皆さんは、「年下の彼氏」をどう思いますか?

今まで年上男性としか付き合ってこなかった女性には、年下は物足りないとか頼りなさそうなどのイメージがあるかもしれませんね。

自分が甘えたいタイプだったら年下は論外!という人もいるでしょう。

しかし、年下彼氏と付き合うのはたくさんのメリットがあるものなのです。

年下彼氏はかわいいし、というだけでなく、なんとなく癒されそうだから年下彼氏がほしいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、年下彼氏をゲットする方法や、年下彼氏ができた場合のメリット・デメリット、

付き合ううえでやってはいけないことなど、年下彼氏について詳しく紐解いていきます!!

年下彼氏をゲットするためにやるべき7個のこと!

若い男性が年上の女性に憧れる時期があるということを聞いたことがある人、いるのではないでしょうか?

ある時期の男性は、色気のある年上女性に興味がありますし、安心感を与えてくれそうな年上女性に甘えてみたくなったりします。

単に、手の届きそうにない年上女性を落としてみたいという願望も持っています。

筆者も20代後半は、数人の年下男性に声をかけられました(大学生が多かったです!)

そんな年下男性と付き合うことができたら、女性にとってもいいことがたくさんあります♪

それでは、年下彼氏をゲットするには何をしたらいいのでしょうか?年下の男性を振り向かせて彼氏にしてしまう方法をお教えします。

1.甘えを見せる

一見、年下彼氏は自分に甘えてくるだろう、年上彼女である自分は甘えさせてあげないといけないだろう、と思いがちですが、年下でも男性であることに変わりはありません。

内心は、女性には甘えられたいと思っている男性は多いです。

年下彼氏も同じ。

自分に甘えてくれる女性をかわいく感じますし、守ってあげたいとも思います。

ましてそれが自分より年上の女性だったら、守りがいもあります。

何より、自分より年上の女性が自分に甘えてくれるということが、男としての自信にもなるのです。

頼りにされていると感じさせる

年下彼氏は、自分より人生経験が長い年上彼女にはかなわないのでは・・・と不安に思うこともあります。

しかし、そんな年上彼女が、自分に甘えてくる。

自分を頼ってくれる。

これだけで「自分はこの女性の彼氏なんだ」と実感できますし、守ってあげなければ!という気持ちにもなります。

年下には頼らない、野ではなく、一人の男性としてみてあげて、年は気にせず頼ってみてください。

些細な悩みを相談してもいいですし、疲れたよ~癒してほしいな♡と甘えるのも効果的です。

自分が彼女を癒してあげている、彼女の力になっている、と年下男性に自信をつけさせることが大事です。

あなたは年下だけど、とても頼りになるね♪と感じさせてあげるのを意識してみましょう。

これを続けていけば、年下男性があなたを恋愛対象としてみてくれる可能性がぐっと上がります。

2.弱さを見せる

上でも書きましたが、年下であっても、男としては「女性に頼ってもらいたい」と思う男性は多いです。

それと同時に、自分にだけ弱さを見せてくれると、男性はその女性を元気づけたり力になってあげたりしたいと思います。

年上なんだから弱みは見せられない。

年上らしく強い女性でなければいけない、という考えを一度捨ててみて、年下男性の前で弱みを見せるのは非常に効果的です。

普段ができる女であるほど、ふと見せる弱さの効果は絶大です。

いつもは強い人が自分だけに弱さを見せたらドキッ

例えば、職場にいい感じの年下男性がいるとします。

普段は仕事仲間として、もしくは上司として、頼れる女という顔を見せているとします。

そんなできる女のあなたを年下男性は頼もしく思っているでしょうが、恋愛対象としては見れないでしょう。

しかし、その男性と二人になった時、ふとした瞬間、あなたが不安をこぼしてみたり、

いつも失敗しないように気を張っていて疲れてしまった・・・のように弱音を吐いたらどうでしょう。

きっと、普段のあなたとのギャップを垣間見た年下男性は、あなたを女性として意識します。

自分の前だけで弱い姿を見せてくれたことをうれしくも思うでしょう。

大丈夫ですか?無理しすぎじゃないですか?と言えるのが自分だけだと思ったら、年下男性は自分がこの人を助けてあげたい、守ってあげたいと思います。

職場だけでなく、友人関係の場合でも同じです。

普段はお姉さんキャラのあなたを、文字通りお姉さん的な存在としか思っていない年下男性の前で、

実は強がっているだけなの、と弱みを見せると、きっと男性はドキッとすることでしょう。

この人も一人の女性だったんだ・・・と急にあなたを意識します。

このように、ふと見せる弱み、その人だけに見せる弱みは強力な武器になります。

付き合いたいと思う男性の前でやってみてはいかがでしょうか。

3.色気を見せる

これは年上女性しか持っていない武器、ズバリ「色気」です。

若くてキャピキャピした女性が好きだという男性も多いですが、やはり若い男性は、色気を感じる年上女性に弱いものです。

同年代の女性が持っていない「色気」を見せると、年下男性はクラクラすること間違いなし。

若い女性にはない最大の武器だということを理解して、年下男性を虜にしましょう!!ただし、下品な色気は逆効果なので気をつけましょう。

年下の男性は年上の女性の色気に弱い生き物

若い男性の、こんな言葉を見つけました。

「同年代の女子が胸をチラ見せしてると、見えてるよ!気をつけろよ!と思いますが、年上のお姉さんの胸がちらっと見えているとドキドキしてしまいます・・・」ですって。

同年代の女性のチラ見えははしたなく思えるのに、年上のお姉さんだと全く感じ方が違うんですね!

