ストレスを全く感じないという方は世の中にいないのでは?と思うほど、現代人は何らかのストレスを感じています。

そのストレスと上手に付き合える方と付き合えない方では、生活に大きな差ができます。

ストレスを感じることで仕事や人間付き合いに影響を及ぼします。

一度、ストレスを強く感じ始めたら、なかなか状況を変えることは難しいことです。

同じ人間で、何故ストレスを強く感じてしまう方がいるのでしょうか?

何故、ストレスの感じ方に対して差が出てしまうのでしょうか?ストレスを強く感じてしまう方には特徴があります。

ストレスを感じやすい特徴を知ることで、ストレスと上手に付き合える近道になると思います。

ストレスは現代社会で切っても切り離すことができないものです。

生きているかぎり、ストレスは必ず感じるものと考えましょう。

自分の人生を楽しいものにするか?それとも不平不満だらけのストレスを受け止めるか?それは、ストレスの受け取り方次第です。

メンタルが弱い人はチェック!

ストレスの影響を強く受けてしまう方は基本的にメンタルが弱い人です。

例えば、「○○さん、書類間違っているわよ?」この言葉に対して、大きなショックを感じる。

メンタルの強い人であれば、「すいません!ウッカリしていました。

今後、気をつけます」と明るく返すことができます。

しかし、メンタルが弱い人は「あぁ、私は仕事の出来ない人間だ」と必要以上に真剣に受け止めてしまうのです。

次、頑張れば良いとは考えることができません。

メンタルが弱い人にとってはチャンスが1回であり、そこで失敗したら自分は何もできない人間だ!と自分自身を責めてしまいます。

本来、メンタルは人生の中で鍛えられて行くものです。

最初は失敗している仕事も注意されて、次は失敗しない!と思える人はメンタルが強い人。

メンタルが強い人はポジティブ思考です。

メンタルが弱い人はネガティブ思考です。

この差がストレスに大きな影響を及ぼしているのです。

ストレス耐性とは?


