早合点には、“相手の言っている内容を確かめずに分かったつもりになる”という意味があります。

早合点の意味が示す通り、相手の話を真剣に聞く姿勢がなく、確かめることもせずに自分の勝手な思い込みで判断する軽率な振る舞いを指します。

早合点な振る舞いは、人間関係やビジネスの面で周りの人にマイナスな印象を与えます。

人間関係の面で観ると、人の話を最後まで聞かない姿は、話をしている側から観ると自分の存在を軽くみているような印象を受けます。

こうして、早合点な態度のために、お互いの人間関係で信頼性が損なわれることがあります。

また、ビジネスの面で観ると、取引など大切な会議や打ち合わせの場で、相手の話を最後まで聞かずに勝手な思い込みで誤った判断をしたことで自社に大きな損害を与えてしまうことがあります。

周りの人を大切にしない自己中心的な人は、自分の考えを大切にするあまり、相手の話を軽んじて真剣に聞く態度を示さないことがあります。

また、軽率な人は、周りの人を軽んじて、相手の話を最後までキチンと聞かずに分かったつもりになります。

相手の話を中途半端に理解したままで物事を進めてしまい、誤った結果を出して取引相手の企業に損害を与えることがあります。

早合点をする人は、謙虚さを持ち合わせていないため、相手の話に真面目に耳を傾けることをしません。

このため、相手の話を最後まで聞かないため、自分の考えの誤りに気付かないことがあります。

早合点は、相手の立場を軽んじる意識の表われと言えます。

早合点する人は相手の立場よりも自分の立場を優先する言動を見せますので、快い人間関係を築くことができません。

職場や学校での人間関係の中でも早合点な人は、相手の話に最後まで耳を傾けることをしませんので、『浮いた』存在に陥ることが多々あります。

早合点な人は、周りの人から信頼されることはありません。

早合点な態度を見せる人は、自分の人生への向き合い方が中途半端であることを表しています。

物事に立ち向かう真剣さが足りずに、中途半端な理解のまま決めつけてしまう軽率な面をもっています。

一方、自分の人生を大切に考えている人は、自分の立場を大切に考えると共に、相手の立場も大切に考えることが出来ますので、早合点な振る舞いをしません。

早合点をしない人は、相手の話を最後までキチンと聞き確かめる真摯な振る舞いができるため、豊かな人生を築いていくことができます。

早合点には落とし穴がいっぱい!

早合点な態度は、一見、スピード感を与えますが、見方を変えると軽率な印象を与えます。

早合点な人は、物事を筋道立てて考えを整理することが苦手です。

物事の上辺だけを捉えて粗い考えで判断しますので、勘違いや思い違いをすることが少なくありません。

早合点な態度は、中途半端な理解を招き、物事を正確に把握することが出来ないため、思い違いなど、落とし穴をイッパイ作ることになります。

自分の人生の将来設計も描かずに惰性に流された安易な日々を送る人は、中途半端な考えで早合点して物事を判断しますので、将来の人生には落とし穴がいっぱい!です。

一方、自分の人生の将来を見据えながら真剣に考えることのできる人は、日々の生活の中で起きる物事を早合点しないため、的外れの言動をすることはありません。

早合点をしないことで、『落とし穴』に直面することがありませんので、人生を順調にステージアップさせることができます。

早合点とは?


早合点とは、他の人の話を最後までキチンと聞かずに、中途半端な理解による思い違いのまま物事を決めつけてしまうことです。

よく確かめずに自分勝手に思い込んでしまう軽率な面があります。

早合点することで、事実とは異なる思い違いや勘違いのため、誤った判断をして、身近な人や周りの人に迷惑を掛けることがあります。

早合点による誤った判断の影響範囲が自分だけに留まらずに、他の人の仕事にまで影響を及ぼすことがあります。

また、自分の早合点による誤った判断のため、他の人が誤った判断をする引き金になることもあります。

早合点は、物事の重要度によっては、他の人に大きな影響を与えますので、安易な早合点は慎む心構えが必要です。

早合点による影響度合いによっては、人同士の信頼関係に影を落とすこともあります。

あなたが、将来に向けた人生を、更にステージアップさせたいと考えているなら、早合点せずに、人の話しをキチンと最後まで聞く慎重さが必要です。

一方、日々の生活の中で、早合点を繰り返すことは、思い違いの繰り返しを招きますので、ビジネスの面などで大きな損失をもたらすことがあります。

早合点は、自分の人生を左右することがありますので、安易な思い込みは慎む心掛けが大切です。

意味

早合点には、“よく聞いたり確かめたりしないうちに分かったつもりになること”という意味があります。

日々起きる様々な物事には色々な原因が絡み合っていることがあります。

物事の本質を見極めるためには、多方面からの視点で観察する、広い観察眼が必要になります。

しかし、早合点な振る舞いは人の話しをキチンと聞き、多方面から確かめることをせずに一方面からしか観ることをしませんので、思い違いや勘違いを引き起こすことは珍しくありません。

