CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

早合点とは?意味や使い方、早合点してしまう人の8個の特徴


早合点には、“相手の言っている内容を確かめずに分かったつもりになる”という意味があります。

早合点の意味が示す通り、相手の話を真剣に聞く姿勢がなく、確かめることもせずに自分の勝手な思い込みで判断する軽率な振る舞いを指します。

早合点な振る舞いは、人間関係やビジネスの面で周りの人にマイナスな印象を与えます。

人間関係の面で観ると、人の話を最後まで聞かない姿は、話をしている側から観ると自分の存在を軽くみているような印象を受けます。

こうして、早合点な態度のために、お互いの人間関係で信頼性が損なわれることがあります。

また、ビジネスの面で観ると、取引など大切な会議や打ち合わせの場で、相手の話を最後まで聞かずに勝手な思い込みで誤った判断をしたことで自社に大きな損害を与えてしまうことがあります。

周りの人を大切にしない自己中心的な人は、自分の考えを大切にするあまり、相手の話を軽んじて真剣に聞く態度を示さないことがあります。

また、軽率な人は、周りの人を軽んじて、相手の話を最後までキチンと聞かずに分かったつもりになります。

相手の話を中途半端に理解したままで物事を進めてしまい、誤った結果を出して取引相手の企業に損害を与えることがあります。

早合点をする人は、謙虚さを持ち合わせていないため、相手の話に真面目に耳を傾けることをしません。

このため、相手の話を最後まで聞かないため、自分の考えの誤りに気付かないことがあります。

早合点は、相手の立場を軽んじる意識の表われと言えます。

早合点する人は相手の立場よりも自分の立場を優先する言動を見せますので、快い人間関係を築くことができません。

職場や学校での人間関係の中でも早合点な人は、相手の話に最後まで耳を傾けることをしませんので、『浮いた』存在に陥ることが多々あります。

早合点な人は、周りの人から信頼されることはありません。

早合点な態度を見せる人は、自分の人生への向き合い方が中途半端であることを表しています。

物事に立ち向かう真剣さが足りずに、中途半端な理解のまま決めつけてしまう軽率な面をもっています。

一方、自分の人生を大切に考えている人は、自分の立場を大切に考えると共に、相手の立場も大切に考えることが出来ますので、早合点な振る舞いをしません。

早合点をしない人は、相手の話を最後までキチンと聞き確かめる真摯な振る舞いができるため、豊かな人生を築いていくことができます。

早合点には落とし穴がいっぱい!

早合点な態度は、一見、スピード感を与えますが、見方を変えると軽率な印象を与えます。

早合点な人は、物事を筋道立てて考えを整理することが苦手です。

物事の上辺だけを捉えて粗い考えで判断しますので、勘違いや思い違いをすることが少なくありません。

早合点な態度は、中途半端な理解を招き、物事を正確に把握することが出来ないため、思い違いなど、落とし穴をイッパイ作ることになります。

自分の人生の将来設計も描かずに惰性に流された安易な日々を送る人は、中途半端な考えで早合点して物事を判断しますので、将来の人生には落とし穴がいっぱい!です。

一方、自分の人生の将来を見据えながら真剣に考えることのできる人は、日々の生活の中で起きる物事を早合点しないため、的外れの言動をすることはありません。

早合点をしないことで、『落とし穴』に直面することがありませんので、人生を順調にステージアップさせることができます。

早合点とは?


早合点とは、他の人の話を最後までキチンと聞かずに、中途半端な理解による思い違いのまま物事を決めつけてしまうことです。

よく確かめずに自分勝手に思い込んでしまう軽率な面があります。

早合点することで、事実とは異なる思い違いや勘違いのため、誤った判断をして、身近な人や周りの人に迷惑を掛けることがあります。

早合点による誤った判断の影響範囲が自分だけに留まらずに、他の人の仕事にまで影響を及ぼすことがあります。

また、自分の早合点による誤った判断のため、他の人が誤った判断をする引き金になることもあります。

早合点は、物事の重要度によっては、他の人に大きな影響を与えますので、安易な早合点は慎む心構えが必要です。

早合点による影響度合いによっては、人同士の信頼関係に影を落とすこともあります。

あなたが、将来に向けた人生を、更にステージアップさせたいと考えているなら、早合点せずに、人の話しをキチンと最後まで聞く慎重さが必要です。

一方、日々の生活の中で、早合点を繰り返すことは、思い違いの繰り返しを招きますので、ビジネスの面などで大きな損失をもたらすことがあります。

早合点は、自分の人生を左右することがありますので、安易な思い込みは慎む心掛けが大切です。

意味

早合点には、“よく聞いたり確かめたりしないうちに分かったつもりになること”という意味があります。

日々起きる様々な物事には色々な原因が絡み合っていることがあります。

物事の本質を見極めるためには、多方面からの視点で観察する、広い観察眼が必要になります。

しかし、早合点な振る舞いは人の話しをキチンと聞き、多方面から確かめることをせずに一方面からしか観ることをしませんので、思い違いや勘違いを引き起こすことは珍しくありません。

物事の原因を見極めて適切な対処方法を見つけ出すためには、物事の本質を見極める冷静な観察眼が必要となります。

冷静さを失った早合点な態度は、自分の思い込みだけで物事を判断しますので、正しい判断ができる『観察眼』を育てることができません。

例文を紹介

自分の経験知に拘り過ぎて、結論を急ぐあまり、早合点な判断をしてしまう例文を次に紹介します
「ところで、祝儀の本席では、控えの間に二人の姿がないので、遅参と早合点して、待たずに、祝いをはじめた。」柴田錬三郎『江戸八百八町物語』より。

この例文のポイントは、「控えの間に二人の姿がないので、遅参と早合点して・・・」の部分です。

ページトップ