仕事をしない人って、いかにもやる気がなくダラダラとしていたり、無駄口が多かったり、忙しい振りをしたりと、見ているだけでもこちらがイライラしてしまいますよね。

せっかく自分が仕事にやる気があるのに、仕事をしない人が近くにいるだけで、自分のモチベーションまで下がってしまうこともあるでしょう。

仕事をしない人に振り回されていては、自分の仕事にまで支障が出てしまうかもしれません。

そこで、仕事をしない人の特徴を掴んで、イライラする時の対処法を身に付けておきましょう!

仕事をしない人の15個の特徴

仕事をしない人の多くは、「仕事をしたくない」と考えています。

働かなければお金は稼げないため、もちろん最低限は仕事をしますが、最低限以外の仕事は余分な仕事と考え、できるだけしたくないと思っていることでしょう。

だからこそ、自分がどうにかして仕事をしないために、ダラダラと1つの仕事に時間をかけたり、忙しい振りをしたりして、「自分は手一杯だから、これ以上仕事を与えないでくれアピール」をします。

それでも容赦なく仕事を頼んでくる人がいれば、その人に対して不満を覚え、グチグチと側の人に愚痴を零すことがあるでしょう。

普段はバリバリ働いているのに、悩み事や体調不良が原因で、一時期だけ仕事に身が入らないことは誰にでもあります。

しかし、仕事をしない人や悩み事や体調に関係なく、普段から仕事をしたくないと思っているため、それが日常的に態度や言動に表れています。

周囲の仕事に対するモチベーションを下げてくる、そんな仕事をしない人の特徴を詳しく挙げていきます。

1.責任感がない


仕事をしない人には、基本的に責任感がありません。

仕事に対して責任をできるだけ持ちたくないと考えていますので、大きな仕事や重大な仕事があっても、自分からそれに積極的に取り組もうとはしないでしょう。

それが例え出世のチャンスであっても、「自分が出世するよりも責任を負う方が嫌だ」と考えていますので、目の前でチャンスを見送ることが多いです。

そう考えると、仕事をしない人は元々出世欲や野心がないのかもしれません。

少しも仕事に対する野心がなければ、本当に最低限のことだけしかやろうとはしないため、いつまで経ってもうだつの上がらない立場にいることも多いです。

そして後から入社した後輩がどんどん出世をして、自分よりも上の立場になったとしても、それでも「なにくそ負けてたまるか」と競争心には繋がらないでしょう。

後輩が上司になり、自分に指示を出してきた時には、「なんだアイツは偉そうに・・」とただ苛立ちを覚えるだけでしょう。

2.なんでも人任せ

仕事をしない人は、いつもできるだけ働きたくないと考えています。

どうにかして自分は楽をしようとしますので、面倒な仕事があれば何かと理由をつけて、なんでも人任せにしようとします。

書類のコピーをとるだけの作業でも、「今忙しいから」と適当な理由をつけて他の人に頼むことも多いです。

もし重大な仕事を上司から任されたら、仕事ができる人や、少しでも余裕がありそうな人を捕まえて、「自分だけではできそうにないから手伝って欲しい」と頼み込みます。

責任感の強い人が頼まれれば、それなりに力を入れて手伝ってくれますので、段々と仕事内容をその人に任せていき、終いにはほとんどの作業をその人にやってもらおうとします。

そして上司への提出だけは自分でやりますが、もしも内容に不備があれば、その時には自分のことは棚に上げて、手伝ってくれた人のことを激しく責めるでしょう。

そんな人任せの態度には周りも気づきますので、その内に人任せにしようとしても、冷たく断る人ばかりになるでしょう。

そうなったらなったで、「この会社の連中は冷たいやつばかりだな」「協調性はないのか」などとグチグチと文句ばかりを言って、自分の行動を顧みることはしないでしょう。

普段自分が人任せにしている結果だというのに、それを素直に受け入れられないのも仕事をしない人の特徴です。

3.周りを見ない

仕事をしない人は、普段から周りを見ません。

周りがどんなに忙しくしていても、我関せずで目に入っていませんので、積極的に周りを手伝おうともしなければ、周りの忙しさにはお構いなしで自分の仕事を誰かに押し付けようとします。

