毎日を忙しく生きていると、周りや大切な人への感謝の気持ちをつい忘れてしまうことがありますよ。

感謝の気持ちを忘れると、自分が今ごく普通の生活を送れているのが当たり前に思えてしまって、不満が溜まりやすくなったりわがままで自己中心的な考えになってしまったりします。

人は生きている以上、必ず人と関わり合って生活を送っています。

身近な人への感謝の気持ちを忘れないようにすることこそが、毎日を幸せに生活するための秘訣かもしれません。

今回は感謝の気持ちが大切な理由や、感謝の気持ちの持ち方について詳しくご紹介します!

感謝の気持ちが大切!皆さんは感謝をしていますか?

あなたは毎日、誰かに、何かに感謝をして生活していますか?

感謝の気持ちとは、他人に押し付けられるものではなく、自分から自然と心に感じるものです。

毎日食事を作ってくれる母親に、学校で勉強を教えてくれる先生に、また仕事をさせてくれる会社に対して感謝の気持ちを持つことで、日々を明るく前向きな気持ちで生活することができるでしょう。

毎日の生活や、今の自分の現状に不満を抱えている人は、自分がいかに恵まれて生きているのかを忘れて、それが当たり前のことだと思い込んでしまっているのかもしれません。

感謝の気持ちを忘れた時に人は傲慢になり、またより多くを求めようとするでしょう。

けれども自分に与えられたもので日々を幸せに生活できている人は、周囲への感謝の気持ちをいつも忘れずに持っています。

感謝の気持ちが大切な5個の理由!感謝の気持ちを常に持とう!


感謝の気持ちは、なぜ大切なのでしょうか?それは、感謝の気持ちを持たなければ、人はどんどん自己中心的で傲慢な生き物になってしまうからです。

誰の力も借りずに、たった独りだけで生きているように思っている人でも、実際にはたくさんの人たちによって助けられて生活しています。

例えば不動産屋が家を紹介してくれたからこそ、今の家に住むことができています。

また、今勤めている会社が自分を雇ってくれているからこそ、毎日働いてお金を稼ぐことができています。

スーパーやコンビニが食品を販売してくれているからこそ、お金を出してそれを購入することもできています。

ギブアンドテイクの関係であったとしても、決して自分が偉いわけではありません。

自分が何かを出す代わりに、相手も何かを出してくれているからこそ、等価交換ができています。

そう考えれば、自分がいかに日々周りに助けられて生活できているかを実感や想像することができるでしょう。

他にも、感謝の気持ちが大切な理由はいくつもあります。

具体的に以下にご紹介していきます。

1.一人ではできなかったから

人は一人だけでは決して生きていくことはできません。

例えばあなたがこの世に生まれたのは、あなたの親があなたを生んでくれたからです。

そしてミルクや食事を与え、言葉や歩き方を教え、学校に通わせてくれたからこそ、今のあなたの存在があるのでしょう。

また、勉強するのも教えてくれる先生の存在があったからこそ、学力をつけることができたでしょう。

社会に出てからは、会社があなたを雇ってくれたから働くことができていますし、また同僚や上司に支えてもらうことで、大変な仕事をこなすこともできているでしょう。

自分一人だけで生きているつもりでも、実際にはこれだけたくさんの人たちに支えられて毎日を生きています。

それに対して感謝の気持ちを持つことができれば、あなた自身もまた誰かの助けになることができますし、周りの人たちとも円満な関係を築いていくことができるでしょう。

一人では何もかもできなかったからこそ、できるように助けてくれた人たちへの感謝の気持ちを持つことは大切なのです。

助け合うことは大事なこと

自分がたくさん周りに助けられることで生活できているのなら、当然のように他の人たちも誰かに助けられて生活しています。

それは一方的に自分だけが助けられるのではなく、助けられた人は別の誰かを助けることで、互いに支え合って生活できています。

普段はあまり意識していないかもしれませんが、例えば同僚が仕事で自分を助けてくれたのなら、その同僚が困っている時には今度は自分が助けようという気持ちがわき上がるでしょう。

