自分の人生の内で、どうしても踏ん切りがつかないことってありますよね。

家族との確執や、喧嘩別れになってしまった友達との関係、別れた恋人の存在など、自分の中で踏ん切りがつけられないことは誰にでもあります。

踏ん切りがつけられないことがあると、いつまで経っても心の中のモヤモヤを解消することができずに、心地よく毎日を過ごせなくなってしまいます。

また、踏ん切りがつけられないことが増えるほど、ストレスや思い悩むことも多くなってしまうでしょう。

そんな踏ん切りがつかない原因と、踏ん切りをつけるためにはどうすればいいのかの具体的な方法をご紹介します!

踏ん切りのつかない人が多い?

世の中には、踏ん切りのつかないことがたくさんあります。

人間関係だったり、仕事だったり、人によってさまざまなことが原因で踏ん切りがつかないことがあるでしょう。

自分の中で踏ん切りがつけられないと、いつまでも心がモヤモヤとして嫌な気分になってしまいます。

また、一つのことに集中するタイプの人では、踏ん切りがつけられない内は何をしていてもそればかりが気になってしまって仕方がないでしょう。

踏ん切りがつかないことがあると、自分ばかりが悩んでいると思ってしまいがちですが、実は周りの人たちも同じように悩んでいることがあります。

悩みが表に出ていないだけであって、ひょっとしたらあなたのすぐ近くにいる人も、今まさに何かが原因で踏ん切りがつけられずに、モヤモヤとしているのかもしれません。

踏ん切りとは?

