最近、彼氏や旦那様と仲良くした記憶がありますか?

愛してる」なんて言葉が死語になっている…。

なんて言う状況打開したいと思いませんか?

こちらでは、そんな彼女や奥さんに対して男性が心から「愛している」と思った瞬間についていくつかご紹介していきます。

心から大切な奥様や彼女になるために、これまでの行動を改め、素敵な彼女や奥様へ生まれ変わっていきましょう。

彼氏や旦那様から「愛している」と、もう一度言われるように、素敵な女性になってみてはいかがでしょうか?

また、彼氏や旦那様から「愛している」と、言わせられるような女性になることで、さらに自分に自信を取り戻すことができそうです。

こちらの記事を読んで、男性に素敵な女性だということを改めて再確認させてあげましょう!

「愛している」と言葉にしない男性が多い!?

そもそも、日本人男性は「愛している」などと言葉にしない人がほとんどなのではないでしょうか?

どうやら、男性側にも「愛している」なんて言葉が恥ずかしいように感じているところがあるようです。

また、日本人の男性の多くは言葉で伝えるより、行動で示したほうが伝わると思っているところもあるようで、言葉にするより、行動で伝えた方が愛情が伝わると感じると困るようです。

また、言葉にしてしまうことで軽く思われるところもありそうです。

「愛している」なんて本当に思っているからこそ言えない言葉なのかもしれません。

でも実は、心の中では思ってる

言葉に出せないだけで、実は心の中であなたのことを大切に思っていたり、愛していると思っていることもあるようです。

特に、シャイな性格の多い日本人男性は、言葉にして何かを伝えたり、自分の心を言葉にして伝えることが苦手な人が多いのです。

だからといって、あなたのことを愛していないと言うわけではありません。

きちんと心の中で愛している気持ちがあっても、なかなか言葉にして伝えることができないだけなのです。

このように、言葉では「愛している」と言うことができなくても、きちんと心の中では思っていることも多く、「愛している」と言われないことで、自分は愛されていないと思っている女性も多いことは確かです。

▼【関連記事】愛されてる…と実感する瞬間はこちらをチェック!
愛されてる…と実感する瞬間14選!男と女では違うんです! →

男性が心から「愛してる」と思った瞬間10選

それではここからは、男性が心から「愛している」と思った瞬間についていくつかご紹介していきます。

男性が女性のどのような仕草や行動を見て「愛している」と思うようになるのでしょうか?

こちらでは、そんな男性の心の奥底にある熱い情熱と、愛していると感じる行動を中心にいくつかご紹介していきます。

あなたの大好きな彼氏や旦那さまは、一体あなたのどのようなところを見て、「愛している」と思うようになるのでしょうか?

また、最近ではマンネリ化していたり夫婦2人でいても刺激が少ないと感じている夫婦にも、男性が心から「愛している」と思った行動を取り入れていくことで、本当に愛される女性になることもあります。

ぜひ、日ごろの生活にも男性に愛している」と思わせるしぐさを取り入れていってくださいね!

辛い時に支えてくれた

本当に、男性が辛い時に支えてくれた女性は、やはり男性にとっては「愛している」人になります。

自分が辛くて潰れそうな時や、不安で悲しい時など人によりその状況は様々です。

ですが、辛い時にこそしっかりと支えてくれた彼女や奥様に対して、心が温かくなるだけでなく、「本当にこの人愛してよかった」と思わせる瞬間になるようです。

このように、辛い時に支えてくれた過去があるからこそ、今でこそ「愛している」と、口には出さなくても、その熱い気持ちは心の中できちんと今でも燃やされているのかもしれません。

このように、辛い時に支えてくれた過去がある場合、またこれから辛い時に直面した場合、しっかりとあなたが支えてあげることで、そんな時こそ「愛している」と思われる瞬間になるのかもしれません。

ここが自分の居場所だと感じた時


旦那様が、あなたと一緒に住む家に帰ってきた時に「ここが自分の居場所だ」と感じたときに、あなたのことを「愛している」と思うようです。

子供たちのはしゃぐ声や、奥様の笑い声など温かい家庭を思わせる出来事があったり、仕事で辛い目にあったときなど、家に帰りくつろげる空間があることで、そんな奥様や家族に感謝の気持ちになることがあります。

