「どうせ結婚するなら仕事を辞めて専業主婦になりたい!」「今の仕事は辛いから、いっそのこと退職して家庭に入りたい」など、専業主婦への憧れや願望を抱く女性は少なくありません。

夫婦で共働きの必要がないのなら、仕事を辞めたいから結婚を選ぶことは、なにも悪いことではないでしょう。

とはいえ、寿退社にはさまざまなメリットやデメリットがあります。

勢いで会社を辞めて家庭に入る前に、まずはそのメリットやデメリットについて詳しく知っておきましょう!

仕事を辞めたいから結婚したい女性って意外と多い!?

最近では、夫婦共働きの家庭が増えています。

結婚してからもバリバリ女性が働き、妊娠すれば産休や育休を取得して、ある程度落ち着いたらまた仕事に復帰するという夫婦のスタイルは、今や当たり前になっていると言えるでしょう。

とはいえ、女性のすべてが結婚してからも共働きをしたいと考えているわけではありません。

会社でのキャリアを重要と考えている女性でもない限り、共働きの必要がないのなら寿退社をして家庭に入りたいという女性はまだまだ多いでしょう。

また、女性の中には今の会社を辞めたいと考えているため、会社を辞めるための手段として結婚を選ぼうとする人もいるでしょう。

寿退社を目指して、彼氏に結婚をほのめかしたり、積極的に婚活に励んだりしている女性もいます。

それ自体は、なにも悪いことではありません。

人によってはそんな女性を「ずる賢い」「結婚の動機が不純だ」と非難するかもしれませんが、どんな生き方をするのかはその人次第です。

自分が仕事を辞めたいから結婚したいと思うのなら、それはその人の考えですので誰に非難されることでもありません。

そして実際に、結婚を口実にして、どうにか仕事を辞めたいと考えている女性は少なくはないでしょう。

仕事を辞めたいから結婚するメリット

「仕事を辞めたい」という明確な理由がある女性の場合、できるだけ結婚を急ぎたいと考えているでしょう。

早く結婚すれば、それだけ早く会社を退職できますので、今の仕事から解放されたいと望む女性にとっては、結婚にもことさら気合いが入ります。

よく考えずに、とにかくスピーディに結婚した女性の中には、その後幸せになった人もいますし、後悔した人もいることでしょう。

結婚は急ぐものではありませんが、「仕事を辞める」という目的のためならば、少しくらい駆け足になってしまうのかもしれませんね。

仕事を辞めたいから結婚する女性の場合、いざ結婚したらどのようなメリットを得られるのでしょうか?具体的なメリットをご紹介していきます。

1.自由な時間が増える

専業主婦になると、自分にとって自由な時間が増えます。

少なくとも、子どもができて育児が始まるまでの間は、ある程度自由に過ごすことができるでしょう。

仕事をしていた時には、毎日決まった時間に起床して、夜遅くまで仕事をしていた人も、結婚すると途端に時間に融通が利くようになりますので、結婚当初はことさら解放感や、幸せな気分に浸れることでしょう。