物事の原因を見極めて適切な対処方法を見つけ出すためには、物事の本質を見極める冷静な観察眼が必要となります。

冷静さを失った早合点な態度は、自分の思い込みだけで物事を判断しますので、正しい判断ができる『観察眼』を育てることができません。

例文を紹介

自分の経験知に拘り過ぎて、結論を急ぐあまり、早合点な判断をしてしまう例文を次に紹介します
「ところで、祝儀の本席では、控えの間に二人の姿がないので、遅参と早合点して、待たずに、祝いをはじめた。」柴田錬三郎『江戸八百八町物語』より。

この例文のポイントは、「控えの間に二人の姿がないので、遅参と早合点して・・・」の部分です。

本人の経験知から、当然二人が居るべきなのに、“姿がない”ことを遅参と判断してしまったことです。

物事の状況は、一見、似た状況であっても実は全く異なる理由が隠されていることがあります。

ですから、自分の人生観で作られた『物差し』は、通用するときと、通用しないときがあり、絶対正しいとは限らないことを知るべきです。

早合点の同義語

早合点の同義語には、「早呑み込み」があります。

早呑み込みの意味は、「性急に納得しようとして正確な理解を得ていない様子を指す」です。

早合点と同じく、結論を急ぐあまり、自分勝手な思い込みから誤った言動に走り、的外れの状況に陥ってしまうことを指します。

例えば、仕事の場面では、タイミングを逃さないように急ぐことが多々あります。

急ぐことを最優先にした結果、本来の目的から外れた結果を招くことがあります。

「急がば回れ」という諺があるとおり、急ぐあまり、早呑み込みして近道をするよりも、遠くても安全な方法を採った方が早く確実に目的を達することができるのです。

早呑み込みは、一見、スピード感を抱かせますが、確実に目的を達成させることを最優先させるなら、早呑み込みは避けた方が安全と言えます。

反対語は?

早合点の反対語に代表されるのは、諺にあるとおり、「石橋を叩いて渡る」です。

「石橋を叩いて渡る」は、用心の上に更に用心を重ねて慎重に物事を進める様子を指しています。

スピード感よりも、正確性や確実性を優先させる意味があります。

様々な仕事の中には、スピード感を優先させるケースが多いですが、スピード感よりも、結果の品質を重視するケースもあります。

もちろん、スピード感と品質の両方を兼ね備えた結果を求めることも少なくありません。

また、早合点する人は、周りの人から信頼されることは少ないです。

仕事を進めるときに早合点する人は、仕事への責任感が足りない印象を周りに与えます、
仕事に向ける責任感に欠けていると、目的に沿った正しい結果を出すことが出来ずに周りの人からの信頼を得ることができなくなります。

一方、早合点せずに、仕事に冷静に取り組むことの出来る人は、目的に沿った的確な結果を出すことを大切に考えていますので、「石橋を叩いて渡る」慎重さを活かします。

早合点のデメリット

早合点には、「よく確かめたりしないうちに分かったつもりになる」という意味があります。

人の話を最後までキチンと聞かずに分かったつもりになることは、人の話に真摯に耳を傾けない姿を表していますので、マナーの面でも品性に欠ける振る舞いと言えます。

早合点をする仕草は、人格を疑われるデメリットがあります。

また、人の話しを最後まで聞いて確かめることをせずに、分かったつもりになることは、物事に取り組む姿勢として真面目さが欠落している印象を周りに与えるデメリットがあります。

物事に取り組む際の真面目さの欠如は、周りの人からの信頼を失う結果を招きます。

人は一度、信頼を失ってしまうと、回復させるためには何倍もの努力と時間が必要になります。

職場や学校など様々な場面での人間関係は、お互いの信頼関係がベースになり、成り立っています、
ですから、信頼を失うことで、職場や学校の中で『浮いた』存在になることがあります。

