「彼女にするなら一途な人がいい」と考える男性は多いです。

一途な女性は他の男によそ見をすることなく、自分だけを愛してくれます。

楽しい時も辛い時も、いつでも自分の側に寄り添ってくれますし、悩める時には励まして、そっと背中を押してくれることもあるでしょう。

理想の恋人だけでなく、理想の妻でもある一途とはどのような女性のことをいうのか、その特徴をご紹介していきます!

一途ってどんな人のことをいう?

そもそも、一途とはどのような意味なのでしょうか?

一途とは、他によそ見をすることなく、1つのことだけに集中するということです。

また、「ひたすら」「ひたむき」などの言葉でも表現されることがあります。

一途な人によっては、すべてのことに一途な場合もありますし、自分のこだわっていることだけに対して一途な場合もあります。

一途になる対象が恋愛だと、ずっと1人の男性だけを変わらずに想い続けることでしょう。

片思いであれば、何年も同じ人に片思いし続けることは珍しくありません。

また恋人同士であっても、いつも彼氏のことだけを一途に想っていますので、男性からすれば安心して女性のことを信頼できるでしょう。

一途な女性は良くも悪くも、自分が一途になる対象に対してはいつも一生懸命なのです。

一途の人と付き合うってどう?

一途な女性に対しては、男性はさまざまな意見を持っています。

「自分だけを見てくれるからいい」という意見もあれば、「一途過ぎて気持ちが重たく感じられる」という意見もあります。

恋人と安定した関係を築いていきたい人にとっては、一途な女性はピッタリと言えるでしょう。

しかしその一方で、刺激やスリルに満ちた恋愛を楽しみたい男性にとっては、いつでも自分だけを見ているのが分かり切っている一途な女性は、恋愛相手としてはつまらないかもしれません。

いつでも自分だけを想っていて、自分に尽くしてくれることが分かっていれば、男性は安心感から調子に乗ってしまったり、つい他によそ見をしてしまったりすることもあります。

あまり調子に乗り過ぎてしまうと、どんなに一途な女性でも恋人に愛想を尽かしてしまいますので、彼女にフラれて初めて彼女の大切さに気付くという男性もいることでしょう。

一途な女性と付き合うことは、そうしたさまざまな良いことや悪いことがあります。

すべては男性との相性によるところが大きいですが、少なくとも自分に尽くしてもらいたい男性にとっては、一途な女性は理想的なタイプと言えるでしょう。

尽くしてくれるのはこんな女性!一途な恋愛をする女性の23個の特徴


もしもあなたが尽くしてくれる女性と付き合いたいと望んでいるのなら、まずは尽くしてくれる女性がどんなタイプなのかをしっかりと把握しておく必要があります。

尽くしてくれる人、すなわち一途な女性は、他の女性とは明らかに異なる特徴をいくつか持っています。

それらをしっかりと把握しておけば、いざ女性と出会う時に、その人が尽くすタイプかどうかを判断することができるでしょう。

女性の中には、目当ての男性に対しては「尽くすフリ」をして男性といい関係になろうとする人も少なくないため、演技で尽くしている女性と、そうでない女性とを確実に区別できるようにしておかないと、上っ面だけの女性に捕まってしまうかもしれません。

女性は演技上手な人が多いため、これからご紹介していく一途な女性の特徴を、いつでも誰に対しても持っているかどうかで、演技かそうでないかを見極めるようにしましょう。

1.自分の周りの人に優しい

一途な女性は、基本的に優しい性格をしています。

他人に尽くすことができるくらいですので、他人に順番を譲ったり、困っている人を助けたりする程度の優しさは持っているでしょう。

誰でもそうした親切心は持っていますが、普段は自分のことを優先にして、困っている人に手を差し伸べない人もいます。

また、不特定多数の前で誰かが困っていれば、周りの目を気にして助けることができない人もいるでしょう。

さらにイライラしている時など、心に余裕がない時には誰もが他人に構っている余裕などありません。

けれども一途な女性は、そうした個人的な事情や感情に振り回されることなく、その場で困っている人がいれば、優先順位をそちらに切り替えて助けてあげる優しさを持っています。

