あなたは自分の容姿をどのように思っていますか?

「結構イケてる!」「まあ、普通かな」「うーん、全然自信ない・・・」等など、人それぞれ自分の容姿に対して思うことが色々ありますよね。

中には、目の前の鏡を見つめて「もっと美人に生まれてきたら、人生、本当楽しいだろうな・・・」なんてマイナス思考になる方や、夢の中で美しくなった自分を想像して眠る、なんて方もいるでしょう。

その悩みや辛さ、苦しみは本人にしか分かりません。

しかしながらそんなマイナス思考ではコンプレックスに拍車をかけるだけで余計ブスになるだけなのです。

自分の容姿は生まれもったものであり、生きている以上認めざるをおえません。

むしろ一旦認めてしまいましょう♪

実際のところ、ブスは美人と比べると圧倒的に不利な状況におち入ります。

仕事から始まり、恋愛、友人関係、満員電車でさえ美人は得をし、あらゆるところでブスは泣きをみるのです。

悲しいですがこれが現実なのです。

このまま美人は天国、ブスは地獄のような人生を歩むしかないのか!?と、崖っぷちにたたされたような思いの方もいますよね。

今回はそんな方々にむけて、ブスだけど美人になる方法と、美人になる為に意識することをまとめてみました!

(ここでは分かりやすいようにブスを連呼いたします。どうかご了承くださいませ)

▼【関連記事】美人に近づくためには?こちらを先にチェック!
ブス顔の6個の特徴と美人に近づくための4つのステップ →

美人ばっかり得してブスは辛い?どうやったら勝てる?美人に勝つ方法5選!

美人は「美人」というだけでとても優待されます。

カフェに行けば優しく笑顔で接してくれてサービスまでしてくれたり、仕事では「ゆっくりでいいよ〜!」また「ご苦労様〜!」など気遣いや労いの言葉をかけてくれたり、満員電車では席を譲ってくれたり・・・何てこともよくあります。

一方でブスに対する世間の風当たりは非常に冷たいです。

まず目を見ないで受け答えする人が多く、最悪シカトされることもしばしば・・・仕事の丸投げは当たり前、とにかく扱いが雑なのです。

この現実にショックを受ける方、「やばい、私も当てはまるかも・・・」と思われた方も中にはいるはずです。

そう、この世は全て弱肉強食、とても残酷な世界なのです。

しかし、ご安心ください。

どんな困難な状況でもチャンスはあります。

これからブスでも美人に勝つ方法をご紹介いたします。

ブスと思っている貴方、是非実践してみて下さい!

もしかしたら美人よりモテる日がくるかも!?