早合点は、大切な信頼関係を失うというデメリットを引き起こします。

早合点をせずに、人の話にも真摯に耳を傾けることを心掛けて、快い人間関係を築いていくことが大切です。

早合点してしまう人の8個の特徴

早合点する人は、自己中心的に物事を考えて、周りの人の考えを軽んじる傾向があります。

また、自分の人生を大切に『育てて』ステージアップさせる前向きな考えを抱いていません。

自分の人生への向き合い方が中途半端なため、物事を冷静に深く考えたりせずに軽率な言動が目立ちます。

1つの物事に向かってジックリと落ち着いて取り組むことができない面があります。

物事の本質を落ち着いて観ずに、安易な思い込みで判断して行動する軽率な印象を与えます。

今まで歩んできた人生の中で物事に真剣に取り組むことをせずに、安易な逃げ道を探すことに奔走してきた人は、目の前の物事を乗り越えた経験が少ないため、思慮深さに欠けて早合点するのです。

一方、日々の生活の中で難しい物事に直面しても逃げずに真摯に立ち向かう経験を積み重ねてきた人は、物事の大切さを実感しています。

ですから、早合点せずに周りの人の話しに耳を傾け、確かめてから慎重に行動に移すことができますので、的外れの結果をもたらすことはありません。

落ち着きがない

様々な難しい物事を乗り越えてきた経験の少ない人は、自分に自信がもてないため、目の前の物事に直面すると不安が募り、落ち着きがなくなります。

自分に自信が持てない人は、自信の無さが周りの人に気づかれることを恐れて落ち着きがなくなるのです。

自信の無さを隠そうとすることで頭の中がイッパイになり、他の人の話しを聞くことに集中できずに落ち着きをなくしてしまいます。

落ち着きのなさは、経験不足による自信のなさを表していると言えます。

一方、難しい物事に直面しても逃げずに乗り越えてきた経験を積み重ねてきた人は、自分に自信をもてます。

ですから、人の話にも落ち着いて耳を傾けて、最後までシッカリと聞いて理解し、行動に移ることができます。

思考回路が単純


日々の生活の中で直面する物事には、色々な原因を含んでいることがあります。

ですから、物事の一面だけを見て判断することは、物事の本質を理解しないまま早合点することになります。

物事の一面だけを見て、分かったつもりになる人は、他の面を見ることをしないため思考回路が単純と言えます。

早合点する人は、思考回路が単純になっていますので、他の人の話しを聞くことの大切さが分からないと言えます。

思考回路が単純な人は、早トチリをして、分かったつもりになりますので、物事の本質を理解せずに行動に移ることがあります。

物事の本質を理解しないまま行動に移ることで、他の人の心を傷つけることがあります。

ですから、早合点する人の語るコトバには、冷静に距離を置き、鵜呑みせずに聞き流すことも必要です。

思慮深さがない

人の話をキチンと聞かずに勝手に分かったつもりになる人は、物事をシッカリと考えない人です。

物事の上辺だけを見て決めつける早合点な人は、物事を深く考えないため、思慮深さがない人と言えます。

思慮深さがない人は、自分が誤解したまま思い込んでいることにも気づかずに、他の人を批判することがあります。

思慮深さがない人の言動のため、人の心を傷つけることがあります。

一方、思慮深い人は、自分の考えは正しいか冷静に振り返りをすることができます。