結婚して家庭に入った以上は、家のことには自分が責任をもって努めなければなりません。

そのため夫の世話や炊事、洗濯などの家事全般は、きっちりとこなさなければならないでしょう。

しかしそれらのやるべきことをすべて済ませてしまえば、後の時間はすべて自分の自由に使うことができます。

夫が帰ってくるまでの空いた時間には、昼寝をしてもゲームをやっても買い物をしても、何をしてもいいのです。

1人で自由に使える時間を欲しい女性にとっては、専業主婦はまさに理想の生活環境と言えるでしょう。

自分の好きなことができる

好きなことや、趣味がある女性は、夫の帰りを待つ間に存分に楽しむことができます。

例えばウィンドウショッピングをするのが好きなら、空いた時間にぶらぶらと街を歩いて、気ままにウィンドウショッピングを楽しむことができるでしょう。

また、ゆったりとした時間の流れを感じながら読書をしたり、時間の会う時に友達とランチを楽しんだりするのもいいでしょう。

自分である程度、自由に使えるお金がある人は、夫に迷惑をかけない程度にお金を使って自分磨きをしてもいいでしょうし、習い事を始めるのもいいでしょう。

会社に勤めていた時にはなかなか自分の好きなことをする時間がなかった人も、専業主婦になれば上手に時間を確保して、毎日でも好きなことを楽しめるメリットがあります。

時間に追われることもない

仕事をしていた時には、常に時間に追われていた人も、家庭に入ればそんなことはなくなります。

夫の出社を見送った後には、夫の帰りを待つ間は自分の好きなように予定を立てることができるでしょう。

午前中に集中して家事を終わらせて、午後はのんびりと昼寝を楽しんでもいいですし、遊びに出かけることもできるでしょう。

また、夫が出張や単身赴任で家にいない時には、それこそ最低限のことだけこなしていればいいので、ますます時間に余裕が生まれて、時間に追われることなどなくなります。

時間に追われると焦ってしまって気持ちがネガティブになりやすい人や、慌しく動き回ることで調子を崩してしまいやすい人にとっては、会社員を続けるよりも家庭に入った方が、自分の心身のためにもなるでしょう。

子どもが生まれると、育児で時間をとられることが増えて忙しくなりますが、時には実家で両親に子どもを見てもらったり、休日には夫に家事を変わってもらったりすれば、自分のリラックスする時間を確保することも可能でしょう。

2.家事に専念できる


器用でない人や、夫婦共働きでは家事が疎かになってしまうという人は、仕事を辞めて結婚すれば家事だけに専念することができます。

一口に家事と言っても、例えば家中の掃除を毎日やろうと思ったら、丸一日かかってしまうでしょう。

食事の支度1つとっても、買い物をして下ごしらえをして、いざ夫に振舞うまでには数時間とられることも多いです。

炊事や洗濯、家中の掃除をやろうとすると、意外と時間はかかってしまうものですので、それなりに家事に専念できる時間が必要とされます。

夫婦共働きの妻にとっては、家のことなど仕事がある日にはまともにできないのが普通です。

仕事から疲れて帰ってきて、それから2人分の食事を作るだけでも精一杯で、まともに家事をやろうと思ったら休日になってしまうでしょう。

しかし専業主婦になれば、毎日でも家事に専念できますので、家事が好きな女性や、やるなら徹底的にやりたい女性にとっては大いに時間を有効活用できるでしょう。

3.生活リズムを作りやすい

会社勤めをしていると、毎朝の出社時間は決まっていても、退社時間はその日によってまちまちです。

定時に帰れる日もあれば、深夜まで残業をする日もあるでしょう。

そうなると毎日の生活リズムが整えられずに、体内時計のバランスも崩れて体調やメンタル面に支障をきたしやすくなってしまいます。

しかし結婚して家庭に入れば、毎朝決まった時間に起きて自分の立てたスケジュール通りに行動することができますので、自分の生活リズムを作りやすくなります。

体が疲労を感じた時には、最低限の家事をして体を休めることもできますし、健康のために毎日決まった時間に運動をするのなら、それも生活リズムの中に組み込まれて、健康的な体づくりをすることも可能になるでしょう。

4.夫をサポートできる


大好きな夫だからこそ、夫のサポートに専念したいという女性にとっては、専業主婦は理想的なスタイルと言えるでしょう。

夫の健康を考えて、毎日バランスよく食事を作ったり、帰宅後にはできるだけ早く睡眠が摂れるように、予めお風呂の準備をしておいたりと、時間を有効活用して全力で夫のサポートをすることができます。

夫婦で共働きをしていると、自分のことだけで精一杯になってしまい、なかなか夫の分までサポートすることができません。

また、無理して夫をサポートすれば、自分の心身が疲労して体調を崩してしまうかもしれません。

しかし専業主婦であれば、何も気にすることなく全力で夫をサポートできますので、愛する夫に尽くしたい気持ちが強い女性にとっては、専業主婦は大きなメリットになるでしょう。

