CoCoSiA(ココシア)

喧嘩別れ後の男性の4個の心理!彼と復縁するにはどうしたらいい?


ちょっとした口喧嘩のつもりが、歯止めが利かなくなって、気付けば喧嘩別れにまで発展してしまった、なんて経験がある人もいるでしょう。

それほど喧嘩ではお互いが感情的になりやすいため、ついヒートアップしてしまい、心にもないことを言ってしまうこともあります。

そんな勢いだけで喧嘩別れをしてしまった後で、男性はどのような心理になっているのでしょうか?

また、喧嘩別れをした彼と復縁するために、女性はどのように行動すればいいのでしょうか?

喧嘩別れをした時の男性の心理や、元カレと復縁するための方法をご紹介します!

カップルの喧嘩の原因やあるあるについてはこちらの記事で詳しく書きました。あわせて確認してみましょう。

喧嘩別れをした後の4個の男性心理

喧嘩の原因は、カップルによって実にさまざまです。

浮気の疑惑で喧嘩になることもあれば、彼氏の嫌いな食べ物を彼女が食事で出してしまい、それが原因で喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

喧嘩は互いの価値観の違いや、感情の押し付け合いによって起こることがほとんどです。

恋人同士の場合には、好きな相手だからこそ互いに自分のことを「理解してほしい」という気持ちが強く、その甘えの感情から喧嘩になってしまうことも少なくはありません。

そうしたさまざまな原因から喧嘩になってしまった際に、途中で引っ込みがつかずに勢いでそのまま別れることになってしまうカップルもいるでしょう。

しかし、その場の感情で別れることになったカップルの大半は、その後で後悔するなり、何かしら思うところがあります。

喧嘩別れをした後の男性心理としては、どのようなものがあるのでしょうか?以下にその心理を挙げていきます。

1.スッキリしている

付き合っている時から喧嘩が多かったカップルの場合は、別れた後で男性がスッキリしていることが多いです。

お互いに好きな同士だからこそ付き合っていたのに、仲良く過ごすどころか喧嘩ばかりの毎日では、うんざりしてしまうのも仕方がないでしょう。

好きだからこそ互いに価値観をぶつけ合うこともありますが、時にはお互いに理解し合おうと努めるのもカップルには必要なことです。

それをせずに、自分の主張だけを相手にぶつけていれば、どんなに片方が我慢強くても、いずれは喧嘩になってしまうことでしょう。

また、喧嘩はするだけでも体力を使いますし、喧嘩をしたところで問題が解決出来なければ、いつまでも悶々として嫌な気持ちを引きずってしまうでしょう。

喧嘩の多いカップルほどストレスが溜まりやすく、一緒にいても苦痛に感じてしまことが多いため、そんな彼女との別れは男性にとっては解放感に溢れ、気持ちもスッキリすることでしょう。

フリーを楽しもうとしている

彼女と別れることで、それまで彼女がいることによって縛られていたさまざまなことから一気に解放されて気持ちが楽になります。

これからはいちいち彼女に気を遣う必要はありませんし、自分の予定を彼女に伝えることも、女友達と遊ぶのを遠慮する必要もなくなります。

彼女と喧嘩になることもなければ、彼女が原因でストレスが溜まることもなくなりますので、喧嘩別れをしたことでスッキリした男性の場合は、これから存分にフリーを楽しもうとするでしょう。

彼女との別れでスッキリして、フリーになったことを楽しもうとする男性では、もう元カノと寄りを戻そうと考えることはないでしょう。

喧嘩の勢いで罵声を浴びせたことを「酷いことを言って悪かったな。」と後悔することはあっても、それでまた元カノとの関係をやり直そうと考えることはありません。

暫くフリーの生活を謳歌したら、また次の新しい彼女を見つけるなりするでしょう。

2.むしろなぜ付き合っていたのかと我に返っている

喧嘩別れは勢いでしてしまうことが多いですが、その後で冷静になった時に、別れを後悔する男性もいれば、そうでない男性もいます。

彼女と別れた後で一人になり、頭が冷静になったところで改めて「別れて良かったなぁ」と考える男性もいます。

別れたことを良かったと思う男性の場合、落ち着いて考えられるようになってからは、「むしろなぜあんな女と付き合っていたのだろう」と我に返ることもあるでしょう。

お互いに好きになったからこそ恋人同士になったものの、喧嘩ばかりしていては付き合っていた意味がないでしょう。

それならばまだ、お互いに片思い同士としてもどかしい関係を続けるなり、いっそ友達として親しく付き合っていた方が良かったかもしれません。

男女によっては友達ならば上手くいったのに、付き合ったからこそ関係が悪くなってしまう人たちもいますので、恋人になった途端に喧嘩が増えてしまう場合には、付き合わない方が良かったということもあるでしょう。

勢いで別れた後で、冷静になったからこそ付き合っていたことを後悔する男性もいます。

元カノの悪いところばかりが思い浮かぶ


喧嘩別れをして良かったと考える男性の場合、時間が経っても元カノとのいい思い出よりも、悪い思い出の方がふとした時に蘇りやすいです。

例えば元カノは束縛が激しかったとか、料理が下手だったとか、わがままで自分のことは棚に上げてこちらを責めてばかりきたとか、そうしたさまざまな元カノ悪いところばかりが頭に思い浮かびます。

その結果別れて時間が経つごとに、余計に元カノのことを嫌いになってしまいますので、そうなっては二度と元カノと関係を修復することはないでしょう。

また、男性にその後新しく彼女が出来た時にも、彼女と元カノとを比較してはさらに元カノのことを悪く思うこともあるでしょう。

自分は悪くないと自分に言い聞かせている

喧嘩別れは勢いでしてしまうことが多いです。

そのため、別れてから頭が冷静になると、「ちょっと言い過ぎたかな・・」と自分の発言や勢いを後悔することもあるでしょう。

けれども冷静に考えてからも、「やはり別れて良かったのだ」と自分を納得させるために、自分は悪くないのだと自分に言い聞かせる男性もいます。

そうした男性の場合、自分が悪くないことを肯定するために、元カノの悪い部分ばかりを思い浮かべることが多いです。