ストレス耐性という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

現代はストレス王国と言っていいほど、世の中にはストレスが溢れています。

もちろん仕事をしていれば、上司や部下に気を使います。

それだけじゃなくクライアントにも契約成功する為に気を使います。

頑張って仕事をしてもノルマという壁があり、常にプレッシャーを感じます。

通勤電車では激混雑の中で長時間、ストレスはマックス度に値することでしょう。

やっと疲れて家路についても、自分の居場所がなく、家族にまで気を使うこともあるでしょう。

やっと眠れると思えば時計は1日の終りを示して、数時間後には同じ日々をエンドレスで繰り返します。

サラリーマンの1日を振り返ってもストレスだらけです。

このストレスを耐えて行くパワーがないと、体調を崩してしまいます。

いかにストレス耐性を強くすることが、ストレスを感じることなく毎日を楽しく生きて行く為の重大なポイントになるのです。

意味

ストレス耐性とは、ストレスに対して耐えられる抵抗力を意味します。

ストレス耐性は全ての方に必ずあるとも言い切れないものです。

「あの人は実に打たれ強い、根性ある」という方は、ストレス耐性が強いのかも知れません。

しかし「あの人は、すぐに涙を流してショックを受ける」という方は逆にストレス耐性が弱い。

同じようにストレスを感じても、自分の中の受け止め方でストレス耐性は変わるのです。

ストレスに対して抵抗力が弱いと肉体的にも精神的にも弱っていきます。

特にストレスは精神面に大きな影響を及ぼします。

ストレス耐性が弱いと、どんな影響を及ぼすのでしょうか?ストレスに負けない抵抗力を持つ為には、まず、ストレス耐性が弱い方に対する影響を知ることです。

現実を知ることで、よりストレスに負けたくない気持ちが高まるはずです。

それが、すでにストレスに対する抵抗力を強くしているのです。

ストレスがもたらす心身的の影響


ストレスを感じたとき、心身的の影響は大きいです。

例えば、すごく運動をしたり、営業で歩き疲れた場合であれば肉体的な疲れです。

足をマッサージしたり、温かい湯に浸かり、ぐっすり眠ることで肉体的な疲労は穏和できます。

しかしストレスを溜めたときに、マッサージや湯に浸かるだけでは簡単に改善することはできません。

一時的なリラックス効果を得ることができても、心身的なストレスは眠ることが出来ない。

ストレスは、ストレスになる原因を取り除かないかぎり改善できないのです。

ストレスを感じることで心身的の影響は自律神経を乱すことです。

この自律神経が乱れることで様々な影響を及ぼしてしまいます。

心身的の影響は肉体的な影響とは違い、奥深いものです。

自分自身が改善しようと思っても改善することはできません。

ストレスを感じると心身的の影響とは?どのようなことが起きるのでしょう。

心身的の影響を知り、ストレス耐性を高めていきましょう。

自律神経の乱れ

ストレスが溜まると、まず自律神経の乱れを及ぼします。

自律神経は脳の中で、あらゆる器官を調整する重要な役割です。

24時間休むことなく動いている神経です。

日中など起きている時間は交感神経が優先となり、活発に動くことができます。

夜になり眠る時間になる副交感神経が優先となり、脳を休ませることができます。

しかし、ストレスが溜まることで自律神経の乱れは起こります。

夜になっても、ストレスとなる原因を思い出してしまい、眠ることができない。

食事を食べたいとも思わない、感情のコントロールができずに涙が出てしまうことなど、あらゆる体調不良をもたらすのです。

自律神経が1度乱れると元に戻すことは大変です。

「最近、日中疲れやすい」や「最近、寝つきが良くない」と感じている場合は、ストレスが溜まっている状態かもしれません。

ホルモンバランスの乱れ

自律神経の乱れは循環器、消化器に影響を及ぼし、ホルモンバランスの乱れをおこします。

ホルモンバランスが乱れると女性であれば生理不順や不正出血を引き起こす原因にもなります。

また、下痢や便秘、頭痛、眩暈、食欲不振など数多くの体調不良にも繋がるのです。

外出することもできない状況が続き、やがて鬱病を引き起こす原因もなるのです。

ホルモンバランスが乱れない為に食生活や睡眠時間を確保する必要があります。

なかなかホルモンバランスの乱れが直らない場合は漢方薬など薬剤を服用することも必要です。

免疫力の低下

自律神経の乱れは免疫力の低下に繋がります。

免疫力が低下すると菌やウィルスを身体に受け入れやすくなり、風邪など病気にかかりやすくなるのです。

免疫はストレスと関係なく、年齢を重ねるほど低くなって行きます。

ストレスが加わることで、免疫力は一気に低下して行くのです。

特に働き盛りの30代や40代は要注意です。

免疫力が低下する原因はストレスを受け、睡眠時間が短くなったり、食生活が乱れることにより免疫力の低下がはじまります。

免疫力の低下が起こると風邪をはじめとする、感染症にかかりやすくなり、口内炎、腎臓病、糖尿病や癌など、あらゆる病気にかかりやすくなるので注意しましょう。

肌荒れ

自律神経の乱れは、ホルモンバランスに影響を及ぼします。

その結果、肌荒れを引き起こしてしまいます。

睡眠不足、食生活、過労などが原因で身体を休めることができずにストレスが溜まるのです。

また新しい職場に就職するときや、引っ越したり、環境の変化でも肌荒れを引き起こします。

本来、肌荒れになる原因の睡眠不足や環境などの改善やビタミンCなどサプリメンとや薬剤で肌荒れは完治していきますが、ストレスが原因であると簡単には改善することはできません。