1.美人が遊んでる間に頑張る


美人に勝つ為に大前提なのが、頑張ることです。

では何を頑張ったらいいのかお教えしましょう。

それは美人が遊んでいる間に自分のいいところ、自分の得意なこと、自分の強みをみつけ、それをのばすために挫けず、頑張り続けるということです。

この努力が美人に勝つ為の第一歩になるわけです。

例えば、悲しいことにブスは中身よりも見た目で判断されてしまうことがほとんどです。

しかし見た目は自分を表現する「デザイン」にしか過ぎません。

実際に長く付き合い続ける為に重要なのは、中身の「スペック」が高性能であることで、それを知り勝ち抜いてきたブス達がモテ男の隣に居るというわけです。

つまり自分のキャパシティを広げることが「ブスが美人に勝つ」現実的な方法といえるでしょう。

勉強する

美人に勝つ為にはまず勉強しましょう。

一口に勉強と言ってもいろいろありますが、まずは自分の身だしなみに関して勉強しましょう。

身だしなみは男性から女性として認められる為に最低限必要なことです。

化粧、髪型、服装等など・・・大金をかける必要はありません。

今はプチプラで高見えする物も多くそろっています。

「美容室にお金かけられない!」なんて方もいるでしょう。

そんな方はカットモデルがおすすめです。

カットモデルは新人の美容師さんによる施術ですが、技術はある程度勉強しているし、何と言っても料金がとても安いことが魅力ですね。

勘違いしてはいけないのが、何でもかんでも流行を取り入れてはいけないということです。

流行を取り入れることは間違いではありませんが、ブスさを強調してしまう物は本末転倒です。

あくまで自分にあったものを取り入れましょう。

要は、ダサくなく、清潔感があればいいのです。

いい職業につく

美人に勝つ為には「いい職に」つくのもポイントですね。

そこで自分の価値が上がります。

美人が皆いい職についているかというと、そんなことは全くありません。

むしろ一握りでしょう。

男性の中には「ブスでもいい職についていると、美人より魅力的に見えることがあることもある」なんて話しも耳にします。

このようにブスでも自分の能力が生かせる有名な企業に就職できれば、美人を超える自分の魅力になるのです。

そうは言っても「ブスだといい職にもつけないのでは・・・?」と思う方もいますよね。

勝負は面接です。

面接官に対し、いかにいい印象を与えることができるかが重要になってくると言えます。

中にはブスでも有名企業で働いている人もいるので、100%不合格!ということはないでしょう。

有名企業で働いているブス達は、働きたいという想いと、自分の魅力が伝わったのでしょうね。

自分の価値を上げるため、是非いい職に挑戦してみてください。

有名になる

有名になることで美人に勝つこともできます。

「有名になる」とは一体どういうことでしょうか。

簡単に言えば、人気者になるということです。

いつでもニコニコ笑顔でいて、誰とでも仲良くなると、男性に限らず同性からも好かれます。

また笑顔にプラスして明るく前向きでいるようにすると、一緒にいて楽しく元気をもらえるように感じるそうなので、おすすめです。

ブスであるが故に、人前にでて有名になるということはとても勇気のいることでしょう。

そんな時は、お笑いの女性芸人さんを参考にしてみて下さい。

いじられた時のかわし方や、自分のアピールの仕方等、きっと参考になるヒントが見つかるはずです。

高値の花的かっこいい男をおとす

美人にとって一番悔しいことは、ブスが「高嶺の花的かっこいい男性」をおとした時です。

これぞまさに美女と野獣!?これは美人にとってはとても衝撃的で、多大なるダメージを与えることがきでます。

ブスに対して常に優越感に浸っている彼女達ですが、ハイスペックな男性をおとすことは簡単なことではありません。

そんな現状で意識もしていなかったブスにあっさり横取りされたということは予期せぬ出来事であり、まさに晴天の霹靂なのです。

これはブスにとって「美人に勝った!」という証になりますよね。

ハイスペックな男性を捕まえて、美人を出し抜いてしまいましょう。

2.美人な人を含め仲のいい同性の友達をとにかく作る


ブスは自分よりも劣るブスを探して仲間にするのが得意です。

まさに「類は友を呼ぶ」の法則です。

その心理は、相対的にみて自分がよく見えるという思い込みからきているのでしょう。

しかしそれは残念ながら大きな間違いです。

男性に限らず、端から見ればただのブス軍団に見えてしまいます。

自分より劣るブスな友達と一緒に居ることで、女としての努力をしなくなってしまうのです。

これは美人に勝つどころか、真逆の行為ですよね。

現実逃避をしてブスであることを忘れるのはもう終わりにしましょう。

