男性を魅了する妖艶な女性…。

女性なら、妖艶さのひとつも身につけておきたいものですよね。

雰囲気や仕草で男性を虜にしてしまうなんて、女性としてこれほど栄誉なことはないかもしれません。

しかし妖艶さとは、女性なら誰もが持っている…というものではありません。

演じて妖艶さを出せるものではなく、簡単に身に付くものでもありません。

でも、女性なら妖艶さを放つことができるポテンシャルを秘めています。

そこで今回は、妖艶さを身につけるべく、妖艶な女性を徹底的に分析します!

まずは妖艶とはどういうことで、どんな女性なのかを分析し、次に具体的な特徴をご紹介していきます。

妖艶という言葉のもつ意味。

妖艶さのある女性。

そんな女性たちがなぜ妖艶に見えるのか…。

この記事を読めば、妖艶な女性の全てが分かります。

妖艶さを身につけたい女子の皆さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

妖艶な女性を分析してみよう!

妖艶って、何だか魅惑的な響きの言葉ですよね。

女性を言い表すのに使われる“妖艶”ですが…それってどんな人のこと?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

知っているようで知らない妖艶とは。

そして“妖艶な女性”とは?

ここではまず、妖艶という言葉の意味、さらに妖艶とはどんな女性のことを指すのかを解説していきます!

妖艶とは?

妖艶とは、女性の容姿を指す言葉です。

色っぽい女性や艶っぽい女性などに対し、主に褒め言葉としての意味で使われます。

とはいえ、“妖艶”と言われる場合は、ただ単に色っぽい・艶っぽいというだけではありません。

特別な意味を含んでいるからこそ“妖艶な女性”と表現されるのです。

まずは妖艶な女性について、言葉の意味から、その女性像に迫ってみましょう。

意味

妖艶の意味とは、“あやしくなまめかしい美しさ”のことです。

女性の容姿が、男性を惑わす様なあでやかさやあやしさ、なまめかしさを持っているということで、ただ美しいだけではない不思議な魅力をもった女性に使われます。

こうした女性を表現するのに妖艶が使われるのは、その漢字の意味を知ると分かります。

まず、妖艶の『妖』。

これは『妖(あや)しい』の意味で、不審者などに使われる『怪しい』とは違い、主に女性の不思議な魅力を指しています。

不思議な魅力とは、たとえば“神秘的な美しさ”など、普通とは違う様だけど、それが魅力的に映る場合です。

そして妖艶の『艶』は、『艶(あで)やか』の意味です。

艶やかは“つややか”とも読みますが、妖艶の場合は主に“あでやか”の意味が強いと考えられます。

あでやかは、英語で言うとチャーミング。

日本語の意味では“華やかで美しい容姿”や“なまめかしい様子”という意味で使われます。

因みに『なまめかしい』とは、男性の心をそそるような色っぽさや魅力的な美しさがあることです。

日本では湯上りの女性の姿などを、なまめかしいと表現したりしますよね。

これらの意味を総合すると、なんとなく妖艶な女性像が頭の中に浮かんできたのではないでしょうか。

あでやかというのも着物姿の美女などに使われる言葉ですし、妖しさを持つ女性というのも日本女性が持つ独特の魅力です。

つまり妖艶とは、日本女性ならではの控えめさの中に魅惑的な色気が漂う、不思議な魅力を持つ女性と言うことができます。

芸能人で言うと、壇蜜さんや高岡早紀さん、吉瀬美智子さんなど、大人女性で落ち着いていて、かつ色っぽさのある人が妖艶な女性と言える人です。

類義語

妖艶の類語や関連語を見ていくと、さらに妖艶な女性像がハッキリ浮かび上がってきます。

男性を惑わすという意味では、セクシーやエロティックなども妖艶の類義語です。

魔性の女なども、妖艶な女性を表すのに近い表現ですね。

その他にも、豊麗・優艶・妖美などが、妖艶の類語となっています。

セクシーは“性的な魅力があるさま”を指す言葉だし、エロティックは“性的な欲望をそそるさま”を表す言葉です。

豊麗は“豊かな美しさ”を指し、優艶は“上品で美しいこと”。

妖美は“人の心を迷わすあやしい美しさ”…と、どの類義語の字面を見ても、意味を見ても、妖しげでドキッとするような言葉ばかりですよね!文字から想像しても、妖艶がいかに魅惑的な女性を指す言葉かが分かると思います。

そんな妖艶な女性ですから、ハマったら抜け出せないような不思議な魅力を備えていることは言うまでもありません!

