私たちが使っている日本語には様々な言葉がありますが、その中には四字熟語という言葉が存在します。

四字熟語とは何かというと、漢字4文字で作られた熟語のことを意味している用語です。

もっと詳しくお伝えすると複数の語や形態素が強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指している用語です。

例えば、一つ例を挙げてご紹介するとすれば、喜怒哀楽という言葉もひとつの四字熟語として考えられています。

それ以外にも、一期一会という言葉や、以心伝心という言葉など、考えてみれば様々な四字熟語が存在しています。

このように、四字熟語は無数に存在しており、それぞれ異なった意味を持つ言葉として考えられています。

そして、非常に利便性が高く、様々な意味があるので、いろいろな場面で用いることができる言葉です。

しかし、四字熟語は日常生活の中で頻繁に用いられるものではないので、使用しないものなどもいくつも存在します。

その結果、意味があいまいになってしまいやすく、中には意味が分からない言葉などもいくつか存在しています。

そこで、今回は四字熟語の中でも比較的意味が難しい言葉である馬耳東風という言葉がテーマです。

馬耳東風の意味や使い方、類語、対義語などについてご紹介していきます。

馬耳東風という言葉はどのような意味があるのか、そしてどのように使うのか、この機会に正しくマスターしてみましょう。

四字熟語でよく聞く馬耳東風!その意味を理解していますか?

馬耳東風という言葉をこれまで一度でも聞いたことがありますか?

おそらく聞いたことがあるという人は多いと思いますが、その意味を正確に理解しているかと問われるとそうではない人の方が多いと思います。

一般的に考えて日常生活の中で四字熟語を使って何かを表現したりすることはあまり多くはありません。

もし四字熟語を使って表現する機会があったとしても、比較的使いやすい四字熟語が選択されがちです。

つまり、馬耳東風のような難しい四字熟語をあえて選択して用いたりする機会はそれほど多くはないということになります。

なので、難しい四字熟語などは使用される機会自体も少なくなるため、意味が理解されないままになってしまいやすいということです。

ただ、馬耳東風という言葉は意味を正しく理解していれば、日常生活の中でも用いることができる機会は多く存在しています。

知っていれば非常に利便性が高く用いることができる言葉なので、この機会に馬耳東風をマスターして日常生活の中で用いられるようにしてみましょう。

馬耳東風とは?

馬耳東風という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと言うと「他人の忠告や評判を聞き流し、心にも留めず知らん顔していること」を意味しています。

