社会人になると、人前で何かとスピーチをする機会が増えます。

大勢を前に企画のプレゼンをしたり、営業先の複数人を前に企業の説明を行ったり、職場によっては学生や子どもを前にスピーチすることもあるでしょう。

人前で話すことに不慣れな人ほど、不特定多数を前にしたスピーチは苦手だったり、極端に緊張してしまったりします。

けれどもせっかくの舞台ですので、できるだけ聞き手には分かりやすくスピーチをしたいと思いますよね。

そこで今回は、スピーチの上手い人が実践しているコツや、心に響くスピーチとは何なのかについてご紹介します!

スピーチが苦手な人は参考にして、スピーチ上手を目指しましょう!

スピーチが上手い人って憧れますよね!

スピーチが上手い人には、誰もが憧れるでしょう。

壇上に立ち、大勢の人の前で物怖じせずに堂々とスピーチをする姿は、聴く人の関心を集めます。

また、はっきりと聴き取りやすく、自信の感じられる話し方は聴き手に説得力を与えますので、例えその内容に曖昧な部分があったとしても、話し手の迫力でそれすらも補うことが出来ます。

人は堂々とスピーチをする人に意識を向けますし、また自信をもって話す人の言葉を積極的に信じようとします。

そのため重要なスピーチの時にこそ、個人のスピーチ力が試されるでしょう。

あなたがもしも会社に勤めているのなら、恐らく同じ部署内で最低一人はこのような「スピーチ上手」がいるはずです。

ただその人の技術に憧れるだけでなく、自らも同じような「スピーチ上手」を目指せば、これまでよりも周りからの評価が上がるかもしれませんよ。

スピーチが上手い人がやっている9個のコツ

スピーチが上手い人には2種類います。

1つは天性のスピーチの才能を持っている人、もう1つは努力してスピーチが上手くなった人です。

天性のスピーチの才能がある人は、何もしなくても自分がどうしゃべれば聴き手の心を掴むのかを本能的に理解しています。

だから「こうすれば聴く人は興味を持ってくれる」ということを無意識のうちにやっています。

そして実際にそのスピーチは聴き手の関心を集めます。

一方で努力してスピーチ上手になった人は、スピーチの際の話し方から声の大きさ、アイコンタクト、ボディランゲージに至るまで、すべて意識して行っています。

スピーチの前には予行練習を欠かしませんし、話している最中にも「このスピーチで大丈夫だろうか」と常に意識しています。

また、スピーチを終えた後には必ず反省をします。

天性のスピーチの才能がある人はそう多くはありませんので、多くのスピーチ上手は努力と経験を重ねて今のレベルに至っています。

では、どんなことをすれば自分もスピーチ上手になれるのでしょうか?スピーチが上手い人がやっているコツを以下にご紹介していきます!

数をこなす

スピーチが上手くなるためには、数をこなすのが一番です。

これはスピーチの腕を上げるためには必須の方法ですし、多くのスピーチ上手の人が通ってきた道でもあります。

スピーチに限った話ではなく、何でも場数を踏めば経験を積めます。

人は経験を積むことによって度胸をつけたり、コツを掴んだりすることができます。

その結果会話の技術やスピーチの腕が上がりますので、数をこなすことでスピーチもどんどん上達させることが出来るでしょう。

また、よく「練習通りに本番をやれば上手くいくはず」という意見を聞きますよね。

確かにたくさん練習を積めば、それを本番でも出せれば上手くいくはずです。

そして練習はいくらでもできますが、一方の本番はいつでもチャンスが巡ってくるというわけではありません。

学校や仕事でプレゼンをする機会というのは、そう毎日のようにあるわけではないでしょう。

そのため、練習はたくさんできてもスピーチの数をこなそうと思ったら、ある程度の限度や限界があります。

いわばチャンスは常に少ない状況ですので、その少ない状況でいかに自分がチャンスを掴んで数をこなすかも重要なポイントです。

スピーチの数をこなしている人は、必要に駆られて行っていることもありますが、「上手くなりたい」という明確な意思を持って行っている人は、日頃から少しでもスピーチのチャンスがあれば自らそれに立候補しています。

