誰でも嬉しいことがあれば、それを人に自慢したくなります。

けれどもあからさまに上から目線で自慢話をしたり、延々と自分の自慢話だけを話したりしていると、周りは呆れて冷たい態度をとるようになるでしょう。

自慢話は話し方によって、聞く人にすんなりと受け入れられることもあれば、嫌われてしまうこともあります。

せっかく自慢話をするのなら、上手に話して聞いてもらえば自分も相手も楽しくなるでしょう。

今回は自慢話を上手にするためのテクニックをご紹介します!

自慢話ってただただ嫌がられるだけだと思っていませんか!?

自慢話と聞くと、誰もが「鼻につく」「うっとうしい」と嫌なイメージを思い浮かべることでしょう。

あなた自身、他人の自慢話ばかり聞かされたところで楽しくもなんともありませんよね?

それどころか、自慢話の内容によっては「自分とあなたとはレベルが違うんだ」と見下されているような気さえして、不愉快になることもあるでしょう。

そんなことはよくあるため、自慢話に対する人々の印象は悪いことが多いのです。

けれども、そんな自慢話でも、話し方1つで聞く人にも楽しい気持ちになってもらうことができます。

自慢話をしているのに、聞いている人がなんだか微笑ましく感じてしまうこともあるでしょう。

自慢話なのに聞く人が不快に感じないのは、それだけ自慢する人の話し方が上手だからです。

マイナスのイメージの強い自慢話でも、話し方が上手な人の手にかかれば、「ただただ嫌なもの」ではなくなってしまいます。

そんな驚くような話し方について、詳しくご紹介していきます。

自慢話が上手い人の7個のテクニック教えます!

自慢話が上手い人は、会話を通して人を楽しませることができる、という大きな特徴があります。

自分の話をしている時にも、常に相手の表情や態度をよく観察していますので、話を聞いている相手が、自分の話す内容をどう感じているのかを鋭く察することができます。

もし相手が退屈そうにしていたなら、話す内容を変えて相手の興味をひきます。

またはジェスチャーのような動きをつけたり、声色を変えたりすることで、相手の退屈さを紛らわせようとします。

自慢話でも同じように、相手が「楽しそうに、または面白そうに聞いているか」を常に確認しながら話しますので、上手に相手と楽しい時間を共有できています。

自慢話が上手な人のテクニックを身に付けることで、あなたも同じように上手に自慢話ができるようになるかもしれません。

以下に自慢話が上手い人の具体的なテクニックをご紹介していきますので、ぜひ自分でも試してみてください。

面白く話す


自慢話は、そのまま話すと聞き手が退屈したり、不快に感じてしまったりすることが多いです。

例えば新築に引っ越したことを友達に自慢する時に、「新しく家を建てたんだ。

とても広いし綺麗で大満足!」とそのまま話すと、聞く人によっては嫌味に捉えたり、不快に感じたりすることがあります。

しかしその時に、「新築に引っ越したんだけど、まだ全然住所に慣れてないから昨日も間違えて昔の家に帰っちゃったんだ。」と面白おかしい話として言えば、自慢話はさらりと伝わり、その上で相手の笑いを誘うことができるでしょう。

ストレートに自慢話をすると、少なからずそれを嫌悪として受け止める人はいます。

なるべく皆に自慢話をすんなりと受け入れてもらいたいのなら、少しくらい話を盛ってもいいので面白いネタを話し、その中にさりげなく自慢したいことを混ぜるようにしましょう。

「自慢話かよー!」とつっこめる雰囲気を作る

話し上手な人は、自慢話でも自分のことを下げて話したり、話のほんの一部分にだけ自慢したいことを織り交ぜて話したりします。

すると聞く方も嫌味に感じることなく素直に受け入れられますし、話の内容によっては「自慢話かよー!」「それって自慢じゃない!」と相手がつっこんでくることもあるでしょう。

相手が思わず「自慢かよ」とつっこめるような雰囲気を作ることもとても大切です。

自慢する側にとっても、いかにもお世辞や無理な同調をされるよりは、思い切り「なに自慢してるんだよ~」とつっこんでもらえた方が心地よい気分になれるでしょう。

そのまま場の雰囲気が盛り上がれば、相手の方から自慢したい内容にどんどん質問してくれることもあるでしょう。

明るく話す


自慢話を暗い口調で話す人はほとんどいませんが、あまり上機嫌な口調で話しても、聞く人は苛立ってしまうことがあります。

また、例えば同じ試験に2人で臨み、1人だけが合格してもう1人が不合格だった時、嬉しさと気まずさから「なんかごめんね、自分だけが合格して」と言うと、それが原因で相手が怒ってしまうこともあるでしょう。