自分の考えを確かめることのできる人は、思慮深さがある人と言えます。

思慮深さのある人は、他の人の話しにも最後まで耳を傾けることが出来ます。

ですから、中途半端な理解で分かったつもりになる早合点な振る舞いをしません。

人生経験が浅い

早合点する人は、物事の一面だけを見て、勝手に決めつける傾向があります。

また、目の前の物事に直面しても乗り越えることをせずに、逃げ道を探すことに奔走します。

ですから、人生経験を積む機会から逃げるため、人生経験が浅いと言えます。

人生経験の浅い人は、物事を多方面から観る着眼点の広さを備えていません。

このため、自己中心的に考えるため、物事を広く客観的に観ることができません。

人の話を聞くときも、話の内容の一部のみを聞いて、全体を理解したつもりになるのです。

話をする立場の人にとっては、話の一部しか聞いてもらえないことに不信感を抱きます。

人生経験の浅い人は、周りの人の気持ちに心配りをすることができません。

一方、人生経験の豊富な人は、物事を多面的に観ることができる広い心をもっていますので、周りの人の話にも真摯に耳を傾けることが出来ます。

ですから、早合点して分かったつもりになる軽率な言動をすることはありません。

独りよがり

独りよがりな人は、他の人の考えに耳を傾けることをせずに、自分の考えを押し通す言動をします。

独りよがりは、「独り善がり」と書くことがあるように、自分と他の人とを優劣の差で見ようとする偏った考えを指します。

早合点する人は、自分を中心に物事を判断します。

ですから、他の人が話す言葉には真剣に耳を傾けることをせずに、話の途中で分かったフリをして、独りよがりな振る舞いをします。

『持ちつ持たれつ』のコトバが示す通り、人はお互いに助けたり助けられたりすることで、人間関係が成り立つ面があります。

しかし、独りよがりな言動をする人は、自己中心的な振る舞いをするため、周りの人から信頼されることはありません。

自分の考え方は常に正しいと信じている

早合点な人は、自分中心に物事を考える独りよがりな傾向があるため、自分の考え方は常に正しいと思い込んでいます。

ですから、自分自身の考えを、冷静に第三者の目で振り返り、確かめることをしません。

謙虚さをもたない早合点な人は、自分の考えは常に正しいと信じているのです。

一方、独りよがりとは縁のない謙虚な人は、自分の考えに思い過ごしや勘違いは無いかと、客観的な視点に立ち、自分の考えを振り返ることができます。

自分自身の考えを謙虚に振り返ることのできる人は、周りの人から信頼されることがあり、快い人間関係を築くことができます。

思い込みが激しい

独りよがりな早合点な人は、自分の考えは常に正しいと思い込んでいます。

自分の考えの思い込みが激しい面があるため、他の人の話しに最後まで耳を傾けることをしません。

このため、話の一部を聞いただけで分かったつもりになるのです。

早合点な人は、自分の持つ先入観による思い込みが激しいため、物事のもつ一面だけを見て、分かったつもりになり、決めつけてしまいます。

狭い視点で物事を捉えて判断するため、的外れの判断をすることが多々あります。

一方、自分の考えは正しいという思い込みの激しさがない人は、広い視点に立ち、物事のもつ様々な面を観て理解することができますので、的外れにならずに的確に物事を判断することができます。