しかし、目敏いことに自分に仕事を振ってきそうな気配には敏感ですので、誰かが書類などを持って自分に近づいてきた時には、「あー忙しい」と忙しい振りをして仕事を断ったり、席を立って暫くその場を離れたりします。

そして自分への仕事を避け終えてから再びデスクに戻り、ダラダラと楽な仕事だけをしています。

周りから見れば相当にイライラする行動ですが、何せ当人がまったく周りの様子には気を配らないため、どれだけ周りがギスギスしていても、それで気まずくなるようなこともありません。

「なんか忙しそうだけど、まあ自分には関係ないや」と気楽な態度を貫いているため、周りには余計なストレスを与えてしまっていることでしょう。

4.自分のことしか考えない

仕事をしない人は、自分のことしか考えません。

自分の都合やその時の気分を何よりも最優先させますので、例えば携帯ゲームに夢中になっている時に話しかけられても、「ちょっと今忙しいから!」とろくに相手の話を聞こうともしないでしょう。

また、パソコンでネットサーフィンをしている時に上司に呼びつけられれば、「なんだよ今いいところなのに・・」と内心では不満たらたらでしょう。

そのまま上司から仕事を与えられたら、一刻も早くネサフに戻ろうとする思いから、周りを巻き込んで仕事を手伝わせたり、人のよさそうな相手を見つけて自分の仕事を押し付けたりします。

日頃からそうやって自分のことしか考えていないため、まったく周りとの協調性がとれず、いざ自分が本当に困った時には誰も積極的に助けてはくれなくなるでしょう。

そんな自分勝手な人は、例えば誰かが体調不良で会社を欠勤し、その人の分の仕事が回された時には、「迷惑かけるなよまったく」と一日中不満気にダラダラと仕事をするでしょう。

そのくせ、自分が欠勤した時には、自分の分の仕事を誰かがやっていても、「皆でフォローし合うのが当たり前だろう」とさも当然のように振舞いますので、心底タチが悪いです。

5.忙しい振りをする

仕事をしない人の大半は、「忙しい振り」という必殺技を持っています。

その必殺技を使うことで、面倒な仕事はすべて避けようとするでしょう。

仕事に厳しい会社で、上司がきちんと部下のことを見ているところなら、どんなに忙しい振りをしたところで無意味でしょう。

容赦なく仕事を与えられ、文句を言いながら仕事に追われる羽目になります。

しかし、きちんと社員の1人ひとりに目が行き届いていない会社の場合には、必ず1人はこうした「忙しい振り」をする人がいます。

誰かに仕事を振られそうな気配を察したら、「次はあれやってこれやって、あーもう大変だ!」とわざとらしく慌てたり、忙しい振りをしたりして、「これ以上仕事を振るんじゃないぞ」という無言の圧力を出して相手を牽制します。

しかし仕事が別の人へと振られたのを確認すると、途端にまたゆっくりとした動きに戻り、適当に仕事をしたり、スマホ片手に遊んだりするでしょう。

仕事をしない人は、仕事をしないからこそ基本は暇です。

しかし、当人にとっては仕事をしていない時のスマホやパソコンの暇つぶしでさえも、堂々とした「忙しい」理由になるのです。

そんな忙しい振りは、周囲にはとっくにバレバレでしょう。

しかし無理矢理に仕事を頼めば、その後にはグチグチと不満を零されたり、いつまでも逆恨みをされたり、何かの折に復讐されたりと、余計に面倒臭いことになるのは誰もが分かっていますので、あえて仕事を頼まないでいることも多いです。