一気に何個も吹き出物ができることもありますが、1つ2つと増えて行く場合もあります。

化粧のノリが悪くなったり、発疹を見つけたらストレスが溜まっている合図かもしれません。

うつ病

自律神経の乱れを放置していると、あらゆる身体の不調を感じている状態が続きます。

最初は気力で乗り切ることができても、ストレスが原因で免疫力が低下して乗り切ることができなくなるのです。

職場に行くと嫌いな○○さんに怒られる」や「近所付き合いがイヤだから外に出たくない」人間関係が原因でストレスを感じる方は多いです。

このように人間関係にストレスを感じると、自分から避ける方向を選んでしまうのです。

免疫力が低下することで、体力を失い休みがちになり何もしたくなくなる。

他人には、内面的な変化は気づかれないものです。

誰も理解してくれない状況が、また孤独感を強くして行きます。

「何もしたくない」は、やがて「何も考えたくない」に変わり、喜怒哀楽をなくし鬱病になります。

1度、鬱病になると完全に完治することは難しく、時間がかかります。

倦怠感や人との接触を立ちたいと思っている場合はストレスが過度にかかっているかもしれません。

鬱病は人生の長い時間を蝕むものです。

鬱病を防ぐ為にストレスの原因から逃げることも大事です。

鬱病になりやすい人、ストレスを溜めやすい人は基本的に強い責任感がある人です。

無理して仕事を頑張っている、必要以上に相手に気を使っている、空気を乱したくない、正義感ある行動が自分を追い詰めていることもあるのです。

鬱病にならない為に、逃げる勇気、変える勇気も必要です。

ストレス耐性を高める方法とは?

誰もが、ストレスを感じないで生きて行きたいと思っています。

しかし生きているかぎりストレスは切っても切り離せないものです。

いかに、ストレスと上手に付き合って行くか?それが重要です。

「そんな小さなことを気にしていたら、今後、乗り越えて行けないよ!」と渇を入れる方もいますが、まさしくストレス耐性は強くする為には、小さいことを気にしていられないのです。

毎日、他人と会話することで「その言い方は・・・」と思うこともあるでしょう。

「○○さんの食べ方が、どうしても気になる」「後ろ車が接近しすぎている」「隣の席に座っている人がマスクもしないで咳込んでイヤだな」「店員の態度が偉そう」など日常には気にすれば切りがないほどストレスを感じるような出来事がたくさん溢れています。

