仕事と言うとやりたい仕事やるとか、たくさん稼げる仕事をやると言うような感じ夢を持って語られがちです。

それはやはり仕事は一生のうちで非常に大きなことだからです。

拘束時間もそうですが年収など、本当に人生を左右すると言っても間違いありません。

ですが、皆が皆そのような夢のある仕事や、年収の高い仕事につけるわけではありません。

やはり、努力が必要なのはもちろんそうなのですが、努力をしてもどうしてもその仕事に不向きである人も一定数います。

やはりそれは人間の能力はそれぞれ違うところがありますので仕方のないところがあります。

また能力のあるなし関係なく、子育て中の主婦の方など、やはり仕事だけに情熱を傾けるのは少々難しい立場の人もいます。

そのような時に誰でもできる仕事というのがあれば、それを選ぶことによって収入のを得ることができます。

では、誰にでもできる仕事について一つ一つ見ていきましょう。

誰でも仕事できる?楽に働きたいですよね!

そもそも楽に誰にでもできる仕事とはどのようなものなのでしょうか?

例えば、非常に極端な例ですが医師のような非常に難しい職業に就ける方はほんの一握りです。

ですが、ファーストフードなどのアルバイトはどうでしょう。

高校生でもアルバイトをしている人がいますよね。

そのように、仕事に優劣をつけるのはちょっとどうかと思うところはあっても、そのように門戸が広い仕事は多くあります。

そして、複雑な作業がある仕事だと要領がよくすんなりとこなせる人と、その仕事ができない人に分かれてきます。

学生時代は問題がないのに仕事を始めてたあたりから急にうまくいかなくなる人も一定数います。

そのような方は、社会人になってからうまくいかずに職を転々としてしまうような人です。

そのような人は、チームプレイで協力し合いながら仕事をすることに向いていない人も一定数います。

もちろん仕事ができすぎるがあまりにチームプレイをないがしろにしてしまう人もいる一方で、何とか上手くやっていきたいと思っているにもかかわらずうまくいかない人もいるのです。

そのような意味では、自分で1人で完結できるような仕事の方が向いているでしょう。

このように、誰にでもできる仕事と言うのはある程度傾向が分かれてきます。

では具体的にどのような仕事が良いのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

誰でも仕事できる7選!メリットとデメリットもお教えします!

このようなことから、学歴が必要ではなく、単純作業が単純であること、個人プレーで完結できることと言うような傾向があります。

では、一つ一つ見ていきましょう。

1.工場のライン作業

よく、仕事がどうしても続かない、仕事が辛いと言うような悩み事の相談したときによく勧められるのが工場のライン作業です。

なぜ工場のライン作業が良いのかと言うと、基本的に同僚の人や先輩の人と話す必要がなく黙々と作業すれば済むことだからです。

よく、ビジネスなどを見ても「報・連・相」が大切だと言われています。

報告をし、連絡、相談ですよね。

ですがこれはコミュニケーション能力が求められるところがあるので、これがうまくいかないがばかりに、仕事がうまくいかなかったり人間関係が悪くなってしまう事があるのです。

ラインでの作業中でエラーが出てしまったのあればそのような相談は必要ですが、基本的に黙々と仕事すれば済むところがあります。

ただ、こちらはコミュニケーション能力に不安があるだけで、作業自体はキビキビとできる人向けではあるでしょう。

単純で簡単な作業ばかり

基本的にライン作業は、ベルトコンベヤーを中心に人が左右に列をなし、自分の担当のパーツを担当するのです。

流れ作業的に行うところがあります。

そのライン作業と言うのは色々とあり、例えばですがコンビニ弁当などもそのようなライン作業で作られていることがあります。

そして、車などの部品でもそのようなものがあるのではないのでしょうか?

とは言えど、最近はそのような食べ物ではないものは海外に工場を移しがちです。

ですので、やはり海外から日本へ運ぶとなると、腐ってしまうような恐れがあるものは日本に工場を構えていることが多く、日本に工場があるものの多くがそのような食べ物関係である事もあります。

冷凍が効くものは海外に工場があることもありますが、生鮮関係であれば圧倒的に日本に工場が多いです。

そのような食べ物系のところであれば納品の関係で非常に厳しいところがあり、スピードを求められます。

ですが、それは作業自体が決して難しいものではありません。

例えば海苔を載せるとか、ソースをかけると言うような非常に単純な作業で終わるところがあります。

初めは、そのスピードについていけずパートのおばちゃんに文句を言われたり、ラインを止めると怒られる所がありますが、だんだんと慣れていくことでうまく作業していくことができます。