6.協力的ではない


仕事をしない人は、いつだって自分のことしか考えていません。

自分がいかに楽をして仕事をせずにお金を稼ぐかということだけに一生懸命になっていて、周りの忙しさや様子などにはまったく関心を払いません。

そのため、皆で一生懸命に仕事をしている時でも、自分だけは無関心を装って非協力的です。

会社の納期が迫っており、全員が残業しなければならない時であっても、「今日は予定があるので」と適当な理由をつけて自分だけは定時で帰ろうとするでしょう。

さらにタチの悪いことに、定時上がりの理由を「両親の介護」や「親族の見舞い」など、周りが責められないような嘘の理由ででっちあげることが多いため、周りは嘘だと分かっていても、当人に文句を言うことができません。

いつも協力的ではないため、周りの同僚や部下たちからは信頼されず、また嫌われてしまっていますが、自分が嫌われていてもお構いなしの態度を貫いていることでしょう。

7.すぐに怒る

仕事をしない人は、いつだって自分のことだけしか考えていません。

そのため視野が狭く、今自分がやっていることだけに集中しているため、周りに対する気配りが一切できず、また他人の気持ちを考えるような余裕もありません。

そのため、例えば誰かが仕事に関する質問をして来ようとした時に、自分がスマホゲームで遊んでいる最中だったら、「今忙しいから!」と相手の話を聞こうとはしないでしょう。

けれどもそれが原因でスマホのゲームがクリアできなかったら、途端に「お前が話しかけてきたから失敗したじゃないか!」と怒りをぶつけてきます。

もちろん怒られた当人はこの上なく理不尽に感じるでしょうし、「そもそも仕事中にゲームで遊ぶな」と言いたいところでしょう。

しかしそんなことにはお構いなしに、自分の都合だけですぐに怒ってきますので、周りも呆れて何も言わなくなってしまうことが多いです。

また、自分が面倒で他人に押し付けていた仕事が上手くいかなかった時にも、自分が相手に仕事を押し付けたことは棚に上げて、「何でもっと上手くやれなかったんだ!」と理不尽な怒りを相手にぶつけます。

これが平社員の立場であれば、あっという間に同僚からは嫌われて相手にされなくなるでしょうが、なまじ課長のように立場があると、周りの部下たちからは嫌われても、平気でやりたい放題を続けることでしょう。

8.裏表が激しい

仕事をしない人は、仕事をしない人なりの処世術というものを持っています。

例えば「仕事が忙しい振り」もその1つですし、他にも「上司にはいい顔をする」というものもあります。

上司が見ている時だけは自分がバリバリと仕事をしているように振舞ったり、上司が気持ち良くなるようなお世辞を言ったりして、上手く上司に取り入ろうとします。

実際には自分にあてがわれた仕事は他人に押し付けたり、面倒な仕事は一切避けたりしているのですが、それを感じさせないように巧みに上司の前では振舞うため、上司からは一定の評価を得ている人もいます。

同僚や部下からはすれば、「上司に取り入ることだけが上手くて、実際には何の能力もないやつ」だと思われていますが、当人はそれでも自分が上司から気に入られさえすればいいと考えているため、周りの視線や不満の声などは一切気にしていないでしょう。

仕事をしない人は、そうした裏表が激しい一面も持っていることが多いです。

9.自分を正当化する

仕事をしない人は、「仕事をしない」という事実を、自分を正当化することで間違っていないと主張します。

例えば周りから見た時には、ただ書類をコピーするだけの忙しくも何でもない仕事でも、当人は「今は書類のコピーで忙しいから」と忙しい振りを、コピーをとる行為によって正当化しようとします。

また、例えそれがスマホのゲームやパソコンのネサフであっても、「何かをしている」という作業として正当化することもあります。

仕事でミスをして上司に叱責を受ける時にも、「仕事が忙しくてつい注意を怠りました」や「体調が悪い中作業をしたので見落としがありました」などと、嘘か本当か分からないような言い訳を並びたてて、自分のミスを正当化しようとするでしょう。

「でも」「だって」「しかし」という言い訳の言葉を積極的に使おうとする人ほど、自分を正当化しようとする癖がついています。

私生活であればまだしも、会社でそうした言い訳の言葉は、上司や周りの人を余計に怒らせてしまうだけですが、それでも本人は正当化のためについ使ってしまうことがあるでしょう。

