。

あなたの彼氏が感情的にならない人なら、一見、冷静な人に観えることがあります。

しかし、彼氏が将来に向けた人生への思い入れに無関心なタイプかを見極めることは、あなたの人生を守るために大切なことです。

4.意思が強い


主観的な人には、揺るぎない信念を抱いている人が少なくありません。

意思の強さは、確たる信念を物語っています。

意思の強い言動は、観方によっては、頑固さを測るバロメーターになることもあります。

また、意思が強い人は、“頼りがいのある人”として、周りの人の目に映ることがあります。

意思の強さは時として、他の人の考えに耳を貸さない振る舞いとして表れることがあります。

あなたの彼氏が意思の強い人なら、“頼りがいのある人”か“頑固な人”なのかを見極めて、将来設計の参考にすることも必要です。

表面上は聞く姿勢を見せる

主観的な人の中には、他の人の話に興味を示して聞く姿勢を見せるタイプと、人の話を聞くことに無関心なタイプがあります。

主観的な人は自分の考えを大切にしますので、人の話を聞くことには消極的になる傾向があります。

人の話を聞くことを避けようとする態度を表に出すタイプと、表には出さずに表面上は聞く姿勢を見せるタイプとがあります。

周りの人への心遣いのできる人は、表面上だけでも聞く姿勢を見せます。

主観的な人の中には、自己中心的であっても、周りの人も大切にする心の余裕を備えている人は、人の話にも耳を傾けようと努力し、“表面上は聞く姿勢を見せる”振る舞いをします。