それを行動に移すことで、私たちは助け合って仕事や私生活を送れていることになるのです。

そのため助け合うことは偽善でも正義感でも何でもなく、本当に必要で大事なことなのです。

2.今を生きていることが幸せだから


今を生きていられるのは、誰のおかげでしょうか?もちろんまずは自分自身で生きる意志があるからこそ、毎日を生活できています。

けれども、今自分が生活できているのも、元は誰かのおかげでここまで来られたからです。

自分を生んで育ててくれた両親や、学びを教えてくれた先生、雇ってくれた会社の存在があるからこそ、毎日を当たり前のように送れています。

自分がここまで来られたことに感謝の気持ちを抱くことで、今を生きていることがいかに幸せなことなのかを実感できるでしょう。

親やお世話になった人達

ここまで自分を育ててくれた親や、お世話になった人達の存在があるからこそ、私たちは今を生きていることができます。

今現在自分が不幸せだと感じている人は、そんな自分の負の感情に手一杯で、周りへの感謝の気持ちなど忘れてしまっているかもしれません。

それどころか、「自分をこんな風にしやがって」と親や周りの人達を逆恨みしてしまっている人もいるかもしれません。

けれども、誰も人を不幸にしようとして手助けする人はいませんし、今現在自分が不幸せなのは、自分でそうなる道を選んで進んできたからでしょう。

つまり現状は自分自身が考えて行動した結果であり、それは決して周りのせいではありません。

感謝の気持ちを忘れてしまうと、都合の悪いことをすべて周りのせいにしてしまう人もいます。

けれども自分がまともに思考して行動できるようになったのは、紛れもなく親や周りの人達のおかげなのです。

それに対する感謝の気持ちを忘れなければ、自分の不幸せを周りへ八つ当たりするようなことはなくなるでしょう。

3.優しさをもてるようになるから

感謝の気持ちを持つことで、自然と優しい気持ちになれます。

「周りのおかげで今の自分がある」と思えれば、同じように自分も誰かのためになりたいと考えるのは自然なことですし、例えそうは思わなくても、少なくとも他人を陥れようと考えることはまずないでしょう。

人は自分が助けてもらったら、同じように誰かを助けたいと自然に思うものです。

それは不特定多数に対してではないかもしれませんが、自分を助けてくれた人のことは、困っていれば助けてあげたいと思うことでしょう。

人は助け合うことでそうした優しさや、思い遣りの気持ちを持てるようになります。

感謝をされて嫌な気持ちになる人はいない

感謝をされて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

例え自分は助けたつもりはなくても、「助けられた」と感じた相手からお礼を言われたら、それに「たいしたことはしていないよ」と返しながらも、心の中ではきっと満更ではないはずです。

感謝されることは、される側にとっては嬉しいことですし、自尊心や達成感も満たされます。

それを味わいたいがために人助けを熱心にする人もいますが、実際に他人に感謝されるような行動ができている人は、自分のためにも相手のためにもなっているでしょう。

人は人から感謝されることで、自然と気持ちに余裕が生まれて、優しくなれます。

優しくなれればより誰かのためになりたいと考えられるようになりますし、その連鎖が繋がることで、助け合いの輪も広まっていくでしょう。

4.成長をすることもできる

感謝の気持ちを持つことで、人間的な成長をすることもできます。

例えば未熟な人間が、自分のことだけしか考えられない性格だとすると、感謝の気持ちを持つことで、他人のことも優しく思い遣れるようになり、それが未熟さから成熟した人間へと成長していくことができるでしょう。

人は生きている内は、どれだけでも成長をし続けることができます。

身長のように身体的な成長は止まっても、内面は向上心さえあればどこまででも成長していくことが可能です。

そして精神的に成長した人ほど、他人のことを思い遣れる優しい気持ちや、自分が周りに助けられて生きていることに対する感謝の気持ちを持つことができます。

切磋琢磨できるような仲間とめぐり合うことも

周りへの感謝の気持ちを持っていれば、自然とそれが性格や言動にも表れますので、結果的にいい仲間にも巡り会うことができるようになります。

自分が日々周りに感謝して生活をしていると、自分も困っている人がいる時には自然と助けてあげようと思い、行動するようになるでしょう。

すると助けてもらった人がさらにこちらが困った時には助けようとしてくれたり、友好的な関係を築いたりできますので、そうするうちに気付けば周りには感謝し合える仲間や、互いに精神面で切磋琢磨できるような仲間が増えていることもあるでしょう。

