最近なんだか頑張りすぎていたりしませんか?

肩がいつもより凝っていたり、肩こりに悩まされていたりする人は、もしかしたら肩に力が入っているのかもしれません。

頑張ることは素敵なことで、毎日充実していると思います。

しかし、頑張りすぎてしまうと身体を壊してしまったり空回りしてしまう原因になることも。

今回は、そんな頑張りすぎて肩に力が入ってしまっている人に、上手に肩の力を抜く方法をご紹介していきます。

肩の力を上手に抜いて生きていこう!

肩に力が入ってしまて、肩が凝ってしまうと身体の様々なところに支障がでてしまったりします。

肩に力が入ってしまって凝ってしまう状況というのは、血管が収縮してしまって流れが悪くなってしまっている状態です。

また、肩に力を入れていたことにより筋肉が張ってしまって詰まってしまっている状態だったりもします。

その結果、肩が痛かったり身体の様々なところが痛くなってしまったりするんです。

肩が凝るとよく現れる症状として、頭痛がありますよね。

これは、肩が凝ってしまったことにより、脳にあまり血液がいかなかったりすることによるものだったりします。

さらに、腕や脚にだるさや重みを感じる人もいるんだとか。

身体の重要なところにある肩に力が入ってしまうと、身体の色々なところに支障がでてしまうんです。

人はストレスがかかると肩に力が入る

肩に力が入ってしまうのは、頑張ろうと必死になっているときだけではありません。

ストレスがかかると、人は肩に力が入ってしまいます。

何かを我慢したり、グッと堪えたりしたときや、誰かにイライラしたときなどって、腕や手に力が入ってしまったりしませんか?