一途な女性は、場所や人目に関係なく、そうした周りへの優しさを常に発揮していますので、誰に対しても平等に優しさを向けていることが多いです。

2.男友達が少ない

一途な女性は、誰か特定の大切な人がいれば、基本的にその人を最優先にしますし、その人に心配をかけたり、不安にさせたりするような行動もとりません。

そのため、一途な気持ちを向ける相手がいる時には、気持ちがそちらに集中していますので、今以上に人間関係を広めることはないでしょう。

もし好きな人がいれば、その人以外の男性は目に入りませんし、誤解を与えるような行動も避けるため、必然的に男友達の数は少なくなります。

昔からの仲である男友達であっても、自分がその男友達と連絡を取ることによって、好きな相手を誤解させてしまう恐れがあるのなら、少なくとも恋をしている時には他の男性への連絡は控えようとするでしょう。

さらには、1人に対してのみ一途になるタイプの女性は、不特定多数の男性と浅く広い関係を持つこともしませんので、基本的に男友達の数は少ないことが多いです。

3.仕事に理解がある

一途な女性は、常に自分が気持ちを向ける相手のことを理解したいと思っています。

相手にいいことがあったのなら、まるで自分までいいことがあったかのように喜びますし、仕事で大変なことがあったのなら、具体的に相手の話を聞いて、心底相手に同情したり共感を示したりするでしょう。

もちろん自分の気持ちは、他人には理解できないものです。

しかし一途な女性は、それでもより相手の気持ちに近づこうとして、相手の話をよく聞いて理解を深めようとします。

それは相手の仕事に対しても同じことです。

仕事が忙しかったり、大変だったり、残業だったりと、仕事内容などについても相手の思いを分かろうとしますので、相手の仕事に対して理解を示すことが多いです。

例えば恋人同士の関係なら、相手の仕事が忙しくてなかなかデートの時間が作れなくても、それで文句を言うようなことは決してしません。

それどころか、「本当に大変ね、お疲れ様」と彼氏を労おうと努めることでしょう。

4.自分を持っている

一途な女性は自分を持っています。

自分を持っているというのは、周りの噂や他人からの評価に惑わされることなく、自分自身の意志をしっかりと持っているということです。

例えば自分の彼氏に対して、友達が「あなたの彼氏、浮気しているかもしれないよ」と忠告をしてきた時に、「彼はそんなことはしないわ」とハッキリと友達の言葉を否定する強さを持っています。

誰でも「浮気」の言葉を仲のいい友達から使われたら、一瞬でも彼氏を疑う気持ちが生まれてしまうものです。

しかしそれでも、彼氏を心から信じてキッパリとそれを否定する心の強さを持っているのが、一途な女性でしょう。

特定の誰かを強く信じて思うからこそ、周りのさまざまな意見に惑わされることはないのです。

5.熱中できる趣味を持っている


一途な女性は、何も人に対してのみ一途というわけではありません。

多くの一途な女性は、自分が熱中できる趣味や好きなことを持っています。

例えばスポーツや遊び、読書など、その人によってさまざまな趣味がありますが、一途な女性は1つの趣味に長いこと熱中しています。

熱しやすく冷めやすい人の場合は、ある一定期間のみブームのように1つのことに熱中しますが、やがて熱が冷めれば落ち着いてきて、今まで熱中していたものをまったくやらなくなることがあるでしょう。

しかし一途な女性の場合は、飽きもせずにいつも同じような趣味に熱中しています。

自分の趣味や好きなことに対しても、とことん一途な特徴を持っています。

6.約束をきちんと守る

一途な女性は、約束したことはきちんと守ります。

一途な気持ちから責任感が生まれることも多く、「相手に対して誠意を見せなければ」という気持ちも人一倍強いでしょう。

そのため、デートの約束をすれば必ず守りますし、ドタキャンや遅刻をすることも滅多にありません。

もしどうしようもない事情があってドタキャンをすることになったら、すぐに他の日で予定を立てようとしますし、他の何かの形で自分の反省の気持ちや誠意を示そうとするでしょう。