だから胸を出していこうというわけではありませんが、それだけ男性にとっての「年上のお姉さんの魅力」は大きいのです。

ほかのことでも同じことが言えます。

髪の毛を巻いてみても、同年代なら「ケバいな・・・」と思ってしまうのに、年上のお姉さんの巻き髪はなぜかセクシーに見えてしまいます。

タイトなシルエットの洋服を着ても、同年代だと無理して背伸びしているようにしか見えないのに対し、年上のお姉さんのタイトな洋服は色気を感じずにはいられません。

このように、年を重ねているからこそ似合うしぐさや服装が、色気という武器になるのです。

年下男性に若く見られたいからと無理な若作りをするより、年上の色気を武器にしましょう。

真っ赤な口紅が似合う大人の女性の色気に、年下男性もきっとメロメロです。

4.相談をさせる

甘えてみたり、ギャップを見せたり、色気を武器にしたりと挙げてきましたが、やはり年上らしさも必要です。

それは人生の先輩だからこその「頼れるお姉さん」です。

男性は頼られたい生き物ですし、女性に甘えられるとうれしいものですが、だからこそ自分の悩みや弱さを外に出すことをためらいます。

そこに「私に話してみて?」と頼れるお姉さんが現れたらどうでしょう。

きっと年下男性は、年上の女性の存在に助けられますし、頼れる存在として特別な人として見るようになります。

頼られたときは、ドーンと構えてあげることが重要です。

彼の悩みを引き出ししっかりとアドバイスをしてあげる

普段から愚痴ばかりの男性は除いて、ほとんどの男性は自分の悩みや弱さを見せることをためらいます。

男としてのプライドが許さないからです。

しかし、年上女性が、無理しないで私だけに話してみてよ、と声をかけてくれると、聞いてもらおうかな、何かアドバイスしてもらおうかな、という気になるから不思議です。

簡単には相談事はしてこないでしょうが、もし年下男性があなたを頼ってきたら、しっかり話を聞いてあげて、そして的確にアドバイスをしてあげましょう。

誰にも言えなかった悩みを話すことができただけでなく、先輩からのアドバイスをもらえたら、あなたのことを特別な存在だと思うのは間違いありません。

たとえ若い女性がどんなに聞き上手でも、経験では年上女性の勝ちです。

自分の経験などを踏まえながらのアドバイスは、とても頼りになります。

ここはしっかり年上ということを武器にしましょう。

5.癒してあげる

年上女性に甘えられると男性は喜ぶと書きましたが、男性にだって甘えたいときはあります。

同年代には甘えることはできないけれど、年上のお姉さんに甘えたい、と思う男性も多いです。

何となくのイメージですが、年上の女性はやさしく包んでくれそう、思い切り甘えさせてくれそう、と考えている男性は多いのです。

これは願望でもありますね。

そして、年上女性の包容力で、自分を包んでほしいと思う男性も多いです。

もしかしたら同年代の女性なら「男ならしっかりしなよ!」と言ってしまうところを、年上なら「たまには逃げてもいいんだよ?」とやさしく包んでくれるのではないか。

こんな風に思っているんですね。

そんな年下男性の願望をかなえてあげられるのが、年上彼女なのです。

相手が辛いときは支えてあげる

相手に相談させることも大事だと書きましたが、アドバイスがほしいのではなく、

