理不尽な人に悩まされている…」という人はいませんか?

理不尽な人は、職場・学校・近所など案外身近にいるもの。

ハッキリ言って、理不尽な人は“付き合いにくい”タイプに分類されます。

周りの人は理不尽な人の言動に振り回されるだけでなく、場合によっては思いもよらぬトラブルに巻きもまれてしまう事もあるでしょう。

接する機会も多いとなれば、上手く付き合っていかないと相当苦労すると思います。

そこで今回は、“理不尽な人の7個の特徴”と“理不尽な人への5個の対処法”をご紹介します!
これを見れば、理不尽な人とも上手に付き合っていけるはずです。

理不尽な人っていますよね?どんな時に感じてしまう?

みなさんはどういった時に「理不尽だな…」と感じますか?

ちなみに、「理不尽」とは物事の筋道が通らない事です。

自分ではどうしようもできない事で被害や損害を受けたり、こちらには全く非がないのに、一方的に怒られたり責められたり…

例えば、理不尽な人から「あなたが「美味しい」と言っていた店に食事に行ったけど、口に合わなかったからその時の食事代を出して欲しい」と言われたり。

明らかに相手のミスなのに「お前のせいで失敗したんだ!」と責任転嫁されたりというのは、理不尽な出来事に含まれるでしょう。

みなさんにはそういった経験がありませんか…?
冒頭でも話しましたが理不尽な人は意外と多いので、被害を直接受けた事がなくても、周りでそういう理不尽な言動を取っている人を見た事ならあるかもしれませんね。

理不尽な人の7個の特徴!こんな人は理不尽なことをする?

周りに理不尽な人がいない場合はラッキーですが、そういう人は理不尽な人の特徴も分からないのではないでしょうか?

理不尽な人への一番の対処法は、“なるべく関わらないこと”。

「もしかして、理不尽な人かも…?」と気付いた時点で、できるだけ距離を置くのが正解。

つまり、なるべく早く理不尽な人だと気付いた方が有利なのです。

また、みなさんの周りには“隠れ理不尽(=普段は分からないけど実は理不尽)な人”も存在するかもしれません!

理不尽な人だと分かれば素早く距離を置けますし、例え付き合っていくことになっても被害に遭う前に対策を練ることができます。

という訳で、“理不尽な人の7個の特徴”をご紹介します。

以下の特徴に当てはまる人は理不尽な言動を取りやすいと言われているので、周りに当てはまる人がいる場合は気を付けて下さいね。

一応、自分にも当てはまるところがないかチェックしておきましょう。

これを見ている人の中にはいないと思いますが、理不尽な人というのは「自分が理不尽なことをしている」という自覚がない場合が殆どです。

考えたくないかもしれませんが、以下の特徴に多く当てはまるということは、無意識に理不尽な言動を取っている可能性がある。

または、周りの人からも「理不尽な人だ」と思われている可能性が高いということになります…。

もし当てはまってしまった場合は、その部分を改善し普段から理不尽な言動を取らない様に意識すれば大丈夫なはずです。

それでは、理不尽な人の特徴を1つずつ見ていきましょう!

1.自己中心的


理不尽な人は自己中心的なところがあります。

自分の事が大好きで、自分が一番可愛いのです。

そうでなければ、相手の都合を考えずに自分の意見を無理やり押し通す真似はできないでしょうね…。

理不尽な人は自分の感情をコントロールするのが下手で、小さな子供と同じで我慢することができないのです。

気に入らない事があれば他人に八つ当たりし、滅茶苦茶なことを言って相手を従わせようとするのも日常茶飯事。

そして他人には厳しく自分には激甘なのも特徴です。

自分ができないことを他人には平気で押し付けたりもします。

もしかしたらみなさんの職場にも、他人に無茶な仕事の振り方をする理不尽な人がいるかもしれませんね。

そういう人って自分が仕事ができるから他人にも同じレベルを求めてしまうのではなくて、単純に(他人には厳しく自分には激甘だから)仕事ができない人が多いんですよね…。

自分さえ良ければいいと考える

理不尽な人は基本的に「自分さえよければそれで良い」という考えなので、自分の為なら他人を困らせたり迷惑がかかる言動を平気で取ることができます。

まさに典型的な自己中と言え、深く関われば高確率で振り回されることになるでしょう。

「自分さえよければそれで良い」というのは、「自分の利益の為なら他人を犠牲にしても構わない」とも言い換えることができると思うので、理不尽な人と関わる際は損な役回りをさせられない様に気を付けなければなりませんね。