美人まではいかないまでも、自分よりワンランク上の女性と交流をもち、女性であることを意識しながら、少しでも美人に近づけるように努力することが大切なのです。

周りから固めて行き、美人と接していると自然と美人がしているしぐさや考え方が身に付いていきますよ。

自分の周りは笑顔に溢れてるようにすること

女性にとって何と言っても愛想は大切です。

愛想が良く情深ければ少なくともモテるポイントとなるでしょう。

ニコニコと笑顔でいることは自分のテンションをあげることにもつながりますし、周りも幸せな気持ちにさせてくれます。

また笑顔は日頃のストレスを解消してくれるという効果があります。

ストレスはブスにとって天敵です。

ストレスにより口角の下がった表情は、余計ブスに見せてしまいます。

それを解消すべく、自分の周りを笑顔であふれさせることはとても重要なことなのです。

男性側からみても、愛想が良く心が優しい女性であれば、ブスであっても印象が良く好感を持ってもらえますよ。

マイナスな言葉を発しない

「どうせ私なんて何をしたって無駄」「私はあの子みたいない綺麗じゃないから」なんて、下を向いてネガティブになっているおブスさん。

ブスはマイナス発言がとにかく多いですよね。

マイナス発言をして問題回避しているのでしょう。

しかし、マイナス発言は自分をダメにします。

思考、行動力を低下させ、あげくの果てには人と関わることさえしなくなります。

マイナス発言はブスにとって避けなければいけません。

そうは言っても直にポジティブになるのは難しいですよね。

とりあえず、まずは自分を認めてあげることから始めましょう。

自分の存在を認めることで自分自身に「価値がある」ことを知り、気持ちも楽になります。

そして少しずつ新たな道が開けるのです。

相手の気持ちになって発言する

相手の気持ちになって発言することは美人やブス関係なく、人として当たり前のことです。

自己中心的に相手の気持ちを考えないで自分の意見を発言する人、よくいますよね。

その人の話しを聞いているだけで気分が悪くなります。

誰しも自分の話を聞いてもらいたい、認めてもらいたい、という欲求が少なからずあります。

しかしながら、そんなワガママが通じるのは子供まででしょうね。

大人になるとそんなワガママも通用しません。

残念ながらそんな発言ばかりしていると、周りは離れて行くでしょう。

相手の気持ちになって発言することは決して難しいことではありません。

少しの気遣いでできてしまうのです。

ある意味、人の気持ちを察するということは本当の意味での美人と言えるでしょう。

3.ブスを恥じない

ブスによくある行動はブスであることを恥じて、ブスである自分を隠したがることです。

ブスを隠すとはどういう行為かと言いますと、ゴスロリやアニメ系等、個性的なファッションに身を包み、別の人格になろうとすることです。

どんなに完成度の高い衣装を身に着けても、そのキャラクターになることは不可能です。

そんなことをしてもブスを隠すどころか、ブスが目立つだけなので今すぐ止めましょう。

ブスに生まれたからにはブスを恥じてはいけません。

恥じるということは自分の存在を否定するということです。

「ブスのどこがいけないの?!」と言わんばかりにブスである自分の存在を認めてあげましょう。

お笑いを学ぶ

テレビのバラエティ番組を見ているととても勉強になりますよ。

女性のお笑い芸人さんは「私ブスやねん〜」とか「ブスですけど何か!?」と自虐ネタで笑いを取って自分を全力でアピールしています。

その時の空気の作り方や間の取り方をまねしてみるといいでしょう。

その場に美人の女優さんたちがいたとしても、そのオーラに飲み込まれず、記憶に残るくらい自分の存在感をアピールするようなコミュニケーションの取り方をされています。

つまり、ブスでも話術を磨くことで美人と戦えるということです。

笑いを是非学んでみることをおすすめします♪

いじられることをおいしいと思う

いじられることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

確かにいじられた本人はいい気分ではありません。

しかし、いじられるということは相手と近づけるチャンスなのです。

例えば芸人さんは、いじられなければ自分の存在をアピールすることができないので、いても全然目立ちません。

むしろ「え・・・いたの?」と言うくらい存在がかき消されてしまうのです。

だからこそ、そのくらいシビアな芸人さんはいじられることをおいしいと思うのです。

つまり、ブスは自分をアピールするすべとして、いじられることを強みにしましょう。

いじられキャラを確率させ、話しかけやすい癒し系の存在を目指すことで、一気にモテキャラに近づけるかも!?