数をこなす上で、その積極性も身に付けるべきでしょう。

たくさん練習する

いきなり本番でスピーチをして上手くいく人はまずいません。

先に挙げたように、天性の才能がある人なら練習なしの状態でも巧みにスピーチをしてみせるでしょう。

しかし、そうでない人の場合、練習しなければ本番で上手く行く可能性は限りなく低いです。

本番で上手くスピーチをしたいと思うのなら、本番前にたくさん練習を積み重ねましょう。

例えばスピーチを一週間後に控えているのなら、一週間後にあると分かった時点で毎日スピーチの練習をしましょう。

例え5分でも10分でも、時間がある時に少しでも話す練習をしておきます。

トイレや家の鏡の前で練習をすると、自分で話している時の表情や身振り手振りも確認できますので、できるだけ鏡の前で練習するといいでしょう。

鏡を見ながら笑顔で話す練習をしたり、強調したいところでは意識して身振りをつけたりすることで、練習を重ねるとそれが身に付きやすくなります。

本番では誰もが緊張しますので、練習の時のような笑顔を作ることは難しいかもしれません。

けれどもそれも数をこなせば心に余裕ができますので、次第に笑顔で話せるようになるでしょう。

また、身振り手振りはたくさん練習をすれば、本番でも自然とそれができることもあります。

練習はたくさんするほど自分の自信になりますので、本番で緊張した時にも「あんなにたくさん練習したのだから大丈夫」と自分に言い聞かせることができるでしょう。

上手い人から技術を盗む


仕事でもスポーツでも同様のことが言えますが、スピーチも上手い人から技術を盗むことで、手っ取り早く成長を望むことができます。

例えば絵を描くのが好きな人や、物語を考えるのが好きな人は、何もない状態からいきなり創作ができるようになるわけではありません。

初めはどの人も、自分が「いいな」と憧れる作品を真似て創り始めます。

絵を描けば自分の好きな漫画家や画家の画風が必ずどこかに表れているものです。

小説にしても好きな小説家の表現方法や、台詞の言い回しなどが自分の小説にも文章の端々で表れていることが多いです。

このように、誰もが最初は自分が憧れたり、目標としたりする人の真似から始めます。

そして練習や数をこなす内に、段々と自分のオリジナルのものが創れるようになるのです。

スピーチもそれと同じように、まずは自分が「この人のスピーチは上手いなぁ」と思う人の話し方を真似てみましょう。

言葉の言い回しや身振り手振りを真似ることで、その技術を盗むことができます。

それを何度も続けていれば、いつしかオリジナルのスピーチ方法が完成するようになるでしょう。

真似をされる側も、こちらが堂々と相手に憧れて同じように上手くなりたいと思っている気持ちを伝えれば、恐らく満更ではないと感じ、許してくれるでしょう。

何から始めればいいのか分からない人は、まずは上手い人の真似をして、技術を盗むことから始めましょう。

簡潔にまとめる

スピーチをする時には、内容をできるだけ簡潔にまとめましょう。

人前でフリートークをすることになった場合、3分間程度でスピーチを終えるのが最も理想的だとされています。

2分では話す内容がまとまり切らないことがありますし、5分では長すぎて聴き手が飽きてしまうことがあります。

一生懸命に話している人にとっては、3分などあっという間に感じられるかもしれません。

しかし何もせずにただ話を聴いている側にとっては、3分間が集中して話を聴く限界になることが多いのです。

大抵のスピーチでは、時間は最初から決められていることが多いです。

自分の持ち時間が10分であれば、予め10分間分の内容をきちんとまとめておき、それを時間ピッタリか、もしくは少し早く終わらせるように努めましょう。

また、もしも持ち時間が決まっていなければ、予め自分で「◯分間分は話す」と決めて、それに合った内容を考えましょう。

そうすることで、スピーチの内容を簡潔にまとめやすくなります。

丸暗記しすぎない

スピーチに不慣れなうちは難しいかもしれませんが、スピーチでは内容を丸暗記し過ぎない方がいいとされています。

何故なら、内容を丸暗記してしまうと、スピーチの持ち時間をオーバーしてしまいそうな時に、「まだ話すことが残っているのに・・!」と気持ちが焦ってしまい、短い時間で残りの内容を何とかすべて話そうとしてしまうからです。