踏ん切りとは、「思い切って決心すること」や「決断」という意味です。

踏ん切りの「踏ん」は元々、「踏む」の連用形の「踏み」が変化したものであり、「踏み切り」という言葉でした。

これが行為を強調する言い方になり、「踏ん切り」と使われるようになりました。

同じように強調する使われ方としては、「ふん縛る」や「ふん捕まえる」などがあり、どれも荒々しい意味として使われることが多いです。

そのため「踏ん切り」も、一般的な決心や決断よりも、勢いや思い切りがあるイメージが強いです。

思い切って決心をすること

踏ん切りとは、思い切って決心をすることです。

例えばどうしても欲しいものがあり、それが給料の何ヶ月分もするような高価なものの場合、購入するのは思い悩むことでしょう。

けれども大金を払うだけの価値があると思えるのなら、思い切って決心をして購入します。

このような決心を、「欲しいものを買うために踏ん切りをつける」と表現することがあります。

また、恋人との関係に長いこと悩んでいた人が、いい加減ダラダラと付き合い続けるのは良くないと思い切って決心をし、関係を終わらせることがあります。

このような場合にも「別れの踏ん切りをつける」と表現します。

踏ん切りは、自分の気持ちに思い切って決心をつけることです。

その思い切りはちょっとやそっとの軽い気持ちでは決心できるものではありませんので、踏ん切りをつけるためにはいくらか思い悩む期間があることでしょう。

決断

決断は、意志をハッキリと決定することです。

物事をグレーゾーンで曖昧にしておくのではなく、白か黒かを明確に決めます。

元々白黒ハッキリつけるタイプの人では、物事に踏ん切りをつけることにもそこまで思い悩むことはないでしょう。

けれども優柔不断な人や、白黒ハッキリさせることを苦手にしている人は、白か黒かの決断をすることに抵抗があります。

そのためなかなか踏ん切りをつけることもできずに、長ければ何年も思い悩んでしまうこともあるでしょう。

物事に決断を下すのは、簡単に思えて実際には難しいものです。

2つある内のどちらかを選べば、残ったどちらかを捨てなければなりません。

1つを選んで1つを完全に捨てるという選択は、それを決断しなければならない人にとっては難しいことでしょう。

踏ん切りをつけたいのにできない人は多くいる

踏ん切りをつけたいのにできない人、もしくは踏ん切りをつけなければならないのにつけられない人は大勢います。

物事は何もかも白か黒かで割り切ってしまうと、都合が悪くなってしまうこともあります。

グレーゾーンのままにしておく方が、皆にとって過ごしやすいこともあるでしょう。

けれども時には、そうした曖昧な状況に踏ん切りをつけなければならないこともあります。

いざ踏ん切りをつければ、その後には驚くほど気持ちがスッキリできることは多いです。

けれどもその爽快感を味わうまでには至らず、踏ん切りがつけられずに悩んでしまう人はたくさんいます。

踏ん切りがつかない人は、未だに自分の心が悩み揺れている状態です。

その悩みを解決させなければ、踏ん切りがつけられないという人もいるでしょう。

踏ん切りをつけてしまえば、遅かれ早かれ悩みも解決することがありますが、「どうしようか」と悩んでいる状態の時には、なかなかそうした踏ん切りがつけられないことが多いのです。

踏ん切りをつけられない原因は?どうして踏ん切りをつけることができない?

人生を送っていれば、時には踏ん切りをつけなければならない場面があるでしょう。

そこで簡単に踏ん切りがつけられれば、思い悩むことなく快適に人生を送れることでしょう。

けれどもそう簡単に踏ん切りがつけられないからこそ、人生を思い悩む人は多いです。

人によって、さまざまな原因で物事の踏ん切りをつけられずにいます。

その原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

どうして簡単に踏ん切りをつけることができないのか、その原因について考えられるものを以下に挙げていきます。

忘れられないことがあるから

人は忘れられないことがあると、それが原因で踏ん切りがつけられないことがあります。

例えば学生時代に地元の学校でいじめにあっていた人が、社会人になってからは他県に引っ越して生活を送っていたとします。

しかしある時、転勤で自分の地元に職場が移ってしまいました。

普通であれば地元に引っ越しをして、そこから会社に通勤することになるでしょう。

けれども地元ではいじめられた辛い経験があり、それが忘れられずにいることで、再び地元で生活を送ることに強い抵抗が生まれてしまっています。

地元に引っ越してそこから通勤する方が確実に便利なのに、地元で暮らすことに強い抵抗があるため、なかなか引っ越すことに踏ん切りがつかないという人がいます。

この例のように、自分にとって忘れられないことがあると、それが原因となって物事に踏ん切りがつかない人は多いです。

その忘れられないことというのは、他人から見ればたいしたことがないかもしれません。

けれども当人にとっては、いつまでも記憶からなくなってくれないほどに忘れられない出来事なのです。

それが原因でいつまでも踏ん切りをつけられない人はたくさんいるでしょう。

未練がある

未練とは、何らかの原因があって諦めきれないことや、原因に対していつまでも執着心を持ってしまっていることです。

例えば喧嘩別れになってしまった友達に対して、時間が経ってからも「何でこんな結果になってしまったんだろう」や「あの友達は今どうしているんだろうか」といつまでも喧嘩した時のことや友達のことを引きずってしまっている状態が、未練がある状態です。

そんな風に未練が残ってしまっている時には、思い切って喧嘩別れした友達の連絡先を消すこともできないでしょう。

連絡先を消すことで、その友達との関係を完全に断つことになります。

けれどもまだ喧嘩別れをしたことに未練があると、連絡先を消すという行為に踏ん切りがつかなくなってしまいます。

人は未練があることに対しては、いつまでもダラダラと情念や執着心が残ってしまいます。

恋愛での未練もそうですし、友人関係の未練も同じでしょう。

また、人間関係だけでなく、仕事や生活に対して未練を持っている人もいます。

お金持ちの生活から一変して貧困生活になってしまった人が、気持ちに踏ん切りをつけることができずに、いつまでも裕福だった頃の生活スタイルを変えられないのもまた、未練の表れでしょう。

