初対面の人や、これから仲よくなっていきたい人との会話のネタによく上がるのが「血液型って何型?」なんていう血液型トーク。

日本人って本当に血液型にまつわる話しが好きですよね。

昔、よくTV番組でも「血液型別の性格診断」のようなものが流行り、「A型は●●な性格」「●●するのはO型の特徴」など、

結構な人たちが血液型の性格診断に夢中になりました。

特に若い女性の間ではそれが特に顕著で「アナタはAB型だから私には合わない!」

なんて血液型で付き合う人を選別している人だって実際にいました。

それだけ血液型の性格診断に信頼を置いている人だっているのです。

そしてそんな4種類しかない血液型の中でも異色の存在とされるのが「B型」。

血液型の話しで盛り上がっているときにB型だと話すと「うわぁ、B型なの?」「やっぱりB型はそんな感じだよね」

なんてよく言われるのですが、どれもネガティブなニュアンスのものばかり…

なんでB型だけこんな反応?A型だってO型だってAB型だって悪いって言われているところあるはずなのに…

自分勝手なイメージをもたれやすいB型さんですが、本当に悪いところばかりなのでしょうか?

ここでは、B型さんの性格や行動の傾向を徹底的に解剖してご紹介していきます!

血液型占いって知ってる?

占い好きの人はご存じかと思いますが、星の数ほどある占いの中に「血液型占い」というものがあります。

A、B、AB、O型の4種類の血液型別に基本的な性格や行動の傾向、恋愛の嗜好などを占っていきます。

また、血液型で相性を占うのも大人気で「A型とB型の相性は悪い」「B型と相性がいいのはO型だ」

「B型同士はハマればスゴいけど、食い違いも多い」など「意外と当たってる!?」と一時期大ブームになりました。

一時はテレビ番組でもよく取り上げられており、日頃の会話だけでなく飲み会やコンパでもいい話題となっていました。

中には妄信的な人もいて、「他の占いは信じてないけど、血液型って絶対当たるよね!」と言って血液型占いによって人付き合いをどうするか判断していた人もいるくらいでした。

特にB型さんはこの血液型占いの悪い部分の影響をモロに食らってしまって、

「B型のみんながみんな、そんな性格じゃないよ!」と一部のB型さんは激怒していました。

この血液型占いの見解のせいで小学生が学校で「B型だから」という理由だけで仲間はずれにされたなんて話も聞いた事があります。

それだけ血液型占いは一時期とんでもない影響力があったのです。

しかし「世の中の人間の性格を4パターンに分類なんて出来るわけない!」というもっともな意見もあり、次第にブームに下火になっていきました。

その後、血液型占いは一時期のような流行りはなくても、話しのネタとして今でも人気のある占いではあります。

ほかには血液型に星座を組み合わせた亜種もあり、今でも多くの人が血液型占いを楽しんでいます。

やっかいなイメージのB型さん

先ほどお話しした「血液型占い」の影響もあってか、「B型ってどんなイメージ?」と聞くと、「自分勝手」「自由」など、マイペースのような感じのことをよく言われると思います。

その自由さゆえに周りを振り回して涼しい顔をしているなんてイメージが強いのでほかの血液型の人からは「え、B型…?」とイヤがられてしまうことも。

なんでB型さんはこんなにアクの強い人間扱いになっていしまっているのでしょうか?

それは次の章からご紹介しますが、なんと言っても「自由」なが1番の要因ではないでしょうか?

良くも悪くも自分の感情や生き方にとても自由で、他の血液型の人には真似できない感性やハートを持っています。

そんな他の人の目から見たらその自由さは「めちゃくちゃ」「勝手」「周りのことを考えていない」「空気を読まない」

と思われることが多く、やっかいなイメージを持たれてしまっています。

友達にしても、同僚にしても、パートナーにしても、なんかしら個性的な行動や発言をするB型さん。

人としては好きなんだけど、たまにどう扱っていいかわからないという人はB型さんの特徴をよく把握しておきましょう。

特に知識なくB型さんを見ていると「何だかワケわからん奴!」と思うかもしれませんが、特徴を把握しておくと、面白いくらい分かりやすいですよ!