失敗から学ばない

長い人生の中で経験する様々な出来事には、乗り越えることが出来るケースもありますし、乗り越えることが出来ないケースもあります。

成功や失敗は誰もが経験することです。

自分の人生を大切に考えることの出来る人は、失敗した時の経験を教訓として学びのチャンスとして活かすことが出来ます。

しかし、自分の人生を大切にせずに、早合点を繰り返して安易な惰性的な日々を送っている人は、経験の積み重ねにも無関心です。

このため、目の前に直面した物事を乗り越えることが出来ずに失敗したとき、教訓として捉えて、失敗から学ぶことをしません。

同じ過ちを繰り返しがち

人生の中で経験する様々な出来事には、乗り越えることが出来るケースと、乗り越えることが出来ないケースがあります。

しかも、長い人生の中では、同じ出来事に直面することもあります。

早合点を繰り返して物事の本質を理解できない人は、適切な対処が出来ずに、同じ過ちを繰り返しがちになります。

一方、自分の人生を大切に考えている人は、人生の中で乗り越えることが出来ない状況に直面しても、教訓として記憶に留めることを心掛けます。

人生の中で経験した出来事を教訓として記憶に留めることの出来る人は、同じ過ちを繰り返すことはありません。

KYである

早合点をする人は、自分の考えを押し通すことで頭の中がイッパイになっているため、気持ちに余裕を持てない日々を送っています。

気持に余裕を持てないため、周りの人が語るコトバに耳を傾ける冷静さをもつことができません。

このため、職場や学校での人間関係を築くことには無関心になり、自分が置かれている周りの空気が読めないKY状態に陥ることも少なくありません。

早合点な人が、KY状態に陥ることで、スムーズなコミュニケーションがとれなくなり、職場や学校での信頼関係を築くことが出来ずに、浮いた存在に陥ることがあります。

客観性がなく周囲の人が自分をどう見ているか分かっていない

早合点な人は、目先のことに強い関心を持つ傾向がありますので、物事を観るときの視野が狭くなっています。

また、自己中心的に物事を考えますので、周りの人の考えに興味を抱いて耳を傾けるこはありません。

このため、客観性がなく周囲の人が自分をどう見ているか分かっていない状況に陥っています。

自分の立場を客観的に振り返ることが出来ませんので、自分の言動が周りの人の目にはどのように映っているのか分かりません。

自分が浮いた存在になっていることも気づかずに日々の生活を送ることになります。

このため、仕事の面でもスムーズに計画通りに進めることが難しくなり、職場の中でも必要とされる『人財』になることが難しくなります。

知ったかぶりが多い

早合点な人は、自尊心が強い面をもっています。

このため、周りの人との会話の中で自分が理解できないコトバが出てきても、知ったかぶりが多い傾向があります。

自尊心を守るために、正直に「知らない」とは言わずに、知ったフリをすることが多々あります。

早合点する人は、他の人の話を最後までキチンと聞かないため知識が浅いままになっています。

ですから、知らないことが多くなってくるのです。

知らないことが増えると、知ったかぶりをする振る舞いが多くなり、周りから信頼される人間関係を築くことができなくなります。

人に良く見られたい

早合点な人には、自尊心の高い自己中心的な考えの人が少なくありません。

自尊心が高いことで、自分の存在を周りにアピールして優越感に浸りたいという意識が強くなり、「人に良く見られたい」という願望が強くなっていきます。

また、人に良く見られたいために、自分の考えを前面に押し出してアピールすることに一生懸命になり、他の人のコトバに心を向ける余裕がありません。

プライドが高い

早合点する人の中には、自分の考えと他の人の考えを比べて、自分の考えが優れていると勝手に思い込んで優越感に浸る人がいます。

優越感をもつことに強い拘りを抱いている人は、プライドの高い人と言えます。

プライドの高い人の中には、心の奥に劣等感を抱えているケースがあります。

心の奥に『閉まっている』劣等感を他の人に気づかれないようにするために、プライドの高さを誇示し、カモフラージュすることがあります。

人の話をきちんと聞かない

早合点する人は、自分の考えは正しいと思い込んでいますので、他の人の話を聞くことに興味を示さないことがあります。

頭の中は、自分の考えを周りの人に分かってもらうことでイッパイになっています。

このため、人の話をキチンと聞かないことが多々あります。

職場の中で、人の話をキチンと聞かない振る舞いをすることは、周りの人の目には軽率な姿として映りますので、信頼関係を築くことが難しくなります。

人の話をキチンと聞かない振る舞いは、人を軽々しく扱う心理状態の表れと言えます。

早合点を直す方法

自分の人生を大切に考えることのできる人は、他の人も大切にする感性を備えています。

人はお互いに「持ちつ持たれつ」という人生観を持つ人は、自分の考えを大切にすると共に他の人の考えも大切にします。

他の人の考えを大切にする人は、人の話を最後までキチンと聞くことの出来る人と言えます。

人の話を最後までキチンと聞くことが出来るようになるためには、話しの内容を確認することを心掛ける方法があります。

「〇〇という理解でよろしいですか?」と相手に確認する心遣いを習慣づけることで、相手の話を最後まで聞く習慣が身に付ついていきます。

また、周りの人への思いやりを心掛けることで、人の話を最後まで聞く習慣を身に付つけることができて、早合点を治すことができます。

また、早合点を直すためには、自分の人生観を振り返り、見直すことが必要です。