上記に述べた中でも「いや、さすがに車が接近しすぎていることは許せないでしょ?」と思う方もいますが、「別に何とも思わない。

自分は自分だから」と思う方もいます。

ストレスとなる原因をどう処理するか?どう受け止めるか?それだけで無駄に疲れることはなくなるのです。

ストレスを感じて心身共に疲れ果てることは無意味な疲れです。

自分の体調を崩すだけで、ストレスを与えた人間は平気なのです。

ストレス耐性を高めて、無駄な疲れをなくして行きましょう。

考え方

やはりストレス耐性を強くすることは考え方ヒトツです。

例えば、今、話題になっている煽り運転ですが、さすがに怖さと怒りでストレスを感じる度合いで言えばマックス状態かもしれません。

しかし、煽り運転をされていることさえ気づかないとすれば、どうでしょうか?ストレスを感じている相手は逆転します。

いくら煽り運転してもイライラとして逆上しているのは、煽っている相手です。

スルーされるほど、相手はストレスが溜まって行きます。

やがてストレスが溜まり過ぎて、疲れてきます。

「前の車には何をしても通用しない。

なんだ、アイツは!自分がアホらしくなる」と思うはず。

あらゆる場面でも動じない鈍感な神経ほどストレス耐性は強いです。

小さなことに動じない神経は無駄なことで疲れることがないのです。

細かなことに気にしてしまう方ほど、ストレス耐性は弱いのです。

考え方を変えることでストレス耐性は強くなることができます。

とにかく耐える

とにかく耐える強い神経があれば、ストレスは感じなくなるはずです。

「短気は損気」という言葉があります。

まさに短気な人間はすぐに怒ってしまう、実態を悪化させて損な目に合います。

とくに人間関係や交通トラブルは耐えることが最も大事です。

車でドライブをしていても、マナーの悪い人間は必ずいます。

運転レベルの低い人間は必ずいます。

自分はキッチリとマナーを守り運転していても理不尽な目に合うこともあります。

「どうして、○○ができないんだ」と運転中はイライラ度も高まりますが、100人が100人同じ運転をするワケがないのです。

100人、個々に運転のレベルも癖もマナーも違います。

マナーの悪いドライバーと出会ったら不運としか思うしかないのです。

そんなマナーの悪いドライバーの為に自分の基調な時間をストレスで埋められてしまうことが、時間も能力も無駄なことになるのです。

人間関係も同じ、電車のトラブルも同じです。

自分と同じ感性の人ばかりではありません、自分の思い通りにはならない。

耐えることを身につけると、自然に小さいことが気にならなくなるものです。

耐えることで自然とストレス耐性は強くなって行きます。

ストレスの流れを受け流す

耐えることはストレスの流れを受け流すことに繋がります。

仕事をしていても、感性が合わない人もいますし、目線が気になる人もいます。

仕事だとして耐えないといけないと思いつつ「イヤな奴だな」と感じることがあります。

自分が話しているのに話の腰を折るようなタイプだと一瞬イラッときますよね?イラっと感じたり、不快と感じることでストレスは溜まって行きます。

ストレスを感じると、その後のモチベーションはガタ落ちです。

イライラして「今日はロクなことがない」とネガティブ思考になります。

ストレスの流れを受け流すことが出来ないと自分自身が損をするのです。

ストレスは1日をダメにするほどのチカラを持っています。

イヤな思い、不快な思いをしてダメージを受けてストレスを感じているのに、更に1日中、ストレスにつきまとわれるなんて最悪なことです。

ストレスの流れを受け流すことを身に付けないと、常にストレスを溜め込みやすくなるのです。

ストレス耐性を強くしたいなら、ストレスの流れを受け流すことを身につけましょう。

物事の見方を変える

自分の考えや、方向性が違う方を見るとイライラしたり、不信感、不快に感じます。

しかし、それはあなた自身の物事の見方です。

100人いれば100人の考え方があるのです。

常に自分の中の物事で相手を見ているとストレスを溜め込みやすくなります。

それこそ、車の運転や電車内の出来事、仕事の進め方、近所付き合い等は物事の見方を変える必要があります。

仕事の進め方も、自分の中では午前中に片付ける仕事があります。

ですが、部下は午後に片付けようと思っているかもしれません。

「午前中に仕事を片付けないから、アイツは仕事が遅い」と思ってしまえばストレスです。

でも、見方を変えることで「どっちにしても今日中に仕事が片付くから、アイツに任せよう」となるのです。

近所付き合いも、何かと話しかけてくる、おせっかいな隣人がいるとします。

自分の中では、「図々しいし、プライベートなことまで聞こうとしているはず」と思っていても、味方を変えることはできます。

「隣近所で仲良くなることで、子供が安全にも繋がる」や「犯罪トラブルを守ることにも繋がる」と思えるはずです。

ネガティブ思考からポジティブ思考になることができるのです。

比較しない

他人と比較することは、ストレスを溜め込みやすくなります。

「あの家は外車なのに、我が家は中古の国産車」や「○○さんの息子は有名大学に入学したから、我が家の息子も絶対に有名大学に!」近隣同士やママ関係の繋がりは比較することが多いです。