自分が絶対と考えている人

理不尽な人は根拠がないのに「自分が絶対」とか「自分が正しい」と信じ込んでいる節があります。

だから、周りから否定されると「自分は正しいはずなのに、なぜ否定されなければならないんだ!」とキレることも珍しくありません…。

あまりにも常識に欠ける人だと、こちらが論理的に「その考え方は間違ってるよ」と説明したところで、「それでも自分は正しいんだ!」と無茶苦茶なことを言って話が通じない場合もあります。

つまり、まともに取り合うだけ労力の無駄とも言える訳です…。

2.思いやりがない

自己中の説明からも分かる通り、理不尽な人には他人を思いやる心がないと言えます。

上でも説明しましたが、自分の為なら特に他人が不幸になっても構わないのです。

理不尽な人は、他人の立場になって考えることができないのかもしれませんね…。

なので、自分が得をする為なら労力を惜しみませんが(それも他人を利用して利益を得る為の労力…)、他人の為には動かないのも理不尽な人の特徴です。

相手は相手、自分は自分と考える

理不尽な人は「相手は相手、自分は自分」という考えを持っています。

他人と自分を完全に切り離して考えているから、自分がされたら嫌なことを他人にしてはいけない、という常識も欠けているのかもしれません。

理不尽な人は自分の目的や欲を満たすことが最優先なので、周りのことには基本的に無関心なのです。

そういったことも他人への思いやりのなさに繋がっているのかもしれませんね。

3.相手のことを考えていない

「自己中」や「思いやりがない」という特徴から、既に察しがついている人も多いと思いますが、理不尽な人は相手の事を全くと言って良い程考えていません…。

理不尽な人は相手の気持ちが分からないのではなく、分かろうとしていない…すなわち、他人の気持ちが分かることにメリットを感じないのでしょう。

上でも話しましたが、理不尽な人は「自分が一番」で「自分は自分、相手は相手」という考えを持っています。

だから相手の気持ちが分かったところで、「相手の為に」とはならないのかもしれませんね。

仕事では責任を部下におしつける

仕事で自分がミスをしたときは、部下にその責任を押し付けるのが理不尽な人の行動。

自分が不利な状況になるのは許せないので、部下が口答えして来ないのを良いことに平気で責任転嫁するのです。

理不尽な人には相手を陥れてでも自分の評価を上げようとする、卑怯な一面もあると言えるかもしれませんね…。

4.上司などの前では良い顔をする

相手の事を考えずに周りに対しては常に上から目線なのが基本な理不尽な人ですが、相手によって態度をガラリと変えるのも特徴と言えるでしょう。

というのも、上司の前では良い顔をするのです。

理不尽な人は「自分の事を認めて欲しい」という承認欲求が人一倍強いので、先輩や上司といった目上の人には「自分を認めて欲しい(=認めて貰うことで評価が上がる)」という理由から理不尽な言動はあまり取りません。