ひたすら癒してほしい、包んでほしいと思う男性には、大人の包容力ですっぽり包んであげることが大事です。

学生生活を終えて社会に出たばかりの年下男性が、新しい環境に慣れず疲れていたら、先輩のあなたがやさしく支えてあげましょう。

大きな仕事を任され疲れていたら、自分がそばにいるよと寄り添いましょう。

男の人だって甘えていいんだよ、とわからせてあげることで、年下男性にはあなたが魅力的な女性として認識させるでしょう。

時に見せる包容力。

この力は大きいですよ。

6.スタイル維持するように心掛ける

人間は年齢を重ねると代謝が悪くなり、だんだん痩せにくくなります。

当然ですが、年下男性の周りにいる若い女性はスラっとしていますが、女性は年上になるほど残念ながらいろんなところに脂肪がついてきてしまいます・・・。

気持ちやメイクや服装がいくら若くても、体系がもったりしていると一発でおばさん認定です。

スタイルだけは「これも経験の証よ」と言い訳はできませんよ。

年齢を重ねると体重は増える一方!

お恥ずかしながら、30代後半になる筆者も、現在おばさん体系まっしぐらです・・・。

正直、ストイックにダイエットをしていたころは別にしても、若い時に比べて食べる量が増えたわけでもないし、太るようなものを好んで食べているわけでもありません。

運動量もそんなに減ってはいないと思います。

それでも!!太るんです!おなか周りはプルプル。

顔周りもたぽっとしています。

妊娠出産を経験したとはいえ、どうしてこんなに無駄な肉が落ちないの?!と叫びたくなる体系です(笑)

話がそれましたが、このように年を重ねると、女性は特にですが脂肪がつきやすく、そして落ちにくくなるのが現実です。

自分ではどうしようもないこのぜい肉をどうするかといえば、シルエットが出ない服装でごまかすという方法しかありません。

ですがこの「ゆったりしたシルエットの服」もおばさんの特徴ですよね。

だからと言ってピタッとした服を着ていても、ブラジャーのひもが食い込んでお肉の段ができていたら台無しです。

メイクをしっかり決めてもあごがプヨプヨでは台無しです。

つまり、太らないように努力をしなければいけないということです。

ジムに行って鍛えろとは言いません。

エステに通えとも言いません。

それでも年を取れば痩せにくくなるのは事実なので、普段から階段と使うとか一駅分多く歩くなど運動量を増やしたほうがいいですし、週末には体を動かす趣味を見つけるのもいいですね。

寝る前に軽くストレッチをするだけでも違ってきますよ。

若い男性の横に立ちたいのなら、体系には十分気を遣うことを忘れないでください。

7.気が利く女性になる


年上だからというより、男女関係なく誰もが気が利く人間でいたいものですが、若いと気づけないこともあります。

こんな時も「年上女性だからできる気遣い」が魅力的に映ります。

「疲れてない?」「本当かこうしたいんじゃない?」と、若い女性が見落としてしまいそうな細かいことにも気づける女性になることが大事です。

気が利くと人間的に魅力を感じる

女性の魅力だけでなく、年上ならではの気遣いを垣間見た男性は、間違いなくあなたを魅力的な女性だと感じるでしょう。

こんなことまで気遣ってくれるんだ。

こんな細かいところまで見ているんだな。