CoCoSiA(ココシア)

浮気されたらどうするべき?彼氏に浮気されたときのパターン別7個の賢い対処法


彼氏の浮気が発覚したとき、あなたならどうしますか?

そんなこと考えたくないかもしれませんが、残念ながら「絶対にない」とは言い切れないのが現実です…。

万が一の為にも、ここで浮気されたときの対処法を知っておいた方が、不安を減らせると思いませんか?

現段階で既に浮気の可能性が少しでも出ているなら尚更、今の内に対処を考えておくべきでしょう。

そこで今回は、浮気されらどうするべきか、“彼氏に浮気されたときの賢い対処法をパターン別に7個”ご紹介したいと思います!

▼【関連記事】彼氏の浮気に確信が持てない人はこちらを先にチェック!
彼氏の浮気はこれで見極めて!怪しい行動・言動とは? →
この記事の目次

浮気されると人生のどん底に落とされる…

もし愛する彼氏に浮気をされたら…そう考えるだけで嫌ですよね。

実際にそんなことをされたら、人生のどん底に落とされた様な気分になってしまうでしょう…。

ですが冒頭でも話した様に、浮気の可能性が全くないと言い切れないのが厄介なところ。

彼女の男を見る目・彼氏の愛情・女癖のあるなしに関係なく、浮気というのは一瞬の気の迷いによって起こることもあるのです。

彼氏に全面的に非がある場合は許せなくて当然だと思います。

ですが中には、「浮気をしても仕方がない」と言えるケースもあるかもしれませんね。

例えば、彼女の束縛が酷い・愛情が重すぎる(まるでストーカーみたいになっている)・彼氏を大事にしない(そっけない)・彼氏を嫉妬させる様な言動ばかり取る・ワガママで面倒な態度を取るetc…

そんな彼女に嫌気がさして、つい他の女性に目が行ってしまうのもよくあるパターンです。

この様に浮気の理由によっては彼氏ばかりを責められませんが…、最終的に彼女の事を浮気という形で裏切ったのは事実。

その彼氏と今後どんな関係を築いていくかによっても、取るべき対処方法は変わってくるでしょう。

彼氏に浮気されたときのパターン別賢い対処法とは?

恐らく事前に浮気の気配を察知していても、それが実際に確定した瞬間は気が動転して適切な対処が取れないと思います。

ですが、そこで感情的になって動いてしまえば事態はますます悪化しかねません…。

では、彼氏に浮気をされたら具体的にどうするべきなのでしょうか?

という訳で、次から“彼氏に浮気されたときの賢い対処法~パターン別~”をご紹介してきたいと思います!

これらの対処法をしっかり覚えておいて、いざというときは是非参考にしてみて下さいね。

相手が反省している場合

浮気をしてしまったことを彼氏が反省&後悔しており、相手orお互いに「関係を続けていきたい」という思いがある場合は以下の対処法を取ってみて下さい。

このパターンなら、まだやり直すことも可能なはずです!

しっかり話を聞く

まずは彼氏の話を聞く=事実確認をする必要があります。

・浮気までの経緯(浮気相手とどの様に知り合ったのかなど)
・浮気をした理由や浮気をしていた時の彼の気持ち
・浮気をしたのは1度だけなのか(自分と付き合う前にも浮気をしたことがあるのか)
・現在、浮気相手との関係はどうなっているのか(まだ連絡を取っているのか、2人で会っているのかなど)
・今の彼の気持ち(今後どうしていきたいか、どのくらい反省しているかなど)

彼の話が終わるまでは黙って聞きましょう。

話の途中で怒りや悲しみが込み上げてきて彼を責めたくなるかもしれませんが、そこで感情的になるとまともな話し合いができなくなってしまうので注意して下さい。

冷静に話を聞ける様になるまで時間を空けるのもポイントでしょう。

本人が反省&後悔しているなら自分から色々話すと思いますが、こちらから聞かないと話しにくい事もあると思います。

こちらから彼に質問をする場合、「浮気相手はどんな性格の女性なのか?」とか「浮気行為(キスやベッドインの最中)はどの様なシチュエーションで行われたのか?」など、聞かなくて良い事まで洗いざらい聞き出す必要はありません。

そんな事を聞いても自分が余計に傷つくだけなので、必要な事実(「キスをした」「ベッドインまでいった」など)の確認だけ行いましょう。

自分がどうしたいか考える


彼氏の話を聞いたら、今度は自分がどうしたいかを考えてみましょう。

「彼氏との関係を続けるのか?ここでお別れするのか?」

「関係を修復するだけの価値がある相手なのか?」

「ここで浮気を許して関係を続けた場合、自分は本当に幸せになれるのか?」

「ここで別れたら“彼が”かわいそう…」とか「“彼は”すごく反省しているみたいだし…」

といった彼氏への同情などは一旦置き、“自分の素直な気持ち”と向き合いましょう。

彼の気持ちを抜きにして「“自分は”どうしたいのか?」を考えないと、決断を下したとしても心の底からは納得できないと思います。