そしてそのようなところ基本的に、猫も杓子もと言う状態でいろいろな人を取るので、1つのパーツにつき二人で担当することで何とか対処しているところもあります。

同じ作業が辛い人には厳しいかも

ただ、一定数同じ作業が辛い人もいます。

ライン作業は非常に気楽ではあるものの、同じ作業を繰り返すような感じです。

その同じ作業に喜びを見いだせるのでしたらまだしも、それが辛いならば、その仕事を続けるのは難しいでしょう。

そのような人は一定数いるらしく、昔そのような工場でアルバイトしたことがありますがやはり人の出入りが激しかったです。

2.ネットカフェ・漫画喫茶


少し前から、ネットカフェやマンガ喫茶などもバイトとしては非常に魅力的であるところがあります。

お客様の受付、清掃、本棚の整理などが主な仕事内容です。

最近のネットカフェではフード提供するところがありますが、そのようなところだと調理の必要性もあります。

とは言えど、誰にでもできる仕事と分類されているだけあって調理事態はそんなに難しくありません。

たいていはレンジでチンするだけで終わるような単純なものです。

ですので、料理が苦手な人でも問題なくできます。

特に深夜の時間帯は募集しているところが多い

やはり、人が寝ている時間帯というのはそのような募集が増えるところがありますね。

その分時給が高いところがあります。

ですので夜型で夜は得意とか、同じ労働時間でも多く稼ぎたいのであれば深夜のアルバイトも良いでしょう。

基本的たまにフードの注文があるものの、基本的に静かにネットするか、ホテル代わりにされている方が多いので、そこまで接客の必要性がなくむしろ少々暇だと言われています。

ですので人によっては、店員さんにも関わらず、1番に7、8冊の漫画を読んでいるなんて人もいる位です。

実際に深夜のネットカフェでアルバイトをしていた人の話によると夜12時から朝の8時までとして、ほとんど働いてるのに3時間のみ、残りは仮眠を取ったりすることも十分に可能なのだそうです。

時間によっては忙しくもなる

そんなネットカフェですが、時間帯により忙しいかどうかというのが変わってきます。

よくホテル代わりされるネットカフェですが、朝になるとそのようなお客様が出ていかれるので、どちらかと言うと閑散とします。

その代わりにドリンクバーの清掃や廊下の清掃が主な仕事になると言われています。

そして昼はどちらかと言うとフード提供のあるところだとそのような注文があるので少々バタバタします。

ネットを使用しながらお昼ご飯を食べる人がいるのでしょう。

そして夕方ぐらいになると、サラリーマンの方方が多くはいられるところがあり、そこでごたつくところがあります。

夜もそこでディナーにされる方がいるのか、フードの注文が非常に多く、忙しいとされています。

ですが、普通のファミレスのバイトを経験したことがある人ならそれも比ではないくらいだと言われています。

そして先ほども触れたように深夜は少し閑散とします。

そのような傾向があるので、もし時間が選べるのであればそのような暇な時間をあえて選ぶ形でもあります。

逆に暇なのがどうしても辛いのであれば、あえてお客さんが入ったりフードの注文が増える昼と夜、夕方ぐらいにすると良いでしょう。

覚えることが少ないので楽

仕事と言うと覚えることが多いイメージですよね。

この覚える作業がどうしても苦手で悩んでいる社会人の人も多くいます。

その人にとっては、このように覚えることが少ない仕事は非常に楽なところです。

例えば、本当はバリバリ仕事ができる人でも、子育て中の主婦の方であればどうしても仕事だけにエネルギーを注ぐのが難しいことになることもあるでしょう。

もちろん最近はご主人と共働きで家事分担育児もうまく分担されている方もいます。

ですが、やはりまだ男性も忙しい仕事についている人が多いです。

ですので、専業主婦やパートの方がいてもある意味納得がいくところがあります。

そんな主婦の方が仕事始める時に、この覚えることが少ないと言うのは非常に大きな利点です。

そのような人はもちろんのこと、これからバイト始める人や、ニートだったけれど社会に復帰したい方に非常にオススメです。

シフトによって決まるので不規則になることも

このように深夜だけとか昼だけというように、シフトを固定できればいいのは言うまでもありません。

しかし、基本的にネットカフェは24時間営業であることが多く、シフトで決まるところがあります。

ですので、かなりシフトでむちゃぶりをされることがあるような情報まであります。

ですので、必ずこの時間に働けると言う事はありません。

ただ、問い合わせてみないとわからないところはありますが、主婦の方などを多く募集しているところだと、細切れに7時から12時、8時から12時と言うような感じで入れる時間を決めておくことができるそうです。