とくにフェイスブックは30~50代がメインと言われています。

いかにリア充をするか?その為にフェイスブックを利用している方もいます。

フェイスブックにアップする為に外食をしたり、旅行をしたりする方もいます。

相手よりも、もっと充実感をアピールすることがストレス発散になっている。

インスタグラムの為に手料理を必要以上に豪華にすること、おしゃれなカフェで食べたくもないパンケーキを撮ることも全て、誰かと比べていることです。

相手と比較することで、負けたくない、それ以上の物をアピールしたいと思う。

それがSNS疲れです。

SNSを中心に自分の1日が動いているのです。

夢中になっていたフェイスブックもインスタグラムも見るのもイヤなほど追い詰められる。

それはLINEでも同じことです。

グループLINEで仲間はずれにならないように常にLINEのメッセージが届いたら即返信しないと気持ちが落ち着かない中毒症状になること。

常に誰かと比較することでストレスは溜まって行くのです。

完璧主義をやめる

鬱病になる方の多くは、真面目な完璧主義と言われています。

仕事も完璧にするような方が何故、鬱病になりやすいのでしょうか?それは完璧主義者だからこそ、ストレスを受け止めやすくなるのです。

「自分の考え方とやり方が違う」「相手の大雑把なところが許せない」細かいことを気にしてしまうのが、完璧主義者です。

完璧主義者には臨機応変という考えはありません。

しかし人生には、あらゆる場面で臨機応変が求められることが多いのです。

全て自分が描くような右から左も物事が順序良く動くワケでもありません。

完璧主義者にとって1番ストレスを感じることは予想できないハプニングです。

自分の考えと違う出来事が起こるとストレスを受け流すことができません。

上手く物事が進まないことは自分が悪いと思い、自分を責めてしまいます。

鬱病になる、大きな原因はストレスです。

完璧主義をやめて、臨機応変を身につけましょう。

【完璧主義については、こちらの記事もチェック!】

生活習慣

生活習慣が乱れていると自律神経が乱れ、怒りっぽくなる傾向になります。

睡眠不足、食生活、運動不足が続くことで身体に支障が出るのです。

生活習慣が乱れているとストレスを感じやすくなるだけじゃなく、ストレス発散することができません。

その為、日々のストレスが蓄積されて行くだけになるのです。

特に自律神経が乱れる原因となる睡眠時間や食生活は注意しましょう。

ジャンクフードや肉中心の食事では偏ってしまい、血の気も多くなりがちです。

緑黄色野菜や魚をメインで取り入れ、バランス良い食事を摂取することで健康な身体を保つことができます。

食生活の乱れは体調を悪くさせることで、抵抗力をなくし、倦怠感に繋がるのです。

その為、1日何もしたくない、ダラダラと過ごしてしまいます。

身体を動かさないことで夜になっても眠くない状況にも繋がり、全てが悪い方向に向かってしまいます。

ストレス耐性を高めるために、生活習慣の改善を心がけましょう。

十分な睡眠

人間は太陽と共に目覚め、太陽が沈むと共に眠りに入ります。

ですが、現代人の多くは深夜も仕事をしている方も多くいます。

また、たまの休日前は夜更かしをしてゲームをしたりPCをしたりすることも多いでしょう。

このように睡眠時間が乱れることで、身体の中にある体内時計のバランスが乱れます。

本来、朝に目覚め、活発的に動くところを眠さがとれずに午前中は何もしたくない。

午後になり日が暮れるほどモチベーションが高くなることがあります。

昼夜逆転生活をすることで体内時計は、なかなか元も戻ることができなくなるのです。

体内時計が乱れることは自律神経が乱れていることと同じです。

睡眠不足により、眠さから身体のだるさに繋がり、些細なことでもイライラとしやすくなります。

バランスの整った食事

ストレスを軽減する食材を極力摂取するようにしましょう。

お肉はパワーをもらえますが、お肉だけ摂取して野菜を摂らないことは栄養のバランスが崩れてしまいます。

野菜、お魚、果物、お肉、卵などのタンパク質をバランス良く日常で取り入れることが大事。