遊んでないことを武器にする

とにかく美人と差を付ける為に、自分が男性と遊んでいない「クリーン」な状態であることを武器にしましょう。

誰でも男性に対して免疫の無い女性は可愛く見えるものです。

また男性側の意見として、美人は遊んでいるイメージが大なり小なりあるようです。

その心理を上手く利用するといいでしょう。

ブスのまま強く生きていることを武器にする

「ブスでも強く生きている」ということは誇りに思うべきです。

ブスが美人になることは整形する意外あり得ません。

しかし少しでも近づくことはできます。

冒頭でブスは圧倒的に不利だとかきました。

それは自分を甘やかし、何の努力もせず、妄想や現実逃避に明け暮れているブスに限ってのことです。

ほんの少し女性らしさを意識し、女を磨く努力をするだけで自分を変えることができるのです。

ブスでも現実逃避せず前向きに生きていると言うことをアピールしてみてください。

きっといい印象を与えることができるはずです。

4.男性が好きなもののオタクになる

ほとんどの男性は何かしらのマニアであることは間違いありません。

それはアイドル、アニメ、音楽、海、山、食・・・等、マニアックなジャンルにまで精通していたりします。

そして大抵の男性は女性にこの話しをしても理解してもらえないと考えます。

それでも男性はマニア同士の話しがとても好きな生き物なのです。

そこを上手く突くつき、何かのジャンルに特化していることが分かれば「コイツ、わかってるな!!」と一気に距離を縮めることができます。

もし気になる相手がいるのであれば、相手の趣味の話しを真剣に聞き、自分もその深みを理解するといいでしょう。

そうすれば相手は自分をマニアック仲間と認め、後々には恋心が芽生える可能性もあるのです。

美人がせっせと外見を磨いている時間を、別角度から努力してみるということが大切なのです。

男性と趣味の話題で仲良くなり味方につける

マニアックとまではいかなくても、趣味の話しで仲良くなれれば、男性側からデートに誘ってくることもあります。

美人はマニアックな話しは得意でないので意外にも美人との話しはつまらないと感じている男性も多いようです。

そんな中、趣味が合うということはなかなかの高得点といっていいでしょう。

ブスであっても、趣味の話しで盛り上がれる女性の印象はとてもいいはずです。

5.絶対に幸せな人生を送ることを目標とする

ブスだからこそ絶対に幸せな人生を送ることを目標としましょう。

なぜ目標としないといけないのか、それは暗い今の人生から脱出する為です。

ブスと言うだけで生きる意味を失ってはいけません。

もっと辛い人生を送っている人はたくさんいます。

ブスであってもちゃんと幸せになれる、と言うことを示す為、志を高く持つことがとても大切なのです。

幸せな人生をつかみ、美人を鼻で笑ってやりましょう!

私とあの人の違いって何?ブスだけどモテる女子の2個の特徴って?

世の中のブスは二分されます。

モテるブスとモテないブス・・・。

「え、そんなブスいるの!?」と驚かれる方もいるでしょう。

そう、何故かブスなのにとてつもなくモテるブスがいるのです。

とても不思議ですよね。

考えてみれば些細なことかもしれません。

例えば、外見に気を使う、眼鏡でイメチェンしてみる、清潔感を出してみる・・・。

どれもごく当たり前のことですが、それを取り入れるセンスに長けているため、見た目が劣っていてもモテるのでしょう。

ここでは彼女達がなぜモテるのか、皆さんにお教えしましょう!