ドラマや映画などでも、手のひらをグッと丸めて拳を握りしめるシーンがよくあると思います。

こういった腕や手に力を入れたときって、肩にグッと力が入っているのです。

そのため、こういったことが続いたりすると、人は肩に力が入って知らず知らずのうちに凝ってしまっていたりします。

だから肩が凝る

ストレスが入ったときの自分自身を考えると、たしかに肩が凝ってしまうような体勢や力の入れ方になってしまっていたと思うのではないでしょうか。

頑張っているときにも、意気込んでいるので肩に力は入ってしまいがちですが、ストレスは社会人であれば少なからず誰でも日々感じていることだと思います。

だからこそ、大人になると肩凝りに悩む人が増えていくのかもしれませんね。

ただ、ストレスで肩が凝ってしまうのであれば、考え方や捉え方を変えることによってなるべく肩に力が入ってしまわないようにすることもできるはずです。

そんな方法を見つけて、適度に力を抜きなら頑張ることができれば一番ですよね。

子供は肩が凝っていない

ストレスが溜まったときに肩に力が入ってしまうので、子供が肩が凝っているという話は聞いたことがないと思います。

筋肉などのは成長の関係もありますが、そんなに肩や腕に力を入れることがないのです。

その結果、肩に変な力を入れることがないので、肩凝りも分からなかったりするんとか。

たしかに、小さな頃って肩叩きや肩揉みなどの効果も理由も分からなかったですよね。

それが大人になると、どれだけ効果があるのか分かるというのは、あなたが日々ストレスを感じていたり肩に力が入ってしまうほど頑張っている証拠だともいえるでしょう。

肩の力を抜く方法9個

肩に力が入らないように気をつけるというのは、なかなか非現実的ですよね。

それを気をつけながら過ごさないといけないということは、それだけ考えておかないといけないことが増えるわけです。

肩に力が入ってしまうときって、なかなかそれどころではなかったりすることも多いはずです。

なので、肩に力が入ってしまっていると気がついたときに、試してほしい肩の力を抜く方法をこれからご紹介していきます。

いくつか方法があるので、その中であなたにぴったりの肩の力を抜いて楽にする方法が見つかるといいですね。

物事を大きく捉えない

起こった出来事を大きく捉えてしまうと、大問題のような気がして肩に力が入ってしまいがちです。

そのため、まずは物事を大きく捉えすぎてしまわないように気をつけてみましょう。

そうすることで、肩に力が入りすぎてしまうのを防ぐことができたりするようです。

また、あなたが思っているほど大きなことでもなかったりします。

物事を大きくとらえ、先回りしたり念には念をと考えることは、危機管理能力としては必要だと思います。

しかし、あまり一つ一つの物事を大きく捉えすぎてしまうと、疲れてしまいます。

それだけストレスが溜まって肩に力が入ってしまう頻度が増えてしまうともいえます。

とはいえ、全ての物事を大きく捉えないでいると、それはそれで大きな問題になってしまったときに、取り返しのつかないことになったりするかもしれません。

なので、物事をしっかりと判断してから、全て物事を大きく捉えてしまうのではなく、深く考えなくてもいいものとを分けることも必要なことでしょう。

そうするだけでも、ストレスを感じてしまったり、肩に力が入ってしまう回数を減らすことができることにつながると思います。

なるようになると考えるようにする

物事を大きく捉えないようにと考えていても、そう簡単にはいかなかったりしますよね。

そんなときは、一度なるようになると考えてみるようにするといいかもしrめません。

「なるようになるだろうから、流れに身を任せてみよう」と思うことで、気持ちが軽くなったり、一つ一つのことにカリカリしたりせずに済んだりします。

案外大抵の物事は、上手く回ったりするものだと思います。

失敗しそうになったとしても、合格点だったりなんとかなったりしますよね。

もちろん完璧なほうがいいに越したことはないでしょう。

しかし、それで自分が苦しくなってしまったり、ストレスを溜め込みすぎてしまうのであれば、ほどほどに手を抜いたりすることを覚えることも大切だと思います。

心配するより期待する


ストレスなどで肩に力が入りやすい人は、期待するよりも先に心配をしてしまいがちです。

たしかに心配して先回りしたり、準備したりするほうが何かトラブルがあったときに対処しやすいとはいえるでしょう。

しかし、それだけあなたは常に心配をして気を張っていないといけないことになります。

そうすると、どうしても身体に負担がかかりやすくなってしまうと思いますし、ちょっとしたことでもイライラしてしまったり、もやもやすることも増えるでしょう。

なので、危機管理をしっかりして、心配したりすることも大切ですが、少し期待をしたほうが気持ちも楽になるはずですし、あまりカリカリしすぎずに済んで、物事も円滑にすすむかもしれませんよ。

良い方向に行くに違いないと考える

手放しで期待するのも怖いかもしれませんが、心のどこかで心配しつつ、絶対上手くいくに決まってる、良い方向に進んでいくに違いないと思うようにするのも、効果があったりします。

良い方向にいくに違いないと考えられるということは、そこまでに精一杯できることはしてきたからこそ考えられることだったりもしますよね。

なので、出来ることをやり尽くしたのであれば、心配よりも上手くことを考えましょう。

その自信やプラスの感情こそが、物事を良い方向に導くなんてこともあるかもしれません。

また、自分自身も良い方向にいくと考えているほうが、ずっと心は晴れやかで気が楽なはずです。

その気持ちの変化だけでも、ずいぶん肩の力は抜けて、肩こりなども解消されるのではないでしょうか。

大好きな趣味を持つ

物事に対しての考え方などを自分自身ではなかなか変えられないなんて人は、他に気が向くようにしてみるといいかもしれません。

大好きな趣味をつくることで、気がそちらに向くこともあるでしょう。

好きなことができると、どんなに辛いことや大変なことがあったとしても、趣味のためにと頑張れたりしますよね。

そうした気持ちの切り替えや支えがあることで、肩の力がうまいこと抜けて、ちょうどよい緊張感で乗り越えることができるようになるんだとか。

仕事などでストレスが溜まっている場合、大好きな趣味は仕事などストレスが溜まることとは別の場面だと思います。

なので、ストレスの原因になりえるところとは離れたところでストレスを発散するというのも、頑張りすぎてしまったりる人には大事な時間だったりもするのです。

ストレスを溜めながら頑張ったあとは、大好きな趣味で肩の力を抜いてストレスを発散できるように、大好きな趣味を作ったり、最近離れてしまっているという場合には、もう一度取り組んでみるのもいいかもしれません。

