CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

一途な女性の23個の特徴。恋愛で一途とはこんな人!


「彼女にするなら一途な人がいい」と考える男性は多いです。

一途な女性は他の男によそ見をすることなく、自分だけを愛してくれます。

楽しい時も辛い時も、いつでも自分の側に寄り添ってくれますし、悩める時には励まして、そっと背中を押してくれることもあるでしょう。

理想の恋人だけでなく、理想の妻でもある一途とはどのような女性のことをいうのか、その特徴をご紹介していきます!

一途ってどんな人のことをいう?

そもそも、一途とはどのような意味なのでしょうか?

一途とは、他によそ見をすることなく、1つのことだけに集中するということです。

また、「ひたすら」「ひたむき」などの言葉でも表現されることがあります。

一途な人によっては、すべてのことに一途な場合もありますし、自分のこだわっていることだけに対して一途な場合もあります。

一途になる対象が恋愛だと、ずっと1人の男性だけを変わらずに想い続けることでしょう。

片思いであれば、何年も同じ人に片思いし続けることは珍しくありません。

また恋人同士であっても、いつも彼氏のことだけを一途に想っていますので、男性からすれば安心して女性のことを信頼できるでしょう。

一途な女性は良くも悪くも、自分が一途になる対象に対してはいつも一生懸命なのです。

一途の人と付き合うってどう?

一途な女性に対しては、男性はさまざまな意見を持っています。

「自分だけを見てくれるからいい」という意見もあれば、「一途過ぎて気持ちが重たく感じられる」という意見もあります。

恋人と安定した関係を築いていきたい人にとっては、一途な女性はピッタリと言えるでしょう。

しかしその一方で、刺激やスリルに満ちた恋愛を楽しみたい男性にとっては、いつでも自分だけを見ているのが分かり切っている一途な女性は、恋愛相手としてはつまらないかもしれません。

いつでも自分だけを想っていて、自分に尽くしてくれることが分かっていれば、男性は安心感から調子に乗ってしまったり、つい他によそ見をしてしまったりすることもあります。

あまり調子に乗り過ぎてしまうと、どんなに一途な女性でも恋人に愛想を尽かしてしまいますので、彼女にフラれて初めて彼女の大切さに気付くという男性もいることでしょう。

一途な女性と付き合うことは、そうしたさまざまな良いことや悪いことがあります。

すべては男性との相性によるところが大きいですが、少なくとも自分に尽くしてもらいたい男性にとっては、一途な女性は理想的なタイプと言えるでしょう。

尽くしてくれるのはこんな女性!一途な恋愛をする女性の23個の特徴


もしもあなたが尽くしてくれる女性と付き合いたいと望んでいるのなら、まずは尽くしてくれる女性がどんなタイプなのかをしっかりと把握しておく必要があります。

尽くしてくれる人、すなわち一途な女性は、他の女性とは明らかに異なる特徴をいくつか持っています。

それらをしっかりと把握しておけば、いざ女性と出会う時に、その人が尽くすタイプかどうかを判断することができるでしょう。

女性の中には、目当ての男性に対しては「尽くすフリ」をして男性といい関係になろうとする人も少なくないため、演技で尽くしている女性と、そうでない女性とを確実に区別できるようにしておかないと、上っ面だけの女性に捕まってしまうかもしれません。

女性は演技上手な人が多いため、これからご紹介していく一途な女性の特徴を、いつでも誰に対しても持っているかどうかで、演技かそうでないかを見極めるようにしましょう。

1.自分の周りの人に優しい

一途な女性は、基本的に優しい性格をしています。

他人に尽くすことができるくらいですので、他人に順番を譲ったり、困っている人を助けたりする程度の優しさは持っているでしょう。

誰でもそうした親切心は持っていますが、普段は自分のことを優先にして、困っている人に手を差し伸べない人もいます。

また、不特定多数の前で誰かが困っていれば、周りの目を気にして助けることができない人もいるでしょう。

さらにイライラしている時など、心に余裕がない時には誰もが他人に構っている余裕などありません。

けれども一途な女性は、そうした個人的な事情や感情に振り回されることなく、その場で困っている人がいれば、優先順位をそちらに切り替えて助けてあげる優しさを持っています。

一途な女性は、場所や人目に関係なく、そうした周りへの優しさを常に発揮していますので、誰に対しても平等に優しさを向けていることが多いです。

2.男友達が少ない

一途な女性は、誰か特定の大切な人がいれば、基本的にその人を最優先にしますし、その人に心配をかけたり、不安にさせたりするような行動もとりません。

そのため、一途な気持ちを向ける相手がいる時には、気持ちがそちらに集中していますので、今以上に人間関係を広めることはないでしょう。

もし好きな人がいれば、その人以外の男性は目に入りませんし、誤解を与えるような行動も避けるため、必然的に男友達の数は少なくなります。

昔からの仲である男友達であっても、自分がその男友達と連絡を取ることによって、好きな相手を誤解させてしまう恐れがあるのなら、少なくとも恋をしている時には他の男性への連絡は控えようとするでしょう。

さらには、1人に対してのみ一途になるタイプの女性は、不特定多数の男性と浅く広い関係を持つこともしませんので、基本的に男友達の数は少ないことが多いです。

3.仕事に理解がある

一途な女性は、常に自分が気持ちを向ける相手のことを理解したいと思っています。

相手にいいことがあったのなら、まるで自分までいいことがあったかのように喜びますし、仕事で大変なことがあったのなら、具体的に相手の話を聞いて、心底相手に同情したり共感を示したりするでしょう。

もちろん自分の気持ちは、他人には理解できないものです。

しかし一途な女性は、それでもより相手の気持ちに近づこうとして、相手の話をよく聞いて理解を深めようとします。

それは相手の仕事に対しても同じことです。

仕事が忙しかったり、大変だったり、残業だったりと、仕事内容などについても相手の思いを分かろうとしますので、相手の仕事に対して理解を示すことが多いです。

ページトップ