CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

自慢話が上手い人の7個のテクニック!ウザいと思われない話し方


誰でも嬉しいことがあれば、それを人に自慢したくなります。

けれどもあからさまに上から目線で自慢話をしたり、延々と自分の自慢話だけを話したりしていると、周りは呆れて冷たい態度をとるようになるでしょう。

自慢話は話し方によって、聞く人にすんなりと受け入れられることもあれば、嫌われてしまうこともあります。

せっかく自慢話をするのなら、上手に話して聞いてもらえば自分も相手も楽しくなるでしょう。

今回は自慢話を上手にするためのテクニックをご紹介します!

この記事の目次

自慢話ってただただ嫌がられるだけだと思っていませんか!?

自慢話と聞くと、誰もが「鼻につく」「うっとうしい」と嫌なイメージを思い浮かべることでしょう。

あなた自身、他人の自慢話ばかり聞かされたところで楽しくもなんともありませんよね?

それどころか、自慢話の内容によっては「自分とあなたとはレベルが違うんだ」と見下されているような気さえして、不愉快になることもあるでしょう。

そんなことはよくあるため、自慢話に対する人々の印象は悪いことが多いのです。

けれども、そんな自慢話でも、話し方1つで聞く人にも楽しい気持ちになってもらうことができます。

自慢話をしているのに、聞いている人がなんだか微笑ましく感じてしまうこともあるでしょう。

自慢話なのに聞く人が不快に感じないのは、それだけ自慢する人の話し方が上手だからです。

マイナスのイメージの強い自慢話でも、話し方が上手な人の手にかかれば、「ただただ嫌なもの」ではなくなってしまいます。

そんな驚くような話し方について、詳しくご紹介していきます。

自慢話が上手い人の7個のテクニック教えます!

自慢話が上手い人は、会話を通して人を楽しませることができる、という大きな特徴があります。

自分の話をしている時にも、常に相手の表情や態度をよく観察していますので、話を聞いている相手が、自分の話す内容をどう感じているのかを鋭く察することができます。

もし相手が退屈そうにしていたなら、話す内容を変えて相手の興味をひきます。

またはジェスチャーのような動きをつけたり、声色を変えたりすることで、相手の退屈さを紛らわせようとします。

自慢話でも同じように、相手が「楽しそうに、または面白そうに聞いているか」を常に確認しながら話しますので、上手に相手と楽しい時間を共有できています。

自慢話が上手な人のテクニックを身に付けることで、あなたも同じように上手に自慢話ができるようになるかもしれません。

以下に自慢話が上手い人の具体的なテクニックをご紹介していきますので、ぜひ自分でも試してみてください。

面白く話す


自慢話は、そのまま話すと聞き手が退屈したり、不快に感じてしまったりすることが多いです。

例えば新築に引っ越したことを友達に自慢する時に、「新しく家を建てたんだ。

とても広いし綺麗で大満足!」とそのまま話すと、聞く人によっては嫌味に捉えたり、不快に感じたりすることがあります。

しかしその時に、「新築に引っ越したんだけど、まだ全然住所に慣れてないから昨日も間違えて昔の家に帰っちゃったんだ。」と面白おかしい話として言えば、自慢話はさらりと伝わり、その上で相手の笑いを誘うことができるでしょう。

ストレートに自慢話をすると、少なからずそれを嫌悪として受け止める人はいます。

なるべく皆に自慢話をすんなりと受け入れてもらいたいのなら、少しくらい話を盛ってもいいので面白いネタを話し、その中にさりげなく自慢したいことを混ぜるようにしましょう。

「自慢話かよー!」とつっこめる雰囲気を作る

話し上手な人は、自慢話でも自分のことを下げて話したり、話のほんの一部分にだけ自慢したいことを織り交ぜて話したりします。

すると聞く方も嫌味に感じることなく素直に受け入れられますし、話の内容によっては「自慢話かよー!」「それって自慢じゃない!」と相手がつっこんでくることもあるでしょう。