そのかわり週2回位のシフトになるかもしれません。

3.ファーストフード店

ファーストフード店もまたいろいろな人に働ける可能性の高いところです。

もちろん、パートやアルバイトの人がほとんどですが、下は高校生から、上はシニアの方まで色々な方がいます。

ファーストフードと言うといろいろなところがあるので一概には言えませんが、非常に大きな店舗ですので、マニュアルがしっかりとしています。

ですので、臨機応変なことが苦手な人でも、人によっては問題なくできるようなところがあると言われています。

深夜帯は人がいないので楽

もし、比較的余裕のある時間帯にしたいのであれば深夜帯がオススメです。

基本的に深夜帯は、客がそこまで入りません。

やはり、たいていの人は家で寝ていることが多いですので、深夜にファーストフード店に来る人は非常に限られています。

ですので、ファーストフード店は覚えることが多く忙しいイメージがありますが、深夜帯は比較的のんびりしていると言われています。

昼間はとても忙しくなる

ごくまれに、ファーストフード店を客として利用することがありますが、やはりその混雑ぶりは非常に激しいものがあります。

ですので、てきぱきと接客ができる人は長く勤めていますが、少しそのような臨機応変さに欠けるような人はなかなかしんどい思いをするところがあるようです。

ですので、昼間のファーストフード店のアルバイトはある程度向き不向きがあるところもあります。

ファーストフード店も誰にでもできるイメージなのですが、その一方でそのようなファーストフード店がきついと感じてやめてしまう人もいるのもまた事実です。

4.引っ越し業者


こちらは、主に男性にお勧めの仕事です。

特に体育会系の方でしたら、むしろ重いものを持つことでトレーニングになるのではないのでしょうか?

確かに、引っ越しの際に「この荷物はどうされますか?」などのコミュニケーションあります。

ですがその程度だったりするので、そこまで接客が必要な場面は多くありません。

失礼のない態度にお気をつけるだけで後は黙々と運んだら良いので、そこまで接客のように複雑に色々と考える必要はありません。

また、引越し事業者にもよりますが女性の求人もありますので、女性の方も要チェックです。

どのようなことなのかと言うと、力仕事ではなく、細細とした荷物を段ボールに入れるような作業を女性スタッフに任せると言うものです。

ですので引越し業者のアルバイトは男性はもちろんのこと、女性にも門戸が開かれていますので、確認してみると良いでしょう。

力仕事さえこなせれば後は慎重に運ぶだけ

著者も、何回か引っ越しをしていますが引っ越し人は力仕事があり非常に大変そうだなと思います。

それと同時に、後で壊れたという苦情を防ぐためか、運ぶ前に「ここに傷がありますけれど、了承してくださいますか?」と言うようなやりとりがあります。

やはり、もし後になって「ここが壊れている」ということを言われると大変なのもあるのでしょう。

ですのでその点は神経を要するところがあります。

そして、例え傷に気づかなくても、後で傷が付いていれば疑われる要素になってきますので、慎重に運ぶ必要があります。

とは言えど、大手のところであれば研修があるところも多くありますので、そこで研修を積み、コツをつかんでことで何とかなるのではないのでしょうか?

体力がある人にはオススメ!

接客が苦手だったり、学力面のことが苦手である人であっても、体力さえあれば引っ越し関係のアルバイトは非常にオススメです。

著者は地方の在住ですが、それでも時給は1000円位と比較的良い時給である事も多いです。

そして、短時間でオッケーだったり週一回程度でオーケーと言うような感じで非常に融通がききやすいところがあります。

平日のみ、土日のみである場合や、午前のみ午後のみなどいろいろな働き方を選ぶことができます。

そしてもちろんフルタイムでもオッケーです。

5.事務

こちらは比較的女性にオススメのお仕事です。

基本的にデスクワークで座って仕事ができますので、たとえ年齢を重ねた女性でも無理なく働くことができます。

よく女性は40代以降になると、体力面で不安が出てくるところがあるようですね。

更年期障害などもあると聞きます。

ですが、事務でしたら座ってできる仕事ですので、体力的には全く問題ありません。

ただ、そのような仕事は、最近人気らしくいきなり専業主婦のブランクがある状態からこの事務職につこうとするとなかなか大変なんだそうです。

もし、そのような場合は事務職は誰にでもできる仕事、人材の融通のきく仕事と思われている節がありますので、企業側も若い人を取りたいところがあります。

だからこそ、そのような若い子が行きたがらないところに就職することでもしかしたら採用される可能性が上がってくるのです。

それは地方の工場など、都心のきらびやかなところに憧れると私が行きたがらないところに行くのがオススメです。

最初は覚えられずに苦戦をすることも

簡単な仕事だとは言われるものの、やはり覚えることが色々とあります。

そして、基本的に事務職の方が電話に出ますので、電話で相手の方とスムーズにコミュニケーションをとっていく必要があります。

特に女性はそのようなコミュニケーション能力に長けている方が多いですので、そのようなところは苦労しないかもしれません。

その一方でそのようなことに苦労している女性もいますので誰にでもできるかというと少々謎が残る部分もあります。

ですが、特に企業によっては学力等を要しないことから、誰にでもできると言われるところがあるのではないのでしょうか?