5.嫌な上司と関わらなくて済む

会社で働いていると、どうしても人間関係で悩むことが多いです。

意地悪な上司や仕事ができない同僚、問題の多い後輩など、職場の人間関係に恵まれないと、仕事に対するモチベーションはどんどん下がってしまいます。

結婚してからも夫婦共働きをしていると、夫の転勤がない限りは今の会社を辞めることはできないでしょう。

馬が合わない嫌な上司にストレスを抱えている女性の場合、結婚して家のこともしなければならないのに、会社ではストレスが溜まる日々で疲れてしまうことも多いです。

けれども結婚を機に会社を辞めることができれば、今後は嫌な上司と関わらなくても済むようになります。

それも堂々と寿会社という形で会社を辞めるのですから、誰にも責められることや、止められることはないでしょう。

嫌な上司とさよならしたい女性にとっても、会社を辞めるための結婚はメリットが大きいでしょう。

6.妊活に励める

仕事を辞めて家庭に入れば、妊活にも集中して励むことができます。

いざ妊活をしたいと思っても、仕事が忙しいとなかなか夫婦で時間を合わせることができなかったり、女性が疲労で体調を崩してしまったりすると、落ち着いて妊活に励むことはできなくなってしまうでしょう。

とくに妊活中の女性は、自分の体調やメンタル面に敏感になっていますので、いざ妊活を始めるとそれが気になってしまい、仕事に集中できなくなってしまうこともあります。

力仕事の現場で働く女性の場合、妊活に成功しても妊娠初期にはお腹が気になってしまい、力仕事をするのが怖くなってしまう人もいるでしょう。

共働きの状態での妊活には、少なからずそうしたリスクがありますが、専業主婦になれば心配事を減らすことができます。

自分が時間に融通を利かせられますので、夫の都合に合わせて妊活に励めますし、妊娠初期にも自分の体を労わりながら、落ち着いて生活を送ることができるでしょう。

仕事を辞めたいから結婚するデメリット

仕事を辞めたいから結婚すれば、それだけたくさんのメリットが得られます。

自由な時間ができたり、夫婦の時間をつくれたり、妊活に励めたりと、女性にとっては嬉しいことも多いでしょう。

しかし一方で、仕事を辞めたくて結婚する道を選ぶことで、少なからずデメリットもあります。

以下にご紹介していくデメリットを、前向きな気持ちで捉えることができる人は、あまり悩む必要はないでしょう。

しかし「こんなデメリットがあるのか・・」と仕事を辞めることを躊躇してしまう人は、勢いで結婚して会社を辞めるのは、もう少し待った方がいいかもしれません。

以下に具体的なデメリットをご紹介していきます。

1.家事や育児をすべて自分ですることになる

専業主婦の仕事は、家事や育児です。

最近では夫が休日に家事や育児を手伝ったり、代わってくれたりする家庭も増えていますが、だからといってそれを自分の夫にも強要することはできません。

下手に強要すれば、夫との関係は悪くなり、夫はますます家事や育児を手伝ってくれなくなるでしょう。

専業主婦は基本的に、家事や育児をやるのが当たり前です。

そのために会社を辞めて専業主婦になったのですから、そう簡単に甘えることはできません。

優しい夫に恵まれれば、夫が妻を気遣って家事や育児を手伝ってくれることもあるでしょう。

しかしだからと言って、「夫も手伝うのが当たり前だ」という考えは、最初から自分が家事や育児をラクしたいと考えていると他人から思われてしまっても、ある意味仕方がないでしょう。