相手が思わず「自慢かよ」とつっこめるような雰囲気を作ることもとても大切です。

自慢する側にとっても、いかにもお世辞や無理な同調をされるよりは、思い切り「なに自慢してるんだよ~」とつっこんでもらえた方が心地よい気分になれるでしょう。

そのまま場の雰囲気が盛り上がれば、相手の方から自慢したい内容にどんどん質問してくれることもあるでしょう。

明るく話す


自慢話を暗い口調で話す人はほとんどいませんが、あまり上機嫌な口調で話しても、聞く人は苛立ってしまうことがあります。

また、例えば同じ試験に2人で臨み、1人だけが合格してもう1人が不合格だった時、嬉しさと気まずさから「なんかごめんね、自分だけが合格して」と言うと、それが原因で相手が怒ってしまうこともあるでしょう。

一見同情のような物言いの中に、相手に対する優越感を感じさせてしまうため、それで相手は怒れてしまうのです。

自慢話は暗く話しても、ご機嫌に話しても、また同情心を織り交ぜながら話しても受けが悪いです。

一方で、あっけらかんと明るく自慢話をすると、聞く相手は妬んだり不愉快に感じたりする気も失せて、素直に自慢話を受け止めてくれることが多いです。

明るいトーンで「ちょっと自慢話を聞いてほしいのだけど・・」と前置きをしてから話すと、相手は「はいはい」と軽い気持ちで受け入れる態勢になってくれるでしょう。

笑顔を忘れない

明るく自慢話をする時には、笑顔を忘れないことが大切です。

本当に心の底から嬉しそうに自慢話をすることで、嫌味さが無くなって純粋さを相手に印象づけることができます。

すると相手は、「よっぽど嬉しかったんだな」と微笑ましく話を聞いてくれることでしょう。

自慢話では下手に謙遜したり、照れたように話したりすると、内容によっては相手を不快にさせてしまうこともあります。

とくに人を妬みやすい人や、他人と自分とを比較しやすい人の場合には、普通の人以上に自慢話に対してはマイナスの方に敏感なことがありますので、そうした相手にも嫌味と感じさせないためにも、あくまでも笑顔で明るく話すことが重要です。

聞く人によって話し方を変える

自慢話は、それを聞く相手によって受け取る印象が違います。

何でも素直に受け取る人には、そのまま自慢話をしたところで嫌味なく羨ましがってくれることでしょう。

しかし自慢話を嫌味に捉えたり、自分を見下しているように感じたりしてしまう人もいますので、聞く人によって話し方を変えることも重要です。

例えば何でも嫌味に受け止める人には、全体的に面白おかしい話の中にそれとなく自慢話を入れることで、そこまで嫌悪感なく話を聞いてくれるでしょう。

また、自慢話が他人を見下しているように感じてしまう人に対しては、心底嬉しいという気持ちを伝えるようにするか、または失敗談などの自虐ネタを交えて話すことで、相手に不快感を与えるリスクが減ります。

自慢話1つするのも相手に気を遣うため少々大変ではありますが、そもそも自慢話は自分が人に聞いてもらいたくて話していることですので、聞く人の心情に気を配ることも必要でしょう。

