CoCoSiA(ココシア)

誰でもできる仕事7選。楽に働きたいならおすすめです!


仕事と言うとやりたい仕事やるとか、たくさん稼げる仕事をやると言うような感じ夢を持って語られがちです。

それはやはり仕事は一生のうちで非常に大きなことだからです。

拘束時間もそうですが年収など、本当に人生を左右すると言っても間違いありません。

ですが、皆が皆そのような夢のある仕事や、年収の高い仕事につけるわけではありません。

やはり、努力が必要なのはもちろんそうなのですが、努力をしてもどうしてもその仕事に不向きである人も一定数います。

やはりそれは人間の能力はそれぞれ違うところがありますので仕方のないところがあります。

また能力のあるなし関係なく、子育て中の主婦の方など、やはり仕事だけに情熱を傾けるのは少々難しい立場の人もいます。

そのような時に誰でもできる仕事というのがあれば、それを選ぶことによって収入のを得ることができます。

では、誰にでもできる仕事について一つ一つ見ていきましょう。

誰でも仕事できる?楽に働きたいですよね!

そもそも楽に誰にでもできる仕事とはどのようなものなのでしょうか?

例えば、非常に極端な例ですが医師のような非常に難しい職業に就ける方はほんの一握りです。

ですが、ファーストフードなどのアルバイトはどうでしょう。

高校生でもアルバイトをしている人がいますよね。

そのように、仕事に優劣をつけるのはちょっとどうかと思うところはあっても、そのように門戸が広い仕事は多くあります。

そして、複雑な作業がある仕事だと要領がよくすんなりとこなせる人と、その仕事ができない人に分かれてきます。

学生時代は問題がないのに仕事を始めてたあたりから急にうまくいかなくなる人も一定数います。

そのような方は、社会人になってからうまくいかずに職を転々としてしまうような人です。

そのような人は、チームプレイで協力し合いながら仕事をすることに向いていない人も一定数います。

もちろん仕事ができすぎるがあまりにチームプレイをないがしろにしてしまう人もいる一方で、何とか上手くやっていきたいと思っているにもかかわらずうまくいかない人もいるのです。

そのような意味では、自分で1人で完結できるような仕事の方が向いているでしょう。

このように、誰にでもできる仕事と言うのはある程度傾向が分かれてきます。

では具体的にどのような仕事が良いのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

誰でも仕事できる7選!メリットとデメリットもお教えします!

このようなことから、学歴が必要ではなく、単純作業が単純であること、個人プレーで完結できることと言うような傾向があります。

では、一つ一つ見ていきましょう。

1.工場のライン作業

よく、仕事がどうしても続かない、仕事が辛いと言うような悩み事の相談したときによく勧められるのが工場のライン作業です。

なぜ工場のライン作業が良いのかと言うと、基本的に同僚の人や先輩の人と話す必要がなく黙々と作業すれば済むことだからです。

よく、ビジネスなどを見ても「報・連・相」が大切だと言われています。

報告をし、連絡、相談ですよね。

ですがこれはコミュニケーション能力が求められるところがあるので、これがうまくいかないがばかりに、仕事がうまくいかなかったり人間関係が悪くなってしまう事があるのです。

ラインでの作業中でエラーが出てしまったのあればそのような相談は必要ですが、基本的に黙々と仕事すれば済むところがあります。

ただ、こちらはコミュニケーション能力に不安があるだけで、作業自体はキビキビとできる人向けではあるでしょう。

単純で簡単な作業ばかり

基本的にライン作業は、ベルトコンベヤーを中心に人が左右に列をなし、自分の担当のパーツを担当するのです。

流れ作業的に行うところがあります。

そのライン作業と言うのは色々とあり、例えばですがコンビニ弁当などもそのようなライン作業で作られていることがあります。

そして、車などの部品でもそのようなものがあるのではないのでしょうか?

とは言えど、最近はそのような食べ物ではないものは海外に工場を移しがちです。

ですので、やはり海外から日本へ運ぶとなると、腐ってしまうような恐れがあるものは日本に工場を構えていることが多く、日本に工場があるものの多くがそのような食べ物関係である事もあります。

冷凍が効くものは海外に工場があることもありますが、生鮮関係であれば圧倒的に日本に工場が多いです。

そのような食べ物系のところであれば納品の関係で非常に厳しいところがあり、スピードを求められます。

ですが、それは作業自体が決して難しいものではありません。

例えば海苔を載せるとか、ソースをかけると言うような非常に単純な作業で終わるところがあります。

初めは、そのスピードについていけずパートのおばちゃんに文句を言われたり、ラインを止めると怒られる所がありますが、だんだんと慣れていくことでうまく作業していくことができます。

そしてそのようなところ基本的に、猫も杓子もと言う状態でいろいろな人を取るので、1つのパーツにつき二人で担当することで何とか対処しているところもあります。

同じ作業が辛い人には厳しいかも

ただ、一定数同じ作業が辛い人もいます。