その不思議な魅力にハマったら抜け出せない?!

妖艶さとは、男性を惑わす様なあやしい美しさを放つ、不思議な魅力を持つ女性のことです。

その魅力は一言で言い表せるようなものではなく、瞬間的に理性を失うような魅惑的なものです。

気付いた時には心が奪われているので、その魅力にハマってしまうと抜け出せない男性も多いとか…。

まさに“魔性”という言葉がぴったりですが、煌びやかで派手なタイプではないことが多いので、妖艶な女性には警戒心を持つこともできないのです。

いろいろな想像をかき立てられる


妖艶な女性の不思議な魅力とは、いろいろな想像をかき立てられるところにもあります。

煌びやかで派手なタイプではなく、しっとりとした和風美人であることが多いので、物静かに佇む様には想像ばかりが膨らんでしまいます。

何を考えているのかな?視線の先には何があるのかな?しゃべるとどんな声なのか、ベッドではどんな感じなのか…。

派手に誘ってくる雰囲気がないだけに、男性は妄想が止まりません。

想像の中にいつの間にか入り込んでくるので、男性にとっては放っておけない存在となるのです。

男性にとって放っておけない存在

妖艶な女性は、同性の女性からすればズルい存在かもしれません。

目立つこともなくアピールも少ないのに、男性の視線をことごとく奪ってしまうのですから…。

それどころか、何かを内に秘めたような妖艶さには、同性の女性をもうっとりさせてしまうような美しさがあるものです。

人の視線を奪う不思議な魅力を持つのが妖艶な女性。

女性ならその妖艶さをぜひとも身につけたいものですよね。

そこで次項からは、妖艶な女性の具体的な特徴をご紹介していきます。

人々を虜にしてしまう妖艶さとは、どんな仕草や行動に表れるのか。

また、どんな雰囲気を身につけていると妖艶に映るのか。

妖艶な女性のひとつひとつの特徴に学んで、妖艶さを身につけていきませんか?

妖艶な女性の具体的な11個の特徴

男性が放っておけなくなるような、妖しい美しさを持つという妖艶な女性。

彼女たちは、ただ単に美人というわけではありません。

華やかさで人を惹きつける美人とは違い、その仕草や雰囲気、性格から醸し出すさまざまな特徴が、妖艶と評される魅力を放っているのです。

ただ単に色っぽくすればいいのではなく、ただ単に美形であればいいというものでもない。

妖艶さとは奥が深く、妖艶さは出そうとして簡単に出せるものではないのです。

では妖艶さとは?どんな特徴があると、妖艶に見られるのでしょうか。

ここからは、妖艶な女性の具体的な特徴をご紹介していきます。

妖艶な女性の多くが同じような特徴を持っていて、その特徴が妖艶さを生み出す要素そのものです。

簡単に演じられるものではないものの、心がけていくことで自然と醸し出されていくのが妖艶さ。

妖艶な女性の特徴を掴んで、麗しく男性を惑わす妖艶さを自分のものにしましょう!