それをせずに自分の好きなように話していると、その内誰もまともに話を聞いてくれなくなるでしょう。

人の事も褒める

自慢話では、自分で自分のことを持ち上げますので、当然それを聞く周りの人たちはあまりいい気分にはならないでしょう。

だからこそ、自慢話をする人は無邪気さを装って話したり、笑いのネタと交えて話したりして、周りの人に自分の自慢したいことを受け入れてもらっています。

それができない人は嫌われ者になってしまいますが、上手に自慢話ができる人は「憎めないやつ」の立ち位置になることができます。

そして自慢話をする上で大切なことは、ただ自分の話だけをするのではなく、相手のことも褒めることです。

人のこともきちんと褒めた上で自慢話をするのなら、自分の話も周りには受け入れてもらいやすくなります。

とはいえ、たった一言だけ相手を褒め、後はずっと自分の自慢話をしても効果はありません。

会話の中では6:4の割合くらいで自分の自慢話をすれば、相手もいい気分の状態で話を聞いてくれるでしょう。

話すタイミングが絶妙

自慢話は、他人の話を遮って話せば周りの人達には嫌がられます。

また、他人の話を毎回自分の自慢話に置き換えて話しても同じく嫌がられます。

自慢話はただでさえ人から嫌われやすいため、話す時にはしっかりとタイミングを見計らわなければいけません。

少人数で話をしているのなら、ある程度他の人達が自分の話をし終えたところや、誰かの自慢話を聞いた後で、会話が途切れた瞬間に自分の話をするように意識しましょう。

もし誰も自慢話をしていなければ、まずは自分の自慢話を軽くして、その後は他の人に話題を振ったり、褒めたりします。

すると自然な流れで会話の主導権が移りますので、後は暫く他の人の話も聞きましょう。

そしてある程度話したらまた、自分の自慢話をします。

自慢話はどんなに雰囲気良く話すことができても、タイミングを誤ったり自分の話ばかりしては、周りには不快に思われてしまいます。

そのため他の人の話を聞きながらも、自分が話すタイミングをいつも見計らうようにしましょう。

話が簡潔

自慢話をする時には、話を簡潔にまとめるのが一番効果的です。

例えば買ったばかりの服を自慢したい時には、着ている状態で「この服昨日買ったんだ」とシンプルに伝えます。

大抵の人はそれに対して「いいね」や「似合っているよ」などの褒め言葉を返してきますので、素直に「ありがとう」とお礼を言ったら、そこで一度自慢話はストップさせて他の人に話題を振りましょう。

もし服に関して誰かから質問があれば、その時には簡潔に答えるようにしますが、誰からもつっこみがなかったら、その時点で話は終わらせるべきです。

それ以上「どこで買ったか」「いくらしたか」「素材は何か」などの聞かれてもいないことをベラベラと話し続けると、鬱陶しく思われてしまうことがあります。

自慢話をする時には、つい夢中になって長々と話してしまうことがよくありますが、話が長いほど人からは嫌われてしまうと思いましょう。

一方で、話が簡潔なら同じ人から何度自慢話をされても、それを聞く人は不快に感じにくいでしょう。

嫌味っぽく言わない

自慢話は嫌味っぽく言うと、相手にはその嫌味が伝わりやすいです。

例えばごく一般的な車に乗っている人に対して、「高級車を買ったんだけど、維持が大変で何かとお金がかかるんだよね~。お給料もあまり高くはないし、大変だなぁ。」と言ったら、それを言われた側は嫌味に受けとることが多いでしょう。

とくに自慢された側の収入よりも、明らかに自慢した側の収入の方が多ければ、日頃の生活ぶりからもその差は歴然ですので、自慢された側は余計に嫌味に感じてしまうことでしょう。

自慢話は、対等な立場の人や、自分よりも上の立場の人に話すのであればまだ嫌味に受けとられる可能性は減りますが、自分よりも明らかに学歴や収入、生活ぶりなどが劣っている人に対してしてしまうと、高確率で相手には嫌味に取られてしまうでしょう。

実際に、自分よりも下だと感じている人に対して自慢話をする人の多くは、言葉の端々にどこか相手に対して優越感や見下しの感情をにじませていることがあります。

それを相手も敏感に受けとるからこそ、嫌味がハッキリと伝わってしまうのでしょう。

自慢話をする時には、相手の立場が例え自分よりも下であっても、決して嫌味っぽく言わないように気をつけましょう。

サラッと話す

自慢話は、サラッと話すことで聞く人に嫌味や見下しの感情を与えにくくなります。

例えば欲しかったブランドものの時計が手に入った時には、「ずっと欲しかった時計が手に入ったんだ!」とシンプルに時計が買えて嬉しいことだけを話します。

そこでもし相手が色々と質問してくれば、ブランド名や値段などを言ってもいいですが、「へえ、良かったね!」程度の返しであれば、それ以上はこと細かに話すのは控えましょう。

自慢話は自分が一番伝えたいことだけをサラッと話して、詳細はあえて省くことで、嫌味っぽさや優越感を相手が感じ難くなります。

場合によっては自慢話とも受け止められないこともありますので、自慢する内容はとにかくシンプルに話すことを意識しましょう。

自慢話をする人の心理とは?