最終的には自分の意見を押し通す

主観的な人は、自分の立場を守ることを第一に考える傾向があります。

このため、周りの人の立場を顧みることは殆んどありませんので、他の人の意見に耳を傾けることもありません。

また、自分の存在をアピールしたい欲求が強いため、周りの人から興味を惹いてもらうために、好印象を与える振る舞いをします。

その1つが、周りの人の意見に耳を傾ける仕草です。

自分の存在をアピールするために、周りの人の意見に耳を傾ける姿を見せます。

しかし、自分の意見を第一に考えていますので、最終的には自分の意見を押し通すことになります。

一方、客観的な人は、自分の立場だけではなく周りの人の立場にも配慮する心の広さをもっていますので、周りの人の意見にも耳を傾けます。

周りの人の意見の方が優れているときは、素直に認めて、自分の考えを無理に押し通すことはしません。

5.あまり人の気持ちは考えない

主観的な人は、自分の考えを他の人に分かってもらうことに奔走する傾向があります。

頭の中は、自分の考えでイッパイになっていますので、人の気持ちを考えるための余裕を持っていません。

日々の生活の中でも、自己中心的に物事を進めますので、人の気持ちに思いを巡らす心の広さを持っていません。

しかし一方、客観的な人は、自分の考えと共に他の人の気持も大切にして、快い人間関係を築こうとします。

ですから、人の気持も考えることのできる、思いやりの心をもっています。

みんな同じ意見だと思っている

主観的な人は、自分の意見をアピールすることにエネルギーを注ぎますので、自分の意見が正しいかを確かめるために冷静に振り返ることをしません。

このため、他の人の意見を聞くことがなく、自分の周りには様々な意見をもっている人が多く居ることが分からずに、“みんな同じ意見”だと思っています。

一方、客観的な人は、日々の生活の中で、色々な人の意見を聞くことを心掛けていますので、みんな同じ意見だと勘違いすることはありません。

人は今まで歩んできた人生の中で積み重ねてきた経験に応じた価値観が根付いています。

人が10人集まれば10通りの価値観があり、10通りの意見が出てきます。

客観的な人は、色々な人の意見を聞くことが自然にできますので、周りの人から信頼されることも少なくありません。

しかし、主観的な人は、みんな同じ意見だと思っていますので、周りの人との信頼関係を築き難いといえます。

根拠のない自信がある

主観的な人は、『自分の世界』を作っていますので、自分の考えを第三者の目で省みることはしません。

ですから、自分の思い込みによる、根拠のない自信を抱くことがあります。

周りの人から見ると、“勘違い”と思われることであっても、気づくこともなく、独りよがりで根拠のない自信を抱き続けます。

根拠のない自信を抱き続けることは、職場浮いた存在となり、快い人間関係を築くことが難しくなっていきます。

6.協調性に欠ける

協調性は、お互いの間に相手を思いやる心遣いがあることで生まれるものです。

主観的な人は、自分の立場を最優先に考えますので、他の人の立場を考慮することはありません。

ですから、他の人の考えを大切にすることができずに、協調性に欠ける言動をする傾向があります。

一方、客観的な人は、自分の立場を大切にするとともに、他の人の立場にも配慮できる心の余裕を持っていますので、協調性に欠けることはありません。

協調性は、日々の生活に於ける快い人間関係を維持していくためには大切なことです。

周囲を気にしていない

主観的な人は、世の中は自分中心に回っていると勘違いしていますので、周囲の状況や他の人の考えに興味を示すことはありません。

また、自分が周囲からどのように観られているかに無関心です。

ですから、周囲を気にすることはありません。

また、自分の考えを絶対視しているため、周囲の人の考えが自分の考えとは大きく違っていても、周囲を気にしていないので、自分の考えを振り返ることはしません。

評価も気にならない

主観的な人は、自己中心的に物事を考えていますので、周りの人からどのように観られているかを気に掛けることはありません。

自分の考えが“優れている”との思い込みが強いため、他の人の考えには興味を抱くこともありません。

ですから、自分が周りの人からどう評価されているかは気にならないのです。

一方、客観的な人は、周りの人との間に良好な人間関係を築こうと心掛けますので、自分が周りからどのように評価されているかを気にかけます。

時として、周りの人へ不快感を与えていることに気づくことがあれば、時間を置かずに改める気遣いが身についています。

7.先入観で判断する

先入観は、時として自分の狭い限られた価値観だけで決めつけてしまうことがあります。

主観的な人は、他の人の考えや意見に聞く耳を持たないため、第一印象で受けた先入観で相手の人柄を判断することがあります。

ですから、全く的外れのまま相手の人柄を決めつけてしまうことも少なくありません。

相手の人柄を誤解していたことに気づかずに振る舞い、相手の心を傷つけてしまうことがあります。

一方、客観的な人は、先入観で人を判断することはしません。

先入観は、時として的外れの誤った判断を引き起こすことを頭に入れているのです。

ベクトルが違うところに向くことも

ベクトルの向きに正確に合わせていくためには、周りの状況を的確に把握する必要があります。

周りの状況を的確に把握するためには、他の人の意見に謙虚に耳を傾ける態度が必要です。

しかし、主観的な人は、職場の同僚の意見に謙虚に耳を傾けることをしません。

ですから、自分の勘違いや誤りに気付くことができずに、職場の目指す目的とは違うところにベクトルが向くこともあります。

また、主観的な人の中には、自己中心的な考えで物事を判断する人が少なくありません。

周りの人のアドバイスには聞く耳を持たずに、ベクトルが違うところに向いていても自分の誤りに気付かないことがあります。

周りの人の意見に聞く耳を持たない人は、周りの状況を的確に把握することができなくなります。

このため、ベクトルが違うところに向いて的外れになってしまうのです。

8.視野が狭い

自分の立場を守ることのみにエネルギーを注ぐ人は、自分を取り囲む周りの状況を把握することができません。

このため、視野が狭くなり、物事の状況を客観的に把握できなくなります。

主観的な人は、自分の立場を守ることを最優先に考えますので、周りの状況を観察し把握する冷静さや気持ちの余裕を持ち合わせることができません。

このため、視野が狭くなり、自分の誤りや勘違いに気づくことができなくなります。

周りの人は、聞く耳を持たない主観的な人にアドバイスを向けることを止めます。

ですから、主観的な人は、視野が狭い状況から抜け出せない状況に陥ることになります。

偏った考えをすることも

自分の考えに強い拘りを持っている主観的な人は、自分の思い込みや勘違いに気づくことがなく、偏った考えをすることも多々あります。

主観的な人は、周りの人の考えに興味を抱くことがないため、自分の考えを客観的に振り返る機会をもつことができません
このため、自分の考えが偏っていることに気づかないことがあります。