日頃夫は家族のために、会社で一生懸命に働いています。

それならば妻も、家事や育児をすべて自分でやることになります。

結婚する前は専業主婦に憧れていた女性も、いざ家庭に入った後で家事や育児を1人でやる大変さに疲れ果てて、専業主婦になったことを後悔することもあります。

夫婦とは互いに支え合うものですが、お互いに任された役目はきっちりと果たさなければなりません。

家事や育児という責任を捨てたくても、なってしまった以上は捨てることはできないのです。

2.社会との繋がりがなくなる

結婚して家庭に入ると、社会との繋がりがなくなってしまいます。

もちろん親しい友人との関係は続きますが、もし友人が仕事をしているのなら、そう頻繁に会うことはできないでしょう。

また、会社に所属していた時には、必然的に多くの人と関わる機会がありました。

会社の同僚や上司、部下や取引先相手など、自分から動かなくても周りには人と知り合う機会が溢れていました。

そのため、新しい出会いにも恵まれていましたが、会社を辞めることでそれらがすべてなくなってしまいます。

仕事を通して関わっていた人とは、仕事を辞めた時点で関わりが極端に薄くなってしまいますし、こちらから理由をつけて連絡をとることも難しくなってしまうでしょう。

専業主婦として生活していく中で、もしも閉塞感や孤独感を覚えることがあっても、容易くいろんな人と連絡をとれないため、心の隙間を埋められなくなってしまうこともあるかもしれません。

3.お金が自由に使えない

自分で自由に使える貯えがある女性なら、結婚してから収入がなくなっても、ある程度の期間は好きに過ごせるでしょう。

しかし家族の将来のことを考えて、その貯えを自由に使えなければ、自分で好きに使えるお金は極端に減ってしまいます。

また、元々貯えがなかった人も同様でしょう。

専業主婦になるということは、会社で働かないということです。

つまり無収入の状態になりますので、毎月夫からもらえるお小遣いのみが自分の使えるお金になります。

会社で働いていた時には、それなりに得た収入で自由にお金を使えていた人も、専業主婦になると夫のお金で生活することになりますので、好き勝手に使うことはできないでしょう。

もし自分のことばかりに自由にお金を使えば、夫に怒られお小遣いを失くされてしまうかもしれません。

収入がなくなるだけでなく、夫の顔色をうかがいながらお金を使うことになりますので、それがストレスになってしまう人もいるでしょう。

4.貯金額が減る

もし夫婦で共働きをしているのなら、ある程度毎月貯金をすることは可能でしょう。

何せ生活費が折半できるため、1人暮らしをしている時よりも生活費がかからなくなります。

その分浮いたお金を貯金することもできますので、将来のことを考えて計画的に貯えていくことも可能でしょう。

しかし専業主婦の場合には、夫の収入のみで生活していくことになります。

1人暮らしなら自分の必要なお金だけで済みますが、出ていく生活費が単純に考えて2倍近くになりますので、夫がかなり収入のいい仕事でなければ生活は苦しくなってしまうでしょう。