恋愛


人間関係における踏ん切りの中でも、特に踏ん切りをつけるのが難しいのが恋愛です。

別れた恋人の存在や、昔好きだった人の存在がいつまでも未練として心に残り続けていると、気持ちに踏ん切りをつけて新しい恋愛へと進むことができなくなってしまいます。

元カレや元カノに関する未練は、こちらが一方的に未だに執着しているだけで、大抵の場合相手はもう新しい恋愛へと進んでいます。

自分が幸せになるためにも、関係の修復が不可能な恋愛には踏ん切りをつけて、とっとと次の恋を探した方がいいのに、なかなかそれができないという人は多いでしょう。

踏ん切りを一度つけてしまえば、これまでよりももっといい恋愛ができるかもしれないのに、そのチャンスを自らなくしてしまっている人は少なくありません。

元カレ・元カノの存在が忘れられない

思い出は美しいものです。

付き合っていた時にはどんなに酷い仕打ちを受けても、別れた後は辛かった思い出よりも、楽しかった思い出や幸せな思い出ばかりが頭に浮かんできて、元カレや元カノに対する未練を消すことができないという人はいるでしょう。

例え別れた原因が相手の浮気だとしても、自分の気持ちにまだ好きだという未練があると、別れて時間が経つことで、相手を好きだった時の気持ちばかりが蘇ってきます。

別れた直後には、浮気をされて辛かったことを思い出しては、「別れて清々する」と自分に言い聞かせていても、時間が経つごとに元カレや元カノとの楽しかった思い出や好きだった気持ちの方を強く思い出してしまって、自分の気持ちに踏ん切りがつけられなくなってしまいます。

どんなに酷い別れ方をしても、相手に対して少しでも未練の感情があると、不思議なほどに別れた後で好きだった気持ちを思い出しては、いい思い出だけに浸ってしまい、別れたことを後悔することがあります。

付き合っては別れてを繰り返しているカップルの場合は、この未練や情念があるために何度別れても気持ちに踏ん切りをつけて、次の恋人を探すことができずにまた元のさやに戻ってしまうのかもしれません。

好きな人を諦められない

片思いで好きだった人を諦められずに、自分の気持ちに踏ん切りがつけられない人もいます。

片思いでは、相手の良い部分だけを見ることが多いです。

優しいところや気遣いができるところ、笑顔の素敵なところなど、自分が心惹かれる部分しか見ることはありません。

実際に付き合ってみれば理想と現実との違いを痛感したかもしれませんが、付き合うに至らなければ、いつまで経っても自分の中では好きな人の存在は良いものとして残り続けることでしょう。

初恋をこじらせてしまうタイプの人や、一途に片思いにのめり込んでしまうタイプの人の場合、例え告白をしてフラれてしまっても、その相手のことを諦めきれずに、その後もずっと好きでい続けることがあります。

一途に相手を思い続けることが悪いわけではありません。

けれども完全にそれが実ることのない恋であれば、どれだけ相手を想ったところで自分が報われることはないのです。

それならば、自分の気持ちに踏ん切りをつけて、また次の好きな人を見つけた方が自分のその後のためにもなるでしょう。

けれどもそれが出来ない人は、いつまでも気持ちに踏ん切りがつけられずに、その場に留まり続けてしまうことになるでしょう。

過去の経験


過去の経験のせいで、現在や未来への踏ん切りがつかないという人もいます。

例えば学生の頃に、教師から散々人格を否定されるようなことを言われた人は、社会に出てからも上司や自分よりも立場が上の人に対しては、当時の恐怖や辛い感情を持って接してしまうことがあります。

実際にはいい上司なのに、「この人もどうせ自分のことを否定するのだろう」と過去のトラウマから疑心暗鬼に陥ってしまうことで、自分よりも目上の人に対してはすべて身構えて接してしまいます。

すると本当にいい上司に恵まれた時にも、過去の経験に踏ん切りがつけられずに、辛い思いを引きずったまま否定的に捉えてしまうことがあるでしょう。

過去の経験によって踏ん切りがつけられない人の多くは、その経験がトラウマになっていることがあります。

自分にとってその経験が辛いことであればあるほどに、それと思い切って決別したり、踏ん切りをつけたりすることができないのです。

トラウマになっている

トラウマとは心の傷のことです。

過去の経験で自分が深く傷ついたのなら、同じような出来事が起きた時には、当時の辛い記憶を思い出して、「また同じようなことになるのでは・・」と疑心暗鬼に陥ってしまいます。

