CoCoSiA(ココシア)

妖艶とは?妖艶な女性の具体的な11個の特徴


男性を魅了する妖艶な女性…。

女性なら、妖艶さのひとつも身につけておきたいものですよね。

雰囲気や仕草で男性を虜にしてしまうなんて、女性としてこれほど栄誉なことはないかもしれません。

しかし妖艶さとは、女性なら誰もが持っている…というものではありません。

演じて妖艶さを出せるものではなく、簡単に身に付くものでもありません。

でも、女性なら妖艶さを放つことができるポテンシャルを秘めています。

そこで今回は、妖艶さを身につけるべく、妖艶な女性を徹底的に分析します!

まずは妖艶とはどういうことで、どんな女性なのかを分析し、次に具体的な特徴をご紹介していきます。

妖艶という言葉のもつ意味。

妖艶さのある女性。

そんな女性たちがなぜ妖艶に見えるのか…。

この記事を読めば、妖艶な女性の全てが分かります。

妖艶さを身につけたい女子の皆さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

妖艶な女性を分析してみよう!

妖艶って、何だか魅惑的な響きの言葉ですよね。

女性を言い表すのに使われる“妖艶”ですが…それってどんな人のこと?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

知っているようで知らない妖艶とは。

そして“妖艶な女性”とは?

ここではまず、妖艶という言葉の意味、さらに妖艶とはどんな女性のことを指すのかを解説していきます!

妖艶とは?

妖艶とは、女性の容姿を指す言葉です。

色っぽい女性や艶っぽい女性などに対し、主に褒め言葉としての意味で使われます。

とはいえ、“妖艶”と言われる場合は、ただ単に色っぽい・艶っぽいというだけではありません。

特別な意味を含んでいるからこそ“妖艶な女性”と表現されるのです。

まずは妖艶な女性について、言葉の意味から、その女性像に迫ってみましょう。

意味

妖艶の意味とは、“あやしくなまめかしい美しさ”のことです。

女性の容姿が、男性を惑わす様なあでやかさやあやしさ、なまめかしさを持っているということで、ただ美しいだけではない不思議な魅力をもった女性に使われます。

こうした女性を表現するのに妖艶が使われるのは、その漢字の意味を知ると分かります。

まず、妖艶の『妖』。

これは『妖(あや)しい』の意味で、不審者などに使われる『怪しい』とは違い、主に女性の不思議な魅力を指しています。

不思議な魅力とは、たとえば“神秘的な美しさ”など、普通とは違う様だけど、それが魅力的に映る場合です。

そして妖艶の『艶』は、『艶(あで)やか』の意味です。

艶やかは“つややか”とも読みますが、妖艶の場合は主に“あでやか”の意味が強いと考えられます。

あでやかは、英語で言うとチャーミング。

日本語の意味では“華やかで美しい容姿”や“なまめかしい様子”という意味で使われます。

因みに『なまめかしい』とは、男性の心をそそるような色っぽさや魅力的な美しさがあることです。

日本では湯上りの女性の姿などを、なまめかしいと表現したりしますよね。

これらの意味を総合すると、なんとなく妖艶な女性像が頭の中に浮かんできたのではないでしょうか。

あでやかというのも着物姿の美女などに使われる言葉ですし、妖しさを持つ女性というのも日本女性が持つ独特の魅力です。

つまり妖艶とは、日本女性ならではの控えめさの中に魅惑的な色気が漂う、不思議な魅力を持つ女性と言うことができます。

芸能人で言うと、壇蜜さんや高岡早紀さん、吉瀬美智子さんなど、大人女性で落ち着いていて、かつ色っぽさのある人が妖艶な女性と言える人です。

類義語

妖艶の類語や関連語を見ていくと、さらに妖艶な女性像がハッキリ浮かび上がってきます。

男性を惑わすという意味では、セクシーやエロティックなども妖艶の類義語です。

魔性の女なども、妖艶な女性を表すのに近い表現ですね。

その他にも、豊麗・優艶・妖美などが、妖艶の類語となっています。

セクシーは“性的な魅力があるさま”を指す言葉だし、エロティックは“性的な欲望をそそるさま”を表す言葉です。

豊麗は“豊かな美しさ”を指し、優艶は“上品で美しいこと”。