女性にはオススメの仕事

先ほども触れたように、女性にオススメの仕事です。

それは何故かと言うと、どちらかと言うと事務職の求人と言うと圧倒的に女性が多いです。

それは電話に出たり、お茶くみをするなどの人とのコミュニケーション部分を任されるところがあるからとも言えるでしょう。

もちろん男性にも事務職はあります。

ですが男性の事務職と言うとどちらかと言うと経理等会社の中枢を担う部署であることが多いです。

ですので、男性が事務職に就くというと経理職であることが多いことから、数字に強くあることや、管理職になるということを前提があります。

ですので、一般職の事務職と言うと女性のイメージが強いです。

6.介護職

最近は少子高齢化と言うことで、介護職は非常に需要のある仕事です。

ですので門戸が非常に広く、専業主婦でブランクがある方もできる仕事と言われています。

よく、そのような専業主婦やパートの方が突然離婚すると言う事態になったときに真っ先に職業の候補として挙げられるのが介護職です。

このご時世ですので、そのような状態でともすれば40代から働き始めた方も正社員になれると言われています。

ですので、いろいろな人に可能性が開けている職業とも言われています。

ただ、こちらも門戸は非常に広いものの、お年寄りの面倒を見ること自体に向いているのか向いていないのかというとそれは人を選ぶようです。

例えば、基本的に人と接するのが好きな人、さらには人のお世話が好きな人でないと難しいところがあります。

例えば、顔色が良いのか悪いのかというのが見分けがつかないような人だと、介護職は難しいところがあります。

ですので、常に人に関心を持ち異変にさっと気付けるような人こそが介護職に向いています。

1人の仕事に慣れていれば楽にこなせる

介護職で正社員と言うと基本的に夜勤があります。

夜勤は人数がぐっと減りますので、基本的に1人で仕事先に慣れていくことができてからです。

そして、たとえ朝や夕方までの仕事であっても、先輩に色々と聞きながらこなしていくのは少々大変なところがあります。

それは、お年寄りを見るということから、つい手が離せないことがよくありますので「それぐらい自分で考えて!」と言われてしまうような所もあると言われています。

ですが、それもなくなり1人前に仕事こなせるようになるとすんなりと行くこともあるのだとか。

そのように1人でできることが増えていくと、介護職としての仕事はもちろんのこと、もっと上を目指すことができるようになります。

資格も取ることができるのでオススメ!

介護の仕事は今のご時世非常に必要な仕事です。

それは医療技術の進歩で長生きする人が増えましたが、やはり介護が必要な状態になってしまう人が多くいます。

ですので、その介護状態の人を面倒みる人は今のご時世非常に求められています。

そして資格を取ることもできますので、その仕事を一生の仕事にすることだってできるのです。

そして資格を取ってからも、子供を見ないといけない時はパート程度の仕事をして、お子さんがそこそこ手が離れて落ち着いてきたら、今度は夜勤を入るという手もあります。

もちろん夜勤は、誰かにお子さんと一緒に寝てもらうなどをする必要があるかもしれません。

それでも夜勤に入ると、実は当日の16時ぐらいまで自由で、仕事に入ってから次の日の9時から夜勤明けで休み、その次の日は必ず休みと定められています。

そして、そんな介護の仕事を続けていると、今後ケアマネジャーと言う仕事の受験資格が出てきます。

このケアマネジャーと言うのは相談業務のことです。

現場では働かなくなるところもあるようですが、介護をしている方の負担を減らし、非介護者の人が少しでも良い状況でいられるように施設の紹介をするなどいろいろな相談教務を行っている人たちです。

この人たちぐらいになると年収は400万円位行くところがあると言われています。

ですので、40代ぐらいから働き始めたような人であっても、そのように希望であれば男性並みに稼ぐことができるのです。

地方では男性でこれくらいの年収の方も多いです。

ケアマネージャーは女性でもそうなれる可能性があるのです。

7.アパレル業務

アパレル業務もまた、時間帯によって非常に楽なところがあるようです。

もちろん、色々な時があるのですべての時間が楽であるわけではありません。

ただ服が好きだったり、事務職は苦手だけどそのようなアパレル業務は好きな人も多いです。

平日は人が少ない

基本的に平日は人が少ないところがあります。

やはり皆仕事をしているので、お客さんがどっと来る事はあまりありません。

来るとしても主婦層の人がまばらに来るという感じでは無いのでしょうか?