そして、実際には過去とはまったく違う結果になるかもしれないのに、最初から過去の経験とまったく同じだと思い込んでしまって、自分から再びトラウマに似た出来事に繋げてしまうことがあります。

トラウマにまでなってしまっている場合、過去の経験に気持ちで踏ん切りをつけることはとても難しいでしょう。

トラウマになった出来事を自分が恐れているからこそ、もう一度それに向き合って強い気持ちで踏ん切りをつける勇気が出ないのです。

そして自分のトラウマを見ない振りをしてしまうことで、踏ん切りをつけようという気持ちすら起こらなくなってしまうこともよくあります。

過去のトラウマに踏ん切りをつけるには、自分が「そうしたい」という強い気持ちが必要なのです。

嫌なことを忘れないから

人は楽しかった出来事よりも、嫌だった出来事や辛かった出来事の方がフラッシュバックしやすいです。

楽しかった出来事は、自分の中に充実した感情として消化されますので、わざわざ思い出すことも少なくなります。

しかし一方で、辛かった出来事や悲しかった出来事、自分が不快に感じたような出来事に関しては、自分で自分の中に素直に受け入れることが出来ないため、上手く消化されません。

そうして記憶は多少薄れても、常に頭のどこかにその出来事が残っていますので、ふとしたきっかけで嫌な経験がフラッシュバックしてしまうのです。

そうした嫌なこと、人によってはトラウマとなることは、自分で気持ちに踏ん切りをつけて消化しない限りは、ずっと心の中に残り続けてしまうでしょう。

踏ん切りをつけるには?6個の方法と割り切る考え方!

生きていれば思い悩むことはたくさんあります。

その中でも踏ん切りがつかないことがある人も多いでしょう。

また、踏ん切りがつかないことが1つや2つでは済まないという人もいるかもしれません。

人間は思考する生き物ですので、時には大いに思い悩むことも必要でしょう。

けれども、踏ん切りがつかないことで悩み続けていては、いつまで経っても人間的な成長を望むことはできません。

さらに気持ちも落ち込んでしまい、せっかくの人生を充実して過ごすこともできなくなってしまいます。

思い悩むのもほどほどにして、ある程度考えたら、思い切って自分の気持ちに踏ん切りをつけるようにしましょう。

では、どうすれば踏ん切りをつけられるのでしょうか?気持ちに踏ん切りをつけるためにおすすめの方法を以下にご紹介していきます。

1.断捨離をする

断捨離は、物だけでなく時には心の中のものも捨てて整理する必要があります。

物質的なものであれば、目に付いたものや思い出の詰まったものを断捨離することで、気持ちがスッキリとして良い気分転換ができるでしょう。

一方で、物質的なものとは異なり、心の断捨離はなかなか難しいものです。

何せ物として目に見える形で捨てることができないため、どんなに自分では捨てた気になっても、ふとした時に思い出しているようでは、断捨離は成功したとは言えないでしょう。

心の断捨離をするためには、自分にとって不要と思えるもののことを、一切思い出さないようにする必要があります。

例えば元カレや元カノに関する思い出を断捨離したいのなら、それらを思い出すきっかけとなるものはまず全て捨ててしまいましょう。

元カレや元カノからもらった物やおそろいで買ったもの、連絡先などを最初に処分してしまいます。

その上で、元カレや元カノとの思い出深い場所にはしばらく足を運ばないことや、少しでも思い出すきっかけとなりそうなものには近づかない、触れないことを徹底します。

そうすることで、心の断捨離をしやすくなるでしょう。

自分で捨てられないのであれば誰かに頼む!