するとたった数分の間に怒涛の勢いで話すことになりますので、当然口調は乱れますし話すスピードも速くなり、聴き手は聴き取りづらくなってしまいます。

また、急いで話をしているさまは見ている側からすれば「いかにも焦ってしゃべっている」と思えてしまいますので、慌てる様子が印象に強く残ってしまい、肝心のスピーチ内容が聴き手の頭には入り辛くなってしまうでしょう。

内容を丸暗記したところで、実際のスピーチではそのすべてを話さなければならないというわけではありません。

必要があれば、内容の一部を省いて本当に重要なポイントだけを伝えることもあります。

しかし丸暗記をしてしまうと、「全部話さなければ」と融通が利かなくなってしまいます。

理想としてはその日に話す内容のポイントだけ(記事でいうところの見出し部分)をきちんと頭に入れておき、本番で頭に浮かんだ内容を話すのがいいでしょう。

このやり方は中級者~上級者向けですので、スピーチ初心者の内は難しいかもしれません。

ゆっくりはっきりと話す

人前で話をする時には、ゆっくりはっきり話すことが重要です。

どんなに大切な話の内容でも、早口で話したりぼそぼそと内容が聴き取り辛かったりすると、聴き手には伝えることはできません。

反対に、どんなに内容がたくさんあっても、ゆっくりはっきりと話をすれば、話の内容を聴き手は理解しやすくなるでしょう。

話し手がゆっくりとスピーチをすると、いかにも話し手の心に余裕があるように感じられます。

その余裕さは聴き手にとっては安心できるものですので、話し手が落ち着いてゆっくりと話すことで、聴き手もまた腰を据えてしっかりと話の内容を聴くことができるでしょう。

声の抑揚をつける

どんなにゆっくりと落ち着いてスピーチをしていても、話す調子が一定で淡々としていると、まるでお経を聴いているかのような退屈さを覚えて、聴く人が飽きてしまいます。

抑揚のない声で長々と話をすれば、終いには居眠りをはじめてしまう人もいるでしょう。

スピーチをする時には、声に抑揚をつけると伝えたいことが聴き手に伝わりやすくなります。

例えば英語で話す場合には、イントネーションを上げたり下げたりして抑揚をつけていますよね。

言葉に抑揚をつけることで、その言葉の中でも重要な部分がどこなのかが相手には伝わります。

日本語の会話でも、自分が強調したい部分は語調を強めたり、わざと言葉をゆっくり話したりすることで、それが相手にも伝わります。

スピーチでも同じように、声に抑揚をつけ、さらに重要な部分では強調して話すことで、聴き手に内容が伝わりやすくなるでしょう。

身振り手振りをする

ボディランゲージという言葉があります。

これは言葉ではなく、身振りや手振り、アイコンタクトや表情などの非言語の部分で相手に話を伝えることです。

例えば口では「楽しい」と言っても、顔が不機嫌そうならば相手は「楽しそうではなく、怒っている」と感じますよね。

また、口では「好き」と言っていても、目が笑っていなければ、本心からの言葉ではないことが分かるでしょう。

言葉は嘘をつきますが、目は嘘をつくことができませんし、そこまで徹底して演技をするのも困難です。

つくり笑顔が上手い人でも、見る人が見ればそれがつくったものだとすぐにバレてしまうでしょう。

言葉によるコミュニケーションよりも、こうしたボディランゲージを用いたコミュニケーションの方が効果的とされていますので、この効果をスピーチでも活用しましょう。

話の中で強調したい部分があるのなら拳を力強く掲げてみたり、悲しい話をする時には悲しそうな表情を浮かべたりと、身振り手振りや表情をつけることで、スピーチの内容はより明確に聴き手に伝わることでしょう。