夫の収入がそこまで余裕がないのなら、毎月の生活費だけでカツカツになってしまい、とても安定して貯金をすることはできないでしょう。

また、生活費が足りなければ貯金を切り崩さなければならないため、貯金額は増えるどころか減る一方になることが多いです。

5.再就職が困難

貴重な資格を持っているのなら、例え会社を辞めてから何年ブランクがあっても、再就職で雇ってくれる会社はあります。

しかし、そうした特別な資格やスキルを有している女性でもない限りは、一旦家庭に入った後で再就職をしようと思うととても困難です。

とくに正社員として働こうと思うと、職歴のブランクや年齢などのさまざまなことが不利になって、再就職できる会社は限られてしまいます。

もし会社を辞めていなければ、子どもができた時には産休や育休という形をとることができますが、専業主婦ではそれは不可能です。

会社が同時に正社員を募集した時に、新卒者とブランクのある人とでは、どうしても新卒者の方が選ばれやすくなってしまうでしょう。

そのため、いざ再就職先を探しても、見つけられるのはパート仕事が多くなってしまいます。

6.暇になる

仕事をしている人で暇な人というのは、そういないでしょう。

例え仕事内容が同じことの繰り返しで退屈だとしても、毎日出勤してから帰宅するまでは、会社に拘束されることになります。

そのため丸一日暇になってしまうということは無いのが普通です。

普段は忙しく働いているからこそ、休日にはだらだらと一日休んで過ごしたり、思い切り遊んで過ごしたりする人が多いでしょう。

しかし専業主婦になると、時間に自由が利くようになる反面、暇な時間も増えてしまいます。

例えば毎日掃除をしなくてもいい場合や、夫が単身赴任で家にいない時などには、どんなに家事を頑張ってもそれなりに時間が余ってしまいます。

空いた時間を有効活用できる人であればいいですが、とくに何もすることがない人にとっては、暇な時間が苦痛になってしまうこともあるでしょう。

7.働いていない自分に劣等感を感じる

好きで専業主婦になったつもりでも、いざ働いている友達と一緒に過ごしていると、働いていない自分に劣等感を感じることがあります。

仕事は生活をする上で必要だからしているのであって、何も働いているから偉いとか、優れているとかいうことではありません。

ですが人によっては、専業主婦を馬鹿にしたり、下に見たりする人もいるでしょう。

また、自由に使えるお金がないことで、自分磨きをすることもできなくなり、身ぎれいにしている友人と自分とを比較して、劣等感を感じてしまうこともあるでしょう。

プライドが高い女性やネガティブな女性ほど、そうした劣等感を抱きやすくなります。

そして行き場のない怒りや不満を夫にぶつけてしまって、喧嘩になってしまうこともあります。

仕事を辞めたいから結婚したい女性が確認するべきこと

仕事を辞めたいから結婚したいと考えている女性にとって、必ず確認しなければならないことがいくつかあります。

その確認を怠ると、勢いで専業主婦になってから大いに後悔することになるでしょう。

一方で、きちんと確認してから会社を辞めて家庭に入るのなら、後悔することもなくなりますので、自分の欲望のままに行動に移してしまう前に、一度冷静にいくつかのことを確認しましょう。

どのようなことを確認しなければならないのか、以下に挙げていきます。

夫のお給料だけで生活していけるのか

会社を辞めてしまえば、自分に入ってくる収入は一切なくなってしまいます。

そうなると頼りになるのは夫の給料と、これまでにコツコツ貯めてきた貯金額になります。

夫の給料がいいのなら、ある程度お小遣いももらえるでしょうし、十分に生活していくことも可能でしょう。

しかしそうでないのなら、毎月の生活は苦しくなり、これまでのように好きな時に好きなものを買うことはできませんし、気軽に友達とランチや旅行に出かけることもできなくなってしまいます。

それどころか、生活が苦しければせっかく貯めてきた貯金を切り崩さなければならなくなるため、どんどんお金に困ってしまうことになるでしょう。

結婚生活は甘く、幸せなものですが、それも金銭的な余裕がある程度あるからこそ、です。

好きな物も買えず、好きなものも食べられない生活では、甘くも幸せでもなくなってしまうでしょう。

いざ結婚してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、仕事を辞める前に夫の収入だけで生活していけるのかどうかについて、しっかりと確認しておきましょう。

今はよくても子どもができた時にお金が必要になる

結婚当初は十分な貯えがあったり、夫の給料だけで生活していけると余裕に感じたりしていても、いざ子どもができた時には倍以上のお金が必要になります。

今はよくても将来のことを考えたら、余裕がない家庭の方が多いことでしょう。

結婚当初はお互いのことしか考えないこともよくありますので、将来の家計を考える場合にも、夫婦2人分でしか考えないことが多いです。

そのため、「夫婦2人での生活なら、この程度の収入で大丈夫」だと判断してしまい、会社を辞めて家庭に入ってしまう女性もいるでしょう。

しかしいざ子どもができると状況は一変しますので、その時になって後悔しないためにも、会社を辞める前から子どもも含めた生活費についてしっかりと確認をしましょう。

夫が働けない、または離婚したときに生活していけるのか

専業主婦になると、収入が一切なくなってしまいますので、万一夫が働けなくなったり、離婚して収入がなくなったりした時には、非常に困ってしまいます。

元々貯金がある人であれば、夫が何かしらの事情で働けない間には、自分の貯金を切り崩して生活費にあてることもできるでしょう。

また、離婚していっさいの収入源がなくなってしまった時にも、貯金があれば再就職先を見つけるまでの間は、貯金を崩して生活をすることが可能です。

しかし、もし自分に何も貯えがないのなら、万一夫が失業したり、離婚したりした時には一気に貧困に陥ってしまい、右往左往することになります。

実家を頼れる環境にあるのならまだ何とかなりますが、実家に頼れない時には大変なことになってしまいますので、会社を辞める前に万一のこともしっかりと確認する必要があります。

寿退社で円満に退職するために気を付けることとは?