他の人の考えを大切にできる人は、自分の価値観を客観的に振り返り、時には、改めることのできる柔軟性を持ち合わせています。

早合点を直すためには、自分の人生観や考え方を客観的な視点で振り返る謙虚さを持つことが必要です。

謙虚な振る舞いは、周りの人に快い印象を与えます。

ひと呼吸置いて考える癖を付ける

物事の結論を出すことを安易に急ぐ行為は、物事の重要性を無視して軽々しく捉えていることを表わしています。

物事を真剣に考えない人は、相手の話を最後まで聞かずに途中まで聞いて分かったつもりになり、的外れの理解をするケースがあります。

物事を正確に把握して理解するためには、ひと呼吸置いて考える癖を付ける心掛けが大切です。

早合点を直すためには、相手の話に最後まで耳を傾けて、ひと呼吸置いて考える気配りをすることが必要です。

気配りをすることで、相手の人があなたに寄せる信頼感が増して、快い人間関係づくりに発展させることが期待できます。

一方、あなたが相手の話を最後まで聞かずに早合点する行為は、相手との信頼関係を損なう結果に至ることがあります。

早合点は、人との信頼関係に影響を及ぼすことがありますので、慎む必要があります。

人の話を良く聞く

早合点を直すためには、周りの人の考えを大切にして、人の話を良く聞く心がけが必要です。

人の話を良く聞くことは、コミュニケーションの基本です。

自分の人生を大切に考えると共に、他の人の人生も大切に考えることができるように人生観を変えることで、早合点を直すことが出来ます。

職場や学校での人間関係を大切に考える心掛けを持つことで、早合点を直すキッカケにすることができます。

人の話を良く聞くことは、快い人間関係を築くための基本になります。

感覚的にではなく論理的に考えるようにする

感覚的に物事を考える人は、その時の気分や自分の好みの具合により、考えが変わり一貫性に欠ける言動を繰り返すことがあります。

人の話を聞くときに、気持が乗らなければ、話を最後まで聞かずに、分かった気分になってしまうことがあります。

早合点な人には、感覚的な人が少なくありませんので、気分次第で人の話を最後まで聞くことができません。

早合点を直すためには、物事を感覚的にではなく論理的に考えるようにする習慣をつけることが必要です。

物事を論理的に考えることを心がけることで、他の人の考えも参考にしたい気持ちが湧いてきます。

論理的な考えを組み立てるためには、他の人のアイディアも必要になりますので、自ずと他の人の話を最後まで聞くようになります。

正しいかどうか確認することを面倒くさがらない

早合点を直すためには、日々の生活を大切に過ごし、色々な出来事の大小に関わらず、適切に対処できるように、自分の把握内容が正しいかどうかを確認することを面倒くさがらない心がけが必要です。

早合点をしない人は、自分の理解が正しくなければ、躊躇せずに改める謙虚さをもっています。

一方、早合点をする人は、自分が理解している内容が正しいかどうかを確かめることを面倒に思い、確認しないまま物事を進めていきますので、的外れの結果を招き、周りの人に大きな影響を与えることがあります。

自分の人生をステージアップさせたい人は、自分の理解内容が正しいかどうか、確認することを面倒くさがらないものです。

知らないことを恥だと思わないようにする

早合点する人の中には、自尊心の強い人が少なくありません。

自尊心が強いため、知らないことを恥だと思っていますので、知らない事でも知っているような振る舞いをします。

早合点を直すためには、知らないことを恥だと思わないようにすることです。

他の人の考えを尊重する謙虚な心がけを習慣づけることで、知らないことを周りの人に素直に聞くことが出来るようになります。

人の話しを最後までキチンと聞くことができることで、早合点な言動が影を潜めます。

自分一人で決めないで他の人に相談してみる

自己中心的に物事を進める人は、早合点な言動で物事の結論を出そうとします。

早合点を直すためには、自己中心的な独善の考えを捨てて、周りの人を大切にする謙虚な心がけを身につけることが必要です。

周りの人の考えを大切にすることで、物事を判断する際に、自分一人で決めないで他の人に相談してみることが出来るようになります。

他の人の考えを参考にする広い心をもつことが、早合点を直すキッカケとなります。

まとめ

早合点は、自分と他の人とを比較する競争心の表われとも言えます。

自己中心的な人生観を持つ人は、周りの人よりも有利な立場に立とうとして、スピード感を優先して、早合点に物事を進めようとします。

『早いことは優れていること』だと勘違いしているのです。

早合点な言動をする人は、自分の人生を大切に考えない傾向があります。

人生を大切にしない人は、物事を独善的に考えますので、人の話に最後まで耳を傾ける謙虚さを持ち合わせていません。

早合点な言動をすることで、職場や学校で、周りの人との快い人間関係を築くことが出来ない状況に陥ります。

職場や学校では、『浮いた』存在になってしまうのです。

しかし、周りの人を大切にする謙虚さをもつことで、早合点な言動が直り、快い人間関係が芽生えてきます。

快い人間関係をもつことで、お互いの間に信頼関係が生まれてきます。

周りの人との信頼関係をもつことで、豊かな人生を築いていくことができます。

早合点を直すことで、将来に向けた人生がステージアップしていきます。

人生に『ブレーキをかけている』早合点を直すことで、人生の可能性が大きく拡がっていきます。

早合点は、『人生のブレーキ』です。

早合点は、人生に『ブレーキ』をかけますので直しましょう。