考えるだけでワクワクするような趣味

大好きな趣味があると、それだけで毎日が楽しくなったりキラキラしたりしますよね。

イライラしたり堪えたりして、つい肩に力が入ってしまいそうなときや、ガムシャラに動いて頑張りすぎてしまっているときに、少しでもその趣味のことを考えれば、気持ちが和らぎワクワクしてしまうなんてことがあれば、肩の力も抜けやすくなりますし、考えすぎて頭が痛くなってしまったりもしにくくなるはずです。

楽しいことが待っているからこそ、辛いことにも難しいことにも立ち向かっていけるんだと思います。

そう考えると、同様にストレスがかかることだったとしても、ストレスの溜まり方や身体に現れてしまう症状などにも違いがでてくるでしょう。

また、切羽詰まった様子やイライラしたり、頑張りすぎている感が抜け、周りからもいい感じに肩の力が抜けたと言われたり、話しかけやすくなったなどと言われたりする人もいるようですよ。

旅に出かける


ちょっとストレスが溜まりすぎてしまったり、頑張って肩に力が入りすぎているなと感じたら、お休みをつかってふらっと旅にでかけみたりするのもいいと思います。

旅行というのは、行ったことがある人も多いのではないでしょうか。

日常の見慣れたところから離れ、その場所の観光地に行ったり、色々なものを食べたり楽しいですよね。

そうした普段しないことをすることで、頑張りすぎてしまっている自分をリセットしたり、良い気分転換になるでしょう。

そうしてリフレッシュすることによって、また頑張ろうと思えるはずです。

逆にこういった息抜きが出来なければ、息が詰まってしまって肩の力がどんどん入ってしまい、余裕がなくなったりイライラしやすくなってしまったりすると思います。

また、余裕がないと思わぬミスや簡単なことを間違えてしまったりもするかもしれません。

自分の体調や気持ちのためにも、周りの人や余裕をつくるためにも、旅行に行って気分転換をすることは必要なことなのではないでしょうか。

旅行は人生のスパイスになる

旅行は、普段の生活拠点とは異なる場所に行くことがほとんどだと思います。

そのため、それまで見たこともない景色に出会えたり、旅行に行かなければ経験できなかったことなどもとても多いでしょう。

そんな新しいことの一つ一つが人生のスパイスになり、あなたの人生をより鮮やかに、そして深いものにしていってくれるんです。

仕事をしていたり日常生活を送ったりするだけでは得られない経験を得ることができる旅行は、人生を豊かにしてくれます。

小さなことが気にならなくなったり、ゆったりと気を大きく持つことができるようになったりするでしょう。

そうした感情の変化だけでも、頑張りすぎてしまったり肩に力が入りすぎてしまったりする人には、大きな変化となることだって大いに考えられます。

よく笑うようにする

ストレスが溜まっている人や余裕がない人は、ついつい笑うことが少なくなってしまいがちです。

一つ一つのことが面白くなくなってしまったり、笑えなくなってしまったりしますよね。

そんなときは、意識的に笑うように心がけてみるといいかもしれません。

人は、笑うことで自然と楽しい気持ちになったり心が軽くなったりします。

これは、脳が本能的に思うことなので、余裕がないときやイライラしてしまっているときにこそ、本当は笑うのがいいのだとか。

そのため、肩に力が入ってきてしまっているな、余裕がなくなってしまってきているなと思ったら、なるべく笑うようにしてみましょう。

気分転換にもなるでしょうし、心がすっと軽くなったり楽になったりすると思います。

テレビや映画、友人とのおしゃべりで

笑うというのも、一人で急になかなかできるものではありませんよね。

すでに余裕がなくなってしまっている状態だったり、イライラしている精神状態などであると、笑おうと思ってもうまく気分が乗らなかったりすることもあるのではないでしょうか。