自分のスピーチを録音する


自分のスピーチを録音しておくと、後でスピーチがどうだったのかを客観的に反省することができます。

自分では「よくできたな」と満足でも、後で内容を聴くと意外とおかしなところや良くなかったところが出てきますので、反省するには録音するのが最適な方法と言えるでしょう。

自分が普段聞こえている自分の声と、録音した声は違うように聞こえますが、それはさておき自分がスピーチした内容には変化はありません。

スムーズに話をしたつもりでも、実際には「えー」や「あのー」といった不要な言葉がいくつも入っているかもしれませんし、妙な間が空いてしまっているかもしれません。

また、話の内容が上手くまとまっているかいないか、聴き手がざわざわしてまともに自分の話を聴いていなかったかなども客観的に確認することができます。

録音して自己反省することで、次にはもっと良いスピーチができるようになりますので、自信がない内はもちろん、例え自信がついてからでもスピーチ内容は録音しておきましょう。

スピーチが上手い人の特徴とは

さまざまなスピーチが上手い人たちを見ていれば分かるように、スピーチが上手い人にはいくつかの共通する特徴があります。

どの人も堂々と聴き手に対してスピーチをしており、人によってボディランゲージを積極的にとっていたり、声の抑揚や強調で聴き手の意識を自分の方へと向けさせたりすることに長けています。

それらはもちろん天性だけのものではなく、当人たちの並みならぬ努力の結果でもあるでしょう。

そんなスピーチ上手な人たちに共通する特徴を以下に挙げていきます。

物怖じしない

スピーチが上手い人は、どれだけ自分がアウェイな空間で話す時にも、物怖じせずに堂々とした口調でスピーチをします。

それはひょっとしたら、努力によって内心の緊張や恐怖を上手く隠しているのかもしれません。

また、元々人から注目されることが好きな人なのかもしれません。

スピーチが上手い人でも性格はさまざまですので、元々物怖じしない人もいれば、本当は怖がりの人もいるでしょう。

けれどもどんな性格をしていても、スピーチになると一切物怖じせずに、堂々と自分の話で聴き手の関心を惹きつけることができています。

本心はどうであれ、その様子からはいかにも余裕を感じさせるでしょう。

話し方が上手い

スピーチ上手は話し方が上手です。

スピーチの場合は一方的に自分だけがしゃべりますので、相手が聴いていて飽きないように気をつけなければなりません。

相手が飽きない話し方というのは、ボディランゲージだったり声の抑揚だったりと、さまざまな手法を用いて聴き手の意識を自分の方へと向けさせることです。

これらの手法に加えて、何よりも起承転結にまとめるのが上手いため、聴いていて話の最初から終わりまでが理解しやすく、内容も頭に入ってきやすいでしょう。

起承転結がぐちゃぐちゃだと、話し手が結局何を言いたいのか分からずに、聴き手は終始頭を悩ませることになりますし、また話の途中で飽きてしまうこともあるでしょう。

一方で起承転結が簡潔で分かりやすいと、聴き手も「なるほどなぁ~」と納得しながら話を受け入れることができます。

伝えたいことが明確

話し方が上手いと、話し手が何を聴き手に伝えたいのかが明確になります。

例えば「猫の好きなおもちゃについて」というテーマでのスピーチの場合、聴き手が最も関心があるのは「猫が好きなおもちゃにはどんなものがあるか」ということでしょう。

それなのに猫の生態の話から入っては、おもちゃに辿り着くまでに時間がかかってしまうため、聴き手は集中力を失ってしまいます。

一方で、テーマに沿ってまずは猫が好きなおもちゃを紹介し、その後で何故猫がおもちゃを好むのかについて説明をすれば、話の流れも分かりやすいですし、伝えたいことが明確になり聴き手は聴きやすいでしょう。