つまり、他人が自分に対して何らかの中国やアドバイスをしてくれているにも関わらず、それを知らない顔をして聞き入れないことを意味しているということです。

これは誰しもが一度くらいは経験をしたことがあることだと言えます。

例えば日常生活を過ごしていると自分のためを思って様々なアドバイスや忠告をしてくれる人が存在しているはずです。

一般的には、親、友達、知り合い、上司などがその存在に該当しています。

しかし、他人からの忠告をありがたく聞き入れられる人もいれば、そうではない人もいるはずです。

余計なお世話などと思い、他人からの忠告やアドバイスなどをないがしろにしてしまったり、無視してしまった経験は一度くらいはあるはずです。

これこそが馬耳東風という言葉の意味の通りであり、アドバイスや忠告をした側は、「せっかくアドバイスをしたのに、馬耳東風だった」と表現できるということです。

読み方は「ばじとうふう」

馬耳東風という言葉の読み方は「ばじとうふう」という読まれ方をします。

馬耳東風という言葉を聞くと最初はどのような読み方をするのか分かりづらかったりすることが多いです。

だからこそ、馬耳東風という言葉がどのような意味を持っているのか理解しにくい一面につながっています。

しかし、正しい読み方を知っていれば、そこまで難しくはない読み方であり、意味も難しい意味ではありません。

難しい言葉である印象を受けますが、意外と意味や読み方などは一度理解すれば簡単なものは多いです。

難しい印象だけで難しい言葉とは決めつけずに、まずは意味や読み方を知ることがとても重要であるといえます。

語源・由来

馬耳東風という言葉の意味や読み方を理解するためには、馬耳東風という言葉の意味とその由来を結びつけて考えることが大切です。

このポイントを結びつけて考えることによってより深く記憶に刻まれ、直ぐに意味を理解することができるようになります。

では、馬耳東風という言葉ではどのような語源由来が存在しているのかということをご紹介します。

馬耳東風という言葉の馬耳はそのままの意味で、馬の耳という言葉の意味になります。

そして、東風という言葉もそのままの意味で、東の風という意味で解釈することができます。

つまり、馬の耳と東の風という言葉になるのですが、この両者の言葉はどのような関係性にあるのでしょうか。

まず、東風は東から吹く暖かい風のことを意味しており、一般的には東の風が吹けば寒い冬が去って暖かくなることを意味しています。

つまり、寒い冬が終わり過ごしやすい春の季節が到来するということで私たち人間にとっては嬉しいことの一つであると考えられています。

しかし、それを馬に置き換えて考えてみると、馬からしてみれば、東風が吹いたとしても、それはただの風と同じであり、何も感じないのが当たり前です。

なので、今からしてみれば暖かい春風も、何も感じないただの風であるということになります。

この一連の流れを、他人からアドバイスや忠告をもらっておきながら、それを無視したり聞き流したりするような行為にたとえた言葉が馬耳東風という言葉です。

これが馬耳東風の語源であり、由来として考えられています。

対義語

馬耳東風という言葉の意味や語源などについてご紹介していきました。

ある程度馬耳東風という言葉は意味を理解いただけたところで、ここからは馬耳東風という言葉の対義語についてご紹介していきます。

馬耳東風という言葉と反対の意味を持っている言葉としては「呼牛呼馬」が挙げられます。

呼牛呼馬とはどのような意味なのかというと「相手の言うことにまかせて、自分は逆らわない」という言葉の意味として知られています。

呼牛呼馬の語源としては、相手が自分の事を牛と呼べば自分は牛、馬と呼べば自分が馬になるという意味で用いられています。

なので、相手の忠告やアドバイスなど聞き入れない馬耳東風という言葉と呼牛呼馬は意味が反対であると考えることができます。

なので、馬耳東風と呼牛呼馬は正反対の意味を持つ対義語であると考えることができます。

使い方

馬耳東風という言葉の基礎的な内容を理解いただけたところで、ここからは馬耳東風という言葉の使い方についてご紹介していきます。

馬耳東風という言葉はなかなか日常生活の中で用いたりすることがない言葉の一つでもあります。

なので、どうしても意味が曖昧になってしまうやすくなり、ますます使われることが少なくなる傾向にあります。

しかし、意味自体はそれほど難しい言葉ではないので正しく理解しておけば日常生活の中で使う機会が多く存在しています。

では、具体的には馬耳東風という言葉はどのような使い方をする言葉なのか、例文を交えながら触れていきますのでチェックしてみましょう。

例文1「彼女はありがたい話も馬耳東風とばかり聞き流す」


まずはじめにご紹介する馬耳東風という言葉の例文として、「彼女はありがたい話も馬耳東風とばかり聞き流す」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、「彼女がありがたい話も聞き流している」という意味で解釈することができます。

日常生活を過ごしていると他人に対して様々なアドバイスが忠告を行ったりすることがよくありますよね。

自分が納得できないから他人に対してそれを伝えたりする場合もありますが、それとは逆に相手のことを本当に思っているからこそ、そのことをあえて伝えている場合もあります。

しかしながら相手に対してアドバイスや忠告を行ったとしても、それを素直に聞き入れられる人もいれば、聞き入れられない人も存在します。

聞き入れられない人を馬耳東風という言葉で表現することができるので、今回ご紹介した例文のような形で表現することができるということになります。

例文2「彼にとっては私が話した内容も馬耳東風に過ぎなかった」

次にご紹介する馬耳東風という言葉の例文として、「彼にとっては私が話した内容も馬耳東風に過ぎなかった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「彼にとっては私が話した内容も心にとめるべき内容に値しなかった」という意味で解釈することができます。