1.あまり表情がない


妖艶な女性の具体的な特徴1つ目は、『あまり表情がない』ことです。

別の言い方をすると、“クールでポーカーフェイス”というのが、妖艶な女性が持つ特徴です。

表情がなく、クールでポーカーフェイスな女性がなぜ妖艶に見えるかというと…表情から感情を読み取れないからです。

人は、人の表情を見てその人の心の内を探ろうとしますよね。

ニコニコしていれば楽しそう!何か嬉しいことがあったんだな!と判断するし、暗い表情をしていれば何か辛いことがあったのかな?落ち込んでいるのかな?と察します。

こうして表情からその人の今の心境を想像するので、その人に合ったテンションで話しかけることもできます。

人はそうやって人の気持ちを推し量り、出来る限り空気を読んでコミュニケーションをとろうとするものです。

しかし、クールでポーカーフェイスな女性は、楽しいのか悲しいのか、嬉しいのか怒っているのか…表情から読み取ることができません。

見た目からは全く心の内が見えてこないので、周囲の人には不思議に感じるのです。

不思議だからどう接していいか分からず、遠くから見つめるだけ。

気になるものの話しかけていいのかどうかに迷うので、余計にその人は謎めいた存在となっていきます。

このように、表情がなく、謎めいた雰囲気を醸し出しているのが妖艶な女性です。

何かを内に秘めているのかいないのか…それすらも分からないので、男性としては「もっと知りたい」という気持ちがかき立てられてしまうのでしょうね。

2.口数が少ない

妖艶な女性の具体的な特徴2つ目は、『口数が少ない』ことです。

表情があまりない上に口数も少ないので、余計に謎めいた印象を与えるのが妖艶な女性なのです。

なぜ口数が少ないと妖艶に感じるのかというと、表情から気持ちが読み取れないのと同じで、感情が分からないからです。

人は表情にも気持ちが出やすいですが、感情は言葉にも表れますよね。

周囲の人はその人の表情と言葉、それらを見たり聞いたりすることで、その人の気持ちを知って安心したり、対応を変えたりしているものです。

しかし、妖艶な女性は、表情も読み取れなければ口数も少ないのです。

だからやっぱり、何を考えているのか分かりません。

周囲の人がヤキモキする気持ちを知ってか知らずか、話すときは必要最低限を淡々を話すだけ。

ですので、せっかく話すチャンスがあっても、本心が見えてこないのが妖艶な女性なのです。

本心が分からない女性って、不思議ですよね。

とくに女性は感情的な生き物で、感情を露わにするほうが普通です。

見ていれば楽しいのかイライラしているのか一目瞭然なので、理解はできなくても状況だけは誰にでも読み取ることができるものです。

妖艶な女性は、表情にも言葉にも感情が出てこないので、ある意味では不気味とも言えるかもしれません。

ただし美しさも備える妖艶な女性は、その不気味さがまた、男性を虜にしてしまいます。

ベールに包まれた部分を知りたい!というある種の怖いもの見たさ。

そんなワクワクにも、ドキドキにも似た感情をかき立てるのが、妖艶な女性の持つ魅力なのです。

3.感情表現をしない

妖艶な女性の具体的な特徴3つ目は、『感情表現をしない』ことです。

先に紹介した特徴の“あまり表情がない”ことも“口数が少ない”ことも、その本質は感情表現をしないことでしたよね。

妖艶な女性は、感情表現をしないことが一番の特徴と言えるかもしれません。

感情表現をしない人は、周囲の人にとって不思議な人になりがちです。

何を考えているか、心に何を秘めているか…それが分からないと、周囲の人は不安に駆られたり異様に感じたりします。

その感情は、その人を遠ざけてしまうものでもありますが、妖艶な女性の場合は謎な部分が人を惹きつけてしまうのです。

それもこれも、そもそもが女性的魅力に溢れているからでしょう。

しかし、そこそこの美人なのに、それを鼻にかけることもなく、持ち前の色気を使って媚びるわけでもありません。