5.人生が豊かになるから

感謝の気持ちを日々持てるようになると、人生が豊かになります。

人に対して素直に感謝できる人は、例え辛いことがあってもそれを前向きに捉えることができます。

そして毎日を明るく前向きに過ごすことで、同じようにポジティブな仲間を増やすこともできますし、充実した人生を送れるようになるでしょう。

辛いことは前向きに考えるようにし、ささいなことでも隣人に感謝を忘れなければ、毎日を幸福で楽しく送ることができますので、嫌でも人生は彩り豊かになっていくでしょう。

様々な人と巡り会える

人に感謝をできる人は、常に周りの人達へと意識を向けています。

困った時には助けてもらうことが当たり前で、いつでも自分のことしか考えていない人は、自分中心の世界のため周りの人達へと意識を向けることがありません。

そして限られた人間関係だけを築くため、自分がどれだけ周りに助けられて生きているかを自覚していないことが多いです。

一方で常に人に感謝をしながら生きている人は、ちょっとしたことでも周りの人達への感謝の気持ちを抱くため、常にたくさんの人達へと意識を向けています。

そのため様々な人と巡り会える機会を自ら積極的に作っており、交友関係も自然と広がっていきます。

そこでまた、思い遣りの輪を広げたり、切磋琢磨できる仲間を作ったりしていくことができるでしょう。

感謝の言葉といえば「ありがとう」

私たちが最も使う感謝の言葉といえば、「ありがとう」ですよね。

たった一言ですが、この言葉を使うのと使わないのとでは、相手に与える印象も、相手との関係性も大きく変わってきます。

誰かに助けてもらった時には、誰でも必ずお礼を言います。

道を教えてもらったり、勉強を教えてもらったり、仕事を手伝ってもらったりした時には、「ありがとう」とお礼を言うのが普通です。

けれども自分が助けてもらったり、やってもらったりすることが当たり前だと考えている人は、人から助けてもらってもまともにお礼を言いません。

お礼を言われなければ、助けた相手は「何だせっかく助けてやったのに」と不満に感じることでしょう。

例え相手がお礼を求めていなかったとしても、助けてもらった人がお礼を言わなければ、本来言うべき言葉がないことに、誰もが違和感を覚えることでしょう。

「ありがとう」のたった一言でも、助けられたら言うのが当たり前ですし、当たり前の言葉がなければ違和感を覚えるのは当然のことでしょう。

それほど感謝の言葉というのはありふれていながらも、当たり前のものとして私たちには認識されています。

感謝の気持ち誰にしていますか?

あなたは普段、誰に対して感謝の気持ちを抱くことが多いですか?家族や友人、恋人や会社の上司など、人によってさまざまな相手へ感謝の気持ちを抱くことがあるでしょう。

どんな相手に対しても、感謝の気持ちを持つことは良いことです。

感謝の気持ちを持つだけでなく、直接言葉にすることで、相手も満更ではない気持ちになってくれることでしょう。

自分が相手に対して感謝を口にすることで、相手もまた喜んでくれるのであれば、感謝の気持ちはお互いにとって良い効果を生み出すでしょう。

そうした感謝の気持ちを抱きやすい存在には、どんな人がいるのかを以下に挙げていきます。

家族

家族とは、自分が生まれてから死ぬまで一緒に過ごす存在です。

自分を生んで育ててくれたのは両親ですし、兄弟がいる人は、大人になるまで一緒に成長を遂げていきます。

また、大人になり自分で家族を作るようになってからも、自分の育ての家族との縁が切れることはありません。

一方で、自分が結婚してから新しく作る家族は、生まれてくる子どもにとってはそれが自分を育ててくれる家族になります。

家族の絆とはこのように次から次へと繋がっていくものであり、それは何代にもわたって途切れることはないでしょう。

そして、自分を生んで育ててくれた家族へは、特別に大きくて深い感謝の気持ちを抱く人が多いです。

生まれてからずっと自分を育ててくれた両親だからこそ、普段はいちいち感謝をすることもなく、当たり前だと感じている人もいるでしょう。

けれどもそんな人でも、両親が病気になったり、家族の誰かが亡くなったりした時には、自分が今までどれだけ家族に助けられてきたかを実感し、溢れんばかりの感謝の気持ちを抱くことがあるでしょう。