社会や会社では、苦しいことや辛いことをたくさんくぐり抜けてきています。

せめて、家だけでも自分の居場所だと思える空間が欲しいと感じていることでしょう。

また、家に帰ることで安心感が出たり、ほっとするような気持ちになった瞬間、奥様のことを「愛している」と思うようになるのかもしれません。

「おかえり」と出迎えてくれた時

例えば、何気なく「おかえり」とで迎えた時など、旦那様にとっては「あ、やっぱり俺がここの居場所だ。」などと感じることがあるようです。

旦那様が帰ってきたにもかかわらず、誰も出迎えてくれないような寂しい家では、旦那様の居場所も確保できないことでしょう。

また、疲れて帰ってきても誰もいない家や、冷たくあしらわれるような寂しい感じのする家には、帰りたいとも思いません。

特に男性の場合仕事でも愚痴を言わずにがんばり続ける姿は、戦士そのものです。

奥様にはわからないような苦い経験や辛い仕事をして帰ってくる場合もあります。

そんな旦那様のことを温かく迎え入れて、居場所を作ってあげられないような環境は、やはり旦那様にとっても悲しい状況だと言えるでしょう。

甘えられた時

彼女や奥様から可愛らしく甘えられた時に、「愛している」と思うことがあるようです。

しかし、しょっちゅう甘えたり頼み事をしていては「使われている?」などと思わせてしまうことがありますので店ほどよくまた可愛らしく思えるようにしてください。

また、可愛らしく甘えることができなければ、旦那様や彼氏の心をつかむことができません。

男性は、女性の可愛らしい仕草や甘えた声、また男性自身が彼女に奥様から「甘えられた」と感じたときなどに、「愛している」と思うようになるのです。

そこら辺を履き違えないよう、きちんと甘えるときには可愛らしい振る舞いを忘れないようにしてくださいね。

相手の短所も可愛いと思えた時

相手の短所も可愛いと思えたときに、「愛している」と感じるようです。

つまり、ドジをしたときや、ちょっぴり天然な部分が出てしまったときなど、不意をつかれたときの短所がかわいいと思えることもあります。

また、彼氏や旦那様の心に余裕があるときにあなたの短所が出た場合、かわいいと思えることもあるようです。

しかし、本気のケンカになっていたり、彼氏や旦那様にも心の余裕がないときにあなたの短所を見ても、ちっともかわいいとは思いません。

日ごろから、スキンシップを取るなど可愛らしい一面を見せつつ、短所を見せることで旦那様や彼氏からも「かわいい」と思わせることができます。

またそれが「愛している」につながるようになるのではないでしょうか?

息がピッタリだった時


2人の息がぴったりだった時に、嬉しい気持ちになりますよね。

また、言いたい言葉が重なった時など、2人が同じことを思っていたんだと運命を感じてしまいそうです。

また、息がぴったり合うことでお互いに似ているな…と、感じるところが多ければ多いほど、あなたも相手のことを「愛している」と言う気持ちが増すのではないでしょうか?

これは、案外男性も同じような感覚になり、あなたと息がぴったりになることが増えることで、どんなに喧嘩をしていても2人が息統合していると思っていたり、最終的には同じ考えになるんだな…。

などと思うこともあるようです。

さらに、息がぴったりだった時に嬉しい気持ちになるばかりでなく、さらにあなたのことを「愛している」と思うようになりそうです。

好きなものが一緒だった時

またレストランなどへ出かけて、食べたい好みが一緒だったり、好きなものが一緒だった時など、「やっぱり2人は似ている」などと思う気持ちが強くなります。

そのことから、自然と居心地良く感じていたり、そんなあなたに対して「愛している」という気持ちも深まりそうです。

このように、好きなものが一緒だった場合、その一致したことに驚くばかりでなく、2人の感覚や価値観が似ていることで、2人が見た者同士だと言うことを感じるます。

そして、安心感や親近感になるだけでなく、そんなあなたのことをいとおしいとさえ思うのかもしれません。

可愛い笑顔を見た時

特に、あなたの可愛い笑顔見たときに相手は、そんな笑顔に癒されることがあります。

また、かわいいあなたの笑顔を見たときこそ、あなたに対して「愛している」と思う気持ちになるようです。

これまで喧嘩をしていたり、あなたの怒った顔見るたびに相手は疲れたり、イライラしてしまうところもあり、あなたのことを「可愛くない」なんて思うところがあったのかもしれません。