話し方一つで話し手の意図は伝わりやすくも、伝わりにくくもなります。

言葉の選択が上手い

スピーチが上手な人は、言葉の選択が上手いです。

同じようなシチュエーションでも、どう言えば一番相手の関心が引けるかということを常に考えながら言葉を選びます。

例えば「蛇が近くにいるから危ない」という言葉を、そのまま言うと相手に言いたいことは伝わるでしょう。

けれども淡々と言われては言われた方はそこまで危機感を抱かないかもしれません。

その一方で、「危ない!蛇が近くにいるよ」と言われると、最初の「危ない!」という言葉のインパクトでまず驚きますよね。

その後で蛇がいるから危ないと理由を付け加えることで、危険の度合いがより増しますので、言われた方は怖くなり、周囲をよく見渡すでしょう。

このように、スピーチが上手い人は、常にその場に合った言葉の選択をしますので、聴き手の関心を煽りやすくなるのです。

自信がある

スピーチが上手い人は、いかにも自信満々に話します。

普段の会話でもあまり自信のある様子だと、「調子に乗っている」「自信過剰」と思われてしまうことがありますが、スピーチ上手な人によっては普段はそこまで自信満々に話さないという人もいるでしょう。

スピーチの時には、本当は自信がなくても自信があるように見せて話す必要があります。

そうしなければ話す内容にも説得力が生まれませんし、聴き手の関心を惹きつけることもできなくなってしまいます。

例え噓八百の内容でも、堂々と自信をもって話せばいかにもそれらしく聴き手には伝わるものです。

ハッタリをかます時にも自信を持つことが肝心なように、自信をもって振舞うことで相手を納得させることができます。

スピーチが上手な人は、元々人前で話すことに自信がある人もいますが、一方で本心はどうであれ、スピーチの際には自信のあるように振舞うことができる人もいます。

表現力がある

スピーチが上手い人には表現力があります。

同じような内容でも、ただ淡々と話しているだけでは相手の心に響きませんが、情熱をもって話せば聴き手の心を動かすことができます。

表現力とは、声の抑揚や話し方、強弱の付け方や表情、身振り手振りなどです。

それらを駆使しながらスピーチをすると、聴き手の関心を惹きつけたり、心に影響力を与えたりすることができます。

スピーチが上手い人は、どのように表現すれば自分の話をよく聴いてもらえるのかを理解しています。

そのため、その場に合わせた表現力のあるスピーチをすることで、聴く人に自分の存在を印象付けることもできるでしょう。

聴き手の反応を見る

スピーチが上手い人は、必ず聴き手の反応を見ながら話をします。

例えば聴き手が若い人たちばかりなのに、昔の話ばかりをしていては、聴いている方には現実感がなく、退屈に思えてしまうでしょう。

聴き手の年代が若ければ、それに合わせて今どきの話題を振れば、聴き手は関心を覚えて退屈に感じることはないでしょう。

同様に、スピーチを聴く人の世代が上なら、昔懐かしい話題を振ることで、聴き手に「そうそう」と共感を与えることができるでしょう。

スピーチが上手い人は、このように必ず聴き手の反応を見ながら話をします。

その日会場に集まっている人の世代や特徴に合わせて話ができる人ほど、聴き手の関心や心を惹きつけることができるでしょう。

スピーチが下手な人はどんな人か

スピーチが上手い人の特徴については、これまでに挙げてきた通りです。

元々人前で話すことに抵抗がない人の場合は、練習を重ねれば堂々と大勢の前でもスピーチができるようになるでしょう。

一方で、元はスピーチが苦手な人でも、たくさん練習を重ねて数をこなすことで、スピーチ上手になることはできます。

では一方で、スピーチが下手だとされる人はどんな人なのでしょうか?以下にその特徴を挙げていきますので、当てはまるものがある人は、今後スピーチの練習に励みましょう!