高嶺の花のような雰囲気でもないのにどこか近寄りがたく…。

独特の雰囲気をもっているのが妖艶な女性なのです。

そのうえ本心が見えてこないので、謎は深まっていくばかりです。

男性としては、余計に気になって仕方がないでしょう。

感情表現をしない人は、本心が分からなくて怖くもありますが、その本心を知りたい!という欲求も掻き立てます。

分からないままだと不安だから、本当は何を考えているのか知りたくなるのが人間なのです。

妖艶な女性はそれを狙っているわけではないものの、その特徴から周囲の「知りたい欲求」に火をつけてしまうのです。

妖艶な女性が妖し気であるものの、不審者的な怪しさがないのも、人を完全に遠ざけてしまわない特徴なのかもしれません。

4.ファッションセンスがなかなか良い

妖艶な女性の具体的な特徴4つ目は、『ファッションセンスがなかなか良い』ことです。

“なかなか”というのがミソで、決して煌びやかで派手ではないのが妖艶な女性のファッションです。

妖艶な女性のなかなかのファッションとは…セクシーさと清楚さのバランスが絶妙なファッションと表現するのがいいかもしれません。

妖艶な女性は、派手でセクシーなファッションはしないものの、自然体でナチュラルなファッションをしているわけでもありません。

メイクやファッションなど、身なりはきちんと整えていて、派手にはしないもののナチュラルにはしません。

アクセサリーも適度に身につけ、上から下まで程よくまとめています。

そのうえで、適度な露出も上手にしているのが妖艶な女性です。

和服美人を妖艶と評することがありますが、まさにその和服を想像してみると分かるはずです。

着物は、体のラインに添わせて着付けますよね。

胸元には着物を添わせ、腰のあたりは帯でキュッと締めます。

露出が少ないようでいてボディラインを想像させる着物は、実はセクシーな衣装でもあるんですよね。

しかも着物を着るときは、髪を結いあげてまとめるのが定番です。

襟元から覗くうなじなども、セクシーさを感じさせる露出ポイントと言っていいでしょう。

妖艶な女性が必ずしも和服を着ているわけではありませんが、着物のような、きちんと感と露出の絶妙なバランスのとれたファッションをしているのが妖艶な女性です。

下品さはないのにドキッとさせる露出があり、上品にまとめながらもセクシーさを漂わせる…。

妖艶な女性のファッションセンスは、まさに“なかなか良い”と言わせる絶妙なものなのです。

5.不思議な色気がある

妖艶な女性の具体的な特徴5つ目は、『不思議な色気がある』ことです。

色気がある女性ならごまんといるものの、“不思議な”色気を放つ女性は多くはないはずです。

妖艶な女性とは、女性の中でも独特の色気を持つ、特別な女性なのです。

不思議なこと…これは、普通では想像もできないことや、説明のつかないことです。

不思議な出来事といえば、どうしてその出来事が起こったのか説明できないから不思議で、その出来事がなぜ起こったのが考えさせられたり、追求したくなったりするものですよね。

つまり不思議な色気も、なぜ色気を感じるのか分からないということです。

普通色気がある女性には、目立った特徴があり色気を感じさせますよね。

ぽってりした唇がセクシーだったり、胸が大きく胸元に見える谷間がエロティックだったり…。

しかし妖艶な女性の場合、「〇〇がセクシーで色気を感じる」と、はっきりした説明ができないのが特徴になっているのです。

なぜか惹かれ、確かに色気も感じているのに、自分がどこに魅力を感じているのか分からない。

その謎が余計に男性の妄想をかき立てて、その不思議な魅力にハマっていくのです。

「なんで彼女のことが気になるんだろう?」「いつもだったら脚フェチだけど、特段好みの脚というわけじゃないのになんで?」「セクシーに感じるけど、よく見ると目を惹く特徴があるわけでもない」…謎が妄想をかき立て、その妄想こそが妖艶な女性の虜になっている証拠。

