CoCoSiA(ココシア)

趣味友が欲しい!4個のおすすめアプリ&サイト


「共通の趣味を持つ友達が周りにいない…」「同じ趣味で盛り上がれる仲間との出会いがない!」ということで悩んでいる人はいませんか?

価値観は人それぞれですし、好きなことや趣味も違います。

だから、身近で同じ趣味を持つ人を探そうと思っていも意外といないものですよね?

特にマニアックな趣味だと仲間を見るけるのも難しいでしょう…。

そんな“趣味友”をゲットするにはアプリやサイトを使うのがオススメ!

今回は、「“趣味友”が欲しい!」という人の為に、“趣味友を作れる4個のアプリ&サイト”をご紹介したいと思います!

趣味友が欲しい!そう思うことありますよね?

1人で趣味を楽しむのも良いですが、やはり趣味について語り合ったり、面白さを共有できる仲間がいた方が充実感も倍増しますよね!

しかし、趣味によっては仲間がなかなか見つからない場合もあります。

そもそも、こちらから相手の趣味を尋ねたり、相手の趣味を知る様なきっかけがなければ、人の趣味が何かなんて分からないでしょう。

それもあって、どんなに趣味友が欲しい人同士でも、お互いに“同じ趣味を持つ仲間”だと気付けない場合もあると思います。

それでも「趣味友が欲しい!」と考える人は多いのではないでしょうか?

趣味友とは?


「趣味友」とは“共通の趣味を持った友達”の略称です。

趣味友はリアルで会う様な友達に限らず、ネット上でのみ交流する友達も含まれます。

ネットで知り合ってリアルで会うパターンもあるでしょう。

「ネット上でのみ交流」というのは、SNSを通して趣味友が見つかる機会が多いからです。

これについては以下で詳しく説明しますね。

なぜ趣味友が欲しい?

読書やサイクリングなど、1人で楽しめる趣味も多いですよね?

しかし1人で楽しめるものでも、「趣味友が欲しい!」と考えている人は少なくない様です。

では、なぜ趣味友が欲しいのか…趣味友を探している人の意見を次にまとめてみました!

共通の趣味を持っている人が周りにいないから

既に趣味友と呼べる人が周りにいるなら別ですが、共通の趣味を持っている人が周りに全くいないと、「趣味友が欲しい」と感じるものではないでしょうか?

多分、学生の内は気の合う仲間が自然とできたと思います。

同年代がハマるものは大体似ているので、趣味友も(余程マニアックな趣味でなければ)すぐに見つかるでしょう。

しかし、社会人になると接する人の年齢や価値観や趣味は見事にバラバラです。

話す人も自然と固定化され、趣味友も自ら作りに行かないとなかなかできませんよね?

それに、同じ趣味を持っていてもお互いの年齢によってはジェネレーションギャップが生じることもあります。

例えば音楽(J‐POP)好きや少女漫画好きでも、世代によって好きなポイントも微妙に異なり、話が合わなかったりもしますよね?

そんなジェネレーションギャップを楽しめる人同士なら良いですが、あまりにも話が合わず趣味の楽しさを共有できなければ、趣味友として付き合っていくのは難しいでしょう。

あるいは自分が気付いていないだけで、実は周りに同じ趣味を持つ人がいる可能性もあるかもしれませんね。

でも、みんながみんな自分の趣味をオープンにしている訳ではないでしょうし、上でも話した通り、何か相手の趣味が分かる様なきっかけがあったり、こちらから聞かなければ相手の趣味が分からない場合もあるでしょう。

趣味を共有できる人との繋がりが欲しい

趣味を共有できる人との繋がりを求める人は多いでしょう。

特に女性は趣味に限らず何でも共有したがりますよね?

これは単に「趣味を通して楽しい気持ちを誰かと共有したい」という思いだけでなく、「周りと同じでありたい(安心感を得たい)」「誰かに共感して貰うことが嬉しい」という心理が働いているとも言えるでしょう。

趣味を共有できる人が周りにいないと、満足感を得ることも難しくなります。

面白さや楽しさを知らない人に趣味の話をしてもいまいち盛り上がりに欠けますし、だからと言って趣味にかける情熱を自分の中に溜め込んだままでは消化しきれないのでは?

例えば、釣りが趣味の人が新しい釣り竿を買いその性能の良さを周りに話たとしても、釣りに詳しい人がいなければ、「ふーん?」「そうなんだ…」と薄い反応で終わってしまうと思います。

ですが、相手が趣味友なら「良いな!」「すごい!」と、こちらが期待している反応を返してくれるでしょう。

1人で楽しんで満足できる人は別かもしれませんが、「趣味について熱く語り合ったり、一緒に趣味を楽しんで気持ちを共有したい」と考えるのは、自然なことなのかもしれませんね。

自分の好きなことを同じ趣味の人に発信したいから

「趣味を通して自分を表現したい」「自分の好きなものを同じ趣味を持つ人に知って欲しい」という心理で趣味友を欲しがる人も少なくないでしょう。

つまりは、「そういう趣味を持っている自分を同じ趣味を持つ人々に認めて貰いたい」という思いがあるとも言えます。

SNSを通して自分の趣味を発信することで、コメントを貰ったり同じ趣味を持つ人との交流が始まったりするのを求めている訳です。

趣味友を作るには様々なアプリやサイトを駆使する理由


趣味友を作るのに周りの人に片っ端から声をかけていくよりも、アプリやサイトを使って探した方が遥かに効率的です。

というのも、アプリやサイトには趣味友を募集している人が沢山いるから。