そんなときは、友達と出かけたりおしゃべりをしてみるといいかもしれません。

友達の話を聞いているだけで楽しいでしょうし、だんだん自分の楽しい話もしたくなっていき、気がついたらたくさん笑って楽しんでいるなんてこともあると思います。

また、なかなか友達と予定が合いそうになかったり、もう限界!と感じてしまうこともあるでしょう。

そうなったら、テレビや映画など笑えるものをチョイスして、思う存分笑ってみるのもいいかもしれません。

さらに、携帯の動画や漫画などもあるので、気軽に笑う方法もあるようです。

毎日ゆったりとした動きの運動をする

毎日スローペースの運動を日課にするのも、精神状態を安定させるのに効果的だったりします。

ゆったりとした運動は、身体はもちろん心を落ち着けさせて、自分自身を向き合う力をくれたりしますよね。

身体の調子や心の調子を見ながら、自分の状態と向き合ういい時間をくれたりするので、余裕がないときや忙しいときにこそ、実はゆったりした運動が必要だったりするんです。

焦っている気持ちや、つい走ってしまう日常生活の中で、ゆったりとした動きを取り入れることによって、どこか心に余裕ができたり、落ち着けさせることができるでしょう。

そんな時間んを週に一度つくるだけでも、肩の力を抜くいい習慣になったりもするはずです。

ヨガやストレッチ

ゆったりした動きの運動といえば、ヨガだと思います。

最近ではヨガをしている人も多く、ヨガスタジオなどもたくさんあったりしますよね。

また、ホットヨガなどの様々な種類のヨガもあるので、自分に合ったヨガを見つけやすく、始めやすいでしょう。

ジムに行ったり近所を走ったりするよりも、ヨガのほうが教えてくれる人もいますし、一緒にやる仲間などもでき、続けやすいかもしれません。

もし、ヨガスタジオなどに行く時間なかったり、どこかに行ってまではしたくないという人も問題はありません。

いまはヨガやストレッチを教えてくれるスマホアプリなどもたくさんあるので、自宅で時間を見つけて、一人ですることも可能です。

定期的にこうしたゆったりと自分自身と向き合う時間をとることで、精神的にも安定して頑張りすぎたり、思いつめてしまったりしなくなるのではないでしょうか。

こうした内面から精神状態を変えていくことも、とても大切なことだったりするんです。

ペットを飼う

気持ちに余裕がなくなってしまっている人は、ペットを飼ってみるのもいいかもしれません。

日々忙しく過ごしていたり、イライラとストレスが溜まることばかりだったとしても、自宅で可愛らしいペットが待っていると考えると、気持ちが前向きになったり、もう少し頑張ろうと思えたりするんだそうです。

また、自宅に帰ったときに一人じゃなかったり、待っていてくれる存在がいたりするだけで、とても大切な存在になり、ペットとの時間が大切な時間になります。

そのため、他のところでどんなにストレスが溜まっていたり、肩の力が入りすぎていたとしても、一歩自宅に帰ると、人が変わったようにデレデレになってしまって、ペットとの時間を毎日の気分転換として上手に使っている人もいるんだとか。