妖艶な女性は不思議な色気で、いつの間にか人を虜にしてしまうのが特徴なのです。

6.動作がゆっくりでマイペース

妖艶な女性の具体的な特徴6つ目は、『動作がゆっくりでマイペース』なことです。

これも妖艶な女性によく見られる特徴的な性質で、そのマイペースさが魅力のひとつでもあります。

なぜ動作がゆっくりでマイペースだと妖艶に見えるのかというと、それが上品で女性らしく見えるからです。

妖艶さって、子供にはない大人の女性の魅力ですよね。

女の子らしい可愛らしさとは違い、色っぽくて上品なのが妖艶な女性のもつ特徴です。

女の子と大人の女性、その仕草に違いがあるとすれば、落ち着きがあるかどうかでしょう。

女の子は、キャピキャピとはしゃいだり、天真爛漫に感情表現したりするところが可愛らしくもありますよね。

でも、そこに妖艶さがあるかと言えば…皆無です。

妖艶さは、落ち着きがあり上品な、女性を感じさせる立ち居振る舞いから醸し出されます。

妖艶な女性に動作がゆっくりでマイペースという特徴があるのは、それが子供にはない大人の余裕を感じさせるからに他なりません。

ですから妖艶な女性は、立ち居振る舞いも丁寧でゆっくりです。

指の先まで洗練されていて、モノへの触れ方も柔らかくて上品。

もちろん話すスピードもゆっくりで、誰に流されることなく、自分のペースを貫きます。

周囲に流されることなくマイペースで落ち着き払ったその姿は、実は落ち着きなくテキパキ行動する人よりも目立ちます。

慌ただしく流れる時間の中で、その人の周りだけ流れる時間が違うような…そんな不思議さがあるのも妖艶な女性です。

落ち着いていてふんわりと柔らかく、マイペースに時間を過ごす妖艶な女性は、ふと目に留まると気になって仕方がない存在になります。

あの指で触れられてみたい、あの時間の中に身を置いてみたい…そんな妄想をかき立てるので、男性を虜にしてしまうのです。

7.プライベートがミステリアス

妖艶な女性の具体的な特徴7つ目は、『プライベートがミステリアス』なことです。

妖艶な女性のプライベートがミステリアスなのは、口数が少ないことが要因でしょう。

口数少なく感情を見せることもプライベートを話すこともしないので、私生活が謎めいてしまうのです。

どんな人なのか、何を思っているのか、プライベートでは笑うのか、はしゃぐのか…。

謎が謎を呼ぶのでミステリアス度は深まっていくばかり。

しかしそのミステリアスなところもまた、妖艶さに繋がっていくのです。

多くを語らないから謎だし、謎だから知りたい!それなのに、聞いてもやっぱり口数少なく、奥ゆかしくほほ笑むだけだったりします。

それが妙に色っぽく、余計に興味をそそられてしまうのが妖艶な女性です。

オープンに何でも話してくれる女性は親しみやすさがありますが、分かってしまえばそれで終わりですよね。

プライベートがミステリアスな女性には、「もっと知りたい」という気持ちが終わることなく、延々と興味をそそられ続けます。

こうした妖艶な女性のプライベートがミステリアスなところも、男性を虜にしてしまう特徴になっています。

8.人付き合いが少ない

妖艶な女性の具体的な特徴8つ目は、『人付き合いが少ない』ことです。

人付き合いが少ないことも、プライベートがミステリアスになりがちな理由と言えますよね。

本人も自分のことを語りませんが、周囲からもその人柄が伝わってこない…。

人付き合いが少ないから、その女性のことを知りたくても簡単には知ることができないのです。

人付き合いが多い人なら、本人が多くを語らなくても、仲の良い友人の雰囲気から人柄を想像することができるし、伝え漏れてくる話から、性格や興味関心を知ることができますよね。

でも妖艶な女性は人付き合いも限られているので、周囲から人柄を探ろうにも探れません。

どうにか付き合いのある人にたどり着いても、その友人も彼女を深く探るタイプではなかったりするので、結局知りたいことは分からないままです。

それに、人付き合いが少なくても、決して根暗なタイプというわけではなく、友達ができないのでもありません。

広く浅く付き合うのではなく、特定の友人と細く長く付き合うタイプであり、悲壮感が漂う雰囲気ではないのです。

ひとりで居ることも多いけど友達がいないわけではなく、つまらなそうにしているわけでもないけど感情は見えてこない…。

しばらく付き合ってみないと人柄が全く見えてこない謎めいた女性。

それが、妖艶な女性の不思議な魅力となっているのです。

9.見飽きない美しさ

妖艶な女性の具体的な特徴9つ目は、『見飽きない美しさ』があることです。

妖艶な女性はただ単に美しいのではなく、見飽きない奥深さがあるからこそ、それが不思議な魅力となり男性を虜にしてしまうんですよね。

では見飽きない美しさとは?何度見てもまた見たくなる、後を引くような美しさと言うことができます。

よく「美人も見飽きる」なんて言われますが、その逆をいくのが妖艶さを備えた美人なのです。

何度見ても見飽きることがなく、何度見ても美しいと感じ、また見たい欲求にかられる…妖艶な女性がそんな感情を抱かせるのは、やはり不思議な魅力があるからです。

謎に包まれていて、なぜ彼女を魅力的に感じるのか、美人に思うのか、惹かれてしまうのか分からない。

彼女を知りたいと思うからこそ何度も見たくなり、見るたびに新しい発見をさせてくれるのが妖艶な女性です。

ミステリアスだからこそ想像をかき立てられるし、その想像と実物を見比べては、「あれ?ここは意外と想像と違う」とか「目立たないから気づかなかったけど意外に胸が大きい」とか…新たな発見をしてはワクワクドキドキさせられるのです。