自分の考えは“正しい”と思い込んでいますので、他の人の考えを聞く必要性を感じることはないのです。

一方、客観的な人は、自分の考えが正しいかを何時も気にかけていて、機会があれば、他の人の考えを聞いて自分の考えに偏りがないかを『自己確認』することができます。

ですから、他の人からの指摘にも素直に受け入れる謙虚で柔軟な感性を備えていますので、偏った考えをすることはありません。

9.思い込みが激しい

自分の立場を第一に考える人は、自分の価値観だけで物事を判断する傾向があります。

自分の考えは“正しい”と思い込んでいる人は、他の人との間で考えを交し合うことには興味を示しません。

この結果、思い込みが激しくなり、周りの人との間で考え方に大きな隔たりができて、人間関係を築く上でも大きな影響を及ぼすことがあります。

日々の生活の中で、職場などでも快い人間関係が築かれていないため、“思い込みが激しい”ことを指摘してくれる身近な人も居ません。

このため、自分の思い込みの激しさに気づく機会を持てないまま過ごすことになります。

自分だけで判断し、突っ走ることも

主観的な人は、日々の生活の中で自分の立場を第一に考えた言動を繰り返します。

このため、身近に相談に乗ってくれる人が居ない状況に陥ることがあり、自分だけの判断で物事を進めることが少なくありません。

時には、周りの人からの忠告も聞かずに自分だけで判断し突っ走ることもあります。

主観的な人は、日常生活の中で、自分の考えを最優先にして、周りの人の考えを二の次に扱っています。

他の人との人間関係が築かれていないため、お互いの考えを交わし合うことはありません。

身近な人との情報交換を行うこともありません。

このため、物事を進めるときの判断材料は、自分の考えを頼ることしかできません。

物事を客観的に冷静に判断することができずに、身近な人に相談もせずに、自分だけで判断し突っ走ることもあります。

10.真面目

主観的な人は、自分の考えを大切にするとともに、目の前の物事を中途半端な考えで進めることができません。

自分の考えを大切にするあまり、気になることがあれば、1つのことにも凝り、納得するまで突き詰めて考える傾向があります。

頭の中でキチンと整理しながら物事を進める面をもっています。

もちろん、仕事の面でも手抜きや曖昧な考えで判断して物事を進めることをしませんので、真面目な面をもっています。

少しでも、曖昧な部分があれば気にする完璧主義的な面があります。

自分の考えに強い拘りをもつ主観的な人は、周りの人から指摘を受けないように、自分の考えを完璧にしょうとします。

このため、少しのミスや不備も許さない気構えで、自分の考えにスキが無いように集中しますので、真面目な人という印象を与えます。

ひとつのことに凝る、こだわる

自分の考えを大切にする主観的な人は、完全さを求める傾向があるため、ひとつのことに凝って強い拘りを抱くことがあります。

物事への判断も自分だけの視野の狭い考えだけを拠り所にしていますので、拘りのある偏った面をもっています。

しかし、客観的な人は、周りの人の考えにも興味をもち、自分の考えが適切なのかを気に掛けていますので、1つのことに凝り、こだわるような狭い考え方をすることはありません。

完璧主義なところも

完璧主義な人は、自分に厳しくし、他の人からの評価を極度に気にしますので、仕事の面でも曖昧さを認めない100%ミスのない完全さを目指します。

また、几帳面なところをもち、融通の利かない頑固さも持ち合わせています。

時間管理に関しても曖昧さを嫌うため、決められた時間内には確実に成し遂げる堅実な面があります。

自分に厳しいため、周りの人にも厳しさを求めます。

ですから、曖昧な人を絶対に認めようとはしない拘りの強さをもっています。

主観的な人には完璧主義の人が多く、物事を完璧にやり遂げようとして、頑張りすぎる面もあります。

物事を完璧にやり遂げようと頑張りすぎるため、気持ちに余裕が無くなり、自分の考えだけで判断しようとし、時には、偏った考えで決めつけてしまうこともあります。

完璧主義な人は、周りの人にも完璧さを求めますので、緊張感を伴う人間関係になり、快い人間関係を築くことが難しくなります。

ですから、完璧主義を貫こうとする主観的な人は、孤独な立場に陥ることが少なくありません。

孤独な立場から抜け出そうとするあまり、周りの人に認めてもらうために完璧さを更に目指そうとします。

主観的な人は、『完璧=優位』という偏った拘りをもっていますので、曖昧さを許すことができずに、常に気持ちに余裕のない生活を送ることになります。

客観的視点を意識しよう

主観的な人は、自分の考えが“優れている”と思い込んでいます。

偏った考えであっても、第三者の目で振り返ることをしません。

また、自分の考えや価値観を絶対視する傾向があるため、他の人の優れた考えや意見であっても素直に認めることができません。

自分中心の『世界』をもっていますので、自分は他の人よりも優れているという勘違いに陥ることが少なくありません。

いわゆる『裸の王様』状態に陥っているため、周りの人から信頼されることは殆んどありません。

職場の中でも、周りの人の考えには無関心な態度を見せるため、快い人間関係を築くことが難しいです。

一方、客観的な視点で物事を考えて判断できる人は、自分の考えを大切にすると共に他の人の考えも大切にします。

ですから、視野の広い考え方が身についていますので、偏った考えに拘ることがありません。

仕事などで難しい物事に直面したとき、自分の考えと共に周りの人からのアドバイスにも耳を傾けながら判断できるため、適切に対処できるようになります。

また、人間性を向上させるためには、自分の考えだけでは偏りが生じることがありますので、身近な人の考えにも耳を傾けて視野を広げることが必要です。

視野が広がることで、気持ちにも余裕が生まれてきます。

心の余裕が生まれることで、将来に向けた人生の可能性にも広がりが出てきます。

あなたの人生が『足踏み』状態で進展が観られないなら、物事を考えるときに客観的視点を意識することが大切です。

客観的視点により、視野の広がりが生まれてきます。

視野が広がることで、人生が着実にステージアップしていることを実感できる“時”が訪れます。

客観的視点は、将来に向けた人生の可能性に広がりをもたらしてくれる『呼び水』となります。