B型あるある!B型の良いところ

世間一般的に自由で明るいB型さん。

これだけでも充分いいところなのですが、探せばいいところはもっと出てきます!

知れば知るほどマイワールド全開、ここではB型さんの良いところをまとめましたのでご紹介します!

自分は自分!マイペース

B型のもっとも有名な特徴である「マイペース」。

自分は自分!とういう気持ちがあるので他に流されないという鋼のメンタルを持っています。

周りが「○○にしよう!」と言っていても「私は▲▲にするね~」と少数派になってもお構いなしです。

1つ1つの決断を自分ベースでします。

また、友達同士で「映画に行こう!」と話しをしていても「あ、今映画見たいのないから私今回パスで」なんて言って

1人だけ別行動や欠席を平気でするので周りを驚かせることもよくあります。

あくまで自分のペースで動いていて悪意などありません。

他には学生時代などに仲良しグループでまとまって行動するときも、突然「今日はあの子たちのグループと行動してみるわ」なんてことも涼しい顔でやっちゃうB型さんもいたはず。

周りも思わずビックリな行動です。

でもこの行動にも他意もなければ悪意もないのです。

単純に自分のしたいようにしているだけなのです。

しかしこのマイペースさは同時に「自分勝手」という欠点にもなることがあります。

ゴーイングマイウェイもほどほどに!

アクティブに行動できる

やる・やりたいと思ったらすぐ行動!というのがB型です。

例えば「遠いけど、○○が食べたい」と思いっ立ったら、1時間後にはもう移動中なんてことがザラにあります。

更には「ゴルフを始めたい」と思い立ったら即座にクラブ一式やウエアなどを買いそろえて、明日にでもやれますといった状態に持っていきます。

ちなみに私の周りのB型さんは全員ジョギングをしています。

しかもある日突然走りたいなと思ってその日のうちにウエアやシューズを揃えて次の日の朝から始めたという人ばかりです。

このように、すぐにでも動き出す行動力は血液型中ピカ1です。

友達にB型がいると、遊びに行く計画や旅行の計画などがあっという間に決まって楽チンだということもありますよ。

乗り気でやる気のあるうちのB型さんに任せておけば、またたく間に色々決まりますよ。

楽観的なポジティブ人間

どんなに絶望的な状況でも、ややこしい状況でも「なんとかなるさ!」と楽観的だったり「ここからでも逆転できる!」とポジティブな考えが出来るB型。

学生時代にテストの点数がめちゃくちゃ悪くても一瞬落ち込んで

「ま、次回があるよ」「テストができたからといって、それで人間の価値は決まらないよ」なんて即座に思考を切り替えて立ちなおります。

あまりの楽観的かつポジティブさにイライラしてしまう人もいますが、この空気感に救われることだってあります。

誰もが絶望している状態であったらこのポジティブさは貴重な存在になることがありますよ。

仕事のプロジェクトなどにB型がいれば、いいムードメーカーになることでしょう。

たくさん趣味を持っている

何にでも興味津々なB型。

気になることは1度やってみないと気が済みません。

手芸やプラモデルなど細かいものに始まり、サーフィンやスキ―などのスポーツにまで多岐に渡る趣味を楽しんでいるB型さんはたくさんいます。

趣味が多いので自然とその方面の友達も増えて、話題豊富になれるのが多趣味なB型さんのいいところです。

このように趣味の引き出しの多いB型さんはいつも趣味活動に大忙しな人がとても多いです。

もし何か趣味を始めてみたいというのならB型さんに相談してみてはどうでしょうか?