この例文の意味はそこまで難しくなく、馬耳東風という言葉の意味をそのまま代入していただければすぐにわかるはずです。

馬耳東風とは、「他人の忠告や評判を聞き流し、心にも留めず知らん顔していること」という意味が存在している言葉です。

つまり、相手に対して話した内容は心に留めるべき内容にはならなかったということになります。

これも馬耳東風という言葉の基本的な使い方の一つであり、基礎的な例文だといえます。

例文3「せっかく親身になって話をしていたのに、まるで馬耳東風だった」


次にご紹介する馬耳東風という言葉の例文として、「せっかく親身になって話をしていたのに、まるで馬耳東風だった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「せっかく親身になって話をしていたのにまるで話を聞き流していた」という意味になります。

相手に対してアドバイスや忠告をして、相手のためを思って話をしていたのに、相手がそれを聞いていない状態のことを意味しています。

相手に対し話をしているのに相手が自分が想像したよりもリアクションが薄かったり、あまり聞き入れている様子を感じられないことはよくありますよね。

そのような場面での相手の態度に対して馬耳東風という言葉を使って表現することができます。

いずれにしても、相手が話を聞いていないということを意味しているので、あまり良い意味合いでは用いられない例文であるといえます。

似たような意味の言葉

ここまでは馬耳東風という言葉の使い方として例文をそれぞれご紹介していきました。

馬耳東風という言葉は意味や使い方を理解しておけばそこまで難しくない言葉だということがおわかりいただけたと思います。

では、馬耳東風という言葉について考えた時に、逆に同じような意味を持っている言葉は複数存在することが分かります。

同じ意味を持っている言葉を理解しておけば、言葉を言い換えて使ったりすることも出来ますし、その場に適した言葉に言い直すこともできます。

また、似た意味を持つ言葉を知ることで、馬耳東風という言葉の意味もより深く理解することにつながります。

それを踏まえたうえで、馬耳東風という言葉と同じ意味を持つ言葉にはどのような言葉があるのか、ご紹介していきます。

馬の耳に念仏

馬耳東風という言葉と同じような意味を持っている言葉として「馬の耳に念仏」という言葉が挙げられます。

馬の耳に念仏とはどのような意味の言葉なのかと言うと「相手に対していくら意見しても全く効き目のないこと」を意味している言葉です。

この言葉はどのような語源があるのかと言うと、馬の耳に対して念仏の唱えたとしても馬がそれを理解することはないとことです。

つまり、馬耳東風という言葉と同じように、人にとって気持ちが良い春風が吹いたとしても馬の耳はそれを感じることができないということと同じです。

また、意味に関しても結局相手に対して何を伝えたとしてもそれが意味を為すことがないということになるので、同じような日々を持っている類語であると考えることができます。

なので馬の耳に念仏と馬耳東風という言葉が同じような意味を持っている関係性にあると言えます。

馬耳東風な人とはどんな特徴の人が多い?こんな人がいる!

馬耳東風という言葉の意味を正しく理解いただけたところで、考えていただきたいことが、馬耳東風な人の特徴ということです。

馬耳東風という言葉の意味を考えてみると馬耳東風の人とは、あまり良い意味で表現されない人だということは明白です。

つまり、馬耳東風な人には極力ならないように心がける必要性があると言えます。

しかしながら身近な人などを考えてみると馬耳東風な人がいたり、場合によっては自分自身が馬耳東風であったりすることもよくある話です。

では、今一度改めて馬耳東風な人とはどのような人なのか、その特徴なども交えながらご紹介していきます。

もしもこれからご紹介する特徴が自分自身に該当しているのであれば、どうずればその特徴をなくすことができるのか、考えてみましょう。

人の話を聞かない

まずはじめにご紹介する馬耳東風な人の特徴の一つとして「人の話を聞かない」ということが挙げられます。

馬耳東風という言葉は先ほどもご紹介したように「他人の忠告や評判を聞き流し、心にも留めず知らん顔していること」という言葉です。

つまり、別の言葉で言い換えるとすれば相手の話を全く聞かない人間のことを意味しているということです。

相手に対してわざわざ忠告をしたり、相手に対してアドバイスをしてもそれを全く聞かないのは、結局人の話を聞いていないということになります。

なので馬耳東風な人の特徴を考えてみると、相手の話や人の話を聞かないような人間が該当していると考えることができます。

あなたの周りにも自分の話を全く聞いてくれなくて、いつまでたっても改善することがないような人がいませんか?