棒読み

スピーチが下手な人というのは、棒読みで話すことが多いです。

声に抑揚を付けたり、強調したりということを意識せずに、ただ話す内容を淡々と伝えようとする人もいれば、頭では上手いスピーチをしたいと思っていても、実際に話すと棒読みになってしまうという人もいます。

スピーチをしている人にとっては、一生懸命に内容を伝えようとしているのかもしれませんが、とにかく内容をただ伝えることだけに集中してしまいますので、聴き手の反応までは見れないことも多いです。

また、人前で話すことに不慣れな人では、スピーチの場を「ただ一方的に話をすればいい場所」と勘違いしていることもあります。

その場合は聴き手の反応は一切気にせずに、ただ黙々と内容を朗読するだけになってしまいますので、聴き手は当然つまらなく感じたり、聴くのに飽きてしまったりするでしょう。

緊張しい

あがり症な人や、とにかく緊張しいな人の場合、どんなに練習を重ねてもその緊張感に負けてしまって、本番では上手く話せないことがあります。

スピーチは普段からするものではありませんので、人前で話をする時には誰もが緊張することでしょう。

元々あがり症な人の場合は、とくにスピーチの場のように、目立つ機会はとにかく苦手ということも多いため、できれば人前で話す機会は避けたいところでしょう。

ですが社会人になると、どうしても仕事や人付き合いの関係でスピーチをしなければならないこともあります。

普段はそうした機会を避けている人ほど場数も踏んでいませんので、いざ本番になると練習の成果よりを出すよりも緊張で失敗してしまうことの方が多いのです。

コミュ障

人とのコミュニケーションをとるのが極端に苦手な人は、スピーチが下手なことが多いです。

コミュ障の人の場合、一対一でもまともに相手の目を見て話しをしたり、自分の気持ちを相手に伝えたりすることに抵抗があるのに、いきなり大勢の前でスピーチをするのは無茶にもほどがあるでしょう。

スピーチの場では大勢から一気に視線を浴びますし、自分の発言や一挙一動をつぶさに観察されています。

元々人と接するのが苦手なのに、不特定多数からそんなふうにじっくりと見られてはまともに話すことも困難でしょう。

そのため、スピーチも上手くできないことが多いです。

会話が下手くそ

コミュ障の人は、人と接することが極端に苦手なため、普段から人と接する機会を極力避けようとします。

積極的にコミュニケーションをとる練習をすれば、誰でも人付き合いがそれなりにできるようになりますが、コミュ障の人はそれをしようとはしないため、いつまで経っても人付き合いが苦手なままです。

また、人と会話をする機会を避けようとするため、実際に会話をすることになると会話が下手くそで、自分の意見を上手く伝えられないことも多いです。

普段の会話からこんな状態ですので、大勢の前で上手く話せるわけはないのです。

視線が怖い

コミュ障の人は、他人から自分に向けられる視線を怖いと感じていることが多いです。

視線にはその人の抱いている感情がもっともよく表れますので、周りの自分を見る視線で、「周りが自分をどう思っているのか」を嫌でも想像してしまい、ますます人から注目されることを怖いと思ってしまいます。

一対一でも相手の視線が怖いのに、大衆の視線にさらされるようなことになれば、一気に恐怖心が増してまともに言葉が頭に浮かばなくなってしまうでしょう。

言葉が浮かばなければ何もしゃべれなくなってしまいますので、ろくにスピーチをすることもできなくなってしまいます。

そしてパニックになりその場から逃げ出してしまったり、固まったまま何も言えなくなってしまったりして、スピーチがトラウマになってしまうこともあるでしょう。

スピーチのコツを試してみて!

スピーチは練習すれば誰でも上手くなることができます。

天性のスピーチの才能がある人や、自信がある人しか上手く話せないと思ってしまいがちですが、実際にはスピーチ上手にも人前で話すことが苦手な人は多いです。

しかし、スピーチが苦手な人は練習を重ね、数をこなしてコツを掴み、努力の末に上手なスピーチの仕方を身に付けています。

努力さえすれば誰でも上手くなれますので、今日からでもスピーチのコツを試して練習していきましょう!