10.言い訳がましい

自分を正当化しようとする人は、その分自分の意見を主張する時には、何かと言い訳がましくなります。

仕事が忙しい振りをする時にも、自分は仕事が忙しい振りをすることによって、「だから仕事を振らないでくれよ」と言い訳がましく振舞っていることになるでしょう。

また、仕事のミスや遅延を指摘された時にも、「それには事情がありまして・・」と必ず自分を守るための言い訳をするでしょう。

言い訳をせずに堂々と謝罪をして反省を示した方が、会社での自分の印象は良くなります。

しかしそれを頭で分かっているのかいないのか、常に謝罪の前には言い訳をして、少しでも自分の責任を軽くしようとする癖があります。

そんな人ともし一緒に組んで仕事をしたら、怒られた時には言い訳がましい態度で余計に上司を怒らせてしまうだけですので、一緒に組む人からすればこの上なく迷惑な話でしょう。

11.コミュニケーションをとろうとしない

仕事をしない人は、いつも自分のことばかりで、周りにはほとんど関心を払おうとはしません。

そのため必然的に周りの人とコミュニケーションをとろうとせず、また周りもそんな人とはまともに自分からコミュニケーションをとろうとはしないでしょう。

仕事は1人だけでできるものではありません。

自分が使いたい機械を、他の人が同じタイミングで使っていることもありますし、仕事を進める上で、他の人のサインが要ることもあるでしょう。

誰もが周りに気を配りながら自分の仕事をしていますので、ある程度周りとのコミュニケーションがとれなければ、自分の仕事がし辛い環境になってしまうでしょう。

しかし仕事をしない人は、基本的には自分のことばかりで、自分の都合で他の人まで動かそうとします。

そのため周りには迷惑をかけることが多く、自然と周りの人達にも嫌がられてしまうでしょう。

そうなると、本当に仕事で困ってしまった時には、誰も助けてくれなくなってしまいます。

しかし、そうなったらなったで、今度は上司に「周りの協力体制がとれていない」と訴えることもあるため、ますます周りの人達との関係は悪化することでしょう。

12.挨拶ができない

仕事ができない人の多くは、基本的に周りとコミュニケーションがまともにとれていません。

そのため、最も基本である挨拶ですら、自分から周りに対してすることができない人もいます。

周りに挨拶をされても、ぼそっと聞こえない程度の小声で返したり、軽く頷く程度だったりと、まともに挨拶を返そうとしないことが多いため、挨拶ができないことで周りからの印象は悪くなってしまうでしょう。

また、タチの悪いことに自分よりも後輩や部下がいる場合には、自分からは決して挨拶をしないのに、相手からの挨拶がないと「社会人としての基本がなっていない」と文句を言ったり、説教をしたりすることもあり、堂々と自分のことは棚に上げる人もいます。