ただ、土日は会社が休みな人も多いですので、そのような人だったがこぞって買い物に来ると土日が忙しいでしょう。

そしてそのような仕事は、基本的にシフト制であることが多く、土日に必ず入ることが求められるところがあるかもしれません。

店によって違いますが土日のどちらかだけとか、月に何回かは土日に入るなどの取り決めをしているところも多いようです。

オシャレをしつつ仕事をするのが楽しい

確かに楽と言うだけで仕事を決めるのはどうかという意見もあります。

しかし、その一方でアパレル関係の方でしたらおしゃれを楽しみながら仕事することができます。

店によるので一概には言えませんが、自分の店のブランドの服を安く買えるような特典があるケースもあるそうです。

そのようなことから自分が興味があるブランドや、好きなブランドのあるアパレル業務でアルバイトができれば、それが1番嬉しいことですね。

仕事をする上で注意をすること

もちろん仕事ですのでたとえ楽にできる仕事といえども気をつけるべき点は色々とあります。

誰にでもできる仕事は大変魅力的ではありますが、逆を言うとそのような仕事の代えの人がいくらでもいる仕事ともいえます。

ですので、そのような事から逆に気を引き締めていかないといけません。

ではそのような注意点はどこにあるのでしょうか?

時間厳守

基本的に会社勤めをしているが時間厳守です。

例えば遅刻が多いとしたら、それだけでリストラが必要な時に真っ先に名前があがってしまうところがあります。

そして仕事に仕上げる時も、いついつまでに仕上げると言う時は必ずその期限を守るようにしましょう。

やはり社会人として働くには時間厳守が基本なのは言うまでもありません。

ただこの仕事を仕上げる期限についてですが、どうしても間に合いそうにない時は必ず相談するようにしましょう。

引き受けておいてできないとトラブルの元になります。

契約を守る

非正規雇用と言うと、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員などに分かれます。

そのような雇用形態の時でも、契約があるでしょう。

ですので、その契約をきちんと守るようにしましょう。

例えばですが、このような非正規雇用の方であっても副業禁止されているではあります。

この副業禁止の場合はどうなるのかと言うと、懲戒解雇になるまですることは難しく、実際は見て見ぬふりをするケースも多いといわれています。

やはりそのような契約は持っておいた方が良いのは言うまでもありません。

さらには、業務が被る事に関する副業のみ禁止している例もあります。

仕事を覚える

そして、常に誰にでもできるような仕事であっても仕事を覚える必要があります。

もし、うまく覚えることができないと言うのであれば、その仕事は向かないと言うことで早めに転職した方が良いかもしれません。

正社員の方でしたらまだしも、非正規雇用の方でしたら早めに見切りをつけるのも大切かもしれませんね。

著者は管理職の人間ですが、やはり初めはどうなるかと思っていた人でも、できるようになった例もあるにはあります。

ですが、大半はそのような向き不向きの問題で、この仕事以外の仕事の方が良いのではないのかと思われる新人もいましたし、実際に転職をした人もいます。

接客業の場合は失礼のないように!

接客業は、お客様に直接かかわる仕事ですので、失礼があってはなりません。

基本的にスーパーなどでもお客様の声というものはあります。

その声で、苦情を書かれることもあります。

店員の態度によってその店を今後も利用するかどうかが決まってくるところがあります。
お店の顔と言う意識を持って接客業に当たっていきましょう。

どんな仕事でも責任はある!

誰にでもできる仕事についていかがでしたでしょうか?

確かに、門戸が広いけれど向いているか向いていないかで人を選ぶような仕事、単純作業で覚えることが少ないことからやりやすい仕事など、様々なものがあります。

ただ、本当に向き不向きがありますので、このような上記に挙げた仕事ができなくて転職をした経験がある人でも落ち込まないでください。

例えば、高学歴でプログラムを組むのはうまいけれど、事務職がさっぱり向いていない人だっています。

ですので、誰にでもできるからずっと務まるとは限らないところがあります。

ですが、誰にでもできる仕事だからと言って、軽く見てはいけません。

どんな仕事にでも責任もあります。

ですので誰にでもできる仕事であっても、その仕事を全うするようにしましょう。