物を捨てられない性格の人は、いくら断捨離をしようと思っても、満足に捨てられないことがあります。

自分では頑張って捨てているつもりでも、他の人から見たら10分の1も捨てられていないなんてこともよくあるでしょう。

自分ではどうしても捨てられないという人は、いっそのこと友達や家族など、誰かに頼んで代わりに捨ててもらいましょう。

どうしてもこれだけは捨てたくないというものだけを選別しておいて、捨てるか取っておくか悩むものに関しては、誰かに思い切って捨ててもらいましょう。

少なくとも1年以上自分が触れていないものであれば、捨てられた瞬間には「もったいない、まだ使うかもしれないのに・・」と思ったところで、実際に使うことはないため後には気持ちがスッキリするでしょう。

捨てた瞬間にもったいないと思ってしまうのは、今まではそれがあったという安心感がなくなって、不安になるためです。

あったものがなくなることは誰でも不安になりますので、実際には不要でもついそう感じてしまいます。

けれども本当に不要なものなら、捨てた後にはむしろ気持ちがサッパリするでしょう。

2.熱中するものを探し一度考えをリセットする

気持ちに踏ん切りがつかない時には、常に頭の中に踏ん切りがつかないことに対するモヤモヤとした気持ちが残っています。

そしてそのことを考えると余計にモヤモヤとしてしまうため、踏ん切りをつけるためにも何か自分が熱中できるものを探しましょう。

例えば「象のことを考えるな」と言われたら、誰でもつい象のことを考えてしまいそうになります。

しかしそこで半ば強引にでもキリンについて集中して考えることができれば、象のことは考えなくても済むようになるでしょう。

それと同様に、何かに踏ん切りをつけたい時には、それ以上に自分が熱中できるものを探すと、それだけに夢中になるため、自分が思い悩んでいたことをキッパリと忘れられるようになります。

元カレや元カノへの気持ちに踏ん切りがつかないのなら新しく恋をするのが一番ですし、喧嘩別れした友達への踏ん切りをつけたいのなら、いっそ謝罪をして仲直りをするか、まったく新しい友達を作るように積極的に行動しましょう。

他のことに熱中できれば、自然と悩んでいたことへの気持ちの踏ん切りがつくようになります。

3.ポジティブに考える

何事もポジティブに考えることができるようになれば、自然と気持ちにも踏ん切りがつけやすくなります。

そもそも踏ん切りがつきにくい人は、物事を深く思い悩みやすい性格をしていたり、後ろ向きな考えをしやすかったりします。

つまりネガティブな人ほどあれこれと思い悩むことが多く、また気持ちにも踏ん切りがつけられないことが多いです。

ネガティブ思考をポジティブ思考へと改善することができれば、いちいち「踏ん切りをつけるにはどうすればいいのか」と悩む必要もなくなるでしょう。

ポジティブ思考になる一番の近道は、自分に自信をつけることです。

とはいっても、直ぐに自分に自信が持てる人であれば、最初からネガティブにはならないでしょう。

自分に自信をつけるためには、毎日1つずつ目標を作って、それを確実に達成していきましょう。

そうすることで「目標を達成できた」という自信がついて、徐々にポジティブ思考へと変わっていくことができます。

毎日の目標は、必ず簡単なものから設定していきましょう。

「寝坊をしない」「会社に一番乗りをする」など、誰にでもできるような簡単なものをたくさん目標達成していきましょう。

目標は何であれ、確実に達成できたという充実感は、少しずつ自分の自信へと変わっていくことでしょう。

こういう事もあると受け入れる方法

ポジティブ思考になることができれば、例え辛い経験をしたとしても、「生きていればこういう事もある」と考えられるようになります。

親友と喧嘩別れになった時にも、「いずれはこうなる運命だったのかもしれないな」と考えることができれば自分の中で納得することができますし、また「縁があればきっとまた仲直りが出来る日が来るさ」と考えられるようになれば、今の喧嘩別れの状態を素直に受け入れることもできるでしょう。