見飽きない美しさとは、ベールに包まれているからこそ。

華やかで目立つ美人にはない魅力が、妖艶な女性にはあるのです。

10.自分の長所と短所をよく理解している

妖艶な女性の具体的な特徴10個目は、『自分の長所と短所をよく理解している』ことです。

妖艶な女性が放つ不思議な魅力は、彼女が自分をよく理解しているからこそ内から発せられるものです。

なぜなら、自分を理解し受け入れることで、気持ちに余裕があるからです。

女性はよく、自分の短所や欠点を卑下したり、悲観したりしますよね。

それを隠そうと取り繕ったり、そこを隠そうと必死になったりもします。

しかしそうやって無理して取り繕う姿って、周囲からすると見苦しく見えたりもするんです。

妖艶な女性がマイペースでいられるのは、自分を受け入れ、愛しているからに他なりません。

長所も短所も自分の一部として、それを大切にしているからこそ上品で妖艶な魅力を放っているのです。

長所も短所も受け入れることができていれば、人と張り合う必要がありません。

無理して人に合わせることもせず、自分をよく見せようと過度にでしゃばることもしなくなります。

結果的にそれが落ち着いていて上品な女性らしいオーラを放つことになり、人目を惹く妖艶な魅力となって表れるのです。

妖艶な女性は、自分を理解しているからこそ人とは違う不思議な魅力を発します。

それが妖艶な女性にとって、一番自分らしく、自然体な姿だということです。

11.品の良さがにじみ出ている

妖艶な女性の具体的な特徴11個目は、『品の良さがにじみ出ている』ことです。

妖艶な女性は色っぽく艶っぽい、性的なセクシーさがある女性に使われますが、それは決して、下品な色気ではありません。

立ち居振る舞いや仕草、言葉遣いからファッションまで、品の良さがにじみ出ているのが妖艶な女性の特徴です。

マイペースで落ち着いた動作、指先まで洗練されたあでやかな手の動き、露出と清楚さのバランスが絶妙なファッション。

そして、丁寧でゆったりとして言葉遣い…。

どれをとっても上品で美しいのが妖艶な女性なのです。

大声で悪口を言ったり、大口を開けて笑ったり。

イライラを表に出したり、バカ騒ぎをしたり。

それは学生時代までは許されるかもしれませんが、社会人にもなれば下品に映ります。

妖艶な女性にはお下品なことはNG。

和服を着た女性におしとやかで艶やかな美しさがあるように、妖艶な女性には品の良さこそがすべてです。

ただ単に美人なわけではなく妖艶だと評されるのも、この品の良さがあってこそ。

品格は習慣でもあるので、妖艶な女性になるには日々の努力が欠かせないのです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、妖艶とはどんな女性を指すのかを分析するとともに、妖艶な女性の具体的な特徴についてもご紹介してきました。

女性なら誰もが身につけたいと思う妖艶さについて、その実態がみえてきたのではないでしょうか。

妖艶さとは無縁の女性にとっては、今すぐ妖艶さを放つのは難しいことかもしれません。

でも妖艶な女性を理解し、その特徴を意識して取り入れていくことで、自然と内からあなたらしい不思議な魅力が放たれるようになるはずです。

妖艶さを醸し出すにはある程度の年齢も必要なので、大人の女性になっていくにつれて身についてくる部分もあると思います。

ただ、中にはいつまでも妖艶さとは無縁になってしまう女性もいるので、年相応の女性らしさを身につける意識を持っておくことは大切なことですよね。

年齢を重ねていくほどに妖艶で、美しくなっていけるのが女性です。

ぜひあなたも自分を磨きながら、妖艶さがあると言われるような大人の女性になってくださいね!