仕事を辞めるために結婚することを決め、いざ寿退社をすることになった時には、きちんと職場へ感謝の気持ちをもってマナー良く挨拶をしましょう。

そうすることで、会社の人たちから祝福の言葉を受けながら、円満に退職することができます。

寿退社するからと言って、会社に対して適当な態度を取ったり、残りの仕事を雑にやったりすると、退社の際の印象が悪くなってしまい、会社の人たちからは祝福してもらうことができなくなってしまいます。

円満に寿退社をするためにも、気を付けておきたいことについて以下にご紹介しておきます。

SNSで先に報告しない

最近はSNSを利用する人が多く、誰でも手軽に自分の近況を不特定多数に対して報告することができます。

結婚が決まれば嬉しくなって、SNSで早速それを報告しようという気持ちになるでしょうが、その衝動のままに先にSNSで結婚報告や寿退社の旨を告げるのは控えましょう。

SNSで先に伝えてしまうと、きちんと会社で挨拶をする前に職場の人に知られてしまう可能性があるため、自分の印象が悪くなってしまうかもしれません。

また、同僚から冷やかされているのを上司が知ったら、「自分は何も知らされていないぞ」と不快に感じるかもしれません。

その上で寿退社の旨を上司に告げても、上司からは良い反応は返ってこないでしょうから、SNSで報告するのは、きちんと会社へ寿退社をすることを伝えてからにしましょう。

引き継ぎをしっかりとする

会社を辞めることが決まったら、後任者へきちんと引き継ぎをしなければなりません。

「もう辞めるからいいや」と仕事を適当にやって、引き継ぎをきちんと行わないと、いざ辞めた後で会社が非常に困ってしまいます。

誰にでもできる仕事内容だとしても、その人の仕事のやり方は、その人にしか分かりません。

そのため、その人の仕事のやり方がどんなものかを知っておかなければ、次の人がスムーズに仕事を行うことができませんので、後任者への引き継ぎは必ず必要になります。

後任者がきちんと仕事ができるように、会社を辞めるまでの間に引き継ぎをしっかりとやっておきましょう。

寿退社を周りに自慢しない

幸せ自慢は誰でもしたくなるものです。

しかしそれを会社でやってしまうと、同僚や上司からは嫌がられてしまうことが多いです。

とくに女性の場合、自分の結婚が決まった途端に、他の独身女性に対して上から目線でアドバイスをしたり、自慢したりすることが時々ありますので、無自覚でも幸せ自慢をすると、同性からの批判を一気に浴びてしまうことになります。

祝福の言葉をかけられたら「ありがとう」と短くお礼を返し、また質問された時にのみちょっとした自慢話をします。

それ以外で、自分からベラベラと自慢することのないように気をつけましょう。

【寿退社する人は、こちらの記事もチェック!】

自分のライフスタイルに合わせてしっかり考えることが大切!

仕事を辞めて専業主婦になることで、さまざまなメリットやデメリットがあります。

それらは自分がどのように考えて、行動した結果専業主婦になったかで、大きく変わってくるでしょう。

自分でも納得がいくまできちんと考えてから、仕事を辞めて結婚した女性は、結婚してからデメリットを味わったとしても、それをデメリットと受け止めることなく、前向きに生活していけるかもしれません。

その一方で、よく考えずに結婚した結果、デメリットばかりで会社を辞めたことを後悔する人もいるでしょう。

仕事を辞めて結婚した後に幸せになれるかどうかは、結婚する前のその人の考えや行動次第なのです。

そのため、自分のライフスタイルに合わせて、専業主婦になってもいいかどうかをしっかりと考えてから行動に移しましょう!