世の中にはままならないことがあります。

どんなに努力をしても、どうにもならないことだってあるでしょう。

それを「そういう事もある」と受け入れられるようになれば、気持ちにも踏ん切りがつきやすくなるでしょう。

4.過去のことを考えるのをやめる

気持ちの踏ん切りがつく、つかないというのは、ほとんどが過去の出来事に関係しています。

過去にあった出来事への踏ん切りがつかないからこそ今も悩んでいるという人は多いでしょう。

けれども、過去のことを考えるのをやめることができれば、気持ちに踏ん切りをつける必要すらもなくなるでしょう。

過去のことを考えるのをやめるには、今をとことん充実させる必要があります。

今が充実して毎日が楽しければ、過去を振り返ってくよくよと悩むような暇はなくなるでしょう。

過去に縛られていると、今を充実させることはできなくなってしまいます。

そのため例え頭の片隅に過去のモヤモヤする出来事があったとしても、一旦それを考えるのは止めて、とにかく今を自分が楽しめるように積極的に行動しましょう。

楽しいことや夢中になれることに出会えれば、無理矢理に忘れることをしなくても、いちいち過去を思い出すようなことはなくなります。

5.時間が解決するのを待つ

どんなに辛い出来事があったとしても、不思議なもので時間が経てば解決してくれることは多いです。

失恋して辛い思いをしても、半年や一年と時間が経てば自然と当時の辛い気持ちは薄れていきます。

そして新しい恋をすれば、失恋したことなど自分の中からすっかりと消えてしまっているでしょう。

また、仕事でミスをして落ち込むことがあっても、それ以上毎日を仕事で忙しく過ごしていれば、自然と落ち込む気持ちはなくなっていきます。

もちろん「ミスをした」という思い出自体は自分の中に残りますが、当時の辛い感情までは細かく思い返すことはなくなるでしょう。

辛い出来事があったその時には、毎日そのことばかりが頭にいっぱいになってしまいます。

けれども我慢して日々を過ごしていると、時間の経過とともに自然とその辛さも和らいでいくでしょう。

そして当時の辛い感情が和らいできたところで、他のことに夢中になることができれば、当時の気持ちとは踏ん切りがつけられるようになります。

6.新しいことを始める

気持ちに踏ん切りをつけたければ、新しいことを始めるのも効果的な方法です。

例えば仕事で失敗をして落ち込んでしまっているのなら、その分休日には気分転換ができるように、新しく運動や遊びなどの趣味を始めてみましょう。

また、元カレや元カノのことが忘れられないのなら、新しい出会いを探しに行くか、もしくは一旦恋愛からは離れて友達や家族との時間を充実させましょう。

新しいことを始めることで、そのことに気持ちが集中するようになります。

すると思い悩んでいることや心にあるモヤモヤのことを考える時間が減りますので、そうして過ごしている内に、段々と悩み事の存在が自分の中で小さくなっていくでしょう。

最終的には頑張らなくても気持ちに踏ん切りがつけられるようになるかもしれませんので、気持ちに踏ん切りをつけたい時には、まったく新しいことを始めてみるといいでしょう。

解決方法はさまざま!踏ん切りをつけて気持ちを切り替えよう!

気持ちに踏ん切りがつかない原因が人それぞれであるのなら、踏ん切りをつける方法も人それぞれです。

恋愛に関することで踏ん切りがつけられないのなら、新しく恋をすることで踏ん切りをつけることができる人もいれば、一旦恋愛からは離れて他のことを充実させることで、気持ちに踏ん切りがつけられる人もいます。

自分にとってどんな行動が気持ちに踏ん切りをつけられるのかは、実際にやってみなければ分かりません。

人と同じようなことをしてみても、気持ちに踏ん切りがつけられない時には、とにかく手当たり次第にいろいろなことを試してみましょう。

何を試してもダメな場合には、すべてのことを止めて、時間が経つのを待つ方法もあります。

解決方法は実にさまざまですので、自分に合った方法が見つかるまで試した上で、踏ん切りをつけて気持ちを切り替えましょう。