一見同情のような物言いの中に、相手に対する優越感を感じさせてしまうため、それで相手は怒れてしまうのです。

自慢話は暗く話しても、ご機嫌に話しても、また同情心を織り交ぜながら話しても受けが悪いです。

一方で、あっけらかんと明るく自慢話をすると、聞く相手は妬んだり不愉快に感じたりする気も失せて、素直に自慢話を受け止めてくれることが多いです。

明るいトーンで「ちょっと自慢話を聞いてほしいのだけど・・」と前置きをしてから話すと、相手は「はいはい」と軽い気持ちで受け入れる態勢になってくれるでしょう。

笑顔を忘れない

明るく自慢話をする時には、笑顔を忘れないことが大切です。

本当に心の底から嬉しそうに自慢話をすることで、嫌味さが無くなって純粋さを相手に印象づけることができます。

すると相手は、「よっぽど嬉しかったんだな」と微笑ましく話を聞いてくれることでしょう。

自慢話では下手に謙遜したり、照れたように話したりすると、内容によっては相手を不快にさせてしまうこともあります。

とくに人を妬みやすい人や、他人と自分とを比較しやすい人の場合には、普通の人以上に自慢話に対してはマイナスの方に敏感なことがありますので、そうした相手にも嫌味と感じさせないためにも、あくまでも笑顔で明るく話すことが重要です。

聞く人によって話し方を変える

自慢話は、それを聞く相手によって受け取る印象が違います。

何でも素直に受け取る人には、そのまま自慢話をしたところで嫌味なく羨ましがってくれることでしょう。

しかし自慢話を嫌味に捉えたり、自分を見下しているように感じたりしてしまう人もいますので、聞く人によって話し方を変えることも重要です。

例えば何でも嫌味に受け止める人には、全体的に面白おかしい話の中にそれとなく自慢話を入れることで、そこまで嫌悪感なく話を聞いてくれるでしょう。

また、自慢話が他人を見下しているように感じてしまう人に対しては、心底嬉しいという気持ちを伝えるようにするか、または失敗談などの自虐ネタを交えて話すことで、相手に不快感を与えるリスクが減ります。

自慢話1つするのも相手に気を遣うため少々大変ではありますが、そもそも自慢話は自分が人に聞いてもらいたくて話していることですので、聞く人の心情に気を配ることも必要でしょう。