自慢話をする人の心理とは、どのようなものなのでしょうか?

人には元々承認欲求がありますので、自分のことを人から認めてもらいたいという気持ちは誰でももっています。

それが不特定多数に対して向かう人もいれば、親や上司、友達や恋人などの特定の相手に対してだけ向かうという人もいます。

何かの形で自分のことを人に認めて欲しいため、時には自ら自分の行いや成果、訪れた幸運に対して自己アピールをしますが、それが自慢話になっていることは多いです。

そうした承認欲求の心理があるという前提で、以下に具体的な心理について挙げていきます。

自分のことが好き

自分のことが好きな人は、好きな自分がどんなにすごいのか、また恵まれているのかを堂々と他人にアピールします。

そのアピールの方法が自慢話になっていますので、ただ単純に「自分にはこんないいことがあった、自分はこんなに恵まれているんだよ」ということを他人にアピールしたければ、邪気や嫌味のない自慢話になるでしょう。

心底嬉しそうで明るい自慢話になれば、それは聞く人にとっても微笑ましく感じられるかもしれません。

一方で、自分が大好きだからこそ、「他人とは違うのだ」と感じている人の場合には、自慢の仕方が嫌味っぽくなったり、優越感に満ちていたりします。

その場合には、聞く人も不快に感じることが多いでしょう。

褒めてほしい

人から褒めてほしくて自慢話をする人は、自慢する内容にも何かしらのいい結果を伴っていることが多いです。

例えば子どもがクラスの成績で1番をとったり、スポーツやさまざまな大会で1位をとったりした時には、賞状と一緒に「1位になれたよ!」と嬉しそうに両親に報告するでしょう。

これは1番をとった自分を両親に褒めてほしいという気持ちが全面に表れています。

人が「褒めてほしい」と思う相手は、子どもの頃ならば両親に、そして成長すると共にその対象は友達や先生、恋人や会社の上司などに変わっていきます。

子どもであれば無邪気に「褒めて!」と自己主張ができますが、いい大人になると、何かしらの理由を付けなければ人に褒めてもらおうとすることはできないでしょう。

その方法の1つとして、遠回しな自慢を用いることが多いのです。

人から褒めてもらうことで、その人は自分のやったことに対して「やはりこれはいいことなのだ」と再認識することができます。

また、人から褒めてもらうことで自分の中の喜びの感情がさらに膨らみますので、自然とそれが自信ややる気に繋がることが多いです。

自分を上手くコントロールできる人は、時にはこうして人から褒めてもらおうとすることで、自身の向上心を保とうとすることもあるでしょう。

自分を認めてほしい

自分を認めてほしいという気持ちが強い人は、自慢話にもどこか必死さや、いかにも自分を主張しようという気持ちが強く感じられます。

例えば仕事で評価されたいと必死になっている人は、ちょっと人よりも早く納期に間に合ったり、営業でいい結果をとれたりした時には、「いやー今回は納期に余裕で間に合ったよ」や「この前はまあまあ営業結果が良かったからさ」など、いつも自分から自慢話の内容を振ることが多いです。

そしてそれに対して、周りには「すごいね」「よくやったね」「流石だね」などの賛辞を求めていますので、相手が話に乗ってくればそれで満足感を覚えることでしょう。

一方で、たいして興味がなさそうな反応を返されると、途端にムッとなって不機嫌になったり、もしくは落ち込んだりすることがあります。

自分を認めてほしくて自慢話をする人は、周りが思うように自分を認めてくれなければ、自慢話をしたところで心が満たされることはないでしょう。

もっと評価してほしい

人にもっと評価してほしいという気持ちから自慢話をする人は、人に評価されるためであれば、少しくらい話を脚色することは多いです。

例えばある時に、街で急病人と遭遇し、他の人達が救急車を呼んだり病人の介抱をしたりしていたのを遠巻きに眺めていたことを、人に話す時には自分が救急車を呼んだり急病人を解放したりしたという内容に置き換えて自慢話をすることがあります。

