CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「気にしい」な性格の人の19個の特徴と治す方法


「他人の何気ない言動が気になって色々と考え込んでしまう」「人一倍心配性で、毎日何かしらの心配をしている」「些細なことに神経質になりがち」という“気にしい”な性格の人はいませんか?

そういう人は日常生活を送る中でも色々なことが気になって、それで傷ついてしまったりストレスを感じて疲れてしまう事も多いと思います。

他人から見ると何でもない様なことに振り回されてしまう気にしいな性格の自分にうんざりしている人も少なくないのでは…?

今回はそんな“気にしい”な性格に注目し、“「気にしい」な性格の人の19個の特徴”と“「気にしい」な性格を直す方法”などをご紹介します。

自分の気にしいな性格を改善したい人は必見ですよ!

なんでこんなに気にしちゃうんだろう・・・。

「気にしい」だと色々なことに気を回さなければならないので、心が疲れてしまったり苦労する事も多いと思います。

例えば、友達と話していて相手の反応が微妙だったときに「もしかして自分の話がつまらなかった!?」「気付かない内に何かマズいことでも言っちゃった…?」と考えて異常に気にしたり、他人と目が合ってじっと見つめられたときに「どこか変なところでもあったかな…」「何だかみんなから見られている気がする…」とやたら他人の視線が気になってしまったり…。

でも、そういうときって自分のせいでも何でもないケースが殆どなんですよね。

前者は会話中に相手がボーッとして生返事をした可能性もありますし、後者は「目が合ったから何となく」とか「知り合いか確認する為」という理由で相手が見つめてきた可能性も考えられるでしょう。

他人から見ると「どうしてそんなに気にするの…?」と思う様なことが気になって仕方がない…でもそれは自分でもどうしようもできないんですよね。

不安や心配な気持ちを誰かに相談しても「気にし過ぎだよ」とバッサリ…、そんな風に周りの理解が得られにくいのもストレスが溜まる原因になっているかもしれません。

多分「どうしてそんなに気にするの…?」とか「気にし過ぎだよ」などと誰かに言われなくても、それは本人もよく分かっているでしょうし、本人が一番「なんでこんなに気にしちゃうんだろう…。」と悩んでいると思います。

「気にしいな性格を直したい!」と本気で考えている人も少なくないはずです。

気にしいな性格は遺伝や育ってきた環境、気にしいにならざるを得なかったトラウマに近い経験などがあると考えられます。

実は、次に紹介する“「気にしい」な性格の人の19個の特徴”の中にも、気にしいになってしまう原因があるので、気になる人はぜひチェックしてみて下さいね。

「気にしい」な性格の人の19個の特徴

これを見ている人の中には、「自分が“気にしい”な性格かどうか知りたい」とか「“気にしい”な性格の人ってどんな人?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで続いては、“「気にしい」な性格の人の19個の特徴”をご紹介していきます。

気にしいな人にとっては、ちょっと痛いところをつく様な内容もあるかもしれませんが、あまり気にし過ぎず「確かに、そういうところもあるかも」程度に捉えて見て下さいね。

それでは早速チェックしていきましょう!

1.中途半端に耳がいい


気にしいな性格の人は中途半端に耳が良いので、聞きたくない情報まで自然と入ってしまいます。

しかも、根本的な思考がネガティブ寄りなので、ネガティブな言葉ばかり耳が拾ってしまいがち…。

良くない言葉を聞いた途端に気持ちが支配され、余計なことまで考えてしまう訳です。

2.他の人の悪口も自分のこととして考えてしまう

気にしいな性格の人は、自意識過剰な一面があると言えるでしょう。

例えば、誰かが人の悪口を言っているのを偶然耳にしたとき、気にしいな人は根拠がないのに、「もしかして自分の事!?」「自分のことだったらどうしよう…」と気になって仕方がなくなってしまうのです。

自分と全く関係のない話を「自分の事かも…」と思い込んでしまうのは、自信のなさの表れとも言えるでしょう。

3.みんなに好かれたい

気にしいな性格の人は他人からの評価を人一倍気にする傾向にあります。

その根本には「みんなに好かれたい」という気持ちがあると言えるでしょう。

誰にでも「みんなに好かれる人気者になりたい」とか「自分という人間を受け入れて貰いたい」という願望は持っていると思います。

しかし、ハッキリ言って全員に好かれるというのは難しいです。

みんながみんな博愛主義者な訳ではありませんし、容姿や性格がどんなに良く完璧な人でも、それに嫉妬した人からは嫌われてしまうこともあるでしょう。

それに、「自分は嫌いな人や苦手な人がいるけど、みんなには自分の事を好きになって貰いたい」と考えるのはワガママとも言えるのでは…?

だから大抵の人は「みんなに好かれたい」という気持ちを持ちながらも、「中には自分と気の合わない人もいるだろう」とか「自分に嫌いな人がいる様に、みんなにだって人の好き嫌いはあるだろう」と割り切って人付き合いをしていると思います。

一方で気にしいな性格の人は、「周りの人に嫌われない様に…」とか「全員に好かれる様な人間でいなくちゃ」という強い意識を普段から持っているので、いちいち他人の顔色が気になって仕方がなくなってしまうのです。

4.ホルモンバランスが悪い

気にしいな性格の人には、ホルモンバランスが悪いという特徴が見られることもあります。

特に、「子供の頃or以前はそこまで気にしいな性格ではなかったのに、大人になってからor最近になってから色々なことが心配・不安に感じる様になってしまった…」という人はホルモンバランスが崩れている可能性が高いです。

女性の場合は女性ホルモンの過剰分泌or減少でホルモンバランスが悪くなり、男性の場合は男性ホルモンの過剰分泌or減少でホルモンバランスが悪くなるとされています。

ホルモンバランスの乱れは体調や精神面に大きな影響を与えると言われており、色々な事が異常に気になってしまうのも、ホルモンバランスの乱れにより精神が不安定になっているからとも考えられる訳です。

5.すぐ落ち込むのにみんなの前ではプラス思考ぶる

気にしいな人は心が繊細な分、些細な事に傷つきやすく落ち込むことも多いです。

しかし、みんなの前ではそういった弱さを見せずに、明るく振る舞う特徴があります。

それは本人にとって心に相当負担がかかている状態だと言えるでしょう。

本当は酷く落ち込んでいるのに、それを無理やり隠して自分を偽っているのだから当然ですよね。

「周りに迷惑をかけたくない」「“面倒な奴”だと思われたくない」といった気持ちがあるのかもしれませんが、何事も無理のし過ぎは良くありません。

ページトップ