CoCoSiA(ココシア)

早合点とは?意味や使い方、早合点し...(続き3)

ですから、物事の一面だけを見て判断することは、物事の本質を理解しないまま早合点することになります。

物事の一面だけを見て、分かったつもりになる人は、他の面を見ることをしないため思考回路が単純と言えます。

早合点する人は、思考回路が単純になっていますので、他の人の話しを聞くことの大切さが分からないと言えます。

思考回路が単純な人は、早トチリをして、分かったつもりになりますので、物事の本質を理解せずに行動に移ることがあります。

物事の本質を理解しないまま行動に移ることで、他の人の心を傷つけることがあります。

ですから、早合点する人の語るコトバには、冷静に距離を置き、鵜呑みせずに聞き流すことも必要です。

思慮深さがない

人の話をキチンと聞かずに勝手に分かったつもりになる人は、物事をシッカリと考えない人です。

物事の上辺だけを見て決めつける早合点な人は、物事を深く考えないため、思慮深さがない人と言えます。

思慮深さがない人は、自分が誤解したまま思い込んでいることにも気づかずに、他の人を批判することがあります。

思慮深さがない人の言動のため、人の心を傷つけることがあります。

一方、思慮深い人は、自分の考えは正しいか冷静に振り返りをすることができます。

自分の考えを確かめることのできる人は、思慮深さがある人と言えます。

思慮深さのある人は、他の人の話しにも最後まで耳を傾けることが出来ます。

ですから、中途半端な理解で分かったつもりになる早合点な振る舞いをしません。

人生経験が浅い

早合点する人は、物事の一面だけを見て、勝手に決めつける傾向があります。

また、目の前の物事に直面しても乗り越えることをせずに、逃げ道を探すことに奔走します。

ですから、人生経験を積む機会から逃げるため、人生経験が浅いと言えます。

人生経験の浅い人は、物事を多方面から観る着眼点の広さを備えていません。

このため、自己中心的に考えるため、物事を広く客観的に観ることができません。

人の話を聞くときも、話の内容の一部のみを聞いて、全体を理解したつもりになるのです。

話をする立場の人にとっては、話の一部しか聞いてもらえないことに不信感を抱きます。

人生経験の浅い人は、周りの人の気持ちに心配りをすることができません。

一方、人生経験の豊富な人は、物事を多面的に観ることができる広い心をもっていますので、周りの人の話にも真摯に耳を傾けることが出来ます。

ですから、早合点して分かったつもりになる軽率な言動をすることはありません。

独りよがり

独りよがりな人は、他の人の考えに耳を傾けることをせずに、自分の考えを押し通す言動をします。

独りよがりは、「独り善がり」と書くことがあるように、自分と他の人とを優劣の差で見ようとする偏った考えを指します。

早合点する人は、自分を中心に物事を判断します。

ですから、他の人が話す言葉には真剣に耳を傾けることをせずに、話の途中で分かったフリをして、独りよがりな振る舞いをします。

『持ちつ持たれつ』のコトバが示す通り、人はお互いに助けたり助けられたりすることで、人間関係が成り立つ面があります。

しかし、独りよがりな言動をする人は、自己中心的な振る舞いをするため、周りの人から信頼されることはありません。

自分の考え方は常に正しいと信じている

早合点な人は、自分中心に物事を考える独りよがりな傾向があるため、自分の考え方は常に正しいと思い込んでいます。

ですから、自分自身の考えを、冷静に第三者の目で振り返り、確かめることをしません。

謙虚さをもたない早合点な人は、自分の考えは常に正しいと信じているのです。

一方、独りよがりとは縁のない謙虚な人は、自分の考えに思い過ごしや勘違いは無いかと、客観的な視点に立ち、自分の考えを振り返ることができます。

自分自身の考えを謙虚に振り返ることのできる人は、周りの人から信頼されることがあり、快い人間関係を築くことができます。

思い込みが激しい

独りよがりな早合点な人は、自分の考えは常に正しいと思い込んでいます。

自分の考えの思い込みが激しい面があるため、他の人の話しに最後まで耳を傾けることをしません。

このため、話の一部を聞いただけで分かったつもりになるのです。

早合点な人は、自分の持つ先入観による思い込みが激しいため、物事のもつ一面だけを見て、分かったつもりになり、決めつけてしまいます。

狭い視点で物事を捉えて判断するため、的外れの判断をすることが多々あります。

一方、自分の考えは正しいという思い込みの激しさがない人は、広い視点に立ち、物事のもつ様々な面を観て理解することができますので、的外れにならずに的確に物事を判断することができます。

失敗から学ばない

長い人生の中で経験する様々な出来事には、乗り越えることが出来るケースもありますし、乗り越えることが出来ないケースもあります。

成功や失敗は誰もが経験することです。

自分の人生を大切に考えることの出来る人は、失敗した時の経験を教訓として学びのチャンスとして活かすことが出来ます。