朝食を抜いてしまったり、暴飲暴食をすることで血液の流れが滞ってしまうことがあります。

ストレス軽減には、カルシウム摂取は欠かせません。

ストレスを吸収してくれる役割があるのです。

またビタミン系の果物や野菜も多く摂取するようにしてください。

食べ物を身体に取り入れることでストレス軽減をする役割があります。

逆に食事のバランスが悪いことでストレス悪化を招いてしまうこともあるのです。

バランスの良い食事をすることで身体も軽やかになり、心穏やかに過ごすことができます。

ダイエットをしているとき、食べたい物を我慢して偏った食生活を送っていると、どうでしょうか?気分も落ち込み、お腹が空きイライラすることがあります。

食事のバランスは精神に大きな影響をもたらします。

深い深呼吸

ストレスが溜まったときに深い深呼吸をすることで気持ちが少し落ち着くことができます。

イライラしたり、不快感が強い状況では呼吸も乱れがちです。

呼吸が乱れることで自律神経も乱れやすくなります。

イライラする、血の気も多くなり、結果的にクラクラくることもあります。

イライラするときこそ、一呼吸することが大事なのです。

体操をした最後に必ず、深い深呼吸をしますよね?深い深呼吸をすることで高ぶった気持ち、心臓の鼓動、精神状態を元に戻すことができるのです。

車の運転中でもイラッとストレスが溜まったら、是非、深い深呼吸をしてみてください。

ガムを噛んで気持ちを落ち着かせることがありますが、ガム同様に深呼吸は心の乱れを正すことができます。

嫌いなタイプの人と出会ったときも、深く深呼吸することで落ち着いて話せることができます。

自分の中で心臓の高ぶりを感じたときは、深い深呼吸をして落ち着きましょう。

適度に運動

ストレス解消法のヒトツに、おすすめしたいのが運動です。

ストレスを感じるのは精神的な面が大きいです。

精神的にストレスを感じると悶々と考え込んでしまい、なかなか発散することができない。

テレビを見ていても、音楽を聴いても、読書をしても頭に残ってしまうのです。

精神的なストレスほど、肉体的な疲労感が大事です。

運動をすることにより、程よい疲れを感じることで自然と身体を休めたくなります。

普段、動かさない筋肉を使うことで血流促進も促され、コリなど身体の不調を穏和することができます。

肉体的にも、精神的にも軽やかな気持ちになれるのです。

精神的にダメージを追うことで、夜になっても眠ることができないことがあります。

肉体的に疲れることで、その夜は深い眠りを誘うことができるのです。

ハードな運動をするよりも、ジョギングやウォーキングなどおすすめです。

手軽にできる、無理しない運動がストレス発散することができます。

ストレッチやマッサージ

血行の流れが良くなると緊張型頭痛の改善することができます。

ストレッチやマッサージはリンパの流れを良くすることで筋肉のコリをほぐすことができるのです。

ストレスが溜まると頭痛や身体のコリを訴える方も多いです。

身体が不調なことで、思うように行動できず、イライラとしてしまうこともストレスを溜める要因のヒトツです。

マッサージやストレッチをすることでホルモンバランスに良い影響を与え、ストレス穏和をすることができます。

ストレッチやマッサージは、血行が良い入浴後に行うと更に効果的です。

固まった筋肉を伸ばすようにストレッチをしたり、足裏やふくらはぎを揉むことで更にリンパの流れが良くなります。

ストレスが溜まり、身体に不調を感じる方は入浴後のマッサージ、就寝前の軽いストレッチをするようにしましょう。

1人の時間を設ける

日々、たくさんの方に接していると、どうしてもストレスを感じやすくなります。

100人の方と出会えば、そのうち1割は苦手な人と出会うものです。

その1割の苦手な人がストレスの原因となり、後々までついてまわるのです。

ストレス解消にはスポーツをする方法もおすすめですが、1人の時間を設けることも大事。

意外と1人になる時間は作れそうで、作れないものです。

特にお子さんがいる主婦になると、朝は目まぐるしく朝食や家族の準備に追われる、その後、パートに行くことや買物や家事に追われている間に子供が再び帰宅してオヤツや夕食の準備です。