もちろん全てのことを相手の言いなりになる必要性はありませんし、自分なりの考えを持っていることに対しては自分の考えを曲げる必要性はありません。

しかしながらわざわざ自分のことを思って忠告をしてくれたり、アドバイスをしてくれている人の話をないがしろにするのが良いことだとは言えません。

自分なりに考えがあるのであればそれを相手に伝える必要性がありますし、自分はこうしたいという気持ちがあるのであればそれを素直に相手に打ち明けることが大切です。

それを相手にしっかりと伝えていれば相手が自分のことを馬耳東風と思ったりすることはありません。

いい加減な気持ちで相手の話に同調したりしながら、結局相手の話を鵜呑みにしないこと自体が問題だと言えます。

なので、自分なりの意見があるときは相手にそれを伝え、相手が話をしてくれていることにまずは感謝の気持ちを示すことを大切に考えてください。

自分勝手な人が多い

人の話を聞かない人を考えた時に、該当する特徴としてはやはり自分勝手な人が多いということだと言えます。

なぜかと言うと人の話を聞かないということは、視野が狭く結局自分のことしか見えていない人が多いからです。

視野が広い人ほど自分以外のことをしっかりと見ており、自分の目線だけではなく様々な人からの目線のことも考えて行動することができます。

その結果自分自身が間違った行いをしていたり、間違った選択をしているのであれば相手の話をしっかりと聞いて、それを踏まえて行動できる人が多いです。

視野が狭い人ほど自分のことしか考えておらず、他人からのアドバイスや忠告などを聞かないでそのままにしがちです。

なので、人の話を聞かない人は基本的に自分勝手な人が多く自分本位な考え方をしている人が多いということになります。

自分勝手な考え方や自分本位な考え方をしている人は自然と自分の周りから人が離れていくようになります。

その結果、自分の周りには人がいなくなってしまい、誰も頼りにできる人がいなくなってしまう可能性が高いです。

逆の立場で考えてみた時に、せっかく自分が相手のためを思って話をしているのにそれを開いてから無視されたらどのような気持ちになるでしょうか。

おそらくその人との関わりを極力なくそうと思うようになるはずです。

なので自分勝手な考え方は極力捨て去り、相手の立場や広い目線で物事を考えることを癖づければ、馬耳東風な特徴などは捨て去ることができるはずです。

聞いておけばよかったと後悔をする人も

人の話を聞かない人は自分勝手な人が多いとお伝えしました。

もちろん相手の意見を聞くのか自分の意見を貫き通すのかということは、決めるのは自分です。

しかしながら多くの人が最終的に周りの人の話を聞かなかったことに対して後悔をしている場合が多いです。

先ほどもお伝えしたように相手の話を聞かなかったことによって、周りから人が離れて行ったり、自分が困った状況になってしまう人が多いからです。

気がついた時にはすでに遅く、取り返しがつかないような状況になってしまうことも十分考えられます。

それを踏まえて考えてみると、自分のことを思って様々なことを話してくれる人がいるのであれば、まずはその人の話に耳を傾けるべきであると言えます。

相手の話に耳を傾けることによって、今よりももっと良い自分を見つけられる可能性が高くなります。

もちろん絶対相手の言いなりになる必要性はありませんが、広い視野で物事を考えた時に相手の忠告を聞いた方が良い場合は多くあります。

なのでまずはフラットな目線で相手の話が本当に正しい話なのかということを見極めた上で、それを取り入れるのかどうかということを考えるようにしてみてください。

もし聞き入れる必要性がないと思ったとしても、自分なりの考えや、意見を相手に伝えることで話をある程度聞いている印象を与えることができます。

その印象を相手に与えることができれば馬耳東風だと思われることはありませんので、まずは相手の目線に立って物事考えるようにしてみましょう。

自己中心的な考え

次にご紹介する馬耳東風な人の特徴の一つとして「自己中心的な考え」ということが挙げられます。