1.外見に魅力がある

人は見た目の印象が9割と言いますが、確かに第一印象を決める上でとても大事なことですよね。

ブスでも男性にモテるブスは外見にとても気を使い、大事な第一印象をクリアしているのです。

例えば、就職活動の際に行われる面接において、選考基準の一つに「見た目」も含まれております。

これは「見た目にその人柄が現れる」と言う理由からきているようです。

つまり容姿は見せ方次第でブスはモテることが可能と言うことになるのです。

「なんだか納得がいかないわ・・・」なんて思う方もいるでしょう。

今からモテる理由を解説していきます。

メガネが似合う

ブスを隠すアイテムとして「メガネ」をおすすめします。

「メガネをかけると地味でダサく見えるのでは・・・?」と疑問に思う方もいるでしょう。

しかしそれは時代遅れです。

最近ではおしゃれメガネも増えており、知的や清楚に見えると言う意見も多々あります。

メガネはメガネの形で相手に与える印象をかえることができます。

また肌の色、顔の輪郭、髪の色、そしてメガネのフレーム・・・選び方さえ間違わなければブスにとって最強の武器と言えるでしょう。

メガネを生かしたメイクとコーディネートをプラスすればブスでもキレイに可愛いくなることが可能なのです。

話しかけやすい見た目

ブスでもモテる特徴の一つとして話しやすい見た目にあります。

話しやすい見た目とはつまり愛嬌があるということです。

「女は愛嬌」と言う言葉、良く耳にしますよね。

ブスでも男性にモテる理由は、いつでも明るくニコニコしているからです。

考えてみれば、いつも仏頂面で無愛想な美人よりも、いつも笑顔で朗らかなブスの方が魅力を感じますよね。

魅力的なファニーフェイスでいることは、男性に話しかけてもらうために、必要なことなのです。

清潔感がある

清潔感のあるブスは最強です。

なぜなら不潔な美人より、清潔なブスが好まれるからです。

世の中の男性は、「女は清潔感があって当たり前」と思っている男性が多くいます。

残酷なことに不潔感が漂った時点で女子ではなくなると言う意見もあるくらいです。

清潔感は基本的なことですが、モテる為にとても重要なことでもあります。

モテるブスはファッションだけでなく自分の細かい部分まで整えることで清潔感をだしているのです。

それは見落としがちな髪の毛だったり、爪であったり、細部にわたります。

しかし、可愛くなるためといって過剰なメイクやネイルはNGです。

男性は女性の細かい部分を良く見ていますので、はき違えないように気をつけましょう。

【清潔感があると言われる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

自分に合ったおしゃれがわかっている

モテるブスは自分にあったおしゃれがわかっています。

「私、どうせブスだからおしゃれしてもムダ〜」なんて1ミリも思いません。

卑屈になって地味でダサい服ばかり着てみたり、お肌や髪のお手入れを手抜きしていては、一生ブスのままです。

モテるブスはキレイになる努力を怠らず、自分を可愛く見せるメイクの仕方やファッションをとことん研究するのです。

さらにおしゃれするのが好きなのでセンスも良くなります。

まさに一石二鳥ですよね。

このようにまずは卑屈にならず、おしゃれを楽しむことから始めてみましょう♪

2.とにかく癒される

「ブスなのに何故か癒される」そんなブスが世の中にはいるのです。

男性の中には「俺の疲れを癒してくれる」といってそんな女性とお付き合いされている方もいます。

では、なぜ癒されるのでしょうか。

大きな特徴として、彼女達は黙って話しを良く聞いてくれるのです。

そこから相手は「この人なら何でも話せる!」と心を開き、どんどんその魅力にはまっていくのです。

それは、母親のように何でも受け止めてくれるような包容力を思わせるのでしょう。

このように世の中には癒され不足の男性が増えているので、外見に自信が無くても、諦める必要はありません。

男性を癒すテクニックを身につけることでモテる可能性が高まるのです。

親切が理由の自然なボディタッチ

モテるブスは親切心が理由の自然なボディータッチがとても上手です。

ここでポイントなのが分かりやすいボディータッチでは無く、自然とくっついてしまったというナチュラルなボディータッチです。

親切心で触れただけなのに男性は何故か反応してしまいます。

こうして見ると男性は、結局のところスキンシップに弱い生き物なのでしょう。

タッチしてきた相手が好きでも何でもない女性であっても少なからず気になってしまうのです。

ブスだけどモテる女子はそこを上手く突いているのでしょうね。

人の話をよく聞く

モテるブスは聞き上手です。

相手の話しを必死になって聞こうとするところが男性の受けも良くモテるポイントなのでしょう。

結局のところ、男性は自分の考えている哲学や、夢、趣味、武勇伝、愚痴等、いろいろ聞いてもらいたいものなのです。

例えば、キャバ嬢を想像してみて下さい。

彼女達がモテるのはお客さんの話しを聞くのが上手く、その場を盛り上げ、いい気分にさせてくれるからです。

つまり男性はたとえブスであっても、自分の話しをしっかり聞いてくれる「聞き上手」な女性を好むといえるでしょう。

相槌がうまい