すると周りの人達は、「迅速に行動できるなんてすごいね」「誰にもできることじゃないよ」などとその人を評価するでしょう。

内容は事実とは異なっていたとしても、結果的に自分が評価されるためであれば、多少の脚色は厭わないという気持ちを持っている人もいます。

また、人からもっと評価してほしいと望む人は、一言や二言程度の褒め言葉では満足しません。

そのためどんどん自分から自慢話を細かく話していって、いちいち周りからの評価を求めようとします。

マウントしたい

「人の上に立ちたい」という心理が強く働く人ほど、マウントするために自慢話をする傾向があります。

例えば友達同士で、新しく購入したバッグの話で盛り上がっている時に「そのバッグ、自分もこの前買ったけど、もう飽きて売っちゃったんだよね。」や「そのバッグのグレードが高いやつの方なら持っているよ。」などと、相手よりも上から目線で自慢話をすることがよくあります。

誰かが何かを言えば、それに必ずマウントをする形で自慢話をしますので、相手にも不快感を与えたり、嫌がられたりすることも多いです。

当人はマウントをとることで自分に自信を持とうとしたり、人よりも有利に立とうとしたりしますが、マウントしたいという態度があからさまに出ているため、その内周りの人に相手にされなくなってしまうこともあるでしょう。

注意!こんな自慢話は嫌われる!

自慢話によっては、聞く相手も面白かったり、微笑ましく感じたりすることがあるでしょう。

そうした自慢話は自分も相手も楽しいため、会話をしていて嫌な雰囲気になることはまずありません。

また、友達や会社の人とも友好的な関係を保つことができますので、上手に自慢話をする分には、誰にも迷惑をかけることはないでしょう。

しかしその一方で、人から嫌われてしまう自慢話もあります。

それは私たちが想像する、典型的な自慢話の類でしょう。

どんな内容だと人から嫌われてしまうのか、具体的な自慢話の例を以下に挙げていきます。

過去の武勇伝

過去の武勇伝を偉そうに語る人って時々いますよね。

酒に酔ってベラベラと武勇伝を話したり、素面でも自分に酔って武勇伝を語ったりする人は多いです。

相手が聞き上手な人なら、一見素直に自慢話に感心しているように思えるでしょう。

しかしその本心は、決して快いというわけではないはずです。

過去の武勇伝とは、話をする本人にしか当時のことは分かりません。

つまり、赤の他人の過去の話を自慢げに話されたところで、聞く人はそれに関心も抱けないどころか、「どうでもいい」と感じてしまうことでしょう。

また、過去の武勇伝ほど脚色されやすいため、話す人の雰囲気や態度からは想像できないような武勇伝を語られると、誰でも「胡散臭いな」「作り話じゃないのか」と思ってしまうでしょう。

過去の武勇伝は聞く人にとっては何の参考にもなりませんので、自慢されても不快にしか感じないことが多いです。

成績自慢

いい大人になっても過去の成績自慢をしている人は、聞いている人からすれば呆れてしまうことでしょう。

「昔は学校でもトップクラスの成績だった」や「スポーツ大会で優勝経験がある」などと言われたところで、その人の人生に興味がない人にとっては、話を聞く価値もないような自慢話ばかりです。