息つく間もなく、御主人が帰宅して、家族全員がお風呂に入りリラックスムード。

やっと1人の自由時間と言えば、眠る1~2時間前でしょうか。

この、わずかな1~2時間で何もできないと思いがちですが、意外と考え方を変えれば趣味の時間を生かすことができるのです。

ハンドメイドの趣味、編み物、読書、音楽鑑賞もおすすめです。

また、最近では24時間OPENしているフィットネスクラブも多いです。

深夜に黙々と1人で運動している女性や主婦の方も増えていますし、「フィットネスはチョット、お金がかかる」と言う方は、ウォーキングしながら深夜のファミレスで1人珈琲タイムをすることもリラックスできる方法の1つです。

無趣味だとしても、考え方を変えれば1人の時間を贅沢に過ごすことはできます。

誰にも邪魔されない、自由な1人の時間を設けてみてください。

ストレスに弱い人の特徴も知っておこう

自分自身を客観的に見たときに、ストレスに弱いタイプだと思いますか?現代人はストレスを溜め込みやすい、ストレスに弱い人の方が多いかもしれません。

自分自身、何故ストレスに弱いのか?その特徴を知ることによりストレス耐性が強くなるのです。

ストレスに弱いと人と強い人では、性格や物事の捉え方に特徴の違いがあります。

ストレスに弱い人の特徴と言えば、やはりポジティブには考えることができない人です。

注意深い人間ほど、ストレスを溜め込んでしまいます。

「たぶん大丈夫」という大雑把な気持ちがストレスを溜め込んでしまう原因です。

真面目に考えれば、考えるほどチョットした嫌味も冗談と受け止めることができません。

ストレスに弱い人はストレスに強い人よりも損をしています。

ストレスを溜め込んで良いことは何に1つありません。

ストレスに弱い人の特徴を知って、性格改善していきましょう。

ネガティブ思考

ストレスが弱い人の根本的な原因はネガティブ思考です。

とにかく物事を悪いことにしか考えないことでストレスを溜めてしまうのです。

良いことや楽しいことを考えているとき、人間は自然と笑顔になっていきます。

しかし悪い方向に考えていると恐怖心や不安でいっぱいになりますよね?心に余裕がなくなることでストレスを感じるのです。

真面目な性格だからこそ、ネガティブ思考になってしまうのです。

「きっと、大丈夫」と根拠のない自信や物事を客観的に考えることができない。

「もし・・・」を常に考えてしまうのです。

慎重に生きることは悪いことじゃありません。

ですが、ネガティブになりすぎることで自信をなくしたり、ストレスを溜め込むことは良いことじゃありません。

ネガティブ思考だな?と自分自身、感じることがあれば、客観的に考えてみましょう。

肩のチカラを抜いて「もし」ではなく「たぶん」に変えるだけでも気持ちが楽になります。

自己否定が激しい

ネガティブ思考な方は自己否定が激しいことも特徴です。

「自分はダメな人間」と否定して、自分自身を嫌いになることです。

たしかに「自分大好き」と自信もって言える人なんて、ほぼいません。

しかし「自分はダメな人間」や「自分なんていなくなればいい」なんて思う必要は何ひとつないのです。

誰だった100%完璧な人間は、この世にいません。

ロボットだとしても100%完璧な機能はないのです。

生身の人間であれば感情がプラスされて、感情によって出来ることが出来なくなることもありますし、忘れてしまうこともあります。

50や80%だから、愛らしいと思えるのです。

「あなたは仕事が遅い」「あなたに問題があるんじゃないの?」と指定している、その相手だって問題があるのです。

自己否定をしても、良い方向に行くことはできません。

だとすれば、自己否定をする必要はないのです。

失敗を恐れる

はじめてのことにチャレンジするとき、失敗しないか不安になり、ストレスを溜めます。

ですが、失敗を恐れることで一歩前に進むことができないと状況を変えることはできません。

失敗を恐れることで立ち止まっていれば進歩はないのです。

誰だって最初から完璧はありえないのです。

失敗を重ねて、人間は一人前になることができます。

仕事であれば尚更です。