馬耳東風な人とは人の話を聞かない人であるとご紹介しました。

そして、人の話を聞かない人とは言い換えてみれば自己中心的な性格や考え方をしている人のことだと言えます。

なぜかと言いますと、人の話を聞かない人は結局自分本位な考え方をしていることが多いです。

自分のことばかり考えてしまい、周りの人に気を使うことができないからこそ、相手の話を聞かない場合が多くなり、自己中心な考え方に寄り添ってしまいがちです。

しかし、自己中心的な考え方をしていると自然と周りの人から嫌われてしまい、自分のことを支持してくれる人間がいなくなってしまいます。

客観的に考えてみて、いつも自分のことばかり考えて自分の好き勝手行動している人と仲良くすることができるでしょうか。

その逆にいつも周りの人のことを考えて自分のことを後回しにし、人のために尽くしてくれる人を見るときっとその人を応援してあげたい気持ちになるはずです。

どちらの人間が魅力的な人間なのかということはちょっと考えれば明白ですよね。

結局たくさんの人が集まって周りの人からの信頼を得ることができるのは相手のことを考えて行動することができる人間です。

なので、自己中心的な考え方を持っていると周りの人からは嫌われてしまう人が離れていてしまう可能性が高くなります。

これこそが馬耳東風な人の特徴に該当しており、自己中心的な考え方を持っているからこそ引き起こる問題であると考えられます。

自分が良ければそれでよし

自己中心的な考えの根本にあるのは自分が良ければそれでよいという考え方です。

しかしながらこの考え方は最終的に周りの人から嫌われてしまう原因にもなりかねません。

なぜならば自分が良ければそれで良いという考え方は周りの人を思いやっていない考え方になるからです。

その考え方を持ち続けて行動してしまうと、おそらく周りの人もあなたのことを考えないような行動をとってしまいがちになるはずです。

その結果結局信頼することができる人間がいなくなってしまい、困った時に手を差し伸べてくれるような人もいなくなってしまいます。

環境によって異なるかもしれませんが、大抵の場合複数の人間と一緒に何かを行動したりすることが多くなります。

特に社会人に関しては同じ会社の人間と力を合わせて行動したりすることが必ず求められます。

そのような状況を考えた時に自分のことばかり考えて行動してしまうと、周りから煙たがられてしまうのが目に見えています。

なので、自分さえ良ければそれでよいという考え方はすべて、たくさんの人と一緒に行動しているという広い目線で物事を考えられるようにしてください。

自信がある

次にご紹介する馬耳東風な人の特徴の一つとして「自信がある」ということが挙げられます。

なぜ馬耳東風の人は自信があるのかと言うと、自分に自信があるからこそ自分の選択に間違いがないという考え方になってしまいがちだからです。

元々馬耳東風な人を考えてみると周りの人の話を聞かない人であると言えます。

そして、周りの人の話を聞かない人を考えてみると自分の考えが常に正しいという考え方を持っている人である場合が多くなります。

なぜならば自分の考え方が正しいと思っているからこそ、自分の考え方が間違っていると思わないので、周りの人の話が頭に入ってこないということです。

その逆に、自分に自信がなかったり、自分の決断に迷いがあったりすると当然周りの人の話などを素直に聞くようになります。

なので、馬耳東風な人は自分に対して強い自信を持っている人が多いということになります。

自分に対して自信を持つということは悪いことではなく、むしろ良いことでもあります。

しかしながら重要なのは、自分に自信を持ちすぎて周りのことを考えられなくなることに注意することです。

自分に自信を持ちつつも、広い視野を持ち、自分以外の人の意見を取り入れた上で決断をすることができる人間が本当に素晴らしい人間だと言います。

頭ごなしに周りの人の意見を否定し、自分の意見しか実行しないような人間は視野が狭く自分勝手の人間としか思えません。