それをせずに自分の好きなように話していると、その内誰もまともに話を聞いてくれなくなるでしょう。

人の事も褒める

自慢話では、自分で自分のことを持ち上げますので、当然それを聞く周りの人たちはあまりいい気分にはならないでしょう。

だからこそ、自慢話をする人は無邪気さを装って話したり、笑いのネタと交えて話したりして、周りの人に自分の自慢したいことを受け入れてもらっています。

それができない人は嫌われ者になってしまいますが、上手に自慢話ができる人は「憎めないやつ」の立ち位置になることができます。

そして自慢話をする上で大切なことは、ただ自分の話だけをするのではなく、相手のことも褒めることです。

人のこともきちんと褒めた上で自慢話をするのなら、自分の話も周りには受け入れてもらいやすくなります。

とはいえ、たった一言だけ相手を褒め、後はずっと自分の自慢話をしても効果はありません。

会話の中では6:4の割合くらいで自分の自慢話をすれば、相手もいい気分の状態で話を聞いてくれるでしょう。

話すタイミングが絶妙

自慢話は、他人の話を遮って話せば周りの人達には嫌がられます。

また、他人の話を毎回自分の自慢話に置き換えて話しても同じく嫌がられます。

自慢話はただでさえ人から嫌われやすいため、話す時にはしっかりとタイミングを見計らわなければいけません。

少人数で話をしているのなら、ある程度他の人達が自分の話をし終えたところや、誰かの自慢話を聞いた後で、会話が途切れた瞬間に自分の話をするように意識しましょう。

もし誰も自慢話をしていなければ、まずは自分の自慢話を軽くして、その後は他の人に話題を振ったり、褒めたりします。

すると自然な流れで会話の主導権が移りますので、後は暫く他の人の話も聞きましょう。

そしてある程度話したらまた、自分の自慢話をします。

自慢話はどんなに雰囲気良く話すことができても、タイミングを誤ったり自分の話ばかりしては、周りには不快に思われてしまいます。

そのため他の人の話を聞きながらも、自分が話すタイミングをいつも見計らうようにしましょう。

話が簡潔

自慢話をする時には、話を簡潔にまとめるのが一番効果的です。

例えば買ったばかりの服を自慢したい時には、着ている状態で「この服昨日買ったんだ」とシンプルに伝えます。

大抵の人はそれに対して「いいね」や「似合っているよ」などの褒め言葉を返してきますので、素直に「ありがとう」とお礼を言ったら、そこで一度自慢話はストップさせて他の人に話題を振りましょう。

もし服に関して誰かから質問があれば、その時には簡潔に答えるようにしますが、誰からもつっこみがなかったら、その時点で話は終わらせるべきです。

それ以上「どこで買ったか」「いくらしたか」「素材は何か」などの聞かれてもいないことをベラベラと話し続けると、鬱陶しく思われてしまうことがあります。

自慢話をする時には、つい夢中になって長々と話してしまうことがよくありますが、話が長いほど人からは嫌われてしまうと思いましょう。

一方で、話が簡潔なら同じ人から何度自慢話をされても、それを聞く人は不快に感じにくいでしょう。

嫌味っぽく言わない

自慢話は嫌味っぽく言うと、相手にはその嫌味が伝わりやすいです。

例えばごく一般的な車に乗っている人に対して、「高級車を買ったんだけど、維持が大変で何かとお金がかかるんだよね~。お給料もあまり高くはないし、大変だなぁ。」と言ったら、それを言われた側は嫌味に受けとることが多いでしょう。

とくに自慢された側の収入よりも、明らかに自慢した側の収入の方が多ければ、日頃の生活ぶりからもその差は歴然ですので、自慢された側は余計に嫌味に感じてしまうことでしょう。

自慢話は、対等な立場の人や、自分よりも上の立場の人に話すのであればまだ嫌味に受けとられる可能性は減りますが、自分よりも明らかに学歴や収入、生活ぶりなどが劣っている人に対してしてしまうと、高確率で相手には嫌味に取られてしまうでしょう。

実際に、自分よりも下だと感じている人に対して自慢話をする人の多くは、言葉の端々にどこか相手に対して優越感や見下しの感情をにじませていることがあります。

それを相手も敏感に受けとるからこそ、嫌味がハッキリと伝わってしまうのでしょう。

自慢話をする時には、相手の立場が例え自分よりも下であっても、決して嫌味っぽく言わないように気をつけましょう。

サラッと話す

自慢話は、サラッと話すことで聞く人に嫌味や見下しの感情を与えにくくなります。

例えば欲しかったブランドものの時計が手に入った時には、「ずっと欲しかった時計が手に入ったんだ!」とシンプルに時計が買えて嬉しいことだけを話します。

そこでもし相手が色々と質問してくれば、ブランド名や値段などを言ってもいいですが、「へえ、良かったね!」程度の返しであれば、それ以上はこと細かに話すのは控えましょう。

自慢話は自分が一番伝えたいことだけをサラッと話して、詳細はあえて省くことで、嫌味っぽさや優越感を相手が感じ難くなります。

場合によっては自慢話とも受け止められないこともありますので、自慢する内容はとにかくシンプルに話すことを意識しましょう。

自慢話をする人の心理とは?

自慢話をする人の心理とは、どのようなものなのでしょうか?

人には元々承認欲求がありますので、自分のことを人から認めてもらいたいという気持ちは誰でももっています。

それが不特定多数に対して向かう人もいれば、親や上司、友達や恋人などの特定の相手に対してだけ向かうという人もいます。

何かの形で自分のことを人に認めて欲しいため、時には自ら自分の行いや成果、訪れた幸運に対して自己アピールをしますが、それが自慢話になっていることは多いです。

そうした承認欲求の心理があるという前提で、以下に具体的な心理について挙げていきます。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定