本心では「で?だから何なの?」と言いたいところをグッと抑えて、表面上は「すごいですね~」と褒めておけば、自慢話をしている本人は満足して上機嫌になるでしょう。

そもそも成績自慢をしている時点で、暗黙の内に「自分を褒めて欲しい」と主張しているようなものです。

承認欲求があからさまなその自慢話には、聞く人のほとんどはうんざりとしてしまうことでしょう。

昔はやんちゃしていた

男性に多いのが、「昔はやんちゃしていた」という自慢話です。

昔は悪いことばかりやっていた、または喧嘩に明け暮れていたなど、男らしい自慢話をするのが好きな男性は多いです。

ですが本当にやんちゃをしていた人は、大人になれば精神的にも成長していますので、自分の過去の武勇伝など語るのも恥ずかしいと口にしないのが普通です。

もし実際にやんちゃな過去があり、現在でもそれを堂々と自慢話にしている人がいれば、その人はいい歳になってもまだまだ精神年齢は子どもだということでしょう。

「昔はやんちゃをしていた」と自慢話をする人は、話をすることで周りの人に「格好いい」「男らしい」と感じてほしいと思っています。

それが喧嘩であれ、犯罪行為であれ、女遊びであれ、どんな内容でも聞く人がわっと盛り上がれば、本人はそれで満足感や快感を覚えることでしょう。

運動できるアピール

「昔は県大会に行くほどのスポーツの腕前だった」や「昔は運動していたから、今でもある程度は動けるよ」と自らアピールをする人ほど、実際に動いてみればたいしたことがないというのがお決まりのパターンです。

本物の実力者というのは、隠していてもどこからか伝わるものです。

それを自らベラベラと話すことで、周りには嘘くさい印象を与えてしまうでしょう。

もし過去に実際に運動神経が抜群だったとしても、自分からその武勇伝をベラベラと話すことで、過去の栄光にしかしがみつけない人なのだと周りには判断されてしまいます。

けれども本人は周りにどう思われているかということには気付かずに、運動できるアピールを自慢げに話すことでしょう。

家族

祖父母が国家公務員、両親が医者、兄弟が弁護士など、家族の職業が人から一目置かれる場合には、それを自慢げに話す人も多いです。

ただし家族の自慢話をする人に限って、その人自身はとくにたいしたことがないということも多いです。

自慢したくなるような家族であれば、つい人に話したくなる気持ちにもなるでしょう。

けれども家族の自慢話ばかりしていると、周りにはそれを話す当人はたいしたことがないと思われてしまいますし、場合によってはブラコンやマザコンなどと勘違いされてしまうこともあります。

家族を誇らしく思うことは良いことですが、自慢話が過ぎると反対に家族の品位を落としてしまうことになります。

彼氏

彼氏自慢をする女性は多いです。

自慢したくなるような素敵な彼氏なのですから、浮かれる気持ちはどの女性にもあるでしょう。

けれども自慢話もほどほどにしておかなければ、周りの友達は離れていってしまいます。

話の流れで彼氏の自慢話を軽くするのであれば、友達は不快に感じることなく素直に話を聞き入れてくれるでしょう。

しかし、例えば彼氏ができずに悩んでいる友達や、彼氏と別れたばかりの友達の前でベラベラと彼氏自慢をするのは、場の空気が読めないばかりか友達から嫌われてしまうでしょう。

最悪の場合には、彼氏の自慢話をし過ぎて、その彼氏に関心を持った女友達に彼をとられてしまうこともあります。

彼氏の自慢話は、「とってもいい彼氏だよ」とシンプルに留めておいた方が、自分も泣きを見ることはないでしょう。

お金を持っている

お金を持っているアピールをする人ほど、自分が汗水たらして稼いだお金ではないこともあります。

例えばお金持ちの男性と結婚して、自分も裕福になった女性の場合には、自分のお金ではないのにまるで自分がお金をたくさん持っているかのように周りに自慢話をすることが多いです。

また、親の遺産が入ったり、臨時収入があったりしてあるタイミングで急にお金を手に入れた人も、やたらとお金に関する自慢話をすることは多いでしょう。

お金は人の人格を変えてしまいますので、自慢話をする方もされる方も、その自慢話が原因で人間関係にひびが入ってしまうことはよくあります。

話術を磨いて人にたくさん褒められちゃおう!

自慢話は上手にする話術を身に付けることができれば、それだけたくさん人から褒められたり、認めてもらえたりすることができます。

それもお世辞や嫌味ではなく、本心から褒めてもらえますので、自慢する方も冥利に尽きるというものでしょう。

聞く人に不快感を与えずに自慢話をするためには、ちょっとしたコツが必要です。

それを身に付けるにはそれなりの努力や場数も要りますが、一度身に付けてしまえば自慢話をした時には自分が気持ちよくなることができます。

ぜひ話術を磨いて、人からたくさん褒めてもらいましょう!

ページトップ