挨拶はコミュニケーションの基本ですので、それができないことで周りとのコミュニケーションがまともにとれずに、印象が悪くなってしまうことも少なくはないでしょう。

13.集中力がない

仕事をしない人は、他の人よりも集中力が何かと切れやすいです。

ネサフやゲームなど、自分の好きなことであればいつまでも時間をつぶすことはできても、会社の仕事となると、途端に集中力が切れてしまいます。

そしてしょっちゅう席を立っては、営業と称してどこかへ電話をかけたり、休憩をしたりと、落ち着きなくあちこちと動き回っていることもあります。

それを誰かに指摘されれば、さも仕事が忙しいように振舞うこともあるでしょう。

また、デスクに大人しく座っていても、仕事に対する集中力が切れると、ぼーっと考え事をしていたり、手が止まっていたりすることも珍しくはありません。

仕事は1つひとつに集中して取り組めば、定時までにはきちんと終わることも多いでしょう。

しかし、集中力がなく、いちいち仕事が中断してしまう人は、早く帰りたいのに否応なしに残業になってしまうこともあります。

そんな時には周りに助けを求めたり、自分がいかに忙しくて仕事が終わらないかをアピールして、自分が困った時だけ周りに協調性を求めたりするでしょう。

14.パソコンばかり見ている

仕事をしない人は、一見仕事をしているように見えて、実際にはパソコンばかり見ていることも少なくはありません。

パソコンに向かっている姿は、一見すれば誰でも真面目に仕事をしているように思えるでしょう。

しかし、じっとパソコンの画面を見つめたまま動かなかったり、時折マウスを動かしたりする程度の場合には、単にネサフをしていることもあります。

その一方で、激しくタイピングをしていれば仕事をしているように思えますが、案外チャットや掲示板に書き込んでいるだけの場合もあるでしょう。

パソコンばかり見ているからといって、仕事をしているというわけではありません。

もしこそこそと仕事をサボっているのなら、近づけば急いで画面を消したり、画面を他の人から隠すような仕草をしたりするでしょう。

堂々と仕事をサボってパソコンで遊んでいる人は、上司が近くに来ない限りは、周りにサボっているのがバレたところでどうとも思わないふてぶてしさがあるのでしょう。

15.自分の領域を作る

仕事をしない人は、その人なりに自分の領域を作ります。

すなわち、自分が仕事をしないと決めた領域には、他の人や他の仕事を一切持ち込ませないようにするのです。

もし仕事を持った人が自分の領域に入ろうとすれば、何かと理由をつけてその人を自分の領域から追い出そうとするでしょう。

また、上司から仕事を与えられたら、それを直ぐにでも自分の領域から追い出そうとして、他の人に仕事を押し付けたり、どうにか責任逃れをしようとしたりするでしょう。

そうして会社での自分の領域を確保することに必死になりますので、根本的な「仕事をする」という行為に対しては、気が入らないことが多いです。

仕事をしない人に対してイライラしたときの対処方

仕事をしない人を見ていると、とにかくイライラしてしまいますよね。

自分が一生懸命に仕事をしているのに、遊んだりだらけたりしている人と同じ給料なのは納得がいきませんし、上司におべっかを使うのが上手くて気に入られていれば、ますます癇に障ってしまうでしょう。

しかし、仕事をしない人にストレスを感じていると、自分の仕事にまで支障が出てしまうことがあります。

他人のことで自分の仕事にまで影響が出てしまうのはそれこそ納得いきませんし、そんな相手にストレスを溜めるのも時間の無駄です。

そのため、できるだけ仕事をしない人に自分の神経を使わないようにした方がいいでしょう。

仕事をしない人に対してイライラしてしまった時の有効な対処法をご紹介します。

1.直接仕事をするように伝える

仕事をしない人が身近にいると、どうしてもその存在が気になってしまいます。

そんな時には、直接相手に仕事をするように伝える方法があります。

直接相手に伝えることで、多少は「言ってやった」と気持ちがスッキリできますし、それでも改善されなければ、「注意をしても聞かない」という理由ができますので、それで上司へと報告することもできます。

本人に直接言わずに上司に報告をするのは、告げ口のようで気が引けますし、上司からも「自分で伝えろ」と言われてしまうかもしれません。

しかし、言っても聞かないのであれば、堂々と上司に報告することができるでしょう。

きつい言い方にならないように

直接本人に伝える時には、あまりきつい言い方にならないように気をつけましょう。

どうしても個人的な感情が入ってしまって、「皆ちゃんと仕事をしているんだからお前も働け」ときつい言い方をしてしまうと、相手は喧嘩腰で受け取り、まともに話を聞くことはしないでしょう。

仕事をしない相手に下手に出るのは非常に不愉快ですが、あえて「手伝ってもらいたい」とお願いをして渋々でも働かせて、終わったらきちんとお礼を言って相手を持ち上げれば、ひょっとしたら次からはもう少し積極的に働いてくれるようになるかもしれません。