自分本意な女性の場合は、相手の気持ちや迷惑を考えずにドタキャンをしたり、遅刻をしたりすることが珍しくはありません。

もし遅刻を相手から責められたら、何かしらの理由をつけて言い訳をすることも多いでしょう。

一方で一途な女性は、まず遅刻やドタキャンはせずに、きちんと約束を守ることで自分の誠意を伝えようとします。

7.長年続けているもの、長年持ち続けているものがある

一途な女性は、一時の流行りや熱に好きなものを左右されることがありません。

一度自分が好きだと思ったものは、何年でも変わらずに好きでい続けることが多いです。

女性によってどんなものを続けているのかはさまざまです。

毎月1度の登山を長年続けているという人もいれば、全国の温泉地巡りを長年続けているという人もいます。

また、何年も昔に購入したものを、今でも大切に使っているという人もいるでしょう。

一途な人は物に対しても一途な気持ちを貫いていますので、何年も同じ物を大切に使い続けている人や、何かをやり続けている人がいれば、その女性は一途さを持っていると言えるでしょう。

8.一緒にいる時に幸せというワードがでる

一途な女性は、自分が好きなことをしている時や、好きな人と一緒にいる時が一番幸せに感じています。

それを素直に態度や言葉に出すことが多いため、一緒にいる時に「あー幸せ!」や「幸せだね」などと笑顔で言ってくる女性は、それだけ一途であることが多いです。

一緒にいるだけなのに「幸せ」だと口にする女性の場合、それ以上の多くを望んではいません。

好きな人と一緒にいることが女性にとっての最大の幸せですので、それ以上男性に望んだり、求めたりすることがないのです。

もし欲深い女性であれば、恋人同士なら一緒にいることが当たり前だと考え、その上で自分をもっと幸せにして欲しいと、あれこれと男性に対して望むでしょう。

例えば男性の行動を束縛したり、他の女性と連絡を取ることも嫌がったり、欲しいものを買って欲しいとねだったり、現状以上に自分の欲望を満たそうとします。

しかし一途な女性の場合は、一緒にいるということだけでも幸せですので、それを口に出して自分の気持ちを男性に伝えることが多いです。

9.どんな時も自分の周りの人の味方になる

一途な女性は、自分にとって大切人のことはどこまでも信じようとします。

本人の口から直接言われることがない限りは、その人の周りでどんな噂があっても、噂を鵜呑みにして相手への考えや態度を変えることはありません。

自分の中にある「この人はこういう人」というイメージが、他者の情報からで崩されることがないため、どんな時でも自分の周りの人の味方になろうとします。

それを「お人好しだ」と馬鹿にする人もいますし、「盲目的だ」と非難する人もいるでしょう。

しかし一途な人は、自分が見聞きしたことでしか自分の中の考えやイメージを変えようとはしませんので、困っている時にほど頼もしい存在に思えることでしょう。

10.特定の分野で自信がある

一途な女性は、ある特定の分野においては自信を持っていることが多いです。

例えば動物が大好きで、長年いろんな動物について調べたり、触れあったりしてきた女性の場合は、動物園デートをした時には、率先してあれこれと動物に関する豆知識を教えようとすることがあります。

また、長年スキーやダイビングを楽しんでいる女性では、一緒にやる時には最初から最後まで、堂々とした振舞いで男性をサポートしようとするでしょう。

一途な女性は、自分が一途な分野においては、それなりの自信を持っています。

長年1つのことに熱中し続けていることが女性の自信に繋がっていることも多く、中には「この分野なら誰にも負けない」と豪語する人もいるでしょう。

誰でも自分の得意分野には多少自信を持って行動できますが、一途な女性は長年一途に特定の分野に取り組んでいるからこそ、その自信も人一倍になっていることが少なくはありません。

そのためある特定の分野の時にだけ自信満々に振舞い、他の分野では大人しく控えめにしていることが多いでしょう。

11.謝ることができる

一途な女性は、喧嘩をした時には自分から謝ることができます。

例え喧嘩の原因が相手にあったとしても、それで自分も剥きになってしまったことには変わりないため、自分がダメだと感じたところは素直に謝ることができるでしょう。

大人になると自尊心が強くなり、喧嘩をした時にはなかなか素直に謝ることができない女性もいます。

謝ってしまうと、自分が悪いと認めることになるため、それができない女性もいます。

また、プライドが邪魔をして、「ごめんなさい」の一言が言えない人もいるでしょう。

喧嘩して仲直りをする時には、お互いに謝り合うことが大切です。

そこで素直に謝れない女性は、男性に嫌な印象を与え、禍根を残してしまうかもしれません。

一方で一途な女性の場合には、自分から謝ることができるため、喧嘩の仲直りも早いことが多いです。