ペットの可愛さは人を癒す

ペットには、他のものでは代用できない可愛さがあると思います。

その可愛さは、肩の力もイライラも落ち込んだ気持ちも、全て流してくれる力があったりするでしょう。

こうした外でのマイナスのことを流し出してくれる時間をもつことで、自然と気分転換やオンオフをわけることができるようになるはずです。

その結果、いつまでもイライラしていたり、そのことが頭にちらついたりすることも少なくなっていきます。

ただ、忙しくて自宅に帰るのもままならない場合には、注意が必要です。

一人暮らしではない場合には大丈夫かもしれませんが、一人暮らしの場合にはペットのお世話ができなくなってしまう危険性があると思います。

ペットというのは、あなたがお世話してあげないと生きていけません。

可愛らしいや癒してくれる存在にいうだけでなく、あなたがペットを大切に思い必要だと感じている分、ペットもあなたが必要なのです。

なので、忙しすぎてお世話をする暇がなくなってしまう可能性があるのであれば、ペットはやめたほうがいいでしょう。

可愛らしい癒しの存在ですが、生き物なので可愛らしいだけでは済まないこともあるということは頭に入れておく必要があります。

大自然に触れる

行き詰まってしまって身動きがとれなくなってしまったり、ストレスが溜まりすぎて周りと関わりたくなくなってしまったりしたら、一度大自然の中に飛び出してみるといいかもしれません。

山や海などの大自然に触れると、気持ちがとても清々しく気持ち良い状態に変わったりします。

大自然の中にも、日常生活の中では味わえないようなものが色々とあるでしょう。

風や波の音が気持ちよかったり、様々な生き物の鳴き声や姿を見て、癒されたり元気づけられたりするはずです。

その大自然の中で大きく深呼吸をして、目をつぶって自然の音を感じていると、ストレスも浄化されているように感じたり、マイナスな気持ちやもやもやしたことも自然の中に消えていくような気持ちになるかもしれません。

旅行に行く時間がなかったり、身体を動かしたりするのもいまいちな人には、この大自然の中に入って自然と一体化することがストレスや肩の力を抜くのに効果的だといえると思います。

また、自然と触れ合うのであれば比較的日帰りで行けるところも多いと思うので、探してみてはいかがでしょうか。

自分の悩みなんてちっぽけだと感じる

大自然の中にいると、「自分がいま抱えている悩みがなんてちっぽけなんだ。」と感じるかもしれません。

自然というのは、とても大きく掴みきれないので、その計り知れない大きな存在と比べると、自分自身がとてもちっちゃく感じてしまうでしょう。

その自分が悩んでいたり抱えていることなんて、大自然の中に入ったらなんでもないことだと思ってしまうのも無理はないと思います。

心の中のハードルを下げる

もしかしたらあなたは周りの人よりも、人にも自分にも厳しいタイプの人なのかもしれません。

心の中のハードルが高く、目標設定を高い位置にしているというのはいいことですが、それが原因で自分の首を締める形になってしまっているのであれば、少しハードルを下げてみてもいいのではないでしょうか。

いきなりハードルを上げたところで、そのレベルに達していなければ上手くいかないことばかりになってしまうと思います。

それで、余計にイライラしてしまったり一人で頑張りすぎても、結果が伴ってくるとは限りません。

なので、無理にハードルをグイグイ上げてしまわずに、そのときの自分や周りのレベルにあったハードルにすることも大切です。

そうすることで、精神的にも楽になるでしょうし、がっかりすることやイライラすることもずっと少なくなるのではないでしょうか。

肩に力が入りやすい人の特徴

ここまで肩に力が入ってしまわないようにする方法をお伝えしてきました。

自分にピッタリきそうなものはありましたか?

様々な方向からのものがあるので、合うものもあれば合わないものもあるでしょう。

また、逆にストレスの原因になってしまいかねないものもあるかもしれません。

なので、あまり冒険したり新たな自分を探そうと頑張ってしまわずに、純粋に興味のあるものや今までの自分と近いものをやってみることをおすすめします。

そして、ここからは肩に力が入ってしまいやすい人の特徴をご紹介していきます。

これから挙げていく性格の特徴がある人は、肩に力が入りやすい人なのかもしれません。

また、もしかした自分自身で気がついていないだけで、ずいぶん肩に力が入って頑張りすぎてしまっているのではないでしょうか。

真面目な性格

頑張りすぎて肩に力が入ってしまいがちな人の多くは、とても真面目でまっすぐな性格だといえると思います。

手を抜くことや誰かに任せたりすることがなかなか出来ず、全部自分でやってしまおうとしたりしてませんか?
真面目なことは大事なことですが、あまりにも真面目すぎると、時に潰れてしまいそうになるでしょう。