周りの人の目線に立ち、その上で自分の判断が本当に正しいのかどうかという客観的な考え方を身につけるようにする必要性があります。

馬耳東風な人と接する場合の注意点と接し方

ここまでは馬耳東風な人の特徴についてご紹介していきました。

ある程度馬耳東風の人の特徴を理解いただけたところで、ここからは馬耳東風な人と接する場合の注意点や接し方についてご紹介していきます。

馬耳東風な人と接したりする場合はそれなりに注意をしておかなければいけないことが多いです。

注意点をしっかりと理解していないと、相手と話すことが無駄になってしまったり、時間がもったいないだけに終わってしまうことも多いです。

なので、あなたの周りにもしも馬耳東風な人がいるのであれば、相手と話をする前にどのようなことに注意しておかなければいけないのか、よく考えてから接するようにしましょう。

人の言うことを聞かないので言っても無駄なことが多い

馬耳東風な人と接する際の注意点として「人の言うことを聞かないので言っても無駄なことが多い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、まず馬耳東風な人は相手の話を素直に聞いたりすることがあまりありません。

つまり相手のことを思って相手に話をしたとしても相手がそれを受け入れてくれる可能性が低いということになります。

なので、相手のことを思って熱心に話をしてもそれを聞き入れてくれないということは結局無駄に終わってしまうということになりかねません。

もちろん人によってはそれでも諦めずに相手に話をするかもしれませんが、自分の話を聞いてくれない人に対して熱心に話をしてもあまり意味がありません。

結局その人本人がそれに気づいて自分の考え方を改めようとしない限り無駄になってしまう可能性が高いということです。

なので、相手が馬耳東風な特徴を持っているのであれば、話をしても無駄という気持ちをどこかに持ちながら話をしないと余計に疲れてしまいます。

相手が話を聞いてくれて、改善してくれるという希望を持っていると、現実とのギャップに落胆する可能性があるので注意してください。

気にかけない

馬耳東風な人と接する際の注意点として「気にかけない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、もしも馬耳東風な人が身近にいるのであれば、その人のことはあまりきにかけないようにする必要性があるということです。

なぜかと言うと馬耳東風な人のことを気にかけたとしても、結局こちらの話を聞いてくれないので気にかけるだけ無駄ということになります。

その人のことを気にかけてその人のことを思ってこちらがアクションを起こしたとしても
、相手がそのことに気づいて改善してくれない限り無駄になります。

つまり最初から開いたのことを気にかけたりすること自体が無駄につながるということです。

少し冷たい考え方かもしれませんが、結局相手がこちらの話を聞く気にならない限り意味がないということです。

なのでその点に関しては少しドライな考え方を持ち、相手が自分から何かを聞きに来た時にだけしっかりと対応するように心がけることが重要です。

相手が自ら疑問に持ち自ら行動してこちらにアドバイスを求めてきた際には、相手が話を聞いてくれる体制が整っている場合が多いです。

なので相手がなにかを聞いてきた時にだけ、相手のことを気にかけるようにするとこちらが余計に疲れたりすることは防げるはずです。

馬耳東風の使い方と意味、分かりましたか?

今回は馬耳東風という言葉をテーマにして、馬耳東風という言葉の意味や語源、類義語や対義語、使い方などについてご紹介していきました。

馬耳東風な特徴を持っている人は意外と多く存在しており、自分の考えを疑わない人などはかなり多いです。

しかし、広い視野を持ち、客観的に物事を考えることができる人間こそが一目置かれる存在になります。

もしも自分が馬耳東風の特徴を持っているのであれば、どうすればそれを改善することができるのか、どういう考え方を持つべきなのかということを改めて見つめ直してください。