逆に、後輩や部下には立場を利用して理不尽な言動をガンガンぶつけてくるので、部下や後輩からの人望は壊滅的にないと言えるでしょう…。

5.悪知恵が働く

理不尽な人は悪知恵が働くとも言えます。

立場を利用して責任転嫁をしたり他人を陥れるのも、悪知恵が働かないとできないことです。

ただし、決して頭が良い訳ではありません。

悪知恵が働くのは頭の回転が早いとも言えますが、その考えは総じて浅く小手先だけ。

基本的にその場しのぎなので、物事の根本まで見ることができないのです。

恐らく自身の目的や欲求を満たす為に子供の頃から(あるいは理不尽な性格になってから)、そういう術を自然と身につけてきたのでしょうね。

6.ストレスがある


理不尽な人は自分の好き勝手やってストレスなんて微塵もなさそうに見えますが、実はその逆でストレスを抱えているらしいのです。

ストレスのせいで心に余裕がなくなるから、自分の気持ちをコントロールできないのかもしれませんね。

人に対してそのストレスをぶつける

理不尽な人というのは、周りの人に理不尽な言動を取って自分が抱えるストレスをぶつけるのです。

本人はそれでスッキリするのかもしれませんが、そのせいで今度は周りがストレスを抱えることになるので、周りの人にしてみたら迷惑極まりないですよね…。

どんなに大きなストレスがあるにしても、周りに迷惑をかけるのはダメです。

現代社会においてストレスはつきものですが、それでも大抵の人は周りに迷惑をかけない為にストレスを上手く発散しています。

その中で、理不尽な人ばかり「ストレスなら仕方がない…」と甘やかすのは違うと言えるでしょう。

7.先輩面をする

理不尽な人は常に他人を見下しているので、後輩や部下の前では大して仕事もできないのに、やたら先輩面をする特徴があります。

例えば、自分の仕事論(全く為にならない)を押し付けたり、自分の仕事での成功談を延々と語ったり…。

当然、後輩や部下からはウザがられます。

ですが理不尽な人はそうやって先輩面をすることで、相手に「自分の方が立場が上!(…だから、自分のやること言うことに文句を言わず従えよ?)」とアピールしている訳ですね。

立場が上であるということを利用して好き放題する

上で話した、「自分のミスを部下に責任転嫁する」もそうですが、理不尽な人はその他にも立場が上であることを利用し好き放題します。

目上の人にはそうでもないのに、自分より下の立場には強気に出てくるのが卑怯だし厄介ですよね…。

そういう先輩や上司に目を付けられて必要以上に攻撃されない為にも、普段から上手いかわし方を考えておいた方が良いでしょう。

次に理不尽な人の対処法もご紹介するので、そちらも是非参考にしてみて下さいね。

理不尽な人にたいしての5個の対処法!この様にしてみよう!

理不尽な人の特徴を見て、余計に「理不尽な人に関わりたくない!」「理不尽な人に振り回されたくない!」と思った人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、生きていれば理不尽な人とも関わらなくてはならない場面が出てくると思います。

例えば、職場の上司・学校(部活)の先輩・近所に住んでいる人・親戚など。

そういう身近にいる理不尽な人を避け続ける訳にもいきませんし、だからと言って理不尽な攻撃に耐え続けなければならないのも変ですよね?

要するに、理不尽な人の被害に合わない方法=“理不尽な人への対処法”があれば良い訳です。

という訳で、“理不尽な人への5個の対処法”をご紹介します!

理不尽な人のせいでストレスが限界を超えてしまう前に、次の対処法を試してみて下さい。

1.反論をする

理不尽な言動は、言わば“相手のルール”です。

そんな相手が勝手に決めたルールに、こちらが素直に従う必要なんてないですよね?

そんな道理に合わない独自のルールをぶつけてくる人には、正論で対応しましょう!

反論するにしても正論なら相手だって何も言い返せないはずです。

ただし、“反論する”と言っても感情的になってはいけません!

こちらが感情的になってしまうと、相手もそれに刺激されてさらに無茶苦茶なことを言って来る恐れがあります…。

あくまで冷静な態度で、相手を諭す様に正論を述べるのがポイント。

こちらが毅然とした態度で接すれば相手も怯んで、それ以上は理不尽なことを言ってこないはずです。

言うことを聞いてしまうと相手からどんどん理不尽なことがおこる

素直に「はいはい」と言うことを聞いてしまうと相手も調子に乗り、理不尽な言動がさらにエスカレートする恐れがあります。

理不尽な人は「自分よりも下」と思っている人に対しては特に強気に出る特徴がある(実際、部下や後輩に理不尽な言動を取る人が多いですよね?)ので、理不尽な人の前で必要以上に下手に出るのはオススメしません。

また、「面倒だから、素直に従っておこう…」というのも逆効果なので気を付けましょう。

先程も言った様に、相手にとって都合の良い人間になってしまえば理不尽な言動もさらに悪化し、余計に面倒なことになります。

相手が先輩や上司であっても、あまりにも理不尽なことを言われたら正論をぶつけて反論するのが正しい対処法と言えるでしょう。

もちろん相手を煽ったり、生意気な態度で反論するのはNGですよ?

余計な恨みを買わない様に、伝え方にも気を付けて下さいね。

目上の人相手となると口答えをする様でなかなか勇気が要る行動とは思いますが、状況を改善したいのなら動くべきです。

いつ理不尽な言動を取られても上手く反論できる様に、事前に色々な状況をシミュレーションしておくと良いかもしれませんね。