男性が話すとき、モテるブスは「うん、うん」と相槌をうちながら聞きます。

相槌は話をしている相手に対し、「ちゃんと聞いてますよー!」という合図になるので、話している方もテンポ良く話すことができ、感情の入り方が変わってくるのです。

また、相槌のバリエーションも多いことも聞いているアピールにつながります。

つまり相槌は非常に重要な役割を果たしているのです。

ここでの注意点は、相手の話しをさえぎってはいけないことです。

タイミングの悪い相槌で、話しの腰を折ってしまわないように気をつけましょう。

【あいづち上手になるには、こちらの記事もチェック!】

悪口を言わない

モテるブスは悪口を言いません。

誰しも「悪口を言う人は裏表がありそうだから近づきたくないな・・・」と思いますよね。

自分から悪口を言わなくても、言われるとつい同調せざるおえない状況に陥る、なんてこともあるでしょう。

モテるブスでもそんな状況になることもありますが、そんな時は同調せずにポジティブに返したり、うまくかわします。

こちらについてはモテるブスを見習って重い空気を浄化できるような女性になりたいものですね。

ネガティブをポジティブに言い換えられる

同じような話の内容でも、ネガティブな発言よりポジティブな発言の方が聞いていてとても気持ちがいいですよね。

モテるブスはそれを上手く言い換えることができます。

ポジティブに言い換えられるブスは、いつでも前向きで周りを元気にします。

好かれる為に相手の気持ちを考えるので、同性からも好かれるし、男性からも魅力的に見えるのでしょう。

何かというと気を遣わない程度のものをくれる

気を使わない程度の物をくれると、もらった方は意外とうれしいですよね。

モテるブスはその心理を良く理解しています。

あめ玉一つにしても、「ありがとう」というようなコミュニケーションのきっかけになるし、そこから関係が深まるかもしれません。

女性としては気になる男性がいれば、ほんの小さな会話でもつながりがほしくなるもですよね。

「ちりも積もれば山となる」と言いますが、その小さな気遣いがブスでもモテるポイントなのでしょう。

いつでも連絡がつく、連絡が取れない時はあとで謝る

モテるブスはレスポンスがとても早いです。

男性は意外と寂しがりやな性格で、基本的には気になる子に連絡を入れることが多いようです。

こんな時に、レスポンスが早い子はモテるでしょう。

また連絡が取れなかった時の対応も大事です。

モテるブスはしっかり謝ります。

きちんと謝ることは信頼にもつながるので、何か困ったこと、気になったこと、うれしかったこと等があった時は真っ先に連絡してきてくれるようになるのです。

誰しもかわいい子や美人が好きなのは当然でしょう。

しかし、いざという時、しっかりと連絡がとれる子には心が動くものなのです。

他人を褒めれる

モテるブスはとにかく他人を褒めます。

ここで「褒めることなんて簡単!」なんて思う方もいるでしょう。

それは大きな違いです。

彼女達は、ただ褒めると言うより、褒める人の個性や人間性をふまえて「どこが、どんな風に良いのか」を詳しく褒めるのです。

このようにモテるブスは上手な褒め方を知っているので、会話の中に快適なリズムが生まれ、そのリズムは男性に限らず人間関係を滑らかにしてくれるのです。

つまり、他人を褒めると言うことは良好な関係を築ける原動力につながっているということです。

相手の話のスピードやテンポに合わせることができる

会話で重要になるのが相手と話す時のスピードやテンポなのです。

例えば男性と話していて会話が盛り上がらないというのは、会話の内容ばかり気にしているからです。

モテるブスは男性との会話中にスピードやテンポを意識しているのでとても会話が上手です。

そうやって男性に好印象を与えて関係を深めて行くのです。

また、モテるブスは聞き上手でもあるのでテンポを自在に操りコミュニケーションをとっているようです。

この会話のスピードやテンポは意識的に使うよう練習を繰り返すことで身に付くので是非実践してみてください。

実はモテるモテないは顔の問題ではなかった!

今回はブスたけど美人に勝つ方法と意識することについていろいろご紹介してきましたが、如何だったでしょうか。

自分の行動に「ドキッ」とした人はいましたか?

または、今まで辛い現実だったけど、少しでも希望を持てたという人はいるでしょうか?
美人に対し、美しい容姿で生まれてきたことを羨む気持ちはとてもよくわかります。

誰しも見た目が良いにこしたことはないでしょう。

しかし世の中には実際に決して美人でないのにモテる女子達も存在しています。

つまりモテるモテないは顔ではないということです。

ブスが美人に勝ための方法としていろいろ紹介してきました。

何もしないままでは勝つことはおろか、モテることも絶対に無理でしょう。

結局ブスがモテない理由も顔でないのなら話しは簡単ですよね。

要は本人の努力次第ということです。

それでも未だに「ブスだから・・・」と容姿で悩んでいるあなたは、いつまでたってもブスでモテないままでしょう。

ブスはモテない理由になりません。

今から「ブスでもモテる女子の特徴」を参考にして、自分を磨いてみて下さい。

そして非モテからモテる女性に生まれかわりましょう!

容姿に悩んでいる全ての女子が幸せになることを心から願っています♪