自分が扱いにくい嫌な相手に対してほど、こちらが大人になって接することで、案外問題が解決する場合もあります。

2.上の人から伝えてもらう

上司から「仕事をしろ」と言われれば、どんな人でも渋々仕事をするようになるでしょう。

それが例え、上司がいる間だけであっても、少しでも仕事に身が入るのなら、その間はこちらもストレスを感じなくて済みます。

できればまずは直接本人に伝えた後で、それでも改善されなければ上司に報告しましょう。

他の人達も同じ意見であれば、全員で上司に訴えた方が、「皆の意見」だと受け止めて、上司も重い腰を上げてくれやすくなります。

例えそれで仕事をしない人から逆恨みをされたとしても、どちらが正しくてどちらが悪いのかは一目瞭然ですので、気にする必要はありません。

3.真横で仕事をする

仕事をしない人に仕事をさせたい時には、あえてその人の真横で仕事をするという方法もあります。

真面目に淡々と仕事をしている人が真横にいると、何となく自分がサボりづらくなって、渋々仕事をするという人もいます。

また、こちらが「仕事をしろ」と言わなくても、無言で淡々と仕事を続けることで、暗黙の圧迫感を相手に与えることもできるでしょう。

それで渋々ながらも仕事を始めれば、相手から分からないことを質問された時には丁寧に答えてあげることで、相手も仕事をやりやすくなるでしょう。

とはいえ、あまり丁寧に接し過ぎると今度は調子に乗り始めますので、必要なところだけはきちんと教えて、後はすべて自分で仕事をさせるようにしましょう。

4.進んで仕事を頼みに行く

仕事をしない人は、自分なりに領域を持っています。

また、自分に仕事を振られそうになると、忙しい振りをしたり席を立ったりして、どうにか自分が仕事をしないようにと動きますが、あえてそれらを全てスルーして、進んで相手に仕事を頼みに行きましょう。

当然相手は「今忙しい」と忙しい振りをしますが、予め相手の仕事内容を把握しておけば、「今やっているそれが終われば手が空くはずだから、そうしたらこれもお願いするよ。」と言って相手が断る前に仕事を渡してしまいましょう。

相手は少なからず文句を言うでしょうが、他の人達はその人以上に仕事をしていますので、「お前が一番仕事をしていないから頼むんだ」ということを丁寧に言葉で説明して、分からせた上で仕事を頼むという手もあります。

どのみち相手はぐうの音も出なくなり、愚痴を零しながらも仕事をすることになるでしょう。

また、周りの人達は仕事をしない人よりは、自分の方に味方をしてくれるはずですので、堂々と振舞えば周りは笑いこそすれ、非難をすることはないでしょう。

5.なんでも言い合える仲になってみる

仕事をしない人が、仕事抜きでなら親しくなれるようなとっつきやすいタイプであれば、まずは仲良くなって相手の懐へと入っておき、ある程度なんでも言い合える仲になったところで、ズバズバと相手に「仕事をしろ」と不満をぶつけてみるという方法もあります。

仲良くあった後でなら、相手もこちらの話を聞こうとしますし、多少きつい言われ方をされても、それで喧嘩腰になることはないでしょう。

仲良くなったら仕事をしていないところを見つけた時には、わざと茶化しながら「おいおいまたサボってるのか?ならこの仕事も頼むよ」と仕事を頼んだり、上司に聞こえるか聞こえないかの声量でサボっていることを言ったりすれば、相手は慌てて仕事をしようとするでしょう。

仕事しない人は周りからの評価も低い

仕事をしない人は、周りからの評価も低いです。

自分がいちいち仕事をしない人のことを言い触らすまでもなく、周りもそれを分かっているため、仕事をしない人に対しては誰もが不満を抱えています。

とはいえ、陰でその人のことを愚痴り合っていても、結局は何の解決にもならないでしょう。

いつまでも仕事をしない人を見て自分もイライラしているよりは、直接本人に言うなり、皆で上司に訴えるなり、相手と仲良くなって強引に仕事を振るなりして、自分たちで相手が嫌でも仕事をするような雰囲気づくりをした方が周りのためにもなるでしょう。

仕事をしない人とは極力関わりたくないというのなら、いちいち視界に入れるのは止めて、完全に相手の存在を自分からシャットアウトしましょう。

自分以外のことで自分の仕事に影響が出ないように、釘をさすなりスルーするなりして、自分が仕事をしやすい環境を整えましょう。