失敗を絶対にしたくない、失敗できない状況のときに、どうすれば良いか考えましょう。

失敗しないように予習や勉強をすること。

誰か、頼れる人に相談や協力してもらうことで失敗するリスクは低くなります。

「怖い、失敗する」と考えているだけで何もしないのは、失敗することを選んでいるのです。

失敗したくないから、人間は努力する生き物です。

失敗を恐れることがない気持ちが成長に繋がるのです。

協調性がない

自分は自分と考えることで、結果的にストレスを溜め込みやすくなります。

協調性がない人はストレス耐性が弱いのです。

要は、他人と協力する作業をしないことで免疫が出来ていないからです。

常に他人と協力しあい、協調性がある人は免疫力が出来ています。

「○○な考え方もある」「△△な言い方もある」個々の個性を受け止めることができます。

しかし協調性がないと実際に他人と協力しないといけないときに「○○な考え方はありえない」と相手の個性を考えることができません。

自分とは価値観が違う相手を目の前にすると拒絶反応ができ、ストレスとなるのです。

世の中、「私は協調性がない」では済まされないのです。

生きているかぎり、色々な人と出会うからです。

たとえ、ニートになり引きこもったとしても、ネットで誰かと繋がることで協調性は少なかれ求められます。

自意識過剰

ストレスに弱い人は自分に自信がない人のイメージが強いですが、その一方では自信過剰な人もストレスに対して弱いです。

自分に自信があるからこそ、自信喪失をしてしまう。

「自分は部下の指導が正しくできたはず、間違っていない」「自分に落ち度は何ひとつない」と思うほど、逆の出来事が起こると「何故?」と自問自答してストレスを溜め込みやすくなる。

自信過剰な人は、ある意味、自分のカタチに相手をはめ込んでしまう傾向があります。

自分の思い通りに物事が進まないことでパニックを起こし、ストレスを溜め込んでしまいます。

自信過剰するぎることは、その分、自信喪失になるキッカケも多くなるのです。

世の中に「絶対」はありません。

自信過剰な人が思う、絶対に大丈夫という考えはなくすべきです。

一喜一憂しやすい

一喜一憂しやすい人は周りの感情に流されやすい方です。

自分の感情とは別に雰囲気で盛り上がったり、凹んだりするのです。

ある出来事に喜んで、心配してを繰り返すことは良く言えば感情表現が豊かですが、悪く言えば情緒不安定とも捉えることができます。

自分の感情がコントロールすることができない。

先、喜んだと思ったら、すぐにショックをうけることでストレス耐性も弱くなります。

あらゆる場面で冷静さが求められることもあります。

感情が豊かなことが逆効果になることもあるのです。

感情の起伏が激しいことは、それだけ自分自身も疲れることです。

自分では感情がコントロールできないことがストレスとなり、人前に出ることから避けてしまいたくなることもあります。

一喜一憂しやすい人は、冷静さを保てるようにしましょう。

その為には、ストレス解消を心がけることが大事になります。

ストレス耐性を高めて豊かな暮らしを!!(まとめ)

ストレスは生きているかぎり、あらゆる場面でついてくるものです。

ストレスと上手に付き合って行くことができれば、楽しい未来が待っていますが、逆にストレスに振り回されることで人間が嫌いになったり、楽しかった職場が辛いものになるのです。

ストレス耐性が弱いと、あらゆることに傷つきます。

仲良かった相手がジョークで言ったコトバに深く傷つき、仲良かった相手を嫌いになります。

もし、ストレス耐性が強ければ、ジョークをジョークと受け止めることができます。

物事の考え方や受け止め方で自分の人生は大きく変わるのです。

ストレス耐性が弱いと、自分を責めてしまいます。

「自分が悪いからストレスを溜めてしまう」と思うことで、ストレスの原因となる人間関係を絶つ、社会からの情報を全てシャットアウトしてしまいます。

そうなると自分では感情をコントロールすることは不可能になり、辛い闇の世界に長くいることになってしまうのです。

ストレスは、あなたの人生を狂わせてしまいます。

ストレス耐性を高めて、豊かな暮らし、未来を手に入れましょう。