しかし、あなたが無邪気にはしゃいでいたり、あなたの可愛い笑顔見るだけで、ほっと癒され改めて好きな気持ちが蘇ってくるのかもしれません。

マンネリ化の続いているカップルや、結婚生活が長い夫婦にとって、笑顔と言うキーワードだけでもご無沙汰だった場合、ここは初心に返りかわいい笑顔で接するようにしてください。

喧嘩して仲直りした時

喧嘩をした時は相手のことを心底憎む気持ちになりますが、冷戦期間や喧嘩が収束を見せ始めた頃、本当に相手のことを大切に思う気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか?

また、そこからお互いに仲直りに向かうときや、また仲直りした瞬間こそ相手のことを「愛している」と思うようになります。

仲直りしたときは、すごく暖かい気持ちになり、「やっぱりあの人じゃなきゃだめだ!」なんて思うこともあります。

また、仲直りできたことでお互い優しい気持ちになり、相手のことを心から受け入れたい気持ちになるため、どれだけ喧嘩をしても、必ず仲直りできるよう心がけておきましょう。

いつまでも仕方のない意地を張っていても大人気無いだけです。

大人の行動のできる人は、意地を張らず素直になれる人なのかもしれません。

寝ている姿を見た時

あなたの可愛い寝顔見たときに、「愛している」と思うことがありそうです。

特に、寝ている姿は無防備な姿になっていることから、気を許した人にしか見せない姿になります。

そのため、すっぴんや寝顔など、大切にしている人にしか見せないところもあることから、そんな無防備な姿に思わず相手もあなたの姿を見て「かわいい」と思うことがあるようです。

また、そんな可愛い姿を見るときに、この人と一緒になって良かったと思ったり、このこと付き合えてよかったな…。

と思うこともあります。

そのため、寝ている姿を見たときに「愛している」と思う気持ちが自然とこみ上げてくるのかもしれません。

何でもしてあげたいと思った時

特に、相手に対し何でもしてあげたいと思う気持ちが強い場合、相手のことを愛している気持ちがあるからこそ、そんな気持ちになりますよね。

つまり、相手があなたに対して「何でもしてあげたい」と思った瞬間、あなたのことを「愛している」と感じることがあるようです。

このように、あなた自身が相手に対して思う気持ちがあるように、相手もあなたに対して何かしてあげたい気持ちになった場合、あなたのために自分ができる事はないか?などを考えることがあります。

そんな時に、無意識なところで「愛している」と強く思うのではないでしょうか。

尽くしてくれた時

あなたが相手に着くしたときに、「愛している」と思われることがあるようです。

しかし、ここでの注意点は、相手がして欲しいことをしてあげたときに、初めて「尽された」と思うことがあります。

あなたがやってあげたいことを勝手にやっていても、相手にとってはおせっかいの場合があります。

そこら辺の見極めをきちんとしなければ、ただのおせっかいになってしまいますので気をつけなければなりません。

あなたは尽くしているつもりでも、相手にとっては迷惑な行為になってしまっていては、「愛している」と思わせることができません。

自分を愛してくれるのが伝わった時

相手が、おせっかいではなくあなたが尽くしてくれたと感じたときに、相手はあなたが本当に自分のことを愛してくれていると感じることができそうです。

また、自分を愛してくれる気持ちが相手に伝わった時、初めてあなたのことを「愛している」と思うようになるのかもしれません。

このように、相手がして欲しいことに対してあなたが一生懸命声を尽くすことで、相手はあなたの愛をしっかりと感じ取ることができます。

しかし、相手がして欲しいことには気が付けず、自分のやりたいことばかりを押し通していては、自分勝手に見えるばかりではなく、ただのおせっかいになってしまいますので気をつけましょう。