周りはもう少し手を抜くところは抜いたり、あなたのように常に全力疾走ではないなんてことも。

真面目な性格だなと思ったら、周りを見渡してみることも必要かもしれませんね。

打たれ弱い

何かあるとすぐ落ち込んでしまったり、へこんでなかなか立ち直れない人も、肩に力が入ってしまいすぎているかもしれません。

打たれ弱い人は、何かミスをしたりトラブルが起こったりするのが怖く、いつも心配したり気を張り続けていたりしますよね。

そうすると、周りよりも気を遣いますし、疲れてしまうはずです。

心配や危機感をもっておくことも必要ですが、それもあまり度が過ぎてしまうのであれば、いいことだとはいえないかもしれません。

ある程度の危機感や心配をして、あとはプラスに考えられるようにしていかないと、いつか潰れてしまう可能性だって十分あります。

失敗を恐れる

常に失敗を恐れている人も、いつも色々なものを心配したり警戒して、気が休まらないでしょう。

失敗はないに越したことはないですが、誰でも経験あることだともいえます。

失敗を恐れるのではなく、同じ失敗してしまわないようにすることが大切なのではないでしょうか。

そうすることで、心配したり怖がることも減ると思います。

また、自分以外の仲間の失敗も恐れてしまう人もいるようですが、それはあなたではどうにもできないことが多いはずです。

そんなときは、マイナスに考えてビクビクするよりも、プラスに思っておくほうが意外と良い方向に物事が進んだりするものですよ。

臨機応変さが無い

いっぱいいっぱいになってしまったり、心に余裕がなくなってストレス
溜まってしまう人は、なかなか臨機応変に対応したり考えたりできないタイプなのではないでしょうか。

先回りして色々考えておくことも必要ですが、物事ってその通りに進むとは限りませんよね。

良い方向にも悪い方向にも、あなたが考えられること以外の思わぬことはいつだって起こり得ます。

そんなとき、バタバタとしていてもストレスが溜まってしまうだけかもしれません。

臨機応変というのは、身につかないかもしれませんが、できることはやろうという気持ちで挑んだほうが、落ち着いて色々動いたり臨機応変に対応できることもあるでしょう。

心配性

すごく心配性で、いつも何かと心配している人は、いつも考え過ぎで肩に力が入り過ぎてしまっているかもしれません。

心配することで、色々なトラブルに対処できたりするはずです。

しかし、あまりに心配しすぎると、精神を削ってしまうだけですし、疲れも人の何倍も溜まってしまうでしょう。

心配というのは、し始めたら止まることはないですよね。

なので、最低限考えられることを心配したら、あとはそのときそのときで対応しよう、それできっと上手くいくはずと切り替えることも大事なことです。

緊張しやすい

何かと緊張しやすく、あがり症な人は、他の人からするとなんでもないことも、緊張してしまって肩にグッと力が入ってしまうかもしれません。

緊張すると、人は身体が強張って肩にも腕にも力が入ってしまうんです。

そんなときは、ゆっくり大きく何度か深呼吸してみてください。

深呼吸することで、身体全体に酸素を運ぶことができ、ゆっくり息をはくことで気持ちが落ち着いてくるはずです。

気を使い過ぎる

あちこちに気を遣いすぎてしまう、なんて人いますよね。

こんな気を遣いすぎてまう人も、他のことに比べて視野が広く色々なことを気にしているので、疲れやすかったり、頑張ってしまったりする傾向にあります。

疲れたときは少し休憩してもいいでしょう。

あなたが気を遣うのを休んでる分、何人かが分散して気を遣っていたりするものですよ。

頑張りすぎないで

頑張ることは素晴らしいことですが、あまり頑張りすぎても身体にも心にもよくないですし、あなたも辛くなってしまうでしょう。

肩に力が入りすぎても、いいことばかりではありません。

ときには息抜きをしたり、肩に力が入り過ぎてしまわないように、色々と試してみることも必要です。

ぜひ今回の記事を参考に、上手く息抜きをして肩の力を抜けるように試してみてくださいね。