芸術センスが高い

とくかく多方面に興味がしんしんで観察力の優れているB型さん。

これに加えて自由さを持ち合わせているので発想も自由で芸術センスがとても高い人が多いです。

ファッションのコーデやセンスは個性的でありながら人を惹き付けるものがあり、一目おかれることもあります。

また、絵などにも才能を持っていつ人が多いです。

型にハマらないスタイルは芸術方面で活かされることがとても多いB型さんです。

感情表現が豊か

基本的に涙もろいB型。

涙なしでは見ることのできないと言われている映画やドラマはだいたい泣いてしまします。

そしてオーバーリアクションです。

驚き方は「外国人みたい」と言われるレベルです。

喜ぶときも「やった!!」と大声が出てしまいがちです。

こんなふうに感情が思いっきり表に出てくると、見ていてちょっと面白くなってきますよ。

B型あるある!B型のダメなところ

「B型といえば…」と人が口にすると、その言葉に続く言葉は「それって褒めてないよね!?」というものばかり。

B型さんは欠点が目立ちがちですよね。

そしてその欠点は長所の裏返しもチラホラ…

結局は憎めないB型さんのダメなところをここではご紹介します。

飽きっぽさが目立つ

先ほどのB型のよいところで「たくさん趣味を持っている」ということがありましたが、その反面「飽きっぽさ」があるのも事実です。

昨日まで夢中になっていた趣味が突然「飽きた」となることも。

「○○を極める!」と道具などを一式揃えても、1週間後には「やっぱもういいかな~」なんて言っていることもよくあります。

その飽きっぽさに周りが「またか…」と呆れられることも…。

そして自分ベースで勝手に夢中になって飽きているうちはいいですが、

「バレーボールチーム作ろう!」とか「ゴルフ、今度一緒にラウンドしに行こう!」など周りを巻き込んでいるときは大変です。

行動力もあるのでやりたいと思ったらすぐに周りに声をかけて動くことが出来るB型さんですが、急激に飽きてしまうのもB型さんです。

飽きてしまったらもう完全に興味がなくなっているB型さんは声をかけた以上、付き合いでも合わせてやるというのは至難の業です。

言いだしっぺなのに飽きて早々といなくなるその姿は、周りの反感を買うこともよくあります。

なかなか人に心を開かない

行動力があって楽しいことが大好きななので友達が多いB型さんですが、実は内心では完全に心を開いている友達は少なかったりします。

意外と警戒心の強い性格なので、仲よくしている感じでも最初はちょっと距離を置いています。

はたから見ると「あの2人は親友かな?」と思うくらい打ち解けて話しているのですが、B型さんからすれば無難に接しているだけ…なんてことも。

あまりにも色んな人に無難に接するので、八方美人なんて誤解をされてしまうことがあります。

心から信頼できる友達などができるのは結構時間がかかるかもしれませんが、

信頼しだすとかけがえのない友達として本性をさらしだしたお付き合いをするようになります。

好き嫌いがハッキリし過ぎ

明るくて活発なB型さんなので一見誰とでもうまくやっているように見えるのですが、よ~く観察をしているとどうやらそうでもない様子。

これだけ好き嫌いがはっきりしているのは珍しいですよ。

本人はそんなつもりじゃなくても、嫌いな人にはそれはもうハッキリすぎる態度を取っています。

感情を隠せない正直者とも言いますが、ちょっと露骨すぎるところがあります。

また、極端に嫌いな相手以外(苦手な人など)には無難な態度をとります。

それだけにハッキリとした嫌いであるという態度をとるときは本気で嫌いな時です。

そして好き嫌いは人に限らず物事についてもそうです。

嫌いなこと徹底してやろうとしません。

好きなことには爆発的な行動力ややる気を見せるB型さんですが、嫌いなことに関してはまったくの興味なしです。

プライベートの趣味などだったらその感じでも自己責任で問題ないのですが、仕事でその好き嫌いが発揮されてしまうと困りものですね…。

嫌と思うとすぐ表情に出る


人は大人になるとイヤなことがあってもなんとか本音を抑えながら波風をたてまいと暮らすようになります。